WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミステリオは処方箋の提示が間に合わなかったと主張?

8/29付WWEニュース速報です

△F4オンラインは、レイミステリオがメキシコの新聞のインタビューに対し、ウェルネスポリシーに違反しているとされた薬物は、肘と膝の治療の為に使用しているものであり、処方箋もあるして、処分に異議を唱えていると報じています。
ミステリオのドラッグテスト失格が発覚したのは、ミステリオの休暇中のことであり、ミステリオ自身がそのことを知ったのは処分が決定される前日だったため、処方箋の提示が間に合わず、そのまま処分が執行されたそうです。
なお、ミステリオの謹慎処分は来週の水曜日からで、次のSmackdown収録には出場できる為、ICタイトルをこの収録の中で失うストーリーが書かれていると推測されています。

☆10月の遠征では、ジョンモリソンとケインの試合が多く組まれており、両者が対立するストーリーが用意されているのではないかと推測されています。

★マットハーディは、ジェフハーディのWWE離脱について、慢性的な首と腰の痛みのためだろうとコメントしています。
スポンサーサイト

ミステリオに謹慎処分

8/27付WWEニュース速報です

★WWEは8/27付けでオスカー・ギュティレス(レイミステリオ)が、社内規定に違反したとして、30日間の謹慎処分を課したとWWE.comで発表しました。ウェルネスポリシー違反と見られています。

やはり今週のSmackdownでジェフは離脱!?

8/26付WWEニュース速報です

★8/25放送分ECW視聴率は1.2%でした。

☆8/28放送分Smackdown収録がジェフハーディ最後の出場だったと見られています。WWEは最後まで慰留していたそうですが、これ以上遠征に帯同し続けることは困難だとして、ジェフがWWEを離脱する決心をしたと見られています。

☆WWEは2010年から、新たなコンセプトのPPV大会を計画しているそうです。プランとしてはワンナイトトーナメントを行う大会や、TLCマッチをメインとした大会、ストリートファイトをメインとした大会などを考えており、ファンの反応を見ながら決定していくとされています。

☆WWEはロックに特別ホストとしての出演オファーを出しているとされています。決定権はロックに預けられている状態だと言われていますが、ロックがこれに応じる可能性は低いと関係者達は感じているそうです。一方で、ロックとWWEが対立しているという噂は、往々にして大袈裟に表現されており、実現の可能性も少しはあると見ている関係者もいるそうです。

☆ダニエルピューダーがサマースラムのバックステージに来ており、ジョニーエースと言葉を交わしていたそうです。しかし、ピューダーがWWEに復帰する可能性は、極めて低いと見られているそうです。

★8/24放送分RAWの中で、ビンスが「ゲイ」という言葉を、相手をけなす意味として使用したことに対し、GLADDという同性愛者に対する差別を無くす運動をしている組織が不快感を表明しています。

視聴率は依然好調を維持

8/26付WWEニュース速報です

★8/24放送分RAW視聴率は3.93%でした。

★8/21放送分Smackdown視聴率は1.9%でした。

☆リリアンガルシアの最後の出演は、前回のRAWではないかという噂が流れていましたが、ツイッターでリリアンがこれを否定し、あと数回は出演するとコメントしています。

★イギリスのサン紙のインタビューの中でランディオートンが、WWEに復帰後すぐに解雇されたニック・ディンズモア(ユージン)について、ニックは親しい友人であり、彼の復帰の為に自分も口添えをしたことがあったが、復帰した彼は少しオーバーウエイトの状態だったとして、せっかくチャンスを与えられたのに、それを簡単にふいにしてしまったことに少し腹が立ったとコメントしています。

☆アブラハムワシントンは、バックステージで同僚達から顰蹙をかっているそうです。彼の態度に問題があるとされており、番組で見せる横柄な態度は、ほとんど素で演じていると言われているそうです。

△WWEが、まだFCWでも経験の浅いブレットデビアスを一軍で起用したのは、テッドがあまりにも緊張しすぎている為、それを解きほぐす狙いがあるのだと、ある関係者がF4Wオンラインに語ったそうです。もう一人の弟のマイク・デビアスも候補として上がったそうですが、様々な問題があったため、ブレットを先に起用したそうです。一方で、ブレットの持つ可能性は多くの関係者が認めているものの、まだ未熟すぎるため、今回の起用は驚かれているとの事です。
WWE上層部は、いずれ3人で「ビリオネア・ボーイズ・ソサイエティ」という嫌味な金持ちのヒールユニットを組ませることを考えているそうです。

◆WWEとの契約が決まっているとされるブライアンダニエルソンですが、9/6にシカゴで行われるドラゴンゲートUSAの大会で、土井成樹と対戦することで合意していると発表されいます。

8/28放送分Smackdown収録結果簡易速報

8/28放送分Smackdown収録結果簡易速報です

8/27放送分WWEスーパースターズ
○ポールバーチル vs ハリケーン●

○ドルフジグラー vs フィンリー vs マイクノックス
ブレイキングポイントでジグラーがミステリオのICタイトルに挑戦することが決定。

(前日収録分)
○ジャックスワッガー vs プリモコロン●

Smackdown
CMパンクが新世界チャンピオンとしてコールされ、サマースラムでのハイライトが流れる。パンクに大ブーイング。アンダーテイカーの復帰シーンも流れる。

ジェフハーディが負傷を押してリングに登場。凄まじい歓声。パンクは敗者追放(WWEからの)マッチを提案。ジェフが受ける。今夜のメインイベントに決定する。
テディロングがこの試合を正式に承認。さらにこの試合の勝者はブレイキングポイントでテイカーとサブミッションマッチで戦ってもらうという。

○ジョンモリソン、マットハーディ vs ハートダイナスティ●
モリソンがDHスミスを仕留める。

ドリューマッキンタイヤーvsRトゥルース戦の開始前に、マッキンタイヤーがトゥルースを叩きのめしてしまう。

バックステージにマリアとメリーナがいる。マリアは自分とドルフの仲を、みんなに祝福してほしいというが、メリーナはジグラーには他に女がいるようだと言う。ジグラーは、あれは自分の妹だったと言い訳。

○メリーナ vs レイラ●
ミッシェルマクールが松葉杖で現われて実況席に座る。試合後、メリーナに突き飛ばされてしまう。

マシューズがノックスにインタビュー。しかしフィンリーが襲撃。

○ビッグショー、クリスジェリコ vs クライムタイム●
シングルマッチでスタートするが、途中でテディがタッグマッチに変更してしまう。

準備をするジェフに、マットが近づいて声をかける。

○レイミステリオ vs ケイン● DQ
ケインがレフリーの制止を振り切ってミステリオをコーナーポストにたたきつけたためDQが宣告される。カーリーが現われてケインと乱闘。ジグラーが現われてミステリオを叩きのめすと、大ブーイングが起こる。

○CMパンク vs ジェフハーディ● 敗者WWE追放、金網、世界ヘビー級タイトルマッチ
信じられないほど素晴らしい試合。パンクの勝利後にジェフハーディが素晴らしいスピーチを行い、時が来たらまた会おうという。パンクが観客を挑発していると、鐘の音が鳴り、テイカーが出現。パンクはテイカーに突っかかっていくがすぐにチョークスラムを食らってしまい、レフリーたちに搬出される。

ボーナスダークマッチ
○DX、ジョンシナ vs レガシー●
シナとオートンが乱闘しながらバックステージへ消えると、DXの2人がそれぞれのフィニッシャーを同時に決めて勝利。
※ご指摘いただきましたが、ソースの記事でもやはりこのカードが記載されていました。

8/25放送分ECW試合結果簡易速報

8/25放送分ECW試合結果簡易速報です

先週のECWのクリスチャンをリーガル達が攻撃したシーンと、サマースラムでのクリスチャンの勝利後にジャクスロフ(イゼキエルジャクソンとウラジミールコズロフ)が襲い掛かったシーンがリプレイされる。

リーガルがジャクスロフを率いて登場。リーガルがクリスチャンをこき下ろすと、クリスチャンがステージに登場。リーガルの言葉など、全く観客達には届かないといい、サマースラムでの8秒という勝利タイム記録をアピール。8秒を強調してリーガルを「ビル(ウィリアムの愛称)」と呼ぶと、リーガルはビルと
ティファニーがあらわれて、今夜、リーガルvsクリスチャン戦を行い、リーガルが勝ったらタイトルマッチをやらせるという。

シーマスとゴールダストのスキット。
×シーマス vs ゴールダスト× 両者カウントアウト
ゴールダストが優勢になると、シーマスがリング外に脱出。追いかけようとしたゴールダストを引き落として、リングに戻さない。観客はブーイング。

ベラツインズとシェルトンベンジャミンが談笑していると、ザックライダーが入ってくる。ライダーとベンジャミンがにらみ合っていると、ティファニーが登場。ヨシタツ、タイラーレックスvsライダー、ベンジャミン戦を行うと伝える。

バックステージで新インタビュワーがバーチルとケイティにインタビュー。バーチルはハリケーンと呼ぶことを拒否し、グレゴリーヘルムズと呼ぶ。

リーガルとジャクスロフのスキット。

○ヨシタツ、タイラーレックス vs シェルトンベンジャミン、ザックライダー●
ベンジャミンのタッチの要求をライダーが無視。レックスが倒れると、タッチに応じる。その後もライダーはベンジャミンに協力せず、ヨシをベンジャミンに交錯させ、ベンジャミンが場外に転落してしまう。その隙に、ヨシは素早くハイキックをライダーに決めてピンフォール。
試合後、リングに戻ったベンジャミンがライダーにペイダートを見舞う。

