WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリアンが結婚退職

6/29付WWEニュース速報です

★WWEはレイ・レッパン、アーロン・ロドリゲス、シェインシーウェルらとディベロップメンタル契約を結びました。ロドリゲスはシコデリコJrの本名です。

★6/29放送分RAWの中で、15人がブランドを移動したことが明らかにされました。その移動した選手リストです。

RAWへの移籍
エヴァンボーン
マークヘンリー
ジャックスワッガー
ゲイルキム
アリシアフォックス

Smackdownへの移籍

マットハーディ
フィンリー
タイソンキッド
ナタリア
DHスミス

ECWへの移籍
シェルトンベンジャミン
ゴールダスト
ウイリアムリーガル
ブリーベラ
ニッキーベラ



☆上層部が15人のドラフトを決定した背景には、海外ツアーの為の2本撮りを行うため、話題作りが必要だと考えたのではないかとされているそうです。またPWインサイダーによると、ドラフトされるメンバーは、RAWの直前までいろいろな名前が検討されていたそうです。

★6/29放送分RAW収録で行われたスーパースターズの収録結果です。

○サンチノマレラ vs ブライアンケンドリック●
マレラに観客人気が集まる。ケンドリックのカバーをマレラがリバースして勝利。



☆先日、WWEが複数のタレント事務所に、歌が歌えてリングアナウンサーを務められる若い女性を探しているというニュースが流れましたが、リリアンガルシアが結婚を控えており、WWEを退職する為に、その後釜を探しているそうです。リリアンがWWEに出演できる期間はまだ分かっていませんが、そう長い期間ではないそうです。

◆先日逮捕されたキングの息子のブライアン・クリストファー・ローラーは、50ドルの罰金と30日間の更正施設入りの判決が下されました。
スポンサーサイト

7/6放送分RAW収録結果簡易速報

7/6放送分RAW収録結果簡易速報です
海外ツアーの為、今週のRAWは2本撮りでした。

テッドデビアス(父)がコーディ、テッドを伴って登場。今夜の特別ホストを務める。ナイトオブチャンピオンズのカードとして、エッジ、ジェリコ vs コーディ、テッドJrのWWE統一タッグタイトルマッチを決定。さらに、今夜マークヘンリー vs コーディ、ランディオートン vs テッドJr戦を行うと発表する。

○エッジ、クリスジェリコ vs コロンズ● ノンタイトルマッチ
チャンピオン組がそれぞれのフィニッシャーを同時に決めて勝利。レフリーはプリモに試合権利があったとして、プリモのピンフォール負け。怒ったカリートがプリモを攻撃する。

○ゲイルキム、ミッキージェームズ vs マリース、アリシアフォックス●

デビアス(父)に対し、コーディとテッドJrが試合の変更を申し入れるが、拒まれてしまう。デビアス(父)はダスティローズについて語る。

○マークヘンリー vs コーディローズ● カウントアウト

○ランディオートン vs テッドデビアスJr●
RKOでオートンが勝利。

MVPのVIPラウンジにジャックスワッガーが登場。両者は対立し、抗争が始まるらしい。

デビアス親子が喧嘩をしている。テッドJrはオートンと戦わされたことを怒っている。

○エヴァンボーン vs コフィキングストン● ノンタイトルマッチ
試合後、ビッグショーが両者を攻撃する。

×HHH vs ジョンシナ× WWEタイトル挑戦者決定トーナメント決勝戦
テッドJrとコーディが乱入し、両者を攻撃したため無効試合になる。デビアス(父)は、ナイトオブチャンピオンズでオートン vs HHH vs シナの3ウェイでWWEタイトルマッチを行うと決定する。

6/29放送分RAW試合結果速報

6/29放送分RAW試合結果速報です

リリアンがビンスを紹介。ビンスがステージに登場。もしトランプがまだオーナーだったら、今週もCM無しで、観客に入場料の払い戻しを行っただろうという。そしてビンスはCM無しにすることは不可能だが、払い戻しは可能だと言うが、ビンスは実行しないというと、全てはトランプに責任があり、3ブランドの選手15人を勝手にトレードし、GMは置かず、毎週有名人や、どこの馬の骨とも分からない奴をゲストとして出演させようとするなど、責められるべきはトランプなのだと言う。そこでビンスが今夜のショーの建て直しの為、ゲストを呼んだと言うとバティスタが登場。
スーツのバティスタがリングに登場。手術を受けた腕には固定具が装着されている。ナイトオブチャンピオンズでオートンの持つWWEタイトルへの挑戦者を決する4人のトーナメントを今夜行うと言う。そして、今夜ミズvsジョンシナ戦と、HHHvsMVP戦を行うと言う。
ランディオートンがメンバーと伴ってステージに登場。オートンはバティスタの負傷箇所以外も、3人で引き裂いてやることができるのだという。バティスタはビンスから無制限の権限が与えられており、今すぐに3人をクビにすることも可能なのだと言う。そして、3人に悪夢を見せることもできると言う。オートンは、3ステージズオブヘルを生き抜いたばかりで、悪夢ならすでに見ているという。バティスタはオートンに泣き言を言うなと言い、今夜オートンにタイトルマッチを組んではいないが、3戦連続のガントレット戦を組んでいると言い、相手はビンスがRAWを買い戻す前にトランプが決定していたRAWへ移籍してくる5人の新顔だと言う。

HHH vs MVP WWEタイトル挑戦者決定トーナメント1回戦
HHHが左足をがっちりテーピングで固めて登場。続いてMVP。MVPに対し、観客はノーリアクション。
MVPのプレイメーカーをぺディグリーに切り返したHHHが勝利。
勝者:HHH

今週のスラムオブザウィークが発表。エッジ、ジェリコ組がザバッシュで統一タッグタイトルを獲得したシーンが受賞。

ジェリコとエッジがリングに登場。ジェリコはRAWに戻ってくる気は無かったが、自分のずば抜けた才能では仕方の無いことだったという。エッジは、出てきたくなどなかったが、WWE統一タッグタイトルを持つものは、RAWを含めた全ブランドに出場しなければならないとWWE上層部が決定しており、避けられなかったのだと言う。

エッジ、クリスジェリコ vs コロンズ WWE統一タッグタイトルマッチ
プリモがジェリコをドロップキックで倒し、エプロンサイドのエッジに交錯させると、2人は場外に転落。すかさず、コロンズの2人がリング内からスライディングキックをヒット。エッジとジェリコは反動でガードレールに頭から突っ込んでしまう。
エッジがプリモにスピアーを狙うが、回避されてターンバックルに自爆、すぐさまカリートがバックスタバーを決めるが、ギリギリでジェリコがカット。プリモは場外にジェリコを落として、トペスイシーダを敢行。カリートはエッジにスワンダイブ式の攻撃を狙うが、ジェリコがプリモを交錯させて失敗。エッジがスピアーを決めてピンフォール。
勝者:エッジ、クリスジェリコ WWE統一タッグタイトル防衛

エッジとジェリコが花道で勝ち誇っている。カリートはプリモを不満げに見下ろしている。

バックステージで、オートンが今夜のガントレット戦に対し、不満を爆発させている。

シナとミズのこれまでをまとめたビデオ。
ミズ vs ジョンシナ WWEタイトル挑戦者決定トーナメント1回戦
シナが5ナックルシャッフルから、うつぶせのミズの後頭部にコーナー上からレッグドロップを落とし、STFでミズがタップアウト。
勝者:ジョンシナ

来週、シナvsHHHの決勝戦が行われる。

レガシーがバックステージ。テッドが、今夜の生き残りに向けて全力を尽くすと言っていると、電話が鳴る。父のミリオンダラーマンからで、来週のRAWの特別ホストとして来場すると告げられる。

ミッキージェームズ vs ロサメンデス vs ケリーケリー vs ベスフェニックス ディーバタイトル挑戦者決定戦 
ディーバチャンピオンのマリースが実況に加わる。ミッキーとナイトオブチャンピオンズでは戦いたいと言う。
ベスのグランスラムがケリーを捕らえるが、カバーはミッキーがカット。ベスを場外に落として鉄階段に顔面をたたきつけると、ロサにDDTを決めてピンフォール。
勝者:ミッキージェームズ

ビッグショー vs コフィキングストン USタイトルマッチ

序盤はショーが圧倒。観客はキングストンを応援。しかし、場外乱闘中、レフリーのカウントに気付かず、両者カウントアウトの結末に、観客達は失望している。
試合結果:ドロー(カウントアウト) キングストンがタイトル防衛
怒って花道を引き上げていくショーを尻目に、オートンのガントレットマッチの煽り映像が流れる。

ランディオートンの3戦連続ガントレットマッチ。テッドとコーディが試合に手を出せば、バティスタの権限で即刻クビが宣告される。オートンが足を引きずりながら入場。
ランディオートン vs エヴァンボーン
ボーンは巧みな切り返しと、跳び技で善戦。しかしシューティングスタープレスを狙ってコーナーに登ったところで、オートンが意図的に接触。転落したところへRKOを決めてピンフォール。
勝者:ランディオートン

ランディオートン vs ジャックスワッガー
しかしスワッガーはオートンに協力を申し出ると、意図的にカウントアウト。
勝者:ランディオートン

ランディオートン vs マークヘンリー
ヘンリーもスワッガーと同様にオートンをリスペクトしているというが、実力を知りたいと言う。マイクを投げ捨てると、ゴングが鳴る。ロックアップからオートンを投げ飛ばすと、そのまま場外へ出て、レフリーのカウントを待つ。しかし、10の前にリングに戻って試合続行。オートンのRKOは決まらず、クロスボディは通用しない。ワールドストロンゲストスラムが決まってピンフォール。
勝者:マークヘンリー
観客はヘンリーに声援。バティスタがステージに登場して笑っている。ヘンリーは特別ホストのバティスタに拍手を贈る。

PPV The Bash試合結果速報

PPV The Bash試合結果速報です
※再開しました。

カリフォルニア州サクラメントより生放送。オープニング映像の後、パイロが上がる。
マイケルコールが開幕の挨拶。今夜は6つのタイトルマッチが行われるという。

トミードリーマー vs ジャックスワッガー vs クリスチャン vs マークヘンリー vs フィンリー ECWタイトルスクランブルマッチ
実況はECWチームが担当。
クリスチャンとスワッガーで試合開始。3分経過後、フィンリーが入って3ウェイ戦に。スワッガーが5分手前にフィンリーをしとめ、暫定王座を獲得。医療班がフィンリーの目をチェックしている。6分過ぎにドリーマーが参戦。フィンリーが試合に復帰。8分過ぎにスワッガーをしとめ、暫定王座獲得。9分過ぎにヘンリーが参戦。ここから5分間のカウントダウンがスタート。10分過ぎにヘンリーがワールドストロンゲストスラムでドリーマーを仕留めて暫定王者に。12分過ぎにスワッガーがヘンリーからピンフォール。13分半にドリーマーがクリスチャンをDDTで仕留める。残り30秒を切る。全員がニアフォールの応酬になるが仕留めきれずタイムアップ。
勝者:トミードリーマー ECWタイトル防衛

