WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9/14放送分RAW試合結果速報

9/14放送分RAW試合結果速報です

ブレイキングポイントのアイクイットマッチのハイライトが流れる。

オープニング映像。今週はパイロなし。リリアンがバティスタのRAW復帰をアナウンス。
バティスタが腕を吊った状態で登場。RAWに戻ってこれてよかったと言うが、今夜は特別ゲストとしての登場であり、引退を表明する。すぐさまランディオートンが登場。
オートンは、タイトルを失ったばかりで気が立っているというと、しかし、バティスタの引退には声援を贈りたいと言う。そして、バティスタがどんな別れのスピーチをしようが誰も気にはしないといい、バティスタはオートンに屈し、頭を垂れて涙を流しながら引退していくのだと言う。
バリテスタはオートンを見て笑い出す。オートンは何がおかしいのかときく。バティスタは2つ理由があるというと、一つはオートンが予想通りのことを言ったからだという。そしてもう一つはオートンには分からないことだと言うと、腕を吊っていた包帯を外してクローズラインを叩き込み、バティスタボムをヒット。バティスタが引退すると言うのは嘘で、Smackdownに移籍するのが本当だと言う。そして今夜の特別司会者のトリッシュと話をし、RAWでの最終戦として、オートンとのノーホールズバード戦が決まっていることを告げる。

バティスタがオートンを襲ったシーンがリプレイされる。

リリアンがトリッシュストラタスをアナウンス。トリッシュの髪型が変わっている。トリッシュはトロントのみならず、WWEという自分にとってのホーム2つに戻ってくることが出来て嬉しいという。そして、今夜はとても良い司会進行が出来ると思うと言い、先週のボブバーカーの仕事振りはどうだったかと観客に尋ねる。観客は歓声。トリッシュは、今夜はバティスタvsオートンのノーホールズバード戦が決まっているが、オートンにはWWEタイトルのリマッチ権があるため、ヘルインアセル大会で、ヘルインアセル戦でシナと戦って貰うと言う。

コフィキングストン、プリモ vs ミズ、ジャックスワッガー
先週のスーパースターズのカードの再戦。
攻勢に出るキングストンの注意をミズが引きつけて作った隙に、スワッガーがガットレンチパワーボムを決めて勝利。
勝者:ジャックスワッガー、ミズ
ミズはスワッガーを待たずにさっさと退場。キングストンはショックを受けている。

ミッキージェームズが私服で現われ、実況席に加わる。リリアンはトリッシュからの指令だとして、ディバータイトル挑戦者決定3ウェイマッチを行うとアナウンス。しかし、試合は通常のシングルマッチ。(リリアンのミス?)
アリシアフォックス vs ゲイルキム ディーバタイトルマッチ
フォックスの攻勢にダウンを喫したキムが、ようやく立ち上がろうとするところへフォックスがシザーズキックを決めて3カウント。
勝者:アリシアフォックス

エクストリームルールズでオートンがバティスタの腕を負傷させたシーンのリプレイ。

トリッシュのオフィス。トリッシュはろうそくに火をつけている。ベスフェニックスがはいってくる。トリッシュのヨガ教室の横断幕が壁に吊られているのが映る。ベスはなぜ自分にディーバタイトル挑戦者決定戦の出場権が与えられなかったのかと不満を述べる。ジェリコが登場。ベスはトリッシュと違ってジェリコにはガッツがあるといい、トリッシュが引退したのは、自分のような新たな敵と戦うのが怖くなったからだと言う。トリッシュは、そんなことを本気で言っているのなら、こんや、ベス、ジェリコ組と混合タッグマッチで対戦してあげると言う。

ショーンマイケルズ vs テッドデビアス
HBKがテッドを攻め立て、ダイビングエルボーからスイートチンの予告入るが、コーディが乱入してHBKの足を払い、DQが宣告される。
勝者:ショーンマイケルズ DQ
コーディはブレイキングポイントのフィニッシュになった、鉄柱をからめた4の字をHBKに極める。HHHがコーディを殴り倒し、DXとレガシーで乱闘。HBKとテッドは客席で乱闘。HHHはコーディの頭を実況テーブルに何度もたたきつけた後、客席へ向かう。HHHはコーディにパンチを見舞い、再びリングサイドエリアに投げ戻すが、コーディがカメラマンに交錯してしまう。マイケルコールの声がフェイドアウトしてしまい、突然CMに入ってしまう。

ホーンズウォグルのテーマがヒット。ステージで踊っている。セットを指差すとボーンが登場。先週のRAWでボーンがチャボを下したシーンがリプレイ。
チャボゲレロ、カリート vs ホーンズウォグル、エヴァンボーン
ボーンからタッチを受けたウォグルがコーナーに上がった際、カリートのりんごを齧る。チャボがウォグルに詰め寄り、罵声を浴びせるが、ウォグルが咬んでいたリンゴをチャボに吐きかける。チャボがマットに転落すると、タッドポールスプラッシュを決めて勝利。
勝者:ホーンズウォグル、エヴァンボーン

バックステージでマシューズがシナにインタビュー。WWEユニバースで誓ったとおり、何度もブレイキングポイントの試合では、試合をやめたいと思ったが、決してやめるとは言わなかったといい、今夜の司会者がオートンとのヘルインアセル戦を組んでくれたことに感謝するという。そして閉じられたドアの中では、いつもとは違う自分の残虐な一面をオートンに見せることになると言う。

コールとキングは、ヘルインアセルの金網の大きさについて説明。DXvsレガシーのブレイキングポイントからの再戦が、ヘルインアセル大会で、ヘルインアセルルールで行われると発表。

トリッシュが今夜のパートナーに選んだMVPと共にリングに登場。
トリッシュストラタス、MVP vs ベスフェニックス、クリスジェリコ
ベスとトリッシュでスタート。トリッシュはマトリックスなど、往年の動きを見せるが、チックキックには切れが無くなっている。両者タッチし、MVPがジェリコに猛攻。場外でガードレールにジェリコをたたきつけたところでビッグショーが乱入。MVPを殴り倒して、レフリーがDQを宣告。
勝者:MVP、トリッシュストラタス DQ
マークヘンリーが現われてショーに突進。ショーは逃げ出す。リリアンはトリッシュ、MVP組の反則勝ちをコールするが、トリッシュは納得できないとして、6人タッグ戦での再スタートを指示する。

トリッシュストラタス、MVP、マークヘンリー vs ベスフェニックス、クリスジェリコ、ビッグショー
MVPとヘンリーはトリッシュのサポートに徹する。MVPは場外でジェリコを足止め。場外からトリッシュの足を払ったビッグショーに、ヘンリーがフライングクローズラインをヒット。ベスのカバーをキックアウトしたトリッシュが、ストラタスフィアーを極め、ストラタスファクションに繋いで勝利。
勝者:トリッシュストラタス、MVP、マークヘンリー

バティスタ vs ランディオートン ノーホールズバードマッチ
試合開始直後、オートンはすぐに場外に出てイスを手にする。しかし、バティスタがブートを叩き込む。
オートンのRKOをスパインバスターにバティスタが切り返すと、オートンはリングを降りてバックステージに引き上げようとする。ここでシナのテーマがヒット。花道から出て来てオートンの行方を阻む。さらに背後にはバティスタが来ている。シナはオートンにクローズライン。リングに放り込むと、バティスタが2度目のスパインバスターを決め、バティスタボムで勝利。
勝者:バティスタ
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。