WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アシュリーが自身のサイトで復帰を匂わせています

7/30付WWEニュース速報です

★7/29放送分ECW視聴率は1.4%でした。

★元WCWで、TNAにも出場していたノーマンスマイリーがFCWのトレーナーとして採用されたそうです。

★2007年5月19日に行われたSmackdownの収録大会で、観客席から転落し全身を負傷したと言う女性が、WWE及び、会場となったゲイルブルマン多目的センターの所有者であるミズーリ大学を訴えました。WWEとミズーリ大学側の弁護士は、女性の過失による事故だと主張しています。

◆WWEを解雇されたアシュリーマッサーロが、自身のウェブサイトにようやく肩の荷が下りたとしながらも、すぐにテレビに復帰すると言う旨のコメントをしています。
スポンサーサイト

イライジャバークの交通事故のニュースはデマ

7/29付WWEニュース速報です

★7/28放送分RAW視聴率は3.55%でした。

★レスリングオブザーバーが、イライジャバークのオフィシャルサイトで、バークが車で交通事故を起こしたと言う記事がアップされていると報じましたが、サイトが何者かにハッキングされた際に残された偽のメッセージだったそうです。その後犯人から人種差別的なメッセージがアップされ、現在はサーバーをダウンさせているそうです。

★今週のECWは、トッドグリシャムがRAWのGMとなったマイクアダムルに代わって実況を担当しましたが、今後、レギュラーで担当する事になるとJRがブログの中で明らかにしています。

☆レスリングオブザーバーによると、サマースラムのプランは、毎日のように変更されているそうです。
最近、ショーンマイケルズのハウスショー出場が全てキャンセルされた上、ジェリコがハウスショーで何度もハイライトリールを行っていたにもかかわらず、今週のRAWでハイライトリール最終回とアナウンスされるなど、急激な変化が現れているのも、2人の対決をサマースラム以降に先延ばしするためのものだと見られているそうです。
またサマースラムのメインイベントも、4ウェイか5ウェイによる世界ヘビー級タイトルマッチになる可能性があるとしています。

★ハリウッド俳優のフレディ・プリンズJrが、WWEのクリエイティブチームに加わったそうです。WWEはさらにハリウッド関係者の登用を希望しているそうです。またフレディの妻で女優のサラ・ミッシェル・ゲラーにも何らかの形で番組に出演して欲しいと考えているそうです。

8/1放送分Smackdown収録結果簡易速報

8/1放送分Smackdown収録結果簡易速報です

今夜のカッティングエッジに秘密のゲストが登場するとアナウンス。

○MVP vs ジミーワンヤン●
ジェフハーディがリングサイドにいる。MVPがケンカキックで試合に勝利すると、ジェフがMVPに対し、二度と火事と犬の事は言うなという。MVPが攻撃しようとするが、ジェフがツイストオブフェイトを見舞う。

○Mrケネディ vs シェルトンベンジャミン● ノンタイトルマッチ
ケネディがマイクチェックで勝利。

○ブライアンケンドリック vs スティビーリチャーズ●

○グレートカーリー vs ジェフハーディ●
観客は圧倒的にジェフを支持。試合のほとんどはカーリーが圧倒。ウィスパーインザウインドからスワントーンが決まると大歓声。しかしMVPが現れてジェフを妨害すると、バイスグリップで勝利。倒れているジェフを見下ろしてMVPがポーズ。

○マリア vs ビクトリア●

○ビッグショー vs ドミノ●
スカッシュマッチ。試合後、ウマガが現れてショーとにらみ合う。

カッティングエッジ。リングにテーブル、ラダー、イスが置かれている。エッジは今、心の平穏を求めていると言う。そしてTLC戦はその鍵であり、テイカーをワンナイトスタンドで破ったのもTLC戦だったという。しかし、先週のビッキーのアナウンスで平穏は失われてしまったと言う。そこで、ヘルインアセル戦とテイカーの両方を良く知る男の助けが必要なのだと言う。そして、今夜の秘密のゲストはミックフォーリーだと言い、エッジを助ける事ができるのはミックだけだと言う。
ミックフォーリーがリングに上がる。エッジは、かつてのテイカーvsミックのヘルインアセル戦の映像をリプレイさせる。エッジはこの試合でミックは二度と回復しない負傷を負ったとし、自分の味方をすることでテイカーに復讐できるのだと言う。
ミックはエッジを助ける事ができる男はエッジ本人しかいないのだと言う。そしてテイカーを倒せるのは、かつての荒くれ者のエッジであり、現在の白いタキシードのエッジではないと言う。そしてそれを身を持ってはっきり思い知れという。エッジはもう分かっているというとミックを攻撃し、鉄階段にスピアーで叩きつける。ミックがマンディブルクローを決めるがローブローで脱出し、テーブルにミックをセットしてスプラッシュを決める。倒れたミックを見下ろしてエッジが立っているシーンで終了。

ボーナスダークマッチ
○ビッグショー vs エッジ● カウントアウト
エッジは、先ほどのスプラッシュで膝を痛めた様子を見せる。

7/29放送分ECW試合結果簡易速報

7/29放送分ECW試合結果簡易速報です

RAWの新GMになったマイクアダムルに代わり、トッドグリシャムがアナウンサーを務める。

マットハーディが登場。ECW所属になったことを喜んでいると言う。マークヘンリーがトニーアトラスを従えて登場。ヘンリーは鉄の棒を曲げて見せ、サマースラムの話をする。

○リッキーオーティス vs チャボゲレロ● 反則裁定

バックステージセグメントで、マットハーディvsコーリンデラニー戦が今夜行われる事が発表。ヘンリーがデラニーのセコンドにつくと言う。

○ジョンモリソン、ミズ vs フィンリー、ホーンズウォグル●
試合後、マイクノックスが現れてフィンリー、ウォグルを攻撃。

バックステージでマットハーディが試合に備えている。ブレンデンウォーカー(元クリスハリス)が現れて、味方をするという。

○マットハーディ vs コーリンデラニー●

ECWの放送時間がプライムタイムへ移行

7/28付WWEニュース速報です

★JRがブログの中で、すでにジョナサンコーチマンがWWEを離れ、ESPNで働いている事を明かしています。

★ジェリーローラーの息子で、かつてWWEでグランマスタセクシーとして活動していたブライアンクリストファーは、現在療養施設に入っているそうです。WWEのリハビリプログラムを受け入れたものと見られており、治療費はWWEが負担しているようです。

★ECWの放送時間は9/30より、1時間早くなり、東部時間の午後9時からとなります。レイティングをPGに引き下げる事が、時間帯を変更する条件になっていたと見られています。

△ジェシーベンチュラがラジオ番組の中で、WM24で使用するストーリーとして、ビンスが大統領選のどの候補にも納得せず、WWE党を立てて自らが立候補しようとするというプランを持ちかけたそうですが、ビンスが相手にしなかったと語っていたそうです。

8/2放送分サタデーナイトメインイベント収録結果簡易速報

8/2放送分サタデーナイトメインイベント収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○ポールロンドン vs チャーリーハース●
観客は最初静かだったものの、ロンドンのハイフライムーブに歓声。シューティングスタープレスが決まって勝利。

JRの入場に観客が大歓声。

サタデーナイトメインイベント
○JBL、コーディローズ、ケイン、テッドデビアス vs ジョンシナ、バティスタ、クライムタイム●
CMパンクが実況に加わる。JBLがクローズラインフロムヘルでJTGを仕留める。試合後、JBLがパンクをこき下ろす。