先に入場したリーガルが、クリスチャンの入場時にコスチュームを脱いでいる。(サマースラムでは試合開始後に脱いでいる隙をつかれたため)
○ウィリアムリーガル vs クリスチャン● ノンタイトルマッチ
ジャクソンがレフリーの注意をひきつける隙に、リングに上がっていたコズロフの頭目掛けてクリスチャンの腹部をリーガルがたたきつけ、ニーアタックでピンフォールを奪う。リーガルがECWタイトル挑戦権を獲得。

8/24放送分RAW試合結果速報

8/24放送分RAW試合結果速報です

昨夜のWWEタイトルマッチのフィニッシュシーンのリプレイ。

バックステージにレガシーの3人がいる。オートンは、テッドとコーディに対し、昨日の観客乱入の事は全く予想もできないことだったと言う。そしてテッドに対し、あれはただの一般人では無かったと言う。すると、テッドはあれが自分の弟のブレットだと言う。ブレットが現われてオートンに謝罪。オートンは謝るようなことではないという。

リリアンがリングでビンスマクマーンをコール。サマースラムのWWEタイトルマッチが物議をかもす結果になったと言い、ジョンシナにはブレイキングポイントで再戦の機会を与えることにしたという。そして、メインイベントはサブミッションマッチとし、シナvsオートン戦をアイクイットマッチで行うと言う。
ビンスが退場しようとするとDXが登場。DXはビンスの誕生日祝いだと言うと、HHHはわざとビンスを84歳になったと間違える。HBKがHHHに耳打ち。観客は「84」チャント。HHHは74歳に訂正。そしてもう一度70歳に訂正すると、じれたビンスが64歳だと言う。DXはこれを真似ると、HBKがビンスは天才だと持ち上げ始める。そしてビンスの若い頃や、シェイン、ステファニーが子供だった頃の写真を見せると、続けてビンスが番組で酷い目に遭っているシーンを次々に見せる。
ビンスは、もう沢山だと言うと、巨大なケーキが運ばれてくる。DXは、ここはラスベガスだというと、それにふさわしい女性のプレゼントを用意したと言う。すると、シルクドソレイユのような一団が登場。彼らのマスクを見たビンスは、「really gay!」(ここでは酷い。ダサい。等の意)と言う。すると、エルビスの偽者が登場し、ハッピーバースデーの歌を歌う。ケーキからビッグディックジョンソンが飛び出し、ビンスの前で踊りだす。ビンスはジョンソンをリングから投げ落とす。
DXはビンス以外の人々を退場させると、ビンスと対峙。しかし、ここでオートン以外のレガシーメンバーが登場。HBKはイスを持ってレガシーを追いかける。オートンが花道で仲間に合流すると、HHHは今夜のゲストのフロイドメイウェザーはまだ到着していないといい、自分が決定を下すというと、レガシー vs DX、ビンスマクマーン戦を行うと発表。さらにビンスはこの試合をノーDQ戦とするといい、「承知できないというのなら、2つの言葉を送ってやる!」という。

フロイドメイウェザーの紹介ビデオ。

サンチノマレラ vs ミズ
短い試合。ミズがスカルクラッシングフィナーレで勝利。ミズはUSタイトルに一歩近づけたとマイクアピール。
勝者:ミズ

ベスフェニックス、ロサメンデス、アリシアフォックス vs ミッキージェームズ、ケリーケリー、ゲイルキム メイウェザー・メイレイ(殴り合い)マッチ
全員がボクサーの格好。短い試合。アリシアがミッキーにシザーズキックを決めて勝利。
勝者:アリシアフォックス、ベスフェニックス、ロサメンデス

HBKがバックステージでHHHと話をしている。HBKはビンスのような年寄りと同じリングでレガシーと戦うことを懸念している。すると、なにか機械の騒音が聞こえる。HBKは騒音に負けないように大きな声で、自分達のグッズを安くしたといい、HBKが新しい帽子とシャツを着ていることに触れる。騒音が止まり、2人のトーンが下がると、HHHはビンスが怒り狂っているので、今夜の試合では積極的に攻めて行きそうだという。そして、もうすでに怒っているんじゃないか。というと画面はビンスの部屋に切り替わり、マリリンモンローのドレスを着たジリアンが映る。ジリアンはハッピーバースデーを歌うが、ビンスは黙らせて、追い出してしまう。

ビッグショーとクリスジェリコがリングに登場。ショーは、メイウェザーが今夜、出てこないのは賢明だったというとWM24のショーvsメイウェザー戦に触れる。そしてもし、今夜奴に触れられるのならば、破壊してやるという。
メイウェザーの到着が告げられ、取り巻きと一緒にリングに登場。ショー、ジェリコと口論になるが、MVPが登場。MVPはジェリコにうんざりしているといい、ジェリコがRAWに出ているのはタッグタイトルを保持しているからだと指摘すると、誰かがタイトルを奪えば、もうジェリコの声をRAWで聞かなくてすむという。ショーは、そんなチームがあると思うか?と問うと、MVPはメイウェザーに向かい、自分が彼らを倒せるパートナーを連れてくれば、タイトルマッチを認めてくれるかと尋ねる。メイウェザーは了承。MVPはパートナーとしてマークヘンリーを紹介する。

クリスジェリコ、ビッグショー vs MVP、マークヘンリー ノンタイトルマッチ
MVP、ヘンリー組が勝てば、ブレイキングポイントでタッグタイトルに挑戦が決定。メイウェザーと取り巻きたちはそのままリングサイドで観戦。好試合。終盤にメイウェザーがブラスナックルをリングのMVPに投げ入れ、MVPがそれを使ってジェリコの顎を打ち抜きピンフォール。
勝者:MVP、マークヘンリー

バックステージでレガシーとブレットデビアスが話をしている。今夜は自分達にとって、昨夜できなかったことをやる大きなチャンスだという。オートンが入ってくると、ブレットに退室するよう言い、ブレットが出て行く。オートンは、今夜は是が非でもレガシーの名誉を回復し、年寄りどもをたたき出さなければならないというと、これでビンスは2度と戻ってこれなくなるという。そして、ビンスがアイクイットマッチをやれというのなら、ビンスには永久にリングから離れてもらうという。

ホーンズウォグル vs チャボゲレロ エキシビジョンボクシングマッチ
チャボは巨大なグローブをつけられる。しかし途中でグローブを外してボディスラム。レフリーがDQを取る。
勝者:ホーンズウォグル DQ
試合後、フロッグスプラッシュを狙うチャボを、エヴァンボーンが攻撃。エアボーン(シューティングスタープレス)を決める。

バックステージで、ビンスがメイウェザーとトレーニングをしている。カリートが入ってきて、自分のカードを組んでいないメイウェザーはホスト失格だという。DXが入ってきて、ビンスに「準備はいいか?」と訪ねる。ビンスがもうちょっとだというと、HHHはビンスが忙しいようでよかったというと、自分ももう少しビンスの娘とやることがあるんだという。HBKが笑いをこらえる。
メイウェザーはカリートの顔の近くにパンチミットを構え、ビンスのパンチに合わせてミットをそらすと、カリートがビンスに殴り倒されてしまう。それをみたHHHは冗談だと言い、HBKはカリートに向かって「クールになったじゃないか。」

DジェネレーションX、ビンスマクマーン vs レガシー ノーDQマッチ

ビンスはほとんど試合に参加しないが、HHHのぺディグリーがコーディにヒットすると、タッチを受けてカバーする。オートンがカットしてビンスを攻撃。パントキックの体勢に入るが、HBKがカット。オートンはリングを離れて引き上げていく。ここでシナのテーマがヒット。花道でオートンと乱闘。シナがオートンをリングに押し戻すと、すかさずHBKがスイートチンを見舞う。さらにシナがアティテュードアジャストメントをヒット。ビンスは横柄な態度で歩き回ってからオートンをカバーして3カウント。
勝者:ビンスマクマーン DジェネレーションX
オートンがリングから放り出され、シナ、ビンス、DXがリングで勝利と、ビンスの誕生日を祝う。

退職直前のリリアンがデビュー10周年を迎えました

8/23付WWEニュース速報です

☆CMパンクとジェフハーディは、サマースラムの試合でかなりの生傷を負ったそうですが、深刻な負傷は無かったそうです。

☆PWインサイダーは、サマースラムで乱入した観客は、WWE仕込みであり、ディベロップメントのブレット・デビアスが演じていたと報じています。ブレットはレガシーのメンバーとして活躍しているテッドデビアスJrの弟です。

☆サマースラムのジョンシナvsランディオートン戦のフィニッシュが何度もやり直しとなったのは、ブレイキングポイントでサブミッションマッチをやる為のセットアップではないかと見られているそうです。

☆8/23はリリアンガルシアのデビュー10周年記念日だったそうです。WWEのディーバで10年以上所属を続けたのはリリアンが始めてとの事です。

◇サマースラム前日にロサンゼルスの空港でブレットハートの目撃談が報じられたため、サマースラムにサプライズ登場するのではないかという憶測が流れていましたが、サマースラムの当日にはすでにカルガリーの自宅に帰宅しており、結局、無関係でした。

◇ブライアンダニエルソンが、WWEと契約を結ぶことで基本的な合意をしたと報じられています。ダニエルソンはJRをはじめ、WWE内部に高く評価する人物が多いと言われていました。

