WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復帰したばかりの電撃解雇

5/29付WWEニュース速報です

★WWEは5/29付でMrケネディを解雇したと発表しました。

☆ケネディの解雇は多くの同僚達も驚いているそうです。前回のRAW収録の試合中にランディオートンのRKOを受けた際、ケネディが手首を傷めたと報じられていますが、その後、オートンとケネディが言葉を交わす姿が目撃されていたそうです。険悪なムードではなかったものの、オートンがケネディに対し、オートン自身は常に誰にも怪我を負わせないよう、細心の注意を払っている(つまりはケネディの不注意である)と語っていたとされています。
一部、オートンがビンスにケネディを解雇すべきと進言したと考えている人々がいるそうですが、あまりにも怪我での欠場期間が長かったケネディに、これ以上怪我での欠場を許すゆとりは無い為というのが、解雇の理由ではないかと推測されています。

★5/28放送分WWEスーパースターズ視聴率は0.76%でした。

★リックフレアーは、今週のROH収録開始前、観客達の前に姿を現し、ROHからの撤退をアナウンスしました。WWEがフレアーのROH出場を差し止める決定を下し、これをフレアーが了承したそうです。

◆ハルクホーガンのセレブリティチャンピオンシップレスリングのシーズン2に関し、シーズン1を放送したCMTは放送契約を結ばない決定を下したそうです。シーズン1の結果には満足しているそうですが、局の財政事情の悪化から、十分な予算が確保できないそうです。
スポンサーサイト

視聴率はさらに苦戦が続いています

5/28付WWEニュース速報です

★5/22放送分Smackdown視聴率は1.6%でした。

★5/26放送分ECW視聴率は1.0%でした。

★元ディーバのジョイジョバンニが前回のRAW収録会場を訪れた理由について、友人のビッグショーに招かれたからであり、WWE復帰へ向けての行動ではないかという噂を否定しています。

☆シムスヌーカは、様々な理由からバックステージで孤立状態にあり、スーパースターズの放送開始前に彼を番組司会に抜擢するプランが持ち上がった際も、周囲との軋轢が大きな要因となって実現しなかったのではないかと言われているそうです。

7月に日本でトライアウトが開催

5/28付WWEニュース速報です

★5/25放送分RAW視聴率は3.2%でした。同時間帯に放送されたNBAのレイカーズvsナゲッツ戦が6.9%を記録しており、RAWの先週の視聴率が3.6%だったことから、NBAの影響を受けたと考えられています。

★ミッシェルマクールがWWEユニバースのブログの中で、Smackdown収録中に鼻骨を骨折したと報告しています。怪我の具合や欠場の予定については触れられていません。

★WWEは日本人選手の獲得を目指し、7月に日本でトライアウトキャンプを計画しているそうです。ジョニーエースは来日しないものの、スタッフと電話で連絡を取り合って、スカウトに参加する予定との事です。

★HHHとミッシェルマクールがMTVジャパンのムービーアワードに出演するそうです。2人はWWE日本公演のプロモーションの為、複数のイベントに参加する予定ですが、その中で和田アキ子さんも参加する記者会見が予定されているそうです。今のところなぜ和田さんが参加するのかは明らかにされていませんが、WWEの大会に出演する可能性が高いと見られています。

5/26放送分ECW収録結果簡易速報

5/26放送分ECW収録結果簡易速報です

○ウラジミールコズロフ vs ジョバー2人● ハンディキャップマッチ
スカッシュマッチ

○エヴァンボーン vs マークヘンリー●
場外カウント8で素早くボーンがリングに戻り、取り残されたヘンリーがカウントアウト。

ナタリア、DHスミス、タイソンキッドが登場。ナタリアはスミスがデイビーボーイスミスの息子で、キッドはブレットハートの甥。自分はジムナイドハートの娘だと紹介。自分達のチーム名をハートダイナスティと名乗る。

○ジャックスワッガー、DHスミス、タイソンキッド vs クリスチャン、トミードリーマー●
フェイス軍にはフィンリーが出場予定だったものの、仲間割れで負傷したため、ハンデ戦になる。
スワッガーがクリスチャンを仕留める。その後、リングに這い上がったドリーマーに、スミスとキッドがハートアタックを決める。倒れたクリスチャンとドリーマーを尻目に、スワッガーとハートダイナスティが勝ち誇る。

5/29放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/29放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ECW後のボーナスダークマッチ
○ランディオートン vs バティスタ● 金網マッチ
テッドデビアスが介入してオートンをアシスト。試合後バティスタはスパインバスターをテッドに決める。

Smackdown
ミッキーロークがリングサイドにいる。

ミステリオが登場してエクストリームルールズについて話す。ジェリコが現われてリングサイドのロークを呼び出そうとする。ジェリコとミステリオが乱闘になり、619の体勢になるがジェリコが脱出。

○Rトゥルース、グレートカーリー vs ドルフジグラー、マイクノックス●
カーリーがノックスをネックハンギングボムで仕留める。トゥルースとカーリーが試合後にダンス。

○メリーナ vs アリシアフォックス●

モリソンがバックステージでインタビューを受けているとベンジャミンが現われて妨害する。

ジェフハーディがエクストリームルールズでの勝利を誓う。

○ジョンモリソン vs ウマガ● DQ
サモアンストラップ(紐状の凶器?)をウマガが使用したため反則負け。ウマガはコーナーにストラップでモリソンを縛り付けるが、CMパンクが現われブリーフケースでウマガを殴る。 

○シェルトンベンジャミン、チャーリーハース vs クライムタイム●

○イブ vs レイラ●

バックステージで、ジェリコがエッジと今夜の試合でタッグを組むのを嫌がっている。

×レイミステリオ、ジェフハーディ vs エッジ、クリスジェリコ×
最初、ジェリコが出てこないが、客席から私服で現われてミステリオを攻撃。ミステリオが戦闘不能になり、試合はノーコンテスト。改めてハンディキャップ戦が行われる。
○エッジ、クリスジェリコ vs ジェフハーディ●
エッジはラダーを持ち出すと、エッジを攻撃してラダーに登り、放送終了。

放送終了後、エッジはエクストリームルールズは金網戦だというと、金網を下ろすように指示。金網に囲われたリングで、ジェフにスピアーを決め、ピンフォール。

ボーナスダークマッチ
○ジョンシナ vs ビッグショー● 金網マッチ

RAWに登場したナゲッツオーナーの正体は

5/26付WWEニュース速報です

★5/21放送分スーパースターズ視聴率は0.8%でした。

★先日のRAWで登場したデンバーナゲッツのオーナーは、NWAの大会でリングアナウンサーを務めているトロイ・ストーンが演じていたそうです。

★前回のRAWで復帰したMrケネディが、その日の試合中、手首を傷めたそうです。幸い、深刻な怪我ではないとみられているそうです。

☆WWEは将来的にPPVでシナvsミズ戦を行えるかどうか、観客達の反応を見ながらテストしているそうです。

△アンダーテイカーは、臀部の手術を受けたそうです。以前より臀部から腰にかけて、慢性的な痛みを抱えていたそうです。手術は大掛かりなものではないそうですが、WWEはテイカーにゆっくりと休養するよう伝えているとの事です。テイカーの長期欠場に伴い、バックステージのリーダー格は、ジェリコ、エッジ、ミステリオらが担当することになるそうです。

ステープルズセンターにRVDが来ていたそうです

5/25付WWEニュース速報です

★今週のRAWのバックステージにRVDとインディレスラーのジョーイ・ライアンが来ていたそうです。また元ディーバのジョイ・ジョバンニも来場したそうですが、バックステージに入ることは係員に拒否されたそうです。

★ステープルズセンターのスタッフは、RAWのチケットが1週間で約9000枚販売されたと語っているそうです。なおこのRAWの半券を持っていくと、翌日のSmackdown/ECW収録大会に半額で入場できるそうです。

☆今週のSmackdownでは、デンバーナゲッツ関連のスキットをさらに多くすることを検討しているそうです。

★5/25放送分RAWで行われたその他の試合結果です。

WWEスーパースターズ
○コロンズ vs チャーリーハース、シェルトンベンジャミン●
クライムタイムが介入してハースとベンジャミンを妨害する。

○ジャックスワッガー vs フィンリー●

ボーナスダークマッチ
ミズがロサンゼルスとレイカーズをこき下ろし、シナを呼び出す。シナが現われて試合がスタート。
○ジョンシナ vs ミズ●
アティテュードアジャストメントでシナが勝利。非常に堅実な試合内容