ジョンシナとビンスの登場するフュージョン社のCMが流される。

エッジがテディロングのオフィスに怒鳴り込んでいく。テディに世界タイトルマッチを3ウェイに変更して、自分を出場させろと言う。ロングは済んだ話だと一蹴し、ビッキーを無碍に扱うべきではなかったと言う。エッジはテディが職を失うぞと警告し、飛び出していく。

レイミステリオ vs クリスジェリコ マスクvsICタイトルマッチ
実況はSmackdownチーム。
場外でジェリコがミステリオの肩をガードレールにたたき付ける。観客はY2Jチャント。トップロープから場外のジェリコ目掛けてミステリオがダイブを敢行。ミステリオの連続スワンダイブ攻撃でニアフォール。ジェリコはリング中央でミステリオをウォールズオブジェリコに捕らえるが、ミステリオはロープエスケープ。
ジェリコのコードブレイカーをミステリオがキックアウト。ミステリオの619をジェリコがキャッチ。そのまま引きずり出してウォールズオブジェリコ。かろうじてミステリオが脱出。ニアフォールの応酬になる。ジェリコがミステリオのマスクをはぐと、その下にもう1枚マスクを被っている。ミステリオが619からスプラッシュを決めてピンフォール。
勝者:レイミステリオ ICタイトル獲得

8/23のサマースラムの宣伝。

実況はRAWチーム。先週のRAWのCM無し特番のハイライト映像。

バックステージでHHHがテーピングしている。

別のバックステージで、ジェリコがテディを怒鳴っている。今夜にも再戦を行いたいと言うが、テディは拒否。この仕事を5年やっているが、全ての者の希望を叶えることなどできないと言う。ジェリコは5年もやらせてはいけなかったのだと毒づく。

ジグラーとカーリーのこれまでのハイライト。

グレートカーリー vs ドルフジグラー
DQとカウントアウト無しのルール。4分手前にケインがリングに乱入。ジグラーを追いかけ、カーリーにイス攻撃を見舞うと立ち去る。ジグラーがカーリーを押さえ込んで3カウント。
勝者:ドルフジグラー

テディがオフィスにいるとビンスが入ってくる。ビンスはこれまで、テディは仮採用だったと謝罪する。そして5年間のGM在任期間はWWE記録だと言うと、これからもテディは仮採用だという。

火曜日にシナ主演の映画「12ラウンド」のDVDが発売されるという宣伝。

コロンズ vs テッドデビアス、コーディローズ vsエッジ、クリスジェリコ WWE統一タッグタイトルマッチ
試合前、テディロングが現われて、試合を急遽3ウェイにするというと、エッジ、ジェリコ組が登場。序盤は誰もエッジ、ジェリコ組とタッチしようとしないが、エッジが不意をついて勝手にタッチし、試合権利を得る。エッジがカリートをスピアーで仕留めカウント3。
勝者:エッジ、クリスジェリコ WWE統一タッグタイトル獲得

7/26のナイトオブチャンピオンズの宣伝。

RAW実況チームがナイトオブチャンピオンズの話題に触れる。全てのタイトルマッチが行われると言う。

バックステージでオートンがテッド、コーディに対し、さっきの試合のことは忘れて、オートンのタイトル防衛に向け集中しておけと言う。テッドは、自分達がただの道具にされているのではないかと不満そうな様子を見せて立ち去る。コーディはテッドと話をしてくると言う。

メリーナ vs ミッシェルマクール 女子タイトルマッチ
観客は「boring」チャント。試合にはミッシェルのセコンドのアリシアフォックスがちょっかいを出している。
勝者:ミッシェルマクール 女子タイトル防衛

Smackdown実況チームが今夜の世界ヘビー級タイトルマッチについて語る。

パンクとジェフハーディのこれまでをまとめたビデオ。

CMパンク vs ジェフハーディ 世界ヘビー級タイトルマッチ
ジェフはフェイスプリント無しで登場。序盤からパンクがG2Sにトライするが、ジェフは丸め込みに切り返す。場外でジェフがパンクにダイブするが、パンクが回避。ガードレールに自爆してしまい、危うくカウントアウトしそうになる。パンクのブルドッグがヒット。ジェフがキックアウト。ジェフがツイストオブフェイトからスワントーンを狙うが失敗。丸め込みでニアフォール。さらにツイストオブフェイトから今度はスワントーンがヒット。カウント3が入る。観客は大喜び。しかし、サブレフリーがパンクの足がリング外に出ていたと判定。試合が再開される。パンクはすぐさまG2Sにトライするが、察知していたジェフが回避。パンクは目を痛めた素振りを見せ、放ったキックがレフリーに誤爆。DQが宣告される。
勝者:ジェフハーディ DQの為、タイトルは移動せず
観客達はこの結果に怒っている。

試合後、ジェフはすぐにパンクに駆け寄り、リングに引き戻して攻撃を加え、レフリーたちが止めに入る。それを振り払って再びパンクを攻撃。

バックステージで、コロンズがテディのオフィスへ入っていく。テディは先ほどの試合の決定はビンスの命令だったというと、立ち去るように言う。

オートンがロッカールームにいる。コーディに電話をかけるが、留守番電話になっている。オートンは電話をかけ返せと言って切る。

RAW実況チームがシナとミズについて話す。これまでをまとめたビデオ。

ジョンシナ vs ミズ
ゴングと同時に客席からシナチャント。ファイブナックルシャッフル、アティテュードアジャストメント、STFのフルコースでミズがタップアウト。
勝者:ジョンシナ

HHHとオートンの抗争をまとめたビデオ。
ランディオートン vs HHH 3ステージズオブヘルWWEタイトルマッチ
マイケルコールはHHHにとって3度目の3ステージズオブヘル戦と説明。過去の対戦相手であるスティーブオースチン、ショーンマイケルズ共に、HHHが勝利していると説明する。
リリアンが両者のコール。ステージ1の通常ルールマッチがスタート。
HHHがイスを持ち出してオートンを殴りDQ判定。オートンが1勝を上げる。判定の後もHHHはイスでオートンを殴り続ける。
ステージ2のフォールズカウントエニウェア戦がスタート。場外でHHHのぺディグリーが決まってピンフォール。戦績は1対1になる。
ステージ3のストレッチャーマッチがスタート。HHHがオートンをストレッチャーに載せるが、ギリギリでオートンがストップ。2人は客席で乱闘開始。リングサイドに戻って、オートンがHHHを鉄階段に突っ込ませる。オートンは鉄階段をリングに入れるが、HHHがステップトーホールドでオートンを倒し、鉄階段にオートンの顔面をぶつける。さらに鉄階段でオートンを殴ってストレッチャーに載せる。花道まで押していくが、オートンが起き上がって阻止。場外でオートンのDDTがヒット。パントキックを狙うがHHHが回避。HHHがぺディグリーを狙うが、オートンがリバース。そのままHHHがストレッチャーの上に落ちる。オートンがそのままストレッチャーを押してゴールラインを超えようとするが、直前にHHHがストレッチャーからずり落ちてしまう。花道でオートンがRKOにトライ。しかし、HHHはオートンをステージへ突き飛ばして回避すると、ぺディグリーを決める。ストレッチャーにオートンを載せるが、あと少しのところでコーディが現われて妨害。HHHがコーディを叩きのめしてもう一度ラインを超えようとすると、今度はテッドが妨害に現われる。テッドとコーディの2人がかりでHHHを叩きのめすと、オートンを助け起こす。HHHはスレッジハンマーを持ち出してテッドとコーディを排除。オートンはHHHの股間を蹴り上げて、セットの破片で殴る。HHHをストレッチャーに載せてゴールラインを突破。
勝者:ランディオートン WWEタイトル防衛

オートンがベルトを掲げる。HHHが背後から歩み寄ってスレッジハンマーで殴り倒す。HHHはスレッジハンマーを投げ捨てて、足を引きずりながら退場していく。しかし、もう一度オートンの元へ戻ってDXチョップ。倒れたレガシーの中で、オートンだけが自力で立ち上がり、引き上げていく。

PPV2大会の名称とコンセプトが変更

6/27付WWEニュース速報です

★6/25放送分スーパースターズ視聴率は0.9%でした。

★WWEは10/4開催予定だったノーマーシーの名称をヘルインアセルに、10/25開催予定だったサイバーサンデーをアニヒレーションに変更すると発表しました。ヘルインアセルは全戦を金網マッチで行い、メインはヘルインアセル戦で争われ、アニヒレーションのメインイベントはサブミッションマッチになると予想されています。

★ハリケーンヘルムズがツィッターで、ポールバーチルの兄弟がアフガニスタンで亡くなった為、しばらくバーチルは欠場することになったと報告しています。

◆6/26の午前3時にジェリー「ザキング」ローラーの息子で、グランマスターセクシーなどのリングネームでWWEやTNAに所属していたことのある、ブライアン・クリストファー・ローラーが、公共の場で薬物を使用し、酩酊していた罪で逮捕されました。コンビニエンスストアの外に設置してあった冷却装置を、ブライアンが倒してしまったとして店員が警察に通報し、まもなく駆けつけた警官の尋問に対し、不明瞭な受け答えしかできず、また、警官に対して挑発的な態度を取った為、激昂した警官に逮捕されたそうです。
ブライアンは今年の2月にも騒動を起こして逮捕されており、今年2度目の逮捕とのことです。

ドラゴンゲートUSAのイベントにJRとキングが登場

6/25付WWEニュース速報です

★6/23放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★ニッキーベラが、RAWの試合中、顎に軽傷を負ったそうです。

★WWEは身長6フィート8インチ(203cm)、体重295ポンド(134kg)でボディビルダー体型の、アーロン・リードとディベロップメンタル契約を結んだそうです。リードは、レスリングのトレーニングを受けたことが全く無いそうです。

☆6/22放送分RAWの視聴率が4.5%と非常に高い数値を久しぶりに記録できたのは、CM無し特番だったことよりも、ドナルドトランプの登場がはるかに大きな影響を与えたと、WWE上層部は判断しているそうです。CM無し特番は、USAネットワークから提案されたとされており、それに合わせた話題づくりでトランプをブッキングしたと見られています。

☆6/22放送分RAWの会場で、シナが投げ込んだ帽子を受け取り、リングサイドに投げ返した観客がいたと報じられていましたが、その観客は少年だったそうです。その後、その少年はセキュリティに連れられて退場させられたそうです。

☆元TNAレフリーで、レスラーとして試合も行ったシェインシーウェルがFCWの収録大会に登場し、レフリーを務めていたそうです。また、同大会にはアンダーテイカーのキャデラックエスカレードで、テイカーとミッシェルマクールが来場する姿がファンに目撃されています。

◆Mrケネディはフェイスブックの中で、WWEとの契約にプロテクト期間が設定されていなかったことを明らかにしています。

◆Highspots.comが9/6にシカゴで主催する、ドラゴンゲートUSAのイベント開始前に、JRとキングがサイン会を行うそうです。

◇キャンディスミッチェルが解雇された理由の一つに、欠場期間中に体重が増えてしまったことがあげられているそうです。解雇される前に、一度RAWの収録にミッチェルが呼ばれていたそうですが、そのときにディーバとして出場できる体型ではないと上層部が判断し、解雇が決定的になっていたのだそうです。

◆WWEを解雇された元スコッティゴールドマン(コルトカバナ)がインタビューの中で、ビンスマクマーンについて、彼のオフィスに話をしにいったときは、だいたい威圧的に対応されて、ほとんど何もしゃべらなく、解雇されたときは、他の者と同様、排泄されるように放り出されたとしています。また、毎日トレーニングを積んでいる自分よりも、62歳のビンスの方が体格がよく、プロテインやサプリメントの常用者に特有の酷い体臭を放っていたとコメントしています。

◆解雇されたキャンディスミッチェルは、現在、サイン会のみブッキングを受け付けています。

マットハーディが再び負傷?

