WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年最後の放送の視聴率

12/30付WWEニュース速報です

★12/29放送分RAW視聴率は3.5%でした。

★12/26放送分Smackdown視聴率は2.0%でした。

スポンサーサイト

1/9放送分Smackdown収録結果簡易速報

1/9放送分Smackdown収録結果簡易速報です

SmackDown
○HHH vs ジョンモリソン● テーブルマッチ
試合後、ミズが現れてHHHの注意を引く隙にチャボが背後から攻撃してテーブル貫通。レフリーに介助されてHHHは引き上げる。

バックステージでビッキーがHHHに試合は3つの内、一つ終わっただけだという。

○アンダーテイカー vs シェルトンベンジャミン●
ツームストンで決着。

○ベラツインズ vs ビクトリア、ミッシェルマクール●
試合後、ミッシェルがビクトリアに得意技を見舞う。

○HHH vs チャボゲレロ、ミズ●
ミズをぺディグリーで仕留める。試合後、ビッキーがスクリーンに現れ、残りは一試合だという。そして最後のラストマンスタンディング戦の相手はビッグショーだと告げる。

MVPのVIPラウンジ。特別ゲストはMrケネディ。ケネディはMVPが毎週出てきて負けつづけている事にうんざりしているという。そしてMVPの連敗を止めるために鼓舞しようとするが、MVPは怒る。スタッフ達はセットを片付ける。ケネディは取り戻そうとあせるほどに、事態は悪くなるものだというと、リングの下からブギーマンが登場。MVPに投げを見舞うと、MVPは逃げ出す。

○コロンズ vs ブライアンケンドリック、イゼキエルジャクソン● WWEタイトルマッチ
カリートがバックスタバーでケンドリックからピンフォール。

○ビッグショー vs HHH● ラストマンスタンディングマッチ
序盤はビッグショーが圧倒。観客はHHHに声援。HHHは復活してぺディグリーをヒット。ビッグショーはカウント9で立ち上がる。さらに背後からHHHが殴る。カウント8でショーが立ち上がる。ショーは直スラムで実況テーブルを貫通。HHHはカウント9で立ち上がるが、ショーがノックアウトパンチをヒットして10カウント。

1/2放送分Smackdown収録結果簡易速報

1/2放送分Smackdown収録結果簡易速報です
今週は2本撮りです。

ダークマッチ
○Rトゥルース vs ライアンブラドック●
トゥルースは大人気。旋回式シザーズキックで勝利。

SmackDown
ジャスティンロバーツがリングにいる。ロバーツはビッキーゲレロをコール。大ブーイングの中、ビッキーが登場。ビッキーはロイヤルランブルでエッジにジェフハーディの持つWWEタイトルへ挑戦させると発表。退場しようとするとHHHが登場。大歓声が上がる。HHHはビッキーに「ハッピーニューイヤー」というと、自分をロイヤルランブルに出場させろという。ビッキーは拒否するが、HHHはビッキーをからかい、侮辱しつづける。さらに、ビッキーのヌード写真がe-bayに出品されていると言うと、ビッキーはバックステージに走っていく。

ウマガの復帰予告ビデオ。

○グレートカーリー、フィンリー vs ザックライダー、カートホーキンス●
カーリーは新入場曲で登場。カーリーボム(ネックハンギングスラム)でピンフォール。試合後、フィンリーとホーンズウォグルがライダー、ホーキンスを蹴散らし、カーリー、通訳のシンと4人でリング上でダンスを披露する。

イブがミッシェルマクールにインタビュー。ミッシェルはマリアのせいで負けたと文句を言っている。ミッシェルはマリアに謝罪を求めるが、マリアが拒否する。

ビッキーとエッジがバックステージでヌード写真について話をしている。ビッグショーがそれを見たという。ショーとエッジが口論になる。

○ブライアンケンドリック、イゼキエルジャクソン vs ジェシー&フェスタス●
イゼキエルがジェシーを仕留める。

○ウラジミールコズロフ vs ハリケーンヘルムズ●
短い試合。コズロフがチョークスラムでフィニッシュ。観客達は「boring」チャント。

「A Behind Enemy」(Mr.ケネディの出演している映画)の宣伝。
米軍慰問興行のビデオ。

JRがHHH、ビッグショー、ウラジミールコズロフ、シェルトンベンジャミンのロイヤルランブル出場が決まったと発表。ベンジャミンが現れ、勝者としてコールされるのは自分だといい、だれも自分に対抗できないという。アンダーテイカーが現れてベンジャミンにチョークスラム。観客は大歓声。

キザーニーが今夜デビューするというビデオ。

ミッシェルマクールが現れ、マリアとイブに謝罪する。しかし、マイクでイブを殴る。

ビッキーとチャボがバックステージにいる。HHHが入ってくる。ビッキーは来週、HHHには3つの危険な試合を行ってもらうという。一つ目はテーブルマッチ、2つ目はハンディキャップマッチ、3つめはラストマンスタンディングマッチ。

○キザーニー vs MVP●
短い試合。大量の「boringチャントが発生してしまう」

Mrケネディが現れてMVPをからかい、映画の宣伝をする。

ロイヤルランブルの煽りビデオ。

エッジが登場。ジェフハーディはWWEタイトルを貶めているという。そしてランブルの後は自分がチャンピオンだという。

○ジェフハーディ、マットハーディ vs エッジ、ビッグショー●
マットのツイストオブフェイトからジェフのスワントーンが決まってピンフォール、試合後、マットとジェフはそれぞれのベルトを誇示して終了。

12/30放送分ECW収録結果簡易速報

12/30放送分ECW収録結果簡易速報です

ミズとジョンモリソンのダートシートでスタート。フィンリーとホーンズウォグルが登場。フィンリーが倒されるとウォグルはリング下に潜り込む。モリソンが追いかけるが、ブギーマンがリング下から登場。モリソンとミズは怯えて逃げ出す。
マットハーディvsマークヘンリー戦を今夜おこなうとアナウンス。

米軍慰問興行のビデオ。

○マットハーディ vs マークヘンリー● (反則)
ジャックスワッガーが介入して反則が取られる。

○DJガブリエル vs ポールバーチル●

○フィンリー、ブギーマン vs ミズ、ジョンモリソン● ノーDQマッチ
観客は無関心。ブギーマンはミズを追いかけてバックステージへ。フィンリーのセルティッククロスがモリソンにヒットしてピンフォール。試合後、フィンリーとウォグルは何人かの子供たちをリングサイドに入れ、リングの周りを走り回らせる。

12/29放送分RAW試合結果速報

12/29放送分RAW試合結果速報です

ミステリオがリングに登場。先週のJBL戦でHBKがしたことに対して、責任をとってもらうという。さらにHBKのことは尊敬していたが、今は問題があるとしてHBKに出てくるよう要求する。HBKが登場。ミステリオは、レーストゥランブル(ロイヤルランブルでのタイトル挑戦権をかけたフェイタル4ウェイ戦の出場権)を譲れと言うのではなく、誰がレーストゥランブルにふさわしいのかをはっきりさせたいのだとして権利をかけた試合を要求。HBKがこれを受諾する。JBLがステージに登場。HBKは自分の使用人であり、全ての決定は自分が下すと言うと、ミステリオと試合を行う事は許さないとし、そのままレーストゥランブル戦に出場するように命令。そしてHBKにリングを離れるように指示し、HBKも従う。リングにはマイクノックスが現れて背後からミステリオを攻撃。ジョンシナがミステリオの救出に現れる。

バックステージでランディオートンがコーディローズ、マヌー、シムスヌーカと話をしている。オートンは全員がチームのために行動し、ホースメン、DX、エヴォリューションなどよりも大きな存在になるのだと言う。そして、3人は今夜それぞれシングルマッチを行ってもらい、敗れた者は追放すると言う。

