WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/26放送分RAW試合結果速報

3/26放送分RAW試合結果速報

シカゴで開催。

コーチがリングで、今夜のビンス vs ラシュリーはノーDQマッチに変更されたと告げる。誰が乱入使用とも有効となるとの事。

スティーブオースチンのテーマがヒット。観客は熱狂。オースチンはコーチに「邪魔して悪かったな。しかし、言っておく事がある。テキサスのオースチンにある自宅に、トランプからいろんな贈り物が届けられ、俺を買収しようとしているようだ。」
コーチは「これが、ドナルドトランプのいつもの手口だ。ビンスの方が何倍も尊敬に値する人物だ。」
オースチンはコーチの話をさえぎると、「宅配業者にはプレゼントを全てニューヨークに送り返すように言った。あのプレゼントはコネチカット州スタンフォードのマクマーンオフィスからのものだった。(コーチに向かって)あいつは俺を馬鹿にしているのか?」
コーチは「誰もそんな事を思ってはいないさ・・」と言いかけると、オースチンは「黙れ!お前の話すことにはうんざりだ。ビンスの襟首引っつかんで、引きずり出して、丸坊主にしてやる!!」
コーチは贈り物の件は自分が独断でやったといい、ビンスは関係ないというとオースチンに謝る。オースチンはリングの中だろうが外だろうが、誰もおれの邪魔はさせないと言う。あわてたコーチは「はげは美しい」と言い出す。オースチンは笑って握手すると見せかけてスタナー。ビールを飲んでいるシーンでコマーシャル。

オースチンが車に乗り込んで帰って行こうとするところに、ビンスのリムジンが入ってくる。ビンスはオースチンと気づかずにサンルーフから顔を出している。オースチンがこれを野次って帰っていく。
オースチンが去った後、運転手を叩きのめし、クビを宣告する。

コマーシャル

WM23の女子王座戦は「ランバージルマッチ」とアナウンスされる。

メリーナ、ビクトリア、ジリアン vs キャンディス、アシュリー、トーリー
メリーナとアシュリーでスタート。メリーナがビンタからつばを吐きかけてビクトリアにタッチ。アシュリーはキャンディスと交代。キャンディスは綺麗なフライングニールキックをメリーナの背中にヒットさせ、メリーナは場外に転落。ビクトリアがキャンディスを抱え上げ、コーナーに逆さ磔にすると、メリーナが入って、顔面にドロップキック。ビクトリアとメリーナがキャンディスをしばらくいたぶってから、ジリアンにタッチ。ジリアンはキャンディスにボディスラムを決める。ジリアンはサマーソルトレッグドロップを狙うがキャンディスがかわしてアシュリーにタッチ。
アシュリーはヘッドシザースホイップを決め、続けて(力の無い攻撃で)全員を蹴散らして、ジリアンがリングに残る。ジリアンはアシュリーをコーナーに振り、ハンドスプリングエルボーを狙うが、アシュリーがキャッチして丸め込んでピン。
勝者:アシュリー、キャンディス、トーリー

WM23のウマガとラシュリーの対決のプロモ

JRとキングが今夜のメインイベントを宣伝

コマーシャル

CMパンク vs ケニーダイクストラ
ケニーがパンクに襲い掛かるが、パンクは上手くかわしてダブルアームの体勢からバックブリーカー(技名はウェルカムトゥシカゴ)。バックエルボーを決めるとスワンダイブを狙うが、ケニーにロープ上に落とされてしまう。ケニーはブートからカバーして2カウント。
ケニーはパンクにチンロック。観客がパンクに声援を送る(パンクは開催地のシカゴ出身)と、パンクは反撃しようとするが、ケニーはドロップキックで動きを止めてしまう。ケニーは滞空式ハングマンズネックブリーカーで2カウント。続けて背後からフェースロックで絞め上げる。
パンクは立ち上がって反撃しようとするが、再びケニーに押し戻される。ケニーがスープレックスに行こうとしたところでパンクの膝蹴りがヒット。続けてリバースヒールキックが決まる。さらにパンクはムエタイ式の膝蹴りを打ち込み、ハイキックからスワンダイブ式フライングラリアット。シャイニングウィザード、ブルドッグと畳み掛けてニアフォール。
ケニーはジョーブリーカーで反撃するが続かず、パンクのゴー2スリープが決まってピン。
勝者:CMパンク