6/23付WWEニュース速報です

★6/22放送分RAW視聴率は4.5%でした。

△マットハーディがスーパースターズの収録試合の中で、腹筋を断裂したらしいとF4オンラインが報じています。今週末にも手術が行われるそうです。

★6/22放送分RAWの会場では、観客が持ち込もうとしたランディサベージ関連のサインボードが全て没収されていたそうです。

★リックフレアーのエージェントが、フレアーからファンへのメッセージとして、現在WWEとフレアーのエージェントが出演交渉を行っているとし、世界中のファン達と会える日を楽しみにしているとコメントを出しています。

☆ドナルドトランプの絡むストーリーは短い期間で計画されていたものの、前回のRAWで終わるほど短いとは予想されていなかったそうです。6/15の3時間スペシャルでトランプのRAW買収を発表した後の観客やメディアの反応が予想以上に悪かった為、計画が変更されたのではないかと考えられています。一方で、6/22放送分RAWのストーリーは例によって直前まで決まっておらず、トランプからビンスが買い戻すというストーリーも、ギリギリになってから決定されたと見られています。
なお、6/15の放送直後と異なり、6/22放送分でビンスがトランプからRAWを買い戻してトランプをクビにしたという話は、一般メディアにはほとんど取り上げられていません。

★WWEはトランプからビンスがRAWを2倍の金額で買い戻し、トランプを解雇したというプレスリリースを出していますが、その中で2人の対決はまだ終わっていないとしています。

☆アンダーテイカーの手術は成功しており、現在復帰に向けてトレーニングを積んでいるそうですが、まだ体のダメージはかなり残っているそうです。一方、テイカーは今のWWEには彼の助けが必要だと考えており、一刻も早くSmackdownに復帰するつもりでいるそうですが、上層部はテイカーのキャリアを考えると、無理はさせられないと慎重に様子をみているそうです。

★6/23のECW/Smackdown収録で行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○ドリューマッキンタイヤー vs ジェイミーノーブル●

スーパースターズ
○ドルフジグラー vs ジミーワンヤン●

○ジャックスワッガー vs エヴァンボーン●


6/26放送分Smackdown収録結果簡易速報

6/26放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ビンスが登場する。
テディロングがメインイベントは、エッジ、クリスジェリコ vs ジェフハーディ、レイミステリオのレイジインケイジ戦で、特別レフリーはCMパンクと発表する。

○Rトゥルース vs シェルトンベンジャミン●

○ミッシェルマクール、アリシアフォックス vs メリーナ、ゲイルキム●

グレートカーリーvsドルフジグラー戦をザバッシュで行うと発表。

○ジョンモリソン vs CMパンク● ノンタイトルマッチ
好試合。試合後に両者握手を交わす。

○エッジ、クリスジェリコ vs ジェフハーディ、レイミステリオ● レイジインケイジ

6/23放送分ECW収録結果簡易速報

6/23放送分ECW収録結果簡易速報です

○エヴァンボーン vs タイソンキッド●

○フィンリー vs ザックライダー●
フィンリーがローブローからピンフォールを奪う。

○ジャックスワッガー、マークヘンリー vs トミードリーマー、クリスチャン●
試合後にヘンリーがスワッガーを攻撃する。

入場料の払い戻しは本当だったようです

6/22付WWEニュース速報です

★6/22放送分RAWの収録会場のあちこちに、入場料の払い戻しを受ける方法が記されていたそうです。観客全員が払い戻しを受けたとすると、WWEは23万5千ドル程度を払い戻したことになります。

★6/22放送分RAWのシナの入場シーンで、シナが客席に投げ込んだ帽子は、シナに反発するファンによってリングサイドに投げ戻されていたそうです。しかし、それ以外は概ね、フェイスに声援、ヒールにブーイングが送られていたそうです。

★RAWの放送終了後も、勝ち誇っていたミズに対し、起き上がったシナがアティテュードアジャストメントを見舞ったそうです。

★6/22放送分RAWで行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○シーマス vs ジェイミーノーブル●

WWEスーパースターズ

○コフィキングストン vs MVP vs マットハーディ● USタイトルマッチ
キングストンがマットを仕留めてタイトル防衛。


6/22放送分RAW試合結果速報

6/22放送分RAW試合結果速報です
今週はコマーシャルブレイク無し特番です

先週のハイライトでスタート。
RAWのオープニング映像の最初にトランプが登場。ロゴ画面の上部にトランプの名前がクレジットされている。
マイクについているロゴマークにも、トランプの名前がクレジットされている。

リリアンがトランプをコール。トランプは今夜のRAWはCM無しだと言い、さらに来場した観客達には、入場料を全額払い戻すという。観客は大歓声。マクマーンが搾取する者で、トランプは与える者であるというと、ショーを楽しんでくれという。

ジョンシナがリングに登場。トランプの先ほどの発言を繰り返すと、今夜ビッグショーと対戦するという。続いて、話をミズに向け、これまでシナをコケにしてきたことに触れると、ミズを呼び出す。ミズはシナを腰抜けだと呼ぶ。シナは自分達は2人ともザバッシュでは別の相手と試合が決まっていると言い、ミズはWM25において、8万人の観客達から、「You can't wrestle」チャントを浴びていたという。ミズはシナにマイクを投げつけ殴りかかるが、シナがブロック。あざ笑うシナを他所に、ミズは逃走する。

ビンスのリムジンが会場の少し手前で故障している。運転手はガソリンスタンドがすぐ近くにあるとビンスに告げるが、ビンスは人生の中で一度もガソリンスタンドには行ったことがないという。運転手は歩いて行けますというが、ビンスは運転手の背中に飛び乗っておんぶさせようとする。しかし、運転手が転倒してしまい、ビンスは運転手のケツを蹴る。

今夜、ビンスの別れのスピーチがあるとアナウンス。

ジェフハーディ、グレートカーリー、レイミステリオ vs クリスジェリコ、ドルフジグラー、エッジ
実況はSmackdownチーム。CMパンクが実況席に加わる。試合はジェフがジグラーをスワントーンで仕留める。
勝者:ジェフハーディ、グレートカーリー、レイミステリオ
試合後、パンクがリングに上がってジェフの腕を掲げるが、パンクであることに気付いたジェフが振り払う。

バックステージでビンスがトランプのオフィスに入ろうとするが、鍵がかかっている。サンティナマレラが現われて、ついにビンスに会うことができて光栄ですという。ビンスはオフィスに入れないのだというと、サンティナはビンスとトランプがオフィスを共有するのなら、そこは「マクドナルド」ですねという。
トランプがオフィスから出てくると、RAWを買うと同時にオフィスも買ったのだと言い、ビンスのオフィスは通路の向こうだと言う。ビンスが立ち去ると、トランプはサンティナに、お前は誰だと問う。サンティナはミスレッスルマニアだという。トランプは、お前がミスカリフォルニアだったとしても同じことを言ってやるというと、クビを宣告する。サンティナはショックを受け立ち去る。すぐにサンチノが現われ、彼女は良くやったという。

プリモコロン vs コーディローズ
今夜のWWEタイトルマッチまでの時間がカウントダウンされている。残り14分ほど。観客は試合に無関心。コーディがタイツを掴んだ丸め込みで勝利。
勝者:コーディローズ

バックステージでビンスがロッカールームに入っていく。ゴールダストとホーンズウォグルがいる。ゴールダストは自分のかつらをビンスに被せるが、ビンスはかつらを床にたたき付ける。2人が出て言った後、ビンスの名札がトイレの個室のドアに表示されているのを見つける。これがビンスのオフィスらしい。ビンスは威厳も何もズタズタだと嘆く。するとトイレの中から水を流す音が聞こえ、ウォールストリートジャーナル紙を持ったフェスタスが出てくると、新聞をビンスに渡して立ち去る。

ランディオートン vs HHH ラストマンスタンディングWWEタイトルマッチ
試合前、HHH、オートン、マクマーン家のこれまでのストーリーをまとめたビデオが流れる。
オートンは序盤、HHHの脚や膝を集中攻撃していく。場外でオートンが鉄階段でHHHの頭を殴り、実況テーブルにセット。HHHはローブローで逆転してぺディグリーを狙うが、抜け出したオートンのRKOがヒット。しかし、テーブルは壊れない。HHHはカウント9で立ち上がる。今度はHHHがショルダースルーでオートンを実況テーブル上に投げ落とす。今度もテーブルは崩壊しない。HHHはモニターでオートンを殴るが、オートンは立ち上がる。HHHのスパインバスターが花道でヒット。オートンはかろうじて立ち上がる。HHHがぺディグリーを狙うと、オートンがリバースしてHHHを花道に叩き落す。
HHHがラダーを持ち出しオートンを殴ろうとするが、オートンはしゃがんで回避。2人のスタッフの頭にラダーが誤爆。ステージ付近で、オートンがラダーをHHHの脚に投げつけ、ラダーからのRKOを狙うが、オートンを押しのけて回避したHHHが、金属製の床にぺディグリーをヒット。しかし、HHHも膝の痛みに苦しんでいる。両者ダウンからカウント10が宣告される。
試合結果:両者カウントアウトによるドロー タイトルはオートンが防衛
助け起こされたHHHは、退場前にオートンにキック。助け起こされたオートンにベルトが渡される。