PPV SummerSlam試合結果速報

PPV SummerSlam試合結果速報です

ダークマッチ
ディーバ15人バトルロイヤル
勝者:ベスフェニックス
特別レフリーのチャボゲレロが、イブとケリーを退場させてベスの勝利が決定。怒ったディーバたちはチャボを捕らえ、出てきたホーンズウォグルがタッドポールスプラッシュを見舞う。

オープニング映像。DXがサマースラムのカードを紹介。レガシーの映像を茶化すと、そのビデオを壊してしまい、奴らにメッセージがあると言うと、「俺たちは戻ってきた!」
パイロが上がり、22回目のサマースラムが開幕。JRが開幕の挨拶。会場には満員の17129人が詰め掛けたと報告。

レイミステリオ vs ドルフジグラー ICタイトルマッチ
会場のロサンゼルスに近い、サンディエゴ出身のミステリオに人気が集中。
序盤に強烈なクローズラインでミステリオがニアフォールを奪う。ジグラーは何度もカバーに行くが、ピンフォールは奪えない。しかし、ミズテリオの攻撃はジグラーに何度もかわされ、619も回避。ミステリオのDDTがヒット。しかしジグラーがキックアウト。ミステリオの619がヒット。しかしスワンダイブしたところへジグラーがカウンター。ミステリオを押さえ込むが、ミステリオがキックアウト。観客達はジグラーにもチャントを送り始める。
ジグラーがセカンドロープから雪崩式のガットバスターを狙うが、ミステリオがハリケーンラナに切り返して3カウント。
勝者:レイミステリオ
サマースラムまでの2人の試合よりも、はるかに素晴らしい内容。

バックステージでジョシュマシューズがジャックスワッガーとMVPにインタビュー。スワッガーは、自分は将来のWWEチャンピオンだが、MVPはかつての犯罪者だという。そして自分にとってMVPは踏み石の一つに過ぎないと言い、MVPは過去の過ちの代償を支払い、スワッガーの成長に貢献してほしいという。MVPは自分達の価値観は衝突しているというと、今夜はスワッガーを教育してやると言う。

RAWの実況チームが出てくる。
MVP vs ジャックスワッガー
序盤はスワッガーがグラウンドの展開に持ち込み、前の試合に比べてかなりスローな立ち上がり。
MVPの1度目のプレイメーカーはスワッガーが切り返す。しかし2度目のトライで成功。3カウントが入る。試合時間は6分22秒。
勝者:MVP

(この試合中、ジョーイスタイルズのツィッターで、バックステージにRVDとリタが来ている事が明かされました。)

ルーク・ペリーがリングサイドで観戦しているのが紹介される。

これまでの特別ゲストがホストを務めたRAWを紹介するビデオ。

ナンシー・オデールが紹介される。オデールは筋萎縮性側索硬化症の闘病生活について語る。(オデールはお母さんをこの病気で亡くしています。)続いてフレディプリンズJrについて語ると、今夜はシナがオートンを倒すのを楽しみしていると言う。

クリスジェリコ、ビッグショー vs クライムタイム WWE統一タッグタイトルマッチ
マイクでジェリコが、今夜は多くの著名人が詰め掛けているが、彼らに興味は無いというと、自分とビッグショーこそスーパースターであり、この会場で最も高名な人間だからだと言う。そして2人合わせて40度ものタイトルを獲得しており、自分こそ最強であり、ビッグショーは破壊者だという。続いてショーにマイクを渡し、ショーが話そうとするとクライムタイムが登場。JRはクライムタイムのサマースラムデビュー戦と紹介。
JTGがジェリコからニアフォールを奪うが、ジェリコはリング中央でJTGにウォールズオブジェリコを極める。JTGはロープに逃れるものの、ビッグショーのパンチを食らってしまい、ジェリコに押さえ込まれてしまう。
勝者:クリスジェリコ、ビッグショー

ケイン vs グレートカーリー
ケインがカーリーをボディシザーズで締め上げるが、カーリーはタップしない。カーリーが立ち上がり、エルボーとブートをケインに叩きんで2カウント。さらにバイスグリップで締め上げる。ケインはロープに倒れこんで、レフリーがブレイク。その隙に、ケインはカーリーの通訳をリングに引き込んで、人質にする。躊躇するカーリーの膝に低空ドロップキックを決め、DDTでピンフォール。
勝者:ケイン
試合後、すぐさま場外に転がり下りたケインが笑っている。花道を引き上げるケインをカーリーが睨んでいる。

DXの復活までと、レガシーとの対立をまとめたビデオ。

DジェネレーションX vs レガシー
DXの入場時に、凄まじい量のパイロが上がる。
HBKのダイビングエルボーを膝剣山でコーディが返すと、HBKはコーディを倒して4の字固めをコーディに極める。コーディが悲鳴を上げるがテッドがカット。HHHがテッドにぺディグリーを狙うとコーディがカット。コーディをHHHを倒して、HBKのスイートチンをブロック。テッドのアシストを受けたコーディがHBKにスイングネックブリーカーを決めるが、カバーはHHHがカットする。HBKがHHHにタッチし、HHHがコーディにぺディグリーをヒット。しかし、レフリーはテッドをコーナーに下がらせようとしており、HHHのフォールに気づいていない。HHHはテッドを叩きのめし、実況テーブル越しにクローズラインで吹っ飛ばす。HBKとコーディがリングでダブルノックダウン。カウント9で両者立ち上がるが、すかさずHBKのスイートチンがヒット。3カウント。
勝者:DジェネレーションX
試合後、DXの2人が勝利を祝う。

レッスルマニア25周年記念番組がNBCで放送されるという宣伝。

クリスチャン vs ウィリアムリーガル ECWタイトルマッチ
リーガルのセコンドにコズロフとジャクソンがついている。
ゴングと共に、コスチュームを脱いでいるリーガルを後方からクリスチャンが捕らえ、キルスイッチを決めてピンフォール
勝者:クリスチャン
(WWE.comはサマースラム史上最短試合記録としてアナウンス。試合時間は8秒。)
試合後、コズロフ、ジャクソン、リーガルは3人がかりでクリスチャンを攻撃。退場後も苦しみもがくクリスチャンをリングの外から見ている。

RAWでシナとオートンがタッグを組まされたシーンのリプレイ。

ランディオートン vs ジョンシナ WWEタイトルマッチ
リリアンが両者をコール。
オートンのコーナーへの自爆からシナがオートンをリングにうつ伏せで倒し、トップロープからレッグドロップを後頭部に落とす。カバーは2カウント。シナはアティテュードアジャストメントを狙うが、オートンはロープを掴んで回避。両者クローズラインで相打ちになる。カウント8で2人とも立ち上がり、パンチの打ち合い。観客はオートンに声援。シナにブーイング。シナが打ち勝ち、ショルダースルーを決める。立ち上がったオートンはレフリーを意図的に攻撃。レフリーがDQを宣告する。
オートンはベルトを持って立ち去ろうとするが、リリアンはビンスが試合続行を指示しているとアナウンス。さらに反則でもタイトルは移動するという。
リングにオートンが戻ったところで、シナがサイドバスターをヒット。場外乱闘になりオートンがシナを鉄階段にたたきつけて、リングに押し戻してカバー。2カウント。さらに2度カバーに行くが、いずれもシナがキックアウトする。オートンはリングを降りて花道を立ち去っていく。レフリーがカウントアウトを宣告。
リリアンが再びビンスが試合続行を指示していると言い、今度はDQでもカウントアウトでもタイトルは移動になるという。
オートンがリングに戻り、シナがアティテュードアジャストメントを狙ってオートンを担ぎ上げると、オートンは飛び降りてロープを使った丸め込み。カウント3。
しかし別のレフリーが出て来て、オートンの不正を指摘。試合は続行となり、シナがオートンを殴り倒してSTF。オートンがロープに届きそうになると、シナは一旦技を解き、オートンをリング中央に引きずり戻して再びSTF。ここで観客が乱入。レフリーに取り押さえられ、セキュリティにつまみ出される。オートンが場外に脱出。シナは困惑している。オートンはエプロンに上がるとトップロープをはさんだ状態でシナにRKOを見舞う。すぐさまリングに上がり、もう一度RKOを決めてピンフォール。
勝者:ランディオートン
試合後、3度のフィニッシュシーンがそれぞれリプレイされる。

ジェフハーディ vs CMパンク 世界ヘビー級タイトルTLCマッチ
ジャスティンロバーツが両者をコール。
場外でジェフがパンクをイスで殴りつけ、ECW実況テーブルの上にパンクを寝かせると、イスでパンクの顔面を殴り、超巨大ラダーをテーブルのそばにセット。ゆっくりとラダーに登り、スワントーンボムをパンクにヒット。実況テーブルが真っ二つになる。係員達が飛び出してきてジェフの容態をチェック。医療班が搬出しようとするが、その隙に回復したパンクがリングに戻ってラダーを見ている。ジェフはストレッチャーから這い出し、つけられていた首の固定具を外してリングに這いずるようにして戻る。パンクはこれが信じられない様子。しかし、気を取り直してラダーを登る。しかし、片足を痛めているため、簡単には登れない。同じラダーの反対側からジェフが登り始め、ラダー上部で殴りあい。パンクがキックとパンチでジェフを突き落としてベルトを獲得。
勝者:CMパンク
試合後、勝利を祝うパンク。しかし、照明が明滅。一旦は何事も無かったと思われるが、今度は完全に暗転。点灯するとテイカーが出現している。パンクがテイカーに気づくと、テイカーはチョークスラムを見舞う。テイカーが片膝を付くポーズを取ると、会場は青い照明に照らされる。花道のテーブルやイス、ラダーを押しのけてテイカーがステージにたどり着き、後ろを振り返ると火柱が上がる。

リリアンの後任はまだ未定!?

