WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No Way Out試合結果速報

No Way Out試合結果速報です

ダークマッチ
○メリーナ vs ベスフェニックス●

SmackdownイリミネーションチェンバーWWEタイトルマッチ
エッジ(c) vs ウラジミールコズロフ vs アンダーテイカー vs ビッグショー vs HHH vs ジェフハーディ

試合開始前、HHHはビッグショーの檻の上に飛び乗って挑発。
エッジとジェフでスタート。ジェフは早々にツイストオブフェイトを決めるがスワントーンは失敗。しかしスモールパッケージでエッジを丸め込んでピンフォール。チャンピオンが早々に脱落するのを、まだ檻に入っている4人が馬鹿にしている。
コズロフの檻が開く。コズロフが優勢。チェンバーのフレームにジェフを叩きつけて攻撃するが、3カウントは奪えない。観客達はUSAチャント。コズロフのバックブリーカーも決め手にならない。ジェフは掌打で反撃するも3カウントは奪えずに5分が経過。
ビッグショーの檻が開く。最初ショーとコズロフが共闘してジェフを攻めるが、コズロフがショーを攻撃。
続いてHHHが開放。観客は大声援。場外の鉄の床にぺディグリーを狙うがショーが阻止。まだテイカーは開放されていないが、観客はアンダーテイカーチャントを開始。ジェフのウィスパーインザウィンドがHHHにヒットする。
テイカーが開放。ビッグショーを攻撃し、コズロフにスネークアイズ。場外の鉄の床にショーをDDTで叩きつけると、ラストライドでコズロフを仕留める。コズロフが失格。
ショーはHHHの頭を構造物にぶつける。ジェフは檻の上に登る。それをショーが追うが、テイカーに投げ落とされてしまう。さらに檻の上からHHHのべディグリーを食らい、ジェフがスワントーン。HHHが押さえ込んでピンフォール。ビッグショーが退場。
テイカーがジェフにオールドスクールを狙うが、HHHがロープを引っ張って邪魔をする。テイカーはツームストンをジェフに決めてジェフハーディが失格。残ったのはHHHとテイカー。
テイカーのチョークスラムをHHHがキックアウト。HHHのスパインバスターをテイカーがキックアウト。ツームストンが決まるが、HHHの足がサードロープにかかっておりレフリーがブレイク。HHHのぺディグリーをテイカーがキックアウト。両者殴り合いから、テイカーがラストライドに失敗。HHHが再びぺディグリーを決めてピンフォール。
勝者:HHH WWEタイトル獲得(世界タイトル通産13度目の獲得)

過去のWWEタイトルマッチのハイライト映像。

バックステージでエッジがビッキーに試合のやり直しをさせてくれと言っている。ビッキーは、エッジが負けたのはエッジ自身の問題だというが、すぐに謝る。

オートンとマクマーン家の過去の対立をまとめたビデオ。

ランディオートン vs シェインマクマーン ノーホールズバードマッチ
試合前、オートンはシェインを殴り倒してバラバラにしてやるという。そして、ビンスは今夜なすすべなく、オートンがマクマーン家を破壊することを止められないのだという。そして、自分は自分にふさわしいレッスルマニアのメインイベントの位置を手にするのだという。
シェインが入場。ステファニーはバックステージのモニターで観戦。オートンが場外にいるとき、シェインはリング内からスライディングキックをヒット。リング下から武器をテーブル、ゴミ缶などを取り出す。
リングに戻り、オートンはターンバックルを取り外す。そこへシェインをアイリッシュウィップで叩きつける。シェインは竹刀を持ち出して反撃。さらに実況テーブルからモニターを持ち出すと、それでオートンを殴る。オートンが流血。シェインはオートンを実況テーブルに寝かせるとコーナーに登りダイブしようとしたところでテッドとコーディが介入。テッドがシェインを押さえ、コーディがイスで殴ろうとするが、シェインが脱出し、イスはテッドに誤爆。さらにシェインはコーディをイスで殴ると、コーナーにゴミ缶を持って座らせ、コーストトゥコースト(別コーナー上からのドロップキック)を決める。
シェインは再びコーナーに上ってオートンにダイブするが、オートンは脱出。シェインはテーブルに大自爆。リングに戻り、オートンはテッドにダウンしたコーディを連れて行けと指示。自分は大丈夫だという。
オートンのDDTがシェインにヒット。カバーするがシェインはキックアウト。さらにしつこくカバーするが、キックアウトされてしまう。オートンはテーブルをリング中央にセット。シェインにテーブル貫通スープレックスを見舞うが、これもキックアウト。
オートンはパントキックを狙う。しかし、シェインがスピアーでカウンター。シェインはイスでオートンの足を殴り始め、さらに頭を殴る。シェインが逆にパントキックを狙うが、オートンがカウンターのRKOを決めてピンフォール。
勝者:ランディオートン

