WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェインがUFCを買収という噂はガセのようです

11/28付WWEニュース速報です

☆WWEは次回のRAWの収録会場があるボルチモアの地方裁判所の一室を借り、DXとホーンズウォグルの裁判を収録したそうです。このスキットには陪審員として、多くの小さな人々が参加していたそうです。この模様が放送される次回のRAWの特別ゲスト司会者は、身長85cmのバーン・トロイヤーが務めると発表されています。

☆レスリングオブザーバーは、WWE上層部がこれ以上のジャックスワッガーのプッシュはあきらめたようだと報じています。上層部が期待したほどの成果をスワッガーが上げらていないと判断したためとのことです。このことは、コフィキングストンのプッシュの一因ともなっているそうですが、元々アフリカ系のトップフェイスの育成が急務だとされていたものの、他の候補が期待にそぐわなかったために、キングストンに期待が集まっているという事情もあるそうです。

☆WWEが現段階で最もプッシュに力を入れているのが、シーマスとドリューマッキンタイヤーの2人だそうです。シーマスはHHHが自らトレーニングパートナーを務めているとされており、マッキンタイヤーに関しては、HHHとショーンマイケルズが太鼓判を押しているそうです。

☆JRの契約期間は、あと3週間程度で満了するそうです。体調不良の為、延長契約はまだ結ばれていませんが、WWEと差し迫った折衝は行っていないそうです。

☆最近、出場機会の無かったカリートですが、久々にハウスショーに出場したそうです。欠場していた理由は特に無く、ただクリエイティブチームに彼を活用するプランが無かっただけとのことです。

☆ブライアンダニエルソンは、FCW入りせず、すぐに1軍に合流するのではないかと言われているそうです。

☆シェインマクマーンが、保持していたWWEの株式を売却したとして、UFCの買収資金を工面したのではないかとする憶測が流れましたが、実際に売却されたのは6月であり、額も少なかったそうです。
スポンサーサイト

リリアンの後継者は依然未定のまま

11/24付WWEニュース速報です

★11/23放送分RAW3時間スペシャルの視聴率は3.2%でした。通常放送されている2時間のみの平均は3.6%でした。

★11/19放送分WWEスーパースターズ視聴率は1.0%でした。

★年末恒例となっている米軍慰問興行は、12/19にNBCで夜7時より放送されると発表されました。

☆リリアンガルシアの後継とされていたローレンメイヒューが、WWEを離脱したと報じられています。元々メイヒューはWWEと短期で契約を結んでおり、経過をみて長期契約に切り替えることになっていたそうですが、双方の協議の結果、契約を更新しないことで合意したとされています。

★キングはサン紙に対し、ホーガンがTNAと契約したことに関してWWE無いでは誰も気にしていないと発言しています。

☆PWインサイダーは、WM26の現段階のプランとして、アンダーテイカーについては何か今までにない特別なプランを用意するのではないかと報じており、シナが対戦相手として浮上したのも、そのためではないかとしています。また、WMではまだ対戦の無い、HHHvsHBK戦も検討されており、直前の2ヶ月ほどでストーリーがセットアップされるだろうとしています。一方で、予定されていたCMパンクvsレイミステリオ戦はミステリオの故障の為に、実現は困難になったとしています。

☆サバイバーシリーズの試合の後、ビッグショーが膝の痛みを訴えていたそうです。小さな手術が予定されているそうですが、欠場はしない見通しとの事です。

△F4オンラインは、クリエイティブチームがドルフジグラーに見切りをつけたようだと報じてます。

☆怪我で長期休養していたカワル(ロウキー)が、先週のFCW収録から復帰し、試合を行ったそうです。

☆ホーンズウォグルは、HHHから受けたぺディグリーのダメージをアピールする為に欠場しており、11/30のRAWで復帰するそうです。

◇元WWEのアルマンドエストラーダは、12/5にグレートレイクスチャンピオンシップレスリングというプロモーションの大会で、ケン・アンダーソン(元Mrケネディ)を相手に、引退試合を行うと発表しました。

11/27放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/27放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ジェリコが「TLC」での統一タッグタイトルマッチについてリングで語っている。そして、バティスタとケインが今夜、世界ヘビー級タイトル挑戦権をかけて争うというと、テイカーへの挑戦者はいつも同じメンツばかりなのだから、自分にこそ挑戦させるべきだという。テディロングが現われて、今夜ジェリコvsテイカーのノンタイトルマッチを行うという。

○ハートダイナスティ vs クライムタイム●

テディのオフィスにビッキーとエスコバルがいる。ビッキーはエスコバルをICタイトルの挑戦者にするよう求める。テディがこれを認めるが、今回限りだという。

パンクがフェスタスを伴い、茶色の紙袋を持って登場。フェスタスを「ドリュー・ガロウズ」という名前で紹介し、彼は友人から与えられた薬で、これまでのような奇行をするようになってしまったのだという。そして12/1にはこのような恐ろしいものが出回ると言い、紙袋からジェフハーディのDVDを取り出す。
マットハーディが登場。ジェフを擁護する。
○マットハーディ vs CMパンク● DQ
フェスタスの介入で反則裁定。試合後、2人でマットを攻撃する。

バックステージインタビュー。先週ミッシェルマクールが見せたミッキーを豚に例えて馬鹿にするビデオについて尋ねられている。ミッキーはレイラとミッシェルは幼稚だという。そして頑張ってここまできたのだから、逃げたりはしないという。

○バティスタ vs ケイン● 世界ヘビー級タイトル挑戦者決定戦 カウントアウト
バティスタが挑戦権を獲得。

○ジョンモリソン vs エリックエスコバル● ICタイトルマッチ
試合後、ビッキーはエスコバルを怒鳴りつけて、唾を吐く。

バックステージでエスコバルとビッキーが口論。怒ったエスコバルは、ビッキーとキスをするたびに、口を消毒するのにはうんざりだといい、もう終わりだという。

○アンダーテイカー vs クリスジェリコ● DQ
実況にはバティスタが加わる。テイカーがツームストンを狙ったところでバティスタが介入してDQ。その後、バティスタがテイカーを攻撃する。

11/24放送分ECW試合結果簡易速報

11/24放送分ECW試合結果簡易速報です

今夜のアブラハムワシントンショーのゲストはマットハーディというアナウンス。

○シェルトンベンジャミン vs ザックライダー●
ベンジャミンが勝利すれば、ECWタイトル挑戦権を獲得できる試合。ベンジャミンがペイナーで勝利。
試合後、クリスチャンが現われる。CMを挟み、クリスチャンのスピーチ、ここのところ、PPVでECWタイトルは行われていないが、TLCほどECWになじむPPVは無いと言い、ベンジャミンとの試合で、大会を乗っ取ってやろうという。ベンジャミンは、自分がECWタイトルを奪うことで、成し遂げるという。

リーガルがバックステージで、ジャクソン、コズロフに対し、今夜ヨシタツを倒して、ECWタイトルに一歩近づくという。

○ヴァンスアーチャー vs ジョバー●
スカッシュマッチ。

実況のバイロンセクストンとジョシュマシューズが、昨夜のRAWでシーマスがタイトル挑戦権を獲得したことを話す。そして現段階で決定済みのカードを発表。

シナ vs シーマス WWEタイトルテーブルマッチ
クリスチャン vs シェルトンベンジャミン ECWタイトルラダーマッチ
DX vs ジェリショー WWE統一タッグタイトルTLCマッチ



