WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒートの放送が終了

5/30付WWEニュース速報です

★今週末に放送される513回放送分を持って、ヒートのWWE.comでの配信を終了するそうです。ECWを6月から月曜日に収録することになった為ではないかとされています。今後は海外市場に向けて、「WWE Classics」という番組を制作するそうです。

★サンチノマレラがボルチモアサン紙のインタビューの中で、昔からみんなに面白い奴だと言われており、将来は映画かコメディに出演するべきだと言われて育ったが、担任の先生からはおどけるのやめなければ、仕事に就くことは出来ないと言われたとコメントしています。
また、ジムコルネットを負け犬と痛烈に批判し、ブギーマンがOVWの大会に登場した際、OVW練習生の自分を見つけて近寄ってきて、一緒にいた(マレラの)娘を怖がらせようとしてくれたから、嬉しかったのだとしています。
(かつて、OVWブッカーだったジムコルネットが、ブギーマンのキャラクターを嘲笑ったとしてマレラを殴り、その責任を取ってコルネットはOVWのブッカーを退任させられるという事件がありました。コルネットは以前、あれは当然の処置だったとコメントしています。)

◆ハルクホーガンとエリックビショフが企画したレスリングのリアリティショーを、CMT局が今年の
秋より8エピソードで放送すると発表しました。タイトルは「ハルクホーガンズ・セレブリティ・チャンピオンシップ・レスリング」です。ブライアン・ノッブスとブルータス・ビーフケークの2人が10人の有名人にレスリングのトレーニングを施し、セレブリティ・オールスター・チャンピオンシップ・レスリングという大会で競わせるという内容だそうです。ホーガン、ビショフとともに、秘密の有名人がジャッジを務めるそうです。

◆ビルゴールドバーグが最近のインタビューの中で、プロレスリングからは引退したとコメントしました。WWEについては、自分とは哲学が異なるとし、TNAに関してはビジョンを持っていないと評しています。
スポンサーサイト

SmackdownにHHHが移籍の噂

5/29付WWEニュース速報です

★WWEは公式に、毎週RAWで抽選を行い、一人の視聴者に100万ドルをプレゼントすると発表しました。対象となるのはアメリカとカナダ在住のRAW視聴者との事です。

☆HHHが6/23のドラフト抽選でSmackdownに移籍するのではないかという噂が流れています。非HHH派のRAW所属選手達は歓迎するのではないかとされています。

☆6/23以降のハウスショーでマットハーディvsカリート戦が多くアナウンスされています。このため、ドラフトでどちらかが移籍して同じブランド所属になるのではないかと噂されています。

★5/25のプライムタイムの視聴率ランキングは上位6番組までNBAのプレーオフが占めています。RAWはこれに次ぐ7位(後半)と8位(前半)にランキングしており、視聴率が低迷したのは(2.87%)はこのためと見られています。

★ニュージーランドアソシエイトプレスは、6/11のWWEオークランド大会で、地元のKPW(キウイ・プロ・レスリング)所属の12名がトライアウトを受けると報じています。スカウトの目にとまったものは、FCWに送られるそうです。

★先日のSmackdown収録中に酔っ払ったファンが乱入しようとした事件がありましたが、RAWでもボーナスダークマッチの後に、乱入しようとした観客をセキュリティが取り押さえる事件があったそうです。

◆ロックことドゥエイン・ジョンソンがその妻ダニーと正式に離婚したと発表されました。夫妻には7歳の娘シモーヌがおり、ダニーさんが引き取る事から、私立の学校へ通う費用など、毎月22454ドル以上をロックが支払うことで合意したそうです。

◆ウォルマートでDVDを盗もうとした男が店員に咎められ、ナイフを持ち出して抵抗した際、それを取り押さえた男性が、リックフレアーの動きを参考にして大男の動きを封じたとコメントしたそうです。

RAW視聴率が3%を大きく下回る

5/28付WWEニュース速報です

★5/26放送分RAW視聴率は2.87%でした。メモリアルデー(祝日)のため、視聴率が下がったと見られていますが、それを差し引いても予想以上に低い数字に留まっています。

