WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Saturday Night Main Event収録結果速報

6/2放送分Saturday Night Main Event収録結果速報です。

カナダのトロントで収録。

ダークマッチ
チャックパランボ vs タイソンダックス
タイソンダックスはボーダーシティレスリング(ウィンザーにあるTNAのスコットデモアが運営する団体)で、会場の地元出身扱い。パランボは一回り体が大きくなっている感じ。地元のファンがダックスを応援。それに「boring」チャントが混じる。パランボが投げっぱなしのジャーマンからビッグブート。留めにカナディアンバックブリーカーに抱え上げて、そのままネックブリーカードロップに移行する技でピン。
勝者:チャックパランボ
チャックはバイクで退場。

マイケルコールがSmackDownのテーマで入場。キングが続いて出てくる。観客は大「ジェリー」チャント。
パイロの準備をしている間に、HHHの怪我が順調に回復していることをまとめたビデオが流される。

この時点で会場の入りは3分の2程度。

アシュリーが出てきて、リングサイドに座る。

パイロが上がり照明が点く。シナが登場。大きなブーイングが起こる。シナは少々うんざりした様子。

アシュリーがリングアナウンサー。トロンにシナとカーリーの抗争のまとめが流される。カーリーの登場前に先にビデオが流れてしまうアクシデントが発生。出てきたカーリーは一旦引っ込んで、入場のやり直し。

ジョンシナ vs グレートカーリー ノンタイトルマッチ
観客はシナとカーリーそれぞれに分かれて応援。非常に盛り上がっている。シナはかなり性急に攻めていくが、カーリーはSTFUもFUもパワーで返していく。カーリーがパワーで優位に立つと観客はカーリーにブーイング。
シナはFUを狙うが持ち上げられない。カーリーは脳天唐竹割りからネックハンギングスラムでピン。
勝者:グレートカーリー
アシュリーが退場。
カーリーはアピールを始める。シナはいつでもどこでも、ワンナイトスタンドでも倒せると言っているらしい(通訳が話している)。
シナの退場時に観客からブーイングと「you can't wrestle」チャントが浴びせられる。

次はビンスマクマーン vs ラシュリーの腕相撲マッチ。

クリスタルが入場。その間にリングセットが準備される。

ビンスマクマーンが先に入場。「doctor of hardcore」とアナウンスされる。WM23でビンスの頭を剃ったシーンのリプレイが流れる。
ラシュリーの入場。ステージにラシュリーが出てきたところ、その頭上で大きなパイロがあがる。この時点で観客の入りは95%くらい。ビンスはラシュリーに見せ付けるようにベルトを掲げている。観客はビンスに「you screwed bret」チャント。ビンスは組み合おうとせず、ラシュリーを睨んでいる。組み合おうとしないまま、ビンスはマイクを持つが、スイッチが入っていない。別のマイクを持ち、マークヘンリーを呼び出す。

マークヘンリー vs ボビーラシュリー 腕相撲マッチ
観客はラシュリーに声援を送る。ラシュリーが優勢だがマークヘンリーはラシュリーを殴りつけ乱闘になる。ヘンリーはベアハッグにラシュリーを捕らえて、コーナーに押し込むが、ラシュリーが反撃してスピアーを決める。ビンスが背後からイスでラシュリーを殴る。
ビンスとヘンリーは花道で勝ち誇っている。

ラシュリーとクリスタルが退場。
マリアがエッジにインタビュー。エッジは自分を評して、身長が最も高いわけでもなく、最重量でも腕力が最強でもないが、最も偉大だという。エッジに大きな歓声が送られる。

バティスタ、クリスベノワ vs エッジ、MVP
客席は満員になっている。トーリーが出てきて、この試合のリングアナウンサーを務める。バティスタが入場。声援とブーイングが入り混じっている。ベノワの入場は大歓声。
続いてMVPのバルーンがセットされるが、MVPの入場時にすぐに壊されてしまう。花火が上がり大歓声の中エッジが入場。リングに上がり、コーナーでアピール。
MVPとベノワで試合開始。ベノワのクロスフェイスはロープに逃れる。エッジにタッチ。凄まじい歓声が上がる。ベノワの連続ジャーマンで2カウント。ベノワが攻勢を維持してバティスタにタッチ。エッジもMVPにタッチ。バティスタはMVPを蹂躙。パワー技でカウント2を奪ってベノワとタッチ。ベノワは逆水平チョップから、ジャーマン3連発。しかし、ダイビングヘッドバットとかわされる。エッジが入ってストマックブロックでカウント2を奪う。
MVPが入り、ボディスラムで2カウント。エッジが戻りベノワにヘッドロック。ベノワが強引に抜け出し、エッジに延髄切り。MVPが出てくるが、ベノワはバティスタにタッチ。バティスタはMVPをパワーで圧倒し、クローズラインをヒット。エッジが救出に出ようとするが、バティスタはエッジを威嚇する。するとエッジはベルトを持って、花道を引き上げていく。バティスタのスパインバスターがヒット。続けてベノワのダイビングヘッドバットが決まってカウント3。
勝者:バティスタ、クリスベノワ