トニーアトラスが、アブラハムワシントンショーの開幕を告げ、ゲストのマットハーディと、司会者のアビーをコール。
アブラハムワシントンが登場。観客をからかってから、マットハーディを呼び入れる。にこやかにハーディボーイズの一人と話ができるのは光栄だと言いながら握手をするが、ジェフじゃないのが残念だといってからかう。そしてマットが来週、サイファイチャンネルのスケアー・タクティクスという番組にマットが出演するという。マットに怖いものは何かと尋ねると、マットはそんなものは無いが、しいて言えば4文字の言葉だという。アブラハムはそろそろお別れの時間だというと、トニーとマットが握手を交わし、マットはV1ポーズ。

○ヨシタツ vs ウィリアムリーガル●
リーガルは腕攻めと打撃。ヨシはキック主体で攻撃。しかし、リーガルがヨシをロープに振ったところで、ジャクソンがヨシを押すが、誤って絶好のポジションにヨシを送ってしまい、リーガルにハイキックが決まってピンフォール。
試合後、リーガルは激怒してコズロフ、ジャクソンと言い争う。コズロフはジャクソンが悪いのだと責めると、ジャクソンはコズロフにフィニッシャーを見舞う。リーガルはジャクソンを責めるが、ジャクソンはリーガルにもフィニッシャーを見舞ってしまい、2人を置いて立ち去る。

11/23放送分RAW試合結果速報

11/23放送分RAW試合結果速報です

今週は3時間特番。特別ゲスト司会者のジェシーベンチュラがコールされるが、オートンのテーマがヒット。オートンがリングに現われて、タイトル挑戦資格を剥奪されているにも関わらず、ベンチュラにオートンのタイトル挑戦を認めるよう求める。ベンチュラが登場。いつも同じメインイベンターたちがタイトルマッチを行うのはもう見飽きたと言い、変革をもたらすというと、今夜、予選試合を行い、その勝者たちに今夜のメインである、ブレイクスルーバトルロイヤルマッチ出場権を与え、その勝者を次のWWEタイトル挑戦者に決定するという。参加条件は、過去に世界タイトルを保持したことが無いものとするという。さらに、シナにはCMパンクと対戦してもらうと言う。

コフィキングストン vs ドルフジグラー ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
非常に短い試合。キングストンがトラブルインパラダイスで勝利。
勝者:コフィキングストン

シーマス vs フィンリー ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
これも非常に短い試合。シーマスが一方的にフィンリーを攻めて勝利。
勝者:シーマス

ジョンシナ vs CMパンク ノンタイトルマッチ

観客の声援は2分される。シナがセカンドロープからの雪崩式アティテュードアジャストメントで勝利。
勝者:ジョンシナ

オフィスでベンチュラがビンスに対し、今夜は自分の権限でかつての実況陣を復活させるというと、ヴベンチュラとビンスがタキシードでリングサイドに登場。

マークヘンリー、MVP、Rトゥルース vs チャボゲレロ、ジャックスワッガー、クリスマスターズ ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
勝者チーム全員が予選通過となる。Rトゥルースが900フォアアームでマスターズからピンフォール。
勝者:Rトゥルース、MVP、マークヘンリー

エヴァンボーン vs プリモコロン ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
プリモの登場の際にオートンが襲い掛かり、出場権を奪い取ろうとする。ベンチュラがトロンに登場してこれを認める。
エヴァンボーン vs ランディオートン ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
一方的にオートンがボーンを攻撃して勝利。
勝者:ランディオートン

メリーナ、ミッキージェームズ、ケリーケリー vs ミッシェルマクール、レイラ、ジリアン ディーバサンクスギビングマッチ
メリーナのチームはネイティブアメリカンの衣装。ミッシェルのチームは宣教師の衣装。特別タイムキーパーとしてゴブレディ・グーカー(七面鳥の着ぐるみ)が登場。試合はメリーナが勝利。
勝者:メリーナ、ミッキージェームズ、ケリーケリー
試合後、グーカーが着ぐるみを脱ぐと、マリースが現われ、メリーナを攻撃する。

DジェネレーションX vs ハートダイナスティ
観客はDXに大声援。DXの2人がフィニッシャーをタイソンキッドにそれぞれ叩き込んで勝利。
勝者:DジェネレーションX
試合後、ジェリコが現われ、次のPPV「テーブルズラダーズアンドチェアーズ」で、DXvsジェリコ、ショーのWWE統一タッグタイトルマッチが行われるという。試合形式は当然TLCマッチ。

バティスタが登場し、ミステリオはサンクスギビングを病院で過ごしているという。そして次の獲物はテイカーだというと、世界ヘビー級タイトルも奪ってやるという。ここでケインのテーマがヒット。ケインが現われてバティスタに声をかけるが、バティスタは何もせずに退場。

レガシー vs クライムタイム ブレイクスルーバトルロイヤル予選試合
これも短い試合。レガシーが完勝。
勝者:レガシー

WWEタイトル挑戦者決定ブレイクスルーバトルロイヤルマッチ
出場者はコフィキングストン、ランディオートン、Rトゥルース 、MVP、マークヘンリー、シーマス、コーディローズ、テッドデビアス。
最後に残った3人はオートン、キングストン、シーマス。キングストンがオートンを落としそうになると、その背後からシーマスが2人を落として勝利。
勝者:シーマス WWEタイトル挑戦権獲得
試合後、シーマスとシナの調印式。シナは特にシーマスについて語ることはないというと、戦争の準備はできているのかという。調印が終わると、シーマスがシナを攻撃。シナをテーブルにたたきつける。ベンチュラがこの試合はテーブルマッチルールで行うと発表。

PPV Survivor Series試合結果速報

PPV Survivor Series試合結果速報です

ワシントンDCから生放送。

オープニング映像。サバイバーシリーズの歴史のおさらい。今夜の3ウェイWWEタイトルマッチの煽り等。

マイケルーコールが開幕の挨拶。

チームモリソン(ジョンモリソン、マットハーディ、エヴァンボーン、フィンリー、シェルトンベンジャミン) vs チームミズ(ミズ、ジャックスワッガー、ドリューマッキンタイヤー、シーマス、ドルフジグラー) サバイバーシリーズ恒例イリミネーションマッチ
マットハーディがサイドイフェクトをジグラーに決めてボーンにタッチし、エアボーンでジグラーを仕留める。ドルフジグラー退場。続いて入ったマッキンタイヤーがボーンを仕留め、エヴァンボーンが退場。
ふぃンリーがマッキンタイヤーを攻めるが、シーマスが入ってブートでフィンリーを仕留める。フィンリーが退場。
モリソンがコーナーでスワッガーにスターシップペインを決めてピンフォール。ジャックスワッガー退場。残り3対3。シーマスの膝を後頭部に受けたスコットアームストロングレフリーが失神。レフリーが交代。ミズがベンジャミンをスカルクラッシングフィナーレで仕留めてシェルトンベンジャミンが退場。マットがマッキンタイヤーを攻めるが、ムーンサルトを狙ったところでシーマスがマッキンタイヤーを移動させ、マットが自爆。マッキンタイヤーがダブルアームDDTでマットをしとめ、マットハーディが退場。コレでモリソン軍1人に対し、ミズ軍は3人残り。
マッキンタイヤーがマットに猛攻を見せてシーマスにタッチ。シーマスはチープショットから、レイザーズエッジを決めてピンフォール。
勝者:チームミズ(3人残り)
試合後、ミズ、シーマス、マッキンタイヤーが勝利を祝う。

