WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/23放送分RAW試合結果速報

2/23放送分RAW試合結果速報です

先週のRAWで、シェインがオートンのパントキックを食らい、ステファニーがRKOを受け、HHHが妻の救出に現われたシーンがリプレイ。

ビッキーがリングに登場。マクマーン家のメンバーが職務を続行できない状態になった為、委員会はビッキーをRAWの暫定GMに任命したと言う。するとシナが現われ、マイケルコールかマイクアダムルのほうがマシなんじゃないかという。そしてシナが保有する世界ヘビー級タイトルマッチの再戦権を忘れるなと言い、今夜権利を行使すると言う。エッジ、ビッグショーが登場。エッジは、シナがブルーノ山マルチノ、ハルクホーガン、スティーブオースチンらのように時代の象徴になりたがっているようだが、エッジがいる限りそうは行かないと言う。そしてシナは同じ時代にレイテッドRスーパースターのエッジがいたことを後悔することになるという。シナはビッキーとエッジの「夜のテクニック」についてからかう。ビッキーは今夜、「友人であり家族」という人物と戦ってもらうと言う。
シナは今夜巨人を叩きのめしてでもチャンピオンに返り咲くと言い、立ち去る。

レガシーが会場に到着。コーディとテッドは、HHHが待ち伏せていないか警戒している。その後、オートンが急いで会場入りする。

今夜ショーンマイケルズ vs JBLのWM25におけるアンダーテイカーへの挑戦権をかけた試合を行うとアナウンス。

今夜のリングアナウンサーはジャスティンロバーツ。

CMパンク vs ミズ vs ジョンモリソン マニーインザバンク予選試合
リング上空にブリーフケースが吊られている。試合のほとんどでミズとモリソンが共闘。しかし、どちらがパンクをフォールするかで口論になり乱闘。パンクは担ぎ上げたモリソンの足をミズにぶつけて、ミズを場外に落とし、G2Sをモリソンに決めてピンフォール。
勝者:CMパンク MITB出場権獲得
パンクはWM25のロゴを指差す。

先週のSmackdownで放送されたHHHのインタビューが流れる。HHHは自分がマクマーン家のメンバーであることを認め、オートンが63才の義父と、父を守ろうとした義兄にパントキックを見舞い、そして自分の妻をも手にかけるという、決してしてはいけないことをしたと言う。そしてステファニーは自分の子供たちの母親であると言う。そしてオートンに対し、自分は決して遠くにはいないと警告。そしてもう復帰する道は無くなったと言う。マイクを叩きつけて立ち去る。

バックステージでトッドグリシャムがオートンのロッカールーム前で待っている。コーディとテッドが出て来て、オートンは今回のようなことはやりたがっていなかったといい、シェインと戦うことも、ステフがリングに出てくることも頼んでなどいなかったことだと言う。テッドはオートンが今夜リングでコメントすると言う。そして、HHHが「ラスト・マクマーン・スタンディング」をやると言うのなら、自分達はHHHを待っているという。

バックステージでグラマレラとロサ、そしてドルフジグラーがいる。マレラはジグラーが自己紹介する前に、自分達3人の自己紹介。

メリーナ、クライムタイム vs グラマレラ、ドルフジグラー

短い試合。ジグラーとJTGが試合のほとんどを行う。マレラがタッグを受ける、いきり立ってシャドに突っかかるが、あっさりとシャドに仕留められてしまう。
勝者:クライムタイム、メリーナ
試合後、ベスが怒っている。

WM25まで41日

ジョンシナの映画「12ラウンド」の宣伝。

JBL vs ショーンマイケルズ
マイケルコールは、ビッキーゲレロが、この試合の勝者とウラジミールコズロフとで、改めて来週、テイカーへの挑戦権をかけて戦ってもらうことを公式に決定したという。
好試合。HBKが技を失敗。JBLがクローズラインフロムヘルを狙うが、HBKのスイートチンがカウンターでヒット。
勝者:ショーンマイケルズ

