WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラゴンゲートUSAのイベントにJRとキングが登場

6/25付WWEニュース速報です

★6/23放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★ニッキーベラが、RAWの試合中、顎に軽傷を負ったそうです。

★WWEは身長6フィート8インチ(203cm)、体重295ポンド(134kg)でボディビルダー体型の、アーロン・リードとディベロップメンタル契約を結んだそうです。リードは、レスリングのトレーニングを受けたことが全く無いそうです。

☆6/22放送分RAWの視聴率が4.5%と非常に高い数値を久しぶりに記録できたのは、CM無し特番だったことよりも、ドナルドトランプの登場がはるかに大きな影響を与えたと、WWE上層部は判断しているそうです。CM無し特番は、USAネットワークから提案されたとされており、それに合わせた話題づくりでトランプをブッキングしたと見られています。

☆6/22放送分RAWの会場で、シナが投げ込んだ帽子を受け取り、リングサイドに投げ返した観客がいたと報じられていましたが、その観客は少年だったそうです。その後、その少年はセキュリティに連れられて退場させられたそうです。

☆元TNAレフリーで、レスラーとして試合も行ったシェインシーウェルがFCWの収録大会に登場し、レフリーを務めていたそうです。また、同大会にはアンダーテイカーのキャデラックエスカレードで、テイカーとミッシェルマクールが来場する姿がファンに目撃されています。

◆Mrケネディはフェイスブックの中で、WWEとの契約にプロテクト期間が設定されていなかったことを明らかにしています。

◆Highspots.comが9/6にシカゴで主催する、ドラゴンゲートUSAのイベント開始前に、JRとキングがサイン会を行うそうです。

◇キャンディスミッチェルが解雇された理由の一つに、欠場期間中に体重が増えてしまったことがあげられているそうです。解雇される前に、一度RAWの収録にミッチェルが呼ばれていたそうですが、そのときにディーバとして出場できる体型ではないと上層部が判断し、解雇が決定的になっていたのだそうです。

◆WWEを解雇された元スコッティゴールドマン(コルトカバナ)がインタビューの中で、ビンスマクマーンについて、彼のオフィスに話をしにいったときは、だいたい威圧的に対応されて、ほとんど何もしゃべらなく、解雇されたときは、他の者と同様、排泄されるように放り出されたとしています。また、毎日トレーニングを積んでいる自分よりも、62歳のビンスの方が体格がよく、プロテインやサプリメントの常用者に特有の酷い体臭を放っていたとコメントしています。

◆解雇されたキャンディスミッチェルは、現在、サイン会のみブッキングを受け付けています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。