○グレートカーリー vs ジミーワンヤン●

ジェニーマッカーシーのプロモ。

○エッジ vs ジェフハーディ●
MVPが介入し、その隙にスピアーがヒットしてピンフォール。サマースラムでジェフハーディvsMVPが行われる模様。

7/28放送分RAW試合結果速報

7/28放送分RAW試合結果速報です

今週より、WWEの番組のレイティングはPGに引き下げられました。
ワシントンDCから生放送。

ジョンシナが登場。観客の反応は半々。先週、バティスタがシナを殴ったのはなりゆきだったのだと言うと、バティスタを呼び出す。ワシントンDC出身のバティスタに大歓声が上がる。バティスタも、先週シナがバティスタを殴ったのは事故だったと言い、シナに問題はないという。そして、シナは良い奴で、尊敬しており、サマースラムでCMパンクからタイトルを奪ったら、最初の挑戦者はシナだという。しかし、シナはバティスタがすでに2度挑戦しているとし、次は別の奴の番だという。バティスタはシナの言いたい事は分かるとしながらも、パンクはバティスタに勝てないし、シナもバティスタには勝てないと言う。シナは、みんなシナvsバティスタ戦がレッスルマニアで行われると思っているみたいだが、今夜レッスルマニアをやるって言うのはどうだと言う。観客は大喜び。
しかしここでシェインマクマーンが割ってはいる。シェインはステファニーと共に新たなRAWのGMを決定したとし、今夜紹介すると言う。そして、その新GMは最初の仕事として、今夜2試合のカードを決定済みだとし、CMパンクvsフリーエージェント戦と、ジョンシナ、バティスタvsJBL、ケイン戦を行うと発表する。

ケリーケリー、ディーロブラウン vs ベスフェニックス、サンチノマレラ

試合前のバックステージの様子が流れる。ベスとマレラは、2人の関係はプロ同士のものだと確認しあっている。
マレラがディーロを持ち上げようとするが、持ち上げられない。ベスがタッチを受けて入り、ディーロを投げきってしまう。マレラは驚いている。マレラがケリーを丸め込んでピンフォール。
勝者:サンチノマレラ、ベスフェニックス
リングでマレラとベスは気まずそうにしている。マレラがベスにキスしようとするが躊躇する。ベスがマレラの髪の毛を掴んでキス。

今夜、クリスジェリコのハイライトリール最終回のアナウンス。

バックステージでJBLがシェインマクマーンと話をしている。JBLはサマースラムのカードをCMパンクvsJBLのタイトルマッチにするよう促している。シェインは新GMから電話がかかって出て行ってしまう。

ジェリー「ザ・キング」ローラー、「ハクソー」ジムデューガン vs テッドデビアス、コーディローズ

試合前レフリーが駆け込んできてリリアンにメモを渡す。新GMがキングのタッグパートナーをマイケルコールに変更した事がアナウンスされる。

ジェリー「ザ・キング」ローラー、マイケルコール vs テッドデビアス、コーディローズ 世界タッグタイトルマッチ

キングが一人で戦おうとする。コールがキングの背中を叩いて励ますが、レフリーはこれをタッチを取る。コーディがコールを掴むが、コールがコーディを殴る。しかしコーディがクローズラインで逆襲しピンフォール。
勝者:コーディローズ、テッドデビアス 世界タッグタイトル防衛

マイクアダムルがマイケルコールの代わりを務める。

リングではジェイミーノーブルがレイラと共にいる。ノーブルは自分をRAWで最も速く上昇するスターだとし、ICタイトルを奪うというと、コフィキングストンを呼び出す。
コフィキングストン vs ジェイミーノーブル ノンタイトルマッチ
あっさり、コフィのトラブルインパラダイスが決まってピンフォール
勝者:コフィキングストン

JBLが実況に加わる。

CMパンク vs 「フリーエージェント」ウィリアムリーガル ノンタイトルマッチ
リーガルが試合中、パンクを流血させる。JBLは自分自身とリーガルを賞賛。パンクをこき下ろす。パンクのG2Sが決まってピンフォール。
勝者:CMパンク
JBLがリング入ると、ケインのパイロが上がる。ケインがリングに登場。JBLにアッパーカットを見舞う。パンクがケインに蹴り。JBLがブートをパンクに見舞う。JBLとケインがにらみ合う。

ハイライトリール
ジェリコがランスケイドを伴ってリングに登場。ジェラトロンは壊れたまま。ジェリコは、自分は前に進んだのだと言うと、もうミレニアムを祝うパーティのホストは終わりだとし、自分はショーマンであることをやめたのだと言う。そして、いつも自分はファンの望むことをやってきたとし、そのトークショーに足を引っ張られていたのが番組をやめる理由だと言う。そして過去のハイライトリールからコミカルなシーンを抜き出して流させると、もう、こんな男は存在しないという。ジェリコはショーンマイケルズほどに人々から愛され、尊敬されることはなかったとし、HBKを引退に追いやった理由だと言う。ケイドはジェリコに、救ってくれてありがとうと言う。ジェリコはHBKに対し、業界から去り自宅での余生を楽しんでくれと言う。そして自分にベルトを巻かせた合成写真を見せ、自分以上にタイトルにふさわしい人間などいないと言う。

JRが実況に加わる。

ミッキージェームズ vs ジリアンホール ノンタイトルマッチ
ミッキーの父親がリングサイドにいる。ミッキーがDDTで勝利。
勝者:ミッキージェームズ
試合後、ミッキーがリングサイドの父親の元にハグしに行くと、ケイティリーが襲い掛かる。ケイティがマイクを持ち、新GMに向けて、自分が次の女子チャンピオンだとアピール。

先週のSmackdownでビッキーがエッジvsテイカー戦をサマースラムで行うとアナウンスしたシーンが流れる。

バックステージでバティスタがシナに自分の邪魔をするなと警告している。シナはその台詞はすっかり返してやるという。

来週、ショーンマイケルズが登場すると言うアナウンス。

JBL、ケイン vs バティスタ、ジョンシナ

観客はバティスタを支持。キングとJRが実況。アダムルは全く発言しない。JBLがケインに誤爆。ケインがチョークスラムをJBLにかけようとするが、バティスタがケインにスピアー。シナがFUをケインに決めてピンフォール。
勝者:ジョンシナ、バティスタ

試合後、シェインマクマーンが登場。新GMはマイクアダムルと発表。
アダムルは、サマースラムでバティスタvsジョンシナ戦を行うとアナウンス。

今年度一押しのディーバはケリーケリー!?

7/27付WWEニュース速報です

☆ケリーケリーのRAW移動は、ディーバとしてのトッププッシュを与えるためであり、その背後には来年のプレイボーイへの登場があるものと見られているそうです。

★先日ご紹介したケインが登場しているアンフォーギブン2008のポスターはオフィシャルのものではなく、ケインのDVDのポスターデザインを流用して作成されたものだったそうです。公式ポスターには、ダイビングエルボーを敢行しているショーンマイケルズが登場しているそうです。

マイケルコールの自宅にハリケーンの被害

7/26付WWEニュース速報です

★JRがブログの中で、マイケルコールの自宅がハリケーン「ドリー」の被害を受けた事を明かしています。最後に交わしたメールの中で、コールは水も電気も無く、迎えも来ないとしていたそうですが、家は倒壊しておらず、家族に怪我人もいないそうです。これに対し、JRはオクラホマで人の手配が出来たら船で迎えに行くと返答したそうです。

☆ケビンダンは203万ドル、ジョニーエースは73万9千ドル分のWWEの株式を所有しているそうです。

★WWE.comのロスターページに、アンダーテイカーの項目が復活しました。

ECW収録の月曜への移動はボツ

7/25付WWEニュース速報です

☆8/2のサタデーナイトメインイベントの実況はJRとキングが担当するそうです。

☆ランディオートンは親しい人たちに、生まれたばかりの娘アランナマリーちゃんは、完全に母親似だと語っているそうです。

☆ECWをRAWと同日に収録すると言う計画はボツになったそうです。RAWの方がSmackdownよりも人数が多いため、RAWと合同のハウスショーではECWの選手達の出番がほとんどなくなってしまうのが理由との事です。