コーディローズ vs CMパンク
リーガルとレイラがリングサイドで観戦。来週、リーガルvsパンクのICタイトルマッチが行われるとコールが説明する。短い試合。パンクが主導権を握る。場外のコーディを追ってパンクがリング外に出たところでリーガルが介入。その隙にコーディがリングに戻ってパンクがカウントアウト。
勝者:コーディローズ (カウントアウト)
リーガルは試合後にパンクを攻撃。

シナがステファニーに今日のメインイベントで実況席に入るよう言われて、ふてくされている。マイケルコールの口真似をする。そして今日は今年最後のRAWだとして自分に試合をさせるか、マイクノックスvs例ミステリオに自分も関わらせるよう求め立ち去る。

ゴールダストの事前収録のビデオ。サンタ帽を被り、WWEのスーパースター達に配達したものを語る。そしてサンチノマレラにはもうすぐ会いに行くと警告する。

バティスタがふくらはぎの手術を受け、歯と顎の治療も行ったというビデオ。

ケリーケリー vs メリーナ vs ミッキージェームズ vs ジリアン vs キャンディスミッチェル vs ケイティリー レーストゥランブルバトルロイヤル(ロイヤルランブルでの女子タイトル挑戦者決定戦)
ベスフェニックスとサンチノマレラが実況に加わる。ベスの大ファンのロサ・メンデスは今週もリングサイドにいる。早々にキャンディスとケリーが失格。続いてまもなくケイティとジリアンも失格。残ったのはミッキーとメリーナ。勝ったのはメリーナ。
勝者:メリーナ
ロイヤルランブルでのメリーナ vs ベスフェニックスのWWE女子タイトルマッチが決定。ベスがリングに上がってメリーナにビンタ。場外で乱闘を始める。実況テーブル上でメリーナがベスにパンチを見舞うとロサがガードレールを乗り越えて乱入。メリーナを攻撃。セキュリティがロサを連れ出す。ベスが戸惑っている。

バックステージでトッドグリシャムがジェリコにインタビュー。スラミーアワードではスーパースターオブザイヤーに選ばれたが、WWEマガジンではジャーク(アホ)オブザイヤーに選出されたことについてコメントを求める。ジェリコは、観客達こそ鏡を見てそのアホ面をよく見るがいいという。

シムスヌーカ vs 「スーパーハース」チャーリースヌーカー
ハースはジミースヌーカの物まねで登場。シムは興味を示さない。ハースはコーナーに登ってスーパーフライを狙うが、シムは膝剣山で迎撃してバズソーキックで仕留める。
勝者:シムスヌーカ
正式にシムのレガシー入りが決定。

ジョンシナ、レイミステリオ、コフィキングストン、クライムタイム vs ケイン、ジョンモリソン、ミズ、マイクノックス、ドルフジグラー
かなり長い試合。シナの5ナックルシャッフルとキングストンのブーンブーンレッグドロップが同時にヒット。最後はミステリオがコーナー上からのスプラッシュでノックスを仕留める。
勝者:ジョンシナ、レイミステリオ、コフィキングストン、クライムタイム

バックステージでトッドグリシャムがHBKに今夜のメインイベントのフェイタル4ウェイ戦と、JBLとのビジネスの関係について尋ねる。HBKはレッスルマニアへの道はもうすぐ始まるのだといい、自分はMrレッスルマニアで、ショーを盗む事だけが自分の生きがいなのだという。

別のバックステージでケリーケリーが誰かと話をしている。ケリーはケインから守ってあげたのに、なぜ電話を返してくれなかったのかと尋ねる。そして、ケリーはお互いに好きあっていると感じており、一緒に過ごした夜は最高だったという。すると話し相手はランディオートンであることが明かされる。オートンは、あれは一晩だけの事だといい、自分にとっては思い出にすらならないという。そして自分はケリーを利用しただけで全く興味はないといって立ち去る。ケリーは怒っている。

マヌー vs マットハーディ
観客は無関心。マットがツイストオブフェイトで勝利。
勝者:マットハーディ

ランディオートン vs ショーンマイケルズ vs クリスジェリコ vs JBL レーストゥランブルフェイタル4ウェイイリミネーションマッチ
2人に試合の権利があり、後の2人とはどちらとでもタッチできるというルール。試合中盤。HBKとジェリコに試合権利がある場面で、JBLがかってにHBKにタッチしてクローズラインフロムヘルを狙うが、ジェリコはこれをかわしてコードブレイカーをヒット。カバーするがHBKがカットする。ジェリコはJBLにウォールズオブジェリコを極めるが、こっそりタッチしたHBKがスイートチンミュージックでジェリコを仕留め3カウントが入る。クリスジェリコが失格。
観客はJBLとHBKが残らないよう、オートンを応援。しかしHBKのスイートチンに沈み、ランディオートンガ失格。
JBLとHBKが対峙。JBLは床を指差し、HBKは悩んでいるが、ついにマットに横になろうとするものの、立ち上がって出来ないという。そして目をつぶると、JBLにクローズラインフロムヘルを打たせようとする。JBLは無防備なHBKに必殺技を叩き込んで3カウント。
勝者:JBL 
ロイヤルランブルでシナ vs JBLの世界ヘビー級タイトルマッチが決定。JBLが立ち去り、リング上で座り込むHBKが映り放送終了。

ジェフハーディをホテルで襲った犯人は?

12/28付WWEニュース速報です

★12/28に行われたハウスショーでマリースが膝を怪我したそうです。怪我の詳細はまだわかっていません。

★前回のRAWで、シナがパートナーとしてトリッシュを紹介した際、ある観客が「Cuck Fena」と「We've Cena 'Nuff!」(シナはもう沢山だ) というサインボードを順番に掲げているのが映りこんだそうです。まもなくこの観客はセキュリティにつまみ出されたそうです。

☆12/8のRAWのダークマッチにトムコが出場した際、怪我の為に体が出来ていなかったとされていましたが、後にトムコが怪我をしていた事を知ったビンスマクマーンは、怪我人を試合に出したことでジョニーエースを叱ったそうです。この際、エースはブッキングされるまで、トムコの怪我を自分も知らなかったと言い訳したため、さらにビンスが激昂し、ステファニーがなだめに入ったとレスリングオブザーバーが報じています。

△ジェフハーディがホテルで襲われたとして、サバイバーシリーズのタイトルマッチを欠場すると言うストーリーラインが展開されましたが、あの犯人はクリスチャンであり、WM25でジェフハーディvsクリスチャン戦を行うというプランになっているとジェイソンパウエルが報じています。

解雇された何人かはメキシコへ?