バックステージでミズがマリースの気を引こうとしている。マリースは、それならなにかすごいことをやって見せろという。

今週のSmackdownで、ジェフハーディ、レイミステリオ vs エッジ、クリスジェリコのレイジインケイジという金網戦を行うとアナウンス。

トランプがリングに登場。マリアとイブが同行する。トランプは、会場のファンには入場料を返却し、視聴者達はCM無しの放送を見ているという。そして、RAWに新GMは任命しないつもりだとし、その代わりに毎週有名人をRAWの司会者として招聘するつもりだという。そして、その人物は俳優かもしれないし、WWEチャンピオンかもしれないという。さらにWM26のプランについて話そうとすると、ビンスが登場。ビンスはグリーンベイ(今回の開催地)の客など、金を返すに値しない連中だという。観客は大ブーイング。さらに、トランプはRAWを毎週、CM無しの放送にすることを考えているらしいが、そんなことを半年も続けられたら、トランプも破産してしまうという。
トランプはCM無しの放送を続けるプランを検討していると認めるが、自分には多くの億万長者の知人がおり、ビンスに支払った額の2倍の金を受け取っているから大丈夫なのだという。ビンスはこれを疑い、受け取った金を返すからRAWを返せという。トランプは相手にしない。ビンスは売却額に25%を上乗せするというが、相手にされず、50%、75%と上げていくも、全て拒否される。ビンスはついに2倍の額で買い戻すというと、トランプが同意。ビンスはトランプが今後顔を出したら、たたき出してやるという。トランプがビンスにビンタ。セキュリティが二人を押し分ける。ビンスが激怒している間、トランプは観客に別れを告げている。

バックステージでビンスがレガシーに近づいていく。ビンスはコーディとテッドに席を外すよう指示。オートンはビンスに、ザバッシュでのHHHとの防衛戦をキャンセルするように言うが、ビンスはタイトルマッチは行うと言い、ルールは3本勝負で1本目は通常ルール、2本目はフォールズカウントエニウェア、3本目はストレッチャーマッチの3ステージズオブヘルマッチを行うという。

今週のスーパースターズで、コフィキングストン vs マットハーディ vs MVPのUSタイトルマッチを行うとアナウンス。

マイケルコールは、3本勝負がWWEで行われるのは6年半ぶりであるという。

ミッキージェームズ、ベラツインズ vs マリース、ベスフェニックス、ロサメンデス
ミッキーがスーパーキックでロサを仕留める。マリースはミッキーとの接触を避ける。
勝者:ミッキージェームズ、ベラツインズ

リングでキングとコールがザバッシュの決定済みカードを発表。

ビッグショー vs ジョンシナ
ショーがセカンドロープからのスプラッシュをヒットしてキャメルクラッチ。シナは脱出してSTF。ミズがリングサイドに出て来て、シナの注意がそれると、ビッグショーがその隙にノックアウトパンチを狙うが、ダッキングでかわしたシナがショーを担ぎ上げてアティテュードアジャストメントの体勢。しかし、レフリーの死角でミズがショーを押し、バランスを崩したシナの上からショーが押しつぶす体勢になってしまい、ショーが勝利。
勝者:ビッグショー
倒れたシナをまたいでミズが立つ。

駐車場でランディオートンがゆっくりと車に向かう。HHHが背後から襲い掛かり、オートンの上半身をトランクに押し込んでドアをたたき付ける。痛みに倒れ込んだオートンの横に座り、まだまだだというと、ザバッシュでWWEチャンピオンになってやるという。

米国証券取引委員会がWWEとUSAネットワークを問題視

6/20付WWEニュース速報です

★WWEはEメールアドレスを登録している会員に対し、新たなPPV大会の名称に関するアンケートを送信したそうです。アンケートの内容の一つ目は、ブラックアウト(放送中止)、アニヒレイション(殲滅)、ゼロ・トレランス(許容)、ノックアウトの4つの内、どの名称が良いかというもので、2つめは、全試合が金網戦の大会の名称として、ノーエスケープ、レイジ(猛威)インケイジ、ヘルインアセル、ロックアップ(留置所)のうちのどれが良いかというものでした。

★ジョンシナがメジャーリーグのシカゴカブス主催ゲームで始球式を行った際のインタビューの中で、5ナックルシャッフルはどういう経緯で生まれたのかという質問に対し、弟が自分とのケンカの際に挑発としてよく行っていたポーズを勝手に使ったとコメントしています。

☆WWEがRAWをドナルドトランプ氏に売却したことを、USAネットワークがPRニュースワイヤーという報道番組の中で、ストーリーラインであることに触れないまま報じた事で、WWEの株価が報道のあった火曜日の午前中だけで7%も下落してしまった事に関し、SEC(アメリカの証券取引等監視委員会にあたる組織)は、USAネットワークの親会社であるGE社とWWEを、証券取引法違反の可能性があるとして調査していると、FOXビジネスチャンネル等が報じています。立件の可能性は低いと見られていますが、証券取引法の適用は年々厳しくなっており、全く立件される可能性が無いとは言いきれない状況にあるそうです。
なお、USAネットワークは、問題の報道の2日後に、売却話がフィクションであると認め、混乱を招いたことを謝罪しています。

キャンディスとシムスヌーカが解雇

6/20付WWEニュース速報です

★6/18放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.9%でした。

★WWEは6/19付でシムスヌーカとキャンディスミッチェルを解雇しました。

☆シムスヌーカの解雇理由は、ドラッグテストとは無関係で、クリエイティブチームが彼の活用法を何も用意できないと判断した為だとされています。

☆キャンディスの解雇に関しては、数ヶ月前に若いディーバを売り出すために、キャンディスを当て馬に使うプランを検討しており、このときに怪我の状態を医師に確認したそうですが、思わしくない評価が下った為、この時点で起用は見限られてしまったそうです。

★ディベロップメントのジョセフ・カンターベリー(ヘンリーゴッドウィンの息子)が、マイスペースに先週WWEから解雇されたというメッセージをアップしています。

☆ウマガがドラッグテストに失格した原因物質は、体の見た目や身体能力を向上させる類のものではないと見られているそうです。ウマガの一度目のウェルネスポリシー違反は、HGH(ヒト成長ホルモン)の使用によるものとされていますが、ホルモン剤の使用による違反は、ウェルネスポリシーでリハビリ施設入りが義務付けられておらず、ウマガの解雇理由がリハビリ施設入りを拒否したためと発表されているため、少なくとも今回は別のカテゴリーに属する物質だと推測されています。

△F4オンラインは、解雇される直前のウマガに対する上層部の評価は低く、彼を解雇する理由付けのために、ドラッグテストに失格したと発表したのではないかと報じています。ウマガがいつドラッグテストに失格したのかは明らかにされていませんが、これは、明らかにできないのだとしています。

☆Superluchas.netは、ついにWWEとドスカラスJrが契約を交わしたと報じています。新たなメキシカンのトップスターとして、近いうちに一軍デビューするとされています。

☆グレートアメリカンバッシュのタイトルをザバッシュに変更したのは、GABのタイトルがWCWから引き継いだものであり、ビンスがWCWのあらゆる手法を嫌っているために、これを廃止したとされています。

◆ポールロンドンは、最近、ピザハットのCM撮影を行ったそうです。

◆元メジャーリーガーのダスティ・ローズが死去したため、混同されて元レスラーのダスティ・ローズが死去したという誤った噂が一部で流れているそうです。

フレアーGM就任の噂はおとりだった!?

6/17付WWEニュース速報です

★6/15放送分RAW視聴率は3.72%でした。通常放送されている2時間のみの平均視聴率は3.92%でした。

★6/16放送分ECW視聴率は1.1%でした。

☆ミステリオとWWEとは、給与面で対立があるとされていますが、WWEの歳入の減少に伴い、ミッドカード以下の選手達は、軒並み給与が下がるとみられており、それを心配しているそうです。

☆ビッキーゲレロ最後の出演となったRAWのバックステージでは、多くの選手やスタッフ達が、彼女をねぎらう姿があったそうです。また、多くの人々がビッキーの最後のスキットの扱いに不満を抱いていたそうです。

☆足首を痛めて欠場していたキャンディスミッチェルは、医師から試合の許可がようやく降りたそうです。

★先日のRAW3時間スペシャルのバックステージに、リックフレアー、シャノンムーア、カルロスコロン(コロンズの父)らが訪れていたそうです。フレアーは周囲の人々に、3週間前のRAWでオートンから受けたパントキックのダメージが大きいことをアピールするために、しばらく番組から離れる予定になっていると話していたそうです。また、リングサイド席ではリッキースティムボートJr、デビッドフレアー(リックの息子)が観戦していたそうです。

☆6/15のRAWがリックフレアーの地元のシャーロットで行われることをWWEが逆手に取り、フレアーが番組に復帰するという噂を意図的に流すことで、新GMがドナルドトランプであることがリークしないように利用したのではないかという噂が流れています。
なお、依然として多くの人物が、新GMはフレアーになると予想しているそうですが、WWEは例によって、直前まで決定を下さないと見られています。

★マットハーディはツイッターで、バックラッシュで骨折した左手が完治したと医師から伝えられたことを明らかにし、本格的なトレーニングを再開する準備をしているとコメントしています。

★WWEのロードエージェントを務めている、ホールオブフェイマーのジェリーブリスコ(62歳)が心筋梗塞で倒れたそうです。直ちに入院し、6/17に手術を受けたそうです。その後の経過についてはまだ報じられていません。なお、病名は当初、脳卒中と報じられていましたが、誤りだったそうです。

☆CMパンクのヒールターンについて、WWEは公式な決定を下していないそうですが、ジェフハーディとの試合を組んだ以上、観客がジェフをフェイスとみるのは明らかであり、ヒールターンは避けられない状況にあるそうです。
なお、パンクのプロモの大半は、マイケルヘイズが手がけているそうです。

☆エッジは先週末、体を回復させる為に休養を取っていたそうです。エッジのダメージは蓄積しており、ハウスショーなどの遠征からは近いうちに外され、スケジュールの負担を軽減する措置が取られるだろうと見られています。

☆次回のRAWをコマーシャルブレイク無しで放送するアイディアを提供したのは、USAネットワークのボニーハマー社長だったそうです。NBAファイナルが終了した今、ケーブル局同士の視聴率競争が本格化しており、USAもライバルのTNTとの競争に勝つべく、あらゆる手段を講じているそうです。

6/16放送分ECW試合結果簡易速報

6/16放送分ECW試合結果簡易速報です

ダークマッチ
○ドリューマッキンタイヤー vs ジミーワンヤン●

ECW
○クリスチャン vs デイビーハートスミス●

○マークヘンリー vs エヴァンボーン●

○ジャックスワッガー vs トミードリーマー●

オートンが婉曲的にフレアーのようにはなりたくないと発言

6/15付WWEニュース速報です

★6/11放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.9%でした。

★6/12放送分Smackdown視聴率は1.8%でした。

☆6/15放送分RAWに出場したCMパンクの手首に巻かれていたテープには、MISAWAと書かれていたそうです。

★ランディオートンがインタビューの中で、50歳、60歳にもなって金のための番組に出演し続けなければならないレスラー人生を送る気はなく、40代半ばまでには2~3人の子供育てていくのに十分な蓄えをするつもりだと、名前は出さないものの、暗にリックフレアーのような人生を送りたくはないという旨の発言をしています。ただ、パフォーマーとしてのフレアーについては、賞賛しています。また、自分が業界に入った際、フレアーは素晴らしい指導者であったとしながらも、今の地位を築くことができたのはHHHと父(ボブオートン)のおかげだと語っています。