☆WWE上層部は、最近ディベロップメント契約を結んだばかりのタイロン・エバンスの1軍昇格を計画しているそうです。先週のRAWのダークマッチでチャーリーハースと対戦した選手で、FCWではタイロンジョーンズというリングネームの軍人ギミックを使用しており、特にマイクの能力が優れているそうです。

★前回のSmackdown/ECW収録のバックステージに、元NWAのマグナムTAが来ていたそうです。最近手術を受けたばかりらしく、松葉杖をついていたそうです。

ロイヤルランブル2009のスケジュールが発表

7/24付WWEニュース速報です

★WWE.comは、2009年のロイヤルランブルの開催日を1/25の日曜日と発表しました。WM24の前売り券購入者には、メールで2009年のロイヤルランブル開催日は1/29(木)と説明されていました。

★CWネットワークからの撤退を控えているSmackdownですが、依然としてCWネットワークの最高視聴率を獲得しているそうです。同ネットワークの視聴率2位のスモールビルの約2倍の数字を上げています。

☆ステファニーマクマーンは、出産に備えてオフに入っているそうです。HHHも今週末は休みを取るそうです。

★ジェフハーディがWWEマガジンのインタビューの中で、2度目の謹慎処分について、大きな過ちだったとし、これにより大きなチャンスを逃すと共に、それでも応援してくれたファンを見て後悔したとコメントしています。謹慎中は毎週2~3回のテストを受け、シャツを胸まで持ち上げ、ズボンをずり下ろした状態で、監視員の目の前で尿を採取したとしています。

★アンフォーギブンの宣伝用ポスターデザインです。
unforgiven2008js3.jpg

ECW視聴率が今年最高をマーク

7/23付WWEニュース速報です

★7/22放送分ECW視聴率は1.5%でした。

★WWEが8/11にペンシルベニア州リーディングで予定していたSmackdown/ECWハウスショーは、12/5に延期されました。

◆トーリーウィルソンが自身のブログで、腰の手術を受けた後、現在はジムでのトレーニングに復帰しているとコメントしています。

WWE KIDS.comがオープン

7/22付WWEニュース速報です

★7/21放送分RAW視聴率は3.34%でした。

★7/18放送分Smackdown視聴率は決定値で2.4%でした。

★レナが自身のブログで、ECWからSmackdownに移籍する可能性があるとコメントしています。

★子供向けの公式サイトWWE KIDS.comがオープンしました。コチラで確認できます。

☆前回のRAWのバックステージに、ウィリアムリーガルが来ていたそうです。

コチラの記事で連行されるサンドマンの写真が公開されています。

★WWEはウェルネスポリシーで定める禁止薬物の種類を増やしたと発表しました。

★ロンキリングスのWWEでのリングネームはRトゥルース(R-Truth)に決まったそうです。

5/22放送分ECW試合結果簡易速報

5/22放送分ECW試合結果簡易速報です

テディロングが登場。マークヘンリーをECWの新チャンピオンとして紹介する。トニーアトラスが現れてヘンリーと共に観客を煽る。大ブーイング。

コーリンデラニーが現れてトミードリーマーは過去の遺物だという。テディロングがドリーマーは現役だとして、デラニーvsドリーマー戦を決定。
○トミードリーマー vs コーリンデラニー●
DDTでピンフォール。

○エヴァンボーン vs ジェームズカーティス●
カーティスが優勢。しかし、ボーンのシューティングスタープレスが決まってピンフォール。観客はハイフライムーブに歓声。試合後、チャボとニーリーが現れボーンを攻撃しようとするが、その前に脱出。

○マットハーディ vs フィンリー vs ジョンモリソン vs ミズ
サマースラムでのECWタイトル挑戦者はマットハーディに決定。

7/25放送分Smackdown収録結果簡易速報

7/25放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○ロンキリングス vs シェイマス・オシャウネシー●
キリングスがアックスキックで勝利。

Smackdown
MVPのVIPラウンジでスタート。ゲストはジェフハーディ。大歓声に迎えられる。MVPは、ジェフの謹慎処分、ICタイトルマッチに敗れた事、自宅の火事、愛犬を失った事などを列挙し、フィル医師に電話を入れる。医師はジェフの行動は無謀で、選手生命のことを全く考えていないという。
ジェフはMVPを突き飛ばす。MVPはロープの間から場外に転落し、そのまま退場。ジェフは花道を引き上げて行き、ステージで歓声に応える。

今夜、今夏最大のバトルロイヤルを行うと言うアナウンス。勝者にはスラミバーサリーで、HHHの世界ヘビー級タイトルに挑戦する権利が与えられる。
参加選手はMrケネディ、ジェフハーディ、MVP、ビッグショー、ウマガ、グレートカーリー

○シェルトンベンジャミン vs ジミーワンヤン●
ベンジャミンにブーイングが飛ぶ。試合はベンジャミンが圧倒し、説明しがたい新技でフィニッシュ。

○フェスタス vs カートホーキンス●
フェスタスが圧倒。試合後、ザックライダーが介入して2人でフェスタスを攻撃。

○ウラジミールコズロフ vs スティービーリチャーズ●
コズロフがショルダーブロックでリチャーズを倒し、ヘッドバットで勝利。
試合後、コズロフはJRとミックに何か言っている。

○グレートカーリー vs Mrケネディ、ジェフハーディ、MVP、ビッグショー、ウマガ バトルロイヤル
退場順にMVP、ウマガ、ケネディ、ビッグショー、ジェフハーディ。
通訳のランジンシンが登場。HHHが現れてカーリーとにらみ合う。

ロンキリングスのプロモ。近日中にSmackdownでデビューするという内容。

○ミッシェルマクール vs マリース●
ミッシェルがヒールホールドでタップアウトを奪う。

来週、マリアがSmackdownデビューするという宣伝。

○ブライアンケンドリック vs シャノンムーア●
ケンドリックがボディガードのイゼキエル(ディベロップメントのリクロン)を従えて登場。ムーアが積極的に攻めるが、イゼキエルが介入した隙にケンドリックのスライスブレッドNo2が決まってピンフォール。

エッジのビッキーに対する公式謝罪。エッジが出てきてビッキーを呼ぶ。チャボが車椅子を押してビッキーが登場。ビッキーはエッジにハグ。許すと言う。そして、アンダーテイカーの追放処分を解除したとし、サマースラムでエッジとヘルインアセルで対戦させると言う。

(ここからはボーナスセグメントの可能性があります。)
さらにこれからエッジにはHHHとストリートファイト戦を戦ってもらうと言う。
エッジはマイクで、例え何があろうと、ビッキーを愛していると言う。

○HHH vs エッジ● フィラデルフィアストリートファイトWWEタイトルマッチ
HHHがエッジの頭を実況テーブルに叩きつける。エッジはHHHを鉄階段に突っ込ませる。再びHHHはエッジを実況テーブルに叩きつけ、JRに向かって突っ込ませる。リングに入り、HHHがスレッジハンマーを持ち出す。エッジはハンマーをブロックしてHHHを殴り倒し、コンチェアトを狙うが、HHHが起き上がってハンマーでエッジの顔面を殴って3カウント。

