WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Great American Bash試合結果速報

Great American Bash試合結果速報です。

カリフォルニア州サンホゼより生放送。

オープニング映像が流れパイロが上がる。マイケルコールがあいさつ。入場者数は14000人で札止めのアナウンス。
コールとJBLがECWとRAWのアナウンサー達を紹介。

マットハーディ vs MVP USタイトルマッチ

序盤にMVPはリングを離れタイムアウトを要求。観客はマットを応援。MVPがマットを引き倒して倒した際、マットの頭が激しくバウンドする。MVPがスープレックスからカバー。マットがキックアウト。MVPがコーナーに登ったところを、マットがフェイスクラッシャーで反撃。カウント2。さらにマットはレッグドロップを決めもう一度2カウント。マットのサイドイフェクトも2カウントでキックアウトされ、最後はMVPのプレイメーカーがきまりピン。
勝者:MVP USタイトル防衛

バックステージでトッドグリシャムがダスティローズにインタビュー。ダスティは首にロープを巻いている。ダスティは敬意と言うものについて語る。そしてランディオートンには敬意が欠けるとし、オートンの頭をカウベルで殴りつけてやると言う。

ジミーワンヤン vs フナキ vs ジェイミーノーブル vs シャノンムーア vs チャボゲレロ クルーザー級タイトルオープンチャレンジマッチ

5人全員がリング内で試合が行われる。最初にピンまたはタップを奪ったものが勝利。試合開始直前、ホーンズウォグルがウロチョロしている。試合は誰かがフォールすれば誰かがカットという展開が続く。動きは良いが観客の反応は薄い。ノーブルにホーンズウォグルがコーナー上からのスプラッシュを決めてピン。
勝者:ホーンズウォグル クルーザー級タイトル奪取?
ウォグルはリング下にもぐりこむと、反対側から出てきてベルトを持って逃走。チャボが、「あれは俺のベルトだ!!」

HHH復帰の予告ビデオ。

JRとキングがシナvsラシュリー戦について話している。ラシュリーのビデオが流れる。

サンドマン vs カリート 竹刀マッチ
リリアンがリングアナウンサー。カリートが登場。サンドマンにアップルミスト。試合はポールに固定された竹刀を奪って相手を殴ったものが勝利。竹刀をサンドマンが奪うが、竹刀をかわしたカリートのバッククラッカーが決まって決着。
勝者:カリート

トッドがオートンにインタビュー。オートンは今日がHBKの誕生日だが、自分がHBKを叩きのめしたので、そんな実感は無いだろうと言う。そして今夜、ダスティローズの伝説を殺してやると言う。

メリーナ vs キャンディス 女子タイトルマッチ
JRはキャンディスがディーバサーチ出身者初のタイトル保持者と説明。キャンディスのキャンディラッパー(フェイスクラッシャー)でピン。
勝者:キャンディス 女子タイトル防衛

レッスルマニア24は2008年3月30日にフロリダ州オーランドで開催されるという映像が流れる。

バックステージでハーディボーイズが話している。マットは目標を失い落ち込んでいるという。そこにキャンディスが通りかかり、持っていた水を自分の胸にかける。ハーディズは見とれている。さらにキャンディスは頭から水をかぶりずぶ濡れになる。ロンシモンズが出てきて、ハーディズも一緒に「Damn!!」

ジェフハーディ vs ウマガ ICタイトルマッチ
観客はジェフを応援。序盤からウマガが圧倒。しかしウマガはレフリーの言うことを全くきかず暴走気味。ウマガがサイドバスターから2カウント。ジェフがトップロープからのダイビングクロスボディで2カウント。続いてツイストオブフェイトウィスパーインザウィンドが決まるが、ウマガがキックアウト。ジェフのスワントーンも決まるがこれもキックアウトしてしまう。結局ウマガのサモアンスパイクに捕まってピン。
勝者:ウマガ ICタイトル防衛

シナvsラシュリー戦のあおりビデオ。

ジョンモリソン vs CMパンク ECWタイトルマッチ
GAB22年の歴史の中で初めてのECWタイトルマッチと説明。序盤にパンクがゴー2スリープを狙うがモリソンが切り返す。パンクのシャイニングウィザードがヒット。しかしモリソンがキックアウト。最後はパンクの腹部にモリソンの膝が決まってピン。
勝者:ジョンモリソン ECWタイトル防衛

テキサスブルロープマッチについてのまとめビデオ

ダスティローズ vs ランディオートン テキサスブルロープマッチ
互いをロープで繋いで戦う。ピンフォール、サブミッションで決着。オートンが逃げ出そうとするが、ダスティがロープを引っ張って阻止。観客は「Randy Sucks」チャント。しかしオートンがカウベルでダスティを殴ってピン。
勝者:ランディオートン
試合後もオートンはダスティを攻撃しようとする。コーディが救出に駆けつける。コーディとオートンがにらみ合いになり、オートンがリングを立ち去っていく。

