WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6/22放送分RAW試合結果速報

6/22放送分RAW試合結果速報です
今週はコマーシャルブレイク無し特番です

先週のハイライトでスタート。
RAWのオープニング映像の最初にトランプが登場。ロゴ画面の上部にトランプの名前がクレジットされている。
マイクについているロゴマークにも、トランプの名前がクレジットされている。

リリアンがトランプをコール。トランプは今夜のRAWはCM無しだと言い、さらに来場した観客達には、入場料を全額払い戻すという。観客は大歓声。マクマーンが搾取する者で、トランプは与える者であるというと、ショーを楽しんでくれという。

ジョンシナがリングに登場。トランプの先ほどの発言を繰り返すと、今夜ビッグショーと対戦するという。続いて、話をミズに向け、これまでシナをコケにしてきたことに触れると、ミズを呼び出す。ミズはシナを腰抜けだと呼ぶ。シナは自分達は2人ともザバッシュでは別の相手と試合が決まっていると言い、ミズはWM25において、8万人の観客達から、「You can't wrestle」チャントを浴びていたという。ミズはシナにマイクを投げつけ殴りかかるが、シナがブロック。あざ笑うシナを他所に、ミズは逃走する。

ビンスのリムジンが会場の少し手前で故障している。運転手はガソリンスタンドがすぐ近くにあるとビンスに告げるが、ビンスは人生の中で一度もガソリンスタンドには行ったことがないという。運転手は歩いて行けますというが、ビンスは運転手の背中に飛び乗っておんぶさせようとする。しかし、運転手が転倒してしまい、ビンスは運転手のケツを蹴る。

今夜、ビンスの別れのスピーチがあるとアナウンス。

ジェフハーディ、グレートカーリー、レイミステリオ vs クリスジェリコ、ドルフジグラー、エッジ
実況はSmackdownチーム。CMパンクが実況席に加わる。試合はジェフがジグラーをスワントーンで仕留める。
勝者:ジェフハーディ、グレートカーリー、レイミステリオ
試合後、パンクがリングに上がってジェフの腕を掲げるが、パンクであることに気付いたジェフが振り払う。

バックステージでビンスがトランプのオフィスに入ろうとするが、鍵がかかっている。サンティナマレラが現われて、ついにビンスに会うことができて光栄ですという。ビンスはオフィスに入れないのだというと、サンティナはビンスとトランプがオフィスを共有するのなら、そこは「マクドナルド」ですねという。
トランプがオフィスから出てくると、RAWを買うと同時にオフィスも買ったのだと言い、ビンスのオフィスは通路の向こうだと言う。ビンスが立ち去ると、トランプはサンティナに、お前は誰だと問う。サンティナはミスレッスルマニアだという。トランプは、お前がミスカリフォルニアだったとしても同じことを言ってやるというと、クビを宣告する。サンティナはショックを受け立ち去る。すぐにサンチノが現われ、彼女は良くやったという。

プリモコロン vs コーディローズ
今夜のWWEタイトルマッチまでの時間がカウントダウンされている。残り14分ほど。観客は試合に無関心。コーディがタイツを掴んだ丸め込みで勝利。
勝者:コーディローズ

バックステージでビンスがロッカールームに入っていく。ゴールダストとホーンズウォグルがいる。ゴールダストは自分のかつらをビンスに被せるが、ビンスはかつらを床にたたき付ける。2人が出て言った後、ビンスの名札がトイレの個室のドアに表示されているのを見つける。これがビンスのオフィスらしい。ビンスは威厳も何もズタズタだと嘆く。するとトイレの中から水を流す音が聞こえ、ウォールストリートジャーナル紙を持ったフェスタスが出てくると、新聞をビンスに渡して立ち去る。