バックステージでチームキングストンのメンバーが相手のチームオートン対策について話をしている。クリスチャンは何か特別な存在が必要だというと、他のチームメイトは黙らせようとする。しかし、クリスチャンは話を続け、自分は自分が唯一ECWから来た男であるというと、観客は失笑。4人の黒人の中に、一人だけの白人が自分だ。どうだ!という。4人は黙ったまま。クリスチャンは上手くいったという。

バティスタとミステリオの抗争をまとめたビデオ。

バティスタ vs レイミステリオ
ミステリオが序盤にキック攻撃。膝への低空ドロップキックでバティスタをロープに絡ませると、619を狙うが、バティスタが場外に回避。リングに戻ったバティスタがミステリオにクローズラインをヒットすると、ミステリオも返し技で反撃してチョップブロックをヒットし、顔面にドロップキックを入れて再び619へ。バティスタがブロックしてそのままミステリオをリングに引きずり込むと、バティスタボムを狙うが、ミステリオがハリケーンラナで、場外にバティスタを落とす。
ミステリオがフロッグスプラッシュを狙うと、バティスタは膝剣山。さらにスピアーを叩き込み、スパインバスターをヒット。ぐったりしたミステリオを無理やりひきずり起こしてバティスタボム。さらにもう一度バティスタボムを叩き込み、さらに引き起こして3連発でピンフォール。
勝者:バティスタ
試合後、係員がミステリオの容態をチェック。バティスタはリングを降りてイスを手にすると、リング内にいた係員達を追い払い、イスに座ってミステリオを見下す。立ち上がってイスをたたんでマットに置くと、動かないミステリオを肩に担ぎ上げ、イスの上にスパインバスターでたたきつけると立ち去っていく。係員達がミステリオを取り囲んで、首を固定しストレッチャーで運び出す。

バックステージでオートンがチームメイトと話をしている。そして、次のECWチャンピオンとしてリーガル、WWEの未来としてテッド、コーディを鼓舞。そしてパンクをストレートエッジ世界チャンピオンと持ち上げる。パンクはMSG大会でのキングストンの汚いやり口はみていられなかったという。オートンは、今夜、全員がそれぞれの仕事をしてくれることに疑う余地は無いという。

チームオートン(ランディオートン、コーディローズ、テッドデビアス、ウィリアムリーガル、CMパンク) vs チームキングストン(コフィキングストン、クリスチャン、MVP、マークヘンリー、Rトゥルース) サバイバーシリーズ恒例イリミネーションマッチ
オートンとヘンリーでスタート。しかしヘンリーを自軍コーナーに捕まえたオートンが、袋叩きにしてRKOをヒット。マークヘンリー退場。続いて場外でMVPを試合権利のないリーガル、パンク、テッドがいたぶってリングに戻すと、MVPはパンクにフロントスープレックスを決めてトゥルースにタッチ。トゥルースはパンクにヒップトスを決めるが、コーディがちょっかいを出した隙に、パンクのG2Sが決まってピンフォール。Rトゥルース退場。
テッドデビアスの猛攻をしのいだクリスチャンがスワンダイブ式サンセットフリップでテッドから3カウントを奪う。テッドデビアス退場。
MVPのダイビングクロスボディがリーガルに決まってピンフォール。ウィリアムリーガルが退場。
様々な妨害を受けて隙を見せたMVPにコーディがスイングネックブリーカーを決めてピンフォール。MVP退場。クリスチャンはコーディの腕を攻め、キングストンもそれに倣い、再びクリスチャンが戻ってキルスイッチ。コーディローズ退場。残り2対2。
クリスチャンのキルスイッチがオートンに決まるが、パンクがカット。今度はオートンのRKOがクリスチャンに決まってピンフォール。クリスチャン退場。
キングストンのトラブルインパラダイスをパンクが回避。しかしキングストンはドロップキックでニアフォールを奪うと、コーナースプラッシュを狙うが失敗。パンクが後頭部に膝蹴りを入れるのを、余裕のオートンが場外で拍手しながら見ている。パンクの猛攻をキングストンがしのぎ、攻勢に出ようとすると、オートンがエプロンサイドに飛び上がってキングストンの注意を引く。その隙に丸め込みをパンクが狙うが、キングストンが逆に体勢を入れ替えてカバー。カウント3。CMパンク退場。オートンがリングに入りざま、トラブルインパラダイスが決まってキングストンが勝利。
勝者:チームキングストン(1人残り)
試合後、短い時間にパンクとオートンが次々とピンフォールを奪われたシーンのリプレイ。

アンダーテイカー(c) vs クリスジェリコ vs ビッグショー WWE世界ヘビー級タイトルマッチ
ジェリコとショーが共闘してテイカーを攻撃する展開。場外でテイカーがジェリコにブートを狙うが、タイムキーパーのいる辺りに自爆してしまう。その後もジェリコ、ショーが優勢。ジェリコのスワンダイブ式ドロップキックを回避したテイカーが、ジェリコの腕攻めを始める。しかし、ジェリコはテイカーに雪崩式ブレーンバスターを見舞うと、ウォールズオブジェリコ。ここでショーがジェリコを殴り倒してカット。テイカーにチョークスラムを狙うが、DDTに切り返される。ジェリコがテイカー、ショーと連続でカバーするが、どちらもキックアウト。ジェリコはベルトを掴んでショーを殴る。テイカーはブートでジェリコを倒すと、ラストライドの体勢。ジェリコはベルトを掴んでそれでテイカーを殴って脱出し、テイカーをカバー。2カウント。テイカーがツームストンをジェリコに狙うと、ショーがテイカーにノックアウトパンク。ここで、ジェリコとショーが口論をはじめ、ショーがジェリコにノックアウトパンチ。その間に蘇生したテイカーがヘルズゲートでショーからタップを奪う。
勝者:アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトル防衛
バックステージでマシューズがミズ、マッキンタイヤー、シーマスにインタビュー。

チームミッキー(ミッキージェームズ、メリーナ、ゲイルキム、ケリーケリー、イブトーレス) vs チームミッシェル(ミッシェルマクール、ベスフェニックス、ジリアンホール、アリシアフォックス、レイラ) 差倍バーシリーズ恒例イリミネーションマッチ
ケリーが後頭部への蹴りでレイラを仕留める。レイラ退場。ミッシェルがスタイルズクラッシュでキムを仕留める。ゲイルキム退場。イブが丸め込みでジリアンを仕留める。ジリアンホール退場。ベスがフェイスバスターでイブを仕留める。イブトーレス退場。さらにベスはケリーも同じ技で仕留める。ケリーケリー退場。ミッキーが低空ドロップキックでベスを崩し、十字固めで押さえ込んでピンフォール。ベスフェニックス退場。ベスが失格後にミッキーにチープショット。しかし、入ったアリシアはミッキーを仕留められず、逆に失格させられる。アリシアフォックス退場。ミッキーはメリーナにタッチ。メリーナがサンセットフリップでミッシェルからピンフォール。
勝者:チームミッキー(2人残り)