12/26付WWEニュース速報です

☆前回のRAW収録のバックステージに元TNAのジョニーデバインが来ており、トライアウトを受けたと報じられていましたが、実際はただバックステージを訪問しただけで、トライアウトの予定は組まれていなかったそうです。

★2009年1月発売予定の「WWE The Music Vol 9」のトラックリストです。少し前にも報じられていましたが、以前のものは誤りが含まれていたそうです。

1. Voices - ランディオートン
2. Pourquoi? - マリース
3. Man On Fire - ケイン
4. Kung Fu San - カンフーナキ
5. Holla - ケリーケリー
6. What's Up? - Rトゥルース
7. Pain - ウラジミールコズロフ
8. Land Of Five Rivers - グレートカーリー
9. She Looks Good - イブ
10. Get On Your Knees - ジャックスワッガー
11. If You Rock Like Me - SmackDownテーマ
12. Tribal Trouble - ウマガ
13. Priceless - マヌー



◇WWEを解雇されたポールロンドンは2009年2月にAAAに出場すると言う話があるそうです。チャックパランボもAAAのクリスマス大会にブッキングされていました。また、CMLLのマルコ・コルレオーネ(元WWEのマーク・ジンドラッグ)は、ランスケイドをCMLLで起用するべきだと推薦しているそうです。

WWE.comがバティスタの負傷を報じていますが

12/24付WWEニュース速報です

★12/19放送分Smackdown視聴率は2.1%でした。

★WWE.comは、先日のRAWでランディオートンから受けたパントキックで脳震盪を起こした為にバティスタが欠場したとし、欠場中にサマースラムのジョンシナ戦で負傷したふくらはぎの手術を受ける事になったと説明しています。実際は、ヨーロッパツアーでふくらはぎを負傷したために、パントキックで番組から外すストーリーを組んだとみられています。

◆ハルクホーガンのセレブリティチャンピオンシップレスリングは、新シリーズの収録が行われる見込みになっているそうです。一方、アメリカングラディエーターズはすでにNBCが打ち切りを決定しています。

またディベロップメントから昇格の噂

12/23付WWEニュース速報です

★12/22放送分RAW視聴率は3.16%でした。

★12/22放送分RAWで放送されたJBLvsレイミステリオ戦は、HBKが乱入してJBLを殴り、JBLを反則勝ちさせるというものでしたが、レフリーがDQの判定を下すタイミングを誤ってしまい、HBKが乱入してミステリオの619を妨害した後、JBLを殴る前にDQのサインを出してしまっており、レイミステリオが反則勝ちしたかのように見えてしまい、すぐに実況のキングがフォローしていたそうです。

☆12/22放送分RAWの中でミッキージェームズが怪我をしたと一部で報道されましたが、PWインサイダーは否定しています。

☆マイケルへイズはジェフハーディvsエッジのWWEタイトルをかけたTLC戦を提案しているそうです。

★近く引退するのではないかという噂の流れたビクトリアがブログの中で、これまでこの噂に対してコメントしないつもりだったものの、あまりにも多くの問い合わせのメールが届くため、書く事にしたとして、引退するなどと言った事は一度も無いとしています。そして、その噂についてブログでは決して肯定も否定もせず、将来、WWEの番組の中で真実が明らかになればいいとしています。

☆エヴァンボーンの怪我の回復は順調に進んでおり、このまま行けば来月にも復帰できる可能性があるそうです。

☆ディベロップメントのヘイド・ヴァンセンを、昇格後いきなりアンダーテイカーと抗争させると言うプランがあったそうですが、ビンスが却下したそうです。新人にいきなり大き過ぎるプッシュを与えるのは危険だと判断したためとされています。ヴァンセンと、ケビン・ファーティグ、ブラック・ペインの3人は新たなキャラクターを与えられ、チームとして1軍に昇格するとみられているそうです。

★Rトゥルースのカナダへの入国が認められなかったのは、過去の犯歴が原因だったそうです。トゥルースは国境から、そのまま自宅にとんぼ帰りしたそうです。

バティスタが怪我で長期欠場!?

12/22付WWEニュース速報です

☆マイクジョンソンは、バティスタがふくらはぎの筋肉を断裂し、少なくとも2009年の6月まで欠場が必要であると報じてます。

☆PWインサイダーは、Rトゥルースのカナダへの入国が認められなかったと報じています。

12/26放送分Smackdown収録結果簡易速報

12/26放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○キザーニー vs カートホーキンス●
DDTで勝利。しかし観客から「you can't wrestle」チャントが発生。

Smackdown
JRとタズがリングサイド。

○シェルトンベンジャミン vs ハリケーンヘルムズ● USタイトルマッチ
ヘルムズが攻め込み、ニアフォールを連発するが、ベンジャミンが盛り返して互角の攻防。ベンジャミンが競り勝つ。

アルマゲドンのハイライトビデオ。

ジェフハーディがスクリーンに登場。今夜のビッグショー戦について話をする。

HHHが登場。アルマゲドンの出来事について話をし、ウラジミールコズロフを呼び、HHHがタイトルを取り損ねた原因を作ったことに対し代償を支払ってもらうと言う。しかしスクリーンにチャボゲレロが登場。ビッキーからの命令だと言い、HHHがコズロフに手を出せば、ロイヤルランブルにも出場させないし、世界タイトルにも挑戦させないと言う。HHHはチャボを罵倒。ゲレロ家を侮辱する。怒ったチャボが出て行こうとすると、ビッキーが現れてチャボvsHHH戦をすぐに行うとアナウンス。

○HHH vs チャボゲレロ●
短いスカッシュマッチ。試合後、HHHはスレッジハンマーを持ち出しチャボを殴ると花道でポーズ。

○カリート vs ブライアンケンドリック●
バックススタバーで勝利。

ウマガの復帰予告ビデオ。

エッジがバックステージでビッキーとジェフのWWEタイトルをどう奪うかについて話し合っている。ビッグショーはエッジがいない間、自分がいかにビッキーを守っていたかを説明。そして今夜のジェフ戦について話し合う。

マリアとミッシェルマクールがバックステージ。マリアが今夜のディーバタイトルマッチの特別レフリーを務めるという。そしてこの4年間でお互いのことは良く知っていると言い合う。そして最近、マリアにはいろいろ邪魔されてきたが、今夜は邪魔させないと言う。

○マリース vs ミッシェルマクール● 特別レフリー:マリア ディーバタイトルマッチ
互角の攻防からマリースが優勢になり、ニアフォールを連発。しかしエルボードロップの失敗からミッシェルのペースになる。しかし、最後にペースを奪い返したマリースがピンフォール。試合後、マリアはミッシェルを助け起こし、新チャンピオンのマリースの腕を掲げる。そしてマリアがリングを降りようとしたところでミッシェルが攻撃。鉄柱に叩きつけて見下ろす。大ブーイング。マリアはレフリーのチャールズロビンソンに付き添われて退場。

イラクの米軍慰問興行の映像。

○グレートカーリー vs MVP●
ネックハンギングスラムで勝利。

Mrケネディが登場。MVPを馬鹿にすると、映画の宣伝。

○ウラジミールコズロフ vs ジミーワンヤン●
スカッシュマッチ。コズロフの入場後にキザーニーが来週デビューするというビデオが流れる。
試合後、コズロフはロイヤルランブルで勝利して世界タイトルを奪ってやるとアピール。

ビッグショーが靴紐を絞めなおしているとエッジが現れる。ショーはエッジが倒せなかったジェフを倒してやると言う。そしてビッキーとの夫婦生活はどうだと尋ねると、エッジを置いて立ち去る。

○ジェフハーディ vs ビッグショー●
ジェフの登場に大歓声。カウントアウトでジェフが勝利。

12/22放送分RAW試合結果速報

12/22放送分RAW試合結果速報です

サンチノマレラとベスフェニックスがバックステージでカメラに向かってスピーチ。マレラは今年、観客から馬鹿にされたので、今夜はサンタクロースの秘密を子供たちに暴露するという。ジョンシナが現れて阻止すると、マレラは今夜タッグ戦での試合を申し入れる。ゴールダストが現れるが、マレラはパートナーは卵巣のある奴だという。シナは心当たりがあるような表情で立ち去る。

今夜のリングアナウンサーはジャスティンロバーツ

ケイン vs ショーンマイケルズ フェイタル4ウェイ予選
ケリーケリーがケインに同伴している。ケインはマイクを持つと、ステファニーからケリーに謝罪しろと言われていると言い、ケリーに謝る。しかし自分は騙されないと言うと、ケリーとミズは付き合ってなどおらず、真実を語らない事をケリーは後悔する事になるという。観客達はHBKにブーイング。「You Screw Bret」チャントも発生。試合はスイートチンミュージックでHBKの勝利。
勝者:ショーンマイケルズ
試合の様子をバックステージのモニターでJBLが観戦している。