5/25放送分RAW試合結果速報

5/25放送分RAW試合結果速報です

デンバーの会場がNBAの試合のため使えなくなったため、ロサンゼルスのステープルズセンターに変更。

今夜はメインイベントにキングが参加するため、JRが実況に加わる。

デンバーナゲッツオーナーのE・スタンリー・クロンク氏がリングに登場。先週、メディアを騒がせた「デンバーの大失態(会場のダブルブッキング)」に関する映像が流れる。クロンク氏はWWEやそのファンのことなど知ったことかといい、そんなことよりも自分のチームの方を優先するのは当然であり、ナゲッツは必ず勝利すると言う。
ビンスが登場。新たにXBAというプロバスケットボールのリーグを作ったと言う。しかし、その運営がクロンクと彼の部下達に邪魔されており、試合ができずにいると言い、ファーストネームをイニシャルで表示するような人間にろくな奴はいないという。そしてクロンクのEはイニスのイニシャルであり、ベニス(都市名)やジーニアス(天才)などと韻を踏んでいるが、クロンクの場合はそれら以外の言葉(P*nis)と関係が深いという。そしてクロンクがWWEユニバースにでしゃばってきたが、どうせなら試合にでしゃばって来いと言って立ち去る。
代わってミズが登場。ミズはレイカーズとそのファンをこき下ろし、ジョンシナを罵倒。シナははりぼてだという。シナがテーマ曲無しで登場。ミズを攻撃する前にコーディローズとテッドデビアスが現われてシナを襲撃。バティスタが登場。さらにビッグショー、キングと続々と現われる。シナとバティスタが共闘してビッグショーをリングから叩き落し、セグメントが終了。

マリース(c) vs ケリーケリー ディーバタイトルマッチ

マイケルコールが、この試合がケリーにとって初のタイトルマッチだと説明。リリアンはマリースをカナダのモントリオール出身とコール。
2人は場外乱闘。マリースがケリーを実況テーブルに叩き付け、テーブルの上に投げ飛ばす。レフリーがDQを宣告。
勝者:ケリーケリー タイトルはマリースが防衛

バックステージで俳優のジャックニコルソンとベラツインズが話をしている。ゴールダストとホーンズウォグルが現われ、ゴールダストは数年前に電気椅子の刑に遭ったというコメディスキットを披露する。

先週のフレアーとオートンの対立シーンのリプレイ。バックステージでフレアーが準備を進めている。バティスタが近づき、なぜオートンの相手をするのなら、エクストリームルールズの金網戦でバティスタがオートンを叩きのめした後にしないのかと尋ねる。フレアーはバティスタがフレアーの事をレジェンドと呼んだそのすぐ後に、フレアーではもう通用しないと言っていると言い、気に入らなければ見るなという。そして、自分は16度の世界チャンピオンであり、その力を証明してやるという。

マットハーディ vs ウィリアムリーガル vs コフィキングストン USタイトル挑戦者決定戦
マットは序盤、場外に出て骨折している右手を心配している素振り。MVPがリングサイドに現われ、実況席に加わる。MVPはどうせなら、最高の中の最高の相手と戦いたいと言う。マットがサイドイフェクトをリーガル、キングストンの2人同時にヒット。しかし2カウントしか奪えない。キングストンのトラブルインパラダイスがリーガルにヒット。カバーはマットがカット。マットはキングストンをギブスで殴ろうとするが、回避され逆にトラブルインパラダイスで仕留められる。
勝者:コフィキングストン 来週のRAWでUSタイトル挑戦が決定

フレアーがバックステージを歩いている。

リックフレアーがリングに登場。先週、WWEチャンピオンから卑怯な不意打ちを食らったと言う。そして、ジェリコとの時のように、もう二度と不意打ちは食わないと言うと、オートンを呼び出す。フレアーは周囲を警戒している。オートンがリングに登場。先週は60歳にもなるくたびれたレスラーを殴ったりしたことを反省していると言う。そしてフレアーの事が哀れだと言い、バティスタも哀れんでおり、ファン達も哀れんでいるのだと言う。そしてフレアーはもう終わった人間であり、エヴォリューションはもう6年も前に終わっており、今も蘇ってはいないという。
フレアーはオートンにビンタ。オートンがフレアーを攻撃。バティスタが救出に登場。オートンを攻撃しようとするフレアーをバティスタが止める。花道を引き上げる途中でオートンがバティスタに、エクストリームルールズでお前も終わらせてやると言う。
Mrケネディのテーマがヒット。ステージに登場し、上空からマイクが下りて来ると、定番のコールで自らを未来のWWEチャンピオンと呼び、今夜のメインでレイカーズ軍の5人目は自分だと言う。オートンはケネディを睨みつけて立ち去る。ケネディは「Mrケネディ・・・・・・・・ケネディ」のコール。

サンチノマレラ、ミッキージェームズ vs チャボゲレロ、ベスフェニックス

勝ったチームが、エクストリームルールズで行われるビッキーvsサンティナマレラのミズレッスルマニアタイトルマッチの試合形式を決定できる。
短い試合で、ミッキーがベスを仕留める。
勝者:サンチノマレラ、ミッキージェームズ
試合後、ビッキーがステージに登場。サンチノがどんなルールを選ぼうが、自分にはチャボがついているのだから、決して負けることはないと言う。サンチノは、ビッキーが豚と親しいので、豚小屋マッチを行うと言うと豚の物まね。ビッキーはうんざりしている。

バックステージでビッグショーがミズに対し、ミズは気に入らないがシナを倒す為に協力しろと言う。そして、今夜はシナをフォールするなといい、エクストリームルールで自分がシナからタップを奪うのだと言い立ち去る。ミズはジャッジメントデイでお前がタップしたようにか?と言う。ショーが戻ってきて、何か言ったか?と脅すと、ミズは何も言ってないと言う。ショーは信用できないなと言う。

ビンスとクロンクの対決シーンがリプレイされる。

ゴールダスト、ホーンズウォグル vs ブライアンケンドリック、フェスタス
コロンズの2人が実況に加わる。ケンドリックがフェスタスを怒鳴ったことにフェスタスが怒り、タッチを拒否。ケンドリックがフェスタスをビンタ。フェスタスがケンドリックを攻撃しようとするが、レフリーが阻止する。この隙にウォグルのタッドポールスプラッシュから、ゴールダストのファイナルカットがケンドリックに決まってピンフォール。
勝者:ゴールダスト、ホーンズウォグル
ゴングが鳴るとフェスタスは朦朧とする。ケンドリックがイスで殴ろうとすると、プリモがゴングを鳴らし、フェスタスが復活。ケンドリックを追いかけていく。

JRとコールがエクストリームルールズのカードを紹介。

デンバーナゲッツ軍(ミズ、コーディローズ、テッドデビアス、ビッグショー、ランディオートン) vs ロサンゼルスレイカーズ軍(MVP、ジェリーローラー、Mrケネディ、ジョンシナ、バティスタ)
両チームともNBAのジャージを着用している。レイカーズのアナウンサーが選手の紹介を行う。
試合はMVPがプレイメーカーでコーディを仕留める。
勝者:レイカーズ軍
試合後、テッドがMVPにドリームストリート。ケネディがテッドにマイクチェック。オートンがケネディにRKO。バティスタがオートンにバティスタボムを狙うと、ビッグショーがカット。オートンはリングから脱出。バティスタとシナがダブルのブレーンバスターをショーにヒット。レイカーズ軍が勝利を祝うシーンで終了。

マイケルズの復帰は早くとも年末?

