WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3/23放送分RAW試合結果速報

3/23放送分RAW試合結果速報です

オープニング映像、パイロともに無し。
リックフレアーがリングにいる。自分はスヌーカ、パイパー、スティムボートの味方であるといい、WM25で、ジェリコとの3対1の試合を受けると言う。そしてジェリコを打ち負かした後、レジェンドたちの腕を掲げることができるのは光栄だと言う。
ジェリコがバックステージの番組制作車にいる。ジェリコの背後のモニターに、3人のプロモーション映像が流れている。ジェリコはリングに現われ、レジェンドたちをいかにして叩きのめすかをかたり、ミッキーロークのために、映画「ザ・レスラー」がいかに老いぼれたちの姿を正しく描いたものであったかを証明してやるという。
フレアーは、レジェンドたちがジェリコを叩きのめした後でロークをリング上に招くのが本当に楽しみだと言う。ジェリコはフレアーを殴り、流血させる。さらに10分近くにわたって暴行を続け、フレアーのシャツを剥ぎ取り、靴を奪って客席に放り込むと、テレビカメラでフレアーの頭を殴る。最後に、HBKがフレアーに贈った時計を奪うと、鉄階段に置き、粉々になるまでストンピングする。

ジェフハーディ vs ドルフジグラー エクストリームルールマッチ

短い試合。ゴミ缶とイスが持ち出され、その上にそれぞれ1回ずつツイストオブフェイトでジグラーを落とし、スワントーンでピンフォール。
勝者:ジェフハーディ
ジェフは、こんな程度ではエクストリームとはいえないとし、WM25でマットにそれを実感してもらうと言う。

中継でシナがビッキーに、回復を祈る詩を披露。続いて、ビッキーとエッジに子供が生まれた場合の想像写真を公開。続いてビッキーとビッグショーの子供の場合。そして、WM25でチャンピオンになる男はここにいると言う。

WM21でシナとバティスタがそれぞれ世界タイトルを獲得したシーンのリプレイ。初のMITB戦。

クリスチャン、CMパンク、コフィキングストン、MVP vs フィンリー、マークヘンリー、ケイン、シェルトンベンジャミン
フレアーの声が誤って会場に流れてしまう放送事故が数秒間発生。試合は途中から8人がリングに入り乱れての乱闘になり、クリスチャンがトリップスイッチ(新技?)をベンジャミンに決めてピンフォール。
勝者:クリスチャン、CMパンク、コフィキングストン、MVP
試合後フィンリーがラダーを持ち出し、その他の7人をなぎ倒す。

HHH vs ランディオートン、テッドデビアス戦を今夜行うとアナウンス。

WM25まであと13日

HHHとオートンの抗争のハイライト映像。

トッドグリシャムがオートンにインタビュー。オートンはHHHがオートンを腰抜けだと非難ししているが、ビンスやシェインが何者かもわかっていながら、彼らの頭を蹴り上げたり、ステフが誰と結婚しているのかを知っていてRKOを見舞ったりすることを腰抜けにできるわけが無いと言う。そして、今夜、それらすらもかすんでしまうようなことをやるという。

エッジ vs ビッグショー ノンタイトルマッチ
ビッキーが車椅子で登場。チャボが押してリングサイドに出てくる。ビッキーはショーとエッジに、先週のSmackdownで恥をかかされたと怒っている。試合前にシナがトロンに登場。エッジを8度の世界チャンピオンと持ち上げ、ショーは世界最大のアスリートだと言うと、まるで、セックスアンドザシティの酷いエピソードのようだといい、彼らはWM25が終わった後で、ビッキーと寝たことになんの意味もなかったと思い知らされることになるという。
試合は、ビッグショーがエッジをロープに絡ませて、ノックアウトパンチを見舞おうとしたところで、ビッキーが叫び声を上げて、チャボをリングに入らせ止めさせると、レフリーがDQを宣告。チャボがショーを背後から攻撃。ショーがチャボをコーナーに押し込んだところで、エッジがスピアーを狙うが、ショーがかわしてチャボに誤爆。ショーはノックアウトパンチをエッジに見舞う。
試合結果:ノーコンテスト?(チャボがどちらにも触れていないのにDQが宣告されたため、どちらの反則か不明)
試合後、ショーはビッキーに歩み寄り、倒れたエッジを指差して立ち去る。