☆来週のRAWはコマーシャルブレイク無しで放送されることが発表されましたが、放映権料は通常通りの額がUSAネットワークからWWEに支払われるそうです。このため、何が何でも高視聴率を獲得しなければならないと、WWEは逆に追い込まれているそうです。

△ミステリオがWWEを辞めたという噂が流れた際、真っ先にこれを否定したF4オンラインは、ミステリオとWWEの契約延長交渉の際、ミステリオサイドが金銭面で異議をとなえ、これにWWE上層部が反発する事態があったものの、ミステリオがWWEを去るというほどの事にはならなかったと報じています。

★6/18放送分スーパースターズで放送される試合の結果です。

○チャボゲレロ vs サンチノマレラ●
実況はRAWチームが担当。


6/15放送分RAW試合結果速報

6/15放送分RAW試合結果速報です

キングとコールの2ショットでスタート。コールはビンスが今夜は来場していると言う。そして、新GMが発表されるだろうと言う。キングは別の用件も兼ねているらしいという。

先週のRAWのハイライト映像。レガシーがバティスタを叩きのめし、HHHが現われてオートンを叩きのめしたシーンが流れる。

オープニング映像とパイロ。

キングとコールが、3ブランド合同のRAW3時間スペシャル開幕の挨拶。今夜、オートン vs HHH vs ビッグショー vs シナのフェイタル4ウェイで新WWEチャンピオンを決定することが決まっているというと、ECWチームを呼ぶ。ECWチームはECWチャンピオンのトミードリーマーがクリスチャンを相手に防衛戦を行うと言う。今度はSmackdownチーム。CMパンクがジェフハーディ、エッジと3ウェイで世界タイトルの防衛戦を行うと言う。

クリスジェリコ vs レイミステリオ ICタイトルマッチ
ジャスティンロバーツがリングアナウンサーを務める。Smackdownチームが実況。ジェリコがマイクで、自分がSmackdownに移籍したため、RAWは便所に流されてしまったようなものになってしまったという。そして、ミステリオのマスクについて、奴の凋落の要因となるだろうという。コーナーにスクリーンが設置され、WWEタイトルマッチ開始までの時間がカウントされている。残り1時間半くらいを表している。さらに実況席の下には、「独占ニュース」という垂れ幕が下がっており、ビンスの新GM発表が行われると書かれている。
好試合。ジェリコがミステリオに619を狙うが、ミステリオはカウンターのプファドーラで素晴らしい反撃を決める。ミステリオはトップロープからダイブするが、ジェリコがマスクを掴んで逆向きに回し、目をふさぐ。ミステリオがマスクを直す隙にコードブレイカーを決めて勝利。
勝者:クリスジェリコ ICタイトル防衛

バックステージでジョシュマシューズがオートンにインタビュー。オートンは、HHHがスレッジハンマーなしではオートンに立ち向かう勇気など持っていないという。そして今夜奴に立場をわきまえさせてやると言う。シナが現われ、オートンを罵倒して立ち去る。

先週のビッキーゲレロの辞任発表シーンがリプレイされる。

ビンスにコールが新GMは誰なのかと尋ねている。ビンスは、自分は発表しないという。そして発表は別の人物から行われるというと、RAWはその人物に売却したという。キングが慌てて誰に売却したのかと尋ねる。ビンスはWWEタイトルマッチの後に明らかになるという。

トミードリーマー(c) vs クリスチャン ECWタイトルマッチ
リングアナはトニーチメル。実況はECWチーム。
観客は試合に無関心。短い試合。クリスチャンが足首を捻ってしまったところをドリーマーがスモールパッケージで仕留める。
勝者:トミードリーマー タイトル防衛

バックステージでベラツインズとケリーケリーが、RAWの新オーナーの予想をしている。

バティスタの手術の様子が写真で紹介される。欠場期間は4ヶ月の予定。

ランディオートン vs ビッグショー vs ジョンシナ vs HHH WWEタイトルマッチ
やや短めの試合。ビッグショーが他者を圧倒するが、HHHがぺディグリーでショーを沈黙させると、カバーはシナがカット。HHHにアティテュードアジャストメントをヒット。さらにショーにもAAをヒットする。しかしオートンがシナを場外に投げ落として、ショーにRKOをヒット。そのままカバーして3カウント。
勝者:ランディオートン WWEタイトル獲得
ステージでベルトを掲げるオートンを、残った3人が睨んでいる。

ビンスは家族や友人達に、ビジネスを続けていく上での正しい選択として、RAWの売却に踏み切ったことを説明したという。そして他に選択肢がなかったのだというと、新オーナーはドナルドトランプだという。トランプが中継で登場。トランプはビンスがかつてできなかったほどの観客を自分が呼ぶのだと言う。そして、来週のRAWはコマーシャルブレイク無しで放送すると言う。そしてビンスに対し、坊主頭の方が似合うと言うと、来週のRAWには直接来場するという。ビンスも来週のRAWで、別れのスピーチを行うと言う。しかし、今夜はまだ自分が責任者だというと、ザ・バッシュでのオートンに対する挑戦者を今夜、10人バトルロイヤルで決定すると言う。

ミッキージェームズ vs ロサメンデス
マリースがリングサイドで観戦。ミッキーがスイングDDTで勝利。
試合後にマリースに挑戦を表明する。
勝者:ミッキージェームズ

ゴールダストとホーンズウォグルが、リングから客席に向かってTシャツバズーカを打ち込んでファンサービス。ミズがリングに現われてシナを罵倒。ミズはゴールダストとウォグルがまだリングに残っていることに気付くと、何をやっているのかと問い詰める。ゴールダストは、ミズがシナを追い詰めたいのであれば、自分がアーメドジョンソンにマウストゥマウスをやったときの事を思い出せという。
ミズはゴールダストなど10年は時代遅れであり、今の彼はジョークに過ぎないと言うとDDTを見舞う。さらにウォグルに向かってTシャツバズーカを向け、打たないように懇願させるが、結局股間目掛けて打ち込む。

バックステージでジョシュマシューズがCMパンクにインタビュー。パンクは、何割かのファンは、自分がMITBをジェフハーディに使用したことが気に障ったようだという。昨年はエッジに対して使用し、タイトルを奪ったことでスラミーアワードを受賞するほど、ファンが喜んでくれたという。もし、今年のエクストリームルールズのラダーマッチでエッジが勝利していれば、今年も同じ結果になっていただろうというと、しかし、人気者のジェフからベルトを奪った気分は悪くないと言い、ジェフはタイトル挑戦にふさわしい選手だから、タイトルマッチに加えたと言う。

CMパンク(c) vs エッジ vs ジェフハーディ 世界ヘビー級タイトルマッチ
トッドはパンクが初めて2度、MITBの権利を行使した選手になったというが、実際はエッジがすでに行使している。好試合。試合中、パンクは膝を痛めた様子。ジェフとエッジの一騎打ちになり、ジェフのスワントーンがエッジにヒット。しかし、カバーするジェフをパンクが引き剥がして場外に投げ落とし、鉄階段にたたきつけると、素早くリングに戻ってエッジをカバーしてピンフォール。
勝者:CMパンク 世界ヘビー級タイトル防衛
試合後、GMのテディロングが登場。ザバッシュで、CMパンクはジェフハーディを相手に防衛戦を行ってもらうとアナウンス。

ハートダイナスティ(DHスミス、タイソンキッド) vs コロンズ ノンタイトルマッチ

テッドとコーディが実況に加わる。レガシーの2人は、ザバッシュでコロンズのタイトルに挑戦することが決まっている。カリートが勝利を決めると、レガシーの2人が乱入。倒れたコロンズを見下ろしている。
勝者:コロンズ

バックステージでサンチノマレラがビンスに、RAWの役員人事がどうなっているのかとたずねる。ビンスはトランプがやりたいようにやるだろうと言う。そして、電話では今夜のメインイベントの後に発表する様子だったが、本当にやるかどうかはわからないと言い放つ。

今週のSmackdownで、CMパンク vs レイミステリオ vs ジェフハーディ vs クリスジェリコ戦が行われるとアナウンス。

ザバッシュでのWWEタイトル挑戦者決定10人バトルロイヤル

出場者:コーディローズ、テッドデビアス、MVP、マットハーディ、ウィリアムリーガル、コフィキングストン、ミズ、ビッグショー、ジョンシナ、HHH
MVPはマンUのTシャツを着ている。キングとコールは、この試合の後、トランプから発表があるという。
ショーがマットとMVPを失格させる。残った全員でショーを排除。ミズが場外に出る。試合の様子を花道からオートンが眺めている。レガシーの2人がキングストンとリーガルを落とす。残ったのはHHH、シナ、テッド、コーディの4人。シナがテッドを仕留め、HHHがコーディを仕留める。ここで、リング下からミズが現われる。どうやらトップロープを超えていなかったらしい。シナとHHHを落とそうとするが、結局落とされてしまう。HHHがシナを落として勝利。
勝者:HHH WWEタイトル挑戦権獲得
トランプからの発表は、来週のRAWで大発表を行うというもの。そして、HHH vs ランディオートンのラストマンスタンディングWWEタイトルマッチが発表される。

6/15放送分RAWレビュー更新開始は午後9時ごろ

明日の6/15放送分RAW試合結果速報の更新は午後9時ごろ開始予定です。

仕事で多忙を極めており、更新が停滞しております。
申し訳ありませんが、なにとぞご容赦くださいますよう、お願いいたします。

ケインの欠場理由

6/11付WWEニュース速報です

★次週のRAW3時間スペシャルで、CMパンク vs エッジの世界ヘビー級タイトルを予告されていましたが、現在はCMパンク vs ジェフハーディ vs エッジのタイトルマッチに変更されています。

☆今週、イブはトレーニングの為、FCWに送られているそうです。

☆クリスマスターズの再雇用は、ランディオートンが推薦しているそうです。

☆最近、番組から離れているケインは、体の複数箇所にダメージが蓄積しており、その回復の為に休養をとっているそうです。ケインは十分な貯蓄をしていると見られており、このまま引退することもありえると一部で見られているそうです。

☆WWEは複数のタレント事務所に対し、20歳代の若くて魅力的な女性を求めていると通達しているそうです。仕事の内容は、WWEの看板番組の一つで、レギュラーリングアナウンサーを務め、国家を歌うなどとされているそうです。明らかに、第2のリリアンガルシアを探しているものと見られています。

☆ツイッターでジョーイスタイルズが行ったオバマ大統領批判について、ビンスはこれを喜んでいるそうです。ビンスのプライベートジェットの機内やミーティングの席上では、度々政治の話題が出ているそうですが、元々反オバマとして知られていたビンスは、最近、すっかりスタイルズがお気に入りの一人になっているそうです。
一方、スタイルズの発言は、WWEのスポンサーに悪印象を与える可能性があるとして、ツイッターでの発言を取り消すよう、はたらきかけているそうです。

ここ最近のドタバタはやはりドラッグテストが原因?