フィンリー、ホーンズウォグル vs ブギーマン、リトルブギーマン
キャンディスがこの試合のリングアナウンサー。
フィンリーとブギーマンでスタート。ブギーマンがパワーで優位に立つ。リトルブギーマンが入って、フィンリーにスプラッシュを2発見舞う。さらにDDTを決めてミミズを食べる。ホーンズウォグルはリング下に隠れていたが、出てきてタッチを受ける。ミゼット同士の戦いになるが、フィンリーがリトルブギーマンにドロップキック。ウォグルとフィンリーは一緒にダンス。ブギーマンがウォグルを追いかけている間に、フィンリーがリトルブギーマンにブートを決めてピン。
勝者:フィンリー、ホーンズウォグル

非常に長いWWE24/7の宣伝が流れる。

リングマットの交換。
エクストリームエクスポーズが始まる。観客の半分くらいが食べ物を買いに行く。ダンス中、バックステージでまだブギーマンがウォグルを追いかけているシーンが映り、フィンリーがブギーマンを殴り倒す。その後、ウォグルとリトルブギーマンはリングに出てきて度胸試し。しかし、引き分けに終わる。すると、リトルブギーマンがウォグルの背後から襲う。

ミッシェルマクールが次のリングアナウンスの為に出てくる。

ケイン、ユージン、ドインクザクラウン vs ケビンソーン、ウマガ、ヴィセラ
ユージンはスーパーマンのコスプレ。ドインクに声援が送られる。ドインクとソーンでスタート。ソーンがドインクを圧倒する。両者、ユージンとウマガにタッチ。ウマガがパワーでユージンを倒してヴィセラにタッチ。ヴィセラはサイドバスターをヒット。さらにユージンをコーナーに追い込んで、攻撃を加える。さらにウマガとタッチ、ソーンとウマガの2人がかりでユージンを攻める。ソーンのチンロックをユージンが外し、ウマガを場外に落としてケインにタッチ。ケインはヴィセラとソーンを圧倒。さらにコーナー上からソーンにフライングクローズラインを決める。しかし、ウマガがケイン、ドインク、ユージンをまとめて圧倒すると、ヴィセラが入ってケインにラブトレイン。ケインは脱出し、ウマガがドインクとユージンを攻撃している間に、ヴィセラにチョークスラムを決めてピン。
勝者:ケイン、ドインクザクラウン、ユージン

SNME終了。

すぐさまセットをRAWのものに変更する作業が始まる。

その間、会場には会社の理念に関するビデオが流れる。放送されないもの。ビデオにはレスリングやチャリティイベントに登場した様々な有名人が登場。

ダークマッチ
ロビー・シルバースタイン、ランス・マリブ vs ハイランダーズ
すでにRAW仕様のリングに変わっている。セットは交換作業は続いている。試合はシルバースタインがコーナーでローリーにチョーク攻撃をやめなかったため反則裁定。
勝者:ハイランダーズ(反則)
試合後にロビーがマリブにトップロープからのスプラッシュを見舞う。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

2/11放送分DSW試合結果速報

2/11放送分DSW試合結果速報

ナイジェルシャーロッドが、今夜の特別実況としてスマックダウン上級レフリーのニックパトリックを紹介する。
先週のメインイベントで、Gリラがペレスの腕を破壊したシーンのリプレイ。ペレスが彼を見捨てたシアキとアファに、どのような報復をするのか心配だと解説。

シャーロッドはブラッドリージェイが、今夜、ラウンドロビンマッチで、ヴィトーともう一人別の対戦相手と共にタイトルマッチを闘うことを告げる。シャーロッドは、不明の対戦者として、ノンタイトルでジェイに2度勝っているオライリーしかいないだろうと言っている。