バックステージでグリシャムがバティスタに、さきほどのミステリオへの仕打ちについてインタビューしようとするが、バティスタに威嚇されてしまう。

ジョンシナ(c) vs HHH vs ショーンマイケルズ WWEタイトルマッチ
試合開始直後にHBKがスイートチンをHHHにヒット。シナは驚いている。観客は大歓声。シナとHBKの攻防になり、シナのアティテュードアジャストメントをHBKがDDTに切り返す。そしてシナにチョップブロック2連発から4の字固め。シナは転がって脱出。HBKは場外に降りて実況テーブルの上のものをどかせると、リングに戻る。シナがアティテュードアジャストメントを狙うが、復活したHHHがカット。HBKはシナを場外のタイムキーパーの辺りに投げ込むが、HHHがHBKにスパインバスター。HHHはHBKを実況テーブル越しに投げつける。リングではシナとHHHが殴り合いを始める。シナがHHHを担ぎ上げると、戻ったHBKがシナを肩からコーナーに突っ込ませる。HHHとHBKが睨みあい。そこへシナが突っ込んでくるが、HHHがHBKを押しのけて、シナは勢い余って場外へ。HHHがニーパッドでHBKを倒すと、戻ってきたシナがHHHにSTF。さらにHBKはシナにクロスフェイス。シナはHBKを振り払って、HBKにクロスフェイス。HBKはロープに逃れると、シナにスイートチンをヒット。さらに、HHHにをスイートチン。シナの上にHHHが倒れたのをフォールと判定したレフリーがカウントを取るが、シナがギリギリで肩を上げる。シナはHHHにアティテュードアジャストメントをヒットしてカバー。HBKもHHHをカバーするが、HHHは2人ともキックアウトする。シナがスイートチンをブロック。HHHにはスイートチンがヒットし、シナがHBKをアティテュードアジャストメントで倒れているHHHの上にたたきつけ、シナがHHHをカバーして3カウント。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛

テッドデビアスがエミネムを聴く理由

11/19付WWEニュース速報です

★11/16放送分RAW視聴率は3.5%でした。

★11/17放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★11/6放送分Smackdown視聴率は2.0%でした。

☆WWEは2010年より、米国内のPPV視聴料を値上げするとされていますが、ヨーロッパでの視聴料を値上げする予定はないそうです。

★テッドデビアスJrがMTV.comのインタビューの中で、好きな音楽について、ミシシッピで育ったことで、カントリーミュージックが好きになったとし、キングスオブレオンの大ファンだとコメントしています。また、ウエイトトレーニングの際、エミネムの曲を聴き、歌詞にムカっと来ることで力が入るのが素晴らしいとの事です。他の選手の音楽の好みについて尋ねられたところ、クリスジェリコのiPODにはオジーオズボーンの曲が入っていたとし、ビッグショーはハンクウィリアムズJrなどの昔のカントリーミュージックがいくつか入っていたそうです。

△F4オンラインによると、WM26でジョンシナvsアンダーテイカー戦が検討されているそうです。

☆PWインサイダーによると、マイケルコールは実況の仕事に真剣みが足りておらず、あまりにも浅はかなコメントをするとして顰蹙をかっているそうです。前回のRAWでキングが負傷するストーリーを組み込んだのも、別の実況とのコンビを試す狙いがあったそうです。先週にも、WWEはアナウンサーのトライアウトを行ったと見られており、なんらかの変更をする可能性が高まっているそうです。

★WWEは今後登場するRAWの特別ゲスト司会者を公表しました。

11/30放送分 バーン「ミニ・ミー」トロイヤー 身長85cmの俳優
12/7放送分 マーク・キューバン 実業家/NBAダラスマーべリックスオーナー
12/14放送分 デニス・ミラー 俳優



△シェインマクマーンが、ラスベガスでUFC関係者と面会を行ったと報じられていますが、話がまとまれば、WWEでシェインが担当していたような、海外でのマーケティングを任されるのではないかとF4オンラインが報じています。ただし、まだ、何も決定は下されていないとのことです。シェインと非常に親しいとされる、元WWEカナダ支部社長のカール・ディマルコも、先週、シェインとは別にUFC役員と会談したとされており、2人にUFCの海外進出を任せるのではないかと、あるソースが語っていたとの事です。

11/20放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/20放送分Smackdown収録結果簡易速報です

○バティスタ vs マットハーディ●
バティスタが、スパインバスター3連発から、バティスタボムで勝利。

ビッキーがテディに、どういうつもりで破壊兄弟を復活させたのかと訪ねる。ビンスは愚かな決定だというと、ビッキーをSmackdownの相談役に任命。ビッキーは狂喜する。

○ドリューマッキンタイヤー vs フィンリー●
試合前、マッキンタイヤーは、フィンリーが戦いを愛すると言うの口先だけで、本当は泣くのが好きだという。短い試合。フィンリーがつっかけるが、マッキンタイヤーのフィニッシャーであっさり決着。

CMパンクが登場。ストレートエッジを教えるという。リングにテーブルとゴミ箱がセットされ、さらに3つのバケツが置かれている。パンクはバケツからタバコを取り出してゴミ箱に捨てる。続いてバケツから薬ビンを取り出し、中身を捨てる。次はウィスキー。観客達は拍手するが、パンクはこれも中身を捨ててしまう。ブーイングが起こる。
Rトゥルースのテーマがヒット。トゥルースは、パンクが誰よりも優れていると思っているのかもしれないが、誰しも自分の考えを持っているといい、パンクとは考え方が違うだけなのだというと、DDTをヒット。ゴミ箱の中身をパンクにぶちまけ、ゴミ箱で殴って退場。観客は大喜び。

○ジョンモリソン vs ドルフジグラー● 3本勝負ICタイトルマッチ
1本目は丸め込みでモリソン。2本目はリバースSTOでジグラーが取る。3本目もジグラーが攻め込むが、スターシップペインが決まってモリソンの勝利。好試合。

○ミッキージェームズ vs レイラ●
試合後、レイラはミッキーにタイタントロンの方を見るように言う。トロンにはミッシェルが現われて、オールドマクドナルドの歌を歌うが、歌詞一部を「豚のジェームズ」に変えている。そして、ミッキーの写真に豚の鼻を合成したものを映す。ミッキーは泣き出してしまう。

×レイミステリオ vs タイソンキッド× ノーコンテスト
場外のキッド目掛けてミステリオがコーナー上からダイブしようとしたところで、実況席にいたバティスタが、キッドを押しのけて、ミステリオの妨害をする。これを見たレフリーがゴングを要請。ミステリオはバティスタを攻撃。バティスタが反撃しようとするとミステリオが回避する。

バックステージでジェリコとショーが、言い争っている。ショーが立ち去り際に電気を消すと、ジェリコはテイカーが来たと思って取り乱す。

×アンダーテイカー、ケイン vs ビッグショー、クリスジェリコ× ノンタイトルマッチ
乱闘になり、ショーがテイカーにチョークスラムをヒット。しかし、ジェリコはショーにコードブレイカーを決め、世界ヘビー級のベルトを盗んで立ち去る。

11/17放送分ECW収録結果簡易速報

11/17放送分ECW収録結果簡易速報です

CMパンクがバックステージにいる。自身が元ECW所属だったことに触れ、史上初の3度のストレートエッジチャンピオンだとアピール。今夜はECW史上最長最大のスタンディングオベーションで迎えられるだろうと言う。

ザックライダーとロサメンデスがリングに登場。ライダーはロサが味方になったことをとても喜んでいると言う。ベンジャミンが現われ、恐らく今週はロサと試合をすることになるだろうから、ライダーはコーナーで指をくわえて見ていると言い、ライダーを侮辱。ライダーはベンジャミンを殴って、ロサと退場。ライダーvsベンジャミン戦が決定。

