WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スコットホールが怒ったのは当然のような気がします

10/12付WWEニュース速報です

★怪我で長期欠場中のウマガが、先週木曜日のFCWの収録に登場したそうです。

★ディベロップメントのシン・ボウディーは、前回のSmackdownで、キザーニーと言う名前のテキ屋のキャラクターとしてプロモーションビデオが放映されました。近くSmackdownでデビューするものと見られています。

★キャンディスミッチェルは、怪我で欠場していた間に、背中の上の方に流れ星のタトゥーを入れたそうです。

☆謹慎処分を受けたドルフジグラーの今後の処遇については未定との事です。しかし、ジグラーを擁護する人たちがおり、何らかのサポートを受けて再プッシュされるのではないかとみられているそうです。

☆ドスカラスJrがWWEと契約を交わしたという報道は誤りであるとドスカラスJrがEMLLの役員に話していたそうです。この中でドスカラスJrはWWEが提示した金額が低すぎたためにオファーを断ったと語っていたとされています。

◆アイアンシークローストで、スコットホールに殴られたコメディアンのジミーグラハムが、マイスペースにこのときの様子を説明するエントリーをアップしました。この中で、ホールを怒らせたジョークというのは、「アイアンシークとハクソージムは、駐車場でコーク(コカイン)を嗅いでいたから、オーウェンハートよりも早く落ちぶれて(落っこちて)しまった」というものだったとし、これをどう受け止めるかは読者に任せるとしています。また、スコットホールが激昂して詰め寄ってきたとき、襟元を掴まれて壁に押し付けられたそうです。この状態でも、ホールが本気かどうかは分からなかったそうです。ホールに殴られてセキュリティ達が止めに入った際、親友のキングコングバンディや、友人のスコッティシュワルツらが助けに来てくれたそうです。さらに、この様子は、今後発売されるDVDや、恐らくはYoutubeで公開されるだろうとしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。