5/21付WWEニュース速報です

★5/19放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★デンバーのペプシセンターで開催予定だった次週のRAWが、同日同会場にてNBAプレイオフの試合があり、そちらが優先されることになったため、急遽会場をロサンザルスに変更せざるを得なくなったことに伴い、そのRAWのチケット購入者は、チケットの払い戻しか、8/7にデンバーコロシアムで開催されるハウスショーのチケットと交換するかのどちらかを選択できるそうです。
なお代替会場となったステープルズセンターへ行く場合、会場でペプシセンター用のチケット払い戻しを受け付けており、その払戻金でチケットを再購入する必要があるそうです。

☆ショーンマイケルズは、今のところ今年の年末か、来年の初頭頃まで欠場する見込みになっているそうです。当初はでサマースラム復帰する予定だったそうですが、マイケルズには十分な貯蓄があるため、仕事よりも家族を選んだとされています。

PPVの変更に関する話題

5/19付WWEニュース速報です

★5/18放送分RAW視聴率は3.6%でした。

★WWEはグレートアメリカンバッシュのタイトルを今年よりザ・バッシュに変更すると発表しました。

☆WWEは全試合をサブミッションルールで行う新たなPPV大会を企画し、検討を進めているそうです。PPVのタイトル候補としてサブミット&クイット、トータルサブミッション、サブミッションサンデー、ブレイキングポイントの4つが上がっており、ファンの意見を聞いているそうです。

5/22放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/22放送分Smackdown収録結果簡易速報です

WWEスーパースターズ
×クリスチャン vs トミードリーマー× ECWタイトルマッチ
スワッガーの乱入でノーコンテスト。

Smackdown
エッジが登場。Smjackdownの自分以外のメンバー全てを見下すと、特にジェフハーディとそのファンをこき下ろす。テディロングが現われて、エクストリームルールズでの再戦を決定。

○ジョンモリソン、クライムタイム vs シェルトンベンジャミン、チャーリーハース、リッキーオーティズ●

○ミッシェルマクール vs ゲイルキム● WWE女子タイトル挑戦者決定戦

×クリスジェリコ vs CMパンク×
ウマガの乱入でノーコンテスト。ウマガはパンクとエクストリームルールズで、サモアンストラップマッチルールで戦うという。

○ドルフジグラー vs Rトゥルース●

○ジェフハーディ vs エッジ● ノンタイトルマッチ
勝利したジェフがエクストリームルールズでのルールを決定できる。選んだのはラダーマッチ。

5/19放送分ECW収録結果簡易速報

5/19放送分ECW収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○シーマスオシャウネシー vs ジミーワンヤン●

ECW
○クリスチャン vs ポールバーチル●

○ザックライダー vs アダム・グリーン●

ウラジミールコズロフが登場。自分をロシア軍に例えてアピール。自分は進軍を続けるという。

○DHスミス vs フィンリー●
凶器に靴を使って勝利。

本日のRAWレビューは夜8時ごろ開始予定です

5/18放送分RAW試合結果速報です

ランディオートンが登場。オートンはWWEタイトルを防衛したと報告。リックフレアーに昨夜は邪魔されたが、2007年に一度フレアーの頭蓋骨を蹴り飛ばしてやったことがあり、全てのエヴォリューションメンバーを餌食にしてやったという。そして、フレアーに決して復帰しないよう警告する。
フレアーがリングに登場。オートンが意図的に反則を犯してタイトルを守ったことに触れる。オートンはバティスタなどいつでもどこでも倒すことができるという。フレアーはそれはちょうどいいというと、先ほどビッキーのオフィスに行った際、ビッキーは昨夜のタイトルマッチはエクストリームルールにしておくべきだったと後悔しており、オートンはバティスタ相手に金網戦で防衛線を行ってもらうことになったという。オートンがフレアーに不意打ちを食わせると、レガシーのメンバーがリングに終結する。バティスタが後を追って登場。レガシーを追い払おうとする。しかし、レガシーはバティスタとフレアーにエルボーを見舞う。シナが現われて2人を救出する。

バックステージでジョシュマシューズが引き上げて行くシナに追いつく。シナはオートンvsバティスタ戦の勝者に挑戦するという。ビッキーが現われ、今夜のメインはシナ、バティスタ vs レガシー戦になったと伝える。シナは心配している様子。

ディーバタイトル挑戦者決定ディーババトルロイヤル
実況にはディーバチャンピオンのマリースが加わる。退場順にロサメンデス、ベラツインズのどちらか、ジリアン(地元出身のため大人気)、ベスフェニックスがケリーに落とされる。レフリーの死角をついて、マリースがスプレーでミッキーに目潰し。ケリーがこの隙にミッキーを仕留める。
勝者:ケリーケリー
試合後、ケリーはマリースを睨みつける。

サンチノマレラ vs チャボゲレロ
コメディマッチ。マレラに声援が集まる。マレラは自分自身の動きのよさに驚いている。さらに丸め込みでチャボを仕留めたことにショックを受けている。
勝者:サンチノマレラ
試合後、チャボがマイクで、サンティナは今夜ミスレッスルマニアの称号をかけた試合を行う為、早く準備をしなければならないという。そして、相手はビッキーだという。

Mrケネディの復帰予告ビデオ。

マリースがフランス語で話をしている。ミズが現われ、何を言っているのかは分からないが、マリースは良い女だという。マリースは相手にしない。ミズは、今夜のシナ戦をみれば、考えが変わるという。

ジョシュマシューズがマットハーディににインタビュー。ジョシュはマットが昨夜エッジの手助けをしたことで、今夜USタイトル挑戦権を約束されているのではないかという。マットは否定し、先週のキングストン戦ではビッキーのせいで、負けが記録されることになってしまったという。そして、USタイトルに今夜挑戦できるのは、自分にその価値があるからだという。

バックステージでビッキーがチャボに対し、どういうつもりでビッキーの試合を組んだのかと問いただす。チャボは謝り、マレラが豚をダシにしてふざけたことを言ったのが許せなかったのだという。
オートンがオフィスに怒鳴り込んでくる。オートンはエクストリームルールズでバティスタとの金網戦を組んだ理由を尋ねる。ビッキーは、オートンが昨夜試合放棄をしたからだという。オートンはビッキーに、間違った側にはつかないほうが良いと警告する。

コロンズ vs ブライアンケンドリック、ゴールダスト ノンタイトルマッチ
ケンドリックのタッグパートナー探し。最初の候補はゴールダストだが、ケンドリックは試合中ずっと不満をあらわにしている。プリモがスワンダイブ式クロスボディでケンドリックを仕留める。
勝者:コロンズ
試合後、ケンドリックはゴールダストを責め、ビンタ。ホーンズウォグルが現われてケンドリックに蹴り。ゴールダストがウォグルを庇うと、ダブルチームでケンドリックを攻撃。シャターズドリームをケンドリックに見舞う。ゴールダストはウォグルを抱え上げる。

ミズがシナの格好でリングに登場。テーマはシナのかつての入場曲のワードライフ。シナの昔のラップパフォーマンスを真似てシナをこき下ろし、シナを呼び出す。シナは出てこない。ミズはシナ戦の5連勝を宣言する。キングがリングに上がり、呼び出した相手が出てこなかったからといって、お前の勝ちにはならないと言い、例としてバティスタを呼び出すが、当然出てこない。キングは、これで自分がバティスタに1勝を上げた事になんかならないという。キングは続いて、ブルーノサンマルチノ、スティーブオースチン、ハルクホーガンとの3対1をコール。誰も出てこない。キングは誰も倒していないのに、こんなことに意味などないという。そしてミズはくだらないことをしている暇があったら、ビッキーに試合を組んでくれるよう、頼みに行けという。
ビッグショーが登場。ミズはガタガタ言わずに自分の順番を待てと言い、シナは自分の獲物なのだという。そしてエクストリームルールズではシナとサブミッションマッチで戦うという。ミズはキングを突き飛ばして、ショーに交錯させて立ち去る。ショーはキングを突き倒してミズを睨むと、キングにキャメルクラッチ。キングは失神してしまう。

キングの代わりにJRが実況に加わる。

MVP vs マットハーディ USタイトルマッチ

JRはビッキーにデンバーナゲッツの会長と類似点があるとするならば、それは疑惑があるという点だという。MVPがマットの折れている手を集中攻撃し、プレイメーカーで仕留める。単調な試合。
勝者:MVP タイトル防衛

バックステージでリックフレアーが笑っている。バティスタが入ってきて、何がうれしいのかと尋ねると、フレアーは来週のRAWでオートンを呼び出すと言い、引退したということが戦えないということではないのだという。バティスタはフレアーの安全を保証できないというが、フレアーは殴られたからには借りを返さずにはいられないという。バティスタは反対する。フレアーは駄目だと思ったら何もできないが、やれると思えば大体のことはやれるのだという。バティスタはそれは現役ならの話で、引退したものの事ではないという。フレアーは自分が進んで引退したわけでは無いと言い、フレアーのことが信頼できないというのなら、もうセコンドにもつかないから、自分ひとりで戦えという。

バックステージでチャボがビッキーにフロッグスプラッシュを教えている。ビッキーはできず、試合をやめようとする。サンティナが入ってきて、豚の鳴き声を真似る。ビッキーは試合をやるという。