ランディオートン vs HHH ラストマンスタンディングWWEタイトルマッチ
試合前、HHH、オートン、マクマーン家のこれまでのストーリーをまとめたビデオが流れる。
オートンは序盤、HHHの脚や膝を集中攻撃していく。場外でオートンが鉄階段でHHHの頭を殴り、実況テーブルにセット。HHHはローブローで逆転してぺディグリーを狙うが、抜け出したオートンのRKOがヒット。しかし、テーブルは壊れない。HHHはカウント9で立ち上がる。今度はHHHがショルダースルーでオートンを実況テーブル上に投げ落とす。今度もテーブルは崩壊しない。HHHはモニターでオートンを殴るが、オートンは立ち上がる。HHHのスパインバスターが花道でヒット。オートンはかろうじて立ち上がる。HHHがぺディグリーを狙うと、オートンがリバースしてHHHを花道に叩き落す。
HHHがラダーを持ち出しオートンを殴ろうとするが、オートンはしゃがんで回避。2人のスタッフの頭にラダーが誤爆。ステージ付近で、オートンがラダーをHHHの脚に投げつけ、ラダーからのRKOを狙うが、オートンを押しのけて回避したHHHが、金属製の床にぺディグリーをヒット。しかし、HHHも膝の痛みに苦しんでいる。両者ダウンからカウント10が宣告される。
試合結果:両者カウントアウトによるドロー タイトルはオートンが防衛
助け起こされたHHHは、退場前にオートンにキック。助け起こされたオートンにベルトが渡される。

バックステージでミズがマリースの気を引こうとしている。マリースは、それならなにかすごいことをやって見せろという。

今週のSmackdownで、ジェフハーディ、レイミステリオ vs エッジ、クリスジェリコのレイジインケイジという金網戦を行うとアナウンス。

トランプがリングに登場。マリアとイブが同行する。トランプは、会場のファンには入場料を返却し、視聴者達はCM無しの放送を見ているという。そして、RAWに新GMは任命しないつもりだとし、その代わりに毎週有名人をRAWの司会者として招聘するつもりだという。そして、その人物は俳優かもしれないし、WWEチャンピオンかもしれないという。さらにWM26のプランについて話そうとすると、ビンスが登場。ビンスはグリーンベイ(今回の開催地)の客など、金を返すに値しない連中だという。観客は大ブーイング。さらに、トランプはRAWを毎週、CM無しの放送にすることを考えているらしいが、そんなことを半年も続けられたら、トランプも破産してしまうという。
トランプはCM無しの放送を続けるプランを検討していると認めるが、自分には多くの億万長者の知人がおり、ビンスに支払った額の2倍の金を受け取っているから大丈夫なのだという。ビンスはこれを疑い、受け取った金を返すからRAWを返せという。トランプは相手にしない。ビンスは売却額に25%を上乗せするというが、相手にされず、50%、75%と上げていくも、全て拒否される。ビンスはついに2倍の額で買い戻すというと、トランプが同意。ビンスはトランプが今後顔を出したら、たたき出してやるという。トランプがビンスにビンタ。セキュリティが二人を押し分ける。ビンスが激怒している間、トランプは観客に別れを告げている。

バックステージでビンスがレガシーに近づいていく。ビンスはコーディとテッドに席を外すよう指示。オートンはビンスに、ザバッシュでのHHHとの防衛戦をキャンセルするように言うが、ビンスはタイトルマッチは行うと言い、ルールは3本勝負で1本目は通常ルール、2本目はフォールズカウントエニウェア、3本目はストレッチャーマッチの3ステージズオブヘルマッチを行うという。

今週のスーパースターズで、コフィキングストン vs マットハーディ vs MVPのUSタイトルマッチを行うとアナウンス。

マイケルコールは、3本勝負がWWEで行われるのは6年半ぶりであるという。

ミッキージェームズ、ベラツインズ vs マリース、ベスフェニックス、ロサメンデス
ミッキーがスーパーキックでロサを仕留める。マリースはミッキーとの接触を避ける。
勝者:ミッキージェームズ、ベラツインズ

リングでキングとコールがザバッシュの決定済みカードを発表。

ビッグショー vs ジョンシナ
ショーがセカンドロープからのスプラッシュをヒットしてキャメルクラッチ。シナは脱出してSTF。ミズがリングサイドに出て来て、シナの注意がそれると、ビッグショーがその隙にノックアウトパンチを狙うが、ダッキングでかわしたシナがショーを担ぎ上げてアティテュードアジャストメントの体勢。しかし、レフリーの死角でミズがショーを押し、バランスを崩したシナの上からショーが押しつぶす体勢になってしまい、ショーが勝利。
勝者:ビッグショー
倒れたシナをまたいでミズが立つ。

駐車場でランディオートンがゆっくりと車に向かう。HHHが背後から襲い掛かり、オートンの上半身をトランクに押し込んでドアをたたき付ける。痛みに倒れ込んだオートンの横に座り、まだまだだというと、ザバッシュでWWEチャンピオンになってやるという。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • 2009/07/04(土) 09:41:03 |
  • |
  • #
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。