WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/16放送分RAW収録試合結果速報

7/16放送分RAW収録試合結果速報です。

テキサス州コーパスクリスティより生放送。

JRとキングの挨拶。

シナとラシュリーが顔合わせすると言う予告。

HHHの入場曲がヒット。観客は大歓声。しかし出てきたのはキングブッカーとシャメール。ブッカーはHHHが自分の事を「キングオブキングス」と呼んでいることに触れ、HHHがキングに値せず、キングを名乗る資格はないという。
矛先はジェリーローラーに向かい、ジェリーがキングと名乗っていることも不敬に値するとして、その呼び名を使うのをやめろと言う。しかしジェリーは30年以上、キングと呼ばれている。なぜ、キングが複数いてはいけないのだと言う。ブッカーは、王国を2つに割ってしまう可能性があるため、1国に2人の王は要らないのだという。ジェリーは、ブッカーがいうことが正しいとしても、観客たちが自分の事をキングと呼ぶのを止めることはできないと言う。ブッカーはジェリーに感謝すると言い、これでやることは一つになったと言うと、自分の指輪にキスすることを要求する。ジェリーが断ると、ブッカーは「これはお願いしているんじゃない。やれと言っているんだ。」これに対し、ジェリーは「やらないと言っているんだ。俺はお前の指輪にキスなんかしない。」ブッカーがマイクでジェリーを殴る。ジェリーは倒れるが、蘇生してブッカーを数回殴ったところで、レフリーたちに引き離される。

シナvsラシュリー戦の宣伝。リックフレアーがシナの勝利と予想する。

ジェフハーディ vs シェルトンベンジャミン vs サンチノマレラ vs ウィリアムリーガル
ICタイトル挑戦者決定フェイタル4ウェイイリミネーションマッチ

ジェフの人気が非常に高い。早々にリーガルがマレラを退場させる。リーガルとベンジャミンが組み、ジェフを攻撃するが、やがてこの共闘は崩壊。リーガルとベンジャミンが頭をぶつけ合ってしまうチャンスにジェフが反撃。リーガルにツイストオブフェイトをヒットしリーガルが退場。ジェフのウィスパーインザウィンドがヒット。ハースを排除してベンジャミンにスワントーンをトライ。しかし、ベンジャミンがかわしてカバーされ2カウント。ジェフがカウンターの丸め込みを決めてピン。
勝者:ジェフハーディ
GABでのウマガvsジェフハーディ戦が決定。

エッジがシナvsラシュリー戦の勝敗を予想。エッジが予想したのは、(自分とは)別のチャンプであるシナ。

バックステージでトッドグリシャムがオートンに対し、今夜、コーディラネルズが挑戦してくることについてインタビューしている。オートンは、これで奴のキャリアは終わりだとし、HBKと同じ目にあわせてやると言う。そして、日曜日に起こる事を見せるために、ダスティをリングに連れてくるように言う。

別のバックステージ。マレラがまた負けてしまったことを怒っている。マリアがなだめる。マレラはマリアに、今夜、一緒に過ごすことを求める。マリアは受諾する。

バティスタがシナvsラシュリー戦は、ラシュリーの勝利と予想。

スニツキー vs ヴァルビーナス
スニツキーがヴァルを圧倒。試合後も暴行を加える。
勝者:スニツキー

バックステージでトッドがコーディにインタビュー。コーディは「俺は敬意と言うものを理解している。オートンがGABでダスティを叩きのめすことなどできはしない。RAWでの初めての試合で、良い印象を植え付ける計画がある。」と言うと、ダスティとハグして立ち去る。

リングでキングがブルロープマッチのルールを説明。ダスティはこの形式ではベストだと賞賛する。

ランディオートン vs コーディラネルズ
序盤はコーディが順調。しかしオートンがすぐに優位に立つ。コーディをダウンさせるたびに、ダスティをみている。ダスティはコーディを鼓舞する。観客は反応が薄い。コーディがジャブの連打だ反撃。続いてミサイルキック。オートンはストマックブロックで反撃。RKOを決めてピン。
勝者:ランディオートン
ダスティがリングに入り、コーディの様子を見ている。オートンはコーディの頭を蹴り上げる構えを取るが、ダスティが阻止してオートンと対峙。オートンはおとなしくリングを去っていく。

ストーンコールドスティーブオースチンはシナvsラシュリー戦について、非常に接戦になると言いながら、大試合での経験で勝るシナが勝つと予想。

メリーナ w/べスフェニックス vs ミッキージェームズ
女子チャンピオンのキャンディスが出てきて、ミッキー側のリングサイドにいる。序盤はミッキーがペースを奪う。べスの介入からメリーナが優位に立つ。ミッキーのハリケーンラナから、続いてヒールキックがヒット。べスがミッキーの足を掴むが、逆にミッキーがべスを排除。しかしこの好きにメリーナがDDTからレッグドロップを決めてピン。
勝者:メリーナ

エッジが大きなアナウンスを次の金曜日のスマックダウンで行うと言う予告ビデオ。

バックステージでジムデューガンとウィリアムリーガルが、デューガンの2×4(角材)について話している。リーガルはデューガンに木材を持たせてくださいという。デューガンが拒否すると、怒ったリーガルは「私にひざまずかされたいのですか?」と怒鳴る。「私はあなたの『巨大な木(男性器を連想させる言い方)』を手にしてみたいだけなのですよ。」ロンシモンズが出てきてリーガルに「Damn!」