先週のRAWでオートンがバティスタにパントキックを見舞ったシーンが流れる。

コフィキングストン vs マヌー
早い展開の素晴らしい内容。しかし観客の興味は薄い。コーディがレフリのブラインドで介入してレッグドロップ。マヌーはパワーでキングストンを圧倒。レイザーズエッジの体勢にキングストンを捕らえるが、キングストンが抜け出して丸め込みに切り返しカウント3。
勝者:コフィキングストン
コーディは不満げな様子。

バックステージでシナがケリーケリーと話をしている。

バックステージでシムスヌーカ(デュース)がオートンに接触。チームに参加したがっている。マヌーとコーディが合流。オートンはマヌーに助けてやれと言い、どうやらチームに参加が認められた様子。

コールとキングがDXによるクリスマスグッズの宣伝ビデオがあると言う。ただし、この収録はHBKがJBLに雇われる前に行われたと説明。

CMパンクがHBKに中東情勢について話をする。HHHがHBKに近づき、話があるという。HHHは電話をかけても応対がないし、HBKが自分を避けていると言う。そしてHBKとの友情を終わりにしたくは無いと言い、JBLのために働いている事に対し心配しているのだと言う。HBKは自分の問題には自分でケリをつけると言う。HHHは「そう願う」と言い立ち去る。HBKは「そうするさ」と言う。

ジリアン、レイラ vs ミッキージェームズ、メリーナ
リーガルが実況席に加わり、ICタイトルの自慢をしている。メリーナが新技で勝利。
勝者:メリーナ、ミッキージェームズ

レイミステリオ vs JBL フェイタル4ウェイ予選
コールが、ミステリオをマイクノックスが襲撃しないよう、ステファニーが今夜はノックスを来場させなかったと説明。退屈な試合。JBLがミステリオを攻撃しつづける。ミステリオが反撃して619を狙ったところでHBKがリングサイドに現れてJBLを場外に引っ張り出して619を妨害。さらにHBKはJBLをレフリーの目の前で攻撃。これを見たレフリーはミステリオの反則負けを取る。
勝者:JBL 反則裁定
立ち上がったJBLはニヤつきながら立ち去る。

ランディオートン vs バティスタ フェイタル4ウェイ予選
レフリーが走り出てきてリングアナウンサーのジャスティンロバーツに何事か告げると、バティスタは今夜戦えないため、オートンの不戦勝がコールされる。オートンはマイクで、これまでに様々な歴史的瞬間を作ってきたが、バティスタを蹴り上げた時ほど満足したことは無かったと言う。エヴォリューションの時と同様、バティスタは後に下がっていろといい、次に会うとき、自分は世界チャンピオンだと言う。

バックステージでドルフジグラーがケリーケリーに自己紹介している。ジグラーが去った後、ミズとモリソンが登場。ミズはケリーに、チョークスラムとツームストンをありがとうと皮肉る。そして、ケインから守ろうとしたのはシナか?と尋ねる。ケリーはノーと答え、シナは今夜の試合のタッグパートナーを頼みに来ただけだという。ミズとモリソンはケリーがあんな事があった直後なのに平然としていて驚いたと言う。ケリーはどういう意味か?と尋ねると、2人はホテルの一室をスーパースター達が荒したと話題になっており、それはケリーの部屋だったと聞いたと言う。

クリスジェリコ vs CMパンク フェイタル4ウェイ予選
会場はカナダのトロント。ジェリコはスタンディングオベーションで迎えられる。パンクの攻撃にはブーイング。ジェリコには声援が送られる。素晴らしい試合。パンクがコーナーに登ったところでジェリコが追いつき、コードブレイカーでピンフォール。
勝者:クリスジェリコ

来週のフェイタル4ウェイ戦はショーンマイケルズ vs JBL vs ランディオートン vs クリスジェリコに決定。

バックステージでケリーが荷物をまとめ、会場を後にするシーンが映る。トッドグリシャムがタッグマッチについて話をきくが、シナには話をし、了解を得ていると言って立ち去る。

米軍慰問興行の映像。

グラマレラ vs ジョンシナ、X

観客はマレラにチャントを送る。マレラはリングサイドに今週もベスの大ファンの女性がきていると言う。再びサンタの秘密を暴露しようとするとシナのテーマがヒット。シナがサンタの秘密を発表するというと、サンタは今夜ここに来ていると言い、リングサイドでサンタの格好をしている人物を指差し、今夜のパートナーだと言う。そしてシナはパートナーはカナダが誇るトリッシュストラタスだと紹介。大歓声が起こる。トリッシュの動きは鈍っていない。シナには相変わらずのブーイング。トリッシュがチックキックをベスに決めると同時に、シナがFUをマレラにヒットして勝利。
勝者:ジョンシナ、トリッシュストラタス
シナとトリッシュが勝利を祝うシーンで放送終了。

ジェフハーディ戴冠をビンスが許可した理由

12/20付WWEニュース速報です

★アルマゲドンの有料入場者数は11000人ほどだったそうです。

★ヒップホップグループのMOPのメンバーらが、ジョンシナのテーマ曲の一部に自分達の楽曲「Ante Up」からの盗作部分があるとして訴えていた裁判は、ニューヨークの地方裁判所によって棄却されました。

☆レスリングオブザーバーは、最終的にジェフハーディの戴冠を決定したのはビンスマクマーンだったと報じています。元々のプランではエッジがバックラッシュまでベルトを保持する予定になっていたそうですが、アルマゲドンの数週間前に行われた制作会議の席上で、ジェフハーディに短い期間、タイトルを保持させると言うプランが上がったそうです。この意見に、ステファニーはジェフがすでに2度ウェルネスポリシー違反を犯しており、もし在位期間中に違反が発覚した場合、現役世界チャンピオンを解雇しなければならなくなる事から強く反対したそうですが、ビンスはもし仮にジェフハーディが3度目のウェルネスポリシー違反を犯したとしても、断固として彼を処分する事で、例え世界タイトル保持者であっても、WWEはウェルネスポリシー違反者に対して、断固とした態度で臨むというメッセージを内外に発信する事ができるとし、ジェフ戴冠の決断を下したそうです。

WGNで新番組が来春スタート

12/19付WWEニュース速報です

★来週のテレビ収録は、12/21の月曜日にRAWとSmackdownの合同収録大会を行い、ECWは総集編が放送されるため休みです。

☆先日、ハウスショーで世界タッグタイトルをミズ、ジョンモリソン組が獲得しましたが、これは上層部が彼らに大きなプッシュを与えることを決定したためであり、タイトルの保持期間も長くなるそうです。

★WWEはテレビ局のWGNと契約を結び、2009年4月からWWE スーパースターズ(仮称)という番組をプライムタイムの1時間枠で放送する事が決定したと報じられています。放送する曜日や時間帯など、詳しいことはわかっていません。

フロイドメイウェザーのギャラは100万ドル

12/18付WWEニュース速報です

★マリアが米軍慰問興行特番のプロモーションのために出演した番組の中で、現在WWEのカメラマンと交際しているとコメントしています。

★ラッパーの50セントが、フロイドメイウェザーがWM24に出場した際のギャラは100万ドルで、鞄に詰めた現金で支払われたと発言しています。当時、インターネットの噂として、2000万ドルという説が流れ、WWEも番組上、これを肯定するような発言をしていましたが、その後、そこまでの大金ではなかったようだと推測されていました。
50セントはメイウェザーが雇う形でWM24に登場したそうですが、メイウェザーが約束の金を払わなかった事で、喧嘩になりかけたことを明らかにしています。

★ディベロップメンタル契約を結んだ、ライアンリーブスとクリスケイジの2人がFCWでトレーニングを開始しました。2は、WWEと契約を結ぶ前は、OVWを活動の拠点にしていました。

