WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスターズはテイカーの制裁の噂を否定

11/18付WWEニュース速報です

★クリスマスターズがインタビューの中で、ヨーロッパ遠征のハウスショーの試合で意図的にアンダーテイカーに痛めつけられたとインターネットで報じられた件について、全く馬鹿げた話で、アンダーテイカーほどプロフェッショナルな選手が、試合内容や相手の技量に不満を感じたからとって、相手を意図的に負傷させるなどと言うことはありえないとしています。

☆クリスジェリコの復帰が遅れている一因として、クリエイティブチームのプランにジェリコが満足していないことがあるのではないかと噂されています。

★先日行ったオーストラリアツアーは、3大会ともチケットが完売しており、100万ドル以上を売り上げたと推定されています。またプエルトリコ大会も大成功を収め、70万ドルを売り上げたと見られています。

☆カリートがWWEに対し辞める意思を伝えたと噂されています。契約の残り期間の満了後に退団するだろうと見られています。

◇レックスルガーがカリフォルニアからアトランタの病院に移されたそうです。現在も頚椎が神経を酷く圧迫しており、十分に手足が動かせない状態にあるそうです。

◆ビルゴールドバーグが復帰の可能性についてインタビューに答え、レスリングに復帰する可能性はあるが、MMAに登場する可能性は全く無いとしています。また、50歳くらいのレスラーが見苦しい体で復帰するのを見て、辟易しているとコメントしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。