WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPV Elimination Chamber試合結果速報

PPV Elimination Chamber試合結果速報

ダークマッチ
○クリスチャン vs イゼキエルジャクソン●


シーマス(c) vs テッドデビアス vs ランディオートン vs ジョンシナ vs コフィキングストン vs HHH WWEタイトルイリミネーションチェンバーマッチ
テッドが最初にチェンバー入り。続いてシナが登場。3人目にオートンが入り、4人目にHHH。シーマスとキングストンの2人で試合がスタートする。
互角の素晴らしい攻防・互いに決め手を欠くまま、HHHが開放される。エプロン外の鉄製床でダウンするHHHに対し、トップロープ上からキングストンのブーンドロップがヒット。
続いてテッドが開放。続いてオートンが開放。テッドとオートンが共闘する。最後にシナが登場。全員をなぎ倒す。
シナのSTFがテッドに決まるが、オートンがカット。ここでコーディローズが鉄パイプを持って登場。オートンをそれで殴り、続いてシナを殴る。テッドがオートンからピンフォールを奪って、オートンが最初の退場者。続いてコーディキングストンがテッドにトラブルインパラダイスを決めてピンフォール。テッドデビアスが2番目の退場者。
シーマスがセルティッククロスでキングストンを仕留め、3人が退場。続いてHHHがペディグリーでシーマスを仕留める。これでタイトルの移動が決定。最後はシナのSTFで、HHHがタップアウト。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル獲得
(※修正しました。ご指摘ありがとうございました。)

ビンスマクマーンが登場。早速、バティスタを相手に防衛戦をやってもらうと言う。

ジョンシナ(c) vs バティスタ WWEタイトルマッチ
バティスタがスピアーからバティスタボムで勝利。
勝者:バティスタ WWEタイトル獲得

先週のRAWで、ブレットハートが車に轢かれたシーンがリプレイされる。

ドリューマッキンタイヤー(c) vs ケイン ICタイトルマッチ
観客は静まりかえってしまう。マッキンタイヤーがフューチャーショックで勝利。
勝者:ドリューマッキンタイヤー ICタイトル防衛

バックステージでマリースがゲイルキムの健闘を祈るという。キムはマリースをたたきのめす時間の全てを楽しみたいという。

キムとマリースが試合の為にリングに入ると、ビッキーゲレロが登場。Smackdownのディーバの方が優れているといい、今夜のタイトルマッチを取りやめて、代わりにタッグマッチを行うと言う。
ミッシェルマクール、レイラ vs ゲイルキム、マリース
キムがタッチを求めるが、マリースが拒否。ミッシェルがフェイスブレイカーでキムを仕留める。
勝者:ミッシェルマクール、レイラ
結局、レイラとマリースは試合に参加せず終わる。

ミズのバックステージインタビュー。NXTについて語っている。パートナーのダニエルブライアンはインターネットで話題になっているが、スターウォーズのコンベンションの最前列にいたのをみただけだという。MVPが登場、ミズとはもめているところだが、今夜は試合に集中し、USタイトルを獲得するという。

ウィリアムリーガルがリングに登場。リーガルはRAW入りへ向けて交渉中であるとコールが説明。リーガルはNXTとパートナーのスキップシェフィールドについて語る。エッジが登場。観客は大歓声。エッジはリーガルをののしると、スピアーを決める。

ミズ(c) vs MVP USタイトルマッチ
スローペースのスタート。ビッグショーが現れると、レフリーの死角をつき、場外でノックアウトパンチを見舞う。倒れたMVPをリングに押し戻して、ミズがピンフォール。
勝者:ミズ USタイトル防衛

アンダーテイカー(c) vs ジョンモリソン vs レイミステリオ vs クリスジェリコ vs Rトゥルース vs CMパンク 世界ヘビー級タイトルイリミネーションチェンバーマッチ
テイカー、ミステリオ、ジェリコ、モリソンの順に登場。それぞれポッドに入る。パンクとトゥルースでスタート。しかし、パンクはマイクアピールをはじめ、対戦者の全てをけなして行く。さらにトゥルースをG2Sで仕留め、退場させると、マイクでポッドの中の選手たちを挑発。
ミステリオが開放。パンクはミステリオの頭をポッドに叩きつける。しかし、ミステリオがスプラッシュを決めてパンクに勝利。CMパンクが失格。
ジェリコが開放。ミステリオにウォールズオブジェリコを決めるが、開放されたモリソンがカットに入る。モリソンがコーナーにのぼると、ジェリコが突き落として、後頭部をポッドにぶつけてしまう。しかし、ミステリオにスターシップペインを決めてピンフォール。ミステリオが退場。
最後にテイカーが登場。ジェリコはテイカーに媚びを売るが、すぐに逃げ出してみずからポッドの中に入ってしまう。モリソンはテイカーにスターシップペインを狙うが、テイカーは膝でブロック。テイカーはエプロン外の鉄製床にモリソンをチョークスラムで叩き落す。リングに投げ戻してピンフォール。モリソンが退場。
残ったのはジェリコとテイカー。テイカーはヘルズゲートを狙うが、ジェリコはウォールズオブジェリコに切り返す。テイカーは態勢を入れ替えてヘルズゲートに切り返すと、ジェリコがロープに逃れる。
テイカーがツームストンを狙うと、ジェリコはカウンターのコードブレイカーでニアフォール。素晴らしい攻防が続く。
ここで、リング下からHBKが登場。テイカーにスイートチンを見舞う。ジェリコがカバーしてピンフォール。
勝者:クリスジェリコ 世界ヘビー級タイトル獲得

HBKは倒れたテイカーを見下ろしている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。