WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPV Armageddon試合結果速報

PPV Armageddon試合結果速報です

オープニング映像。パイロが上がる。マイケルコールとJBLがオープニングの挨拶。

MVP(c) vs レイミステリオ USタイトルマッチ

場外にMVPが出たところで、ミステリオはレフリーごとトップロープを飛び越えてMVPにダイブを敢行。リングに戻り、ミステリオがウラカンラナを狙うが、MVPはそのまま後方に投げ、ミステリオはターンバックルに激突。ミステリオがスワンダイブしてルーテーズプレスを狙うが、滑って転落。マイケルコールはミステリオの膝が負傷と手術を繰り返してきたダメージの為だとフォローする。MVPがトップロープへ上るが、ミステリオはスワンダイブしてウラカンラナに切り返す。ミステリオはロープの反動を利用して突っ込むが、MVPはカウンターのキックを顔面に叩き込む。ミステリオは場外でMVPにラナを決める。MVPはそのまま立ち去ってしまい、カウントアウト。
勝者:レイミステリオ カウントアウトの為タイトルはMVPが防衛

バックステージでトッドグリシャムがジェフハーディにインタビュー。ジェフはステップアップして上のレベルに上がるときがきたという。

CMパンク、ケイン vs マークヘンリー、ビッグダディV
パンクが捕まってしまう展開。ようやくケインにタッチ。ケインはヘンリーを集中攻撃。観客は無反応。最後はVがパンクをサモアンドロップに捕らえてピン。
勝者:マークヘンリー、ビッグダディV
酷い試合。

バックステージでエッジがビッキーゲレロに、今夜タイトルを奪って、ビッキーの心配事を取り除いてやると言う。ビッキーがエッジにキスしようとすると、エッジが避ける。改めてビッキーの手にキスをする。

ショーンマイケルズ vs Mrケネディ
序盤は互いに素晴らしい攻防。HBKがケネディの腕を攻撃し始める。ケネディがペースを取り戻して、HBKの腰を集中攻撃する。HBKはショルダースルーでケネディを場外に落とす。リングに戻って、ケネディはフィンリーのような丸め込み技でニアフォールを奪う。しかし、HBKのスイートチンミュージックが決まってピン。
勝者:ショーンマイケルズ

地下鉄でスーパースター達が乱闘しているロイヤルランブルのコマーシャル映像が流れる。マイケルバッファーが有名なセリフ(Let's get ready to Rumble!!)を言ったところに、HBKのスイートチンがヒットする。

バックステージでトッドグリシャムがランディオートンにインタビュー。オートンはジェリコをウィルスと呼び、今夜、シャットダウンさせてやるという。

HHH vs ジェフハーディ WWEタイトル次期挑戦者決定戦
場外でジェフはガードレールの上を歩こうとして失敗し、転落。リングに戻ってジェフがHHHをためらいながら攻撃。HHHはジェフにビンタを入れると「俺と戦え!!」。ジェフは「これでいいのか!!」と叫びながらビンタを返す。HHHは笑う。
再び場外。HHHはジェフを鉄階段に突っ込ませる。観客は試合に熱狂している。観客達の支持はHHHが優勢。ジェフはリングに一旦戻って、HHHにブランチャー。
ジェフのウィスパーインザウィンドがヒットしてニアフォール。続いてツイストオブフェイトを狙うが、HHHがDDTに切り返す。ジェフはスワントーンを狙うがHHHがかわしてカバー。カウントは2。HHHがぺディグリーを狙うが、ジェフが切り返して丸め込みで3カウント。
勝者:ジェフハーディ

アンダーテイカーのWM15連勝のプロモ

バックステージでグレートカーリー達のアピール。フィンリーをこきおろす。

グレートカーリー vs フィンリー
終始、カーリーが圧倒。カーリーのアイアンクローが極まったところにホーンズウォグルが登場。エプロンサイドに上がるが、カーリーは片腕でウォグルを突き落とす。カーリーはターンバックルを外し始める。これをレフリーが止めている隙にウォグルがカーリーの背後から忍び寄ってシレイリで股間を殴り、すかさずフィンリーが丸め込んでピン。
勝者:フィンリー

