WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WWE PPV No Way Out試合結果速報

WWE PPV No Way Out試合結果速報です。

オープニングビデオが流れる。

ハーディボーイズ、クリスベノワ vs MNM、MVP
マーキュリーはフェースガードを付けている。マイケルコールがチケットが売り切れになり、17000人以上が会場に詰め掛けていると告げる。マーキュリーとマットでスタート。ベノワが入ると、MVPにチョップ。しかしMVPが優位に立ち、最初のフォールを試みる。ナイトロはジェフにビンタを張り、ヒールムーブで観客をヒートさせる。ジェフはコーナーに孤立させられ、ヒールチームの暴行を受ける。なんとか脱出しマットにタッチ。すかさず、フェイスクラッシャーとドロップキックの合体技で反撃する。しかし、マーキュリーのクローズラインをマットがまともに受けてしまう。観客は「ハーディ」チャント。ベノワが入り、MNMの2人まとめてジャーマンで投げ捨てる。フェイスチームは立て続けに、ポエトリーモーション、サイドエフェクト、ベノワのダイビングヘッドバットをMVPに叩き込むが、MNMが助けに入る。ベノワのクリップラークロスフェースがMVPに決まるが、ナイトロがカット。MNMはベノワにスナップショットを狙うが、これを切り返し、マーキュリーからタップを奪う。
勝者:クリスベノワ、ハーディボーイズ
素晴らしいオープニングマッチ。

バックステージでクリスタルがビッキーゲレロにインタビュー。ビッキーは何かとても重要なことをスマックダウンで行うと言う。

別のバックステージ。リトルバスタードとフィンリーが廊下を歩いている。リトルバスタードはミニブギーマンを怖がっている様子。フィンリーはリトルBを抱き上げると、ゴミ箱に放り込む。しかし、その中にブギーマンが入っている。ミニブギーマンも一緒におり、リトルBはあわてて逃げ出す。

クルーザー級オープンマッチ
スコッティトゥホッティとディバリでスタート。どちらかが脱落した時点で次の選手が入ってくるというルール。まずはホッティのワームでディバリが脱落。グレゴリーヘルムズが入場。ホッティの首を集中攻撃する。ヘルムズがピンを奪い、ホッティが脱落。フナキが入場。すぐさまヘルムズはタイツを掴んでピン。フナキ退場。シャノンムーアが入場。しかし、観客は静まり返っている。ムーアもピンを奪われ退場。ジミーワンヤンが入場。何人かが「ボアリング」チャント。ヤンはムーンサルトを失敗するも、ヘルムズからピン。続いてジェイミーノーブル。最後はヤンのムーンサルトが決まる。
勝者:ジミーワンヤン クルーザー級王座獲得・・・のはずが、チャボゲレロが登場。試合が続行される。
チャボはスリーアミーゴスを決めるが、フロッグスプラッシュはブロックされる。今度はヤンのムーンサルトをチャボがブロック。さらにヤンタイムをかわされる。最後はチャボのフロッグスプラッシュが決まりピン。
勝者:チャボゲレロ クルーザー級王座獲得

レッスルマニアの宣伝

バックステージでクリスタルがジョンシナにインタビュー。シナはHBKとの衝突は心配していないという。42日後にHBKと戦うとし、今夜何が起こるかわからないが、WMでは全力でHBKと闘うと誓う。

フィンリー、リトルバスタード vs ブギーマン、ミニブギーマン
コールはジョークでミニブギーマンの好物は糸ミミズだと言っている。リトルバスタードはまだ怖がっている。ミニブギーマンがミミズを食べ始める。リトルバスタードはジャケットを頭から被ってしまう。フィンリーがミニブギーマンの顔面にブート。ミニブギーマンはフィンリーに押さえ込みを試みるが、キックアウトされる。フィンリーはミニブギーマンを場外に投げ捨てる。リトルバスタードはリングの下に隠れてしまう。ブギーマンがフィンリーに猛攻。しかし、観客はしらけている。ブギーマンがミニブギーマンをフィンリーに投げつけたところで、リトルバスタードがフィンリーを助ける。ブギーマンはリトルバスタードを攻撃。その間にフィンリーがシレイリでミニブギーマンを殴ってピン。
勝者:フィンリー、リトルバスタード

RAWの宣伝。
クリスタルがHBKにインタビュー。シナは信頼できない。信頼できるのはHHHだけであると言っている。

キングブッカー w/シャメール vs ケイン

ケインは掌打からパワームーブで圧倒。序盤からチョークスラムを狙うが、これはブッカーがブロック。ブッカーは鉄階段にケインを顔面から叩きつける。ケインがコーナーに上ったところへヒールキックを打ち込む。しかし、観客は盛り上がらない。たくさんのパンチを打ち合った後、再びケインのチョークスラムをブッカーがブロック。この辺りで、マイケルコールの声が出なくなってしまう。ブッカーがケインにキックを狙ったところで、今度はチョークスラムがヒット。ピン。
勝者:ケイン
最後まで盛り上がらず。