☆Rトゥルースは長年交際していた女性と婚約したそうです。

☆トムコは大胸筋を傷めており、先日のダークマッチも怪我を押しての出場だったそうです。観客達もトムコの登場に喜んでいたそうですが、喜ばなかったうちの一人がビンスマクマーンだったそうです。
トムコは怪我のためにトレーニングが不十分だった事もあり、以前ほどビルドアップされていない状態でリングに上がったところをビンスが見てしまったそうです。WWEはコストカットのためのリストラをまだ推し進めており、トムコがすでに解雇されているという噂も信憑性が高いと推測されているそうです。

☆現在、WWEは契約が満了する選手達と契約の延長交渉をする際、かなり長期間の契約を提示して、選手の流出防止に努めているそうです。レイミステリオには5年、ランディオートンには10年の契約を提示しており、それを不服とする選手に対しては、トップスターであっても90日間のプロテクト期間の条項を適用するなど、選手側に不利な条件を突きつけているそうです。またサラリーに関して、基本給を低く抑え、連続出場を続けた場合のみインセンティブをプラスして支払うという形式を取っており、怪我やトラブルを起こして長期欠場した場合、支払われるサラリーは非常に少なくなるように設定されているそうです。さらに、長期契約を結んだとしても、WWEの側からはいつでも解雇できるようになっており、WWE側のみが一方的に有利な条件を提示しているそうです。

トムコのWWE復帰戦は大失敗で解雇の可能性も浮上!?

12/17付WWEニュース速報です

★12/16放送分ECW視聴率は1.3%でした。

☆2010年公開予定のケネス・ブラナーが監督を務める「Thor」という映画の主役として、ジェームズボンドを演じているダニエル・クレイグとHHHを起用すると言うプランがあるそうです。しかし、クレイグの側は映画に興味を示しておらず、次の候補としてケビン・マクキッドが検討されているそうです。
なお、監督のケネスブラナーは、キャスティングにはいろんな候補が上がっているが、まだそれを決定する段階にはないとコメントしています。
もし、HHHの出演が決まった場合、WWEスタジオ作品ではないにも関わらず、ビンスは撮影の為のHHHの長期欠場を認めると見られているそうです。

★今週のSmackdown収録の後のボーナスダークマッチとしてビッグショー vs アンダーテイカーの金網マッチが行われたそうです。この試合中、レフリーのマイクキオーダが、試合の途中で誤って試合終了を宣告してしまうハプニングがあったそうです。試合は続行されテイカーが勝利を収めたそうです。ビッグショーは明らか一部の観客に対して怒っており、彼らに対してFワードを交えた罵声を浴びせていたそうです。

☆トムコのWWE復帰は、ジョニーエースが強く推薦したそうです。しかし、先日のRAWダークマッチを見たビンスは、トムコの体つきを良く思わず、エースに小言を言っていたそうです。その結果、トムコの再デビューを強く印象づけるために設定されたはずの試合を、トムコがぶち壊してしまったそうです。
トムコは数ヶ月前にWWEと契約を交わしており、デビューの準備が整うまでFCWでトレーニングを積んでいたそうです。
Gerweck.netは、トムコの再解雇はすでに決まっていると、あるソースから聞いていると報じています。もし、本当に解雇された場合、トムコはTNAとの交渉の席に置いて、自分の状況を偽って話していた可能性が高く、TNA復帰も難しいと見られているそうです。

◆ランスケイドがインタビューの中で、解雇の原因の一つではないかとJRがブログに書いた飛行機で起こした発作に関して、確かに飛行機内で意識を失った事があったと認めた上で、それで誰かに責められるということは全く無かったとコメントしています。また、WWEから解雇の理由などは聞いておらず、解雇されたことに関して反感は持っていないとしています。
一方、JRからケイドは選択を誤ったなどと批判的にコメントされたことに関し、少し驚き、腹が立ったとしながら、JRにも立場があり、仕事としてそう評せざるを得なかっただけではないかと、理解を示しています。
また、仮にケイド自身がWWE側の人間だったとしても、ケイドを解雇すると判断したであろう事をやってしまった事は認めつつ、しかし、原因はウェルネスポリシー違反のような下らない理由では無いことだけはファンに理解して欲しいとしています。

本日は視聴率のニュースのみです

12/16付WWEニュース速報です

★12/15放送分RAW視聴率は3.32%でした。

★12/12放送分Smackdown視聴率は2.0%でした。

12/19放送分Smackdown収録結果簡易速報

12/19放送分Smackdown収録結果簡易速報です
今週もECWとの合同収録で1本撮りです。

ダークマッチ
○ローレンス・ナイト(FCWのスチュ・ベネット) vs カンフーナキ●

SmackDown
新チャンピオンのジェフハーディが紹介される。大歓声が起こり、派手なパイロと花吹雪で迎えられる。ジェフはようやくチャンピオンになることが出来たと言う。エッジが出てきてジェフのスピーチを妨害。エッジは1日や2日、ベルトを持ったところで真のチャンピオンとは言えず、そもそもベルトをエッジからジェフが盗み出したに過ぎないという。そしてビッキーからのアナウンスとして、マットハーディ vs エッジ戦とジェフハーディ vs ウラジミールコズロフ戦を今夜行うと発表する。
ジェフは、もう終わりかと尋ね、エッジにツイストオブフェイトを見舞う。

○ハリケーンヘルムス、Rトゥルース vs シェルトンベンジャミン、MVP●
ヘルムスがベンジャミンを仕留める。

○ジョンモリソン vs フェスタス●
ミズがゴングでフェスタスを殴り、意識を失ったところでモリソンがムーンライトドライブを決める。

バックステージでマットハーディがエッジ戦をアピール。観客は大歓声を送る。

○エッジ vs マットハーディ●
エッジがスピアーで完勝。

○イゼキエルジャクソン vs カリート●

○マリース vs マリア●
勝者にはミッシェルマクールへの挑戦権が与えられる。ミッシェルは実況席。マリアのビンタで試合開始。マリースがDDTで勝利。マリースはリングからミッシェルを罵る。

MrケネディがMVPと共に、出演した映画の宣伝。

グレートカーリーのインタビュー。通訳はカーリーとメイヤングは親友だといい、カーリーが笑う。

○ジェフハーディ vs ウラジミールコズロフ●
エッジの介入があるが、ジェフが勝利。試合後、コズロフとエッジはジェフを攻撃するが、HHHが救出。HHHはスレッジハンマーを構えてコズロフを追いかけていく。

12/16放送分ECW収録結果簡易速報

12/16放送分ECW収録結果簡易速報です

マットハーディが登場。アルマゲドンでのジェフハーディの戴冠を誇りに思うと言う。チャボが現れ、ジェフはエッジからタイトルを盗んだのだと言う。そしてマットのECWタイトルに挑戦を申し入れる。テディロングが現れ、すぐにその試合を行うと言う。

○マットハーディ vs チャボゲレロ● ECWタイトルマッチ
ツイストオブフェイトで決着。

○フィンリー vs ゲイビンスピアーズ●
観客達はスピアーズの登場に無反応。フィンリーとウォグルには大きな歓声。フィンリーがセルティッククロスでスピアーズを仕留める。試合前、ウォグルが実況陣のスラミーアワードトロフィーを盗む。

アリシアフォックスがスクリーンに登場。踊っている。マークヘンリーがサンタの格好で現れ、ウォグルに関する詩を披露する。CMパンクとコフィキングストンがリッキーオーティズを連れてくる。

○ジャックスワッガー、ミズ、ジョンモリソン vs リッキーオーティズ、CMパンク、コフィキングストン●
試合中にオーティズがフライングラリアットを失敗。恐らく撮り直して編集されることになる。スワッガーがオーティズを仕留める。