8/20付WWEニュース速報です

☆WWEはリリアンガルシアの退職を控えていますが、まだ、後任を探している段階にあるそうです。最近のハウスショーでは、FCWのアンジェラ・ロングがリングアナウンサーとして帯同しているそうですが、WWEはさらに歌唱力のある人物を求めており、引き続き人材を探しているそうです。

★ロサンゼルスで行われたメジャーリーグのシカゴカブス vs LAドジャース戦の始球式をジョンシナが務めた際、客席から大ブーイングが起こったそうです。しかし、これはWWEファン以外の一般の人々に対して、シナの知名度が浸透している証拠だとして、概ね歓迎されているそうです。

☆WWEは現在、ROHとの契約下にある選手の内、少なくとも4~5名程度の雇用を検討しているそうです。

☆ニューヨークポスト紙は、WWEが女性ファンの獲得を目指していると報じています。女性視聴率のうち、大学生は34%増、25~34歳では13.7%増、50歳以上では23%増とその効果が現われていることを報じる一方、この傾向は、ただ大きいだけの選手よりも、よりボディビルダー体型の選手を多く起用する方向にシフトしていることからも伺えるとしています。関連グッズに関しても、女性物の衣類や、女の子向けのおもちゃなどの開発が行われているそうです。さらに、TV番組のレーティングがTV-PGに移行したことで、ペプシMAXやセブンイレブンと言った企業がスポンサーについたとされており、これもよい影響を与えているとの事です。
この記事を受け、WWEのCOOであるドナ・ゴールドスミスは「WWEは過激化したことで、子供に番組を見せたくないと感じてしまった女性達を失ってしまっていたため、ファミリーフレンドリーになったことが彼女達を呼び戻す原因になったことは当然である」と発言しています。

著名人路線はまだまだ続く!?

8/19付WWEニュース速報です

★8/17放送分RAW視聴率は3.8%でした。

★8/18放送分ECW視聴率は1.2%でした。

☆ジェフハーディは、サマースラムの1~2週間後から欠場する事になっているそうです。しかし、欠場期間は長くないとの事です。

☆リリアンガルシアの契約は8月末で満了すると見られており、そのまま退職すると見られています。以前、リリアンは結婚の為に退職が決まっていると報じられていました。

☆WWEは8/31のRAWに、再びシャキールオニールを起用したいと考えているそうですが、NBAのシーズン開始が近づいているため、実現は困難と見られているそうです。

☆WM26のトップカード候補として、クリスジェリコvsエッジ戦が検討されているそうです。

★トミードリーマーは、8/4放送分ECWの試合の最中、松葉杖でクリスチャンから殴られた際、杖の金具の部分が腕に当たってしまい、三頭筋を痛めたそうです。

☆WWEはサマースラムに多数の著名人をゲストとして登場させることを予定しており、このため、WWE所属選手の出場が減らされる見込みとの事です。ジョンモリソン、ミズ、メリーナ、イブと言った選手たちは、今のところブッキングされていないそうです。

8/18放送分ECW試合結果簡易速報

8/18放送分ECW試合結果簡易速報です

○ハリケーンヘルムズ vs ポールバーチル●
ヘルムズがアイオブハリケーンで勝利。

バックステージで新インタビュワーのコートニー・テイラーがトミードリーマーにインタビュー。今夜、クリスチャンと組んで臨むタッグマッチに関し、クリスチャンとの友情が続いているのかと尋ね、ドリーマーが答えようとしたところで、コートニーを押しのけてリーガルが登場。ドリーマーを睨みつけると、ドリー間の背後からコズロフが襲いかかる。

CM明け、トレーナーの診察を受けるドリーマーをクリスチャンが見守っている。

アブラハムワシントンががスクリーンで上映される。ワシントンは観客達が不愉快だとして、観客達の前ではやりたくないのだと言う。今夜のゲストはゴールダスト。ゴールダストが登場すると、ワシントンはこんな奇妙な奴と会ったことはないとからかい始めるが、ゴールダストも、少し変わっていることは認める。ワシントンがゴールダストとシーマスの対立について触れると、ゴールダストはピクピクと痙攣を始めると、ワシントンは何をしているのか尋ねる。ゴールダストは、過去の電気刑の話をする。、もう一人ゲストがいるといい、シーマスを呼び出す。ワシントンはシーマスに座るように言うが、シーマスは拒否し、ゴールダストを睨みつけると、先週はゴールダストに幸運が訪れたが、もうそんなことは起こらないと言う。ゴールダストは再び痙攣を始める。

コートニーがバックステージでティファニーにドリーマーの容態について尋ねている。ティファニーは、ドリーマーが脳震盪を起こしており、今夜の試合には出場できないと言う。そして、クリスチャンには別のパートナーを探してもらうと言う。

○ザックライダー vs ヨシタツ●
試合開始直後からヨシタツがキックで攻撃。そこから腕攻めに切りかえる。さらにライダーをコーナーに押し込んでヘッドロック。そのままブルドッキングヘッドロックを狙ったような形になるが、ライダーにふりほどかれてしまう。ライダーはザックアタックを狙うが、タツは脚払いで切り返す。すぐさまスワンダイブを狙うが失敗。ライダーがそこから形成を逆転してザックアタックを決めて3カウント。

サマースラムのカードとしてクリスチャンvsウィリアムリーガルのECWタイトルマッチが発表される。

クリスチャンがティファニーのオフィスに入り、今夜は一人で戦うと言うが、ティファニーが認めない。するとドアを激しくノックする音がする、クリスチャンが振り向いてそちらを見ると、パートナーが見つかったと言う。

○ウィリアムリーガル、ウラジミールコズロフ vs イゼキエルジャクソン、クリスチャン●
試合終盤、ジャクソンが裏切ってクリスチャンにフィニッシャーを見舞い、リーガルが押さえ込んで3カウント。試合後、コズロフとジャクソンが、クリスチャンにフィニッシャーを叩き込むと、リーガルも加わって3人でポーズ。

8/21放送分Smackdown収録結果簡易速報

8/21放送分Smackdown収録結果簡易速報です

○ドルフジグラー、クリスジェリコ、ビッグショー vs クライムタイム、レイミステリオ●
ビッグショーのアシストを受けたジグラーがミステリオからピンフォールを奪う。素晴らしい試合に、観客も熱狂する。

マットハーディのインタビュー。全てをジェフに謝り、これをジェフが受け入れる。

ケインのプロモ。カーリーを挑発。カーリーが現われてケインを攻撃し、ケインが退散する。

○フィンリー vs マイクノックス● DQ
反則をやめなかったノックスが5カウントを取られてしまう。試合後、鉄階段でさらにフィンリーを痛めつける。

ジェフハーディのインタビュー。医者からは引退しろと言われたが、引退する気は無いという。パンクが妨害し、サマースラムがジェフのラストマッチになるというと、ジェフがパンクにツイストオブフェイトを見舞う。

○メリーナ、マリア vs レイラ、ナタリア●
メリーナがサンセットフリップでナタリアを仕留める。

ミステリオにマシューズがインタビュー。JRとグリシャムがサマースラムのカードを発表。

○ハーディズ、ジョンモリソン vs CMパンク、ハートダイナスティ●
ハーディズは以前のハーディズのテーマで登場。マットがパンクからピンフォールを奪う。素晴らしい試合。試合後、ハーディズとモリソンが勝利を祝う。

ボーナスダークマッチ
○ジェフハーディ vs CMパンク● 金網マッチ

8/17放送分RAW試合結果速報

8/17放送分RAW試合結果速報です

マイケルコールとキングが挨拶。サマースラムは今週の日曜日だとアピール。
オートン、シナ vs ビッグショー、ジェリコ戦がアナウンスされる。さらにDジェネレーションXの再結成を予告。

リリアンが今夜のゲストホスト、フレディプリンズJrを紹介。フレディは、一生のWWEファンだと言い、今は夢のようだという。そしてサマースラムは今夜から始まると言い、ディーバタイトルマッチとUSタイトルマッチを行うという。そしてDXの再結成に触れる。ここで不気味な音楽がヒット。全身黒ずくめで、帽子を被り、フックを持った男が現われる。顔は見えない。男はマイクを持って「フレディが昨年の夏にやったことは知っている」と言い、防止を脱ぐとサンチノマレラ。マレラは今、フレディの映画の一シーンを再現したと言い、続けて、最高にかっこいい男を目指しているオタクの男を演じてみせる。さらにリリアンが爆弾を隠しているとして、それを探す警官を演じる。フレディは素晴らしいと言い、リハーサルに行きなさいという。マレラが退場。
ランディオートンがリングに登場。オートンはシナと組むのを拒否し、今夜は試合も行わないとフレディに告げる。フレディは、オートンがシナと組みたくないという気持ちは分かるが、今夜の会場はオートンの出身地のセントルイスであり、地元のファンをがっかりさせるわけには行かないという。オートンは、フレディが勘違いしているようだと言い、自分は誰がどう思おうがどうでもいいという。そしてファンがどう考え、何を求めようが、自分には関係ないという。フレディは、自分はジェレミーピーヴンでもセスグリーンでもないと言い、オートンの隙にはさせないという。そして先週、サージェントスローターが今週のオートンの試合を決定したのだというとリングを降りようとする。オートンがフレディの首の辺りを掴み、バックブリーカー。ダメージの深さを確認して立ち去る。係員が駆け出してきてフレディを介抱する。
リングサイドではキングが、WWEに所属するものとしてフレディにオートンの振る舞いについて謝罪し、オートンの行動は許しがたいものであるという。