サンティナマレラ(c) vs ビッキーゲレロ ミスレッスルマニア争奪戦

チャボが介入してDQを狙う。しかしサンティナがチャボを場外に叩き落してしまう。リーガルが現われてサンティナを叩きのめすと、ランニングニーリフトでサンティナを失神させる。ビッキーがサンティナを押さえ込んでピンフォール。
勝者:ビッキーゲレロ ミスレッスルマニアの称号を獲得

レガシー vs バティスタ、ジョンシナ
ビッグショーが試合中に登場するが、フレアーがショーの背後から現われてリングインを阻止。その隙にシナがイスでショーの腹を攻撃する。そのままシナとショーは乱闘しながらバックステージへ。フレアーがコーディをリングから突き落とす。オートンがバティスタの背後に忍び寄ってRKOを狙うが、バティスタはスピアーで逆襲しピンフォール。
勝者:バティスタ、ジョンシナ
試合後フレアーがリングに上がってバティスタとハグ。レガシーは花道を引き上げながら、何が起こったのかを確認している。フレアーとバティスタのWooooo!!で放送終了。

PPV Judgement Day試合結果速報

PPV Judgement Day試合結果速報です

ダークマッチ
○ミッキージェームズ vs ベスフェニックス●

パイロが上がり、テーマソングが流れる。JRが開幕の挨拶。チケットは完売と報告。

CMパンク vs ウマガ
試合開始と同時にCMパンクにチャント。会場はパンクの地元のシカゴ。JRとトッドグリシャムが実況。
パンクがウマガを投げようとするが、逆に潰されてしまい、ニアフォールを奪われてしまう。パンクのブルドッグが決まるが、ウマガはパワーでカバーを跳ね返す。今夜の観客は満員の14822人と発表。
ウマガのサモアンドロップがヒット。パンクがキックアウト。しかし、その後もパワーで圧倒したウマガがサモアンスパイクで勝利。パンクが何度もトライしたG2Sは、結局全て不発に終わる。
勝者:ウマガ

バックステージでビッキーが大会を観戦している。チャボが入ってきて、ジョンシナの出場が医者から認められたと報告。ビッキーは、ビッグショーに伝える。ショーはビッキーに対し、あなたはすでに番組からHHHを失っており、今夜シナを失うことになるが、これはビジネスの為にやっていることではないので、仕方がないのだという。ビッキーは、シナが倒れれば別の誰かが浮上するだけだという。エッジがオフィスに入ってくる。エッジはショーに対し、妻と話がしたいと告げる。ショーが出て行く。チャボも続いて出て行く。

マットストライカーとジョシュマシューズがバックラッシュのECWタイトルマッチのハイライトシーンを紹介。

クリスチャン(c) vs ジャックスワッガー ECWタイトルマッチ

クリスチャンは序盤からキルスイッチ(アンプリティア)を狙うが、スワッガーが回避。場外でスワッガーがクリスチャンのわき腹を鉄柱にたたきつける。
クリスチャンのスモールパッケージをスワッガーがキックアウト。クローズラインが相打ちし、両者ダウンする。その後も互角の攻防で、互いにニアフォール。最後はクリスチャンがスワッガーのタイツを掴んで丸め込み。
勝者:クリスチャン ECWタイトル防衛

バックステージでエッジがビッキーのオフィスに残っているのが映る。チャボはドアの外で盗み聞きしようとしている。エッジはそれを見咎めてチャボと口論。エッジはタイトルマッチの準備をしたいのだという。

客席に多くのシカゴベアーズの選手達が来ているのが紹介される。QBのジェイ・カトラーもいる。

シェルトンベンジャミン vs ジョンモリソン

序盤に場外にベンジャミンが出たところで、モリソンがリングからダイブ。ベンジャミンのセコンドについていたチャーリーハースがモリソンをリングに押し戻す。
モリソンが河津落としで2カウントを奪う。ハースがエプロンサイドに上がるが、モリソンが突き落とし、ベンジャミンにスターシップペインをヒットして勝利。好試合。
勝者:ジョンモリソン

WM25のDVDの宣伝。

ミズがリングに登場。キングとマイケルコールが実況。かつてのパートナーであるモリソンをマーティジャネッティに例えて勝利を認めると、今夜、自分はジョンシナではなく、別の相手と戦うという。そしてジョンシナと同様、シカゴカブスは負け犬だといい、リングサイドに座っているカブスのソリアーノをこき下ろす。そしてソリアーノがシナの代わりの対戦相手だというが、ソリアーノが負傷のため試合はできないと言い、自分のシナとの戦績はこれで4勝無敗となったという。ここでサンチノマレラが登場。
マレラはソリアーノがイタリア系なので、侮辱することは許さないという。ミズはなにがしたいんだというと、マレラはミズをフィズと呼び、間抜け呼ばわりする。さらに筋肉をミズに見せ付けるが、ミズは無視してマレラを攻撃し、DDTを見舞って退場。チャボが登場。マレラがビッキーをからかったのを理由に、フロッグスプラッシュを見舞う。

バックステージでジョシュマシューズがクリスジェリコにインタビュー。ジェリコは2度も世界タイトル挑戦を邪魔されたといい、GMはミステリオに贔屓しているという。観客は619チャント。ジェリコは、今夜619が決まることはないといい、ICタイトルを奪ってやるという。

レイミステリオ vs クリスジェリコ

場外でジェリコがミステリオをガードレールにたたきつける。ミステリオのダイビングレッグドロップがヒットするがカウントは2。JRはミステリオがWM22で世界タイトルを奪ったのは、シカゴだったという。さらにジェリコのWWEデビューは、今日と同じ会場だったという。
ミステリオの619をジェリコが回避。ジェリコはミステリオのマスクを剥ごうとするが失敗。ジェリコが優位に立つと、観客から619チャント。ミステリオが619にトライするが、再びジェリコが回避。3度目のトライはジェリコがミステリオをキャッチしてウォールズオブジェリコを狙う。しかし、ミステリオがスモールパッケージに切り返す。ミステリオの619がついにヒットして、スワンダイブ式セントーンでミステリオが勝利。すばらしい試合。
勝者:レイミステリオ

バティスタとオートンの抗争をまとめたビデオ。

ランディオートン(c) vs バティスタ WWEタイトルマッチ
試合開始直後、オートンはリングから逃走しようとするが失敗。バティスタは額に怪我している。場外で、オートンがバティスタの腰をガードレールにたたきつける。オートンはバティスタをリングに戻してDDT。カウントは2。オートンはパントキックを狙うが、バティスタがスピアーでカウンター。
オートンは場外に脱出し、レフリーにカウントを取らせる。バティスタが追いかけて意図的なカウントアウトを阻止。オートンはイスを掴むが、それを使用する前にバティスタがオートンを攻撃して、意図的な反則負けを阻止。バティスタボムをすり抜けたオートンが場外に脱出し、ベルトを持って退場しようとする。バティスタが追いかけてリングに連れ戻す。
RKOはバティスタがブロックするものの、鉄柱に突っ込まされてしまう。オートンがレフリーを殴って意図的に反則負け。
勝者:バティスタ(DQ) タイトルの移動は無し
試合後、レガシーがバティスタを攻撃していると、リックフレアーが救出に現われる。バティスタはバティスタボムをオートンに見舞う。フレアーはコーディをリングから追い払い、バティスタとハグ。腕を掲げる。

6/7のエクストリームルールズの宣伝。

キングとコールに実況が交代。シナとビッグショーのこれまでをまとめたビデオ。

ジョンシナ vs ビッグショー
実況人は、シナの体調が75%程度しか戻っていないという。観客のシナへの反応は厳しい。それを聞いたショーが笑っている。
序盤はショーが圧倒。場外でシナの肩を鉄柱にたたきつける。ショーのベアハッグをシナが力ずくで外す。5ナックルシャッフルがヒット。DDTで追い討ち。STFを狙うが、ショーが大きすぎてホールドできない。3度、STFにトライするがいずれも失敗。ショーはパンチでノックアウトを狙うが、シナがアティテュードアジャストメントを決めて勝利。
勝者:ジョンシナ
試合後、シナはソリアーノと握手。

エッジとジェフハーディの抗争をまとめたビデオ。

エッジ(c) vs ジェフハーディ 世界ヘビー級タイトルマッチ
エプロンサイドからエッジがジェフをスピアーで場外に突き落とす。ジェフのダイビング攻撃はエッジが回避して自爆。ジェフがシャープシューターを極めると、エッジはロープエスケープ。ジェフのツイストオブフェイトが決まるがエッジがキックアウト。場外で、クッションを外したガードレールにジェフがエッジをたたきつける。さらに実況テーブルに寝かせたエッジ目掛けて、ガードレール上を走るが、エッジがスピアーでカウンター。レフリーがジェフの場外カウントとるが、かろうじてリングに戻る。
ジェフがツイストオブフェイトからレッグドロップを決めてカバー。しかしエッジは足をサードロープにかける。ウィスパーインザウィンドもキックアウト。
場外で、ジェフが鉄階段からエッジに飛び込み、自身諸共、客席に転落。マットハーディが忍び寄り、ギブスでジェフを殴り倒す。エッジがジェフをリングに押し戻してカバーするが、カウントは2。
ジェフはスワントーンを狙うが、エッジが回避してエッジキューションをヒット。カウント3。
勝者:エッジ 世界ヘビー級タイトル防衛

ジェフハーディがジャッジメントデイで戴冠?

