WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPV WrestleMania26試合結果速報

PPV WrestleMania26試合結果速報です

ダークマッチ

26人参加バトルロイヤル
勝者:ヨシタツ
NXTのルーキー達はステージから観戦。
※修正しました。ご指摘ありがとうございました。


ファンタジア・バリノがアメリカザビューティフルを歌う。
オープニング映像とパイロ。マイケルコールが、来場者数を約7万人と発表。

ビッグショー、ミズ(c) vs Rトゥルース、ジョンモリソン WWE統一タッグタイトルマッチ
コールは、レッスルマニアでタッグのタイトルが最期に移動したのは9年前だと説明。試合は3分ちょっとで、ビッグショーがノックアウトパンチでモリソンを倒して勝利。
勝者:ビッグショー、ミズ タイトル防衛

実況は、マイケルコール、キング、マットストライカーの3人。
レッスルマニアウィークエンドの様子を紹介する映像。

テッドデビアス vs コーディローズ vs ランディオートン
序盤、テッドとコーディが共闘してオートンを攻撃。観客はヒートアップ。テッドがオートンをカバーに行くと、コーディが妨害。ここから、2人の場外乱闘が始まる。
コーディがリングでダウンすると、観客はRKOチャント。しかし、テッドがオートンを場外に引きずり出す。
オートンは2人まとめてDDTをヒット。コーディにパントキックを見舞い、テッドをRKOで仕留めて勝利。試合時間は9分。
勝者:ランディオートン

「don't try this at home」の映像

ジョシュマシューズがバックステージ。ビッキーゲレロとヒールのディーバ達(アリシア、レイラ、ミッシェル、マリース)にインタビュー。ビッキーは酷い衣装。ビッキーは、自身初のレッスルマニアの時を思い出すだろうと言い、ジリアンに歌わせる。マレラがスリムジムの宣伝。ジリアンがメイヤングに振り向き、メイはミーンジーンオーカランドに振り向き、オーカランドはメリーナに振り向く。
メリーナはスリムジムに不可能は無いと言って、マレラと共に立ち去る。

エヴァンボーン vs シェルトンベンジャミン vs クリスチャン vs ドリューマッキンタイヤー vs ジャックスワッガー vs ドルフジグラー vs ケイン vs マットハーディ vs コフィキングストン vs MVP マネーインザバンクマッチ
ストライカーは、唯一ベンジャミンだけが全てのMITB戦に出場していると説明。実況陣はマッキンタイヤーの出場資格に疑問をいだいている。
ボーンが最初にブリーフケースに触れるが、ケインがチョークスラムで場外に叩き落す。
ボーンは、ラダー上からのエアボーンをクリスチャンにヒット。
マットハーディがケースに迫るが、スワッガーがマットを引き落とし、倒してあった別のラダーの上に落とす。
ジグラーがケースに迫ると、ケインがラダーを倒す。さらにケインはラダーでジグラーを攻撃。ラダーが壊れてしまう。壊れたらラダーでキングストンが他の選手を攻撃。マッキンタイヤーがようやく阻止すると、ラダーに登ってケースに迫るが、マットハーディがラダーを倒して阻止。
マットはラダー上から雪崩式のツイストオブフェイトをクリスチャンにヒット。
クリスチャンがラダーに登ったところを、追いかけて突き落としたスワッガーが、手こずりながらケースを確保して勝利。
勝者:ジャックスワッガー

エクストリームルールズの宣伝。4/25開催。
昨夜のHOFのハイライト映像。
ハワードフィンケルがHOF受賞者を発表。

HHH vs シーマス
序盤にHHHが4の字固めをしかける。実況陣はリックフレアーの技として紹介。観客はシーマスに大ブーイング。HHHのスパインバスターがヒットするが、カウントは2。最期はペディグリーが決まってHHHが勝利。試合時間約12分。
勝者:HHH

