WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

7/20放送分RAW試合結果速報

7/20放送分RAW試合結果速報です

マイケルコールが開幕の挨拶。キングは今夜の特別ホストがZZトップであることを宣伝。シナのテーマがヒットし、大歓声のなかシナがリングに登場する。
コールはZZトップが今夜、HHH、シナ vs コーディ、テッド戦を今夜のメインに組んだと発表。シナは自分もファン達も今夜は興奮していると言う。そしてナイトオブチャンピオンズでは、史上最高の試合内容で、HHH、オートンを倒してやるという。オートンのテーマがヒット。オートンが登場する。
オートンは2年前のレッスルマニアでは、オートンがHHHの頭を蹴り飛ばし、シナからピンフォールを奪ってやったと言う。そしてWWEタイトルのベルトを掲げると、歴史は次の日曜日でも繰り返すのだと言う。シナはオートンを睨みつけると、観客達は今すぐにオートンの顔面を蹴り飛ばすことを望んでいるようだと言う。一触即発の雰囲気になるが、お互いに手を出さず、テッドとコーディが現われてシナを取り囲む。シナはシャツを脱いで臨戦態勢。HHHが登場。レガシーは花道へ下がる。HHHはナイトオブチャンピオンズでWWEタイトルにはこだわっておらず、シナがタイトルを獲ろうが関係なく、ただ、オートンが防衛しさえしなければ良いという。そして先週、小人サイズのセスグリーンが、オートンを叩きのめしたという。オートンは今夜のメインに自分も出てやると言う。HHHとシナは了承し、メインは3対2のハンディキャップ戦になる。

バックステージの控え室にZZトップがいる。サンチノマレラが控え室に入ってきて、彼らの大ファンなのだというが、しかし、名前を間違えてしまう。ZZトップは帽子と付け髭をマレラに渡す。

コフィキングストン(c) vs ビッグショー vs MVP vs カリート vs ジャックスワッガー vs エヴァンボーンのUSタイトルマッチをナイトオブチャンピオンズで行うとアナウンス。

コフィキングストン、プリモコロン、MVP vs カリート、ビッグショー、ジャックスワッガー
MVPがスワッガーを狙い撃ち。スワッガーは場外に脱出する。
コマーシャル明け、スワッガーがキングストンにサブミッションを仕掛けている。CM中にキングストンが場外のビッグショーにダイブするものの、キャッチされて胸からガードレールにたたきつけられたシーンがリプレイされる。キングストンが捕まり、3人はタッチを繰り返して攻撃を続ける。カリートが相手の時にキングストンが猛反撃してプリモにタッチ。カリートをドロップキックで倒すと、スワッガーとビッグショーもリングサイドから落としてしまう。カリートをカバーするがスワッガーがカット。MVPがスワッガーを殴り倒して場外に落とすと、ブランチャーをヒット。カリートはプリモの背後に忍び寄ってバックスタバーを狙うがプリモが回避。しかし待ち構えていたビッグショーがスピアーをプリモにヒット。キングストンがスワンダイブしてビッグショーを攻撃。しかし、逆にパワーボムの体勢に捕まってしまう。キングストンはそのままトップロープ越しのハリケーンラナへ切り返し、ショーを場外に落とす。プリモがスワンダイブからヘッドバットを決めて勝利。
勝者:プリモコロン、コフィキングストン、MVP
試合後、ショーがチームメイトも含めて、その他の全員をなぎ倒す。

ジェリコがZZトップの控え室に登場。ZZトップのファンだと言うと、お互いにレジェンドだとして、ZZトップもFozzyのファンだろうと言う。そして、もう少し相手をしてやりたいところだが、今夜はマークヘンリー戦を控えており、そちらに集中したいと言う。ZZトップとマレラは歌いだし、ジェリコは立ち去る。

ブライアンケンドリックがキングを挑発している。リリアンがケンドリックの対戦相手をコールしようとすると、キングがこれを遮って、相手は自分だと言う。
ブライアンケンドリック vs ジェリーローラー
キングは普段着のままで試合開始。ケンドリックが優勢に試合を進める。キングはジャブの連打で反撃してドロップキックをヒット。ケンドリックの蹴りをかわしてマットにたたきつけると、ミドルロープからフィストドロップを落として勝利。
勝者:ジェリーローラー