ロッカールーム。デリックニークリックとマイクノックスがいる。かつて支配したDSWをもう一度支配するといっている。

ヘンリーゴッドウィンとレイゴーディが、非常に短いスカートを履いているレベッカの待つリングに入ってくる。レベッカは何かにおうという。ゴーディは「甘い血の匂いだ。ここはディープサウスだからな。」ゴッドウィンは俺たちは最高に幸せだ。こいつらは俺たちの観客だからな。」ゴーディは「俺たちはなすべきことを知っている。それを全部終わらせて、『やった』といってやるよ」

ニークリックが一人で登場。花道の最後で立ち止まる。ノックスが飛び出してくると、観客は大声援を送る。


チームエリート(マイクノックス、デリックニークリック) vs ヘンリーゴッドウィン、レイゴードン
DSWは息の合った攻撃で圧倒。途中、ノックスのキックがゴーディの頭にヒットし抑えるが、レフリーがダウンしている。この隙にゴッドウィンが入り、クリーンザハウス。ノックスはゴッドウィンの腕を攻める。レフリーが復活後もエリートはゴッドウィンの腕に狙いを定め集中攻撃。その後激しい攻防が続くが、ニークリックがゴッドウィンをフライングラリアットで場外に落とし、ゴーディにツープラトンのアラバマスラムを決めピンフォール。
勝者:チームエリート

ブルックアダムスがメジャーズブラザーズにインタビュー。タッグタイトルについて質問する。ブライアンは「前回はサモアンファイトクラブと、ウィリアムリーガル、デビッドテイラー組を倒してタイトルを奪った。」ブレットは「DSW初の2度目のタッグタイトルを奪取し、DSWの歴史を作ってやる。」と宣言する。

レベッカが、GMのクリッシーヴェインが、バグレディという素晴らしい選手を雇ったことをレポートしている。これにより、エンジェルウィリアムズは窮地に追い込まれたといっている。

フリーキンディーコンとGリラがバックステージで、ディーコンのペットのタランチュラと遊んでいる。Gリラはタランチュラの声を聞いているらしい。ライオネルリッチーの「ハロー」の歌詞を繰り返している。

フリーキンディーコン、Gリラ vs フランキーカバーデイル、ボビーホプキンス
モンスター組は大人気。パトリックはGリラを石器時代の巨人と表現する。カバーデイルはホプキンスに先発させる。Gリラがホプキンスを一方的にいたぶる。カバーデイルがGリラの脚を引っ張ろうとするが殴り倒し、ディーコンにタッチ。カバーデイルの腕を攻撃するとカバーデイルは必死に逃げ回る。ホプキンスがディーコンを攻撃するが、全く効かない。ディーコンはGリラの手を舐めてタッチ成立。Gリラはホプキンスをコーナーに詰めると、走りこんでバックエルボーを決め、倒れたところにコーナー上からローリングセントーン。カバーデイルが助けに入るが適わず、ホプキンスがサンドイッチ攻撃を食らい、ディーコンボム、Gリラスプラッシュと連続で食らってピン。
勝者:フリーキンディーコン、Gリラ

ルーシャスがヴィトーにインタビュー。ヴィトーはタイトルマッチよりもドレスのことが気になっている。しかし、新旧チャンピオンとタイトルマッチを闘うことは誇りであり、チャンピオンに相応しいドレスをオーダーすると言う。

アダムスがオライリーと共にバックステージにいる。ヴィトーのドレスを散々けなすと、自分は(GMの)ヴェインのトラブルを解決する為に、この試合に出場するといっている。そしてジェイを2度倒しているとし、今回も同じ結果だと言う。

レベッカがリングに向かうジェイを引きとめ、試合について訊くと、「難しい状況だが、いずれにせよ勝つのは自分だ。」

ヴィトー vs ブラッドリージェイ vs ライアンオライリー
DSWタイトルマッチ

中盤、ヴィトーとオライリーが共闘し、コーナーでジェイを攻撃。オライリーとジェイの戦いが激しくなると、ヴィトーは高みの見物を決め込む。しかしフォールはカットに入る。ヴィトーがジェイに捕まりエルボードロップをくらうが、オライリーがカット。ヴィトーはフラップジャックでジェイを叩き付けると、オライリーに猛ラッシュを仕掛ける。ジェイはオライリーの脚をロープまで引っ張り救出。しかし、オライリーがジェイの脚を引っ張る。ここでヴィトーがジェイの顔面にキックを入れ、ファイアーマンズキャリードロップから、ダイビングヘッドバットでピンフォール。
勝者:ヴィトー
タイトルの移動に、観客は大歓声。ヴィトーは観客席の最深部に入って行き、ベルトを頭上に掲げる。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

