WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/19放送分RAW試合結果速報

5/19放送分RAW試合結果速報です

ジェフハーディ vs ウマガ
序盤はウマガが圧倒。観客はジェフを応援。ジェフがウィスパーインザウィンドを狙うがウマガが回避。ウマガはジェフをコーナーにセットしてランニングヒッププッシュ。キングはこの技を「ブルドーザー」とコール。ジェフは場外に脱出。ジェフはガードレール上からウマガにダイブするが、受け止めたウマガはサイドバスター。レフリーが両者カウントアウトを宣告する。
試合結果:ドロー 両者カウントアウト
医療班がジェフをチェックする。

バックステージでバティスタがジェリコと対峙。バティスタは、今、問題にしている相手はHBKだという。ジェリコは今夜のバティスタ戦を降りる気はないという。

ウィリアムリーガルがリングに登場。ワンナイトスタンドは全試合をエクストリームルールで行うとし、ジェフハーディ vs ウマガのフォールズカウントエニウェアマッチを発表する。さらにランディオートンとJBLの両者からジャッジメントデイの再戦を行いたいとの申し出があったとして、今夜、JBL、オートン vs HHH、シナ戦を行い、その試合にオートン、JBL組が勝利したらワンナイトスタンドでの再戦を認めると言う。しかしHHH、シナ組が勝利した場合は、ワンナイトスタンドでHHHvsシナ戦を行うと言う。
ここでケネディが登場。リーガルのスピーチを遮ってリーガルへの挑戦を求めるが、リーガルはケネディを黙らせると、次に自分の邪魔をしたものはクビだと言うと、出てきたのはビンス。
ケネディはリーガルにMrマクマーンをクビにしろと冗談を言うが、ビンスはケネディに黙れというと、この数週間のリーガルの働きに不満を訴え、リーガルが番組にでるほどに視聴率が下がっているという。そして観客達の好みなど知ったことではないが、自分にとって金は大事なのだと言うと、リーガルがケネディを追放したいのと同様に、観客達もリーガルを追放したいのだと言い、今夜リーガルvsケネディで敗者追放マッチを行うと宣言する。

スラムオブザウィーク。PPVでベスフェニックスがメリーナとミッキー2人まとめてバックブリーカーを決めたシーン。

メリーナがリングに登場。実況席に加わる。実況テーブルで開脚を披露する。

ベスフェニックス vs マリア
メリーナは、べスはチャンピオンでもないのになぜ入場時に腕をあげているのだろうという。短い試合。ベスは顔面からマリアをマットに叩きつけると、ダブルアームの体勢で座り込むサブミッション「グランドスラム」で勝利。
勝者:ベスフェニックス
試合後、ベスの退場をメリーナが追いかけてキック。さらに背後から飛び掛るが、ベスは腕力で脱出すると、メリーナを花道に投げつける。

今夜ジェリコvsバティスタ戦を行い、その勝者にワンナイトスタンドでHBKと戦う権利を与えるとアナウンス。そして、JBL、オートン vs シナ、HHH戦はエクストリームルールと発表される。

ロディパイパーとサンチノマレラが、ABCのジミーキメルライブ(有名なトークショー)に出演した際の様子が流れる。今夜パイパーズピットが復活するとアナウンス。

バックステージでケイティリーがミッキーに話し掛けている。ケイティはいつの日か、自分が女子チャンピオンになり、そのベルトの価値を高めると言うと、ミッキーは「寝る」ことでチャンピオンの地位を手に入れたのだといい、シナとのデートに言及する。

バックステージでショーンマイケルズがリーガルのオフィスに入っていく。リーガルの試合をリングサイドで観戦することにしたという。リーガルはワンナイトスタンドでは、HBKはジェリコかバティスタのどちらかと、ストレッチャーマッチで戦う事になるのだから、観戦している暇など無いという。