○ハリケーン vs ポールバーチル● 
ハリケーンが負ければマスクを脱ぎ、バーチルが負ければECWから永久追放という条件。
バーチルは、ペレキック、ノーザンライトスープレックス、ジャックハマーと畳み掛けるが、全て2カウント。再びジャックハマーを狙ったところで、ハリケーンはアイオブハリケーンに切り返すと、コーナーに登る。バーチルが追いかけて雪崩式ブレーンバスターを狙うが、ハリケーンがスピニングネックブリーカーに切り返して3カウント。

バックステージで、パンクがティファニーを飲みに誘っている。ティファニーはまたにしましょうというと、ECWへお帰りなさいという。

事前収録のスキット。ドリーマーとゴールダストが、ヨシタツを食事に誘う。ドリーマーはいたずらでヨシに嘘ばかり教え、フィラデルフィアなのにヤンキースの帽子を被らせる。店主が怒って、ヨシのサンドイッチだけ、大量にからしを入れてしまうが、ゴールダストが間違えて、ヨシとドリーマーの皿を入れ替えてしまい、飲み物もない状態で、ドリーマーがそれを食べてしまう。

○ヴァンスアーチャー vs ジョバー●
リバースDDTで勝利。

クリスチャンとパンクがバックステージで話をしている。クリスチャンは、ストレートエッジというのは、女の子と手を繋ぐこともダメで、門限もあったりするのか?と尋ねる。そして、フィラデルフィアの自分のピープス達は、パンクをストレートエッジとは呼ばず、オタク野郎と呼んでいると言う。パンクは、自分は史上初の3度のストレートエッジチャンピオンだというが、クリスチャンはお前はチャンピオンだった男で、俺は今もチャンピオンなのだというと立ち去る。

パンク、リーガルvsクリスチャン、Rトゥルース戦がアナウンス。

○CMパンク、ウィリアムリーガル vs クリスチャン、Rトゥルース●
パンクの登場に大歓声。序盤はフェイス軍が優勢。しかし、トゥルースの膝を集中攻撃してヒール軍が反撃。トゥルースがクリスチャンにタッチして、クリスチャンが猛攻を見せるが、パンクをキルスイッチの体勢に捕らえたところで、レフリーのブラインドをついてリーガルのニーパッドがヒット。パンクのG2Sが決まってピンフォール。

11/16放送分RAW試合結果速報

11/16放送分RAW試合結果速報です

ニューヨークのマジソンスクエアガーデンから生放送。

ロディパイパーがバックステージで、パイパーズピットの準備をしている。パイパーは俳優のルイス・ガスマンを紹介し、彼の最新出演作を賞賛する。ベラツインズのエスコートでアイアンシークが登場。自分のフィギュアで、ホーガンのフィギュアを倒して、ホーガンをこき下ろす。

RAWの新しいオープニング映像が流れる。ニッケルバック提供のテーマ曲。今夜はタイタントロンと花道はなし。

ミズ vs MVP USタイトルマッチ
試合前、ミズはニューヨークの観客を罵倒する。「ザ・ビュー」のシェリー・シェパードがリングサイドでMVPを応援する。
MVPのプレイメーカーをミズが回避。MVPはブートを決めて2カウント。しかし、ミズがフィニッシャーを決めてピンフォール。
勝者:ミズ

今夜、シナ、テイカー vs DX vs ビッグショー、ジェリコ戦を行うとアナウンス。
さらに、ディーバタイトルマッチとしてメリーナvsアリシア戦がアナウンスされる。

チャボゲレロ vs サンチノマレラ
マレラは7つのニューヨークのスポーツチームのジャージを重ね着している。最後に着ているのはヤンキースのジャージ。チャボが3アミーゴスをヒットし、フロッグスプラッシュを狙うが、マレラが転がって回避。ホーンズウォグルがDXの衣装で登場。チャボにクロッチチョップ。チャボが気を取られた隙に、マレラがチャボを丸め込みで仕留める。
勝者:サンチノマレラ

試合後、DXがリングに登場。DXの新作本がWWE.comで発売中と宣伝する。そしてサバイバーシリーズでの、シナを加えた3ウェイ戦について言及。HHHは、これでDXは終わりだと思っているだろうが、自分達はタイトルマッチでこそタイトルを争うものの、どちらがベルトを保持するかは気にしておらず、またDXとして活動するのだという。HBKはサバイバーシリーズでは、HHHとも本気で戦うとし、しかし、それでも自分達はチームなのだという。
続いてウォグルに対し、すでに、DXの衣装を使用しないよう、通達しているものの、ウォグルは無視したという。そして、ウォグルをDXに迎えることにしたといって、リングに呼び出す。リング下からウォグルが現われ、DXと共にいつもの台詞を言おうとするが、HHHが突如ぺディグリーを見舞う。DXはウォグルを小さなストレッチャーに載せて運び出す。

WWEのマディソンスクエアガーデンでの歴史をまとめたビデオ。

オフィスにパイパーがいる。ジェリコが入ってくると、パイパーはこれまでの他のゲスト同様に、ジェリコを馬鹿にしているのかといい、自分のところに挨拶もないのかという。さらに何か言おうとするが、パイパーは無視して鼻をかむ。パイパーはマスターズを呼びいれると、マスターズは大胸筋をブラック・アイド・ピーズの曲に合わせて動かす。ベラツインズがマスターズを連れ出す。パイパーはもう一度鼻をかみ、ジェリコの胸をはたいて「話ができて良かったよ」と言って出て行く。ジェリコは不機嫌な様子。
リングサイドにブラックアウトピーズのメンバー2人が来ているのが映る。

メリーナ vs アリシアフォックス ディーバタイトルマッチ
試合はランバージルマッチになる。サバイバーシリーズのチームミッキーvsチームミッシェルのイリミネーションマッチ参加者全員がリングサイドに登場。
短い試合。メリーナがタイトルを防衛。
勝者:メリーナ
試合後、ミッシェルがメリーナを攻撃。引き離される。その後、全員で乱闘になり、フェイス軍がヒール軍をリングから追い払う。

マイケルコールは、WWEがUSAネットワークとの放送契約を2014年まで延長したと公表する。

パイパーがリングに登場。パイパーはカメラマンを呼びつけて、出て行けという。パイパーは過去のMSGでの自分の成功について語り、これまで、ルーアルバノ、ブルーノサンマルチノ、アンドレザジャイアント、ハルクホーガンらの名前を上げると、自身が髪の毛を失ってでも、闘病生活から戻ってきたことをアピール。そして、もう一試合行うというと、相手はビンスマクマーンと発表。ビンスがリングに登場。大声援に迎えられる。コールは、ビンスも、ビンスマクマーンSrもMSGのホールオブフェイマーだと説明。ビンスはこんなに酷いことはないというと、パイパーを罵倒し、髪を染めたほうがいいと皮肉る。そしてパイパーの腕はすっかりやせ衰えて、膝も痩せすぎてコブのようだといい、それに引き換え、自分はこのリングでは、ロック、HHH、HBK、スティーブオースチン、アンダーテイカーらと戦ってきたが、自分のほうが彼らよりもかっこよく、また実際に彼らを倒してきたのだという。しかし、自分は公式にリングからの引退を表明した身なのだと試合を拒否。パイパーは、ビンスが腰抜けだから引退したなどと言っているのだというというと、自分はこれまで約7000試合をこなし、30度の交通事故、電気刑、飛行機の墜落、そしてガンにも打ち勝ってきたのだから、ビンスにも打ち勝てるという。ガンのコメントに観客は拍手と声援。パイパーは後でリングに上がるといい、ビンスが腰抜けかどうか見せて貰うという。

