WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2/9放送分RAW試合結果速報

2/9放送分RAW試合結果速報です

リリアンがリックフレアーを紹介。フレアーが登場し、観客達の前に再び登場できたことを喜んでいると語る。そして昨年のWM24に触れ、自分よりも優れた相手には勝つことができなかったという。クリスジェリコが登場。WM24の試合の後、フレアーとハグをしたが、その後売春婦のようにあちこちのプロモーターと契約してサインをしまくるようになると分かっていたら、ハグなどしなかったという。
フレアーは自分を安売りしたりはしていないといい、決して試合をする事はないという。そしてその理由はショーンマイケルズの素晴らしさを認めているためで、WWEよりも自分の方が彼を高く評価しているのだという。そして自分はリングからは引退したが、業界から引退したわけではなく、ファン達を愛しており、彼らとの交流をやめるつもりはないという。
ジェリコは、フレアーとはそのような男ではなく、本心では観客達を小馬鹿にしているという。フレアーは否定。しかしジェリコはフレアーを侮辱し続ける。フレアーはジェリコに不意打ちを食らわせ、倒れたジェリコはそのままリングから転がり出る。フレアーは上着を脱いで、リングを歩き回ると「Woooooo!!」を連呼。

今夜ランディオートン vs アンダーテイカー戦を行うとアナウンス。

ジリアン、ベスフェニックス vs メリーナ、ケリーケリー

来週、ベスがリマッチ権を使用して、メリーナとのタイトルマッチを行うとアナウンス。レフリーの死角で、ロサがメリーナの足を引っ張る。ベスがグランスラムを決めて勝利。
勝者:ベスフェニックス、ジリアン

WM3で、屋内競技場史上最高の93173人を動員したという記録が紹介される。この大会のメインイベントはホーガンvsアンドレ。

バックステージで、JBLがHBKに対しノーウェイアウトで、HBKとのオールオアナッシングマッチを行うことを忘れるなと念を押す。それまではまだHBKは自分の支配下にあるという。

レガシーのメンバーがステージに登場。オートンはビンスとの出来事で全てを失うところだったが、ロイヤルランブルに勝利したことで、WM25での戴冠は確実になったという。そして誰もオートンを止めることはできず、ノーウェイアウトでもう一人のマクマーンを排除。アンダーテイカーですらロイヤルランブルでオートンを止められなかったのだから今夜も結果は同じだという。コーディとテッドは試合の為リングに向かう。

テッドデビアス、コーディローズ vs クライムタイム
コーディがクロスローズ(スピニング裏DDT)をJTGに決めて勝利。
勝者:コーディローズ、テッドデビアス

ジョンシナ、レイミステリオ、コフィキングストン vs クリスジェリコ、ケイン、マイクノックス
好試合。ミステリオがジェリコを相手に良い動きを見せる。キングストンとミステリオがジェリコをダブルチームで攻撃するが、ケインがチョークスラムでミステリオをリング外に投げ落とすと、コーバー上からダイブしたキングストンに対し、ジェリコが空中でダイレクトにコードブレーカーを決めて勝利。
勝者:クリスジェリコ、ケイン、マイクノックス

バックステージでステファニーが携帯で誰かと話をしている。ステフは相手のことを、自分の理解者だという。そして、重大な週末が訪れることになるという。

ショーンマイケルズ vs トニーアトラス
JBLがリングサイドに登場。短い試合、HBKはイスを持ち出してイス越しのスイートチンミュージックをヘンリーに決める。レフリーがDQを宣告。
勝者:マークヘンリー(DQ)
試合後JBLがリングに上がり、ノーウェイアウトでは冷静さを失わない方がいいと忠告。もし、ノーウェイアウトでもHBKがDQを宣告されるようなことがあれば、賭けはJBLの勝ちだという。さらに、HBKの妻もJBLのものになるのだと挑発。HBKは身体の接触を禁じられている為、手を出さないが、怒りに震えている。

CMパンク vs ウィリアムリーガル ICタイトルマッチ
リーガルはパンクの頭部に攻撃を打ち込んでいくが、パンクは倒れない。パンクは膝あてをずらしてG2Sをヒット。
勝者:CMパンク ICタイトル防衛

WM13でのザ・ロックデビュー。SCSAvsブレットハートのアイクイットマッチ、テイカーのWWEタイトル戴冠など。

ミッキーロークがイギリスのBAFTAのアクターオブザイヤーを獲得したことがアナウンスされる。授賞式の様子が流れる。

ランディオートン vs アンダーテイカー

素晴らしいメインイベント。互いにフィニッシャーを狙うが、抜け出されてしまう。しかし、突如コーディとテッドがオートンの救出に出てきてしまいDQが宣告されてしまう。
勝者:アンダーテイカー(DQ)
試合後、レガシーは3人でテイカーを攻撃。オートンはRKOを狙うがシェインが登場。オートンを攻撃する。オートンは花道から逃走。テイカーはコーディとテッドにチョークスラム。シェインはテッドをコーナーにひきずっていき、ゴミ缶を持たせて別のコーナーに上ると、そこからテッドのゴミ缶目掛けてドロップキック。オートンは膝をつき、頭を抱えている。シェインとオートンがにらみ合い放送終了。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。