トムコがダークマッチに出場

12/15付WWEニュース速報です

★12/15のRAW収録のダークマッチにトムコが登場し、ポールバーチルを破りました。観客からはトムコチャントが発生したそうですが、試合内容はいまいちだったそうです。トムコはすでにWWEとの契約を終えていると見られています。

★レイミステリオはアルマゲドンで鼻骨骨折を疑われていましたが、幸いな事に折れてはいなかったそうです。

☆当初、トッププッシュ与えるべく上層部はRトゥルースに大きな期待を寄せていましたが、急激にトーンダウンし、プッシュの取りやめが決まったと噂されています。原因は、上層部がトゥルースのレスリングスキルが足りないと判断した事にあるとされています。
今後、トゥルースには単発でスポットを与え、レスリングスキルの向上を求めていく方針をとるそうです。

12/15放送分RAW試合結果速報

12/15放送分RAW試合結果速報です

キングとコールが、昨夜のアルマゲドンでジェフハーディがWWEチャンピオンになった事をアナウンス。

ケリーケリー、メリーナ vs ジリアン、ベスフェニックス
ベスの入場時、ベスファンの女性らしき人物が写真撮影を求める。ベスはマレラに写真を撮らせる。試合は丸め込みでケリーがジリアンを仕留める。
勝者:ケリーケリー、メリーナ
試合後、ジリアンとベスがケリーを襲撃。ケインがリングに登場。ジリアンとベスは引き上げる。ケインは助け起こすためにケリーに手を差し伸べる。ケリーはすばやくリング外に逃げ出し、花道を逃げていく。その後をケインが追いかける。

ケインがコマーシャル中にケリーに追いつき、話し合う必要があるという。

レイミステリオ vs デュース
コーディとマヌーがリングサイドにいる。試合前、デュースは、自分がジミースヌーカの息子だと公表。自分の名前は、シム・スヌーカであるという。キングとコールは、コーディとマヌーも2代目であるという。コーディとマヌーが試合に介入してノーコンテスト。ミステリオは3人の攻撃から逃れるためにリングから出るが、背後からマイクノックスが近づき、リバースDDTをくらってしまう。

DXが関連グッズを紹介するセグメント。
キングがこの映像は数週間前に撮影されたものだと説明し、アルマゲドンのJBLとHBKのセグメントを紹介。

バックステージにケインとケリーがいる。ケインはスラミーアワードのカップルオブザイヤーの紹介を 
2人でした時、何か感じなかったかという。ケリーはおびえている。ケインは何もないというのなら立ち去ってくれという。ケリーは逃げ出そうとするが、ケインはドアをふさいでしまい、お前も何か感じていることはわかっていたという。

ランディオートンがバティスタとの再戦を求めている。バティスタが現れてこれを受ける。オートンはバティスタを殴って逃走。バティスタはオートンを追って花道に出て行くと、コーディとマヌーが襲撃。シナがバティスタを救出する。

バティスタがシナに感謝している。トッドグリシャムが現れ、ステファニーがオートン、コーディ、マヌー vs バティスタ、シナ戦を今夜行うことを決定したと伝える。

ハクソージムデューガン vs クリスジェリコ
ジェリコはスーツを着て登場。試合はしないという。理由は、デューガンは戦うに値しない相手だから。そして、スーパースターオブザイヤーにふさわしい相手を用意しろという。

バックステージのケインとケリーが再び映る。ケインはケリーもケインのことを知りたいだろうという。ケリーはノーと答える。ケインはほかに気になる相手がいるのかと言う。ケリーがうなずくと、それは誰だと尋ねる。ケリーは答えない。ケインはケリーの意思とは関係なく、しゃべってもらうことになるという。

コマーシャル明け、ケリーはケインに「彼」の名前を言ってしまったらしい。ケインが「彼」を傷つけないよう懇願している。

ミズ、ジョンモリソン vs CMパンク、コフィキングストン 世界タッグタイトルマッチ

ウィリアムリーガルとレイラがリングサイドにいる。パンクとキングストンは空中戦を仕掛ける。キングストンはダイビングクロスボディを失敗。モリソンがスワンダイブからのキックを決めるが、ピンフォールは奪えない。ミズとパンクが場外で戦う間に、モリソンがムーンライトドライブでキングストンを仕留める。
勝者:ミズ、ジョンモリソン 世界タッグタイトル防衛
試合後、ケインがリングに登場。パンクはキングストンを逃がす。ケインはパンク、モリソン、ミズをにらんでいる。ケインはモリソンにブート、ミズにチョークスラムからツームストンを見舞う。

JBLがステージに登場。昨夜のHBKとのセグメントをリプレイさせる。JBLはHBKには自分に雇われる以外に選択肢は無いのだという。観客たちの「You sold out」チャントと大ブーイングの中、JBLはニヤついている。

バックステージでケリーが開放されている。ミッキーとキャンディスがケリーの容態をみている。ミッキーはミズと何かあったの?とたずねるが、ケリーはミズ?本気で言ってるの?と言い、何か考えながら立ち去る。

ドルフジグラー vs サンタ・クラース
ハースがサンタの格好で登場。サンタは観客にプレゼントを配り、ジグラーにもひとつ渡す。ジグラーは自己紹介を邪魔されたと怒る。試合はジグラーが圧倒。ネックブリーカーで勝利。
勝者:ドルフジグラー
試合後、ジグラーはハースを攻撃しつづける。

ジェフハーディはSmackdownに登場すると宣伝。

バックステージでデューガンが落ち込んでいる。クライムタイムが現れて、時間だというとどこかへ連れて行く。

バックステージでクリスジェリコがステファニーに、言い仕事をしてくれと言い、タイトルマッチを求める。ステフは来週、元世界チャンピオン同士で4試合を行い、その勝者4人でその翌週に4ウェイ戦を行い、その勝者にジョンシナへの挑戦権を与えるという。そしてジェリコがこの決定を不服として好ましくない行いをするようなら、二度とスーパースターオブザイヤーにふさわしいマッチメイクは行わないという。

バックステージ。コーディとマヌーがさきほどの出来事を話している。そこへオートンが現れ、トップに立てないようなら、栄光(オートンたちのチーム名「The Legacy」)など過去のものに過ぎないという。

ランディオートン、コーディローズ、マヌー vs バティスタ、ジョンシナ
キングとコールは、来週、世界タイトル挑戦者決定予選として、バティスタvsオートン、ケインvsHBK、CMパンクvsクリスジェリコ、レイミステリオvsJBL戦が決定されたとアナウンス。
オートン組が優位に試合を進める。バティスタを集中攻撃。ようやくシナにタッチが成立。シナがオートン組を蹴散らす。バティスタが戻り、バティスタボムをコーディに狙うが、オートンがカット。バティスタにRKOをヒット。マヌー、コーディがシナと場外で乱闘。オートンはバティスタにパントキックを狙う。レフリーはやめさせようとするが、振り切ってキックがヒット。バティスタがうごかなくなる。レフリーがゴングを要求。
試合後、花道でレガシーのメンバーが腕を掲げている。シナがそれを見てリングから睨んでいる。リングでは医療班がバティスタの容態を診ている。

トリッシュが久々に登場?