GIフィルムフェスティバルの授賞式で、WWEが最も協力的な愛国者賞を受賞し、WWEを代表してリックフレアーが式に出席した様子が流れる。

クリスジェリコ vs バティスタ
ジェリコは膝を庇い始めるが、バティスタは相手にしない。しかしジェリコの攻撃でバティスタが膝を痛めた様子。ジェリコはバティスタの膝を攻めるが、こちらは本当に効いている様子。バティスタがブートからスパインバスターをヒット。バティスタボムはジェリコがウォールズオブジェリコに切り返し、逆片えびに移行。ライオンサルトを狙うがバティスタが回避して再びバティスタボム。今度もジェリコが脱出し、トップロープからダイブするが、バティスタがクローズラインで迎撃。ジェリコは飛び起きてコードブレーカーを狙うが、バティスタに捕まりバティスタボムを食らってピンフォール。
勝者:バティスタ
試合後、ステージにHBKが現れる。バティスタとHBKはにらみ合う。

次はパイパーズピット。

バックステージでウィリアムリーガルがウォーミングアップをしている。ビンスとテッドデビアスが現れて、商談があるのでリーガルのオフィスを使うと言う。

パイパーズピット
サンチノマレラがパイパーの衣装で登場。マレラは「ロドニーザパイパー」をこきおろす。さらにジミーキメルのいとこのサルをゲストとして呼び出す。サルはマレラを批判し、パイパーはマレラと違い、支持されていたという。さらにサルはマレラがプレイボーイのカバーガールと「寝た」と主張しているが、マリアと話したときにそれはありえない話だと言っていたという。理由は4年生並だったから。マレラは今の4年生の発育は良いのだといい、写真を持っており、自分の言うことが事実だと証明できると主張する。マレラは用意していたケーキのカバーを取ると、「I'm sorry」と書かれている。そしてサルに謝罪するか、ケーキに顔を突っ込まれるかのどちらかだと言う。
ここで本物のパイパーがマレラの背後に登場。サルはマレラの顔をケーキに押し付け、パイパーがマレラをリングから放り出す。マレラはサルとの試合を要求し、パイパーはサルが受けたと言うが、サルはあまり乗り気ではない様子。

明日のECWで、ベンジャミンvsキングストン戦を行うとアナウンス。

Mrケネディ vs ウィリアムリーガル 敗者追放マッチ
場外で乱闘。リーガルはマイクを掴むと、自分は今もGMであるというと、試合はノーDQルールだと言う。そしてリングサイドにいたスタッフからブラスナックルを受け取りケネディを殴ろうとするが、ケネディはローブローを放ちマイクチェックでカウント3。
勝者:Mrケネディ ウィリアムリーガルの追放が決定
観客はgoodbyeの歌でリーガルの追放を喜ぶ。

バックステージでリーガルがオフィスに入ろうとしている。ドアが開いて出てきたのはテディロング。観客は歓声を上げる。

トッドグリシャムがHHHにインタビュー。HHHとシナは仲が悪いので、今夜の試合は不利なのではないかと尋ねる。HHHはオートンとJBLだって一緒に飯を食うような仲じゃないと言う。そしてHHHとシナは昨夜、どちらも勝利しているので有利だと言う。それに、相手がだれであろうと、ワンナイトスタンドで自分が勝つことに変わりはないという。

JBL、ランディオートン vs ジョンシナ、HHH エクストリームルールワンナイトスタンド前哨戦
シナとオートンでスタート。観客は盛り上がっている。両チーム共にタッチ。HHHがフェイスバスターからネックブリーカーをJBLにヒットする。さらにスパインバスターを決めてオートンを場外に投げ落とすとシナにタッチ。シナはSTFUをJBLに極める。オートンとHHHは場外乱闘後、リングに上がってオートンがHHHにパントキックを狙うが、HHHが回避してシナにヒット。HHHとオートンが乱闘を続ける間にJBLがシナをカバーしてカウント3。
勝者:JBL、ランディオートン
JBLとオートンは試合後もHHHとシナを攻撃。オートンはHHHにRKOをヒット。JBLはワンナイトスタンドでのシナとの再戦をファーストブラッドマッチルールと宣言。オートンはWWEタイトルをかけてラストマンスタンディング戦を行うと言う。JBLとオートンがそれぞれの対戦相手を見下ろすシーンで終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。