5/15付WWEニュース速報です

★5/14放送分スーパースターズ視聴率は0.95%でした。

★エクストリームルールズが開催されるニューオーリンズ周辺で流れているローカルCMでは、エクストリームルールズで、エッジがジェフハーディの持つ世界タイトルに挑戦するとジョシュマシューズがアナウンスしているそうです。さらにジェフが、チャンピオンとして登場し、チャンピオンとして立ち去ると発言しており、ジャッジメントデイでジェフがタイトルを奪取するのではないかと見られています。

☆今週のSmackdown収録中、ミステリオが膝を負傷したそうです。このため、急遽スーパースターズのメインで予定されていたミステリオvsエッジ戦は、ミステリオ、ジェフハーディ vs エッジ、クリスジェリコ戦に変更されると言う経緯があったそうです。ジャッジメントデイのミステリオvsジェリコ戦については、今のところ変更するという発表はなされていません。

☆ジリアンがインディ団体で活躍するタンク・トーランドとの婚約をマイスペースで婉曲的な表現を用いて発表しています。トーランドは元WWEのチャド・ディックで、OVW時代にジリアンがマネージャーを務めていました。

★ジャッジメントデイのカードです。

ランディオートン(c) vs バティスタ WWEタイトルマッチ

エッジ(c) vs ジェフハーディ 世界ヘビー級タイトルマッチ

クリスチャン(c) vs ジャックスワッガー ECWタイトルマッチ

ジョンシナ vs ビッグショー

CMパンク vs ウマガ

レイミステリオ vs クリスジェリコ

ジョンモリソン vs シェルトンベンジャミン

ECW視聴率が1%割れ

5/13付WWEニュース速報です

★5/12放送分ECW視聴率は0.93%でした。

☆レスリングオブザーバーによると、ここのところ下降傾向にある視聴率に関し、WWEは現在、体勢の立て直し期にあると考えており、FCWからディベロップメントの選手を招聘して昇格のチャンスを与えて、次のスターを創り出すべきであり、ある程度の視聴率低下は止むを得ないと捉えているそうです。

★WM25で行われたキッドロックの演奏シーンは、DVDではカットされているそうです。

☆アンダーテイカーの復帰は7月中旬頃で、サマースラムに向けたセットアップストーリーの為に復帰すると見られています。

☆最近のメリーナの欠場理由は、連鎖球菌性咽頭炎に感染しているためだそうです。

視聴率は漸減傾向

5/12付WWEニュース速報です

★5/11放送分RAW視聴率は3.3%でした。

★5/8放送分Smackdown視聴率は1.9%でした。

★イギリスのサン紙は、イギリス人モデルで、ブリトニースピアーズ、クリスティーナアギレラ、カイリーミノーグらのボディダブル(顔が映らないシーンで、その人物の代わりに演じるモデル)を務めたことのある、レイチェル・カーが、現在FCWでデベロップメントのトレーニングを受けていると報じています。カーはWWEのオーディションに合格したそうです。すでにトレーニング開始から5ヶ月が経過しているそうです。なお、このオーディションに参加する以前、プロレスは全く見たことが無かったそうです。

★WWEは「セクシー、スマート、パワフル」をディーバたちの新たなスローガンに定めたそうです。

★ECWにドラフトされたイゼキエルジャクソンは、ディベロップメントに戻されたそうです。

★最近のSmackdown/ECWのハウスショーでは、ディベロップメントのアンジェラ・フォングがリングアナウンサーを務めているそうです。噂では、クライムタイムのマネージャーとして1軍昇格するのではないかと見られているそうです。

5/12放送分ECW試合結果簡易速報

5/12放送分ECW試合結果簡易速報です

○マークヘンリー vs トミードリーマー●
ワールドストロンゲストスラムでフィニッシュ。

グレゴリーヘルムズとタイソンキッドのバックステージスキット。

○フィンリー vs タイソンキッド●(反則)
試合中にDHスミスが乱入。キッドに加勢して、ハートアタック(ジムナイドハートとブレットハートが使っていた合体攻撃)をフィンリーに見舞う。さらにフィンリーを攻撃。そこへナタリアも加わる。その後、互いに腕を掲げあって勝ち誇る。

ウラジミールコズロフのトレーニング風景が流れる。
○ウラジミールコズロフ vs ジョバー●
スカッシュマッチ。試合後、ジョシュがリングに上がってコズロフにインタビューする。

4年振りにクリスチャンのピープショーが復活。ゲストはジャックスワッガー。スワッガーはジャッジメントデイの話よりも、バックラッシュでのインチキが問題だと言う。クリスチャンは問題のタイトルマッチで、ターンバックルを外していたシーンのリプレイを見て、間抜けがあそこに自爆しただけだという。
スワッガーはGMのティファニーから、このピープショーの間、クリスチャンとの身体的接触を禁じられていると言う。クリスチャンはそれならショーはこれで終わりだと言うと、すぐさまベルトでスワッガーを殴る。スワッガーは殴られた頭を押さえながら花道を逃げていく。

5/15放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/15放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○シーマスオシャウネシー vs ポールバーチル●
ババボム(チーム3Dのブラザーレイの技)と同型の技でフィニッシュ。

WWEスーパースターズ
○レイミステリオ vs シェルトンベンジャミン●

○クリスチャン vs マークヘンリー●

Smackdown
○ジョンモリソン、CMパンク vs シェルトンベンジャミン、チャーリーハース●

リングにジェリコが登場。ブーイングが大きすぎて声が聞き取れない。ジェリコは観客を侮辱し、番組を牽引しているのは自分だという。エッジが現われ、Smackdownは自分の番組だという。テディロングが現われエッジvsジェリコ戦を決定。

○ジェフハーディ vs リッキーオーティズ●
スワントーンで決着。試合後、ジェフはエッジがPPVごとに勝利と敗北を繰り返しており、次は負ける番だと指摘する。

○ゲイルキム、メリーナ vs ミッシェルマクール、アリシアフォックス●
酷い試合。

○ドルフジグラー vs ジミーワンヤン●
試合後、グレートカーリーが登場。ジグラーを投げ捨てる。

クライムタイムとイブがバックステージにいる。イブとレイラの対立について話している。

○Rトゥルース vs マイクノックス●

JRとトッドグリシャムがリングに上がる間、ミステリオがスクリーンに登場してアピール。実況の2人はジャッジメントデイのカードを紹介する。

○エッジ vs クリスジェリコ●(DQ) ノンタイトルマッチ
ジェフハーディがエッジとジェリコを襲う。パンクがMITBを使おうとすると、ウマガが急襲して阻止。エッジとジェフは客席で乱闘。花道ではミステリオとジェリコが乱闘を開始する。

ボーナスダークマッチ
○エッジ vs ジェフハーディ●
金網マッチ

5/11放送分RAW試合結果速報

5/11放送分RAW試合結果速報です

リリアンがWWEチャンピオンのランディオートンを紹介。オートンはテッドとコーディを引き連れて登場。観客達を腰抜け呼ばわりし、叩きのめされるまで大人しく見ていろと言う。そして自分はマクマーンの時代を終わらせたといい、先週のRAWでレガシーがシェインを叩きのめしたシーンをリプレイさせる。そしてWWEは自分を中心として改革されるのだと言う。
続いてビッキーが、オートンとバティスタが試合まで接触してはならないと定めたといい、バティスタと話がしたいという。バティスタが登場。オートンはバティスタが自分からWWEタイトルを奪うことは決してできないと言う。そしてレガシーへの加入を促す。もしバティスタが加入すれば、DXやエヴォリューションよりも大きな勢力になれるという。そして自分がバティスタの後ろ盾になることができるのだと言う。リックフレアーに対するアーンアンダーソンのように。
バティスタは、オートンの意見は理にかなっているというが、オートンは鼻持ちなら無い奴だという。そして自分はオートンを助けるくらいなら、痛めつけるほうを選ぶと言う。オートンは今夜は残念なことに、接触を禁じられている為、今すぐバティスタを叩きのめしてやることができないと言う。しかしバティスタはビッキーが本当にPPVメインイベントの出場権を剥奪するかどうかは分からないといい、今夜自分を遮るものなど無いと言う。
ビッキーとチャボが登場。ビッキーはなかなか面白いことになっているといい、今夜バティスタvsテッド、コーディ戦を行い、レガシーが勝ったら今夜のメインはバティスタvsレガシーの3人のハンデ戦とし、バティスタが勝てばオートンvsバティスタのノンタイトル前哨戦を今夜のメインイベントにするという。