試合後、大歓声に送られてHHHが退場。エッジは足をひきずりながら、それでもビッキーを愛していると言う。レフリーに支えられて退場する。

サンドマンが逮捕

7/21付WWEニュース速報です

★カリフォルニア州アナハイムで旗揚げ戦が行われたアフィリクション(MMAのプロモーション)の会場に、WWEのスティーブオースチン、アンダーテイカー、グレゴリーヘルムズらが来ていたそうです。その他の有名人ではドナルドトランプ、ティトオーティス、元WWEで現在TNAのマットモーガンとモーガンが現在出演中のアメリカングラディエーターズの出演者達が来ていたそうです。

★WWEの映画部門はWWEフィルムからWWEスタジオと名称変更をし、年間2本程度、予算が1~2千万ドル程度の劇場公開映画と、年間4~6本、5百万ドル程度の予算を使ったDVD販売映画、及び、年4回のテレビ放送用映画の制作を行う予定との事です。また30分のコメディ番組や、リアリティショーなどを制作し、USAネットワークを中心に放送していくそうです。番組には現役のスーパースター達に加え、レジェンド達も起用するそうです。

★CWネットワークのドーン・オストロフ社長は、Smackdownの放送契約を打ち切ると言う決断は非常に難しいものだったと語っています。しかし、Smackdown視聴者の多くが男性であり、CWネットワーク内の他の番組の視聴者にはなりにくいと判断されたために、英断を下したそうです。

△エヴァンボーンは、ECWへの昇格時、上層部からどの技をフィニッシャーにするのかと問われ、シューティングスタープレスを挙げましたが、一度は却下されたそうです。そこでデビュー戦はダイビングダブルニードロップを使用しましたが、上層部はこの技がレイミステリオのムーブに似ていると判断し、別のフィニッシャーに変えるよう指示したそうです。そこでボーンは再度シューティングスタープレスを挙げたところ、上層部は安全に行えることを証明するために、何度か実際に飛ばせてみて、問題ないと判断されたため、WWEで禁止技に指定されているシューティングスタープレスの解禁を許可したそうです。

△レイミステリオとWWEは、依然として契約交渉を続けているそうです。ミステリオは他のトップスター達と比較して給料が安いと感じているそうですが、WWE側はミステリオの負傷欠場の多さがその価値を下げていると考えているそうです。ミステリオは親しい友人に、WWEとの交渉が決裂したらAAAに行くと語っていたそうです。

☆ハードコアホーリーは、ナイトオブチャンピオンズの後、自宅に帰されたそうです。ホーリーはWWEに個人的な問題を解消するための休暇を求めていたそうです。ホーリーの欠場期間は無期限とされているそうです。

☆ケインが番組中で口にしている「死んでいるのか?生きているのか?」と言う台詞は、自分自身の事を指しており、再び昔のマスクを着用するプランになっているそうです。

☆現在Smackdownのディーバのリーダー格はミッシェルマクールが務めているそうですが、その背後にはミッシェルとアンダーテイカーとの関係が影響しているのではないかと噂されているそうです。ディーバタイトルをミッシェルが獲得したのもその影響ではないかとされています。

★マイアミヘラルド紙のインタビューに、現在TNAにレギュラーで登場しているヘクターゲレロ(エディの実兄)が答え、その中でビッキーゲレロはもうビッキーゲレロではなくなってしまったと、現在、ビッキーからの連絡が途絶えている事を明かしています。現在でもゲレロ家はビッキーの事を愛しており、連絡を待っているとしています。

★WWE.comで今週火曜日からリックフレアーの「Stylin' and Profilin'」という番組が始まるそうです。

★グレートアメリカンバッシュ終了後、WWEのロゴがプリントされたイスを持ち出そうとした2人の20歳の男がセキュリティに咎められ、持っていたビンでセキュリティの頭を殴り、背中に噛み付いたとして逮捕されました。2人は強盗傷害の容疑がかけられているそうです。2人は夜の11時ごろに関係者以外立ち入り禁止の区域に進入して、物品を駐車場まで運び出そうとしていたそうです。

★7/21放送分RAW収録で行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
チャーリーハース vs ローカルジョバー
ハースがスクールボーイで3カウント。

放送終了後のボーナスセグメント
ケインが戻ってくるが、バティスタのスピアーを食らってしまう。JBLもシナのFUを食らう。バティスタが立ち去ろうとするときにCMパンクも起き上がり、ゆっくりと退場。シナはバティスタに対して、(誤爆)を謝るつもりはないと声をかける。



★FCWでトレーニングを積んでいた、ブリティッシュライオンズこと、トミーテイラーとクリスグレイの2人がWWEから解雇されました。プロテクト期間は設定されておらず、すぐにでもインディ団体で活動を開始するそうです。

◆ニューヨーク市郊外のレストランでサンドマンが逮捕されたそうです。レストランの店員にグラスを投げつけて怪我を負わせたとして通報され、駆けつけた警察官にもグラスを投げつけ、警官2名が負傷したそうです。サンドマンは第2級の暴行容疑で連行されたそうです。

7/21放送分RAW試合結果速報

7/21放送分RAW試合結果速報です

昨夜の世界ヘビー級タイトルマッチにケインが乱入したシーンのリプレイ。中継車の中でバティスタがその映像を見ている。

バティスタがリングに登場。今夜、新チャンピオンになるプランがあるというと、今夜はマクマーン家の者がいないため、自分が責任者であり、パンクは今夜バティスタと防衛戦を行わなければならないと言う。そしてケインに対しては、なにか気に入らない事があるのなら、自分がケインを見つけるよりも先にケインがバティスタをみつけるんだなという。
JBLがトロンに登場。シナは昨夜破った自分が次の挑戦者だと言う。バティスタはJBLに消えろと言うがJBLが拒否。バティスタに対し、今夜バティスタはタイトルマッチをできないが、自分サマースラムでタイトルマッチを行うという。そして、それでも今夜タイトルマッチをバティスタが行うつもりなら、まずケインを見つけるべきだろうと言う。
CMパンクが登場。前回は誰にも答えを言ってなかったと言うと、昨日はケインに邪魔をされたので、バティスタにはタイトルに挑戦する権利があるという。JBLが文句を言うが、バティスタがJBLのマイクをスタッフに切らせる。今夜CMパンクvsバティスタの世界ヘビー級タイトルマッチを行う事が決定される。

ションマイケルズのテーマがヒットするが、HBKは登場しない。ランスケイドが新テーマで登場。ケイドは、HBKが今夜ここに来ているとし、出てくるように要求。このあとの自分の試合中でもかまわないと言う。

ランスケイド vs ポールロンドン
コールとキングは、ロンドンがいかにHBKに憧れているかを説明。ケイドのパワーボムがヒットしてピンフォール。
勝者:ランスケイド
試合後ケイドはマイクを持ち、どうやらHBKは出てこられないようだと言うと、HBKを引退に追い込んだ男としてクリスジェリコを紹介する。
ジェリコは実際にはHBKは来場していないと言うと、昨夜の試合でHBKの左眼を集中攻撃して出血させたシーンをリプレイ。誰も成し遂げられなかった事を自分がやったと言う。そして自分が復帰したのは観客達を助けるためだったが、それに値しない連中だと言う事に気付いたとし、HBKは内出血のため、回復できない傷を負ったと言うと、HBKのように自分が育たなくて良かったという。そして、WWEでもっとも堕落したスターを排除することができ、ようやく救えたと感じる事が出来たと言う。

ケリーケリー vs ベスフェニックス
ケリーは序盤、スピードでかく乱しようとするがベスがパワーで圧倒する展開になる。ケリーがハリケーンラナからドロップキックをヒット。しかしベスがケリーを捕らえ、ダブルアーム式フェイスバスターでピンフォール。
勝者:ベスフェニックス