6/10付WWEニュース速報です

★WWEは公式にウマガの解雇を発表しました。また、解雇理由はウェルネスポリシーへの2度目の違反が発覚し、規定されているリハビリ施設への入院をウマガが拒絶したためだとしています。

★6/9放送分ECW視聴率は1.2%でした。

★イギリスのサン紙の公式サイトは、WWEで4人のウェルネスポリシー違反が発覚したと報じています。違反者名については7/21に公表されるとしています。

☆レスリングオブザーバーは、最近のドラッグテストで複数の違反者が発覚しており、その中にはメイン級の選手も含まれているらしいと報じています。

☆今週のSmackdown収録にはレイミステリオが参加しませんでしたが、前日のRAWに出場した際、ミステリオがWWEに辞める意思を通達したという噂が流れているそうです。一方でPWインサイダーは、ミステリオの欠場は膝を休める為に以前から予定されていたもので、ミステリオがWWEを辞めることはないと報じています。

☆ビンスは以前にも増していらだっており、周辺のスタッフは強いプレッシャーにさらされて仕事をしているそうです。

☆バティスタの負傷について、RAWの中で説明のほとんどの部分をキングが担当したのは、ビンスがマイケルコールよりもキングを信頼しているためだと言われているそうです。ビンスは、最近、コールへの不信感を強めているそうです。

☆来週のRAWがリックフレアーの地元のシャーロットで開催されることもあり、新GMにはフレアーが就任すると予想されています。
以前、RAWのGM候補としてリックフレアーが検討されていたという話がありましたが、その後もオプションとしてフレアーのGM就任については検討されていたそうです。

☆最近、ステファニーはアンダーカードのレスラーたちのキャラクターについて、あまり細かく設定してしまわず、本人の裁量に任せる方針に転換しているそうです。

☆PWインサイダーは、ウマガは何らかの理由でWWE上層部の怒りをかってしまい、辞めさせられたのだと報じています。先週末にウマガがWWEを去ることはクリエイティブチームに伝えられ、エクストリームルールズでCMパンクがウマガに勝利することが決定したそうです。
なお、ウマガはまだインディ団体からのブッキング受付を開始していないそうです。

◆TNAに移籍したビクトリアがWWEをやめた理由に関し、自分の役割を演じることが楽しめなくなったことに加え、殺人的な移動スケジュールに限界を感じた為としています。TNAへの移籍を決意したのは、提示されたスケジュールの負担が軽く、なおかつ、ビクトリアの持つレスリングスキルを全て出せるのがより重要な事だったとしています。

大規模なドラッグテストが実施されていたそうです

6/9付WWEニュース速報です

★6/8放送分RAW視聴率は3.61%でした。

★バティスタの負傷欠場の為、WWEタイトルは一旦空位となり、来週のRAW3時間スペシャルで行われるランディオートン vs HHH vs ジョンシナ vs ビッグショーの4ウェイマッチで新チャンピオンを決すると発表されました。

★WWEは公式サイトで、バティスタの負傷と、手術を受けることを認め、欠場期間は4ヶ月程度と見込まれていることを報告しています。

☆ビッキーゲレロがWWEに離職の意思を申しでたのは1ヶ月ほど前だったそうです。ちょうど、サンチノマレラの豚に関するジョークが使われ始める頃に一致しています。

☆ビッキーは6/8放送分RAWでの、退職を発表したセグメントの内容に満足しており、なにも抗議はしなかったそうです。

☆RAWのビッキーの後のGMについて、WWEはまだ何の決定も下していないそうです。

☆6/8放送分RAW収録後、ドラッグテストが実施されたそうです。ドラッグテストは週末から断続的に実施されていたそうです。ウマガの解雇もこれに絡んでいるのではないかとみられています。

☆デーブメルツァーは、数日中にメイン級の選手に対し、ウェルネスポリシー違反による謹慎処分が言い渡されると報じています。来週のRAWで起用しない選手のリストがクリエイティブチームに渡されたと報じたのは、このためだとしています。

★6/11放送分WWEスーパースターズ試合結果です。

○エヴァンボーン vs シーマス●

○ベスフェニックス、ロサメンデス vs ベラツインズ●

○クリスジェリコ vs ジョンモリソン●

6/9放送分ECW収録結果簡易速報

6/9放送分ECW収録結果簡易速報です

ティファニーがリングに登場。テーブルとイスが置かれている。ティファニーは、トミードリーマーがECWタイトルを獲得したことで、契約を更新することになったという。ドリーマーがベルトを持って入場。ドリーマーが契約書を手にしたところでクリスチャンのテーマがヒット。
クリスチャンがドリーマーと握手。再びドリーマーが契約書を手にするとスワッガーのテーマがヒット。ドリーマーはエクストリームルールズの前日にすでに契約が満了していたにも関わらず、ティファニーのえこひいきで1日の猶予を与えられていたと指摘し、契約が満了するまでにタイトルを獲得するという約束を果たせなかったのだから、潔くベルトを返上して引退しろと言う。
クリスチャンはドリーマーが正しいと思うことを今すぐにやれと言い、スワッガーを殴ると、ドリーマーも同調し、契約書にサイン。コーナーの登ってポーズを決めているドリーマーの背後でクリスチャンがテーブルを寄せ、ドリーマーをパワーボムでテーブル葬。高笑いしながら立ち去る。

ティファニーが、顔の映らないスタッフと話をしていると、クリスチャンが入ってくる。なぜメインイベントでクリスチャンをドリーマーと組ませたのかと問いただす。ティファニーはそれならパートナーをスワッガーに変更するという。

○エヴァンボーン vs トニーアトラス●
シューティングスタープレスでピンフォール。
試合後マークヘンリーが現われ、ボーンの背後から襲う。

○ウラジミールコズロフ vs ジョバー2人●
スカッシュマッチ。

バックステージでスワッガーとクリスチャンがメインイベントについて話している。クリスチャンはスワッガーの動向について心配はしていないが、役に立てるのかどうかが心配だという。

次週のRAW3時間スペシャルでクリスチャンvsドリーマーのECWタイトルマッチを行うとアナウンス。
さらに空位となったWWEタイトルをかけた4ウェイマッチも発表される。

○ハートダイナスティ vs クリスチャン、ジャックスワッガー●
クリスチャンがキルスイッチ(アンプリティア)を狙ったところでスワッガーが裏切ってクリスチャンを叩きのめし、キッドがピンフォールを奪う。
試合後、ハートダイナスティとスワッガーの3人でクリスチャンを攻撃。ドリーマーが竹刀を持って駆けつけると、3人を追い散らす。ドリーマーが何かクリスチャンに言葉をかけているシーンで放送終了。

6/12放送分Smackdown収録結果簡易速報

6/12放送分Smackdown収録結果簡易速報です

新チャンピオンのCMパンクが登場。観客の反応は声援とブーイングが入り混じっている。パンクはベビーフェイスとしてのプロモに終始し、ベルトに権威と価値を取り戻すのだという。
ジェフハーディが登場。パンクはベルトにふさわしくないと言う。そして自分の置かれた状況を良く考えろと言い、今夜再戦を求めると言う。エッジが現われて、エッジも再戦を要求。パンクは自分を目指しているのだろうという。ジェフはエッジとパンクを攻撃。エッジが場外に転落する間に、パンクにスワントーンを決める。
テディロングが登場。今夜のメインはエッジvsジェフ戦で、その勝者は来週のRAW3時間スペシャルでパンクとタイトルマッチを行うと言う。

バックステージでジェリコがテディに話をする。ジェリコは世界タイトルマッチを求めるが、テディはOKだという。しかし、そのまえにパンクと今夜ノンタイトルマッチを争ってもらうと言う。

○ドルフジグラー vs グレートカーリー● カウントアウト

○ミッシェルマクール、レイラ vs メリーナ、イブ●

○ジョンモリソン、Rトゥルース vs WGTT(ベンジャミン&ハース)●

○CMパンク vs クリスジェリコ● ノンタイトルマッチ
最初はパンクに若干のブーイングが浴びせられるものの、終盤には歓声一色に染まる。

○リッキーオーティズ vs ジミーワンヤン●

○エッジ vs ジェフハーディ● DQ
パンクが現われてエッジを攻撃し、ジェフの反則負けとなる。その後パンクはベルトを持ってポーズ。

ボーナスダークマッチ
○CMパンク、ジェフハーディ vs エッジ、クリスジェリコ● 金網マッチ
試合後、引き上げるジェリコに観客がソーダ水をかける。エッジはその観客をののしり、バカな観客がいるのなら、アリーナから締め出すべきだという。

今度はウマガが電撃解雇

6/8付WWEニュース速報です

★WWEは6/8付でウマガの解雇を発表しました。

☆ウマガは周囲の人々に、WWEを辞めたと発言しているそうですが、ドラッグテストに引っかかったためだといわれているそうです。

☆6/8放送分RAWで突然ビッキーゲレロがRAWを退職すると発表しましたが、ビッキーはWWE上層部に対し、子供たちと一緒に過ごす為にレスリング業界から離れたいと申し入れたため、ストーリーからビッキーを外す為のスキットを挿入したそうです。

☆デーブメルツァーは、WWE上層部がクリエイティブチームに来週のRAW3時間スペシャルに起用しないタレントのリストを渡したと報じています。起用しない理由については報じられていません。

☆6/8の夜、選手達にはバティスタの負傷が伝えられたそうですが、この報告自体がフェイクではないかと疑いの余地があるそうです。

★6/5放送分Smackdown視聴率は1.9%でした。

★6/4放送分WWEスーパースターズの視聴率は1.0%でした。

◆ボビーラシュリーが、ケネディが解雇された理由の一つとして噂されている、試合中に本当に相手を強く殴ってしまうことが多かったという点について、自分達はダンサーではないので、強く殴られたからといって泣き言を言ったりはしないし、むしろ、強く殴られることでより良い反応を返すことができるようになる。ケネディよりも上のレスラー達で、ケネディ以上に強く殴ってくる者も沢山いるなどとし、ケネディを擁護しています。

6/8放送分RAW試合結果速報

6/8放送分RAW試合結果速報です

エクストリームルールズでバティスタがオートンに勝利したシーンのリプレイ。バティスタが登場。5度目の世界タイトルをフレアーにささげると言うと、自分自身とオートンに辟易していた全てのファンの為に戦ったと言う。オートンのテーマがヒットし、オートンが登場。しかしマイクを持っておらず、ただステージからバティスタを睨んでいる。レガシーのメンバーが揃うと一斉にリングのバティスタに襲い掛かる。バティスタは反撃するも、コーディのイス攻撃を食らってしまい、オートンがバティスタの左腕をイスに挟んで、イスごと何度もストンピング。ベルトを奪い取る。
バティスタは介助され、ストレッチャーで退場。