2/4放送分DSW試合結果速報

2/4放送分DSW試合結果速報です。
DSW、OVWに関しては、レポートが毎回あるとは限りませんので、あらかじめご了承ください。

リング外でフリーキンディーコンがイスを振り回すサポートを受け、コフィキングストン、スエード組がアーバンアサルト組をダブルフォールを奪ったシーンのリプレイが流れる。実況のビルデモットはラフハウスオライリーが、現DSW王者のブラッドリージェイと、ノンタイトルマッチをのちほど行うと告げている。もう一人の実況、ナイジェルシャーロッドは、TTバー(トークショー)も待ちきれないと言っている。

レベッカ(ECWにも出ている人)がキングストンとスエードにインタビュー。キングストンは不利な予想を覆してやったと言っている。スエードは、「これで、タッグタイトルの挑戦権と、ギャラのアップはいただきだ。」と言い終わると、フードを被り、体を冷やさないようにしている。キングストンはスエードが喋れた事に驚いている。スエードはお構い無しにマスクを着用している。キングストンが「DSWのタッグ戦線の頂点に来た」といいアピールしているが、カメラが広角に切り替わると、スエードが忽然と姿を消している。

コフィ・ナハジ・キングストン、スエード vs ヒース・ミラー、スコット・ファンタスティック
序盤はキングストン、スエード組が、ミラーの腕を狙う。ダブルでの巻き投げから、打撃で腕を痛めつけ、スエードはトップロープからのダブルフットスタンプをミラーの腕に落とす。ミラーはスエードに対し、ニーブリーカーからドラゴンスクリューで反撃。今度はミラー、ファンタスティック組がスエードの脚を狙う。デモットは、ハイフライを得意とする選手を飛ばせないための作戦と説明。スエードはファンタスティックをサンセットフリップに捕らえ、カウント1。すかさずキングストンにタッチ。キングストンはボディスラムとショルダースルーでクリーンザハウス。ダンシングレッグドロップで、スエードのフィニッシュをお膳立てする。最後はスエードのトルネードDDTが決まってカウント3。
勝者:スエード、キングストン

ヴィトーがトレイシーテイラーのTTバー最初のゲスト。トレイシーはヴィトーにハワイのパラオをプレゼント。トレイシーはヴィトーが来週、現DSWチャンピオンのブラッドリージェイとタイトルマッチを行うことを発表する。ヴィトーはタイトルマッチには興奮しているという。しかし、それよりもプレゼントされたパラオの方がもっと興奮すると言っている。
ここで、シャンテルとルーシャスが登場。トレイシーはDSWのGMであるクリッシーヴァインが、エンジェルウィリアムズをシャンテルのパートナーとし、ディーバのタッグマッチを組んだことを発表する。シャンテルは不満そう。トレイシーはシャンテルに「自分のやるべきことをしなさい。何も心配は無いんだから。」

ヴィトー vs フランキー・カバーデイル
カバーデイルは70年代のベビーフェイスレスラーを勘違いしたようなキャラクターで、同性愛者をアレルギー的に嫌っているようで、女装趣味のヴィトーから逃げ回り、リングポストの影に隠れようとする。ヴィトーが皮ひもで鞭打つと、ロブルッソー(レフリー?)の腕にしがみついてしまう。試合中盤、カバーデイルがヴィトーにサミングをして、少し優位に立つ。しかし、ヴィトーが猛反撃。ダブルジャンプリバーススプラッシュ(リバーススプラッシュはセントーンの事ですが、ダブルジャンプが分かりません)でカウント2。チョップをカバーデイルの胸に叩き込み、倒れたところを容赦なく鞭打ち。カバーデイルは死んだフリ。隙をついてビトーにショルダータックルを見舞う。そして、ターンバックルにヴィトーの顔面を打ち付ける。カバーデイルはその間、ニヤニヤ笑い続けている。カバーデイルはサンセットフリップを狙うが、ヴィトーはドレスが汚れるのを嫌がっている。しかしカバーデイルは無視。怒ったヴィトーがハンマーパンチを乱打。クロスボディから、旋回式エルボーでニアフォール。最後はドレスを使ったコードオブサイレンスでタップアウト。
勝者:ヴィトー