ジムデューガンがいつものコスチュームでリングに登場。先週、コーディローズとテッドデビアスに言われた事で、引退を考えたと言う。そして30年間の素晴らしいレスラー人生の中で、たくさんの友人に恵まれたと言うと、ジェリーローラーについて語る。キングはリングに上がると、ローズとデビアスなど無視しろというと、オバマもマケインを実現させたいと思っている、国民を上げてのUSAチャントをデューガンは起こす事ができる能力をもっているのだという。そしてそれでもまだ本気で引退するつもりかと問う。デューガンは否定し、誰かに安心させてもらいたかったのだと言う。
ローズ、デビアスが登場。ローズはデューガンが1988年のロイヤルランブルに勝利したとき、自分は2歳だったという。さらにキングがアンディカウフマンを殴ったときは生まれてさえいなかったと言う。キングは俺がカウフマンを殴るのをみなかったのか?という。コーディはノーと答えると、キングはそうか、それはこういう感じだったんだというとコーディを殴る。

JBL、コーディローズ、テッドデビアス vs ジョンシナ、クライムタイム
観客はシナを応援。ヒール軍はJTGをコーナーに捕らえる。JTGがようやく脱出してシナにタッチ。シナはJBLと乱闘。JBLはリングから観客席に逃げていく。シナはコーディ、テッドに2人まとめてFUを見舞うとテッドからピンフォールを奪う。
勝者:ジョンシナ、クライムタイム
試合後、シナはリングサイドに来ていた父親とハグ。

バックステージでジェリコとケイドが会場を後にしようとしている。ドアを開けると外にケインが立っている。2人は後ずさってケインに道を譲る。ケインは謎の袋を持っている。

WWEがジェネレーションレスキューという非営利団体の活動に協力しているという宣伝。8/2のサタデーナイトメインイベントに女優のジェニー・マッカーシーが登場すると言うアナウンス。

ミッキージェームズ、コフィキングストン vs ポールバーチル、ケイティリーバーチル
観客はキングストンにチャントを送る。女性2人が場外で乱闘。白熱した攻防。場外でキングストンがヒールキックをかわされて鉄柱に当たってしまう。リングに戻ってバーチルのネックブリーカーがキングストンに決まりピンフォール。
勝者:ポールバーチル、ケイティリーバーチル

バックステージでジェイミーノーブルがレイラの気を引こうとしている。バティスタが現れてケインを見なかったかと尋ねる。ノーブルはすぐに答えず、バティスタにあっちへ行けというようなことを言う。バティスタはノーブルの首根っこを掴んで壁に叩きつける。

バックステージでトッドグリシャムがCMパンクにインタビュー。パンクはまだまだトップの選手達を倒して、自分の勝利がまぐれではない事を証明しなければならないという。JBLが現れてサマースラムでの対戦を要求。パンクを繋ぎのチャンピオンと呼ぶ。パンクは自分の最初の防衛戦の相手はJBLだった事に言及する。

クリスジェリコがHBKの眼を攻撃したシーンのリプレイ。

試合前、サンチノマレラがマイクで、オープンチャレンジで戦いたかったのは男で、子宮頚管のあるようなやつじゃないと言う。(先週ベスフェニックスが登場したことを指している)そして、戦いたいのはアダムのリンゴだという。登場したのはディーロブラウン。
サンチノマレラ vs ディーロブラウン
試合中、ベスがリングサイドに登場。ローダウンが決まってカウント3。
勝者:ディーロブラウン
試合後、ベスはリングに入りマレラを攻撃。マレラも反撃する。互いに頭を掴み合う体勢で止まるとキス。マレラが立ち去る。観客達は戸惑っているが、面白がっている様子。

キングが、ステファニーとシェインが、新しいRAWのGMを探していると言う噂があると言う。

CMパンク vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルマッチ
パンクの登場前にケインが現れ、リングのバティスタと戦い始め、チョークスラムをヒット。パンクが飛び出してきてケインをトップロープ越しに場外に落とす。レフリーが出てきてケインを退場させようとする。ケインはカメラマンを追いかけて出て行く。レフリーはバティスタに試合ができるか確認。バティスタはできるという。
バティスタがスピアーを決め、バティスタボムを狙ったところでJBLが現れてバティスタを攻撃。レフリーがDQを宣告。JBLはリングに上がってバティスタにクローズラインフロムヘルを見舞う。シナが現れてJBLと乱闘。シナのパンチをJBLがかわすと後ろにいたバティスタに誤爆。バティスタとシナが戦い始める。レフリー達が止めに入るシーンで終了。

シナvsJBL戦はそのほとんどが事前収録

7/20付WWEニュース速報です

☆グレートアメリカンバッシュで行われた、JBLvsジョンシナの駐車場マッチのバックステージで行われた部分は、前日の土曜日に収録されたものだとカメラマンが語っていたそうです。

★JRが自身のブログで、JRとマイケルコールを再度入れ替えて元に戻す事をWWEが検討しているという噂について、そのような話し合いは行われていないと否定しています。

PPV Great American Bash試合結果速報

PPV Great American Bash試合結果速報です。

エッジとビッキーの結婚ストーリーと、JBLがシナを車で轢こうとしたシーンなどをまとめたオープニング映像が流れる。
パイロが上がり、JRが開幕の挨拶。観客数は14126人とアナウンス。

ジョンモリソン、ミズ(c) vs ジェシー&フェスタス vs エッジヘッズ vs フィンリー、ホーンズウォグル フェイタル4ウェイタッグタイトルマッチ
JRとミックフォーリーが実況を担当。ウォグルとフェスタスでスタート。フィンリーがエッジヘッズのどちらかをカバーするが、モリソン、ミズの2人がカット。しかしエッジヘッズがジェシーからピンフォールを奪う。
勝者:エッジヘッズ WWEタッグタイトル獲得

HHHのDVDの宣伝。

マットハーディ(c) vs シェルトンベンジャミン USタイトルマッチ
引き続きJRとミックが担当。マットがブルドッグを決めるが2カウント。レッグドロップを決めるがこれもキックアウトされる。サイドイフェクトもキックアウトされムーンサルトを狙うがベンジャミンが膝でブロック。ペイダートが決ってカウント3。
勝者:シェルトンベンジャミン USタイトル獲得

実況はマイケルコールとキングに交代。
携帯のみで観られるCMパンクのインタビュー映像を紹介。パンクは非常に不利な状況から世界ヘビー級チャンピオンになったが、まぐれではないとコメントしている。

JRとミックがビッキーとエッジの結婚ストーリーについて話す。ハイライトシーンをまとめたビデオ。そしてビッキーとエッジのどちらに同情するか、投票を呼びかける。

マークヘンリー(c) vs トミードリーマー ECWタイトルマッチ
マイクアダムルとタズが実況を担当。試合前にヘンリーがつっかける。観客は「boring」チャント。アダムルはスラムとスプラッシュの違いが分かっていない。ドリーマーがコーナーに登ったところで、セコンドにいたデラニーが裏切ってドリーマーを突き落とし、ヘンリーがカバー。カウント3。
勝者:マークヘンリー ECWタイトル防衛