コフィキングストン vs ウィリアムリーガル ノンタイトルマッチ

リーガルは凋落したUSタイトルの価値を取り戻す救世主に自分がなるという。リーガルは一度はトラブルインパラダイスを回避するが、次は食らってしまい2分ちょっとでピンフォール負け。
勝者:ウィリアムリーガル

レガシーが再登場。オートンはリマッチ権を今夜行使し、バティスタとタイトルをかけて戦うと言う。そしてバティスタに対し、男らしく戦うか棄権するかのどちらかだという。そして今夜、自分がチャンピオンに返り咲くのだと言う。

マリース vs ケリーケリー ディーバタイトルマッチ
ミッキージェームズが実況に加わる。もしミッキーがディーバタイトルを奪取すれば、初の両女子タイトル獲得者になるという。マリースが3分足らずでケリーを仕留める。
勝者:マリース ディーバタイトル防衛
マリースは試合後もケリーを攻撃。ミッキーが救出する。

来週は3時間スペシャル。3大タイトル全てのタイトルマッチが行われる。

昨夜の豚小屋マッチについて、キングとコールは新型インフルエンザに絡めたジョークを言っている。

ジョシュマシューズがバックステージでビッキーにインタビュー。バティスタの防衛線を今夜行うことを正式決定し、RAWを変革する大発表があるという。

ミズがマリースにバックステージで話しかけている。マリースはミズがシナを倒しておらず、誰かに勝つまで、何の価値もないと言う。

サンチノマレラ、ゴールダスト、フェスタス vs ジェイミーノーブル、ブライアンケンドリック、チャボゲレロ
ゴールダストとホーンズウォグルがフェスタスのコスチュームで登場。ヒール軍の紹介はなし。
ゴールダストのマンハッタンドロップから、マレラがノーブルに何度もパンチを打ち込み、フェスタスがノーブルとケンドリックを蹴散らす。ケンドリックがウォグルを捕らえて引っ張り込むが、ウォグルがノーブルの足を払い、マレラが丸め込みでピンフォール。
勝者:サンチノマレラ、ゴールダスト、フェスタス

ジョンシナ vs ミズ
リリアンのコール前にミズのテーマがヒット。ミズは試合が成立しないのは自分の責任ではなく、シナが逃げ回っていたからだとアピール。ビッグショーが現われてシナにチョークスラムを見舞い、キャメルクラッチ。ミズはイスでショーを何度も殴りつけると、シナも殴る。試合は不成立。
試合結果:不成立

オープニングセグメントのリプレイ。

MVP vs マットハーディ
MVPは来週、再びタイトルを奪還する資格があることを、マットを倒すことで証明するという。
MVPのブートをかわしたマットがカウンターのツイストオブフェイト。しかしMVPはマットの痛めている手を攻撃して、プレイメーカーで勝利。
勝者:MVP

ビッキーが登場。残念ながらRAWから去る決意をしたと言う。エッジが現われてビッキーをからかう。ビッキーが泣き出す。

シナがバックステージで、自分はこれまでに何度も障害物を乗り越えてきたと言う。そして、そのことが自分を磨き上げていくのだと言う。

テッドデビアス、コーディローズ vs コロンズ
CMを挟み、試合途中から放送。場外でコーディがカリートを叩きのめす間に、テッドがドリームストリートでプリモを仕留める。
勝者:テッドデビアス、コーディローズ

バティスタ vs ランディオートン WWEタイトルマッチ
レガシーがリングに登場。オートンはチームプライスレスがタッグタイトルの挑戦者となったと発表。さらに、バティスタが試合開始から10カウント以内に登場しなければ棄権とみなされ、タイトルはオートンのものになるという。リリアンが両者をコール。バティスタのテーマがヒットするが、バティスタは登場しない。レフリーがゴングを鳴らしカウントがスタート。花道に救急車が到着。しかし出てきたのはHHH。スレッジハンマーを手にしている。コーディがすぐさまHHHを攻撃しに駆けつけるが、HHHに排除され、テッドもHHHに倒されてしまう。HHHはハンマーを手放しすとオートンと場外乱闘開始。HHHはオートンを実況テーブルにたたきつけてモニターで殴ろうとするが、オートンが阻止。ガードレールを飛び越えて逃げようとするが、HHHが捕まえてそのまま客席で乱闘。HHHはオートンをリングサイドに投げ戻すと、リングで対峙。HHHのスパインバスターがヒット。続いて強烈なイス攻撃でオートンの頭を打ち抜くと、さらにイスで連打を浴びせる。倒れたオートンのそばでHHHが仁王立ち。HHHのテーマが流れて放送終了。
試合結果:不成立 タイトルの処遇は不明

新チャンピオンが明日RAWでタイトル返上?

6/7付WWEニュース速報です

★エクストリームルールズで行われたダークマッチで、ケリーケリー、ミッキージェームズ組がベスフェニックス、ロサメンデス組に勝利を収めました。

☆PWインサイダーは、バティスタがもともと痛めていた大胸筋をエクストリームルールズのタイトルマッチで悪化させ、今週火曜日の午前中に手術を受けることになったと報じています。6/8放送分RAWで、バティスタのタイトルを返上させる何らかのセグメントが放送されると予想されています。エクストリームルールズの試合も、怪我の為に予定よりも早く終わらせたそうです。

★CMパンクがローカル紙のインタビューの中で、自身のフィニッシャー名をゴートゥスリープとしている理由として、ゴートゥヘル(地獄へ落ちろ)と呼ぶことを許可されなかったからだと説明しています。

△F4Wオンラインは、エクストリームルールズでCMパンクにMITBを使わせる決定が下ったのは、土曜日の夜になってからのことだったと報じています。

◆クリスマスターズは、噂されるWWE復帰について、その可能性をWWEと話し合ったことは事実だが、まだなにも決定しておらず、検討段階の話に過ぎないとコメントしています。

PPV Extreme Rules試合結果速報

PPV Extreme Rules試合結果速報です
※再開しました

ニューオーリンズから生放送。
オープニング映像とパイロ。

マイケルコールが開幕の挨拶。

コフィキングストン(c) vs ウィリアムリーガル vs マットハーディ vs MVP USタイトルマッチ
この試合の実況はRAWチームが担当。序盤にキングストン、リーガル、MVPの3人がダウンする場面があるが、マットはピンフォールを奪うことができない。
キングストンがマットとリーガルの2人にレッグドロップを決めるが、どちらもキックアウトされてしまう。しかし最後はトラブルインパラダイスが決まってキングストンの勝利。
勝者:コフィキングストン USタイトル防衛

キングとコールはシナvsビッグショーのサブミッションマッチについて話をしている。

ジョシュマシューズによる事前収録のビッグショーに対するインタビューが流れる。ショーはシナでは自分をタップさせることが不可能であることを証明するという。インタビューはビッグショーの乗って来たバスのすぐそばで行われている。

実況がSmackdownチームに交代。過去2週間のSmackdownからジェリコがミステリオを襲ったシーンを紹介。

クリスジェリコ vs レイミステリオ(c) ICタイトルノーホールズバードマッチ

ジェリコのコール時、ジェリコはグッズ売り場にいる。リングに歩いてきながらマイクでミステリオを罵倒。観客達に向かって「触るな」と怒鳴っている。そしてミステリオのマスクを試合中に剥ぎ、9度目のICタイトルを奪い取ってやると言う。
ミステリオが登場。オーバーマスクを花道脇の子供にプレゼントしている。
実況テーブルの上でミステリオがジェリコに殴りかかるシーンで試合がスタート。場外乱闘が続き、ミステリオが鉄階段をドロップキックで飛ばしてジェリコにぶつけ、ハリケーンラナをヒット。
リングに戻りジェリコがウォールズオブジェリコを狙うが、ミステリオは丸め込みに切り返す。カウントは2。ジェリコがミステリオのマスクに手をかけるが、かろうじてミステリオが阻止。ミステリオの619をジェリコがカウンターのバックブリーカーに切り返す。ジェリコがイスをリングに持ち込むが、ミステリオはジェリコが手にしたイスにドロップキック。反動でジェリコは自爆。カバーはかろうじてキックアウト。
リング中央でウォールズオブジェリコが決まるが、ミステリオはイスを掴んでジェリコを殴り、619にトライ。しかしジェリコはミステリオのマスクを剥ぎ取ってピンフォールを奪う。
勝者:クリスジェリコ ICタイトル獲得
マスクを奪われたミステリオをカメラは映さない。急いで退場した様子。ジェリコはベルトをマスクを掲げて勝ち誇っている。

ランディサベージのDVDの宣伝。

マシューズがバティスタにバックステージでインタビュー。RAWで発生したフレアーとオートンの金網内での出来事について質問すると、バティスタはフレアーを敬愛していると言い、オートンには代償を支払わせると言う。そして今夜は終わりではなく始まりに過ぎないと言い、ベルトを奪いレガシーを叩き潰すと言う。

ウマガ vs CMパンク サモアンストラップマッチ
両者を紐で繋ぎ、どちらかが4つのコーナーを連続して触ることができたら勝利というルール。パンクがコーナーに触ると緑、ウマガが触ると赤く点灯するセットがリングに設置されている。
場外でウマガがパンクをコーナーに引き込むと、腕を鉄階段にたたき付ける。両者とも3つまでをコーナーを触ることができるが、勝利を決められない。パンクが3つをタッチしたところでウマガが阻止しようとするが、パンクはG2Sをヒット。続いて4つ目のタッチに成功する。
勝者:CMパンク
JRは番狂わせだと言う。

実況はECWチームに交代。
グレゴリーヘルムズがクリスチャンにインタビュー。クリスチャンは友人のドリーマーの最終戦になるかもしれないと言う。そしてドリーマーが去ることになっても友達でありたいと言う。ドリーマーが現われ、試合の後、クリスチャンはもうチャンピオンではないと言う。スワッガーが登場。今夜はドリーマーもクリスチャンもチャンピオンとして終えることはできないと言う。クリスチャンとドリーマーは立ち去る。

クリスチャン(c) vs トミードリーマー vs ジャックスワッガー ECWタイトルエクストリームルールマッチ
ストライカーが、ドリーマーの契約は昨夜を持って満了したという。しかしティファニーの裁量で1日だけ延長されたと説明。
場外の2人に向かってドリーマーがゴミ缶を持ってダイブ攻撃。観客はECWチャント。複数のゴミ缶や「止まれ」の標識などが使われるが、観客の反応は薄い。ドリーマーがスワッガーをDDTで仕留めて勝利。
勝者:トミードリーマー ECWタイトル獲得
試合後、リングサイドでドリーマーが観客達と勝利を喜んでいる。