コフィキングストン(c) vs カリート USタイトルマッチ

CMブレイク中にカリートがペースを掴んだらしい。キングは、フレディが近くの病院に搬送されたと報告。キングストンが逆転した後、互角の攻防からトラブルインパラダイスが決まってキングストンが勝利。
勝者:コフィキングストン

駐車場でカメラがDXの到着を待っている。

インターネット投票の受付開始。質問は「オートン、シナ組はジェリコ、ビッグショー組に勝てると思いますか?」

ミズ vs エヴァンボーン
ミズは新しいコスチュームで登場。しかし、トークの内容は変わらない。ミズは「時期USチャンピオン」を自称している。ボーンはハイフライムーブを見せ付けるが、ミズにカットされスカルクラッシングフィナーレ(フルネルソンからのフェイスバスター)で仕留められてしまう。
勝者:ミズ

HHHとレガシーの対立をまとめたビデオ。先週のHHHがHBKを探しに行った映像のリプレイ。

駐車場の映像。DXのロゴがペイントされたリムジンが到着。HHHがDXの衣装で出てくる。続いて、嫌そうにHBKが出てくる。2人がアリーナに入ると、ジリアンが近づいてきて、DXのテーマ曲を歌わせてほしいという。HHHはジリアンの顔に箱を被せてしまう。HHHはHBKに、何も変わってはいないという。
マレラが中継車から飛び出してくると、まださっきの演技を続けており、DXに爆弾をどこに隠したのだと尋問する。あきれたHBKがスイートチンを見舞う。

会場にDXのテーマがヒット。大歓声が上がる。HHHはマイクでHBKに、良い気分だろうという。HBKは最高だという。HHHはコーナーに登り観客に向かって「準備はいいか?」ここで、突如、背後からレガシーが襲撃。HHHが場外で、リング内ではHBKが倒されてしまう。HHHはHBKの救出に向かおうとするがリングに上がれない。コーディはHBKの靴を脱がせて、その踵でHHHとHBKの頭を何度も殴る。DXが全く動かなくなるとテッドは「これがお前達の質問に対する答えだ。ああ、準備は出来ている。」という。

ミッキージェームズ(c) vs ゲイルキム ディーバタイトルマッチ
全く互角の攻防が続くが、ミッキーのトルネードDDTとスピニングヒールキックが失敗。試合には勝利したものの、ミッキーは若干いらだっている様子。しかし、試合後はキムを助け起こす。
勝者:ミッキージェームズ

オートンがフレディを襲ったシーンのリプレイ、コールはフレディが会場に戻ってきたと告げる。

バックステージでジョシュマシューズがシナにインタビュー。シナはオートンを真似て「ビッグショーとは戦いたくない。だって食べられちゃうかもしれないじゃないか。」と言う。そしてシナの問題は、自分の腰ベルトが無いことだと言う。しかし、サマースラムでは全てが変わると言う。
ジェリコが近づいてくる。シナとは互いに遺恨のある関係だし、シナにとっては奴こそ大きな問題になるというと、シナの背後を指す。そこにはビッグショーがいる。ショーはシナがサマースラムで戦えないようになるかもしれないと警告する。

MVP vs ジャックスワッガー
非常に短い試合。スワッガーがレフリーの反則カウントを無視して攻撃を続けて5カウントを入れられてしまう。
勝者:MVP (DQ)

バックステージで、フレディがリングサイドに向かっているのが映る。トレーナーが介助し、止めようとしている。フレディは構わず進んでいく。

チャボゲレロ vs ホーンズウォグル フォールズカウントエニウェアマッチ
ウォグルがバックステージに逃げ込むのをチャボが追いかけていく。部屋に入ると、チャボがワイヤーに引っかかり、ペンキの缶が顔にぶつかる。別のドアからウォグルが現われてカバーしカウント3。
勝者:ホーンズウォグル
試合後チャボは立ち上がると、笑っているマークヘンリーを見つけ、「お前の仕業か!」と怒鳴るが、ヘンリーは否定して立ち去る。するとヘンリーの背後にいた俳優のマコーレー・カルキンが笑っているのが見えてしまう。カルキンが笑うと、チャボは立ち去る。

リングで、キングとコールがサマースラムのカードを発表。
来週の特別ホストはフロイド・メイウェザー。

さきほどの投票の結果、76%がシナ、オートン組の勝利を支持。

クリスジェリコ、ビッグショー vs ジョンシナ、ランディオートン ノンタイトルマッチ
試合前、フレディが現われオートンに対して怒りをぶつけると、この試合はランバージャックマッチに変更すると言う。そして、オートンを嫌っているメンバーを集めたと言うと、健闘を祈ると言う。エヴァンボーン、コフィキングストン、MVP、マークヘンリー、ジェイミーノーブル、プリモがランバージャックとして登場。オートンはシナからのタッチを拒否し、後ろを向いてしまう。しかし、シナはオートンの背後からオートンの手にタッチして、オートンをヒップトスでリングに投げ入れる。オートンは転がって場外に脱出するが、ヘンリーがリフトアップしてリングに押し戻す。オートンのタッチをシナが受けてエプロンサイドのビッグショーを突き落とすと、ジェリコにアティテュードアジャストメントをヒットしてピンフォール。
勝者:ジョンシナ、ランディオートン
試合後、オートンはRKOをシナに決めて立ち去る。ショーとジェリコがシナを攻撃。ランバージャックたちが助けに入るがショーが全員を蹴散らしてしまう。シナが反撃してジェリコとショーを撃退。リングから追い払う。シナとオートンの睨みあいで番組終了。

リンダが上院議員戦に出馬?

8/14付WWEニュース速報です

★ユージンことニックディンズモアが8/14付で解雇されました。前回のRAWでマスクを被ったミズを相手に復帰戦を行ったばかりでした。

★8/13放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.8%でした。

★ワシントンポスト紙の運営する、政治の話題を専門に扱うブログ「The FIX」の中で、2010年のコネチカット州上院議員戦に、リンダマクマーンが共和党から出馬し、民主党で現職のクリス・トッド氏と争うことになるだろうと報じています。まだ、共和党内の予備選挙で別の候補と争うことになっていますが、リンダはかなり有力な候補と見られているそうです。
リンダは現在WWEのCEOを務めていますが、選挙に出るとなれば辞職し、後任はビンスが会長職と兼任するものと見られています。

★ツイッターでグレゴリーヘルムズが「インターネットの噂を信じないでくれ。VSか自分が直接言った事以外は嘘だから。」とコメントしています。交際中のTNAのベルベットスカイと別れたと報じられたことに対する反論と見られています。

RAWへのフレディ登場は断られたそうです

8/12付WWEニュース速報です

★8/11放送分ECW視聴率は1.14%でした。

☆サマースラムで、コフィキングストンのUSタイトルマッチの相手として、ジャックスワッガー、ミズらの名前があがっているそうです。WWEはスワッガーを挑戦させたいそうですが、ストーリーのセットアップが全くできていないため、ミズの可能性が高いと見られていそうです。

☆WWEはRAWの特別ゲストとして、映画「エルム街の悪夢」シリーズでフレディを演じたロバート・イングランドを招聘しようとしていたそうですが、スケジュールの都合がつかないという理由で断られたそうです。


スローターがゲストでも視聴率は好調

8/12付WWEニュース速報です

★8/10放送分RAW視聴率は3.8%でした。

★8/7放送分Smackdown視聴率は1.9%でした。

★8/10放送分RAW収録の終了後、ジョンシナは観客の前で、かなり長い間、かつてのブレットハートがいかにすばらしかったかについて語っていたそうです。

★8/10放送分RAWの中で流れた、HHHがHBKを捜しにテキサスへ行ったという映像は、先週末にコネチカット州スタンフォードのWWE本社で撮影されたそうです。

☆先週のECW収録の中の、アブラハムワシントンショーの最中、観客達が非常に大きな声で「This is Stupid(くだらない)」チャントを始めてしまったそうですが、放送された映像からは音声が編集されて消されていたそうです。

☆ドスカラスJrは、WWEと契約する際、リングネームをアルベルト・バンデラスとされており、俳優のアントニオ・バンデラスを想起する名前が与えられた為、すぐに1軍で起用されるだろうと考えられていたそうです。

8/14放送分Smackdonw収録結果簡易速報

8/14放送分Smackdonw収録結果簡易速報です

WWEスーパースターズ
○ゴールダスト vs シーマス●
ゴールダストが大人気。素晴らしい内容の試合。

(以下は前日のRAWとの同日収録です)
○ジョンモリソン vs DHスミス●
モリソンはいつもどおりの素晴らしい動きを見せ、スターシップペインでしょうり。 

○カリート、ロサメンデス vs ミッキージェームズ、コフィキングストン●


Smackdown
先週のジェフハーディ vs CMパンク戦のハイライトが流れる。

パンクが登場。ジェフは非難する。テディロングが現われてパンクvsモリソン戦を発表する。

○ドルフジグラー vs フィンリー●
マイクノックスが試合中に現われ、フィンリーのシレイリでフィンリーを殴る。試合後、ノックスはフィンリーを叩きのめす。

ケインがカーリーの通訳をバックステージで捕らえている。ドラマの「24」のような映像。

マリアとメリーナのプロモ。ミッシェルマクールは来週のSmackdownで復帰するとアナウンス。

○CMパンク vs ジョンモリソン●

○メリーナ vs レイラ●

クライムタイムがリングに登場。
次の試合のセコンドにつくジェリコに対して大きなチャントが起こる。
○ビッグショー vs シャド●

通訳の救出にグレートカーリーが登場。ケインは鉄パイプでカーリーを殴る。

○タイソンキッド、DHスミス vs ジェフハーディ●
ハートダイナスティに大歓声が上がる。キッドがスワンダイブ式クローズラインでジェフからピンフォールを奪う。試合後にCMパンクが出てくるが、その後に出てきたモリソンがヒール達を一掃する。さらにマットハーディが現われてパンクを殴り倒し、ジェフを助け起こす。ハーディーズとモリソンの3人が健闘を称えあう。