クリスジェリコとHBKのこれまでの対立をまとめたビデオ。
ショーンマイケルズ vs クリスジェリコ
リリアンがコール。実況はコールとキング。試合前、HBKとジェリコがにらみ合い。ジェリコは顎鬚を伸ばしている。HBKが序盤、サブミッションを極めるが、ジェリコはロープエスケープ。試合序盤はHBKがジェリコの左膝を攻める。ジェリコは左膝を痛めた様子。ジェリコはHBKの腹部を集中攻撃。HBKは肋骨を庇い始める。ウォールズオブジェリコが極まるが、HBKがロープに逃れる。HBKのクローズラインがクリーンヒットするがニアフォール。HBKはダイビングエルボーをヒットし、スイートチンの予告。ここでランスケイドが介入。HBKの注意を引きつけ、ジェリコがフォールするが、HBKが辛くもキックアウト。
HBKはジェリコを場外に投げ落とし、ケイドにぶつける。さらにコーナーから場外のヒール2人にムーンサルトをヒット。HBKは負傷している左眼から流血。レフリーが試合続行の意思を確認するが、HBKは続けると返答。実況は場外でジェリコの乱暴なエルボーを受けてHBKが出血したとアナウンス。場外でケイドが不意打ちのブートをHBKに食らわせる。HBKがクロスフェースを極めるが、ジェリコがエスケープ。レフリーが再びHBKに意思確認。ジェリコがHBKの傷口をなぐると、またもレフリーがギブアップするかと尋ねるが、HBKは絶対しないという。しかし、HBKの出血は止まらず、さらにジェリコが傷口を攻撃したため、レフリーストップが宣告される。
勝者:クリスジェリコ レフリーストップ
HBKはスタッフに支えられて引き上げていく。

サマースラムの宣伝。ジェリコがインディジョーンズのコスプレをしている。8/17開催。

JRとマイケルコールが、バックステージのエッジに呼び出されている。エッジは盗撮カメラ(前回のSmackdownでHHHが流したビデオを撮影したカメラの事)を仕掛けたのはどこの変態野郎だと問いただす。そしてHHHには彼の人生であがなって貰うとし、WWEタイトルを奪う事で復讐してやるという。

ナタリア vs ミッシェルマクール ディーバタイトルマッチ
ナタリアがシャープシューターを極めるが、ミッシェルはロープエスケープ。ミッシェルのヒールホールドが極まり、ナタリアがタップアウト。
勝者:ミッシェルマクール ミッシェルが初代ディーバチャンピオン
試合後、チェリーとイブが出てきてミッシェルを祝福する。

ディーバの試合後、ジェリコが出てきて、今夜はHBK最後の日となったのだから、今夜のチケットの半券は額に入れて飾っておけという。

リックフレアーのDVDの宣伝。

バティスタとCMパンクがそれぞれのロッカールームでウォームアップしているのが映る。

パンクがタイトルを獲得した経緯をまとめたビデオ。

CMパンク(c) vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルマッチ
場外のバティスタに、パンクがロープの間をすり抜けてダイブ攻撃をヒット。バティスタはキャメルクラッチを極めるなどしてパンクの腰を集中攻撃。素晴らしいクロスボディをパンクが決めるが、バティスタがキックアウト。バティスタボムの1度目のトライはパンクが自力で脱出。2度目はトップロープに手が届き、脱出に成功。今度はパンクのG2Sをバティスタがブロック。パンクはバティスタの左腕と肩に照準を絞り、バティスタボム封じを狙う。
場外でバティスタのスパインバスターがヒット。ここでケインが乱入しバティスタを攻撃。レフリーが反則を取る。ケインはリングに上がり、パンクにチョークスラム。ケインは謎の袋を今日も持っている。ケインは引き上げる際、カメラマンに蹴り。リリアンが両者失格をアナウンス。
試合結果:両者失格 CMパンクが世界ヘビー級タイトル防衛
パンクがベルトを掲げていると、バティスタが起き上がり、パンクにバティスタボムをヒット。

ケインに蹴られたカメラマンのカメラが捉えた映像が流れる。カメラマンはカメラを放り落としてしまっている。

コールとキングがシナとJBLの抗争について話す。これまでの流れをまとめたビデオ。

ジョンシナ vs JBL ニューヨーク市駐車場ブロウル
駐車場に円を描くように車がとめられている。JBLがリムジンで登場。スーツにネクタイという姿。バールのようなものを手にしている。JBLはシナを探しているとシナが車で突っ込んでくる。シナはJBLの股間を車にぶつける。これに怒ったJBLはシナを車に叩きつけ、車のドアが壊れてしまう。この試合は実況なし。
JBLはシナから3カウントが奪えない事に苛立ちはじめる。シナの頭を車のドアガラスに叩きつけ、ガラスが割れる。JBLは自分のリムジンに入り、ガソリン缶を持ち出す。シナを車の後部座席に座らせ、ガソリンをその車に撒く。レフリーの制止を振り切って火をつける。レフリーは助けを呼びすぐに消火される。シナが出てきてJBLを攻撃。今度はJBLを車に入れ、フォークリフトで持ち上げてアリーナの中に入ってくる。JBLが車から出てくると、花道でシナと乱闘を続ける。ここからコールとキングの実況が入る。ステージでシナの5ナックルシャッフルがヒット。続けて車の上にFUを狙うがJBLがシナをフロントガラスに投げつける。そのままJBLがカバーしてカウント3。
勝者:JBL
JBLがスタッフの助けを借りて引き上げる。シナは左腕から出血。観客はシナにチャントを送る。ようやく立ち上がり、自力で引き上げる。

サマースラムの宣伝。
JRとミックがメインの実況。

結婚式の様子が再度流れる。

バックステージでイブがHHHに後悔する事はないのかと尋ねる。HHHは微笑んで、男は後悔しないものだという。

HHH(c) vs エッジ WWEタイトルマッチ
エッジが鉄階段にHHHを叩きつけ、続いてアナウンステーブルに叩きつける。さらに場外でインペーラーをヒット。両者カウントアウトしそうになるが、リングに戻る。HHHのDDTがヒット。カバーはエッジがキックアウト。HHHのぺディグリーはエッジが回避。エッジのスピアーもHHHが回避。再びエッジがスピアーを狙うが、HHHがスパインバスターでカウンター。アリシア・フォックス(エッジの浮気相手)が現れ、ベルトをエッジに渡そうとするが、ビッキーも登場し、アリシアにクローズライン。ベルトを奪ってリングに上がるが、アリシアがビッキーを攻撃する。ここでエッジのスピアーがビッキーに誤爆。この隙をついてHHHがぺディグリーで勝利。
勝者:HHH WWEタイトル防衛

試合後、チャボがビッキーの付き添いに現れる。

CMパンクがRAWへドラフトされた瞬間の状況を語っています

7/19付WWEニュース速報です

★アールヘブナーがイギリスのサン紙に対してモントリオールのスクリュージョブについて語っています。ヘブナーはブレットハートの事を死ぬまで愛しているとし、事件のあった1997年のサバイバーシリーズの前から、何をやらされるのか聞かされていたとしています。
当時はアール自身や、オフィスを任されていたデイブ、そして息子のブライアンの職がかかっていたため従ったものの、もし、後に全員がWWEを追われる事が分かっていたならば、決してやらなかったとしています。

☆レイミステリオが先週のRAWに登場しなかったのは、まだ負傷が完治していないためとの事です。ミステリオの復帰時期については遅らせられないと判断されたため、先々週、サンチノマレラとのショートマッチを用意して復帰させたものの、レギュラーでの起用は8月からを予定しているそうです。

★CMパンクがオタワサン紙に対し、RAWにドラフトされる事は全く聞かされておらず、バックステージでペプシの缶に書いてある成分表示を読んでいるときに突然ドラフトされた事が宣告され、周囲の人たちは「行け!行け!」と叫んでいたと、当時の状況を語っています。
世界ヘビー級タイトルの獲得について、信じられない事で、パンク自身、生まれた時からのレスリングファンで、世界チャンピオンと言えば、リックフレアー、ダスティローズ、リッキースティムボート、リックルードのような人たちの事だったとし、そのチャンピオンになったことで報われたと感じ、誕生日も卒業も結婚式も葬式も全てがぶっ飛んでしまったとしています。
そして、ずっとチャンピオンになれると信じてやってきたとし、偉ぶるわけではないとしながらも、自分はこのために生まれてきたのだと思ったそうです。