米軍慰問興行のプロモ。

ランディオートン(c) vs クリスジェリコ WWEタイトルマッチ
ジェリコの登場は大歓声とY2Jチャントに迎えられる。ジェリコはフロントスープレックスでオートンを場外に落としてブランチャーをヒット。
ジェリコがウォールズオブジェリコを狙ったところでオートンが切り返して、休んでいるかのようなサブミッション。観客が冷えてしまう。試合内容は悪くないのに、観客が盛り上がらない展開になってしまう。オートンはRKOにトライ。ジェリコがフェイスクラッシャーに切り返す。ジェリコのライオンサルトがヒット。2カウント。場外でオートンはジェリコをSmackdown実況テーブルの上に投げ飛ばす。勢い余ったジェリコはJBLに激突。JBLが怒っている。
リングに戻ってジェリコがコードブレイカーにトライするが、オートンがこれをすかす。ジェリコのウォールズオブジェリコが極まる。今にもオートンがタップしそうになるが、JBLが乱入してジェリコの頭に蹴りを入れて反則が取られる。
勝者:クリスジェリコ(JBL乱入による反則の為、タイトルはオートンが防衛)
試合後にオートンがジェリコにRKOを決める。

リリアンが次の試合に登場するスーパースターを紹介していると、ジリアンが登場。新らしいアルバムの宣伝を始める。そしてその中の一曲を披露する。

ベスフェニックス(c) vs ミッキージェームズ 女子タイトルマッチ
ベスが一方的に攻める展開。観客は静まり返っている。boringチャントも発生。ミッキーが少しだけ反撃を見せるがベスのフィッシャーマンズバスターが決まってピン。
勝者:ベスフェニックス

JBLがジェリコを襲っていなくなった為、カラーコメンテーターはタズに交代。

今夜のメインイベントのプレビュー映像。

バティスタ(c) vs エッジ vs アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトルマッチ
試合はノーカウントアウト、ノーDQルールとアナウンス。
テイカーとバティスタの乱闘でスタート。エッジは傍観している。テイカーがエプロンサイドに出たところでエッジがテイカーを場外に突き落とす。バティスタはエッジを捕らえ、コーナーに追い詰めて攻撃。エッジがキックを狙ったところで、バティスタがカウンターのスピアーをきめ、続けてパワースラム。バティスタがカバーに入るが、テイカーに足を引っ張られる。テイカーはエッジを頭をエプロンの外に出してレッグドロップを狙うが、バティスタがテイカーにクローズラインを決める。テイカーはエッジにブートを決めラストライドを狙うが、バティスタがテイカーにスピアーをヒット。エッジは場外に転落。テイカーはバティスタに三角締めを極める。エッジがゴングを鳴らす。テイカーは自分の勝利がコールされたと勘違いして技を解く。レフリーが間違いである事をテイカーに説明。エッジがリングにこっそり戻ってテイカーにスピアー。さらにバティスタにもスピアーを決めて、イスを2つ持ち込む。バティスタはその椅子の1つに蹴りを入れ、その反動でイスがエッジの顔面に当たる。テイカーはバティスタにトップロープからの雪崩式ブレーンバスター。エッジが戻ってくるがバティスタのスピアーを食らって場外転落。マイケルコールとタズはエッジが場外で延びていると解説。すると偽者のエッジがトップロープを飛び越えてリングイン。テイカーのチョークスラムの餌食になる。もう一人、偽のエッジがリングサイドにいるのが映る。テイカーはバティスタにツームストンをヒット。本物のエッジがイスを持ってリングに入り、テイカーにイス攻撃の3連打。倒れているバティスタをカバーしてピン。
勝者:エッジ 世界ヘビー級タイトル奪取
試合後、2人の偽エッジは這うようにして花道を引き上げていく。エッジはタイトル奪取を勝ち誇っている。テイカーが困惑した表情でエッジを見つめているシーンで放送終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。