WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPV TLC試合結果速報

PPV TLC試合結果速報です

ダークマッチ
○Rトゥルース vs CMパンク●

オープニング映像。パイロ。
マイケルコールが開幕の挨拶。会場は満席と発表。

今夜の実況陣はコール、キング、ストライカーの3人。コールが観客数を15226人と発表。

クリスチャン vs シェルトンベンジャミン ECWタイトルラダーマッチ
序盤に両者ラダーを登るがベルトには手が届かない。クリスチャンが流血。医療班が駆けつけるが、観客たちは流血に大喜び。
場外のラダー上からベンジャミンがクリスチャン目がけてダイブ攻撃をヒット。コーナーに引掛けたラダーにベンジャミンがクリスチャンを胸から突っ込ませる。
ベンジャミンがベルトに手を掛けたところで、クリスチャンがラダーを引っ張り、ラダーから落とすと、今度はラダーに登ったクリスチャンをベンジャミンが、別のラダーの上に落下させる。
クリスチャンは実況席の上にベンジャミンを寝かせ、その上にラダーを置き、コーナー上からスプラッシュ。そのままリングに戻ってラダーを上り、ベルトを確保。
勝者:クリスチャン

実況の3人はタッグタイトルマッチについて話をしている。DXとジェリショーの対立をまとめたビデオ。

ジョンモリソン vs ドリューマッキンタイヤー ICタイトルマッチ
モリソンのミサイルキックをマッキンタイヤーがキックアウト。マッキンタイヤーのリバースアラバマスラムをモリソンがキックアウト。モリソンのスターシップペインは、マッキンタイヤーがロープに足をかけてエスケープ。マッキンタイヤーがダブルアームDDTでピンフォール。
勝者:ドリューマッキンタイヤー ICタイトル獲得

明日のRAWで発表される2009スラミーアワードの宣伝。特別ゲストはデニス・ミラー。

バックステージでビンスがマッキンタイヤーを祝福。マッキンタイヤーはビンスに対し、これは始まりに過ぎないというと、マシューズが入ってきて新チャンピオンにインタビュー。マッキンタイヤーは、簡単にベルトを捕れる事はわかりきっていたという。シーマスが登場。マッキンタイヤーは素晴らしかったというが、今夜ベルトを持って帰る新顔は一人ではないという。

ミッキージェームズ vs ミッシェルマクール WWE女子タイトルマッチ
レイラが、「ピギー・ジェームズ」Tシャツを来て登場。場外でミッシェルがミッキーをガードレールに叩きつける。
ミッキーはレイラを追いかけ始める。リングに戻り、ミッキーがルーテーズプレスをヒット。レイラはコーナーに登ったミッキーを落とすが、危うくミッシェルを負けさせそうになってしまう。しかし、ミッシェルがうまく切り返して勝利。
勝者:ミッシェルマクール 女子タイトル防衛

シナvsシーマス戦を煽りビデオ。

ジョンシナ vs シーマス WWEタイトルテーブルマッチ 
コールはアメリカ以外の地で生まれたWWEチャンピオンが誕生すれば、ヨコヅナ以来18年ぶりと説明。
場外でシナがシーマスを鉄階段に叩きつける。リング下からシナがテーブルを取り出し、花道にセット。シーマスを載せるが、攻撃する前にシーマスが蘇生。
シナはもう一台、テーブルを取り出して立てる。シナがリングに戻ったところへ、シーマスがアイリッシュクロスキックをヒット。シーマスがテーブルをリングに持ち込む。シナの5ナックルシャッフルがヒット。アティテュードアジャストメントも決まる。シナはテーブルをリング中央にセット。雪崩式ブレーンバスターでテーブルにシーマスをたたき落とそうとするが、シーマスがふんばり、逆にシナをテーブルに突き落とし、テーブルが粉砕される。
勝者:シーマス WWEタイトル獲得

試合後、シナはテーブルの破片をポケットに突っ込んで退場する。

米軍慰問大会の宣伝。NBCで来週土曜日に放送。

実況陣はWWEタイトルマッチの結果に驚いている。キングはシナが自らバランスを失ったのではないかと言う。しかし、ストライカーはそれだけではテーブルに落下する理由にはならないと指摘。

アンダーテイカー vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルチェアーマッチ
テイカーのレッグドロップがヒット。オールドスクールを続けて狙うが、バティスタが阻止。バティスタの雪崩式ブレーンバスターがヒット。テイカーがキックアウト。バティスタのスパインバスターもキックアウトする。
テイカーのオールドスクールが今度はヒット。ヘルズゲートが極るが、バティスタはロープエスケープに成功。
テイカーのラストライドがヒットするが、かろうじてバティスタがキックアウト。レフリーの死角をついて、バティスタがローブロー。すかさずイスでテイカーを殴り、ピンフォール。
しかしテディロングがあらわれ、ローブローがあったと為、再スタートを宣告。再開早々、テイカーのツームストンが決まってピンフォール。
勝者:アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトル防衛

ロイヤルランブルの宣伝。1/31開催。

バックステージで、キングストンがウォーミングアップ。コーディとテッドが近づき警告。コフィは気にせず、オートンのロッカールームに入ると、オートンをたたきのめすのが楽しみだといい、立ち去っていく。

コフィキングストン vs ランディオートン
キングストンの場外へのダイブ攻撃にオートンがキックでカウンターをあわせる。キングストンのSOSが決まるが、すぐにカバーできず、返されてしまう。キングストンのラテラルプレスが決まるが、これも2カウント。キングストンはアバラを痛めた素振りを見せ始める。キングストンのトラブルインパラダイスが決まるが、オートンがロープエスケープ。オートンがロープにキングストンの足をひっかけてDDTをヒット。パントキックを狙うが、キングストンは蹴りを肩で受け止めて、ダメージを最小限にとどめる。
キングストンがトラブルインパラダイスを失敗。オートンがその隙にRKOを決めて勝利。
勝者:ランディオートン

バックステージで、バティスタがテディロングに対し、ベルトをお前に奪われたと怒鳴っている。バティスタがテディにイスを振り回し、誤りを正してやると言って立ち去る。

DジェネレーションX vs クリスジェリコ、ビッグショー WWE統一タッグタイトルTLCマッチ
ステージ上でHHHがジェリコにぺディグリーを狙うが、ジェリコがリバース。DXがダブルチームでジェリコをプレーンバスターで抱え上げ、ラダーに叩き落す。HBKがビッグショーにエルボードロップをヒット。しかしジェリコがコードブレイカーを見舞い、ショーがHHHにスピアー。観客はHBKを応援し始める。
ショーがラダーに上ろうとすると、HHHがイスで殴る。ショーがラダーを降りてHHHを殴り倒す。DXは2人がかりでラダーを押し倒す。
HBKがラダーに上ると、ジェリコが捕まようとするが、HBKは場外にショー目掛けてダイブ。
ショーは倒したラダーにHHHをはさむと、ジェリコと2人がかりで攻撃。ラダーが壊れてしまう。
ショーがジェリコを肩車して、ベルトを取らせようとする。HBKがリングに戻り、ショーにスイートチンをヒット。DXはラダーを使ってショーを場外に排除。ラダーの一方をHHHが押さえ、HBKが登ってベルトを獲得。
勝者:DジェネレーションX WWE統一タッグタイトル獲得
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。