コズロフがリングに登場。HBKを睨む。HBKが殴りかかると、コズロフはHBKをパワースラムで叩きつける。

オートンのロッカールームで、レガシーの3人が打ち合わせをしている。

WM24のリプレイ。初のハイビジョン放送大会。ビッグショーvsフロイドメイウェザー。テイカーの世界タイトル獲得。リックフレアーvsHBKのフレアーラストマッチなど。

ジェイミーノーブル vs マイクノックス

29秒で終了。
勝者:マイクノックス

新たなホールオブフェイムの発表。
リッキー「ザ・ドラゴン」スティムボートが受賞。インダクターはリックフレアー。

キングが「ドラゴン」が来場するという。

スティムボートがステージに登場。ファン達の長年のサポートに感謝するという。そしてホールオブフェイムにインダクトされたことは人生最大の栄誉であるという。
ジェリコが登場。ミッキーロークがアカデミー賞の主演男優賞を逃したことに触れ、負け犬と罵り、スティムボート、フレアー、パイパーらも同じだと言い、観客達は偽善者だという。
スティムボートは、偽善者の意味を分かっているのか?といい、20年前にサインをしてあげた子供が、ジェリコだったというと、あの時スティムボートをヒーローだと言って目を輝かせていた子供が、10年前にWWEの洟垂れ小僧としてデビューしたんだと言う。その後、ジェリコはファンを侮辱するようになったが、以前はファンを大事にするなど、態度をコロコロ変えてきたが、自分は引退したその日まで、観客達に尽くしてきたと言う。そしてジェリコこそ偽善者ではないかという。そしてジェリコが決して得られないもの、ホールオブフェイムの栄誉を授かったのだという。
ジェリコがスティムボートをマイクで殴り、花道のスクリーンに頭を叩きつける。レフリーが止めにはいり、スティムボートの容態をチェック。

バックステージでトッドグリシャムがHHHの登場を待っている。

ジョンシナ vs X
ビッキーが登場。シナは今夜、世界タイトルには挑戦させないと言う。シナは再戦をビッキーが認めるまで、どこまでも追いかけるという。ビッキーは、今夜シナと対戦するのは、もう一人の友人であり家族でもある人物だというと、チャボが登場。試合は一方的なスカッシュマッチ。アティテュードアジャストメントからSTFでチャボがタップアウト。
勝者:ジョンシナ

バックステージでコーディとテッドがオートンのロッカールームから出てくる。2人はHHHを探している。HHHがいないのを確認してオートンが出てくる。オートンはスレッジハンマーを持っている。

オートンがリングに登場。スレッジハンマーを手に、コーディ、テッドを従えている。オートンは一晩中HHHを待っていたと言う。そしてリングでHHHを待つという。オートンは、責められるいわれはないといい、マクマーン家は自業自得だったのだと言う。数週間前にビンスは自分と自分の家族を侮辱した挙句、自分を解雇しようとしたため、IEDという病気である自分が頭を蹴り飛ばしてしまったのだと言う。シェインはしつこく自分を戦いたがっており、それを排除して親父のベッドの隣に送ってやったのだと言う。ステファニーは数週間前に、自分の顔にビンタを張り、先週も介入してきたが、そういう状況では何が起こってもおかしくはないのだという。そして願わくば、HHHの子供たちが先週の場面を見て、母親の過ちから学んでほしいと言う。
HHHがトロンに登場。会場に到着しスレッジハンマーを持ってゆっくりとリングに向かう。オートンはマイクでお互いにハンマーを手放して落ち着いて話し合おうと言うとオートンはハンマーを手放す。HHHもハンマーを手放してリングに入るが、2つめのハンマーを背後から取り出す。テッドとオートンは逃げ出す。HHHはコーディを殴り倒す。HHHはテッドとオートンを追ってバックステージへ。2にんはロッカールームに立てこもり、バリケードを作っている。HHHはハンマーでバリケードを打ち壊す。部屋に入るとHHHはテッドの後頭部を殴る。HHHがハンマーを振りかぶるがオートンが回避。ハンマーは大きな姿見を叩き割る。オートンとテッドは部屋を逃げ出す。HHHが追いかけ、2人は会場の外の車の中に逃げ込む。HHHは車の窓をハンマーで叩き割る。レガシーを乗せた車が発進して逃げていく。車に向かってハンマーを投げつけたHHHが怒り狂っている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。