コーディローズ、テッドデビアス vs バティスタ
CM明け。すでに試合がスタートしている。レフリーの見ていないところでコーディがイスを持ち出す。それをバティスタが奪い取ったところでレフリーがイスに気付き、バティスタのDQを宣告。
勝者:コーディローズ、テッドデビアス(DQ)
メインはバティスタvsレガシーのハンディキャップマッチに決定。

リングにマリースが登場。もし自分がマリースじゃなかったら、マリースにあこがれるだろうとアピール。
○ケリーケリー、ミッキージェームズ vs マリース、ジリアンホール●
ミッキーがDDTでマリースを仕留める。短い試合。

バックステージでジョシュマシューズがオートンにインタビュー。テッドが遮って、コーディがいないという。オートンはバティスタはどこだと言う。オートンとテッドはコーディを探しに行く。

バックラッシュでのエッジvsシナ戦のラストシーンが流れる。ビッグショーがサーチライトにシナを叩き込んだシーンのリプレイ。先週のシナとショーの対峙シーンも流れる。

バックステージでチャボとビッキーが、シナについて、医者の出場許可がジャッジメントデイまで出ないことを話している。チャボはシナがジャッジメントデイに出られると言うことを証明するために試合をさせるべきではないかという。ビッキーはこれをきき、今夜シナvsミズのエキシビジョンマッチを行うと決定する。

リングにマイケルコールとキングが登場。ジャッジメントデイの決定済みカードの発表。クリスジェリコ vs レイミステリオが新たに発表される。

バックステージでオートンとテッドがコーディを探している。オートンがコーディを発見。しかし、テッドが倒れているのが発見される。恐らくバティスタが犯人だと考えている様子。

MrケネディのRAW復帰予告ビデオ。

○ブライアンケンドリック vs カリート●
カリートがリングポストに自爆して肩を強打しピンフォールを奪われる。短い試合。
ケンドリックはマイクで、これは最初の一歩に過ぎないというと、タッグパートナーを見つけて、タッグ王座に挑戦するという。

ビッグショーがリングサイドに登場。実況テーブルに腰掛ける。

ジョンシナ vs ミズ 特別エキシビジョンマッチ
リリアンが、この試合はビッキーが試合終了を宣告するまで続けられると言う。試合前にミズがアピール。シナが登場しショーとにらみ合い。試合開始後、ビッキーがスクリーンに登場して試合終了を宣告。振り向いたシナにミズがDDTを見舞う。それを見てショーが笑い、シナを叩きのめす。
試合結果:エキビジョンの為勝敗つかず

バックステージでオートンとコーディがバティスタについて話をする。オートンは今度はコーディが自分自身を証明する番だといい、バティスタを見つけて叩きのめせという。コーディは立ち去る。

バックステージでビッキー、チャボ、サンティナが話をしている。チャボは、誰もがサンティナはサンチノであることをわかっているという。ビッキーはロサメンデスに、幸運を祈るキスをサンティナにするよう促す。サンティナは本当にロサにキスをする。チャボはこれを見て、サンティナは自分がレズビアンであることを認めたという。

バックステージでコーディが鉄パイプを持って歩いている。ホーンズウォグルを発見。コーディの背後からバティスタが忍び寄る。バティスタはコーディを突き飛ばして部屋の中に押し込むと、自分も部屋に入ってドアを閉める。

ベスフェニックス vs サンティナマレラ
サンティナが勝利。試合後、レフリーのジャック・ドーンと勝利を祝う。
勝者:サンティナマレラ

バックステージでマシューズがシナにインタビュー。シナは今、多くのアメリカ人と同様、自分が逆境にあるという。しかし、人々はこの状況を乗り越えようとしており、自分もそうであるという。そしてジャッジメントデイは戦うことが目的ではなく、勝つために出場するのだという。

MVPがリングに登場。先週のリーガルとの対立シーンを流す。RAWで最初のVIPラウンジがスタート。ゲストとしてリーガルを招く。リーガルは自分が昨年のGMで、キングオブリングだという。そして、自分がRAWにいたからこそMVPを無視してきたのだという。MVPはリーガルはつまらないやつだという。リーガルがローブを脱ぐとマットハーディが登場。自分はギブスをしたまま2週連続で試合をさせられたと文句を言う。コフィキングストンが現われてマットを攻撃。チャボが現われ、MVP、キングストン vs マット、リーガル戦をビッキーが決定したと伝える。

MVP、コフィキングストン vs マットハーディ、ウィリアムリーガル
CM明け、MVPがプレイメーカーでリーガルを仕留める。
勝者:MVP、コフィキングストン

バックステージで、オートンがベルトを持って、一人佇んでいるのが映る。

明日のECWで、クリスチャンのピープショーのゲストにジャックスワッガーが登場するとアナウンス。

オートンが登場。バティスタに対し、ジャッジメントデイまではどうあってもWWEタイトルを奪うことはできないのだと言う。バティスタは構わずリングに向かう。

ランディオートン vs バティスタ ノンタイトルマッチ
1分足らずでバティスタがイスを持ち出してDQ。
勝者:ランディオートン(反則)
バティスタはイスでオートンの足首を殴りつける。鉄階段をリングに持ち込み、レフリーを追い払うと、鉄階段でオートンを殴ろうとするが、コーディが助けに現われる。バティスタはコーディにバティスタボム。テッドがバティスタの背後に忍び寄るが、スピアーを食らってしまう。場外に逃げたオートンに鉄階段を投げつけるが当たらない。

人材不足の中、新たなるスターは現われるのか?

5/9付WWEニュース速報です

☆ベビーフェイスのスター不足が深刻なSmackdownで、しばらくはレイミステリオをトップフェイスとして扱う方針を採っているそうですが、怪我を抱えており、長期的には難しいのではないかと考えられているそうです。また、次の候補であるCMパンクとジョンモリソンについては、ビンスがまだ力不足だと考えているそうです。
一方、RAWからビッグショーかマットハーディをSmackdownに戻してフェイスプッシュするというプランが検討されたそうですが、ドラフトから間もないこともあり却下されたそうです。

☆ステファニーマクマーンは先週のテレビ収録の際、タレント達を集めて、WWEは現在新たなるスターを創り出す時にあり、怠けることは許さないと訓示したそうです。そして全ての者がトップに立てるチャンスであり、最大限の努力をし、キャラクターやストーリーラインのアイディアも積極的に提示するよう求めたそうです。

◆元WWEのシャノンムーアが、WWEのコスチュームデザイナーを務めているジュリー・ヤングバーグと結婚しました。

ホーリーが解雇の理由について発言

5/7付WWEニュース速報です

★5/5放送分RAW視聴率は3.30%でした。

★5/6放送分ECW視聴率は1.1%でした。

★WWEは2009年第1四半期のPPV販売件数を発表しました。ロイヤルランブルは45万件と発表され、見積もり値の44万5千件よりは上昇したものの、依然として2008年度の53万3千件には遠く及ばない数字でした。ノーウェイアウトは27万2千件で、やはり昨年の32万9千件を下回っています。

☆クリスジェリコは、ミステリオと長期的な抗争に入ることを提案しているそうです。ただ、ヨーロッパツアー中、アクシデントでミステリオのマスクが外れてしまった際の観客のリアクションを考慮し、ストーリーにマスクは絡めないそうです。

☆グレゴリーヘルムズをECWに出場させているのは、まだヘルムズがレスリングのできる状態まで完治していないためで、治癒を待つ間、キャラクターを定着させる為に番組出演が必要だったための措置とされているそうです。