シーマスがリングに登場。誰の挑戦でも受けるという。誰も出てこない。すると、シーマスはタイムキーパーを指名し、喉輪を掴んで腹部に膝蹴り。さらに実況テーブルまで引きずっていってテーブル越し投げ捨てる。キングがヘッドセットを外して、タイムキーパーの容態をチェック。シーマスはキングの側頭部にシザーズキックを決めて立ち去る。係員達が駆け出してくる。

実況はキングに代わってマットストライカーが登場。サバイバーシリーズのカードをコールと共に紹介する。

エヴァンボーン vs ジャックスワッガー
先週、ミズが邪魔をして、スワッガーがボーンに敗れたシーンがリプレイされる。コールは今夜の観客を20538人と発表。
スワッガーが圧倒。ターンバックルにボーンを2度たたきつけると、ガットレンチパワーボムで勝利。
勝者:ジャックスワッガー

バックステージをパイパーが歩いている。

パイパーがリングに登場。ビンスではなく、ランディオートンがリングに現われる。オートンはビンスが来るかどうかは知らないが、自分が出てきたことで、パイパーには大きな問題が起こったという。そして、戦いたいというのなら自分が相手になるというと、ガットショットを見舞う。パイパーはタイムアウトを要求するジェスチャーをし、オートンの隙をついてパンチを見舞う。しかしオートンが反撃してマットに倒しストンピング。パントキックの体勢に入ると、コフィキングストンのテーマがヒット。オートンがキックを止め、パイパーがリングを脱出。オートンとキングストンがリング周辺で乱闘。係員達が割って入ろうとするが止められない。キングストンが金属製のケースでオートンを殴ると、オートンがテーブルの上に倒れる。キングストンはレールの上に登って、ブーンブーンレッグドロップでオートンごとテーブル崩壊。観客は大喜び。

ジョンシナがHHH、HBKに対するプロモ。

来週の特別ゲストはジェシー・ベンチュラとアナウンス。

ビッグショー、クリスジェリコ vs DジェネレーションX vs ジョンシナ、アンダーテイカー 

テイカーはたいまつを持ったドルイドを従えて入場。観客達は一斉に「アンダーテイカー」チャント。
HBKのスイートチンがショーにヒット。するとジェリコがHBKにコードブレイカーをヒット。テイカーがジェリコにチョークスラム。HHHがテイカーを場外に殴り落とし、シナがアティテュードアジャストメントをHHHにヒットして3カウント。
勝者:ジョンシナ、アンダーテイカー
試合後、テイカーがリングに戻り、シナにツームストンを見舞う。テイカーは片膝をリングについて、ベルトを頭上に掲げるポーズで放送終了。

ツイッターは許可、但し悪口は禁止

11/14付WWEニュース速報です

☆レスリーンググローブによると、今週、WWEの選手達に対して役員から、ツィッターのアカウントは保持しても良いが、その中で会社のマイナスになるようなことは事は書かないようにという通達があったそうです。

☆レイミステリオは、前後の十字靭帯を完全に痛めている状態にあり、可能な限り早く手術が必要との事です。

★今週のECWで予定されていたハリケーン vs ポールバーチルのマスクと引退をかけた試合は、次週に延期されたそうです。この試合は米国内で行いたいという上層部の意向とされています。

☆FCWのドスカラスJrは、リングネームもドスカラスJrに戻し、マスクマンとして活動を再開したそうです。

☆上層部はエリックエスコバルのプッシュを半ばあきらめており、ビッキーゲレロには改めて別の役割を与えることを検討しているそうです。

◆ROHなどで活動するデイビー・リチャーズが、今年起こった大きな出来事として、KENTA、(ブライアン)ダニエルソン、SHINGO、(ケニー)オメガ、(ロデリック)ストロングらと、非常に素晴らしい試合ができたことを挙げつつ、WWEから接触があったことを明かす一方で、彼がレスリングを続ける理由は、お金や有名になることではないとしてオファーを断ったとしています。

MMAの視聴者数がRAWに肉薄

11/10付WWEニュース速報です

★11/9放送分RAW視聴率は3.06%でした。推定視聴者数は420万人です。

★10/23放送分Smackdown視聴率は2.0%でした。

◆11/7にCBSで放送されたMMA大会ストライクフォースの平均視聴率は2.5%で、推定視聴者数は404万人でした。メインのヒョードル戦の視聴率は3.3%で、推定視聴者数は546万人との事です。

☆最近、出場機会の無いフェスタスですが、CMパンクのボディガードとして起用するというアイディアがあるそうです。薬物依存になっているフェスタスに、パンクがストレートエッジの生き方を諭していくというプランが検討されているそうです。

☆現段階では、WM26でのアンダーテイカーの対戦相手として、クリスジェリコの名前が挙がっているそうです。

△F4オンラインによると、WWEはサマースラムを毎年ロサンゼルスで開催していくことを検討しているそうです。ハリウッドの著名人を起用するのが狙いとのことです。

★11/12放送分WWEスーパースターズ収録結果です。

(ダークマッチ)
○プリモ vs クリスマスターズ●

○MVP vs テッドデビアス●

○マットハーディ vs DHスミス●

○シェルトンベンジャミン vs ザックライダー● カウントアウト
ライダーは再びロサメンデスに妨害される。



◆リリアンガルシアがツィッターで、先週の金曜日にニューヨーク市内で、暴行事件に遭ったとコメントしています。チンピラ風の少年がリリアンから携帯をひったくろうとしたものの、リリアンがしっかり携帯を持っていたため失敗し、少年はリリアンを地面に投げ倒したそうです。その地域は防犯カメラが設置されている地域との事で、現在警察が捜査中としています。

11/13放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/13放送分Smackdown収録結果簡易速報です

○CMパンク vs Rトゥルース●

テイカーvsジェリコ戦、モリソンvsジグラー戦と、バティスタとミステリオの調印式を行うとアナウンス。

○ナタリア vs ミッキージェームズ●
シャープシューターでナタリアの勝利。試合後、レイラとミッシェルがミッキーを攻撃する。

×フィンリー vs ドリューマッキンタイヤー× 両者DQ

ミステリオとバティスタが試合契約書にサインするためリングに登場。バティスタは、ミステリオを負傷させても、ミステリオが訴えることはできないという条項を追加するよう要求。ミステリオはこの条件でサインし、テーブルをバティスタに投げつけて退場。バティスタは怒り狂って、イスを2脚破壊してしまう。

×ドルフジグラー vs ジョンモリソン× 両者カウントアウト

○ベスフェニックス vs 不明●

来週、モリソンvsミズの3本勝負が行われとアナウンス。

フィンリーとマッキンタイヤーが、延々と乱闘している映像。レフリーたちにフィンリーが連れて行かれる。

○アンダーテイカー vs クリスジェリコ●
試合中、ビッグショーがリングに現われて、テイカーを攻撃するが、ケインが現われてテイカーを助ける。

ボーナスダークマッチ
○アンダーテイカー vs CMパンク● 棺桶マッチ

11/10放送分ECW収録結果簡易速報

11/10放送分ECW収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○クライムタイム vs エリックエスコバル、マイクノックス●