レイミステリオ vs ウィリアムリーガル

リーガルのセコンドに、レイラとJBL。JBLのリムジンで一緒に登場する。JBLは実況席に座る。短い試合でミステリオが勝利。試合中、キングがJBLに、WM25で行う歴史的なことの内容を聞き出そうとするが、JBLは答えない。
勝者:レイミステリオ
試合後、JBLは皮肉たっぷりにミステリオに拍手を贈り、蹴りを食らってしまう。

先週のRAWで、HBKが花道でテイカーにスイートチンを見舞ったシーンのリプレイ。

照明が落ちテイカーがリングに出現。会場内は青いライトが灯る。テイカーはHBKがMrレッスルマニアとなり、テイカーの連勝記録をとめると言っていることに反論があるといい、HBKの能力を考えれば、幻想に過ぎないことで現実味が無い話だと言う。そして、現実は他の者達同様にHBKも倒れることになるという。テイカーはHBKのテーマを少し流させると、トロンにHBKの墓を映す。テイカーは、自分は常に対戦者のすぐそばにいるといい、テイカーの領域に踏み込むとはそういうことだという。
テイカーのこれまでの対戦者が登場する映像が流れ、続いて新しい墓が掘られているシーンが映る。しかし、映像にHBKが登場し、これは自分の墓ではなく、連勝記録の墓だと言う。墓石が映ると、そこには16-1と書かれている。HBKは墓石を蹴り倒して墓穴に落として埋める。
会場ではテイカーが白目で怒っている。

サンティノマレラ vs ミッキージェームズ
マレラは先週、ミッキーに襲撃されたと言い、その後ビッキーにディーババトルロイヤルに自分も出すよう頼んだが、その条件としてミッキーを、片腕を縛った状態で倒すことを提示されたのだと言う。そして、自分はミスレッスルマニアと呼ばれるにふさわしい男なのだという。試合前、ミッキーに腕を固定させるが、ミッキーは両腕とも縛ってしまう。コメディマッチ。マレラがコーナーに上るが、セコンドのベスに突き落とされ、ミッキーのラウンドハウスキックを食らってピンフォール。
勝者:ミッキージェームズ

今年最後のホールオブフェイム受賞者発表は明日のECWでとアナウンス。

リックフレアーがジェリコに襲われたシーンのリプレイ。キングは、恐らくフレアーは来週、来場できないだろうと言う。しかし、ジェリコには試合をやらせると言う。

ランディオートン、テッドデビアス vs HHH ノンタイトルハンディキャップマッチ
結局、公式に試合は始まらない。場外乱闘になり、HHHがリング下からスレッジハンマーを持ち出そうとすると、リング下に潜んでいたコーディがHHHに手錠をかけ、3人でHHHを攻撃しリングに押し戻すと、HHHを手錠でトップロープに固定。 HHHも反撃するが及ばず、オートンがハンマーとマイクを持ち出し、HHHを助けられるのは一人だけだと言うと、可能な限りの速さで出て来いという。
ステファニーがリングに駆け寄る。HHHは出てくるなと叫んでいる。ステファニーはエプロンに上がり、HHHを傷つけないよう懇願。オートンが近づくと、リングを降りる。しかし振り向いた後ろでテッドとコーディが待ち構えている。オートンはリングないからステファニーの髪を掴んでエプロンに引き上げ、ステフの足をロープにひっかけた状態で頭を脇抱えにする。HHHは何もするなと叫ぶが、オートンはそのままDDTを見舞う。HHHは、手錠でステフに駆け寄ることができない。オートンはステフの傍に寝転がると、ステフの唇にキス。HHHは怒り狂っているが、オートンは手にしていたスレッジハンマーでHHHの頭を殴る。ステフは気絶、HHHはコーナーで倒れている。オートンはそれを見て、スレッジハンマーを肩に担ぎ、リングを立ち去る。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。