WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/12放送分RAW試合結果速報

4/12放送分RAW試合結果速報です

ロンドンより録画放送。
オープニングパイロ。マイケルコールとキングが開幕の挨拶。
今週のリングロープは、いつもの赤ではなく白。
今夜のメインはバティスタvsオートン戦とアナウンス。
観客たちは「ホフ」チャント。ナイトライダーのテーマ曲が流れ、特別ゲストのデビッド・ハッセルホフが車から出てくる。ハッセルホフは、今夜は自分流にやらせてもらうというと、「ベイウォッチ」ベイブ、3ウェイ戦をおこなうという。
さらに、前回のSmackdownを見て、今、世界ヘビー級タイトルの次期挑戦者が決まっていないことに気づいたと言うと、過去、オートンはスワッガーに2度勝利しており、挑戦者にふさわしいため、エクストリームルールズで、タイトルマッチを行うことにしたと言う。そして、ディーバタイトルマッチをこれから行うと発表。

イブトーレス vs マリース(c) ディーバタイトルマッチ

イブのムーンサルトを回避したマリースがフィニッシャーを狙うが、イブが丸め込みに切り返して3カウント。
勝者:イブトーレス ディーバタイトル獲得

ミズとビッグショーがリングに登場。CM入り。

先週のオタンガ、シナvsショーミズ戦のハイライトのリプレイ。

ショーミズが、世界が震撼するほどの大発表を行うためにリングに登場。ショーは、自分たちが本当に特別なタッグチームなり始めていると言う。ミズは、自分たちこそWWE史上最高のタッグチームだという。そして観客たちに、自分たちよりも優れたチームを言ってみろと言い、もう一度自分達こそ史上最高だと言おうとすると、ブレットハートが登場。
ブレットは、2つあると言い、一つはハートファウンデーションで、もう一つはブリティッシュブルドッグスだという。ショーはブレットに立ちされと言うが、ブレットはショーミズを倒せるタッグチームを控えさせているのだと言う。
ハートダイナスティが登場。DHスミスがミズにシングルマッチを要求。もしスミスが勝てばエクストリームルールズで、タッグタイトルマッチを要求すると言う。ミズはそれを飲む条件として、ミズが勝てば来週のRAWで、ブレットハートにショーミズこそ史上最高のタッグチームだと宣言させると言う。ブレットが了承。CMを挟んで試合開始。

デビッドハートスミス vs ミズ
ミズがロープに絡まると、ナタリアがビンタ。続けてスミスが雪崩式のスープレックスを決める。ミズは反撃してサブミッション。しかし、スミスは自力で脱出。殴り合いになり、ミズが丸め込みを狙い、スミスがキックアウト。その間、場外でショーが、タイソンキッドをノックアウト。倒れたキッドをリングに押し込む。レフリーがそれに気を取られた隙に、ショーがスミスにレバーブロウ。すぐさまミズがスカルクラッシングフィナーレで勝利。
勝者:ミズ

先週のオタンガ、シナvsショーミズのハイライトが再び流れる。

バックステージにバティスタとオタンガ。エクストリームルールズで決定しているラストマンスタンディング戦について話している。バティスタはオタンガに、コーヒーカップを取れと言う。オタンガが振り向くと、ベラツインズをはべらせたハッセルホフがいる。ハッセルホフは、今夜、RAWにオタンガを招いたのは自分ではなく、シナだと告げると、今夜、オタンガvsシナ戦を行うという。さらにハッセルホフの背後のKITT(ナイトライダーの人工知能)に、シナがオタンガを倒すのに、どのくらいの時間がかかるかと尋ねると、KITTは22秒だと答える。

エヴァンボーン vs カリート
序盤はカリートが優勢。ボーンが反撃して追い詰める。カリートはバックスたバーで反撃を試みるものの、ボーンがカウンターを決め、エアボーンで勝利。
勝者:エヴァンボーン

ジョンシナ vs デビッドオタンガ
ロンドンのファンはシナに反発。オタンガはバティスタと共に登場。バティスタは花道奥で観戦。シナはオタンガを寄せ付けず、脇に追いやってバティスタを挑発。バティスタは無視。シナのSTFでオタンガがタップアウト。
勝者:ジョンシナ
試合後、バティスタは着ていたシャツを引き裂いてリングに向かう。バティスタはスポットライトを要求し、「日時は俺が決める」と言う。観客は「you tapped out」チャント。

先週のHHHとシーマスの衝突シーンのリプレイ。

シーマスが登場。HHHは自分に殺されることを恐れているのだと言う。HHHがスレッジハンマーを持って登場。シーマスはエクストリームルールズで、ストリートファイトマッチを行うという。ここでコフィキングストンが登場。ハッセルホフが、シーマスとの再戦をみとめたのだという。

コフィキングストン vs シーマス
キングストンが、俊敏さを活かして序盤は優勢。しかし、徐々にシーマスが上回りはじめる。キングストンはブームドロップをヒット。シーマスのキックをかわしてトラブルインパラダイスをヒットしてカバー。しかしシーマスはロープエスケープ。場外乱闘になり、シーマスはモニターでキングストンを殴ってDQ。
勝者:コフィキングストン(DQ)
シーマスは試合後もキングストンを攻撃。レフリー達が止めに入る。キングストンは全く動かない。

カリートとコズロフがバックステージ。カリートは再戦を求めている。そして、特別ゲスト達は、自分の意向を無視してばかりだと言うと、ドラフトでSmackdownに移籍できなかったら、WWEを辞めてやると言う。

オートンがマシューズにインタビューされている。エクストリームルールズでのスワッガーとのタイトルマッチは、エクストリームルールで行うという。そして、試合はビジネスに徹すると言い、バティスタ戦については、ずっと楽しみにしていたという。

ケリーケリー、ゲイルキム vs ベラツインズ vs ジリアンホール、ロサメンデス ベイウォッチベイブ3ウェイタッグマッチ
全員、水着を着用。ハッセルホフは特別ライフガードとして控えている。
ディーバ達はベイウォッチを真似て、花道をスローモーションのように走ってくる。サンチノマレラが特別レフリー。
短い試合。ベラツインズの片方がロサを丸め込んでピンフォール。ジリアンは、ベラツインズの試合権利の無い方が、こっそり入れ替わって丸め込んだと抗議。ジリアンはマレラにビンタ。マレラは笛を喉に詰まらせてしまう。ホーンズウォグルが現れて、マレラの口から笛を引き抜こうとするが失敗。タッドポールスプラッシュを見舞うと、ショックでマレラが笛を吐き出す。

来週の特別ゲストは、映画「マクグルーバー」の出演者たち。

ランディオートン vs バティスタ

オートンが攻勢に出て、RKOの体勢に入るが、アナウンステーブルに目をやると、パントキックの体勢にセットアップ。しかし、バティスタはリングを脱出。リングに戻ろうとしたところをオートンが捕らえて、ロープにバティスタの脚をかけた体勢からのDDTをヒット。再びRKOを狙うが、バティスタがカウンターのスパインバスター。バティスタボムを続けて狙うが、オートンがカウンターのRKOをヒット。カバーしようとすると、スワッガーが乱入。オートンを攻撃してDQ。
勝者:ランディオートン(DQ)
試合後、スワッガーはガットレンチパワーボムをオートンにヒット。シナが登場。背後からスワッガーを殴り、バティスタにSTF。レフリーたちが止めに出てくる。倒れたバティスタの傍で、シナは指を使って10を数えて見せる。シナのテーマがヒットし、観客に敬礼して退場。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。