8/11放送分ECW収録結果簡易速報

8/11放送分ECW収録結果簡易速報です

エクストリームルールズで行われたタイトルマッチのハイライトが流れる。

○シェルトンベンジャミン vs ザックライダー●

グレゴリーヘルムズがバックステージでポールバーチルにインタビュー。

○ウラジミールコズロフ vs ジョバー●
試合後、イゼキエルジャクソンが現われてコズロフと睨みあい。

DX再結成のプロモーション映像。

○ヨシタツ vs ポールバーチル● DQ
バーチルのセコンドのケイティが介入して反則が取られる。その後もバーチルがヨシタツを攻撃するが、ヘルムスが救出。

バーチルがGMのティファニーを批判するセグメント。

○タイラーレックス vs トムジェームズ●

クリスチャンがアブラハムワシントンショーに登場。今でもトミードリーマーとは友人だと言い、ワシントンを攻撃する素振りを見せると、ウィリアムリーガルがECWタイトルの次期挑戦者としてアナウンスされ、リングに登場してクリスチャンと対峙する。

○ウィリアムリーガル vs トミードリーマー●
試合後、リーガルがドリーマーを攻撃。リングにクリスチャンが登場してドリーマーを救出。

8/10放送分RAW試合結果速報

8/10放送分RAW試合結果速報です

カナダのカルガリーから生放送。

リングにオートンが登場。サマースラムでのシナとのタイトルマッチで、自分がベルトを失うのではないかと恐れているらしいという噂が流れているというと、先週はジェレミーピーヴンも蹴散らしてやったように、望みさえすればあらゆるものを蹴散らすことが出来るのだという。そして誰が言ったことであろうが、聞く耳を持つ必要など無いという。
シナが登場。すぐにオートンを睨みつけると、オートンの態度や、他者を傷つける様子を見ていると反吐が出るといい、俺を傷つけてみろと挑発。2人でにらみ合っているとクリスジェリコとビッグショーが登場。観客は非常に大きなY2Jチャントを送る。
ジェリコは、カナダは故郷であり、この国で育ち、トレーニングを積んだという。シナが話の腰を折って、ジェリコはアメリカに来る為にカナダを去ったという。観客はシナにブーイング。ジェリコは、今夜の特別ホストのサージェントスローターと事前に話をし、今夜、シナとの対戦を決めてきたというと、シナから今夜初勝利を上げてやるという。オートンが試合後にシナにパントキックを見舞ってやるというが、今後はビッグショーが、自分とオートンの試合も決まっているという。

HHHがHBKを探しにテキサスへ行っているという映像が流れる。DXのテーマがBGMで流れている。

ケリーケリー vs アリシアフォックス vs ゲイルキム vs ベスフェニックス ディーバタイトル挑戦者決定戦
早い展開の素晴らしい内容。4人ともが良い動きを見せる。ゲイルキムがアリシアをフィニッシャーで仕留める。
勝者:ゲイルキム

サージェントスローターがステージに登場。観客の反応は半々。会場はカナダということでカナダ国旗をまず形容するというと、トロンに国旗が映し出される。しかし、その後その上から大きな×が表示されると、スローターはアメリカこそ世界で最も偉大な国であるといい、カナダ人観客など蛆虫であるというと、トロンに星条旗を映させる。スローターは国旗に敬礼すると、「解散」と命令する。

先週HHHが、必要なのはたった一本の電話だと言ったシーンがリプレイされ、キングとコールは、HHHがテキサスまでHBKを探しに行ったものの、そこでどうやらHBKの新たな仕事を見てしまったようだと言い、詳細は後ほど明かされるという。

ジャックスワッガー vs エヴァンボーン
短い試合。スワッガーがガットレンチパワーボムで勝利。
勝者:ジャックスワッガー
試合後、スワッガーがマイクで自分は2度の全米代表に選ばれたアメリカ人(オールアメリカンアメリカン)だとアピール。MVPが登場。カナダのファンにとって、アメリカ代表の事なんかどうでもいい話だというと、自分ならスワッガーを倒せると言い、今夜の対戦を求めるが、スワッガーは来週だという。MVPがスワッガー突き飛ばす。

HHHがテキサスのカフェにいる。HBKとの待ち合わせ場所らしい。しかし、間違って別人に声をかけてしまい、その人物を「セクシーボーイ」と呼び謝罪するが、男性は7時からなら空いているという。
The Search for Shawn Michaels
カウンターの女の子が呼び鈴を何度も鳴らして、ハンバーグがいつまでたっても出てこないと大声で叫んでいる。それを止めに出てきたのがシェフの格好のHBK。女の子に、両面をよく焼いているから待ってくれと言う。そして準備ができたら呼ぶから座っていなさいというと、「仕事の日に娘を連れて来るというのは・・・素晴らしいアイディアだな」と愚痴る。振り向くと、困惑した様子のHHHがいる。HBKは「やあ。ハンター」と声をかけると、カウンターに戻っていく。HHHは無言。
映像がキングとコールに戻ると、2人は言葉が見つからないという。キングは、「あのHBKがハンバーグをひっくり返す人生を歩んでいるというのか?」

ステージにスローターが再登場。さっきの話はほんの冗談だというと、今夜はカナダ国家を歌ってもらうためにセリーヌディオンを呼んであるという。しかしディオンは出てこない。スローターは、実はディオンは都合がつかなかったため、もっと上手い歌手を呼んであるというと、ジリアンが登場。アンクルサムの格好で出てくると、歌い始める。

ユージン vs カルガリーキッド 契約書マッチ
ユージンは以前と全く同じパターン。キッドはマスクを被っている。契約書を掴んだ方が勝ちで、RAWと正式に契約が出来るルール。カルガリーキッドが契約書を奪い、マスクを脱ぐとミズ。
勝者:カルガリーキッド(ミズ) RAWへの復帰が決定?

ランディオートン vs ビッグショー ノンタイトルマッチ
ショーはタッグのベルトを腰に負けない為、エクステンションを付けている。
試合はショーが圧倒。チョークスラムを決めるが、オートンの脚がサードロープにかかる。ショーはオートンを引き起こしてノックアウトパンチを狙うが、オートンは回避してリングから逃走。そのままカウントアウト。
勝者:ビッグショー(カウントアウト)

HHHがHBKと話をしようとしている。HHHはHBKが必要だというが、HBKはWM25以降、何も必要だと感じなくなったという。そしてここのみんなは俺を尊重してくれるというが、さっきの女の子が食べ物が不味いと言い出す。HBKはその子は副社長の娘だというと、女の子が食べ物をHBKの顔にぶつける。HHHは栄光が台無しだというが、HBKはそれでもいいと言う。
突如、HHHが異変に気づき、厨房が燃えているぞというと、HBKは慌てて消火器を持って消しに行く。戻ってくると顔と服が真っ黒になっており、「わかった。話を聞こう」

MVP vs クリスマスターズ
短い試合。マスターロックをプレイメーカーに切り返したMVPが勝利。
勝者:MVP
試合後、ゆっくりとスワッガーがリングに向かってくる。それにMVPが気をとられた隙に背後からマスターズがマスターロック。ぐったりしたMVPをマスターズが放すと、スワッガーがガットレンチパワーボムをMVPに見舞う。

ジェレミーピーヴンとDrケンが、トーク番組でRAWに出演したときのことを話している映像が流れる。その中でピーヴンは、シナに向かって背中に気をつけろという。

HBKはハンバーグをひっくり返す仕事に戻ろうとしている。HHHは手を差し出すが、HBKは帽子とエプロンを着けている。HHHはまだHBKを説得しようとしており、サマースラムでの復帰を呼びかけるが、HBKは「サマーフェストだろ」(先週の、ピーヴンが良い間違いを真似ている)と言う。
HBKの上司が登場。女の子をしかったことと、火事のことでHBKを怒鳴りつける。HBKの背後でHHHが笑っている。上司はHHHを間抜けと呼ぶと、HHHはもうHBKは必要ないと言い、ほかをあたると言い出す。するとHBKは上司にスイートチンミュージック。「やる」という。
年配の女性が店に入ってきて驚き、「suck it!」と叫ぶ。さっきの女の子がまた喚きだすと、HBKが睨みつけて、「消えうせないとスイートチンミュージックを食らわせるぞ」と脅かす。食べ物を投げ飛ばすとDXのテーマがヒット。また油が燃え上がるが、HBKとHHHが帽子を火に投げ込み、HBKが「辞める」という。観客達は大喜び。

スローターが登場。カナダの観客のユーモアに感謝すると言う。観客は反発。スローターはしばらく登場していなかった史上最高の男が登場すると言うと、ブレットハートのテーマがヒット。しかし、ヒットマンは現われず、出てきたのは星条旗を振るハクソージムデューガン。

