WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/25放送分SmackDown収録速報

5/25放送分SmackDown収録速報です。

ダークマッチ
トニーチメルの挨拶でスタート。

ディバリがアラブの衣装で登場し、アピールしていると、チャックパランボがバイクで入場し、ディバリのマイクをさえぎる。

○チャックパランボ vs ディバリ●
パランボに対する観客の反応は上場。ディバリは観客のヒートを煽り、ヒールとして十分な仕事をする。

JBLとマイケルコールが登場。チメルがショーの開催を宣言。スマックダウンが始まる。

SmackDown
エッジのテーマがヒットし、パイロが上がる。エッジは「R指定時代」の到来を宣言する。
テディロングが登場。今夜、ワンナイトスタンドでの世界ヘビー級タイトル挑戦者を決定するための、4ウェイマッチを行うと言う。出場者は、マークヘンリー、ケイン、バティスタ、フィンリー。ワンナイトスタンドのタイトルマッチは15フィートの金網の中で行うと言う。

ポールロンドン、ブライアンケンドリック vs ウイリアムリーガル、デイブテイラー
デュース&ドミノが花道から様子を伺っている。
テイラーがケンドリックを痛めつけて場外に放り出す。その後テイラーはリーガルと頻繁にタッチを繰り返して、ヒール攻撃を続ける。ケンドリックはスライスブレッドNo2決めて、ロンドンにタッチ。ロンドンがコーナーに上ったところで、デュース&ドミノがロンドンを突き落とし、反則裁定。
勝者:ポールロンドン、ブライアンケンドリック(反則)
デュース&ドミノには大ブーイング。ケンドリック、ロンドン組には歓声が送られる。

ホーンズウォグルがエッジからベルトを奪って逃走。エッジが追いかける。フィンリーが出てきて、今すぐベルトを返すように言う。

ジリアンが登場し、「ジラトニック」という酷い歌を歌う。ブギーマンが登場。ジリアンが逃げようとするが、ディーバ達に押し返される。もう一度逃げ出すが、リトルブギーマンが妨害。ブギーマンたちはミミズをジリアンにかける。ジリアンは狂ったように逃げ出す。

テディロングのオフィスで、テディがビッキーゲレロを正式にアシスタントに採用したと語る。ビッキーはとても喜ぶ。クリスタルも一緒に喜んでいる。

マットハーディ vs ザ・ミズ

ミズはマットの腕を執拗に攻める。観客はあまり関心がなさそう。マットには度々大歓声が送られる。ミズがマットの髪を掴んで投げたところで、ようやくブーイングが起きる。ミズをネックブリーカーを決めてポーズ。マットはパンチで反撃。コーナー串刺しのクローズラインで2カウントを奪い、ボディスラムからダイビングエルボーを落として、ツイストオブフェイトを狙うが、ミズがブロック。マットはサイドイフェクトで2カウントを奪い、今度はツイストオブフェイトが決まってピン。
勝者:マットハーディ
大歓声が上がる。マットは片手でベルトを持ち、もう片方の手は頭にあてて、観客に一礼する。

マークヘンリーがトロンに登場。自身を「ジャングルの王者」と呼ぶ。今日の4ウェイマッチの勝利を宣言し、ワンナイトスタンドで、シルバーバックゴリラ(壮年のオスゴリラ)のように暴れるのが楽しみだと言う。

風船でアーチが作られた花道を通って、リングに設置された演台らしきものに向かい、MVPがオープンカーで入場してくる。花道ではパイロ。リングでは花火が上がる。MVPはとても価値のあることをやり遂げたと言うと、ベノワに対し、出てきて彼を祝福するべきだと言う。
ベノワが登場。MVPが握手を求めると、ベノワは応じる。MVPはベノワに対し、自分の腕を掲げ、MVPが未来でベノワが過去であると認めるように要求する。MVPが睨みつけると、我慢が限界に達したベノワが、連続ジャーマンから逆水平チョップ。MVPは慌ててリングを逃げ出し、ベノワを睨みつける。

トロンにケインが登場。今夜の対戦相手たちは悲惨な目に遭うといい、ワンナイトスタンドがエッジの立っていられる最後の日になると言う。

WWE24/7の宣伝のあと、ヴァンヘイレンの「Right Now」が流れる。

チャボゲレロ vs ジミーワンヤン ノンタイトルマッチ

チャボがヤンを圧倒する展開。観客は静まりかえっている。チャボがドロップキックを決め、コーナーに上ると、少しブーイングが起きる。チャボが攻勢に出るが、ヤンがチョップで盛り返すと、チャボのハーフボストンクラブが極まる。ヤンはロープエスケープ。チャボはもう一度ハーフボストンクラブを極めるが再びエスケープされる。観客の反応は全くなし。ヤンが逆さ押さえ込みで2カウントを奪い、ハイキックからクローズライン。ショルダースルーと連続攻撃。チャボは低空ドロップキックからスリーアミーゴス。チャボはフロッグスプラッシュを狙うが、ヤンにかわされる。ブレーンバスターの投げあいから隙をついたヤンの丸め込みでピン。
勝者:ジミーワンヤン

バティスタがクリスタルとともにトロンに登場。バティスタは「一人は戦いを楽しんでいる。もう一人はジャングルの王者だと言う。もう一人は悲惨な結末を望んでいる。しかし、俺の宿命には関係ない。」

エッジが入場。大ブーイングを受ける。

バティスタ vs ケイン vs マークヘンリー vs フィンリー 世界ヘビー級タイトル挑戦者決定フェイタル4ウェイマッチ

バティスタが最初に入場。ケイン、フィンリー、ヘンリーの順で入ってくる。パイロが上がりすぎて、会場内は煙たくなっている。バティスタが大歓声を受けている。
ケインとフィンリーでスタート。フィンリーがヘンリーの背後から飛び掛るが、ヘンリーはフィンリーを投げ飛ばす。ケインがバティスタにサイドバスター。バティスタはヘンリーにボディプレスでカウント2。さらにフィンリーには雪崩式ブレーンバスター。ヘンリーはバティスタとフィンリーにまとめてスプラッシュ。ケインがヘンリーにブートを決め、チョークスラムを狙うが切り返され、パンチの応酬になる。ヘンリーがケインにパワーボム。バティスタにはワールドストロンゲストスラムでカウント2。フィンリーがシレイリで他の3人を殴り倒す。ホーンズウォグルが出てくるが、バティスタがフィンリーにスピアーをヒットさせると、慌てて逃げ出す。バティスタがフィンリーにバティスタボムをヒットしてカウント3。
勝者:バティスタ 世界ヘビー級タイトル挑戦権獲得

バティスタはエッジを睨みつける。エッジはさっさと引き上げる。

ダークマッチ
○ダンロッドマン vs フナキ●
一方的なスカッシュマッチにも関わらず、観客のロッドマンへの反応は冷ややか。
スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wwereview.blog95.fc2.com/tb.php/164-3d976b3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。