WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/20放送分ECW試合結果簡易速報

10/20放送分ECW試合結果簡易速報です

アブラハムワシントンが登場。今夜のECWは自分が特別ゲスト司会者であり、RAWだけでなくECWも黒人が司会を務めると言う。しかし、スクリーンにジェリコが登場し「何をやっているんだ。」と言う。ジェリコはGMのオフィスにいるらしい。ワシントンは「今日は俺の番組じゃないのか?」と尋ねるが、ジェリコは笑って退室。控えていたトニーアトラスが「いいえ。」と言う。

ヨシタツ vs ザックライダー ECWタイトル挑戦者決定戦
ロックアップでスタート。ヨシが関節技で優位に試合を進める。しかし、ライダーは脱出するとパンチの連打で攻撃し、グラウンドでヨシを締め上げていく。ヨシは自力で脱出すると、キックを連発。コーナーに登ろうとしたライダーを素早く場外に蹴り落とし、コーナー上からダイビング攻撃を決める。
CM明け、ライダーが反撃している。ヨシをグラウンドに引き込もうとするが、ヨシはエプロンの外からロープ越しにハイキックを決めてペースを奪い返すと、さらにキックでダウンを奪い、ロープの外側からラテラルプレスを決めてピンフォール。
勝者:ヨシタツ ECWタイトル挑戦権獲得

バックステージでロサメンデスがティファニーに対し、自分がECWを引っ張れるうつわだと言っている。ジェリコが入ってきて、チームSmackdownの為にスカウトに来たのだという。ティファニーは、引き抜きは許さないと言い、黙って番組を観ているか、立ち去るかのどちらかだと言う。

リーガル、ジャクソン、コズロフがバックステージにいるところへ、ジェリコが現われ、ティファニーをけなし始める。リーガルは、チームSmackdown入りを希望すると言う。ティファニーが現われて、自分の言うことを聞かないのなら、ECWから出て行けという。ジェリコは、自分が統一タッグチャンピオンの内の一人であり、どの番組でも試合をする権利と義務があるのだと言う。ティファニーはその通りだというと、それならECWで最高の選手であるクリスチャンと戦ってもらうと言う。ジェリコは憤慨する。

○シーマス vs ジョバー●(DQ)
シーマスがジョバーをいたぶっていると、ベンジャミンが乱入してシーマスを攻撃してDQ裁定。ベンジャミンはその後も場外でシーマスにスピアーを見舞い、リングに押し戻して、ジャーマンスープレックスを見舞うと、シャツを脱いでリング内を駆け回る。

バーチルとケイティリーがリングに登場。バーチルは、ハリケーンに扮しているグレゴリーヘルムズはさっさと出てきて素顔を見せろという。
ハリケーンの新しいエントランスビデオが流れ、リングに登場。ハリケーンはマスクを脱ぐが別人。もう一度ハリケーンのテーマがヒットして、リングに本物が駆けつけると、バーチルとケイティは退散する。

○クリスチャン vs クリスジェリコ●
クリスチャンがキルスイッチで勝利。来週、ヨシタツとのECWタイトルマッチがアナウンスされる。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。