ナイトオブチャンピオンズでのジェフハーディvsCMパンクの世界タイトルマッチの宣伝。

ジョシュマシューズがミッキージェームズと共にステージに立っている。先週の水着マッチでマリースを倒して勝利したことと、ナイトオブチャンピオンズに向けての抱負を尋ねる。ミズがインタビューを遮って登場。マリースは美しいというと、ミッキーはワッフル工場で10年ほど働くことになるだろうと言う。マリースが現われ、ミッキーの顔にヘアスプレーをかけて目潰しをする。

マークヘンリーが満面の笑みでバックステージを歩いている。

クリスジェリコ vs マークヘンリー
ジェリコはすぐに場外に脱出。リングに入るが、また脱出。レフリーのカウント9でリングに戻る。ヘンリーをアイリッシュウィップで走らせようとするが、全く動かず、逆にリフトアップスラムに捕まってしまう。ヘンリーは笑っている。ジェリコのコードブレイカーは、ヘンリーが足を掴んで回避すると、そのままジャイアントスイング。ジェリコはフェイスクラッシャーからウォールズオブジェリコを狙うが、逆に場外に落とされてしまう。ヘンリーが場外に出えようとするところを、ジェリコがイスで2回殴りつけ、レフリーが試合をストップ。
勝者:マークヘンリー 反則裁定
ジェリコはレフリーの罵って、再びイス攻撃を見舞おうとするが、ヘンリーがイスを受け止めて、ジェリコを実況席のマイケルに向かって突き飛ばす。さらにリングに押し込む。ジェリコはコードブレイカーで抵抗しようとするが、再び捕まり、ワールドストロンゲストスラムを食らってしまう。

バックステージのZZトップとマレラの元へチャボゲレロが現われる。ZZトップはチャボvsホーンズウォグル戦は、タキシードマッチルールで行う予定だったが、洗練された着こなしの男マッチにしたと言う。

ホーンズウォグル vs チャボゲレロ シャープリードレスドマンマッチ
リリアンがウォグルとチャボをコール。ウォグルはタキシードで登場。チャボはズボンのすそが1本につながっており、ロングスカートのような妙な格好で登場。相手のタキシードを脱がせた方が勝ちというルール。チャボはペンギンのように跳ねている。ウォグルはチャボの上着とネクタイを取ることに成功。さらに「ハイヤー」という掛け声で、空手の回し蹴りを決める。チャボのシャツも脱がせ、ズボンに取り掛かるが、チャボのクローズラインがヒット。ウォグルの上着と靴を脱がせる。ウォグルはチャボの足を払うと、チャボの靴を脱がせ、ズボンを引き裂こうとする。少々てこずるがようやく成功。
勝者:ホーンズウォグル

HHHがロッカールーム。シナは、今夜は仲間だが、日曜日のナイトオブチャンピオンズでは別だという。

ZZトップが曲を演奏。ディーバたちが踊っている。マレラはディーバを追い払うと、ズボンを脱いで下着を露出。ZZトップが演奏をやめてしまうが、一人で踊り続ける。

マイケルコールとキングがナイトオブチャンピオンズのカードを読み上げる。ジェリコが登場し、自身のレガシー入りの可能性をほのめかす。レガシーは、なぜジェリコのような負け犬をチームに入れる必要があるのかと言い、コーディは確かにジェリコも2世だが、父親はアイスホッケーのベンチ要員だったという。ジェリコは、誰もがWWEレジェンドの息子ではないのだという。

来週の特別ホストはNBAのシャキールオニールとアナウンス。

ロサメンデス、アリシアフォックス vs ゲイルキム、ケリーケリー ZZトップレッグスマッチ

何が通常の試合と違うのか、よく分からない試合。フォックスがケリーからスモールパッケージでピンフォール。
勝者:アリシアフォックス、ロサメンデス

リングにZZトップが登場。ZZトップのペイントがされたクラシックカーで登場。

レガシー vs HHH、ジョンシナ
序盤はシナとHHHの連携がよく、優位に進める。中盤にHHHが捕まってしまうが、オートンのRKOを回避してスパインバスターをヒット。両者ダウンからHHHがようやくシナにタッチ。シナが猛反撃して、コーディを追い詰めるが、テッドがカット。HHHがテッドを場外に落とす。オートンが入り、パントキックをキックを狙うが、かわされてシナが丸め込みで勝利。
勝者:ジョンシナ、HHH
試合後、HHHとシナはリングで握手を交わす。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。