マークヘンリー、ホーンズウォグル vs コーディローズ、テッドデビアス
ヘンリーとウォグルの対戦相手は、当初チャボとチャボが選んだパートナーだったが、チャボは怪我の為に出場できなくなったので、代わりの相手を用意したと言うと、出てきたのがコーディとテッド。
ヘンリーがテッドを攻撃して、ウォグルにタッチ。タッドポールスプラッシュはテッドが回避する。コーディがヘンリーをドロップキックで場外に落とすと、テッドがウォグルにドリームストリートで勝利。
勝者:テッドデビアス、コーディローズ
試合後、レガシーはすでにサマースラムでDXを迎え撃つ準備ができていると言うと、WWE史上最短の復帰劇にしてやると言う。そして2つの言葉を送ると言い「too bad(お気の毒様)」

バックステージでジェリコは、カルガリーのスチュハートが運営する「ダンジョン」トレーニング積んでいたことを話し、カルガリーの為に勝利すると言う。観客は大歓声。
ビッグショーが現われ、さっきのオートンのやり方を見たのかと尋ねると、ジェリコは見たと言う。そして、観客を操ることなど容易いといい、自分はカナダ人などではなく、マサチューセッツ生まれだと言う。マシューズがジェリコにカメラがまだ回っていることを伝えると、ジェリコは驚いている。

来週の特別ホストはフレディプリンズJr。

キングとコールがサマースラムのカードを発表。DXvsレガシーが公式に発表される。

ジョンシナ vs クリスジェリコ
2人とも、歓声とブーイングが入り混じっている。シナのSTFが極まったところでオートンがリングに登場。レフリーがゴングを要求。オートンはシナにパントキックを狙うが、シナが立ち上がってオートンとにらみ合い。しかしシナの振り向きざまにジェリコのコードブレイカーがヒット。ジェリコはオートンを突き飛ばすが、オートンはジェリコにガットショット見舞って場外に落とす。ビッグショーがオートンの背後に登場しチョークスラムを見舞う。スローターが登場。最後の仕事として来週、ジェリコ、ショー vs シナ、オートン戦を決定したという。
オートンとシナは共闘してビッグショーを場外に落とす。ジェリコがリングに上がってベルトを回収しようとするが、シナが捕まえてアティテュードアジャストメントの体勢。そのままオートンがジェリコにRKOを見舞う。その後、オートンとシナが睨みあい。
試合結果:不明

また一人若手が解雇されました

8/8付WWEニュース速報です

★8/8付でWWEはリッキーオーティズを解雇しました。

★8/6放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.7%でした。

★グレゴリーヘルムズは、フェイスブックの中で、交際していたTNAのベルベットスカイとは別れたことを明かしています。

☆まだ具体的なプランはないものの、WWEはシャキールオニールにもう一度出演してもらうことを希望しており、何らかの形でビッグショーと対決させたいと考えているそうです。

☆RAWから追放されたミズは、まだ確定はしていませんが、どうやらECWに移籍することになるようです。

やはりPPVの販売は苦戦しているようです

8/6付WWEニュース速報です

★8/4放送分ECW視聴率は1.25%でした。

★WWEは第2四半期の経営報告を行い、その中でPPVの購入件数を発表しています。()内は昨年度の同じ大会の件数です。

レッスルマニア25 960,000件(1,058,000件)
バックラッシュ 182,000件(200,000件)
ジャッジメントデイ 228,000件(252,000件)
エクストリームルールズ 213,000件(194,000件)
ザ・バッシュ 178,000件(不明)


一方で、RAWに有名人をゲストホストとして招く路線の成功を強調しています。

◆ブライアンケンドリックは、ドラゴンゲートUSAの9/6シカゴ大会に出場する契約を結んだそうです。

WWEの有名人路線に選手達は不安を感じている?

8/4付WWEニュース速報です

★8/3放送分RAW視聴率は3.55%でした。

★7/31放送分Smackdown視聴率は2.0%でした。

☆8/3放送分RAWのバックステージで、特別出演したドクター・ケンのスキットにビンスは大笑いしてしまい、笑いが止まらなくなっていたそうです。ピーヴンとケンの出演は成功だったとビンスは喜んでいたそうです。

☆8/3放送分RAWでは、ビンスはピーヴンたちのセグメントにばかり集中しており、ステファニーも余り姿を見せなかったため、今後、特別ゲストばかりにスポットが当たり、選手達にはおざなりなプランしか用意されないのではないかという不安が広がっていたそうです。

◆ブルックホーガンが、イギリスのサン紙に対し、WWEからは頻繁に出演のオファーを受けていると明かしています。しかし、彼女はWWEに全く興味を持っていないそうです。

◆元Mrケネディがラジオ番組に出演した際の発言内容のハイライトです。

(WWEから解雇されたときの状況について)どういう状況なのか全く把握できなかった。様々なことが影響していたが、明らかに誰かに自分は貶められていた。自分はいくつかの過ちを犯してきたが、それらに責任を負ってきたつもりだ。ようは、あの月曜日に私に与えられた仕事の出来を、WWEは良く思わなかった事で、もうケンケネディのキャラクターは演じなくていいと判断したということらしい。

私は会社に全てをささげてきたし、会社から指示されたことは全てやったし、余計な口出しもしなかった。

正直言って、あの日は変な感じがずっとしていた。オートンとはずっと良い友人で、遠征も共に移動していたし、会場でオートンの背後から忍び寄ってベアハッグをかけたりしても、彼は心得たものだった。それなのに、突然、頭から叩き落されたのだ。その上、ビンス、ステフを含めた大勢のいる前で、安全性に注意することがいかに重要なのかについて、私に説教を始めたのだ。何を言っているのか全く理解に苦しんだ。
どうやら、全て私が悪いということらしい。

(解雇につながったオートンのスープレックス失敗について)ランディはとてもとても強くジャンプした。レスリングはギブ&テイクだ。あのままではオートンが頭から落ちてしまうので、私が意図的に大きく投げられたのだ。オートンの首は3日前のメキシコ遠征で痛めており、厳重にテーピングされていたからだ。

(WWEの職場環境と計画性について)タレントをどのように会社が扱う方針を採っているのか、本人は全く分からずにやっている。普通、怪我からの復帰は、選手にとって重要な局面だが、私に与えられた復帰戦の相手はスコッティ2ホッティだった。これでは大きな反響は得られない。

WWEには2つの山があり、一つの頂上にはアンダーテイカーが立っているが、もう一つの頂上にいるのは別の奴だ。HHHではない。誰も日曜日のブランチと戦うことは出来ない。

WCWの末期にまつわる恐ろしい話は、現在のWWEにも当てはまる。時折、シナリオが出来上がった直後に収録が開始されるということもある。

(ウェルネスポリシーが徹底されているか否かについて)肯定も否定もできる。テストはランダムで受けるはずだが、私は毎回テストされており、年間10回くらいは受けていた。

(WWEはTNAを意識しているか)まだ脅威とは見ていないと思う。しかし、TNAは一気に突き抜ける直前にあると思うし、常に状況は変化する。もう、あと1人か2人のスターが現われるだけで、WWEの競争相手になるのではないだろうか。

(TNA入りについて)今の所、全く状況はわかっていない。そういう噂が流れているようだが、今のところは冗談のようなものだ。TNAには入りたい。TNAは多くの選手に彼らなりの表現の場を与えており、私も私のやり方で表現してみたいことがある。そういう環境で仕事がしたい。

私が言ったことは私だけが考えていることではない。ロッカールームの多くの元同僚たちは、似たような不満を抱えている。


8/7放送分Smackdown収録結果簡易速報

8/7放送分Smackdown収録結果簡易速報です

WWEスーパースターズ
○ウイリアムリーガル、ポールバーチル vs ヨシタツ、タイラーレックス●
好試合。リーガルがスプリングボード式ボディプレスでレックスを仕留める。

○レイミステリオ vs マイクノックス●(DQ)
ドルフジグラーが乱入し、ミステリオを殴って反則裁定。

○クリスマスターズ vs サンチノマレラ●
前日のRAWと同日に収録されていた試合。マスターロックでマスターズが勝利。

Smackdown
CMパンクのアピール。いかに自分がストレートエッジで、観客達は堕落しているかについて語る。
ジェフハーディが現われ、世界ヘビー級タイトルマッチが始まろうとするが、ゴング前にジェフがパンクを攻撃してしまう。するとビンスマクマーンが登場し、この試合は今夜のメインイベントとしてやり直し、さらに試合には特別立会人が登場するという。

○ジョンモリソン vs タイソンキッド●

○スラムマスターJ vs チャーリーハース●

○ドルフジグラー vs マイクノックス vs フィンリー vs Rトゥルース ICタイトル挑戦者決定4ウェイマッチ

○JTG vs クリスジェリコ●
隙をついた丸め込みでJTGが勝利。

○グレートカーリー vs リッキーオーティズ●
スカッシュマッチ。

○ジェフハーディ(c) vs CMパンク● 世界ヘビー級タイトルマッチ 特別立会人:マットハーディ
試合前、ジェフはマットを睨みつけるが、マットは目をそらす。試合中、場外でマットとジェフがにらみ合いになるが、リング内からスライディングキックをパンクが狙うと、ジェフが回避してマットにヒット。ジェフのスワントーンを膝剣山で返したパンクがカバーするが、マットがレフリーを場外に引っ張り出してカウントを阻止。怒ったパンクがマットを怒鳴りつけるが、その背後からジェフが丸め込み、マットが高速カウントを入れて勝利。
試合後も怒りが収まらないパンクは、2人を攻撃し、イスで殴りつける。テディロングが登場。パンクは再戦を申し入れるが、テディはサマースラムでTLC戦ルールで行うと発表。パンクはこの条件が気に入らない様子。

