WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/11放送分RAW試合結果速報

5/11放送分RAW試合結果速報です

リリアンがWWEチャンピオンのランディオートンを紹介。オートンはテッドとコーディを引き連れて登場。観客達を腰抜け呼ばわりし、叩きのめされるまで大人しく見ていろと言う。そして自分はマクマーンの時代を終わらせたといい、先週のRAWでレガシーがシェインを叩きのめしたシーンをリプレイさせる。そしてWWEは自分を中心として改革されるのだと言う。
続いてビッキーが、オートンとバティスタが試合まで接触してはならないと定めたといい、バティスタと話がしたいという。バティスタが登場。オートンはバティスタが自分からWWEタイトルを奪うことは決してできないと言う。そしてレガシーへの加入を促す。もしバティスタが加入すれば、DXやエヴォリューションよりも大きな勢力になれるという。そして自分がバティスタの後ろ盾になることができるのだと言う。リックフレアーに対するアーンアンダーソンのように。
バティスタは、オートンの意見は理にかなっているというが、オートンは鼻持ちなら無い奴だという。そして自分はオートンを助けるくらいなら、痛めつけるほうを選ぶと言う。オートンは今夜は残念なことに、接触を禁じられている為、今すぐバティスタを叩きのめしてやることができないと言う。しかしバティスタはビッキーが本当にPPVメインイベントの出場権を剥奪するかどうかは分からないといい、今夜自分を遮るものなど無いと言う。
ビッキーとチャボが登場。ビッキーはなかなか面白いことになっているといい、今夜バティスタvsテッド、コーディ戦を行い、レガシーが勝ったら今夜のメインはバティスタvsレガシーの3人のハンデ戦とし、バティスタが勝てばオートンvsバティスタのノンタイトル前哨戦を今夜のメインイベントにするという。

コーディローズ、テッドデビアス vs バティスタ
CM明け。すでに試合がスタートしている。レフリーの見ていないところでコーディがイスを持ち出す。それをバティスタが奪い取ったところでレフリーがイスに気付き、バティスタのDQを宣告。
勝者:コーディローズ、テッドデビアス(DQ)
メインはバティスタvsレガシーのハンディキャップマッチに決定。

リングにマリースが登場。もし自分がマリースじゃなかったら、マリースにあこがれるだろうとアピール。
○ケリーケリー、ミッキージェームズ vs マリース、ジリアンホール●
ミッキーがDDTでマリースを仕留める。短い試合。

バックステージでジョシュマシューズがオートンにインタビュー。テッドが遮って、コーディがいないという。オートンはバティスタはどこだと言う。オートンとテッドはコーディを探しに行く。

バックラッシュでのエッジvsシナ戦のラストシーンが流れる。ビッグショーがサーチライトにシナを叩き込んだシーンのリプレイ。先週のシナとショーの対峙シーンも流れる。

バックステージでチャボとビッキーが、シナについて、医者の出場許可がジャッジメントデイまで出ないことを話している。チャボはシナがジャッジメントデイに出られると言うことを証明するために試合をさせるべきではないかという。ビッキーはこれをきき、今夜シナvsミズのエキシビジョンマッチを行うと決定する。

リングにマイケルコールとキングが登場。ジャッジメントデイの決定済みカードの発表。クリスジェリコ vs レイミステリオが新たに発表される。

バックステージでオートンとテッドがコーディを探している。オートンがコーディを発見。しかし、テッドが倒れているのが発見される。恐らくバティスタが犯人だと考えている様子。

MrケネディのRAW復帰予告ビデオ。

○ブライアンケンドリック vs カリート●
カリートがリングポストに自爆して肩を強打しピンフォールを奪われる。短い試合。
ケンドリックはマイクで、これは最初の一歩に過ぎないというと、タッグパートナーを見つけて、タッグ王座に挑戦するという。

ビッグショーがリングサイドに登場。実況テーブルに腰掛ける。

ジョンシナ vs ミズ 特別エキシビジョンマッチ
リリアンが、この試合はビッキーが試合終了を宣告するまで続けられると言う。試合前にミズがアピール。シナが登場しショーとにらみ合い。試合開始後、ビッキーがスクリーンに登場して試合終了を宣告。振り向いたシナにミズがDDTを見舞う。それを見てショーが笑い、シナを叩きのめす。
試合結果:エキビジョンの為勝敗つかず

バックステージでオートンとコーディがバティスタについて話をする。オートンは今度はコーディが自分自身を証明する番だといい、バティスタを見つけて叩きのめせという。コーディは立ち去る。

バックステージでビッキー、チャボ、サンティナが話をしている。チャボは、誰もがサンティナはサンチノであることをわかっているという。ビッキーはロサメンデスに、幸運を祈るキスをサンティナにするよう促す。サンティナは本当にロサにキスをする。チャボはこれを見て、サンティナは自分がレズビアンであることを認めたという。

バックステージでコーディが鉄パイプを持って歩いている。ホーンズウォグルを発見。コーディの背後からバティスタが忍び寄る。バティスタはコーディを突き飛ばして部屋の中に押し込むと、自分も部屋に入ってドアを閉める。

ベスフェニックス vs サンティナマレラ
サンティナが勝利。試合後、レフリーのジャック・ドーンと勝利を祝う。
勝者:サンティナマレラ

バックステージでマシューズがシナにインタビュー。シナは今、多くのアメリカ人と同様、自分が逆境にあるという。しかし、人々はこの状況を乗り越えようとしており、自分もそうであるという。そしてジャッジメントデイは戦うことが目的ではなく、勝つために出場するのだという。

MVPがリングに登場。先週のリーガルとの対立シーンを流す。RAWで最初のVIPラウンジがスタート。ゲストとしてリーガルを招く。リーガルは自分が昨年のGMで、キングオブリングだという。そして、自分がRAWにいたからこそMVPを無視してきたのだという。MVPはリーガルはつまらないやつだという。リーガルがローブを脱ぐとマットハーディが登場。自分はギブスをしたまま2週連続で試合をさせられたと文句を言う。コフィキングストンが現われてマットを攻撃。チャボが現われ、MVP、キングストン vs マット、リーガル戦をビッキーが決定したと伝える。

MVP、コフィキングストン vs マットハーディ、ウィリアムリーガル
CM明け、MVPがプレイメーカーでリーガルを仕留める。
勝者:MVP、コフィキングストン

バックステージで、オートンがベルトを持って、一人佇んでいるのが映る。

明日のECWで、クリスチャンのピープショーのゲストにジャックスワッガーが登場するとアナウンス。

オートンが登場。バティスタに対し、ジャッジメントデイまではどうあってもWWEタイトルを奪うことはできないのだと言う。バティスタは構わずリングに向かう。

ランディオートン vs バティスタ ノンタイトルマッチ
1分足らずでバティスタがイスを持ち出してDQ。
勝者:ランディオートン(反則)
バティスタはイスでオートンの足首を殴りつける。鉄階段をリングに持ち込み、レフリーを追い払うと、鉄階段でオートンを殴ろうとするが、コーディが助けに現われる。バティスタはコーディにバティスタボム。テッドがバティスタの背後に忍び寄るが、スピアーを食らってしまう。場外に逃げたオートンに鉄階段を投げつけるが当たらない。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。