☆WWE内部の方針として、57歳のJRと60歳になるキングから、若いマイケルコール、トッドグリシャム、ジョシュマシューズをアナウンスチームのエースに世代交代を進めているそうです。この流れをビンスも支持しており、ファンや選手達からスターだと思われているJRやキングよりも、色がついておらず、スターともみなされていない3人の方が扱いやすいと考えているそうです。

☆WWEは6月に契約の満了するトミードリーマーに契約延長のオファーを持ちかけているそうです。

◆WWEを1月に解雇されたボブホーリーが、解雇の理由はMrケネディから、処方箋が必要な痛み止めを分けてもらったことをケネディが上層部に密告した為だとし、今度会ったら叩きのめしてやるとRFビデオのインタビューでコメントしています。

Smackdown視聴率は回復したものの依然低調

5/5付WWEニュース速報です

★5/1放送分Smackdown視聴率は1.9%でした。

★5/5のSmackdown収録と同時に行われた5/7放送分スーパースターズの試合結果です。

○クリスジェリコ vs ジョンモリソン●

カッティングエッジ。ゲストはジェフハーディ。ジェフは自分がWWEタイトルをクリーンな形で奪われたことはなく、マットに妨害されただけなのだという。エッジとジェフは口論になり、ジェフはツイストオブフェイトをエッジに見舞う。

○フィンリー vs ザックライダー●



★キャンディスミッチェルは負傷している足首のリハビリの為に、ハワイに滞在しているそうです。

★ジャッジメントデイの公式テーマソングは、バックチェリーのレスキューミーという曲と発表されました。

5/8放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/8放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○ジミーワンヤン vs ポールバーチル●
ヤンがムーンサルトで勝利。

SmackDown
テディロングがレイミステリオを紹介。ミステリオはSmackdownという家に帰って来られたと語る。そしてジェフハーディを優れた男だといい、ICタイトルに挑戦して欲しいと言う。クリスジェリコが登場。自身をSmackdownの顔役と呼ぶと、しかし、不満が爆発しそうだと言う。それは観客もレスラー達も自分に敬意を払わないからだと言う。さらにテディロングに関して、一晩で飛ばされてしまうようなGMだというと、ミステリオとのタイトルマッチを求める。ミステリオは黙れといい、ジェリコを突き倒してリングを立ち去る。ジェフハーディが現われ、ジェリコに対し、タイトルに挑戦したいのなら、まず自分を倒してからにしろと言う。そして、もしジェリコが勝てばジャッジメントデイで3ウェイでのICタイトルマッチを行うと言う。テディがこれを承認し、ジェリコが立ち去る。

○マイクノックス vs Rトゥルース●
ゆっくりした展開からノックスのパンチがヒット。トゥルースのドロップキックがヒットするが、ノックスはスパインバスターをヒット。ノックスのスリーパーが極まる。トゥルースは抜け出してシザーズキック。ドロップキックで2カウントを奪うが、ノックスが顔面に蹴りを入れてフィニッシュにつなぐ。

ミッシェルマクール vs ゲイルキム●
ミッシェルが腕立て伏せをしながらキムを挑発。序盤はミッシェルペース。しかし雪崩式スイングネックブリーカーでキムが逆転。しかし、ミッシェルがフィニッシャーで再逆転して勝利。

ジョシュマシューズがジェフハーディにバックステージでインタビュー。ジェリコとの試合の抱負をたずねる。ジェフはジェリコを邪魔者と呼び、誰が相手であろうがタイトルを奪うという。


エッジがテディのオフィスに登場。3ウェイ戦について文句を言う。テディは今夜、エッジvsCMパンクのタイトルマッチを行うと言う。

○ジョンモリソン vs チャーリーハース●
序盤はハースが寝技でペースを掴む。モリソンはスワンダイブ式ドロップキックでペースを掴むと、一気に攻め立てて勝利。

○CMパンク vs エッジ●(カウントアウト)
パンクはエッジを場外に落としてブランチャーをヒット。両者リングに戻り、エッジのブートがヒット。さらにパンクの攻撃を脇固めに切り返してリング中央でがっちり極める。パンクは膝蹴りをエッジに頭に入れて脱出。その後両者相打ちから、パンクがミサイルキックをヒット。エッジはエレクトリックチェアーを狙うが、パンクが脱出してエッジの顔面に膝。場外に落ちたエッジがそのまま立ち去りカウントアウト。
試合後、ウマガが客席から現われ、パンクに蹴りからサモアンスパイクを見舞う。エッジはそれを見て立ち去る。

クライムタイムが司会の腕相撲。イブvsレイラ。レイラは肘が痛いと言って一旦中断。再開後、イブが勝利。レイラがイブを攻撃する。

ドルフジグラー、ジミーワンヤン、ジェシーがバックステージにいる。ドルフは次に言うことがあるというと、オープンチャレンジを行うと言う。グレートカーリーが挑戦者に名乗りを上げる。

○グレートカーリー vs ドルフジグラー●(DQ)
カーリーがクローズラインから胸にチョップ。ジグラーはイス攻撃の連打で反則負け。

CMパンク vs ウマガ戦をジャッジメントデイで行うとアナウンス。

○ジェフハーディ vs クリスジェリコ●
早い展開。ジェリコが切り返し技で、階段からガードレールに投げつける。ジェフがウィスパーインザウィンドを狙うと、ミステリオが登場。ジェリコのウォールズオブジェリコをジェフが切り返す。しかしスワントーンに失敗。ジェリコがライオンサルトをヒットして2カウント。エッジが介入してジェリコを妨害。ジェフはジェリコを場外からリングに押し込んで2カウント。その後ツイストオブフェイトからスワントーンを決めて勝利。
試合後、ミステリオがトップロープからジェリコにダイブ。観客と一緒に喜ぶ。

5/5放送分ECW収録結果簡易速報

5/5放送分ECW収録結果簡易速報です

○エヴァンボーン vs タイソンキッド●
序盤はキッドがペースを掴む、グラウンドの攻防。ボーンがドロップキックからウラカンラナで反撃すると、キッドは場外に出て仕切りなおし。互角の攻防が続くが、フィンリーが現われ、キッドの足をシレイリで殴り、すかさずボーンがシューティングスタープレスを決めて勝利。

先週のECW挑戦者決定戦をスワッガーが妨害したシーンがリプレイ。

ジョシュマシューズがリングでスワッガーにインタビュー。なぜ先週の試合の邪魔をしたのかと尋ねられると、スワッガーは正義の為だという。そしてECWタイトルの価値を3ヶ月の間に最高のものにしてやるという。クリスチャンはインチキをしたと言い、ドリーマーはぼろぼろで、ECWの贅肉だという。
ドリーマーが登場してスワッガーを攻撃しようとするが、スワッガーはリングを脱出。ドリーマーがリングから対戦を求めている。

ティファニーがバックステージでザックライダーと一緒にいる。ライダーはインパクトを起こしたいという。ティファニーは今週のスーパースターズでライダーvsフィンリー戦を行うと言う。

○ウラジミールコズロフ vs ジェシーギルモア(ローカルジョバー)●
スカッシュマッチ

グレゴリーヘルムズがマークヘンリーにインタビュー。ヘンリーは自分のこれまでの活躍を自慢し、今夜はやりたいようにやると言うと、クリスチャンを生贄と呼ぶ。

○ジャックスワッガー、マークヘンリー vs クリスチャン、トミードリーマー●
予定されていたクリスチャンvsヘンリー戦にドリーマーとスワッガーが乱入。ティファニーが急遽タッグマッチに変更するという。ドリーマーが捕まる展開になり、クリスチャンがタッチを受けるとスワッガーを攻撃。しかし、逆襲にあってしまう。クリスチャンがスープレックスで反撃して互角の攻防に持ち直すと、ドリーマーにタッチ。ドリーマーはスワッガーにパンチの連打からネックブリーカーを決める。ヘンリーのスプラッシュはスワッガーに誤爆。クリスチャンがミサイルキックをヘンリーにヒット。しかしスワッガーのガットレンチ式パワーボムが決まって3カウント。

バティスタが契約を更新しない可能性を否定せず

5/4付WWEニュース速報です

★5/4放送分RAW終了後のボーナスダークマッチで、ジョンシナ、バティスタ組がレガシーに勝利する試合が行われました。

★5/7放送分スーパースターズで放送される試合の結果です。

○ゴールダスト vs チャボゲレロ●

○サンティナマレラ、ケリーケリー vs ベスフェニックス、ロサメンデス●



★バティスタがイギリスのタブロイド紙の取材に対し、WWEとの契約があと1年残っているものの、その後については何も決めておらず、直前になってから決断するとコメントしています。また、残り1年で引退する可能性について尋ねられた際、その可能性はあるとし、歓迎されなくなっても居座り続けるようなことはしたくないとしています。