バックステージでレベッカがシャンテルとエンジェルに、現在の困った状況について質問している。シャンテルは「時には自分の仕事を守るために、やりたくない仕事をしなければいけない事はあるわ。私にはWWEでの輝かしい未来が待っているのだから。」エンジェルは「クリッシーがこんなくだらないことをするのは、プレッシャーに押しつぶされてしまったからよ。私は今夜もいつものようにやるわ。いつもと違うことをやるはめになったとしてもね。」

エンジェルウィリアムズ、シャンテル vs トレイシーテイラー、ルーシャス
トレイシーとシャンテルは友好的。エンジェルはシャンテルの頭を叩き、無理やりタッチ。エンジェルはトレイシーのバックを狙う。エンジェルは膝の固定具をトレイシーの背中に食い込ませてサーフボードで締め上げる。エンジェルはシャンテルのタッチの要求はことごとく無視。ついにエンジェルはシャンテルにビンタ。すると、トレイシーとシャンテルは共にエンジェルにビンタでお返し。エンジェルが場外に逃げると、そのまま2人で追いかける。エンジェルがリングに滑り込み、待ち受けるルーシャスが大振りのフックを狙うが、エンジェルはダッキングでかわし、スクールガール(スクールボーイと同型)でカウント3。
勝者:エンジェルウィリアムズ、シャンテル(?)
エンジェルは一人で大喜び。

クリッシーが出てきて、シャンテル、トレイシー、ルーシャスを叱責する。デモットは、「クリッシーの不機嫌は、みんなの不幸ってことだな。ナイジェル。」

レベッカがオライリーに、ジェイとのノンタイトルマッチについて尋ねている。オライリーは「ジェイは遅かれ早かれ、再起不能になる。今がその転機だ。タイトルを置いて逃げるなら今しかないぞ。」

ジェイはオライリーが強敵であることを認めながらも、「そんな事はどうでもいい。いずれにせよ、今夜も俺がチャンピオンであり続けることに変わりはない。」

ラフハウスオライリー vs ブラッドリージェイ ノンタイトルマッチ
序盤はオライリーがフォールの連続。ジェイはカウント1で跳ね返す。デモットは「再びオライリーが勝利すれば、ヴァイン(GM)は第一挑戦権を彼に与えるだろう」ジェイはブレイク際にエルボーで倒し、腹部にストンピングを浴びせる。オライリーは反撃を試みるが、ジェイのボディ攻撃に動きを止められてしまう。チョップの打ち合いから、ジェイがオライリーをコーナーに正面から突っ込ませラッシュ。さらにボディシザーズで痛めつける。さらに正面から腹部へのサッカーボールキックでフォール。しかし、レフリーはタイツを掴んでいると指摘。再びジェイはボディシザーズ。オライリーはエルボーで脱出。パンチでジェイを何度も倒す。フライングラリアットから、丸め込みでニアフォール。ジェイをコーナーに詰めての激しいラッシュ。しかし、ジェイはラリアットで反撃。しかし、オライリーがキックアウト。ジェイはショックを受けるが、気を取り直してセカンドシティスラムを狙う。これをオライリーが切り返して、タイツを掴んだ丸め込みでピン。
勝者:ラフハウスオライリー

Gリラとディーコンがバックステージで、ディーコンのペットであるタランチュラのウィロウと遊んでいる。

Gリラ、フリーキンディーコン vs アーバンアサルト(シアキ、ペレス w/アファ)
ディーコンはシアキのパンチが効かない。シアキはパニックに陥りペレスにタッチ。ディーコンとGリラはペレスの腕を狙う。
Gリラがペレスの腕にスプラッシュ。たまらずペレスは場外に転げ落ちる。Gリラとディーコンはそれぞれ、シアキとアファの相手をしている。その間にサモアンズがその後、ペレスを裏切ったサモアンズ(シアキ、アファ)がペレスをリングに押し戻して退散。その後ペレスが一方的にいたぶられ、最後はGリラのICUスラムでピン。
勝者:フリーキンディーコン、Gリラ

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

前のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。