★グレートアメリカンバッシュのカードです。

WWEタイトルマッチ
HHH(c) vs エッジ

世界ヘビー級タイトルマッチ
CMパンク(c) vs バティスタ

ECWタイトルマッチ
マークヘンリー(c) vs トミードリーマー

USタイトルマッチ
マットハーディ(c) vs シェルトンベンジャミン

ディーバタイトルマッチ
ナタリア(c) vs ミッシェルマクール

タッグタイトルマッチ
ジョンモリソン、ミズ(c) vs フィンリー、ホーンズウォグル vs ジェシー&フェスタス vs ザックライダー、カートホーキンス

ニューヨーク市駐車場ブロウル
ジョンシナ vs JBL

遺恨試合
ショーンマイケルズ vs クリスジェリコ


近々リーガルの謹慎が解けます

7/18付WWEニュース速報です

★ウィリアムリーガルの謹慎処分は来週終了する予定です。

★DHスミスは、カナダのカルガリーに住んでいましたが、FCWのあるフロリダ州に引っ越したそうです。現在、TJウィルソン(ナタリアの婚約者)とFCWでタッグを組んでいるそうです。

★wwe.comのスタッフ達は新しいオフィスに引っ越したそうです。

◆エリックビショフが自身の公式サイトのブログで、自身がプロデュースしたハルクホーガンのセレブリティチャンピオンシップレスリングという番組の仕事が7/2で完了した事を記しています。一方、レスリング業界への復帰については、「おそらくは無い。だがネバーセイネバーだ。」としています。

ランディオートンに娘が生まれる

7/17付WWEニュース速報です

★ランディオートンの妻、サマンサさんが7/12の午後9:14、女の子を出産したそうです。体重は8ポンド10オンスで、アランナ・マリー・オートンと名付けられたそうです。

☆ビンスはマイケルコールのRAWでのパフォーマンスに満足しておらず、上層部になぜJRとコールを入れ替えたのか、問いただしていたそうです。これを受け、JRとコールを再び入れ替えるアングルを提案されたそうですが、これには反対したそうです。

★7/28にワシントンDCで行われるRAW収録大会と同時に、サタデーナイトメインイベントの収録を行うと発表されました。SNMEは8/2にNBCで放送予定です。

★ジャッキーゲイダは現在妊娠しており、9月に女の子を出産予定と報じられています。名前はテイラー・スザンヌと付けるそうです。ジャッキーはチャーリーハースの奥さんです。

ケンドリックはヒールとしてプッシュされるそうです

7/16付WWEニュース速報です

★7/15放送分ECW視聴率は1.4%でした。

★8/31に開催されるRAW/Smackdown合同のハウスショーに、欠場中のランディオートンがブッキングされています。

☆ブライアンケンドリックは、今後、シングルプレーヤーのヒールとしてプッシュされるそうです。Smackdownの収録では、FCWのリクロン・スティーブンスをボディガードとして従えており、ポールロンドンとは離してステップアップのためのプッシュを与えるとされています。

★FCWの公式サイトが作り直されました。現在、まだ多くの部分が製作中となっています。

現段階でのWM25のメインイベントのプランは

7/15付WWEニュース速報です

★7/14放送分RAW視聴率は3.2%でした。

★7/11放送分Smackdown視聴率は決定値で2.3%でした。

☆WM25のメインイベントをジョンシナvsバティスタで行うプランがあるそうです。

☆最近ヴァルビーナスの出番が無いのは、肩をいためているためだそうです。

☆トレバーマードックの解雇は、Smackdownへの移籍を求めたマイケルへイズにも寝耳に水だったそうです。ヘイズはマードックとMVPを組ませてコミカルなストーリーを始めるつもりだったそうですが、マードックが解雇された事を社内で回されたメモで知り、驚いていたそうです。

7/18放送分Smackdown収録結果簡易速報

7/18放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○ロンキリングス vs ドミノ●

SmackDown
事前収録のエッジとビッキーの結婚式の様子が流れる。今夜は披露宴を行うとアナウンス。チャボが乾杯の為に登場。エッジが音頭を取る。フィンリーとホーンズウォグルが登場。

○カートホーキンス、ザックライダー vs フィンリー、ホーンズウォグル● 特別レフリー:エッジ
エッジが試合に介入し、フィンリーにスピアー。ライダーが押さえ込んでカウント3。

エッジとビッキーは初めてのダンスを踊る。しかしビッグショーが登場して邪魔をする。この結果4対1のハンディキャップマッチが組まれる。
×ビッグショー vs MVP、シェルトンベンジャミン、ウラジミールコズロフ、グレートカーリー×
ビッグショーが優位に試合を進めるが、結局大勢でビッグショーを攻撃。ノーコンテストになる。

ビッキーがリングに上がりブーケを投げる。ディーバ達がブーケをキャッチしようとするが、ミッシェルマクールがナタリアを攻撃。ブーケはチェリーがキャッチ。ビッキーはチェリーと対戦するという。
○ナタリア vs チェリー●
ナタリアが圧倒。シャープシューターで勝利。すぐさまビッキーがリングに入り、チェリーを押さえ込んで3カウント。

○ブライアンケンドリック vs ジミーワンヤン●
ケンドリックはニューコスチュームで登場。大きなアフリカ系のボディガードを連れている。

○ウマガ vs Mrケネディ●
ケネディのマイクチェックをブロックしたウマガのサモアンスパイクが決って勝利。退屈な試合。

○ジョンモリソン、ミズ vs ジェシー&フェスタス●
ミズがリアリティチェックでジェシーを仕留める。

×マットハーディ vs ジェフハーディ×
ビッキーゲレロの命令で行われた試合。試合前、2人はウエディングケーキをチャボの顔に投げる。ラファミリアが介入してノーコンテスト。

カッティングエッジ。エッジは自分がどれほどビッキーを愛しているかを語ったビデオを流す。HHHがリングサイドに登場。プレゼントがあるというと、エッジがウエディングプランナーを口説いているビデオを流す。ビッキーはエッジにビンタ。放送終了。


リックフレアーが登場。観客は大歓声。フレアーは感動的なスピーチ。

ボーナスダークマッチ
○HHH vs エッジ●
ビッキーがリングに現れて、エッジにスピアー。HHHが押さえ込んでピンフォール。

7/15放送分ECW試合結果簡易速報

7/15放送分ECW試合結果簡易速報です

マークヘンリーとトニーアトラスが登場。フライパンを曲げてみせる。トミードリーマーが現れマークヘンリーの頭を殴る。

○マイクノックス vs シャノンムーア●
ノックスがスイングDDTで勝利。

○エヴァンボーン vs チャボゲレロ●
ボーンがトップロープからのシューティングスタープレスで勝利。

○ハーディボーイズ vs ミズ、ジョンモリソン●
モリソンがマットをカバーしようとしたところにジェフがスワントーンをヒットしてピンフォール。
好試合。観客はハーディズを応援。

シナは無事だったと公式サイトが発表

7/14付WWEニュース速報です

★RAW収録の最後にJBLが車でジョンシナに突っ込んだシーンについて、WWE.comでは、すんでのところでシナが回避したとアナウンスしています。

★7/14放送分RAW収録で行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○ディーロブラウン vs マットストライカー●
フロッグスプラッシュでピンフォール