コールとJBLはオートンvsローズの試合について語り、続いて世界ヘビー級タイトルについて話す。

グレートカーリー vs ケイン vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルマッチ
コールがエッジの手術は成功したと報告。カーリーがスマックダウン実況テーブルを天板をはがし、モニターを投げ捨てる。バティスタとケインが協力してカーリーをそのテーブルに叩きつける。カーリーがダウンしている間、ケインとバティスタがリングで戦う。カーリーが復帰するものの、ケインのチョークスラムを食らってしまう。カバーはバティスタがカット。バティスタのスパインバスターがカーリーにヒット。カバーはケインがカット。ケインのチョークスラムがバティスタにヒット。カバーは自力でキックアウトする。ケインはイスでバティスタを殴ろうとするが、バティスタがかわしてバティスタボムがヒット。しかし、カーリーがバティスタを場外に引きずり落として、ケインにネックハンギングスラムを決めてピン。
勝者:グレートカーリー 世界ヘビー級タイトル防衛

キングブッカーとクイーンシャメールがリングに登場。ブッカーはHHHは何のキングでもないという。そしてWWEのキングはキングブッカーただ一人だと言う。そしてジェローム・ローラー(ジェリーのこと)に王冠を手放すように要求する。ジェリーは立ち上がり、王冠を取りに来いと要求。ブッカーはこれを反逆の意思と受け止め、シャメールとともに立ち去る。


ボビーラシュリー vs ジョンシナ WWEタイトルマッチ

JRはシナのWWE在位期間が308日に達していると説明。ラシュリーへの観客の反応は鈍い。シナへの声援の方が幾分か多い。力比べでスタート。ラシュリーはアマレスのムーブを見せる。シナはSTFUにトライするが、ラシュリーはリングからの脱出に成功。ラシュリーは額から流血している。ラシュリーのサイドバスターをシナがキックアウト。シナはトップロープからダイビングレッグドロップをヒット。しかしカバーが遅れラシュリーがキックアウト。シナの5ナックルシャッフルがヒット。ラシュリーはすぐに立ち上がる。FUのトライはラシュリーが抜け出し、パワースラムがヒット。シナがキックアウトする。ラシュリーはアルゼンチンバックブリーカーにシナを捕らえてニーダウン。シナはFUをラシュリーに決めるもののダメージでカバーできない。ようやくカバーするがラシュリーがキックアウト。シナのSTFUがヒット。ラシュリーはロープに逃れる。ラシュリーのスピアーがヒット。しかしシナがキックアウトする。最後はシナがトップロープから雪崩式FUを決めてピン。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛

試合後、シナは頭上にベルトを掲げる。ラシュリーはシナを称え、握手を申し入れる。シナは考えてから握手に応じる。ラシュリーがリングを立ち去っていく。

スポンサーサイト

コメント

やっぱりJohn Cenaが勝ちました。観客もあまりBobby Lashleyを応援してないし,       またWWEチャンピオンになるの早いってことかな.SummerslamでHHHがタイトルを奪還するの期待しています。そのあとにRandy Ortonと抗争していくかな..?!

  • 2007/07/23(月) 14:19:44 |
  • URL |
  • sky #-
  • [ 編集]

クルーザー級は・・・・苦笑

  • 2007/07/23(月) 15:02:20 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

更新お疲れ様です。
シナの試合はラシュリーの音楽が変わってた事意外は特に興味なかったです。。。
あとジェフはツイストオブフェイトが決まるが

ってとこはウィスパーインザウィンドです。
JRが間違えて解説してました(笑

  • 2007/07/23(月) 16:36:00 |
  • URL |
  • jeff cage #-
  • [ 編集]

なんか2大タイトルの反応悪そうですね。
客は体を見に来ているのではなく。
プロレスを見に来ているということを早く上の人間が気づいてほしいなぁ。

  • 2007/07/23(月) 16:43:28 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

ラシュリーはキャラが無いなぁ・・・良い子ちゃんキャラはツマラン。ヒールターンして、デビュー時のブロックみたいなキャラで行けば良いのに。まぁ当分このカードで押すだろうから、変化さすがにつけるかな?

  • 2007/07/23(月) 17:59:24 |
  • URL |
  • BPP #-
  • [ 編集]

正直ラシュリーはSD!に帰ったほうがいいと思います。

やはり今シナと戦うのは絶対的ヒールのオートンですかね。

  • 2007/07/23(月) 20:10:52 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

>GABについて
字面でしかみていませんが、GABは谷間のPPVになった気がしますね。タイトルの移動も意味不明のクルーザー級のみでしたし、サプライズはほぼ無しでした。
シナvsラシュリー戦は互いの未熟な部分が出てしまったのではないかと心配になりました。ラシュリーはパワーで圧倒するムーブでしか観客を沸かせられませんし、シナのセールもまだまだ未熟です。たしかに、オートンとシナの方が、上手く噛み合うと思いますし、スキットも盛り上がるでしょうが、オートンのプッシュはそれこそ最後の切り札でしょう。できればもう少し取っておきたいところです。
ラシュリーはヒールをやらせるにしろ、あの棒読みをなんとかさせなければいけませんし、課題がまだまだ山積みです。
RAW浮上の鍵を握っているのは、今回出番のなかったケネディだと思うのですが・・・。

>jeff cage様
ご指摘ありがとうございました。早速修正いたします。

  • 2007/07/23(月) 21:46:15 |
  • URL |
  • finch3 #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/256-3683ee89
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。