☆デーブメルツァーが、マジソンスクエアガーデンで行われたSmackdownの収録大会にアンダーテイカーが出場しなかった理由について、長年わずらっている膝の怪我の為だと報じています。テイカーは簡単な手術を受けるべき状態にあるとされていますが、手術の為の検査を行えばさらに深刻な負傷箇所が見つかるのではないかと懸念されているそうです。テイカーは休養が必要なのは明らかですが、その穴を埋められるフェイスのタレント不足がSmackdownでは深刻なため、ジョンモリソンのフェイスプッシュを急いでおり、ジェフハーディとの再契約も強く求めているそうです。

5/4放送分RAW試合結果速報

5/4放送分RAW試合結果速報です


オートンがWWEタイトルを獲得したシーンのリプレイ。先週のMVPvsオートン戦。そしてシェインが竹刀でオートンを襲ったシーンが流れる。

ランディオートン vs シェインマクマーン ノンタイトルマッチ
オートンが先にリングインし花道を見ている背後からシェインが奇襲攻撃。シェインは「マクマーン vs オートン」と背中に書かれたグリーンのジャージを着ている。2人は客席で乱闘。シェインはオートンを実況テーブルに寝かせてリングに戻ってコーナーに上る。コーディとテッドが駆けつけてシェインを攻撃。オートンも復帰して3人でシェインを攻撃する。MVPがシェインを助けに来るがやはり3人に攻撃されてしまう。バティスタが現われて救出に成功。結局試合は正式に始まらなかった様子。
試合結果:不成立
ビッキーゲレロが現われ、今夜のメインイベントはランディオートン vs シェインマクマーンだと発表。さらにバティスタvsテッドデビアス、MVPvsコーディローズ戦を行い、この2戦のそれぞれの勝者はメインイベントに合法的に介入することができるという。

マットハーディ vs コフィキングストン
試合前にマットがマイクで、ジェフに手を3箇所骨折させられたという。にもかかわらず会社の上層部から試合に出ることを強要されており、これに抗議するという。しかも、自分は試合で不利な判定を受けていると言う。
展開の速い好試合。キングストンのトラブルインパラダイスが決まってピンフォール。
勝者:コフィキングストン
試合後、マットはギブスでキングストンの顔を殴る。

バックステージでサンチノマレラがケリーケリーに話しかけている。マレラは今週のスーパースターズで、ケリーとサンティナがタッグを組むことになったと言う。しかし、マレラはサンティナがビッキーゲレロから豚インフルエンザをうつされたため、会場には来ていないのだという。ケリーは困惑している。マレラは、「ビッキーは豚みたいだからね」と言う。チャボがマレラの背後に現われて、RAWは新しい体制運営されており、自分の家族を侮辱することは許さないと警告。マレラは謝罪すると、豚のような声を上げて立ち去る。

別のバックステージでビッグショーがビッキーのオフィスに飛び込んでいく。ショーはシナとの試合を求めている。ビッキーはシナが2週間は試合を組める状態ではないという。そしてジャッジメントデイでショーとの試合を組むと言う。

さらに別のバックステージでベラツインズがMVPに「ザ・ビュー」出演について話を聞いている。2人はMVPをデートに誘うと、MVPは了承し、「ここ(RAW)が好きになりそうだ」と言う。

コーディローズ vs MVP ノンタイトルマッチ
実況にリーガルが加わる。リーガルはRAWのオープニング映像にMVP、ミズ、ケネディが加わったにも関わらず自分の映像が無いと不満を言い、ケネディ、MVPを罵る。レフリーの死角でリーガルがMVPの足を払う。結局MVPがカウントアウト。
勝者:コーディローズ(カウントアウト)
コーディが正式にメインイベントに介入できる権利を獲得。

キングがリングで、歌合戦を始めるという。観客はブーイング。キングはジリアンvsフェスタスをコール。ジリアンのパフォーマンスに観客はブーイング。フェスタスの番になるが、何もできない。ジリアンが勝利を確信するが、キングがゴングを要請すると、フェスタスが「日はまた登る」を歌い始める。 観客はフェスタスを応援。キングがフェスタスの勝利をコールする。ジリアンが食い下がろうとするが、ミズが登場。ゴングが鳴り、ミズがフェスタスの腹部にキック。リングの外に投げ落とす。
ミズは来週、シナに出てくるよう要求するが、シナは現われず。シナは自分を恐れているのだと言うと、シナがトロンに現われるまで、罵り続けてやると言う。そしてシナは次の映画の仕事でも探し回っているんだろうと言い、ロックにでも泣きついて、相手にされなかったんじゃないのかという。そしてリリアンに自分の勝利とシナ相手の2連勝をコールさせる。
シナのテーマがヒット。シナがゆっくりと歩いてくる。リングに入ると今度はショーのテーマがヒット。リングに向かう間に、ミズが逃げ出す。ショーがシナに何度もボディブローを見舞いキャメルクラッチ。気絶したシナの傍にショーが仁王立ちする。

マリース vs ミッキージェームズ ノンタイトルマッチ
ミッキーがDDTで勝利。
勝者:ミッキージェームズ

テッドデビアス vs バティスタ
バティスタはテッドをコーナーで攻撃し続け、レフリーのブレイクを無視して反則負け。
勝者:テッドデビアス(反則)
テッドのメインイベントへの介入が正式に認められる。試合後もバティスタはいらだっている。

ビッキーのオフィス。チャボがもし自分が責任者なら、今夜のメインにMVPとバティスタが介入した場合、MVPはUSタイトルの剥奪、バティスタはジャッジメントデイでの挑戦権を剥奪すると言う。そして、後で正式なビッキーの判断を発表すると言う。

ブライアンケンドリック vs カリート
カリートがバックスタバーで勝利。
勝者:カリート

Smackdownでジェフハーディが世界ヘビー級タイトル挑戦権を獲得したシーンがリプレイ。

SmackdownでシェリーシェパードがMVPのセコンドについていたシーンがリプレイ。MVPは今週のザビューに出演する。

バックステージでバティスタがシェインに謝罪している。

レガシー vs シェインマクマーン
場外でシェインがオートンを実況テーブルに載せてコーナーに登ってダイビングエルボーを敢行するが、オートンが回避してテーブルに自爆。テッドとコーディがシェインの足を鉄階段に固定し、オートンがイスで殴る。もう一度足を固定させ、今度はオートンが鉄階段の上半分でシェインの足を殴る。シェインが悲鳴を上げる。レフリーが助けを呼ぶ。セキュリティたちが現われ、レガシーに下がるように言う。医療班がシェインの足を固定してストレッチャーに乗せる。バティスタがリングに現われてシェインをチェック。バティスタはいらだっている。レガシーはステージまで引き上げ、オートンがバティスタに対し「お前の審判の日は近づいている」と言う。

次のトップフェイス候補の噂

4/30付WWEニュース速報です

★テッドデビアスSrが、息子の今後について、WWEが制作予定の映画「マリーン2」の公開にあわせ、テッドデビアスJrをトップフェイスとしてプロモーション活動を行うとWWEから約束されていると発言しています。先日放送されたRAWのコーディローズとのバックステージスキット中、テッドのフェイスターンをにおわせる台詞があり、トップフェイスとしてのプッシュが近く始まるのではないかと見られているそうです。

☆トミードリーマーの契約があと数ヶ月で切れるそうですが、WWEはECWのGMのポジションをドリーマーに提示しているそうです。

★バックラッシュのバックステージに元レフリーのティムホワイトが来ていたそうです。

★先日、元TNAのランスホイトがWWEと契約を結びましたが、ディベロップメンタル契約でした。WWEはディベロップメントに大型選手を求めていため、ホイトが採用されたと見られているそうです。

◆JBLの奥さんであるメレディス・ホイットニー氏が、タイム誌の選ぶ世界で最も影響力のある人物リストに掲載されています。

Smackdown視聴率が衝撃的な下落

4/29付WWEニュース速報です

★4/24放送分Smackdown視聴率は1.6%で、推定視聴者数は270万人と極めて低い水準にとどまりました。

★4/28放送分ECW視聴率は1.2%でした。

△ジェイソンパウエルは、ジェフハーディが友人に、WWEとの契約が切れる夏までに契約を更新するつもりであると語ったと報じています。また、ジェフは再交渉の為の休暇をWWEに求めているそうです。

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。