WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/11放送分DSW試合結果速報

2/11放送分DSW試合結果速報

ナイジェルシャーロッドが、今夜の特別実況としてスマックダウン上級レフリーのニックパトリックを紹介する。
先週のメインイベントで、Gリラがペレスの腕を破壊したシーンのリプレイ。ペレスが彼を見捨てたシアキとアファに、どのような報復をするのか心配だと解説。

シャーロッドはブラッドリージェイが、今夜、ラウンドロビンマッチで、ヴィトーともう一人別の対戦相手と共にタイトルマッチを闘うことを告げる。シャーロッドは、不明の対戦者として、ノンタイトルでジェイに2度勝っているオライリーしかいないだろうと言っている。

ロッカールーム。デリックニークリックとマイクノックスがいる。かつて支配したDSWをもう一度支配するといっている。

ヘンリーゴッドウィンとレイゴーディが、非常に短いスカートを履いているレベッカの待つリングに入ってくる。レベッカは何かにおうという。ゴーディは「甘い血の匂いだ。ここはディープサウスだからな。」ゴッドウィンは俺たちは最高に幸せだ。こいつらは俺たちの観客だからな。」ゴーディは「俺たちはなすべきことを知っている。それを全部終わらせて、『やった』といってやるよ」

ニークリックが一人で登場。花道の最後で立ち止まる。ノックスが飛び出してくると、観客は大声援を送る。


チームエリート(マイクノックス、デリックニークリック) vs ヘンリーゴッドウィン、レイゴードン
DSWは息の合った攻撃で圧倒。途中、ノックスのキックがゴーディの頭にヒットし抑えるが、レフリーがダウンしている。この隙にゴッドウィンが入り、クリーンザハウス。ノックスはゴッドウィンの腕を攻める。レフリーが復活後もエリートはゴッドウィンの腕に狙いを定め集中攻撃。その後激しい攻防が続くが、ニークリックがゴッドウィンをフライングラリアットで場外に落とし、ゴーディにツープラトンのアラバマスラムを決めピンフォール。
勝者:チームエリート

ブルックアダムスがメジャーズブラザーズにインタビュー。タッグタイトルについて質問する。ブライアンは「前回はサモアンファイトクラブと、ウィリアムリーガル、デビッドテイラー組を倒してタイトルを奪った。」ブレットは「DSW初の2度目のタッグタイトルを奪取し、DSWの歴史を作ってやる。」と宣言する。

レベッカが、GMのクリッシーヴェインが、バグレディという素晴らしい選手を雇ったことをレポートしている。これにより、エンジェルウィリアムズは窮地に追い込まれたといっている。

フリーキンディーコンとGリラがバックステージで、ディーコンのペットのタランチュラと遊んでいる。Gリラはタランチュラの声を聞いているらしい。ライオネルリッチーの「ハロー」の歌詞を繰り返している。

フリーキンディーコン、Gリラ vs フランキーカバーデイル、ボビーホプキンス
モンスター組は大人気。パトリックはGリラを石器時代の巨人と表現する。カバーデイルはホプキンスに先発させる。Gリラがホプキンスを一方的にいたぶる。カバーデイルがGリラの脚を引っ張ろうとするが殴り倒し、ディーコンにタッチ。カバーデイルの腕を攻撃するとカバーデイルは必死に逃げ回る。ホプキンスがディーコンを攻撃するが、全く効かない。ディーコンはGリラの手を舐めてタッチ成立。Gリラはホプキンスをコーナーに詰めると、走りこんでバックエルボーを決め、倒れたところにコーナー上からローリングセントーン。カバーデイルが助けに入るが適わず、ホプキンスがサンドイッチ攻撃を食らい、ディーコンボム、Gリラスプラッシュと連続で食らってピン。
勝者:フリーキンディーコン、Gリラ

ルーシャスがヴィトーにインタビュー。ヴィトーはタイトルマッチよりもドレスのことが気になっている。しかし、新旧チャンピオンとタイトルマッチを闘うことは誇りであり、チャンピオンに相応しいドレスをオーダーすると言う。

アダムスがオライリーと共にバックステージにいる。ヴィトーのドレスを散々けなすと、自分は(GMの)ヴェインのトラブルを解決する為に、この試合に出場するといっている。そしてジェイを2度倒しているとし、今回も同じ結果だと言う。

レベッカがリングに向かうジェイを引きとめ、試合について訊くと、「難しい状況だが、いずれにせよ勝つのは自分だ。」

ヴィトー vs ブラッドリージェイ vs ライアンオライリー
DSWタイトルマッチ

中盤、ヴィトーとオライリーが共闘し、コーナーでジェイを攻撃。オライリーとジェイの戦いが激しくなると、ヴィトーは高みの見物を決め込む。しかしフォールはカットに入る。ヴィトーがジェイに捕まりエルボードロップをくらうが、オライリーがカット。ヴィトーはフラップジャックでジェイを叩き付けると、オライリーに猛ラッシュを仕掛ける。ジェイはオライリーの脚をロープまで引っ張り救出。しかし、オライリーがジェイの脚を引っ張る。ここでヴィトーがジェイの顔面にキックを入れ、ファイアーマンズキャリードロップから、ダイビングヘッドバットでピンフォール。
勝者:ヴィトー
タイトルの移動に、観客は大歓声。ヴィトーは観客席の最深部に入って行き、ベルトを頭上に掲げる。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/19-13c4d7af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。