WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホーリーが解雇の理由について発言

5/7付WWEニュース速報です

★5/5放送分RAW視聴率は3.30%でした。

★5/6放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★WWEは2009年第1四半期のPPV販売件数を発表しました。ロイヤルランブルは45万件と発表され、見積もり値の44万5千件よりは上昇したものの、依然として2008年度の53万3千件には遠く及ばない数字でした。ノーウェイアウトは27万2千件で、やはり昨年の32万9千件を下回っています。

☆クリスジェリコは、ミステリオと長期的な抗争に入ることを提案しているそうです。ただ、ヨーロッパツアー中、アクシデントでミステリオのマスクが外れてしまった際の観客のリアクションを考慮し、ストーリーにマスクは絡めないそうです。

☆グレゴリーヘルムズをECWに出場させているのは、まだヘルムズがレスリングのできる状態まで完治していないためで、治癒を待つ間、キャラクターを定着させる為に番組出演が必要だったための措置とされているそうです。

☆WWE内部の方針として、57歳のJRと60歳になるキングから、若いマイケルコール、トッドグリシャム、ジョシュマシューズをアナウンスチームのエースに世代交代を進めているそうです。この流れをビンスも支持しており、ファンや選手達からスターだと思われているJRやキングよりも、色がついておらず、スターともみなされていない3人の方が扱いやすいと考えているそうです。

☆WWEは6月に契約の満了するトミードリーマーに契約延長のオファーを持ちかけているそうです。

◆WWEを1月に解雇されたボブホーリーが、解雇の理由はMrケネディから、処方箋が必要な痛み止めを分けてもらったことをケネディが上層部に密告した為だとし、今度会ったら叩きのめしてやるとRFビデオのインタビューでコメントしています。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。