エッジが出演しているスリムジムのコマーシャルが流れる。

CMパンクとミステリオのこれまでの抗争のハイライト映像。

CMパンク vs レイミステリオ
リングへの入場時にパンクがマイクアピール。自分は救世主だと言い、ミステリオを救うためには、薬物と手を切り、アリゾナのファンを減らせと言う。そして、ミステリオはストレートエッジソサイエティ入りすることになるという。
試合中、ミステリオがコーナーに逆さづりにされ、セレナがミステリオの首を絞める。
ミステリオは頭から場外の鉄階段に突っ込んでしまい、あやうくカウントアウトしそうになる。序盤はパンクが優勢。なんどもニアフォールを奪う展開。
ミステリオの最初の619はパンクがブロック。パンクのG2Sはミステリオがブロック。続いての619はセレナがパンクを庇って、代わりに食らう。しかし、最後は619がパンクに決まり、スワンダイブ式セントーンでピンフォール。試合時間は6分半。
勝者:レイミステリオ

ビンスとブレットハートのこれまでの抗争をまとめたビデオ。

ブレットハート vs ビンスマクマーン ノーホールズバードマッチ
ビンスは入場時にマイクアピール。ビンスは、ブレットが私のリングの、私の番組であるレッスルマニアにいると言う。そして今夜、奴は巨大な罠にはまり、ブレットがブレットをハメ、ビンスがブレットハメることになるのだという。そして、ランバージャックとして、ハート家の人々を呼び入れると、ハート家の人々も、今夜ブレットをハメることになるのだという。
するとブルース・ハートがシャツを脱ぎ、その下にレフリーシャツを着ている。ブルースとビンスがハグ。
ブレットはブルースに、これを自分で了承したのか?と尋ねる。すると、ハート家の結束は固いといい、今夜ビンスをハメるのはブレットだというと、ブルースとブレットがハグ。
場外にビンスが落ちると、ナタリアがビンスにビンタ。タイソンキッドがトップロープからハートアタックでダイブする。
ビンスはリング下からバールを持ち出して周囲を威嚇。リングに持ち込むが、逆にブレットがそれを奪ってビンスを殴る。DHスミスがブレットにイスを渡すと、ブレットはそれに座り、ビンスが立ち上がるのを見ている。立ち上がったビンスを、なんどもイスで殴りつけると、シャープシューターを極めて勝利。試合時間11分。
勝者:ブレットハート

クリスジェリコ(c) vs エッジ 世界ヘビー級タイトルマッチ
エプロンサイドにいたジェリコをエッジが突き飛ばし、ジェリコは実況テーブルに頭から突っ込んでしまう。
エッジのスピアーをジェリコがウォールズオブジェリコに切り返えすが、タップは奪えない。ジェリコがスピアーを狙うが、エッジはカウンターのキックを頭部へ狙うものの、さらにジェリコが切り返してコードブレイカーをヒットする。
ジェリコのウォールズオブジェリコが極まり、さらに、エッジが痛めている方の脚を狙って、逆片エビ固めに移行。エッジはサードロープに逃れる。
レフリーが気絶。ジェリコはベルトでエッジを殴ってカバー。エッジがキックアウト。ジェリコは再びコードブレイカーをヒットして3カウント。試合時間は16分弱
勝者:クリスジェリコ タイトル防衛
試合後も両者は乱闘。エッジはジェリコをスペイン語実況テーブルに立たせると、自分はマイケルコールのテーブルからスピアーでジェリコに突進。ガードレールに突っ込んで行く。係員がジェリコに駆けつける中、エッジが歩いて退場。

