WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/17放送分RAW試合結果速報

3/17放送分RAW試合結果速報

ジェリコのハイライトリールでスタート。ICタイトルを獲得した事を話す。今夜のゲストはビッグショー。先週、メイウェザーを場外に投げ落としたシーンがジェリトロンでリプレイされる。ビッグショーはメイウェザーをWM24で破壊すると言うと、ジェリコも叩きのめせると言い出す。ジェリコは自分の事を最初の統一チャンピオンだと言うが、ビッグショーはジェリコがWWEの中のメイウェザーだと言い、うるさく、粗野で、自分を過大評価している傲慢な男だと言う。そして今夜ジェリコのICタイトルに挑戦を要求。ジェリコがこれを受諾する。

事前収録のセグメント。ビンスがこれまでの人生を振り返り、非常に充実していたと言う。ハリウッドのホールオブフェイムにインダクトされ、WWEの株価も上昇。2人の孫に恵まれ、3人目も順調。これ以上何を望む事があるのか?というが、今夜、リックフレアーが引退する事だとし、自分とのストリートファイト戦を決定する。

CMパンク vs カリート
カリートが試合を優位に進める。互いにフィニッシャーをかわし合うが、パンクのハイキックがヒットし、ゴー2スリープでピンフォール。
勝者:CMパンク

事前収録のセグメント。スヌープドッグがWM24のバニーマニアについて話し出すが、「マリアがプレイボーイに出るべきではない」と言ってから、誰がこのカンペを書いたんだ?と言う。マレラがキューカードを持って登場。自分の方がスヌープよりもWMをよく知っていると言う。スヌープは「レッスルマニアに出演する」と言って立ちさる。

ステージにウィリアムリーガルが登場。ケンドリックとロンドンがリング。リーガルはWM24のRAWvsSmackdown戦について話をし、ケンドリック、ロンドンには「ウマンガ」と戦ってもらうと言う。
ウマガ vs ブライアンケンドリック、ポールロンドン
スカッシュマッチ。ケンドリックがリングを去り、ロンドンが取り残されてしまう。
勝者:ウマガ

バックステージでリーガルがHHHに話をしている。リーガルはHHHに、今夜のシナとオートンが組むタッグマッチ(相手はロスター全員)で、シナかオートンがパートナーを裏切って試合を放棄したらどうするのだと尋ねる。HHHはシナが試合を放棄したら、WM24でのタイトルマッチから外し、オートンが試合を放棄すれば、オートンのタイトルを剥奪して、HHHvsシナのタイトルマッチをWM24で行うと言う。リーガルはそれはできないというが、HHHは自分が今夜の責任者なのだから可能だと言う。リーガルは、なぜオートンからタイトルを剥奪した場合、自分がすぐにチャンピオンにならないのか?と尋ねると、HHHは前にタイトルを獲得したときは満足できなかったからだとし、レッスルマニアでWWEタイトルを奪い取ると言う。

HHHのWM24タイトル挑戦までの道のりをまとめたビデオ。

ビンスがウォークオブフェイムの星を授与されている映像が流れる。

バックステージにリックフレアーとショーンマイケルズがいる。HBKは自分が今夜ここにいるのは、ビンスが今夜フレアーを引退させようとしているからだと言う。フレアーは、今夜ビンスに引退させられる事は無いし、WM24でHBKに引退させられる事もないという。そして自分はネイチャーボーイであり、HBKと戦う準備はできているが、WM24まではもう会いたくないという。

レッスルマニアまであと13日

JBLがリングに登場。フィンリーはホーンズウォグルにいくつかの不都合があり、付き添っているため今夜来場していないと言う。しかしせっかくのセントパトリックデーなのだから、2番目にタフなアイルランド人選手を用意したとして、コーリンデラニーを紹介。
JBL vs コーリンデラニー
スカッシュマッチ。クローズラインフロムヘルでピンフォール
勝者:JBL

ビンスマクマーン vs リックフレアー フレアーが負けたら引退ストリートファイトマッチ
フレアーが序盤は圧倒。両者場外に転落し実況テーブル上で乱闘。フレアーは何度もビンスを殴り倒す。ビンスはなんとか反撃してリングポストまで押し込みフレアーの背中をぶつける。ビンスはモニターやゴミ缶でフレアーを殴る。フレアーが流血。ビンスがニアフォールを奪う。ビンスは竹刀を持ち出して殴る。フレアーの顔面は血で真っ赤に染まる。ビンスはさらにイスでフレアーを殴る。ビンスはカバーするがHBKが乱入してレフリーを場外に引きずり出す。レフリーがHBKを退場させる間に、ビンスがリングにテーブルをセット。ここでフレアーのローブローがヒット。もう反撃してビンスをテーブルに寝かせると、トップロープからのスプラッシュを見舞いカウント3。
勝者:リックフレアー

ジョンシナのWM24までの道のりをまとめたビデオ

マリア、キャンディスミッチェル vs ジリアン、ビクトリア
マレラが実況に加わる。素晴らしいヒールカラーコメンテーターぶりを発揮。キャンディスがアンプリティアでジリアンからピンフォールを奪う。
勝者:キャンディスミッチェル、マリア
試合後、マレラはキングに飲み物をかけ、殴りつけるとサブウェイのサンドイッチを奪う。

フロイドメイウェザーがアピールしているビデオ。

今週のホールオブフェイム発表は明日のECWで行うとアナウンス。

クリスジェリコ vs ビッグショー ICタイトルマッチ
JRが今夜はメイウェザーは来場していないとアナウンス。ビッグショーが試合を支配。ジェリコはショーにローブローを放ち、意図的に反則負け。
勝者:ビッグショー(反則のためタイトル移動はなし)
試合後、ショーはジェリコを殴り倒し、チョークスラムをヒット。

バックステージでオートンとシナが話をしている。オートンは怪我をしないように、さっさと負けてしまった方がいいというが、シナは拒否。HHHが入ってきて、2人に肉体の限界まで戦いつづける事を期待していると言い、皮肉たっぷりに「俺はお前達のファンだからな!」と言う。

ジョンシナ、ランディオートン vs 残りのRAWロスター全員 17対2ハンディキャップイリミネーションマッチ
試合の権利があるのは両軍とも1人ずつのタッグマッチルール。シナとスニツキーでスタート。サンチノマレラがブラインドタッチして勝手に入るが、早々にシナに敗れる。続いてトレバーマードックがSTFUでタップアウト。ランスケイドにオートンのRKOがヒットしてシナがピンフォール。シナとオートンの連携が上手くいっている。ウマガが登場。ここでコマーシャル。
コマーシャル中スーパークレイジーが退場。その後次々にジムデューガン、コーディローズ、ポールバーチル、ヴァルビーナス、カリート、ハードコアホーリー、ロビーが入ったところでオートンがようやくタッチを受ける。しかしシナが再び入ってロビーを倒し、DHスミスにFUを見舞って倒す。オートンにタッチ。バーチルをRKOで葬ると、ビーナス、コーディと次々にRKOで葬る。リングに残った選手達もオートンとシナに叩きのめされる。シナがイスを持ち出して、何人かを殴る。残っているのはウマガ、JBL。JBLの攻撃がウマガに誤爆。ウマガはJBLを追いかけていく。シナとオートンは同士討ちでリングにダウン。HHHがコスチュームを身につけてリングに登場。2人にぺディグリーを見舞い、2人を見下ろしているシーンで放送終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。