エッジがトロンに登場。パンクをこきおろすと、次はマニーインザバンクエディションのカッティングエッジだと言う。

コマーシャル

億万長者対決のビデオ

オートン、ブッカー、フィンリー、ケネディ、パンク、ハーディズが来ている。
エッジは全員にようこそと言うと、WM23はエッジがはじめてマニーインザバンクに勝利したときから2周年の記念日だと言う。「このときは手にした権利でWWEチャンピオンになった。俺はWMで3回もラダーマッチに勝利している。ここにいる誰よりもラダーマッチで勝利しているし、WMでは無敗を保っている。」
そしてマットハーディに対し、彼のカードがWM23で組まれていることにショックを受けたと言う。マットは「お前のかつてのガールフレンドのように、俺の過去については放っておけ」と言う。エッジは他の全員を一通り小ばかにすると、最後にCMパンクに対して「こいつはセックスと暴力の中毒に犯されている」と言う。パンクは「こいつはおしゃべりの中毒だな。」と言ったところで、エッジ以外の誰かに殴られ、エッジ以外の全員の乱闘が始まる。
エッジはリングを下り、他の7人を笑い飛ばして帰ろうとするが、リング上でハーディズとパンクが他の4人を場外に放り出したところで、エッジを指差し、全員でエッジを追いかけ始める。

コマーシャル

マリアがバックステージでジョンシナにインタビュー。WM23の予想をきいている。シナはWMはプレイボーイのウサギや、サモアンブルドーザーのキングや、マイケルコールが住んでいるような魔法の世界だと言う。あらゆるものがそろっていると言う。そして、「最も情熱的でカリスマ性に富み、好戦的な2人がWWEタイトルをかけて戦う。そして、マリアがおばあちゃんになった頃、そのうちの一人は、とてつもなくタフで最高の男として、歴史書にその名前が載っているだろう。そしてその男は言う。『The Champ is here』と。」

億万長者対決のビデオ

コマーシャル


ボビーラシュリー vs ビンスマクマーン ノーDQマッチ


ビンスはラシュリーを睨みつけるとマイクを持ち「私はラシュリーのずば抜けた能力など問題にしない。今夜、私がラシュリーからピンを奪うと保証しよう。」
ゴング前に、ランスケイドとトレバーマードックが登場し、ラシュリーに向かっていく。ラシュリーはあっさり2人を排除する。マスターズが出てきてマスターロックをかけようとするが、ラシュリーはサイドバスターで撃退。ナイトロが今度は出てくるが、マットに激しく叩きつけられる。ラシュリーはナイトロを引き起こすと、ランニングパワースラム。ビンスはもっと多くの選手を呼び込もうとしている。ここでウマガが登場。
ウマガとラシュリーは狂ったようにパンチの応酬。ラシュリーは掌打で優位に立とうとするが、ビンスがローブローを入れ、ウマガがサモアンドロップ。ビンスがラシュリーに飛び乗ってピン。
勝者:ビンスマクマーン

試合後、ウマガはコーナー上からスプラッシュを決め、さらにスティンクフェイス2連発。ふらつくラシュリーにウマガはサモアンスパイク。ビンスはもう一度カバーして喜んでいる。そしてリリアンにビンスを勝者としてコールするように命令する。
ウマガはもう一度、ラシュリーを引き起こしてサモアンスパイク。倒れたラシュリーのそばに、ビンス、ウマガ、エストラーダが立ち勝ち誇る。

コマーシャル

トッドグリシャムが、車に乗ろうとするビンスにインタビュー。ビンスはWM23での勝利と、トランプを坊主にすることを約束すると、トランプ本人にも聞いて見ようといい、トランプの格好をさせたユージンを呼ぶ。そして、誰もトランプの勝利など予想していないというと、ユージンのカツラをとる。ユージンは嫌々ながら、ビンスに車のドアを開けてやる。