ミックフォーリーはシナの在位期間が長くなりすぎているためとして、ラシュリーの勝利を予想。

ECWの宣伝。CMパンクがマーカスコーヴォンと対戦し、ジョニーナイトロが「ECWの顔を変える」と題した記者会見を行うという予告。

カリート vs サンドマン
サンドマンに大歓声。序盤は攻守立ち代る展開だが、リーガルが先週の仕返しで、サンドマンを攻撃。リーガルとカリートがサンドマンをいたぶっていると、デューガンが登場してサンドマンを助ける。

JBLはシナにはWWEタイトル、ラシュリーにはUSタイトルを奪われ、2人ともよく知っているとし、勝者はシナと予想する。

Mrケネディ vs スーパークレイジー
序盤からケネディが圧倒。何度もピンを奪いかける。観客はクレイジーを応援。クレイジーが猛反撃し、ムーンサルトをヒット。しかし、ケネディの雪崩式リバーススープレックスが決まってピン。
勝者:Mrケネディ

JRとキングはGABのカードを紹介。

次はシナとラシュリーの対峙という予告。

HHHの復帰予告ビデオ。

リングに赤絨毯が敷かれ、縁台が2つ置かれる。コーチがチャレンジャーのラシュリーとチャンピオンのシナを紹介。両者共に大きな歓声で迎えられる。コーチが2週間前に、ラシュリーがシナにスピアーを見舞ったシーンをリプレイさせる。コーチはシナに「次の日曜日に王座の期間が終わると思わないか?」ときくと、シナはコーチの口調を真似、泣きまねをしながら「はい。スピアーはとっても痛いので、とても勝つことなってできません。」と言うと、「かつて聞いたことも無いほどの間抜けな質問だな。」と言い、ラシュリーに向かい「俺はバッシュで負けたことは無い。シナのベストを味わうことになる。」と告げる。ラシュリーは「お前ほど、俺には多くおしゃべりする事は無い。戦いの準備ならできているからだ。」と言う。
コーチはラシュリーを大声で制止すると、ラシュリーはコーチに手を出そうとする。コーチは慌てて自分に手を出せばGABでの挑戦権を失うぞと言う。シナはラシュリーにコーチの言うことなど聞く必要はない。シナの事を気にするべきだと言う。
セキュリティとレフリーたちがラシュリーをバックステージに連れ帰る。シナは「みんなはラシュリーは止められないと言うが、GABで奴をテストしてやる。」ラシュリーが戻ってきてシナを睨み、シナを殴って乱闘が始まる。レフリー、セキュリティたちが2人を止めるシーンで放送終了。
スポンサーサイト

コメント

更新お疲れ様です!

  • 2007/07/17(火) 11:15:13 |
  • URL |
  • エディちゃん #-
  • [ 編集]

ラシュリーがここまでプッシュされるのが不思議でだんだんイヤになってきました。 
彼はまだその価値がないのでは?

  • 2007/07/17(火) 12:55:45 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

更新お疲れ様です

HHH復帰後最初の相手はキングブッカーになるのですかね。
サンドマンは移籍で影が薄くなってしまう心配をしていたのですが、毎回出番があるので一安心です。

  • 2007/07/17(火) 14:07:13 |
  • URL |
  • BB #XN4LmER2
  • [ 編集]

ラシュリーのプッシュは私も嫌ですね。大体、ドミネイターはどこいったんだ。

  • 2007/07/17(火) 17:30:27 |
  • URL |
  • #-
  • [ 編集]

ジェフはいつまでもIC戦線じゃなくて、王座に絡んでほしいです。まぁでもウマガに1度も勝ってないですけどね・・。

  • 2007/07/17(火) 20:27:39 |
  • URL |
  • LL #WjRtzHSU
  • [ 編集]

ラシュリーは第2のレスナーになりかねないので気をつけないとですね。全てはビンスによる過剰プッシュのお陰なのに、勘違いして、天狗になって、プロレスを愛せず、金しか頭に無い裸の王様にならないようにしないと。ラシュリーはナイスガイだから心配は無いと思うけど、、、。

  • 2007/07/17(火) 20:39:40 |
  • URL |
  • ナムラマース #-
  • [ 編集]

>ラシュリー
次のエースとしてプッシュするべき選手なのはわかるのですが、怪我人の続出などの影響で、急ぎすぎている気がします。特に受けに難があるというか、相手を引き立てる戦い方をまだ知らないといった印象です。マイクの下手さもRAWでやっていくには致命的なレベルですし。
バティスタを売り出したときみたいに、しばらくHHHあたりが面倒をみてあげないと、ちょっと危なっかしい感じがしますね。

>ドミネーターについて
特に報道はありませんが、恐らく禁止技になったのでしょう。たまにPPVで使うことがあるので、封印技扱いのようです。

>HHHの相手
とりあえず、「キング」を自称している者として上げただけでしょう。HHHがブッカーをいまさらプッシュするとも思えません。ブッカーは若手の育成を担当する事になるのではないかと予想してます。HHHはオートンらのメジャープッシュの際の相手になるのではないでしょうか。

>ジェフについて
観客のレスポンスは相変わらず抜群ですが、体の線の細さが致命的です。でも、貴重なHBKタイプの選手として、将来メインで欠かせない存在になる可能性は高いと思います。

  • 2007/07/18(水) 00:05:12 |
  • URL |
  • finch3 #-
  • [ 編集]

Bobby Lashleyにはまた早いと僕も思います。
レスリングはJohn Cenaより優れているが,
どこかが欠けていますね。
でも,もうしかして特番でWWE Championになったりしてさ,まぁ,勝って欲しいです。その後, Randy Ortonに奪われるのが一番良いですね.

  • 2007/07/18(水) 08:41:06 |
  • URL |
  • sky #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/246-cb8f634e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。