ジャックスワッガー(c) vs フィンリー ECWタイトルマッチ

フィンリーがスワッガーの左足を狙っていくが、スワッガーが反撃してフィンリーの左腕を狙う。観客はboringチャントを始めてしまう。フィンリーが雪崩式の技を狙い、スワッガーをコーナー上に座らせるが、スワッガーが反撃して脱出。エプロンサイドのホーンズウォグルを蹴り落として、フィンリーを仕留める。
勝者:ジャックスワッガー ECWタイトル防衛

コールとキングが、シェインはステフに連れられて近くの病院に搬送されたと報告。現在、意識がない状態だという。

HBKがバックステージで祈りをささげている。

ショーンマイケルズ vs JBL オールオアナッシングマッチ
リングサイドにHBKのレベッカ夫人が来ている。JBLはHBKを罵倒して怒らせ、イスを渡して殴らせようとする。HBKはこれに耐える。JBLに4の字固めが極まる。JBLはロープエスケープ。HBKはすぐに技を解かず、危うくDQをとられそうになる。
JBLのクローズラインフロムヘルがヒット。HBKがキックアウト。試合は非常にスローなテンポで進む。JBLのクローズラインフロムヘルが再びヒット。HBKは場外に転落。危うくカウントアウトしそうになる。JBLはレベッカ夫人をからかっている。レベッカがJBLにビンタ。これを見たHBKが奮起してJBLを攻撃。ダイビングエルボーからスイートチンミュージックを決めてピンフォール。
勝者:ショーンマイケルズ
試合後、HBKとレベッカがキスをし、一緒に立ち去る。

WM25の宣伝映像。

バックステージでグリシャムがジェリコにインタビュー。ジェリコは今はフレアーのことよりチェンバー戦のほうが大事だという。そして2008年のスーパースターオブザイヤーは2009年にも栄冠に輝くのだという。

コールは今夜のHHH戴冠もデータに加えると、チェンバー戦でのタイトル移動率は67%に達すると言う。

ジョンシナ vs ケイン vs コフィキングストン vs マイクノックス vs クリスジェリコ vs レイミステリオ RAWイリミネーションチェンバー世界ヘビー級タイトルマッチ
キングストンの入場時、突然エッジが現われて襲撃。鉄階段上でキングストンをイスで殴り倒すと、キングストンの檻に入る。ミステリオが出てきて助けを呼び、エッジを罵っている。
ジェリコとミステリオでスタート。エッジはそのままキングストンが入るはずだった檻に籠もっている。キングストンはリングサイドから運び出されている。
ケインが開放。ケインはエッジを睨んでいる。ミステリオにサイドバスターを見舞うがカウントは2。ミステリオがジェリコに619を狙うがケインが阻止する。代わりにケインに619を見舞う。さらにミステリオは檻の上からケインにダイブしてカバー。カウント3。ケインが失格。
マイクノックスが開放。ノックスは背中からジェリコをチェンバーに叩きつける。さらにミステリオの脚をチェンバーに絡ませて攻撃。しかしジェリコのコードブレイカーが決まってピンフォール。マイクノックスが退場。
続いてエッジの檻が開放。ミステリオは檻に入ってエッジを攻撃。最後にシナが開放。すぐにエッジを攻撃する。5ナックルシャッフルがエッジにヒット。しかしエッジはカウンターのスピアーでシナから3カウントを奪う。ジョンシナ失格。これで、タイトル移動が確定する。
実況陣は、これでエッジが勝ってもタイトルを獲得できるかどうかは分からないという。ミステリオがジェリコを仕留める。クリスジェリコ退場。残ったのはレイミステリオとエッジの2人。

エッジはスピアーを狙うがミステリオがカウンターの丸め込みでニアフォール。観客は「レイ、レイ」チャント。しかし、最後はエッジのスピアーが決まってカウント3。
勝者:エッジ 世界ヘビー級タイトル獲得?
マイクキオーダがエッジにベルトを手渡し、リリアンが新チャンピオンとしてコールする。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。