WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8/25放送分RAW試合結果速報

8/25放送分RAW試合結果速報です

今夜のRAWはSci-Fiネットワークでの放送。
CMパンクがリングに登場。リリアンがオープニングマッチのアナウンス。JBLが登場。いつものオープニングセグメントはなく、第1試合がスタート。

CMパンク vs JBL ノンタイトルマッチ
パンクがキックの連打でJBLを追い込むと、JBLは場外に脱出。パンクはトペスイシーダをヒット。リングに戻り、パンクは失敗気味のクロスボディをヒットして2カウント。JBLがブートでパンクを場外に落としてコマーシャルへ。
コマーシャル開け、JBLが優勢。しかしパンクをコーナーに載せたところで反撃され、スイングDDTを食らってしまう。パンクはスワンダイブ式クロスボディで2カウントを奪うとG2S狙い。しかしJBLが脱出しクローズラインフロムヘルをヒット。しかしカバーが遅れて3カウントを奪えない。苛立つJBLは場外へ出てイスを持ち出す。しかしレフリーがイスを取り上げる隙にパンクのG2Sがヒット。カウント3。
勝者:CMパンク

Smackdownは10/3からMyネットワークに移籍するとアナウンス。

マイクアダムルが登場。サマースラムでのバティスタvsシナ戦に触れ、シナは2発もバティスタボムを食らった結果、頚椎ヘルニアを負ってしまい手術が必要になったという。(このときにnecksと複数形にしてしまったそうです。)このため、アンフォーギブンのチャンピオンシップスクランブルには出場できず、代わりの選手を今夜の番組中に発表すると言う。

ケインがボイラー室のようなところにいる。かなり暗い。シナの怪我など、ミステリオに与えた苦痛に比べるまでもない程度のものだとアピール。

アダムルがバックステージの自分のオフィスに戻ってくると、プリモコロンがいる。アダムルはカバナを行う準備は出来ていると言うが、コロンは自分は兄貴のような間抜けとは違うと言う。アダムルが笑い、コロンはなぜ笑うのかと問うと、今夜試合を組んでいることを語る。
続けてショーンマイケルズが登場。クリスジェリコの居所を探している。ジェリコは今夜来ていない。アダムルはレベッカの容態を尋ねるがHBKは答えずに立ち去る。

ケリーケリー vs ベスフェニックス
ベスがパワーで圧倒。しかしケリーが丸め込みからベスの顔面にキック。これでベスがかなりの量の鼻血を出す。コーナーのベスにハンドスプリングエルボーを狙うが、ベスがかわそうとしてセカンドロープロープによりかかる。マレラがベスの様子を場外からチェックしている隙に、ケリーが背後からスクールガールで丸め込んで3カウント。
勝者:ケリーケリー
マレラがリングに入ってベスを落ち着かせようとするが、ベスはマレラを突き飛ばして追い払う。引き上げるベスをマレラが追いかけていく。

アンフォーギブンではスクランブルマッチを2試合行うとアナウンス。

今週、WWE24/7でカートヘニング vs ブレットハート戦を配信するとアナウンス。

チャーリーハース vs プリモコロン
カリートのテーマがヒットし、カリートのシャツにアフロのかつらをつけたチャーリート(ハース)が登場。試合開始直後はチャーリートが優勢。しかしチンロックを脱出したコロンが反撃し、コーナー上からのダイビングクロスボディで3カウント。
勝者:プリモコロン

バックステージでHBKがリングに向かっているのが映る。

サマースラムのHBKとクリスジェリコのセグメントがリプレイ。先週のRAWで流れたHBKのコメントもリプレイされる。
HBKの登場で大歓声。HBKはサマースラムの出来事の後、自分にあれは事故だったのだと言い聞かせたという。しかしRAWで見たジェリコの態度は自分とファン達を侮辱するものだったという。ジェリコがトロンに登場。
ジェリコはHBKは試合を求めるのだろうが、すでに引退しているため契約違反で訴えられる事になるという。HBKはどんなルールでもいいのとしてジェリコとの再戦を求める。ジェリコはこれを受け非公式試合をアンフォーギブンで行うと言う。HBKはショーを盗むとかそういうことはどうでもいいとし、「目には目を」だと言う。