12/14付WWEニュース速報です

★12/22はRAWとSmackdownの合同収録となるそうです。この大会はカナダのトロントで開催され、なんらかの形でトリッシュストラタスも登場する可能性があると見られているそうです。

☆アルマゲドンのCMパンク戦で、レイミステリオが鼻骨を折った可能性があるそうです。

★アルマゲドンの放送終了後のセグメントで、マットハーディが現れ、ジェフの戴冠を祝福したそうです。また、HHHはジェフは一旦は威嚇したものの、その後祝福したそうです。

★WWEはメンフィスで活動するレスラーの、ブライアン・ウィルコックスとディベロップメンタル契約を結んだそうです。

★リグスブラザーズはWWEに再雇用され、来年初頭からFCWに合流するそうです。

◇WWEを解雇されたチェリーは今年いっぱいでレスリング業界での活動を終え、勉学に励むそうです。

◇先週末、イライジャバークがTNAのソーカルヴァルを伴って、レスリングの試合会場を訪れていたそうです。バークはブログの中で、2人の間に何があろうとも、ヴァルを愛しており、友人だとコメントしています。

PPV Armageddon試合結果速報

PPV Armageddon試合結果速報です

ダークマッチ

○ミズ、ジョンモリソン vs ジェシー&フェスタス●

オープニング映像。シナとジェリコの抗争が中心。
JRとタズが開幕の挨拶。
第1試合を実況するマットストライカーとトッドグリシャムが映る。

マットハーディ vs ウラジミールコズロフ ノンタイトルマッチ
トッドはこれがコズロフのECW初試合だとアナウンス。非常に退屈な試合。観客は静まり返ってしまう。コズロフのリストロックのみで3~4分が経過。マットの頭をターンバックルにたたきつけ、投げ倒してピンフォール。
勝者:ウラジミールコズロフ

バックステージでチャボ、エッジ、ビッキーがモニターで試合を観戦している。エッジはマットにはふさわしい仕打ちだったと言い立ち去る。チャボはどうやってエッジとビッキーはジェフを襲ったのかとたずねるが、ビッキーは何もしていないといい、それよりも早くコーヒーを持ってくるように言いつける。

リリアンがリングサイドで観戦しているウィリアムリーガルとレイラを紹介する。

CMパンク vs レイミステリオ ICタイトル挑戦者決定トーナメント決勝戦
リリアンはパンクをWWEタッグチャンピオンの一人とコール。しかし、ハウスショーでタイトルをモリソン、ミズ組に奪われたシーンが紹介される。パンクがミステリオを場外に落とすと、レイラがICタイトルのベルトを持って、ミステリオを罵る。パンクがブランチャーをミステリオにヒット。試合内容は良いが、観客は盛り上がりに欠ける。ミステリオはスワンダイブから場外のパンクに向けてダイブを敢行する。
ミステリオが619にトライするが失敗。パンクはG2Sを狙うが、ミステリオはラナに切り返す。619がヒットするが、スワンダイブ式セントーンは失敗。パンクがG2Sを決めてピンフォール。
勝者:CMパンク ICタイトル挑戦権獲得

ロイヤルランブルの宣伝。

数週間前のRAWで、JBLがHBKにわざと負けるよう、交渉したシーンが流れる。そして、スラミーアワードでJBLがHBKからトロフィーを盗んだシーンが流れる。

JBLが登場。客席から小さなジョーイスタイルズチャントが発生。JBLは自分が雇った最新の従業員としてHBKを紹介する。HBKがリングに登場。パイロもポーズも無く、静かに歩いてくる。
HBKはマイクを持つと、自分は周りから思われているほど金持ちではなく、20歳くらいの若造と似たような持ち合わせしかなく、派手な生活で蓄えを使い切ってしまったという。そして、妻と子供たちをどうやって養っていけばいいのかわからないという。年をとってから高校で体育教師になるような人生は真っ平だといい、観客たちがHBKに対して求める事に対し、それに見合う対価を支払ってくれるわけではないという。JBLとHBKは握手を交わし、HBKはJBLに従ってリングを去る。観客は大ブーイング。

イブがランディオートンに対し、メインイベントについてインタビューしている。

マークヘンリー vs フィンリー ベルファストブロウル
たくさんのゴミ缶が使用される。フィンリーがヘンリーをシレイリで殴ってピンフォール。
勝者:フィンリー

バックステージにチャーリー・クロース(サンタに扮したハース)が現れる。ディーバ達にプレゼントを配る。マレラとフェニックスが現れ、ディーバオブザイヤーを獲得したことを自慢し始める。ブギーマンが現れ、マレラが逃げ出すが、その先にゴールダストがいる。マレラは驚いて別の方向へ逃げていく。
ゴールダスト、ブギーマン、IRS、ジェシー&フェスタス、ディーバ達で「We Wish You a Merry Christmas」を歌う。Mrケネディがスクリーンに登場。飲酒は適度に行い、ドラッグには手を出すなとアドバイス。

ランディオートン vs バティスタ
オートンはコーディとマヌーを引き連れて入場。場外に落ちたバティスタをコーディとマヌーが攻撃しようとするが、レフリーが排除し、退場を宣告。試合はすばらしい内容。観客達もこの日一番の盛り上がり。バティスタはブラックホールスラムのような技を狙うが崩れてしまう。最後はバティスタボムで決着。
勝者:バティスタ

ジリアン、マリース、ナタリア、ビクトリア vs ミッキージェームズ、ミッシェルマクール、マリア、ケリーケリー
悪くない内容。ミッキーがすばらしい動きを見せる。最後はミッシェルがマリースに、スタイルズクラッシュが最悪に崩れたような技を決めピンフォール。
勝者:ミッキージェームズ、ミッシェルマクール、マリア、ケリーケリー

グレートカーリーが登場。リングでディーバ達にキスしようとするが、リングに残っていたミッキー、ケリー、マリアは拒否。代わりにメイヤングが現れてカーリーにキスする。

ジョンシナ vs クリスジェリコ 世界ヘビー級タイトルマッチ
すばらしい試合。シナがFUを決めるがジェリコがキックアウト。STFUをシナが狙うが、ジェリコはウォールズオブジェリコに切り返す。しかし、さらにシナが切り返してSTFUが極まる。ジェリコがタップアウト。
勝者:ジョンシナ 世界ヘビー級タイトル防衛

HHH vs ジェフハーディ vs エッジ(c) WWEタイトルマッチ

観客たちはHHH派とジェフ派に分かれて声援を送る。エッジにはブーイング。HHHがぺディグリーを狙ったところでジェフがウィスパーインザウィンドをHHHにヒット。HHHがエッジを肩車し、そこへジェフがウィスパーインザウィンドを決める。ジェフはツイストオブフェイトからスワントーンをHHHにヒットするが、エッジがジェフを場外に引きずり出す。HHHはジェフを実況テーブル上でぺディグリーの体勢に捕らえるが、ジェフが脱出してHHHを突き飛ばすものの、エッジがスピアーでジェフに突っ込み、テーブルを貫通して落下。ここでコズロフが現れ、HHHを場外で攻撃。マットハーディが現れてコズロフを攻撃する。ジェフがコーナーに上るが、コズロフが場外に突き落とす。マットとコズロフは乱闘しながらバックステージへ。エッジのスピアーがHHHに決まるが、HHHがキックアウト。HHHのぺディグリーがエッジに決まるが、カバーはジェフがカット。スワントーンをエッジに決めピンフォール。
勝者:ジェフハーディ WWEタイトル獲得

ハウスショーでタッグタイトルが移動

12/13付WWEニュース速報です

★12/13にオンタリオで開催されたハウスショーで、ジョンモリソン、ミズ組がCMパンク、コフィキングストン組に勝利し、WWEタッグタイトルが移動しました。ハウスショーでのタイトル移動は過去に何度か例がありますが、比較的珍しい事態です。

◆12/13にマイアミで開催されたAFL(アメリカンファイティングリーグ)の大会でボビーラシュリーがMMAデビューを果し、1ラウンド41秒で、ジョシュア・フランクリンをカットによるTKOで下しています。フランクリンもこの試合がMMAデビュー戦だったそうです。

エッジが髭を剃ったのは「彼女が嫌がったから」

12/12付WWEニュース速報です

★今年のサイバーサンデーのPPV購入件数は北米で10万4千件(全世界で16万2千件)と見積もられており、WWEのPPV史上3番目に悪い数字を記録したそうです。

★サンチノマレラが、ピッツバーグトリビューン誌のインタビューに対し、キャラクターを守った上で、新必殺技「マセラッティ・クラッチ」を開発しており、この技を使う機会さえあれば、必ず勝利できるとコメントしています。

★エッジがスラムスポーツのインタビューの中で、怪我で欠場中に髭を伸ばしたのは、狂気を演出するためだったものの、ガールフレンドが非常に嫌がっていたので、剃り落としたとコメントしています。エッジは過去に2度結婚していますが(1度目はヴァルビーナスの妹、2度目はクリスジェリコの知人)、2005年の11月に2度目の離婚をして以降(リタとの実生活上の不倫が取りざたされたのが2005年の夏頃です)、現在は独身です。

レスナーがOVWに登場!?

