WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/22放送分RAW試合結果速報

9/22放送分RAW試合結果速報です


ダークマッチ

○スニツキー vs ローカルジョバー●

○ディーロブラウン vs エリック・エスコバル●
試合前にエスコバルがアピール。観客はディーロに歓声。フロッグスプラッシュでピン。

RAW
通算800回目の放送は、ラダーマッチのようにリング上にベルトが吊るされ、その下にラダーがセットされている風景でスタート。クリスジェリコがリングに登場。ラダーを登り、頂点に腰掛ける。そして先週、HBKがラダーマッチに革命をもたらしたのは自分だと語っていたことに触れ、ジェリコこそ3度もラダーマッチで世界タイトルマッチを制していることが示す通り、ラダーマッチを知り尽くしているのだと言う。そしてノーマーシーでもタイトルを防衛すると言う。
ランディオートンがリングに登場。腕全体にタトゥーが施されている。オートンはジェリコに対し、まず、CMパンクを仕留めた事をオートンに感謝しろという。ジェリコはオートンを攻撃しようとするが、オートンはアダムルのオフィスで、アダムルからオートンは誰も攻撃できない代わりに、逆にオートンに手出ししたものは直ちに謹慎処分を下される規則になっているという。ジェリコはもううんざりだといって退場。
CMパンクがリングに登場。オートンをにらみつけ2度殴り、オートンが倒れる。マイクアダムルGMが駆けつけ、直ちにパンクに謹慎処分を命ずる。観客はブーイング。ここでシェインマクマーンのテーマがヒット。大歓声が上がる。シェインはアダムルの作ったルールはまだ認めていなかったとして、アダムルが謹慎処分をパンクに課す事は出来ないと言う。オートンは激怒。シェインは今からそのルールは適用されるという。そして、今夜のメインイベントはクリスジェリコ、JBL vs バティスタ、HBK戦だと発表する。

CMパンク vs コーディローズ
コーディが圧倒。パンクの頭と脚を攻撃する。ようやくパンクが反撃し、アンクルロックを極める。コーディはロープに逃れるが、パンクはコーディをG2Sに捕らえてピンフォール。
勝者:CMパンク
試合後、テッドデビアスとマヌーがパンクを攻撃。コフィキングストンがパンクに加勢し、チームプライスレスを追い払う。

バックステージでシェインとアダムルがアダムルのオフィスにいる。シェインはアダムルにもっと仕事を勉強しろと言う。ケインが飛び込んできてミステリオとの試合を要求。アダムルはノーマーシーで試合を組むと言う。ケインはシェインに向き直り、「ママに俺がよろしく言っていたと伝えてくれ」と言い、笑って立ち去る。アダムルはシェインに、ケインとお母様はお知りあいですか?と尋ねる。シェインは少し前にケインがリンダに花道でツームストンを見舞い、シェインの睾丸を感電させた事があるのだという。そして、これも仕事の内だと言う。

バックステージでマレラとベスがケリーケリーに絡んでいる。マレラがバティスタの物まねをすると、バティスタがその背後に立っている。マレラは悲鳴をあげて逃げていく。

サンチノマレラ vs デュース ノンタイトルマッチ
試合前、マレラはICタイトル保持期間を示すホンキードンキーメーターを示す。現在5週間を表している。コミカルなスカッシュマッチでマレラが勝利。
勝者:サンチノマレラ

ケイン vs エヴァンボーン
ボーンは様々なハイフライ技を披露。しかし、パワーで圧倒するケインが捉え、チョークスラムをヒットしてピンフォール。
勝者:ケイン
試合後、もう一発チョークスラムをケインが狙うが、ミステリオが救出にかけつける。しかしケインがブートをミステリオに叩き込み、チョークスラムをヒット。

バックステージでジェイミーノーブルがシェインに話をしていると、ニックネメスが登場し自己紹介を始める。オートンが近づいてきてシェインに対し、お互い3代目同士なのに、対立するのは残念な事だというが、シェインは自分は4代目だと訂正する。

ベスフェニックス vs ケリーケリー ノンタイトルマッチ
マレラが介入しようとするが、ベスに誤爆。その隙にケリーが丸め込みで勝利。
勝者:ケリーケリー
試合後、ベスがケリーの手首をひねり上げ、マレラが罵声を浴びせるが、バティスタが登場。マレラのマスクを剥ぎ取ってマレラの顔に投げつけると、スパインバスターを見舞う。ベスは避難している。

クライムタイムと、ミズ、モリソン組が、「Word Up」か「The Dirt Sheet」かで言い争っている。

ミズ、ジョンモリソン vs クライムタイム
好試合。ミズ、モリソン組がJTGを孤立させるが、ようやく逃れてシャドにタッチ。JTGとモリソンが場外で戦う間に、リング内ではシャドがミズを押さえ込むが、場外のモリソンがJTGをリングポストに叩きつけ、リングに入ってシャドの後頭部にキックを放ちミズがカバーする。
勝者:ミズ、ジョンモリソン

ジェリコがバックステージでアダムルに話をしている。今夜のメインイベントを自分の都合の良いように変更させようとする。

キングとコールがノーマーシーの決定済みカードを発表。テイカーvsビッグショー戦も入っている。

チャーリーハースが、カートヘニングに敬意をしめしている。そしてヘニングを模倣するため、バスケットボールをゴールにシュートし、ゴルフのショットをし、フットボールを投げてキャッチし、チューインガムを吐き出して受け止める練習をするが、全て失敗する。

メインイベントの開始前、リリアンがメインイベントはアダムルの指示でハンディキャップマッチに急遽変更されたことをアナウンス。
クリスジェリコ、ランスケイド、JBL vs バティスタ、ショーンマイケルズ
HBKとケイドでスタート。数で勝るヒール軍が優勢。HBKが反撃しようとするたび、ジェリコがチープショットを放つ。HBKがようやくバティスタにタッチすると、バティスタがヒール軍を一掃。HBKはジェリコにダイビングエルボーをヒットして、スイートチンを予告。しかし、ジェリコがカウンターでウォールズオブジェリコ。HBKはこれを丸め込みに切り返す。ジェリコは逃げようとする。場外ではバティスタとJBLが戦っている。バティスタのスピアーがJBLにヒット。リングではHBKが再びスイートチンを狙っている。しかし、ジェリコがこれを回避し、ケイドがHBKにパワーボムを見舞ってピンフォール。
勝者:ランスケイド、クリスジェリコ、JBL
ヒール軍が勝ち誇り、バティスタはHBKの容態をチェックしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。