ランディオートン、Mrケネディ vs ハーディボーイズ
マットがオートンにヘッドロック。さらにセカンドロープからダブルアックスハンドルでカバー。オートンがキックアウト。ジェフがタッチを受け、スワンダイブ式ドロップキックで1カウント。
ケネディがタッチを受け、コーナーに振ったジェフにブートで攻撃。ケネディはジェフをコーナーに連続で叩きつけるが、ジェフにヘッドシザーズで倒されてしまう。ジェフのジョーブリーカーはケネディがブロック。ジェフを場外に投げ落とす。
場外でオートンがジェフをいたぶって、リングに戻す。ケネディがカバーするがカウント1。オートンがタッチを受けて入り、2人でジェフをいたぶって、オートンがジェフの体を隈なく踏みつける攻撃。さらにヘッドロックに捉え、顔面にニードロップを落とす。
再びケネディが入り、ジェフの背中にブートからスープレックス。ジェフは反撃してケネディをターンバックルに叩きつけると、ウィスパーインザウィンド。オートンが入り、ジェフのタッチを阻止しようとするが、結局蹴り倒されてタッチが成立。
マットがクリーンザハウス。さらに、ブルドッグとクローズラインで2人まとめて倒す。さらに2人に連続でサイドイフェクト。オートンをカバーして2カウント。マットはツイストオブフェイトを狙うが、ケネディのクローズラインを食らってしまう。ジェフが飛び込んでマットを救出し、オートンにリープフロッグスプラッシュ。しかし、ケネディにはかわされる。ジェフが場外に転落した隙に、ケネディに殴られたマットがオートンのRKOを食らってピン。
勝者:ランディオートン、Mrケネディ

コマーシャル

最後のホールオブフェイムにインダクトされたのはジムロス。
JRはスタンディングオベーションで祝福される。

グレートカーリー vs リックフレアー
チョップでフレアーが攻めるが効かない。カーリーが鉄階段にチョークスラムで叩きつけようとしたところでカリートが介入してゴング。
勝者:グレートカーリー(反則)
カーリーはカリートを捕まえ、ネックハンギングスラムで叩きつける。

パイロが上がり、ケインがフックを持って登場。カーリーを叩きのめす。フックをカーリーの鼻に引っ掛けると、カーリーが怖がっている。

コマーシャル

スティーブオースチンの出演する映画(コンデマンド)の予告編

JRとキングはWM23のカードを紹介。

HBKが「シナは全ての者達を代表して戦ってきた。それ以外の者は、シナに取って代わろうとしたが、シナと向き合った時点でそれは不可能な事になって行った。だが、俺はショーストッパーだ。後6日で、今、頂点に立っているシナは初めての経験をする事になる。しかし、その前に俺は山に登る前に、まず森を抜けなければならない。俺はWWEチャンピオンになる男だ。だが、今夜はシナの背中を守ってやる。

コマーシャル

ジョンシナ、ショーンマイケルズ vs バティスタ、アンダーテイカー
テイカーとシナでスタート。テイカーがシナをコーナーに押し込み、シナが反撃して脱出すると観客はブーイング。両者はコーナーで狂ったように殴りあうが、テイカーが反対のコーナーにシナを振ってスネークアイズ。シナはFUを狙うが、テイカーはチョークスラムに切り返す。シナはテイカーをロープに飛ばそうとするが、逆に飛ばされてしまう。

シナはクローズラインでテイカーを場外に落とすと、鉄階段に叩きつける。HBKが再びテイカーを鉄階段に叩きつけ、再びシナが同じ事を繰り返す。シナはテイカーをリングに押し込みカバーするが、場所が悪くレフリーにブレイクされてしまう。
HBKがタッチを受け、ロープにつめたテイカーに対し、チョップで攻撃し、スイングネックブリーカードロップを決める。シナが再び入り、大ブーイング。テイカーとの殴り合いは、シナの攻撃にブーイング、テイカーの攻撃には歓声が上がる。
テイカーはクローズラインをヒット。ツームストンを狙うが、バティスタが勝手にタッチして入り、シナに強烈なラリアットを見舞う。
シナをコーナーにつめ、ショルダータックルで追い込む。シナはチョップブロックでバティスタを倒してHBKにタッチ。HBKがクリーンザハウス。しかし、テイカーがすぐに復活してチョークスラムの体勢。HBKがかわしたところにブートが決まる。バティスタがアピールからシナにスパインバスター。テイカーはHBKを引き起こしてバティスタに投げつけ、そのまま退場する。
シナがバティスタにショルダーブロックから、リバースブレーンバスター。HBKがコーナーに上ってダイビングエルボー。HBKがスィートチンのアピールを始めたところで、シナがHBKにダブルの5ナックルシャッフルを提案。これが決まったところで、突然HBKが裏切ってシナにスィートチンミュージック観客は大歓声。バティスタが這って行ってシナをカバーしてピン。
勝者:バティスタ、アンダーテイカー
試合後、HBKがシナに「You can't see me.」のゼスチャーと、「Suck it!」のポーズ。

コマーシャル

JRとキングが映り、先ほどのスィートチンのリプレイで終了。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/80-58264c34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。