WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11/17放送分RAW試合結果速報

11/17放送分RAW試合結果速報です

RAWの全選手がリングにいる。演台が置かれており、ステファニーマクマーンに質問があるものがそこに立って発言する。ランディーオートンが演台に立ち、なぜサバイバーシリーズでジョンシナに挑戦権が与えられたのかと尋ねる。ステフはシナが怪我をする前に挑戦権をもっていたからだという。そしてオートンは今夜CMパンクと30人ランバージャックマッチで対戦してもらうと告げる。
コーディローズは、なぜ数週間前にテッドデビアスの頭を蹴り上げたオートンに対して罰が与えられないのかと尋ねる。ステフは各自の行動は自己責任において行われるべきものだからだと答える。
サンチノマレラは、客席に「Akon」(Acornの事?)が来ているといい、ウィリアムリーガルとICタイトルマッチの再戦を願う。しかしステフはマレラが海外ツアー中、すでに2度もリマッチを行っているとして却下する。
JBLが演台に立ち、Mrマクマーンはどこへ行ったのかと尋ね、続いて、ショーンマイケルズについて話をする。ステフは、ビンスは関係ないといい、今はステフとシェインが統括しているという。そしてHBKとはサバイバーシリーズで決着をつけるように言う。
HBKがマイクを持ち、自分の行動には責任を持つというとJBLを攻撃する。

サバイバーシリーズで、RAWのベスフェニックス、ミッキージェームズ、キャンディスミッチェル、ケリーケリー、ジリアン vs Smackdownのミッシェルマクール、マリア、ナタリア、ビクトリア、マリース戦を行うとアナウンス。

ケリーケリー vs ビクトリア

ケリーが丸め込みで勝利。試合後ビクトリアがケリーを攻撃。ジリアン、ミッキー、キャンディス、ベスがケリーを救出。ビクトリアを倒して立ち去る。
勝者:ケリーケリー

バティスタ vs マヌー
オートンが花道から様子を見ている。マヌーが攻めていくが、ロープの反動を使って走りこんだところにカウンターのスピアーを食らい、バティスタボムで仕留められてしまう。
勝者:バティスタ
オートンはいらだたしげに見ている。バティスタはマイクでオートンに対し、シナの復帰や次が誰の番なのかを考えるよりも、サバイバーシリーズでバティスタがオートンに何をするかを心配しろという。

今夜、クライムタイム vs JBL、ケインとショーンマイケルズ戦、レイミステリオ vs ミズ、ジョンモリソン戦を行うとアナウンス。

ステフがチーフ ジェイ・ストロングボウを紹介する。

バックステージでオートンがコーディローズに対し、サバイバーシリーズでバティスタを闇討ちにしろという。コーディはオートンに対し、どうせそれ以外できないのだから、せいぜい吼えているという。

トッドグリシャムがエヴァンボーンに怪我の状態について尋ねる。マイクノックスが現れてしばらくボーンをにらむと立ち去っていく。

バックステージをレイミステリオとショーンマイケルズがあるいている。HBKはここをいろいろなパートナーと歩いてきたが、ミステリオをあるくのは初めてだといい、少し緊張しているという。ミステリオは何事も一歩からだという。ドルフジグラーが現れて2人に自己紹介。2人も自己紹介を返す。

ジョンモリソン、ミズ vs レイミステリオ、ショーンマイケルズ

素晴らしい試合。ミズに619とスイートチンがヒットするが、振り返ったHBKにモリソンのスーパーキックがヒット。倒れたままのミズの腕をHBKの上に載せてピンフォール。
勝者:ミズ、ジョンモリソン

ジョンシナの復帰予告ビデオ

バックステージでステフがジェリコのリクエストを聞いている。来週、シナがチャンピオンになってしまったら、RAWの秩序が無茶苦茶になってしまうという。そしてステフを含むロッカールームの誰もが自分の防衛を願っているという。

バックステージでトッドがCMパンクにインタビュー。パンクとオートンの過去の因縁について尋ねる。パンクは、オートンがパンクから全てを奪ったといい、自分にはホールオブフェイマーの父親もいなければ、リックフレアーから助言を受けた事もなく、元からあたえられていたものなど何も無かったという。そして努力によって全てを手に入れてきたのだという。そして今夜は借りを返す事しか頭に無いという。

別のバックステージ。ケインとJBLが対峙している。JBLは何も問題はない事を伝えようとするが、ケインは誰の指図も受けないといい、邪魔をするなとJBLに告げる。

クライムタイム vs JBL、ケイン
試合のほとんどでケインが一方的に攻撃する展開。しかしJBLが勝手にタッチして入り、クローズラインフロムヘルでJTGを仕留める。
勝者:JBL、ケイン

バックステージでコフィキングストンがエヴァンボーンに対し、怪我が一刻も早く回復することを望むという。ノックスがキングストンを攻撃。金属製のシャッターにキングストンの頭を叩きつける。続いてノックスはボーンを攻撃して倒し、松葉杖を奪って足首を殴りつける。

ウィリアムリーガル vs マットハーディ
試合開始2分ほどで両者カウントアウト。試合終了後も乱闘を続けるが、セキュリティが止める。
試合結果:ドロー

盛況だったヨーロッパツアーの様子が流れる。

クリスジェリコがリングに登場。心温まるシナの復帰に向けての映像を何度も見せられてきたが、これからはジェリコのストーリーの時間だといい、初の統一王者であり、HBKを奴が得意とするラダーマッチで下して防衛し、金網戦でCMパンクを破り、2週間前には金網戦でバティスタを破って5度目の世界タイトルを手に入れたという。そしてRAWの要はシナではなく世界チャンピオンだとし、サバイバーシリーズでシナを消去することで、RAWは真の意味で救われるのだという。

ランディオートン vs CMパンク ランバージャックマッチ

リーガルのアシストでオートンのRKOが決ってピンフォール。試合後、ヒールとフェイスが入り乱れての大乱闘が始まる。
勝者:ランディオートン
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。