ECW
アブラハムワシントンショー。ゲストはヨシタツ。

○ゴールダスト vs ポールバーチル●
ハリケーンが介入して、バーチルの妨害をする。

○ヴァンス・アーチャー vs ジョバー●

○クリスチャン vs ウィリアムリーガル● ECWタイトルマッチ
非常に良い試合。

来週のECWで、ハリケーン vs バーチル戦を行い、ハリケーンが負ければマスクを脱ぎ、バーチルが負ければ引退と発表される。

11/9放送分RAW試合結果簡易速報

11/9放送分RAW試合結果簡易速報です
今週はイギリスのシェフィールド大会で、録画放送です。

特別ゲスト司会者のボクサー、リッキー・ハットンが登場。ジェリコ、ショー vs DX戦を今夜行うとアナウンス。

○アリシアフォックス vs ケリーケリー●

オートン vs ヘンリー戦を今夜行うとアナウンス。

○シーマス vs ジョバー●
シーマスがレイザーズエッジのような技で勝利。

ハットン、チャボ、ベラツインズによるバックステージセグメント。結果、ハットンvsチャボ戦が決定。

○エヴァンボーン vs ジャックスワッガー●
ミズの介入で試合が決まる。

MVPのVIPラウンジ。ヘンリーとキングストンがゲスト。しかしレガシーが現われて番組を妨害。キングストンはオートンに、ビンタを2発見舞う。

○ランディオートン vs マークヘンリー●

来週、ニッケルバックのテーマ曲がデビューするとアナウンス。

ハットンvsチャボ戦は、ボクサーvsレスラーの異種格闘技戦としてアナウンスされる。
○リッキーハットン vs チャボゲレロ●
ハットンがパンチでチャボをノックアウトする。

来週の特別ゲストはロディパイパーとアナウンス。
シナが実況席に登場。
○DX vs クリスジェリコ、ビッグショー●
ショーのパンチがジェリコに誤爆してDXの勝利。

来週のRAWにテイカー登場のアナウンス。メインは、DX vs ジェリコ、ショー vs シナ、テイカー。

ボーナスダークマッチ
○ジョンシナ、DX vs クリスジェリコ、ビッグショー、ランディオートン●
試合後、ハットンがリングに上がり、フェイス軍と共に勝利を祝う。

PPV視聴料が値上げ?

11/6付WWEニュース速報です

★11/3放送分ECW視聴率は1.0%でした。

★11/5放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.8%でした。

☆あるケーブル局関係者が、2010年のロイヤルランブルより、米国内のPPV視聴料を5ドル値上げして、44ドル95セントとすることをWWEが予定しているとリークしているそうです。不況の影響で、PPV大会を2009年までの年間14大会から、13大会に減らす穴埋めの為だとされているそうです。

★12/14のRAWテキサス州コーパスクリスティ大会の特別ゲストは、コメディアンのデニス・ミラーが検討されているそうです。

★マリースがラジオ番組に出演した再、サバイバーシリーズで復帰すると発言したそうです。

☆TMZ.comは、先週、クリスジェリコがサクラメントホラーフィルムフェスティバルというイベントに出演した際、アラブ系の人々に対する蔑称を数回用いてコメントしたそうです。司会者がジョークとして、ジェリコの飲み物が酒ではないかと確認するフォローをした際も、その司会者を同性愛者に対する蔑称で呼んだとの事です。
その後、ジェリコはTMZ.comに対して、もし不快に感じた人がいたのなら謝罪したいと、あくまでジョークだったとして返答しているそうですが、司会者はジェリコには心から謝罪する意思は無い様だと不快感を表しています。

☆2010年のホールオブフェイマー候補として、現在、テッドデビアス、ロードウォーリアーズ、デモリッション、スリックらが検討されているそうです。また、アルティメットウォーリアー、ホンキートンクマン、レックスルガーらも噂されており、インダクトされる可能性があるそうです。また、ロンシモンズにも可能性があるとのことです。その中で、最も確実視されているのはテッドデビアスだそうです。

エッジが現状を報告

11/3付WWEニュース速報です

★11/2放送分RAW視聴率は3.45%でした。

★エッジがインタビューの中で、復帰に向けてセラピーを受け始めたことを明かし、復帰に向けた長い道の途中にいるが、少し前までは松葉杖が必要な状態で、その道にすら立てていなかったと述べ、ようやく靴を履いて歩けるようになったことを明かしています。また、来年には必ず復帰するとし、今年中には無理ながらも、4ヵ月後のWM26には間に合わせたいとしながら、関係者たちからは6ヶ月はかかるといわれているそうです。

★11/5放送分スーパースターズ収録結果です。

○サンチノマレラ vs チャボゲレロ●

○ジャックスワッガー vs プリモ●

○クリスジェリコ vs フィンリー●

○ポールバーチル vs タイラーレックス●

11/6放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/6放送分Smackdown収録結果簡易速報です

テイカーがリングに登場。サバイバーシリーズについて語る。ジェリコが現われ、テイカーを挑発。テイカーが喉輪を掴むと、ジェリコは自力で脱出。

○ドルフジグラー、ハートダイナスティ vs クライムタイム、ジョンモリソン●

ミステリオのインタビュー。

○ベスフェニックス vs ブリトニー・カーター●

○ドリューマッキンタイヤー vs ジミーワンヤン●

○レイミステリオ vs マイクノックス●

○Rトゥルース vs CMパンク●
レフリーのスコットアームストロングが高速カウントをいれパンクが敗北。試合後、パンクは抗議し、訴えてやるという。

○マットハーディ vs バティスタ● DQ

11/3放送分ECW試合結果簡易速報

11/3放送分ECW試合結果簡易速報です

ダークマッチ
○エリックエスコバル vs トミードリーマー●

ECW
クリスチャンがリーガルを呼び出し、リーガルのタイトル挑戦を受けるというと、リーガルはイギリス遠征中の大会での挑戦を表明。クリスチャンはこれを認める。ただし、ジャクソンとコズロフを、セコンドにはつけないという条件。

○ウィリアムリーガル vs ゴールダスト●

バックステージでロサメンデスがザックライダーと出くわす。

○シェルトンベンジャミン vs ザックライダー●

バーチルがハリケーンに挑戦を表明。もしハリケーンが負ければ、マスクを脱げという。

ティファニーのオフィスに、ECWに新加入したヴァン・アーチャー(元TNAのランス・ホイト)が来ている。
○ヴァンアーチャー vs ジョバー●

○クリスチャン、ヨシタツ vs イゼキエルジャクソン、ウラジミールコズロフ●

11/2放送分RAW試合結果速報

11/2放送分RAW試合結果速報です

オジー&シャロン・オズボーンがリングに登場。オジーは王様のイスに座っている。観客は大歓声。WM2にオジーが登場したシーンや、昨年のSmackdownに出演したシーンがリプレイされる。シャロンが、その時のことを覚えているか?とオジーに尋ねるが、ノーと答える。
ミズが登場。自分の方がオズボーンズよりも有名だというと、先週のエヴァンボーン戦のカウントアウト負けをなかったことにしろという。オジーは、こんな奴は知らないという。
レガシーが登場。ミズのみみっちい言い訳よりも、先週、コフィキングストンがオートンの車を破壊したことの方が大問題だといい、文句を言おうとするとビッグショーが登場。ショーは、先週全てのRAWの連中から裏切られたといい、謝罪を求める。オジーは、皮肉たっぷりに、それは残念だったねという。ショーはオジーを殴る素振りを見せると、オジーは「シャロン!!」と叫ぶ。
DXが登場。HHHは、ミズもレガシーもショーも、視聴率を下げてしまうと言い、こいつらから番組を守る為に自分達は出てきたのだと言う。そして、オジーの新作本と自分達の新作本の紹介を始める。そしてオジーになにやら耳打ちすると、今夜ミズはエヴァンボーンとのUSタイトルマッチを行うことが決定。
HBKは土曜日にWM26のチケットが発売されると言い、シャロンになにやら耳打ち。すると、シャロンは「コヴィ・キングス」vsランディオートン戦を行うと発表。ショーがオジーに耳打ちすると、オジーはショーvsジェリコvsシナの3ウェイ戦を発表。ショーは、自分が言った内容とは違うと言うが、シャロンはもう決定したことだと受けあわない。

