WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/30放送分RAW試合結果速報

3/30放送分RAW試合結果速報です

マイケルコールが、会場のアメリカン航空センターには満員の16500人が詰め掛けたと発表。
今夜、Mrレッスルマニアの葬儀が行われると言うアナウンス。
ジョンシナvsビッグショー戦も行われる。

9人のフェイス vs 9人のヒール ディーバ18人タッグマッチ

試合は1分40秒、ティファニーがケイティリーを押さえ込んで終了。試合後、ローブに身を包んだマレラが現われ、WM25のディーババトルロイヤルに出せと言う。そしてジャック・タニー会長に掛け合ったが、すでに故人だったとジョークを言う。自分がミスレッスルマニアにふさわしい理由を見せると言うと、ローブを脱ぎビキニ姿を披露。ベスが攻撃すると、ディーバたちはマレラをリングから放り出す。

コールとキングはHHHとオートンの抗争について語る。先週の2対1ハンディキャップ戦のハイライト。

ジェリーローラー vs クリスジェリコ
CM直前にキングのテーマがヒットし、キングが実況席からリングに向かう。CM明け、先週のジェリコとフレアーのセグメントがリプレイされる。コールはWM25のジェリコvsレジェンド戦のルール説明。ジェリコはパイパー、スティムボート、スヌーカの3人共にそれぞれから勝利を奪わねばならず、逆に誰か一人からフォールを奪われれば、レジェンド達の勝利となる。
試合は3分半ほどで、ジェリコがウォールズオブジェリコで勝利。
勝者:クリスジェリコ
試合後、キングは立ち上がってジェリコにパンチ。しかしジェリコは、もうお前に用は無いというと、WM25でレジェンド3人を倒し、自分がレジェンドになってやると言う。

映画「12ラウンド」の宣伝。
シナvsビッグショー戦が再びアナウンスされる。

バックステージでトッドグリシャムがシナにインタビューしていると、エッジが登場。オッズによると、自分は不利だと思われているらしいといい、一緒にまずビッグショーを排除しないかともちかける。シナはエッジが嫌いだし、エッジの助けなど要らないという。そしてWM25で世界チャンピオンになってやると言う。

レガシーがマイケルコールにオートンの今後の方針を告げる。テッドはWWEユニバースのサイトと連動して公表されるという。

駐車場の棺桶からHBKが現われる。
CM明け、HBKが「誰が出てくると思った?」

キングが実況に復帰。

レイミステリオ vs JBL ノンタイトルマッチ
JBLはリムジンで登場。マイクを持っている。JBLは今夜の試合は、心理戦を仕掛けるために組んでもらったと言う。そしてWM25でミステリオは歴史となる(過去のものになる)のだという。CM明け、ミステリオが619からスプラッシュを決めてピンフォール。
勝者:レイミステリオ

先週のSmackdownに登場したシナのシーンがリプレイ。
ビッグショーがバックステージを歩いている映像。シナvsショー戦はこの後。

WM11のローレンステイラーとバンバンビガロの抗争のハイライト。

ダラスカウボーイズの選手達がリングサイドにいるのが映る。マイケル・アーヴィンもいる。

ビッグショー vs ジョンシナ
バックステージでビッキーがモニター観戦している。ショーの体重は485ポンドと紹介される。シナはSTFを狙うが、大きすぎて技が極まらない。アティテュードアジャストメントを狙うが、持ち上げられない。ショーがチョークスラムでピンフォールを奪う。
勝者:ビッグショー
試合後、エッジが飛び出してきてショーとシナを見る。倒れているシナを攻撃するが、ビッグショーは傍観。別のレフリーが出て来てエッジを止める。

前回のSmackdownでのHBKとテイカーのセグメントのリプレイ。

バックステージで、全身黒づくめのHBKが、棺桶を担ぐポールベアラーのような格好をした人たちを率いて歩いている。

シナvsショー戦のハイライト。

HBKが登場。リングに棺桶が置かれている。オルガンの曲が流れる。HBKはWM25で、テイカーはHBKを倒すことは決してできない為、テイカーの連勝記録は終わるという。そしてテイカーが連勝記録が終わることなどないと思っているのは、テイカー自身がMrレッスルマニアだと思い込んでいるからだという。しかし、WM25のハイライトは、自分がテイカーからピンフォールを奪うシーンだという。
照明が落ち、再び点灯するとリングにテイカーが現われている。HBKはいない。テイカーはリングに置かれたテイカーの葬儀セットを破壊し、棺桶を開けてHBKを探すが中にはいない。すると、下に隠れていたHBKが現われてテイカーにスイートチンを見舞う。

テイカーとHBKのセグメントのハイライトのリプレイ。

ホールオブフェイム式典の宣伝。

キングとコールがWM25のカードを発表。

テッドとコーディが、セキュリティにオートンの意思を告げている。

ケイン vs CMパンク vs マークヘンリー vs フィンリー vs シェルトンベンジャミン vs MVP vs クリスチャン vs コフィキングストン バトルロイヤル

フィンリー、ヘンリーの順に失格。ケインがMVPとベンジャミンを同時に失格させる。キングストンが脱落。再びケインがクリスチャンとパンクをまとめて排除して勝利。試合時間は3分半。
勝者:ケイン
ケインはリングにラダーを設置して上る。

バックステージをレガシーが歩いている。

オートンは24歳で史上最年少の世界チャンピオンになったがHHHとエヴォリューションの裏切りで奪い取られたと言う。しかし、レガシーはロイヤルランブル出場権を奪い返し、その試合に勝利したと言う。
オートンはマクマーン家を滅ぼすことを決意したのだというと、過去にマクマーンたちを攻撃したシーンをリプレイさせ、自分はずっと正気だったと明かし、HHHがオートン宅を襲撃することも予想していたと言うと、HHHの慢心を打ち砕きたかったのだといい、ステフにDDTを見舞ったシーンをリプレイさせる。
そしてビッキーに、もしHHHがスレッジハンマーを使ったらDQとし、HHHがDQやカウントアウトで敗れたとしても、タイトルはオートンに移動するという確約を取り付けたという。オートンが話を続けようとするが、リムジンが入場してくる。オートンはセキュリティたちにガードを固めさせる。カメラが中を映すと、誰もいない。オートンは、HHHがもしいるのなら出て来いという。しかし出てきたのは、ビンスとシェイン。HHHは後に続く。3人はセキュリティを押しのけてリングに向かい、レガシーに襲い掛かる。HHHとオートンの乱闘シーンで放送終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。