アンフォーギブンで3つ目のスクランブルマッチが発表。ECWタイトルもスクランブルで争われる事が発表される。マークヘンリー以外の参加選手は翌日のECWで発表。


チームプライスレスが登場。しかし先週クライムタイムにベルトを盗まれているため、ベルトは持っていない。
テッドデビアス、コーディローズ vs ジムデューガン、ジェリーローラー
デビアスがミリオンダラードリームから足払いでデューガンをマットに叩きつけてピンフォール。
勝者:テッドデビアス、コーディローズ
試合後、チームプライスレスはクライムタイムに向けてメッセージ。クライムタイムをチンピラと呼ぶとクライムタイムがベルトを持って登場。アンフォーギブンでベルトを賭けた試合を申し入れる。プライスレスがこれを受ける。プライムタイムはこの世に値段の無いものなどないとし、特に世界タッグタイトルにはというと、観客と一緒に「Money, money. Yeah, yeah」を繰り返す。

トッドグリシャムがバックステージでバティスタにインタビュー。サマースラムのシナ戦は自分のキャリアの中で最もハードな試合の一つだったという。そしてシナの回復を祈っていると言う。そして今夜の相手、ケインについては、ねじくれて頭のおかしい化け物で吐き気がするという。そして奴の脅しになど決して屈しないという。

サンチノマレラ vs コフィキングストン ICタイトルマッチ
ベスフェニックスはマレラのセコンドについていない。試合中キングストンのレッグドロップを受けたマレラが場外に逃げ出す。そこへベスが現れてマレラにリングに戻れと言う。渋々マレラリングに戻ると、ベスはキングストンの足を引っ張り倒す。マレラがそこを押さえ込んでピンフォール。
勝者:サンチノマレラ
WWE史上に残る珍妙なフィニッシュ。
試合後、ベスがリングに上がりマレラのICタイトル防衛を祝福。キスをする。

マイクアダムルがアンフォーギブンのシナの代打を発表。レイミステリオ。

コールとキングがアンフォーギブンの決定済みカードを読み上げる。SmackdownスクランブルはHHH、ジェフハーディ、ブライアンケンドリック、MVP、シェルトンベンジャミンの5人。RAWスクランブルはCMパンク、ケイン、バティスタ、JBL、レイミステリオ。そしてジェリコvsHBKの非公式試合など。

バティスタ vs ケイン
序盤からバティスタボムにトライするがケインが回避。さらにクローズラインもかわして場外にでてタイムキーパーを追い払うと、そのイスを持ち出しコマーシャルへ。
コマーシャル明け、ケインがチンロックをかけている。バティスタが脱出してスピアーを狙うが失敗。ケインはチョークスラムにトライ。バティスタは脱出するが、ケインは膝へのドロップキックでバティスタを倒す。ふらつくバティスタをコーナーにつめ、串刺しのブートからバティスタの脚を集中攻撃。バティスタが反撃を試みるも、脚の痛みに倒れてしまう。さらにケインはバティスタの脚を攻めつづけるが、バティスタは片足だけでパワースラムをヒット。
ケインがチョークスラムを狙うがバティスタが脱出しバティスタボム。しかしケインは場外に脱出。バティスタの脚をリングポストに巻きつけて、イスで殴って反則が取られる。
勝者:バティスタ(反則裁定)
試合後もケインはバティスタの脚を攻撃しつづける。リングに戻ったところでバティスタのスピアーがヒット。ケインは手にしていたイスを取り落とす。バティスタはそのイスを奪いケインを滅多打ち。さらに自分にされたようにケインの脚を殴りつける。ケインが叫び声を上げる。バティスタが我を忘れている。コールはこの2人がRAWスクランブルに出場するアンフォーギブンは2週間後だとアナウンス。放送終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。