ミズ(c) vs エヴァンボーン USタイトルマッチ
ボーンが圧倒。マイケルコールは、オジーの本を読んだが傑作だったと紹介。ボーンがエアボーンを狙うが、ミズが回避してフィニッシャーをヒット。
勝者:ミズ USタイトル防衛

バックステージでマシューズがシーマスにインタビュー。シーマスは、今夜ノーブルを再起不能にしてやるという。

シーマス vs ジェイミーノーブル
客席は静まり返っている。スカッシュマッチ。シーマスはノーブルをカバーするが2カウントで引き起こす。その後も一方的にシーマスが攻撃して、レフリーストップ。
勝者:シーマス
レフリーストップに怒ったシーマスは、さらにノーブルを攻撃。リングから蹴り落とすと、リング外に追いかけていきパワーボム。レフリーやトレーナー達が出てきて、ノーブルの首を固定し、ストレッチャーで運び出す。

先週、キングストンがオートンのナスカーを破壊したシーンのリプレイ。

マシューズがキングストンにインタビュー。オートンの車を壊したことは、後悔していないと言う。

オジーの新作本は、アメリカでは2010年の1/10発売と宣伝。しかし、イギリスではすでに発売中との事。

ランディオートン vs コフィキングストン
観客はキングストンを応援。にらみ合いになると、体格差は歴然としているものの、レガシーのメンバーが場外に揃ったところで、キングストンがダイブを敢行し、3人まとめてなぎ倒す。
オジーがスクリーンに登場し、この試合はマークヘンリー、MVPを加えて3対3に変更すると発表。
レガシー vs コフィキングストン、マークヘンリー、MVP
レガシーが圧倒。MVPが捕まり、キングストンにタッチを求めるが、オートンがキングストンを場外に突き落として阻止。ようやくヘンリーにタッチが成立すると、レガシーを次々となぎ倒す。オートンがヘンリーにRKOを狙うが、キングストンが妨害。ヘンリーのワールドストロンゲストスラムがコーディに決まってピンフォール。
勝者:マークヘンリー、コフィキングストン、MVP

キングがリングに登場。オーディション番組が始まる。審査員はオジー、シャロン、グレートカーリー。
最初にマレラがオジーの衣装で登場し、バットマンの人形の頭を食いちぎるパフォーマンス。シャロンはくだらないと言い、オジーは帰れと言う。続いてマスターズが登場。クレイジー・トレインの曲にあわせて筋肉を動かす。シャロンとカーリーは高評価だが、オジーは嫌う。最後はチャボとジリアンのデュエット。審査員3人ともに不評。怒ったジリアンは、オジーには才能が無いのだといい、ブリトニースピアーズの曲を歌い始める。次にシャロンを睨みつけると、シャロンがジリアンにパンチ。チャボはオジーに、奥さんを止めてくれというが、オジーは俺には無理だからお前がやれと言う。チャボがシャロンに対峙すると、カーリーがチャボに脳天唐竹割りを見舞う。ホーンズウォグルがジャック・オズボーンの格好で現われて、チャボにタッドポールスプラッシュを見舞う。

ケリーケリー、ベラツインズがバックステージからリングに向かっているのが映る。

ディーバタイトル挑戦者決定ディーババトルロイヤル
退場順にゲイルキム、ベラツインズ、リングサイドのジャックスワッガーに気を取られたイブが退場。最後にアリシアがケリーを落として勝利。
勝者:アリシアフォックス
メリーナが試合をバックステージのモニターで観戦していたのが映る。

ノーブルがシーマスに攻撃されたシーンのリプレイ。

バックステージでジェリコがオズボーンズを侮辱している。子供のころはオジーにあこがれており、彼のようになりたいと思っていたが、今は自分よりオジーが優れていることなど何も無いという。

DXがウォグルに対し、もうDXを真似るのはやめろという。シナが現われサバイバーシリーズで決定している3ウェイ戦を巡り、口論を始める。シナは、ウォグルのせいだという。ウォグルはシナにDXチョップのゼスチャーをして逃げ出す。HHHもHBKもシナを倒すと言うが、シナはどうせ仲間割れするという。近くにいたベラツインズが、硬直している。

DXがメインイベントの実況に加わるために、リングサイドに登場。HHHは冗談で、ヘッドセットに向かって叫ぶ。

ジョンシナ vs ビッグショー vs クリスジェリコ
ショーとジェリコはダブルチームでシナを攻撃。HBKは、自分がロビンで、HHHがバットマンのコンビなのだとアピール。ショーとジェリコは、どちらがシナをカバーするかで口論をはじめ、ジェリコがショーにビンタすると、ショーはジェリコを場外に突き落とす。シナはショーにアティテュードアジャストメントを狙うが、潰されてしまう。ショーがシナにノックアウトパンチを見舞い、ジェリコがカバーしてピンフォール。
勝者:クリスジェリコ
試合後、ジェリコがウォールズオブジェリコ、ショーがキャメルクラッチをシナに同時にかける。DXがシナを助けようとするが、逆に返り討ちにされ、HHHはチョークスラム、HBKはコードブレイカーを食らってしまう。

シェインの退団理由は闇の中

10/30付WWEニュース速報です

★イギリスのサン紙は、11月にイギリスのシェフィールドで開催されるRAWの特別ゲストに、ボクシングの元IBF世界ライトヘビー級チャンピオン、リッキー・ハットンが務めると報じているそうです。ハットンは大のWWEファンとして有名で、WWEのスーパースター達とも交流があるそうです。まら、ハットンの戦績は45勝2敗ですが、1敗を喫したのは、すでにRAWの特別ゲストを務めたフロイドメイウェザーJrからとのことです。

☆マイケルヘイズは、シェインマクマーンがWWEから去るアングルを番組内で組むことをクリエイティブチームのメンバー達の前で提案したそうです。ビンスに伝えたかどうかは不明との事です。一方で、シェインの辞任を話題にすることをWWE内でタブー視されており、特に公の場で発言できる雰囲気ではないそうです。

☆シェインの退団理由について、何人かはHHHに尋ねたものの、HHHも皆が知っている以上のことは知らされていないと答えたそうですが、誰もこれを信じていないとの事です。

★アルベルト・バンデラス(ドスカラスJr)と、カワル(ロウキー)は、いずれもまだ怪我の為に活動していませんが、現在もWWEの契約下にはあるそうです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。