バックステージでビッキーがチャボを相手にウォーミングアップしている。チャボは豚の鼻をつけてビッキーを励まそうとするが、ビッキーに殴られてしまう。

マイケルコールが7/28のザ・バッシュの宣伝。続いて豚小屋前のキングへ振る。豚小屋は花道の脇に設置され、本物の豚が入っているのをキングが紹介。さらに、他の動物達が入った檻もその横に設置されている。
ビッキーが黄色いドレスで登場。チャボも同行。キングがビッキーにインタビューすると、試合はハンディキャップマッチにしたといいチャボが先発すると言う。
サンティナマレラ vs ビッキーゲレロ(c)、チャボゲレロ ミスレッスルマニアタイトル豚小屋マッチ
キングが実況席に戻る。チャボは私服で試合。サンティナを倒したところでビッキーにタッチ。チャボは残飯をサンティナにかけようとするが、回避されてビッキーに誤爆。サンティナがチャボに残飯をかける。サンティナが3分足らずでビッキーからピンフォールを奪う。
勝者:サンティナマレラ ミスレッスルマニアの称号を奪還
ビッキーはチャボを責め、泥まみれで乱闘。それを見てサンティナが笑っている。

8/23のサマースラムの宣伝。

バックステージにドロドロのビッキーとチャボがいる。ビッキーは敗北をチャボのせいにしている。チャボはミスレッスルマニアの称号を取り返そうと言うと、ゴールダストとホーンズウォグルが通路を歩いているのをみかける。2人は無視してオフィスに入ると、ソファにエッジが座っている。ビッキーは肝心なときにどこへ行っていたのかと問いただすと、ラダーマッチの準備をしていたと答え、自分のことは自分でやれと言う。ビッキーは今夜のエッジは自分の事しか頭にないのかと問いただすと、エッジはビッキーに、良い離婚専門の弁護士を探しておくんだなと言い放つ。

ランディオートン vs バティスタ WWEタイトル金網マッチ
序盤、オートンは脱出を試みるがバティスタに阻止される。観客から"you can't wrestle"チャントが発生。オートンはドアの開放を要求。床に手が届くがバティスタが中に引き戻す。バティスタがダウンした隙にオートンが脱出しようとするが、やめてパントキックをバティスタに狙う。しかし、バティスタが回避。再びオートンが脱出を試みると、そこを捕らえたバティスタがバティスタボムをヒットしてピンフォール。
勝者:バティスタ WWEタイトル獲得
試合後、バティスタはべルトをトップロープにかけると、金網の上に登って勝ち誇る。
退場時に、この勝利はリックフレアーにささげると言う。

シナがバックステージで準備をしている。
シナとビッグショーの対立をまとめたビデオ。

ビッグショー vs ジョンシナ サブミッションマッチ
試合開始直後、シナがSTFにトライするが、極める事ができない。序盤はショーが一方的に攻撃。フルネルソンを狙うが失敗。シナがバックを取ってスリーパー。ショーは膝をつくがタップは奪えない。シナはショーを投げようとするが潰されてしまう。ショーのチョークスラムはシナが脱出。観客は試合への不満が溜まってしまい、野次を飛ばしている。
シナがコーナー上からダイブするが、ショーがキャッチしてそのままベアハッグ。しかしタップしない。シナのアティテュードアジャストメントがヒット。ショーのノックアウトパンチがヒットしてシナは場外に転落。シナはロープの反動を利用してようやくショーにSTFを極め、ショーがタップアウト。
勝者:ジョンシナ

メインイベントの司会はSmackdownチーム。
エッジとジェフハーディの抗争をまとめたビデオ。

リング周辺のいたるところにラダーが置かれている。
エッジ vs ジェフハーディ 世界ヘビー級タイトルラダーマッチ
場外からラダーを持ち込もうとしたジェフに、リング内からエッジがスライディングキックをヒット。ジェフは場外に倒れる。最初にラダーをセットしてベルトを目指したのはジェフ。しかし、エッジが阻止。エッジはジェフにスピアーを狙うがジェフが回避して、コーナーにあったラダーに自爆。
ジェフが登っていたラダーに絡まってしまったところへエッジがシャープシューター。ジェフはタップするものの、ラダーマッチでは無効。エッジがラダーに登るが、ジェフがドロップキックで落とし、ロープ上に落下。ジェフのツイヅトオブフェイトがヒット。ラダーに登ってベルトに手をかけるが、フックから外すまえにエッジがラダーを倒してしまう。
ジェフがラダーからダイブしてのウィスパーインザウィンドをヒット。エッジとジェフがラダー上から、エプロンとガードレールに橋渡しされていた別のラダー上に落下。ラダーは真っ二つに折れてしまう。両者がラダーに登り、エッジはスピアー、ジェフはツイストオブフェイトを狙う形で両者同時にダイブ。マットに転落。ジェフはラダーでエッジの体を固定し、反対側からそのラダーに登ってベルトを確保。
勝者:ジェフハーディ WWEタイトル獲得

JRが勝利者インタビューをしようとすると、CMパンクが現われMITBの権利を行使すると宣言。
ジェフハーディ vs CMパンク 世界ヘビー級タイトルマッチ
パンクのG2Sがヒット。カバーはジェフがキックアウト。今度はジェフが丸め込み。パンクがキックアウト。2発目のG2Sが決まってパンクが勝利。
勝者:CMパンク 世界ヘビー級タイトル獲得

ディベロップメントで大量解雇がスタート!?

6/6付WWEニュース速報です

★WWEはFCW所属ディベロップメントのダコタ・ダーソー(バリー・ダーソーの息子)、ループ・サンチアゴ、ジョン・カトラーの3人を解雇したと発表しました。3人はウェルネスポリシー違反を犯したことが解雇につながったそうですが、最終的にはジョニーエースの判断だとされています。

☆ディベロップメントのカフーも、解雇者リストに入っているのではないかとされています。他にもまだ解雇者が出ると噂されています。

△F4Wオンラインは、WWE復帰が確定的と報じられているクリスマスターズについて、既報のようにインディ団体のブッキングをキャンセルしているという事実は無く、復帰は早急なものでは無いと報じています。

☆PWG(プロレスリングゲリラ)に出場しているTJパーキンスが、WWEとディベロップメンタル契約を結ぶ予定か、もしくはすでに契約を交わしているそうです。

☆ニューヨークデイリーニュース紙に掲載されているザ・スラマーというコラムの中で、リックフレアーがROH出場を取りやめたのはフレアー自身の判断であるとし、WWEが辞めさせたという報道を否定しています。理由として、2つの主人に仕えていては、WWEに対して不誠実だと考えたためだとしています。また、かなり特別な条件下であれば、再び試合をする可能性があると語ったとしています。ただ、このコラムの信憑性については疑わしい部分があるそうです。

☆2010年のホールオブフェイムに、ランディサベージとアルティメットウォーリアーをインダクトすることが話し合われているそうです。サベージについては決定しても不思議ではないと考えられていますが、ウォーリアーがインダクトされれば、かなりのサプライズだと考えられているそうです。

★エクストリームルールズのカードです。

バティスタ vs ランディオートン(c)
WWEタイトル金網マッチ

ジェフハーディ vs エッジ(c)
世界ヘビー級タイトルラダーマッチ

クリスジェリコ vs レイミステリオ(c)
ICタイトルノーホールズバードマッチ

MVP vs ウィリアムリーガル vs マットハーディ vs コフィキングストン(c)
USタイトルフェイタル4ウェイマッチ

トミードリーマー vs ジャックスワッガー vs クリスチャン(c)
ECWタイトルトリプルスレットハードコアマッチ

ジョンシナ vs ビッグショー
サブミッションマッチ

CMパンク vs ウマガ
サモアンストラップマッチ

サンティナマレラ vs ビッキーゲレロ(c)
ミスレッスルマニアタイトル豚小屋マッチ

ビンスも反オバマと言われていましたが・・・

6/4付WWEニュース速報です

★6/2放送分ECW視聴率は1.05%でした。

☆マイクジョンソンは、クリスマスターズがWWE復帰の為に、インディ団体のブッキングをキャンセルしていると報じています。

☆WWEは最近のSmackdownの視聴率低迷に頭を痛めているそうです。WWEはRAWよりもむしろSmackdownのクオリティを高く保っていると考えているそうですが、WWEファンの中にはRAWしか観ないという層が相当数いると見られており、RAWをバラエティエンターテイメントショー、Smackdownをレスリングショーと、性格を分けて番組制作を行っていることが裏目に出ているのではないかとも言われているそうです。さらにMyNetwork自体が自社のプロモーション活動を怠っており、放送時間帯のほとんどで他局の再放送番組を放送していることが、Smackdownの視聴率にも影を落としているのだと考えているそうです。

☆ジョーイスタイルズがツイッターでバラク・オバマ大統領を痛烈に批判しています。「マルクス主義者の大統領がアラブ諸国に謝罪をしたことで、イスラエルを侮辱し、恥をさらし続けていること。」「選挙期間中は自分のミドルネームがフセインであることを隠し、現在はアメリカにいるイスラム教徒の数を誇張する詐欺を行っていること。」「自分の売り込みの為に、クライスラーやGMの買収に国民の血税をつぎ込んでいること。」などと書き込んでいます。

オバマ大統領はWWFと政治トークショーが嫌い

6/2付WWEニュース速報です

★6/1放送分RAW視聴率は3.2%でした。

☆WWEは10月にSmackdown10周年特番の放送を計画しているそうです。

☆PWインサイダーは、解雇されたMrケネディが関係者の多くから嫌われており、解雇はおおむね歓迎されていると報じています。ケネディは上に対しては媚びへつらう反面、仕事熱心ではなく、試合中などに相手を誤って本当に殴ってしまうことも多かったそうです。その報復としてわざとケネディ殴る選手もいたそうですが、ケネディは自分が殴られた部分を誇張して喧伝していたそうです。
オートンがケネディの解雇をビンスに進言した際、ビンスは他の有力選手たちに意見を求めたそうですが、誰もケネディを庇わなかったため、そのまま解雇したとも報じています。またTNAと契約をしたとしても、ケネディはTNA内でトラブルに火種になるだけだと予想しており、大きな戦力となることは全く心配していないのだそうです。

☆イギリスのサン紙は、Mrケネディが日本でレスリングに復帰することを目標として活動していると報じています。

★ナイトオブチャンピオンズの宣伝用ポスターです。
wwenoc2009.jpg

★6/4放送分WWEスーパースターズの収録結果です。

ダークマッチ
○シーマス vs フェスタス●

スーパースターズ
ジョシュマシューズとマットストライカーが実況席に座る。クリスチャンが現われて実況に加わる。

○デイビーハリースミス vs トミードリーマー●

○ホーンズウォグル、ゴールダスト vs ジェイミーノーブル、ブライアンケンドリック●



◆アメリカ大統領のバラク・オバマは、NBCのブライアン・ウィリアムズに対し、政治関連のトークショー番組は、WWFレスリングを連想するので、全く見ていないと話したそうです。様々な専門化がそれぞれの役割を演じているものの、彼らの発言から得られるものが無いと感じるのだそうです。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。