ボーナスダークマッチ
○ジェフハーディ vs CMパンク● 世界ヘビー級タイトル金網マッチ

8/4放送分ECW収録結果簡易速報

8/4放送分ECW収録結果簡易速報です

アブラハムワシントンショーでスタート。シェルトンベンジャミンとザックライダーが登場し乱闘になる。

○イゼキエルジャクソン vs ジョバー●
スカッシュマッチ。試合後にコズロフが現われてジョバーにフィニッシャーを見舞うと、ジャクソンもジョバーにフィニッシャーを決める。立ち去るジャクソンをコズロフがリングから見ている。

○シーマス vs ゴールダスト●

○クリスチャン(c) vs トミードリーマー● ECWタイトルエクストリームルールマッチ
車のドアを持ち出したドリーマーが、その上にパイルドライバーを狙うが、クリスチャンがキルスイッチに切り返し、ドリーマーをドアに叩き落して勝利。

8/3放送分RAW試合結果速報

8/3放送分RAW試合結果速報

リリアンガルシアが特別ホストとして、俳優のジェレミー・ピーヴンを紹介。会場に車で入場すると、トランクからドクター・ケンを出し、2人でリングを走り回る。互いに賞賛しあうと、ピーヴンはいつでもこんなことをやっていたいし、他にもやりたいことがあるのだというと、リングから花道に出て腕を掲げると背後でパイロが上がる。ピーヴンは今夜HHHvsレガシー戦を予定していると言ったところでミズが登場する。ミズは自分のこれまでの功績を自画自賛する。ピーヴンはミズに対し、良い成果は上がっていないようだというと、ミズがジョンシナとの対戦を要求。シナがリングに登場。観客達はシナvsミズ戦をすでに何度も観ていて、先週は2分で撃破しているというと、どうせやるなら面白くなるようなアイディアを出してほしいという。ピーヴンはそれならランバージャックマッチにしようという。ミズが、それは時代遅れだというと、ピーヴンは、それならミズが敗北した場合はサマーフェスト(サマースラムの言い間違い。すぐにシナが訂正する)から追放しようという。そして、ステープルズセンター(サマースラムの会場)からは永久追放しようという。そして、最後にはミズが負けたらRAWから追放してしまうという。ミズはそんなことはできないというが、シナ、ピーヴン、ケンの3人は無視する。

エヴァンボーン vs ジャックスワッガー
先週の敗北後、再戦を求めて決定した試合。スワッガーはグラウンドに引き込んで、ボーンを飛ばせない作戦が成功し、パワーで上回ると、ガットレンチパワーボムで勝利。
勝者:ジャックスワッガー
試合後、スワッガーはセカンドロープから2度、スプラッシュをボーンに見舞う。さらにパワーボムを狙うと、MVPが出て来てボーンを救出。

先週のシャキールオニールが登場したシーンのリプレイ。

バックステージでピーヴンとケンが、ディーバについて話をしている。ビッグショーが入って来ると、ピーヴンが調子はどうだと聞くが、ショーは悪いと答え、先週、シャックに侮辱されたことが気に入らないので、奴と試合がしたいのだという。ピーヴンは、シャックのことは忘れて、マシーンのようになれというが、ショーは、それならピーヴンが相手をしてくれないかという。ピーヴンはそれよりもいいアイディアがあるというと、ショーvsキングストンのUSタイトルマッチを提案。ショーは気に入ったというと退室する。ケンは怒ってピーヴンを責めるが、ピーヴンはケンを押しのけて黙らせる。

ミッキージェームズ、ゲイルキム vs ベスフェニックス、ジリアンホール
キムが独創的な動きを見せる。ベスがレフリーの死角を突いてタッチを受けずに入りグランスラムでキムを仕留める。
勝者:ベスフェニックス、ジリアンホール

先週、テッドデビアスの介入が失敗し、HHHがビートザクロックマッチで勝利したシーンがリプレイされる。

コーディローズ、テッドデビアス vs HHH ハンディキャップマッチ

HHHはテッドを場外に排除してコーディに集中。ニーパッドからスパインバスターにつなぎ、ぺディグリーを狙うが、テッドが戻ってきて阻止。HHHにドリームストリートを決めてカバーするが、HHHがキックアウトする。続いてコーディがクロスローズを決めピンフォール。
勝者:コーディローズ、テッドデビアス
試合後、HHHは「これはちょっと痛かったぜ」と皮肉ると、レガシーは確かに優秀で、自分一人では粉砕することは出来ないだろうが、軍団をそろえるのであれば、自分の方が上手であるという。そしてランディはクズで、バティスタは年中怪我、フレアーはサイン会で忙しいというと、かける電話は一本だけだという。観客は歓声。HHHはその一本の電話だけで全ては事足りるというと、レガシーにふさわしい2つの言葉をくれてやるという。HHHがマイクを手放すと大歓声が上がる。

チャボがピーヴンのオフィスにいる。ピーヴンはチャボに、ホーンズウォグルと試合をしたいのかと尋ねると、チャボはそうだと答える。ピーヴンは試合をさせるという。

カリート vs プリモ
短い試合。プリモはアクロバティックな技を連発。しかし、カリートがバックスタバーでクリーンフォール。
勝者:カリート

チャボゲレロ vs ホーンズウォグル
チャボが入場し、ウォグルを待つが出てこない。ピーヴンがトロンに登場し、ウォグルは残念ながら病気になってしまったという。そして代替選手としていとこのマークスウォグルが出場するという。
チャボゲレロ vs マークヘンリー
ウォグルの帽子を被ったヘンリーがリングに登場。あっさりとチャボをワールドストロンゲストスラムで仕留める。
勝者:マークヘンリー
試合後、リング下からウォグルが登場。ヘンリーがチャボをコーナーにたたきつけて倒すと、ウォグルがタッドポールスプラッシュを見舞う。その後、ヘンリーとウォグルがダンスを踊る。

バックステージでピーヴンがオートンに、ミズvsシナ戦の特別リングアナウンサーを務めるよう、要請している。オートンは拒否するが、ピーヴンは自分に決定権が与えられているのだという。オートンは、ビンスの頭を蹴り飛ばしたことで、オートンに無理強いすべきではないことはわかっているはずだという。

コフィキングストン(c) vs ビッグショー USタイトルマッチ
WWE.comで受け付けていたファン投票の結果、シャックvsビッグショー戦が行われれば、シャックが勝つと答えた人が83%に登ったと発表される。試合はショーが圧倒的に攻めるが、コーナーでレフリーのブレイクを無視して攻撃し続けたことで反則を取られる。
勝者:コフィキングストン(DQ) USタイトル防衛
試合後もキングストンを攻撃。ジェリコもショーを煽っている。

バックステージでHHHが電話をかけている。HHHは電話の相手の力が必要だというが、明らかに相手は戻る気が無い様子。HHHは今やらなければ全てが無意味になるといい、いったいどうしてしまったんだという。さらに、相手は今夜のRAWを見ておらず、別の仕事をしていたらしい。HHHは、仕事は休んでいるはずだろうといい、「Are you READY?!」と問うものの、返答は無い。HHHが声をかけても返答は無く、HHHは頭を抱えてしまう。

来週の特別ゲストはサージェントスローター。

ジョンシナ vs ミズ ランバージャックマッチ
ピーヴンとケンがステージ上。しかし、自分はシナではなくオートンのファンだと言う。そしてランバージャックのメンバーを呼び入れると、レガシーの3人、チャボ、クリスマスターズ、ジャックスワッガー、カリートが出てくる。
シナがリングから落ちるとランバージャックたちが一斉に襲いかかり、ミズの時は手助けをする。それでもシナがアティテュードアジャストメントを決めてピンフォール。
勝者:ジョンシナ
ミズのサマースラムとRAWからの追放処分が決定。ピーヴンがコーナーに登ってシナにダイブするが、シナが受け止め、ピーヴンを使って、リングに入ってきたチャボとマスターズを撃退。ケンが杖でシナを背後から殴るが全く効かない。シナはピーヴンを離すと、ケンは自分がやりたくてやったわけではないといいわけをはじめる。シナは握手を求める。ケンが握手に応じるが、シナがリフトアップスラムで場外のカリート、マスターズ、スワッガーら目掛けて投げつける。このとき、ケンは地面に頭をぶつけてしまう。ステージでレガシーが見つめる中、リングでシナが勝ち誇っている。

ミッシェルマクールが脚を負傷!?

8/1付WWEニュース速報です

★ユージンは8/1に行われたECW/Smackdownハウスショーで試合復帰を果たし、リッキーオーティズと第3試合で対戦しました。TV復帰は8/7放送分Smackdownで、リッキーオーティズとの抗争が始まるとの予想されていますが、確定はされていません。

★WWEはサイバーサンデーの名称をブラギング・ライツ(Bragging Rights)に変更すると発表しました。引き続きファン投票を行って番組内容を決定していく大会になると思われます。

☆7/31に開催されたハウスショーの試合で、ミッシェルマクールが怪我をした可能性があるそうです。場外に転落した際、着地に失敗し、自力では立ち上がれなくなったそうです。医療班の介助を受けてそのまま退場し、試合結果はノーコンテストとなったそうです。今のところ、怪我の詳しい状態や、今後の出場予定の変更については報じられていませんが、重傷である可能性が高いと見られています。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。