WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

4/9放送分Smackdown収録結果簡易速報

4/9放送分Smackdown収録結果簡易速報です

スワッガーのプロモでスタート。自分はチャンピオンにふさわしく、HBKがリタイヤしたことで、最強のナチュラル(ドーピングをしていない)アスリートになったという。
モリソンが登場。ひとしきりスワッガーをからかうと、スワッガーはチャンピオンの器ではないという。スワッガーもからかい返すが、最後には怒りだしてしまう。
○ジャックスワッガー vs ジョンモリソン●
ガットレンチパワーボムで決着。試合中、アクシデントでスワッガーが流血。試合が止められる。(放送上はカットされると思われます。)

CMパンクが、ダレンヤングをストレートエッジに改修させると言う。

バックステージでジェリコとウェイドバレットが話をしていると、スワッガーが登場。スワッガーは自分がチャンピオンだとアピールする。

シャドガスパードが新テーマ曲で登場するが、すぐに引っ込み、再びクライムタイムのテーマで登場。シャドは頭をスキンヘッドにしている。自分にふさわしい道を歩くと言い、新たなスローガンは「マイタイム」だと言う。
JTGが現れると、シャドがクローズラインを見舞う。

○ドリューマッキンタイヤー vs マットハーディ●
試合前、マッキンタイヤーは、観客に対し、おまえらのような負け犬どもと話をして時間を無駄にしたくないと言う。
マッキンタイヤーがフィニッシャーをマットに決めて勝利。
マットは、介助を受けて退場。

パンクが登場。ストレートエッジになることでヤングはNXTで成功出来るのだと言い、頭を丸めることで救われるのだと言う。ヤングは最初は同意するものの、途中から拒絶し始める。ストレートエッジソサイエティのメンバー達はヤングを攻撃。ミステリオのテーマがヒットし、ヤングを助けて、パンクの頭を丸めようとすると、パンクが逃げ出す。

エクストリームルールズで、ミステリオvsパンク戦が決定。パンクが敗れれば頭を丸める。

ボーナスダークマッチ

テディロングが登場。ミステリオvsパンクのストリートファイトマッチをたった今から行うと言う。
○レイミステリオ vs CMパンク●

再びSmackdown収録
トレントバレッタとケイルンクロフトが登場。自分たちのチーム名を「デュードバスターズ」と発表。今夜ハートダイナスティを倒すと言う。
○ハートダイナスティ vs デュードバスターズ●
シャープシューターでタップアウト。

マシューズがバックステージでジグラーに対し、グレートカーリーを眠らせた感想を尋ねると、ジグラーはマシューズを眠らせてしまう。

バックステージでエッジとスワッガーが出くわす。エッジはエクストリームルールズでスワッガーをたおすという。

×エッジ vs クリスジェリコ× 両者リングアウト
場外乱闘になりそのままカウントアウト。試合後も乱闘は続き、エッジのスピアーがジェリコにヒット。スワッガーも出てくるが、エッジのスピアーを食らってしまう。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。