DXのDVDの宣伝。

クリスタルがバティスタにインタビュー。今夜はスマックダウンがRAWの面倒を見てやるという。クリスタルはバティスタがテイカーのチョークスラムを受けてしまった事に触れるが、テイカーもシナもHBKも味方ではないと答える。

デュース&ドミノ w/チェリー vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック WWEタッグタイトルマッチ
アシュリーはロンドン、ケンドリック組と同行せず。コールの声は酷い状態のまま。ケンドリックが観客を煽ろうとするが、反応はなし。ドミノがコーナー上からフィニッシュを狙うが、ケンドリックがこれをかわし、丸め込んでピン。
勝者:ブライアンケンドリック、ポールロンドン

実況陣はラシュリーvsケネディについて語っている。ハイライトビデオが流れる。

バックステージでクリスタルがケネディにインタビュー。ラシュリーはロサンゼルスの連中のようだと言う。「インチキで欲張りだ。ラシュリーはすでに倒している。今夜、俺がECWチャンピオンになる」。ラシュリーが乱入し、ケネディに暴行を加える。

ボビーラシュリー vs Mrケネディ ECWタイトルマッチ
ラシュリーの登場時、ケネディが奇襲をかける。ラシュリーがケネディをリングに押し込み試合開始。この試合も観客は無反応。ラシュリーはケネディにトーチャーラック。しかし、ケネディは顔面をひっかいて脱出。ラシュリーの左ひざを集中攻撃。続いてDDTからフォール。ラシュリーはキックアウトする。観客は試合にブーイングをし始める。JBLはラシュリーが攻め込まれている事に対するブーイングであるとフォロー。ラシュリーはケントーンボム(スワントーン)をブロック。再びトーチャーラックからバックブリーカーにつなぐ連続技でフォール。ケネディがキックアウト。ケネディはレフリーに交錯。レフリー不在の隙にケネディがイスを持ち出すが、逆にラシュリーがこれを奪い、ケネディを殴ってDQの判定。
勝者:Mrケネディ(反則)
試合後、ラシュリーは場外で何度もケネディをイスで殴り、倒れたケネディを置いて立ち去る。

実況陣はレイミステリオのスマックダウン復帰について話す。
映画「The Condemned」の予告編を流す。
コールはこの映画の主役はストーンコールドではなくヴィニージョーンズだと語る。そして、次はミズの登場だと告げる。

ディーバタレントインビテーショナル
まずはケリーのエクストリームエクスポーズから。相変わらずダンスは下手。続いてジリアンが登場。JBLは髪があったときのブリトニースピアーズ(最近、坊主頭になりました)のようだと言っている。ジリアンは自作の歌を披露するという。喉のウォーミングアップを始めると、ECWのディーバたちは笑い始める。歌があまりにも下手なためミズに止められる。ジリアンは「ミズには才能なんて理解できないのよ。私はECWの娘達よりも才能があるわ。残りの娘達に才能なんてないのよ。」アリエル、キャンディス、マリアが登場。キャンディスはジリアンに殴りかかる。全員でキャットファイトになる。観客はブーイング。レフリーたちが割って入るが騒ぎは収まらない。ここでアシュリーが登場。花道のにプレイボーイのカバー写真パネルを置く。アシュリーが上着を脱ぐと、胸をプレイボーイのロゴで覆っている。ミズがアシュリーの勝利を告げる。

メインイベントに繋がるこれまでの流れのハイライトが流れる。

アンダーテイカー、バティスタ vs ジョンシナ、ショーンマイケルズ
シナとバティスタでスタート。HBKがはいるとバティスタのクローズラインがヒット。カバーはキックアウト。テイカーが入り、オールドスクール。さらにコーナーにHBKを詰めて膝蹴り。シナはテイカーにスープレックスを決めるが、テイカーはすぐに反撃。HBKをトップロープ越しに場外に落とす。場外でバティスタがHBKを鉄階段に叩きつける。コールは、両チームとも、思ったより協力していると言う。HBKはバティスタにDDT。すかさずシナにタッチ。シナはバティスタにファイブナックルシャッフル。続けてFUを狙うが、テイカーがカットする。コールは実況不可能なほど、喉が悪化している。JBLが一人で解説。バティスタはシナにバティスタボムを狙うがHBKがカット。この辺りから、完全にJBLがすべての動きを一人で実況しはじめる。バティスタが額から流血。シナはフロントフェースロックで締め上げる。STFUがバティスタに極まる。しかし、テイカーがカット。HBKがエルボードロップをバティスタにヒット。しかし、スィートチンはかわされる。テイカーがシナにチョークスラムをヒット。しかし、ここでバティスタがテイカーにバティスタボム。HBKがテイカーにスィートチンミュージックをヒット。とどめにシナがFUでピン。
勝者:ジョンシナ、ショーンマイケルズ
バティスタはテイカーに対し、ベルトを誇示してみせる。テイカーがバティスタを睨みつけPPV終了。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/23-df797e69
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。