WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/20放送分ECW試合結果速報

3/20放送分ECW試合結果速報です。

昨晩のRAWでラシュリーがマスターロックを破ったシーンが流れる。

マスターズが登場し、今夜、ラシュリーを真っ二つへし折ってやると言う。

RVD、サブー vs マーカスコーヴォン、ケビンソーン
序盤、RVDがソーンを圧倒しターンバックルに叩きつけたところで、サブーにタッチ。サブーは2人まとめてレッグドロップを決め、カバーは返されるものの、足へのドロップキックでソーンを倒し、再びレッグドロップ。RVDにタッチ。RVDは再びターンバックルにソーンを振ろうとするが返され、パワースラムの体勢に捕らえられそうになるが、これを切り返してフライングヒールキック。しかし、ソーンがかわし、RVDは股間をトップロープに打ち付けてしまう。ソーンはここで、マーカスにタッチ。マーカスはRVDをクローズラインで場外に叩き落す。再びソーンにタッチしつつ、自分は場外に降りてRVDをリングに押し込む。そしてダブルチームでバックブリーカーを決める。続いてソーンがアバランシュホールドに捕らえ、ターンバックルに叩きつける。RVDがマットに崩れ落ちたところへ、背後からチンロックをかける。コーヴォンがタッチし、エプロンのサブーを突き落としてから、RVDにチンロック。RVDは立ち上がって反撃し、マーカスの頭部に蹴りを入れて脱出し、サブーとタッチ。
サブーがクリーンザハウス。さらにスワンダイブ式レッグラリアットで2カウント。さらに飛びつき式トルネードDDTで決まりそうになるが、ソーンがカットする。RVDがソーンを場外にウラカンラナで落とす。それでもソーンはカットに入ろうとするが、エプロンに上がったところで、サブーに倒されてしまう。しかし、この隙をついてマーカスのパウンスがヒット。大きく吹っ飛ばされたサブーを抑えてピンフォール。
勝者:マーカスコーヴォン、ケビンソーン

スニツキーのビデオが流れる。

コマーシャル

スニツキー vs マイクフューラー
スニツキーがコーナーにフューラーを叩きつけ、顔面にブートでピン。
勝者:スニツキー

ホールオブフェイムに新たにオリジナルシークが選ばれたという発表。

コマーシャル

CMパンク vs ハードコアホーリー
序盤のロープワークはパワーでホーリーが有利。しかし、隙をついてパンクが脇固めを極める。イライジャバークがパンクの勧誘に現れる。
パンクはホーリーをコーナーにつめ、パンチを打ち込む。しかし、バークの勧誘に気をとられ、滑落しロープに引っかかってしまう。ホーリーはパンクにブート。さらにロープを使ったチョーク攻撃。さらにコーナーに詰め、チョップを浴びせ、再びロープでチョーク。
パンクはパンチで脱出をはかるが、ホーリーはブートで動きを止め、ショルダースルー。さらにラリアットでカウント2。さらにチンロックげ締め上げる。観客はパンクに声援を送る。パンクは立ち上がり脱出すると、バックエルボーで2カウントを奪う。ホーリーはパンクの頭部にラフ攻撃を続ける。コーナーにぶつけ、さらに反対のコーナーにぶつける。パンクは反撃し、ラリアットの連発から、顔面への膝蹴りで2カウントを奪う。さらにコーナーのホーリーを膝蹴りで串刺しにすると、ブルドッグを決める。ホーリーが反撃し、アラバマスラムを狙うが、ホーリーの足を掴んで阻止。
ホーリーは雪崩式ブレーンバスターを狙う。パンクは反撃してホーリーを突き落とし、トップロープからレッグドロップ。ここでバークがエプロンサイドに上がり、レフリーの注意をひきつける。この隙にソーンがホーリーに不意打ち。ここで、パンクのゴー2スリープがヒットしてピン。
勝者:CMパンク
パンクはソーンとバークの介入に対し、少し迷惑そうにしている。

コマーシャル

パンクがバークに誰の助けも必要ないといっている。
バークは新世代軍は支援を続けるという。そして、仲間入りを考えるように言う。

エクストリームエクスポーズ

コマーシャル

トミードリーマー vs イライジャバーク
バークは真っ直ぐドリーマーを殴りに行く。ドリーマーはヒップトスで反撃。バークは場外に脱出。ドリーマーが追いかけ、バークを攻撃する。両者エプロンに上がり、バークがドリーマーをリングポストに叩きつけ、リングに投げ込み、リストロックを仕掛ける。
ドリーマーは変形のネックブリーカーで反撃する。2人はリング中央で殴りあいになり、徐々にドリーマーが押し始め、ファーラウェイスラムを決める。さらにドロップキックでバークは一回転して倒れこむ。ドリーマーはここで観客にアピールしてDDTの体勢。しかしバークはロープを掴んで阻止すると、ドリーマーをコーナーにつめ、イライジャエクスプレスがヒット。ピンフォール。
勝者:イライジャバーク

再びマスターロックチャレンジが破られたシーンのビデオ。

コマーシャル

ボビーラシュリー vs クリスマスターズ
ロックアップとブレイクを繰り返す。マスターズのヘッドロックからショルダーブロック合戦はラシュリーの勝ち。クローズラインでたたみ掛け、マスターズをコーナーに追い詰める。マスターズもパンチで反撃しようとするが、ラシュリーがすぐに盛り返す。ラシュリーのショルダースルーが決まり、クローズラインで場外にマスターズを叩き落す。
場外でラシュリーはクローズラインを狙う。しかし、マスターズはこれをかわして逆に鉄柱にラシュリーをぶつける。リングに戻り、マスターズは長滞空ブレーンバスターを決め、フィニッシュのアピール。マスターロックを極めようとしたところをラシュリーが切り返し、ハーフネルソンスラム。さらにクローズライン連発からランニングパワースラムがヒット。
さらにスープレックスからコーナーに叩きつけアバランシュホールド。マスターロックを皮肉って、とどめのパワースラムでピン。
勝者:ラシュリー
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/70-7b5898af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。