ダークマッチで行われたバトルロイヤルのハイライト映像、ヨシタツの勝利シーンが流れる。

ミッキージェームズ、ケリーケリー、イブ、ゲイルキム、べスフェニックス vs ミッシェルマクール、マリース、レイラ、アリシアフォックス、ビッキーゲレロ
キムとビッキーでスタート。しかし、キムがすぐにベスとタッチ。ビッキーが驚く。ベスはビッキーを自軍コーナーに捉えると、タッチを繰り返して全員で攻撃。観客は無反応。
しかし、ヒール軍がビッキーを救出しケリーを倒すと、レイラとミッシェルの助けを借りたビッキーがコーナーに登ってフロッグスプラッシュを決めて3カウント。試合時間は3分ちょっと。
勝者:ビッキーゲレロ、ミッシェルマクール、マリース、レイラ、アリシアフォックス
試合後、ビッキーはエディのような仕草。

シナが、空軍の軍人とともに入場。

バティスタ vs ジョンシナ WWEタイトルマッチ
危険な角度でバティスタのDDTがシナにヒット。シナがキックアウト。シナの5ナックルシャッフルをバティスタがスパインバスターでカウンターを取る。観客は歓声を上げる。
シナのSTFが極る。バティスタはロープエスケープ。バティスタのスピアーがヒット。シナがキックアウト。シナはコーナーに登って5ナックルシャッフルを成功。
バティスタボムが決まるが、シナがキックアウト。シナのアティテュードアジャストメントが決まるが、バティスタもキックアウト。
バティスタが再びバティスタボムを狙うも、シナがSTFに切り返してタップを奪う。試合時間は13分半。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル獲得 

HBKとテイカーの抗争をまとめた映像。

アンダーテイカー vs ショーンマイケルズ 連勝記録vs引退マッチ
テイカーとHBKがにらみ合い。HBKが喉元を掻き切るポーズを見せ、テイカーが怒る。
テイカーがオールドスクールを狙うが、途中で膝をかばってしまう。HBKはテイカーの膝の故障に気づき、テイカーの左ひざを捻り上げる。
テイカーのレッグドロップがHBKにヒット。HBKは4の字固め。テイカーのチョークスラムがヒット。HBKがキックアウトする。HBKはアンクルロックを極めるが、テイカーに蹴り剥がされてしまう。
場外でテイカーがツームストンをヒット。しかし、この試合にカウントアウトは無し。医者がHBKを診察しているが、テイカーが医者を押しのけてHBKをリングに押し戻してカバー。しかしHBKはキックアウト。
テイカーがラストライドを狙うが、HBKが切り返す。HBKがダイビングエルボーを狙うが、テイカーは膝剣山でブロック。テイカーがヘルズゲートを極めるが、HBKは押さえ込みに切り返してニアフォール。
ノーモーションのスイートチンがヒット。テイカーがキックアウト。今度はスイートチンの予告モーション。今度はテイカーがかわしてラストライドがヒット。HBKがキックアウトする。
場外で、テイカーが実況テーブルの上の物を払い落とすと、HBKに地獄へ送ってやると言うが、HBKはスイートチンをヒット。テイカーが実況テーブルに倒れこむ。HBKはトップロープからムーンサルトをテイカーの脚にヒット。テイカーもろともテーブルが崩壊。
両者リングに戻り、HBKのスイートチンがヒット。テイカーがキックアウト。観客たちは「This is awesome」チャントをスタート。HBKがスイートチンの予告モーション。しかしテイカーはチョークスラムでカウンター。テイカーのツームストンがヒットするが、HBKがキックアウト。
テイカーはコスチュームの肩紐を下ろすと、喉元を掻き切るゼスチャーをしようとするが、HBKが立ち上がろうとしているのを見てやめる。HBKは膝立ちのまま、喉元掻き切るポーズ。テイカーがツームストンを見舞ってRIP。試合時間は24分。
勝者:アンダーテイカー
これでテイカーの連勝記録は18。トロンに「18-0」の文字が表示される。
試合後、テイカーはHBKを助け起こす。2人はハグして握手を交わす。観客たちはHBKに大歓声。
HBKがリングを離れ、ファンと握手をかわしながら立ち去る。観客は「HBK」チャントを叫んでいる。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2010/03/29(月) 20:14:13 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。