12/11付WWEニュース速報です

★12/9放送分ECW視聴率は1.2%でした。

★WWEは12/11付でスニツキーを解雇したと発表しました。

★エッジがインタビューの中で、TNAのクリスチャンケイジについて、WWEに来る事になれば嬉しいが、TNAに残る選択をしても、尊重するとコメントしています。

☆MVPの連敗ギミックはもうすぐ終わるそうです。WWEがMVPに連敗ギミックを与えたのは、ブロックレスナーやボビーラシュリーのように、大きなプッシュを与えた途端、WWEを去ってしまうケースを憂慮したためだという話があり、少なくともMVPはそれが連敗ギミックを与えられた理由だと考えているそうです。

◇ブロックレスナーが来年の1/7のOVWに登場するとアナウンスしているそうです。

ビッグダディVは俳優として活動しているそうです

12/10付WWEニュース速報です

★ノーマーシーのPPV購入件数は約23万8千件で、内15万件が北米で購入されたそうです。

★WWE.comは現在、1日あたり1330万件のユニークビューがあるそうです。

★ジョンシナの復帰以降のRAW平均視聴率は、復帰直前に比べて約14%上昇しているそうです。

◆元ビッグダディVことネルソン・フレイジアは、初めて出演した映画「301: The Legend of Awesomest Maximus」の収録が終わり、続いてニコラスケイジが出演する映画「Kick Ass」にも出演が決まっているそうです。ビッグダディVは医者に対して、WWEを解雇されたことに不満を漏らしたとされていますが、行く行くはWWEへの復帰を希望しており、インディ団体からのブッキングも受け付けているそうです。

◇アーカンソー大学が、カマラに名誉博士号を贈ったそうです。

ジョーイスタイルズがJBLを殴った!?

12/9付WWEニュース速報です

★12/8放送分RAW3時間スペシャルの視聴率は3.02%でした。通常放送の時間帯(PM8:00~10:00)のみの視聴率は3.17%でした。

★12/5放送分Smackdown視聴率は2.1%でした。

☆マイクジョンソンは、ビクトリアが近く引退する事を検討していると報じています。

★チャーリーハースがカナダのウィニペグサン紙に、昨年ドラッグテストに引っかかって謹慎処分を受けたことについて尋ねられ、当時、両膝の治療中であり、そのために合法的なものだと思って使用した薬に問題があったとコメントしています。

★アルマゲドンのチケットは現段階で9000枚程度がすでに売れているそうです。当日はほぼ満員になると予想されていますが、チケットの完売は難しいと見られているそうです。

★イラクの米軍慰問興行の期間中に、ジョーイスタイルズがJBLを殴って、目の下に裂傷を負わせる事件があったとPWインサイダーが報じています。
JBLはイラクツアーの期間中、スタイルズをターゲットとしていじめを繰り返し、他のスタッフ達のいる前で小馬鹿にしたような名前で呼んだり、わざと飲み物をかけるなどしていたそうです。数日そのような状態が続いた後、酒の席でJBLがちょっかいを出した事に腹を立てたスタイルズがJBLを殴りつけ、周囲のレスラー達が止めに入る事件がおきたそうです。
12/8のRAW収録の際、JBLはいつになく静かにしており、スタイルズも事件については語ろうとしなかったそうです。

12/12放送分Smackdown収録結果簡易速報

12/12放送分Smackdown収録結果簡易速報です

今週末にアルマゲドンを控えているため、Smackdownのみの2本撮りではなく、SmackdownとECWの合同収録です。

SmackDown
HHHが登場。すでに試合の準備は整っている様子。背後からジェフハーディが襲いかかる。場外乱闘になり、レフリーたちが2人を引き離す。チャボゲレロとビッキーゲレロがリングサイドに出てくる。

○Rトゥルース vs MVP●
トゥルースは客席を通って入場。サンセットフリップでMVPを下す。
MVPは連敗記録更新に文句を言い始めるが、Mrケネディが現れてMVPをからかい始める。そしてMVPのマイクの電源を切ってしまい、自分の出演するDVDの宣伝を始める。

バックステージにベラツインズとブライアンケンドリックがいる。ケンドリックは2人に腕を伸ばそうとするが、拒否されてしまう。コロンズが現れるとケンドリックは引き下がる。

○プリモコロン vs ブライアンケンドリック●
互いのセコンドであるカリートとイゼキエルは場外で乱闘を始める。プリモがスモールパッケージホールドでケンドリックを下す。

○ハリケーンヘルムズ vs シェルトンベンジャミン● ノンタイトルマッチ
堅実な試合。ベンジャミンはヘルムズの首を終始狙いつづける。ヘルムズがダイビングクロスボディを狙ったところで、ベンジャミンがカウンターを狙うが失敗し、クロスボディを食らってしまいカウント3。

カッティングエッジにマットハーディが登場。サバイバーシリーズで、ジェフハーディのタイトルマッチ出場を妨害したことにマットが腹を立てている。エッジは、ジェフをホテルで襲ったのはHHHだというが、マットはエッジを責める。コズロフが現れて終了。

○グレートカーリー vs カートホーキンス、ザックライダー● ハンディキャップマッチ
短い試合。カーリーがライダーにチョップ。ホーキンスをネックハンギングスラムで仕留める。

イブがバックステージでHHHにインタビュー。

○ベラツインズ vs ナタリア、マリース●

×HHH vs ジェフハーディ×
観客は大熱狂。大半がジェフを応援。ニアフォールの応酬になる熱戦を繰り広げるが、エッジが乱入し、HHH、ジェフに次々とスピアーを決めて、ノーコンテスト。
リングにHHHとジェフが倒れている。エッジはWWEタイトルのベルトを持って花道を悠々と引き上げていく。

12/9放送分ECW試合結果簡易速報

12/9放送分ECW試合結果簡易速報です

ダークマッチ
○キザーニー vs ジェイミーノーブル●
キザーニーが終始試合を優勢に進めて完勝。

ECW
トミードリーマーがリングに登場。ECWは自分の人生だと言う。ウラジミールコズロフが現れて、ドリーマーにスパインバスター。コズロフは続けてマットハーディのECWタイトルに挑戦を表明する。さらにジャックスワッガーが現れて、ドリーマーを攻撃する。

○ミズ、ジョンモリソン vs ジミーワンヤン、カンフーナキ●
堅実な試合内容。モリソンがヤンからピンフォールを奪う。

マークヘンリーがトニーアトラスを従えて、バックステージでアピール。

ウラジミールコズロフvsマットハーディのECWタイトルマッチをアルマゲドンで行う事が、正式に発表される。

○ブギーマン vs スコット・リード●
短いスカッシュマッチ

○マークヘンリー、トニーアトラス vs フィンリー、ホーンズウォグル●
フィンリーが試合に出つづける。ヘンリーがウォグルをリングに引っ張り入れようとするが、フィンリーがこれを阻止。ヘンリーがフィンリーをパワースラムに捕らえてピンフォール。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。