○チャーリーハース vs ローカルジョバー●

RAW収録後のボーナスダークマッチ

○バティスタ vs CMパンク●
短い時間でバティスタボムが決る。

7/14放送分RAW試合結果速報

7/14放送分RAW試合結果速報です

先週のハイライトでスタート。バティスタがCMパンクの持つタイトルへの挑戦権を獲得し、ケインが暴れたシーンが流れる。
シェインとステファニーがスタジオに登場。ビンスが回復するまで、全選手を対象に、ビンスに怪我をさせた犯人を探すとし、さらに事件が起こるようなら断固とした行動を取るという。

クリスジェリコとショーンマイケルズがリングサイドで乱闘。ランスケイドが現れてジェリコを止める。セキュリティが出てきて両者を分ける。するとケインがバッグを持って登場。ケインはリリアンを威嚇して、マイケルコールとキングのもとに向かう。コールはキングの後ろに隠れる。キングはもしものことに備えて拳を構えている。しかし、ケインは2人に「すまなかった。」と言うと、そのまま退場。
バックステージが映るとランスケイドとショーンマイケルズが乱闘している。

ミッキージェームズ vs ケイティリー ノンタイトルマッチ
ミッキーに声援。お互いに攻守が激しく入れ替わる良い試合。ミッキーがトップロープからのルーテーズプレスで勝利。
勝者:ミッキージェームズ
試合後、バーチルがミッキーを捕らえ、ケイティに殴らせようとするが、コフィキングストンが現れてミッキーを助け、バーチルに対戦を要求。ICタイトルマッチが決定。

コフィキングストン(c) vs ポールバーチル ICタイトルマッチ
ミッキーとケイティはリングサイドに残っている。観客はキングストンを指示。バーチルが試合を支配。キングストンの両足レッグドロップがヒット。ケイティがエプロンサイドに上がってくる。ミッキーがケイティを引きずり落としてクローズライン。キングストンのトラブルインパラダイスが決ってピンフォール。
勝者:コフィキングストン ICタイトル防衛

バックステージでサンチノマレラがマットストライカー相手に、オープンチャレンジについて話している。マレラはこれに勝てば、先週ミステリオに負けた事なんか、誰も思い出さなくなるという。そのマレラの背後にケインが現れ、「パンクはどこだ!!」と怒鳴りつける。マレラは最後に見た場所はロッカールームだという。

ケインがCMパンクのロッカールームに入っていく。今夜、自分と戦うよう要求。パンクは6日後に自分の人生で最大の試合を控えているというが、ケインは必要なのはタイトルではなく、試合だという。パンクが了承。そしてケインにそのバッグは何だ?と問うが、ケインは笑って立ち去る。

CMパンク、HHH、マークヘンリーのいずれのもつタイトルがグレートアメリカンバッシュで奪われる危険性が最も高いかを予想する投票を行うよう呼びかけられる。

シナがJBLとGABで行う駐車場マッチをアピール。そして、今夜、シナ、クライムタイム組とJBL及び、JBLが選んだ2人のパートナーで試合を行う事を要求。

サンチノマレラ vs ベスフェニックス
マレラのオープンチャレンジに挑戦を表明したのはベスフェニックス。マレラは驚いている。ベスに声援が飛ぶ。ベスがパワーで上回り、マレラをボディスラムで叩きつける。マレラは、「俺は男だ」と何度も叫ぶ。しかし、ベスがマレラを丸め込んでカウント3。
勝者:ベスフェニックス
観客達は大喜び。マレラが逃げ出すのをベスが笑っている。

ケリーケリーが登場。対戦相手を待っているとテッドでビアスとコーディローズが現れ、ケリーを追い払う。コーディは、自分達が父親達よりも優れており、これが天性と言うものだという。テッドはこれから10年後も自分達は最高でありつづけるという。ここでハクソージムデューガンが登場。自分は彼らの父親達の友人だという。そして父親達は確かに才能があったが、努力して成長していったのだという。しかしコーディとテッドはデューガンを侮辱すると、もしデューガンが最盛期の力を取り戻したとしても、自分達には及ばないといい、デューガンは一度もWWEタイトルを獲れなかったと言う。
2人はデューガンを置いて立ち去るが、JBLがトロンに現れ、2人に今夜のタッグパートナーとなるよう、要請。2人は了承する。

ケイン vs CMパンク ノンタイトルマッチ
ケインはバッグを持ってリングに登場。序盤からケインはリングを離れると、周囲の人々が一斉に道を開ける。キングとコールも避難する。
パンクはキックの連打でペースを奪うと、両者は場外乱闘。パンクはリングに戻るがケインはそのままカウントアウト。
勝者:CMパンク カウントアウト
ケインは試合後も暴れ、イスをいくつもリングに投げ込んでパンクを攻撃。イスにパンクの頭を挟んでコーナーに登るが、バティスタが現れてパンクを救出。ケインにスピアーを決める。バティスタはパンクを助け起こす。パンクは握手を求めるが、バティスタは友達になった覚えは無いといって拒否。求めているのはタイトルだというとパンクの頭を叩くそぶりをする。パンクがバティスタを突き飛ばすと、バティスタはスパインバスターで答える。

クリスジェリコ vs ポールロンドン
マイケルコールが、ロンドンがいかに子供の頃、ショーンマイケルズになりたがっていたかを説明。ケイドはリングサイドを回ってイスを探しているとショーンマイケルズが登場。試合はジェリコが支配。超高角度のウォールズオブジェリコで勝利。
勝者:クリスジェリコ
ジェリコはマイクを持つとロンドンに対し、お前には2つの選択肢と行く末があるとし、ジェリコと同じ道を歩んで勝利と栄光を得るか、マイケルズと同じ道を歩んで、嘘と裏切りの日々を得るかだという。
HBKが近づいて、ジェリコは本当に正しさを知らないといい、日曜日には、まだジェリコが最悪な目にあったことが無い事を教えてやるという。

バックステージでジェイミーノーブルがレイラに話し掛け、RAWのパワーカップルになろうと言う。レイラは意に介していない。ノーブルは次に通りかかった男に挑戦するという。通りかかったのはスニツキー。鼻を骨折している。ノーブルはスニツキーの前に立ちふさがるが、レイラは止める。2人はリングに向かい、非公式試合が始まる。レイラはノーブルのコーナーにいる
スニツキーがブートを決め、パンプハンドルスラムを見舞う。

ファン投票の結果、パンク55%、ヘンリー25%、HHH20%。

JBL、コーディローズ、テッドデビアス vs ジョンシナ、クライムタイム
白熱した好試合。観客はジョンシナを支持。シャドが長時間捕まるがシナにようやくタッチ。シナはテッドとコーディを蹴散らして、コーディにSTFU。しかしJBLが攻撃し、レフリーがDQを宣告。
勝者:ジョンシナ、クライムタイム DQ
JBLはシナを挑発し駐車場へ。シナも追って行くが駐車場にJBLがいない。探しているとその背後からJBLが襲い、鉄パイプで後頭部を殴る。倒れたシナを車に持たれかけさせると、別の車に乗り込んでシナに突っ込む。JBLHA車を降り、様子を伺うシーンで放送終了。

2人の登場でビンスのストーリーは進展するのでしょうか?

7/13付WWEニュース速報です

★7/14放送分RAWにステファニーとシェインが登場すると宣伝されています。

★カリートが髪型をコーンロースタイルに変えたそうです。

ベスフェニックスがレスラーを志した理由

7/12付WWEニュース速報です

★ベスフェニックスが、11歳の時に応募した塗り絵のコンテストが自分の人生を変えたとコメントしています。このコンテストで入賞し、副賞としてもらったWWEのチケットで大会を観戦して、自分の人生を賭けるべきものはこれだと思ったそうです。両親は貧しかったため、このコンテストが無ければWWEを観戦する事は出来なかっただろうとしています。

★7/12はグレゴリーヘルムズの34歳の誕生日でした。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。