WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12/15放送分RAW試合結果速報

12/15放送分RAW試合結果速報です

キングとコールが、昨夜のアルマゲドンでジェフハーディがWWEチャンピオンになった事をアナウンス。

ケリーケリー、メリーナ vs ジリアン、ベスフェニックス
ベスの入場時、ベスファンの女性らしき人物が写真撮影を求める。ベスはマレラに写真を撮らせる。試合は丸め込みでケリーがジリアンを仕留める。
勝者:ケリーケリー、メリーナ
試合後、ジリアンとベスがケリーを襲撃。ケインがリングに登場。ジリアンとベスは引き上げる。ケインは助け起こすためにケリーに手を差し伸べる。ケリーはすばやくリング外に逃げ出し、花道を逃げていく。その後をケインが追いかける。

ケインがコマーシャル中にケリーに追いつき、話し合う必要があるという。

レイミステリオ vs デュース
コーディとマヌーがリングサイドにいる。試合前、デュースは、自分がジミースヌーカの息子だと公表。自分の名前は、シム・スヌーカであるという。キングとコールは、コーディとマヌーも2代目であるという。コーディとマヌーが試合に介入してノーコンテスト。ミステリオは3人の攻撃から逃れるためにリングから出るが、背後からマイクノックスが近づき、リバースDDTをくらってしまう。

DXが関連グッズを紹介するセグメント。
キングがこの映像は数週間前に撮影されたものだと説明し、アルマゲドンのJBLとHBKのセグメントを紹介。

バックステージにケインとケリーがいる。ケインはスラミーアワードのカップルオブザイヤーの紹介を 
2人でした時、何か感じなかったかという。ケリーはおびえている。ケインは何もないというのなら立ち去ってくれという。ケリーは逃げ出そうとするが、ケインはドアをふさいでしまい、お前も何か感じていることはわかっていたという。

ランディオートンがバティスタとの再戦を求めている。バティスタが現れてこれを受ける。オートンはバティスタを殴って逃走。バティスタはオートンを追って花道に出て行くと、コーディとマヌーが襲撃。シナがバティスタを救出する。

バティスタがシナに感謝している。トッドグリシャムが現れ、ステファニーがオートン、コーディ、マヌー vs バティスタ、シナ戦を今夜行うことを決定したと伝える。

ハクソージムデューガン vs クリスジェリコ
ジェリコはスーツを着て登場。試合はしないという。理由は、デューガンは戦うに値しない相手だから。そして、スーパースターオブザイヤーにふさわしい相手を用意しろという。

バックステージのケインとケリーが再び映る。ケインはケリーもケインのことを知りたいだろうという。ケリーはノーと答える。ケインはほかに気になる相手がいるのかと言う。ケリーがうなずくと、それは誰だと尋ねる。ケリーは答えない。ケインはケリーの意思とは関係なく、しゃべってもらうことになるという。

コマーシャル明け、ケリーはケインに「彼」の名前を言ってしまったらしい。ケインが「彼」を傷つけないよう懇願している。

ミズ、ジョンモリソン vs CMパンク、コフィキングストン 世界タッグタイトルマッチ

ウィリアムリーガルとレイラがリングサイドにいる。パンクとキングストンは空中戦を仕掛ける。キングストンはダイビングクロスボディを失敗。モリソンがスワンダイブからのキックを決めるが、ピンフォールは奪えない。ミズとパンクが場外で戦う間に、モリソンがムーンライトドライブでキングストンを仕留める。
勝者:ミズ、ジョンモリソン 世界タッグタイトル防衛
試合後、ケインがリングに登場。パンクはキングストンを逃がす。ケインはパンク、モリソン、ミズをにらんでいる。ケインはモリソンにブート、ミズにチョークスラムからツームストンを見舞う。

JBLがステージに登場。昨夜のHBKとのセグメントをリプレイさせる。JBLはHBKには自分に雇われる以外に選択肢は無いのだという。観客たちの「You sold out」チャントと大ブーイングの中、JBLはニヤついている。

バックステージでケリーが開放されている。ミッキーとキャンディスがケリーの容態をみている。ミッキーはミズと何かあったの?とたずねるが、ケリーはミズ?本気で言ってるの?と言い、何か考えながら立ち去る。

ドルフジグラー vs サンタ・クラース
ハースがサンタの格好で登場。サンタは観客にプレゼントを配り、ジグラーにもひとつ渡す。ジグラーは自己紹介を邪魔されたと怒る。試合はジグラーが圧倒。ネックブリーカーで勝利。
勝者:ドルフジグラー
試合後、ジグラーはハースを攻撃しつづける。

ジェフハーディはSmackdownに登場すると宣伝。

バックステージでデューガンが落ち込んでいる。クライムタイムが現れて、時間だというとどこかへ連れて行く。

バックステージでクリスジェリコがステファニーに、言い仕事をしてくれと言い、タイトルマッチを求める。ステフは来週、元世界チャンピオン同士で4試合を行い、その勝者4人でその翌週に4ウェイ戦を行い、その勝者にジョンシナへの挑戦権を与えるという。そしてジェリコがこの決定を不服として好ましくない行いをするようなら、二度とスーパースターオブザイヤーにふさわしいマッチメイクは行わないという。

バックステージ。コーディとマヌーがさきほどの出来事を話している。そこへオートンが現れ、トップに立てないようなら、栄光(オートンたちのチーム名「The Legacy」)など過去のものに過ぎないという。

ランディオートン、コーディローズ、マヌー vs バティスタ、ジョンシナ
キングとコールは、来週、世界タイトル挑戦者決定予選として、バティスタvsオートン、ケインvsHBK、CMパンクvsクリスジェリコ、レイミステリオvsJBL戦が決定されたとアナウンス。
オートン組が優位に試合を進める。バティスタを集中攻撃。ようやくシナにタッチが成立。シナがオートン組を蹴散らす。バティスタが戻り、バティスタボムをコーディに狙うが、オートンがカット。バティスタにRKOをヒット。マヌー、コーディがシナと場外で乱闘。オートンはバティスタにパントキックを狙う。レフリーはやめさせようとするが、振り切ってキックがヒット。バティスタがうごかなくなる。レフリーがゴングを要求。
試合後、花道でレガシーのメンバーが腕を掲げている。シナがそれを見てリングから睨んでいる。リングでは医療班がバティスタの容態を診ている。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。