★5/23放送分Smackdown視聴率は決定値で2.4%でした。

★ジョンモリソンのフィニッシャーは「ムーンライトドライブ」とコールされていますが、これはドアーズの曲名から取ったそうです。

★株主への説明会で、ビンスマクマーンは、PPVは斜陽産業だとし、今後はネット配信を主体として、その補助としてケーブルTVや衛生放送を使う方向へシフトすると語っています。また、議会からの調査に関して、「彼らは我々に干渉従っているのではないかと疑っている」語り、もしそうであれば協力できないとしつつあくまでも自分達はクリーンであると主張しています。
また、不必要な流血シーンを用いる事は避けるとし、エッジとビッキーのストーリーラインについて尋ねられた際、あれはたとえどんな結末を迎えようともラブストーリーだと主張しています。

今年のドラフトは6/23

5/27付WWEニュース速報です

★WWEの株主への説明会において、かつてWWEはMMAディビジョンを持つ事に前向きだった時期があったと認めながらも、現在は全くそういうプランは無いとアナウンスされました。また、2、3年以内に収入の3~4割は海外市場から得る事になると予想している事、スーパーボウルでWWEの宣伝を打つことに興味は無い事、現在アニメーションのプロジェクトを検討している事などを明らかにしています。
さらにメディアとの関係を強化したいと考えている事、会社にマクマーン家が関わる割合を減らす事、ドラッグ対策のために新たに3人の医師を監査役として雇用し、さらに遠征に帯同させるために2人の医師を雇用し、RAW、Smackdownそれぞれに帯同させる事、リングワークにリアリティを求めている事なども明かしています。

☆5/26のRAWのビンスの大発表の詳細は明かされていませんが、視聴率のアップを目論んでいることは明白なため、毎週100万ドルを会場のファンではなく、視聴者にプレゼントするというものではないかと予想されています。

★6/23のRAWには3ブランド全てのスーパースター達が集められ、ドラフト抽選会が行われると発表されました。

☆Smackdownのヘッドライター代理を務めているエドコスキーは、マイケルヘイズの謹慎前のプランを可能な限り踏襲しようとしているそうです。

☆ミックフォーリーへのカラーコメンテーターとしてのオファーはバックラッシュの1週間前だったそうです。

★ランディオートンの新しいテーマ曲はRev Theoryの「Voices」という曲です。Rev TheoryはWM24のテーマ曲も担当しました。

★5/26放送分RAW収録で行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○ロンキリングス vs マイクマットソン●

ヒート
○スニツキー vs スーパークレイジー●

○サンチノマレラ vs ジムデューガン●

○ランスケイド vs ジェフマカリスター●

○チャーリーハース vs ロビーマカリスター●

5/27放送分ECW試合結果簡易速報

5/27放送分ECW試合結果簡易速報です

○ビッグショー vs トミードリーマー●
スカッシュマッチ。

○コフィキングストン vs マイクノックス●
実況にベンジャミンが加わる。3分の短い試合。
試合後にベンジャミンが乱入し、キングストンを攻撃する。しかしキングストンが反撃して逆に優位に立つ。ノックスが回復してキングストンを攻撃。ノックスが立ち去ったあとも、倒れたキングストンをベンジャミンが見下ろしている。

ECWタイトルの歴史を振り返るビデオ。ラシュリーの事は無かった事にされている様子。

○チャボゲレロ vs CMパンク●
コーナー串刺しの顔面ニーキックをチャボがかわして、丸め込みでピン・

コーリンデラニーがバックステージインタビューで、ビンスの大発表はみんなの夢をかなえるものと期待しているという。そして、せっかくの新人(自身の事)が壊されてしまうのは嘆かわしい事だとして、エストラーダがRAWかSmackdownにトレードされて欲しいという。

○ケイン vs ミズ、ジョンモリソン● ハンディキャップマッチ 反則裁定
ケインがミズにとどめを刺そうとしたところで、モリソンがタッチを無視してケインを攻撃する。
試合後、パンクがケインを救出に現れる。続いてドリーマー、チャボと出てくる。全員で乱闘。ビッグショーのテーマがヒット。ショーは急ぐわけではなくゆっくりとリングに向かう。最初にパンクを攻撃。続いてミズ、モリソン。ドリーマーは逃げる。残ったケインとにらみ合う。

5/30放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/30放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ

○ジェシー&フェスタス vs ジェフ・マカリスター、ジョーイB●

Smackdown

バティスタが登場。ワンナイトスタンドでのショーンマイケルズとの試合に関するアピール。ビッキーゲレロが登場し、ワンナイトスタンドの心配は無用だというと、4週間もビッキーの流儀で扱われればSmackdownにはいられなくなるといい、今夜はホーキンス、ライダー組とのタッグマッチを戦ってもらうため、パートナーを探しておくように通告する。

○マットハーディ vs イライジャバーク●

○フィンリー vs チャックパランボ● DQ

MVPがバックステージインタビューを受けている。ノーブルが現れて試合を申し込むと、MVPが了承する。

○CMパンク vs ジョンモリソン● 
G2Sでピンフォール。

○MVP vs ジェイミーノーブル●
約2分で終了。

○ウラジミールコズロフ vs シャノンムーア●
約1分で終了。

○バティスタ、ビッグショー vs カートホーキンス、ザックライダー●

○ミッシェルマクール vs マリース●

カッティングエッジがスタート。アンダーテイカーがゲスト。TLCマッチと同様のセットが用意されている。エッジは自分の過去のTLCマッチでの勝利シーンをインディジョーンズのテーマに合わせて編集したビデオを流す。テイカーが現れると、エッジの手下達が襲い掛かる。棺桶が引き出され、テイカーをその中に押し込む。ここで酔っ払いの観客がガードレールを乗り越えてヒール達に飛びかかろうとするが、セキュリティに排除されるアクシデント。照明が落ち、再び点灯するとエッジとテイカーがラダーの上で戦っている。テイカーはエッジをラダーから突き落とすと、エッジはテーブルを貫通して落下する。

(ボーナスダークマッチはケイン、テイカー vs チャボ、エッジとアナウンスされていたものの、結局行われず。おそらくは観客の乱入事件があったため。)

ドラフトも近いうちに発表されると見られているそうです

5/26付WWEニュース速報です

☆5/26放送分RAWのビンスからの大発表は、ドラフトの発表ではないかと噂されていました。

★マイアミヘラルド紙のインタビューにベスフェニックスが答えています。その中でWWEのディーバに新しいものを持ち込みたいと考えているとコメントしています。また、ニックネームのグラマゾンは自分で提案した事を明かし、ファッションの世界で使われていた言葉を、本来とは別の意味に変えて使ったとしています。

◆先週の金曜日にPWAに出場したボビーラシュリーですが、WWE時代のテーマ曲で入場し、WWE時代と同様のスタイルで試合を行ったそうです。

5/26放送分RAW試合結果速報

5/26放送分RAW試合結果速報です

メモリアルデー(戦没将兵追悼記念日)を祈念して、全ての軍関係者を労う映像でスタート。

JRが会場名をペプシアリーナと間違える(正しくはペプシセンター)。チケットは完売とアナウンス。

スクリーンにビンスが登場。観客達は分不相応に恵まれた待遇を受けているとし、今夜の番組が終わる前に、テレビ史上に残る大きなアイディアを披露するという。

トッドグリシャムがリングで、HHHとランディオートンの顔合わせに備えている。トッドのアナウンスでHHHとオートンがリングに登場。トッドは、過去にオートンはHHHにラストマンスタンディング戦で勝利しているが、その日HHHは3戦目、オートンは2戦目だったという。オートンは怒って、どいつもこいつもオートンの功績を過小評価しているという。
HHHがマイクを持つと、それはお前がクズだからだとし、オートンはいつもセコイ手ばかりを使っており、真の男の世界で怯えるガキみたいなものだとこき下ろす。
オートンは、HHHはHHH自身のポジションを脅かす可能性を秘めたものを、手なづけるか排除しようとするのだという。そして、本当はHHHはHBKのことを嫌っているが、HBKはHHHを倒す事のできる実力者だから懐柔しているのだという。そしてエヴォリューションは、オートンがHHHを倒す事が出来たからこそHHHが存続を許さなかったのだという。
2人はにらみ合い、観客はHHHにチャントを送る。

JRとキングは今夜のメインイベントはJBL、ウマガ vs ジェフハーディ、ジョンシナとアナウンス。
ベスはワンナイトスタンドでメリーナとアイクイットマッチで対戦するという。
ベスフェニックスがリングサイドに登場。実況席に加わる。

メリーナ vs ジリアンホール
メリーナのカリフォルニアドリームが極まってジリアンがタップアウト。
勝者:メリーナ

バックステージでクリスジェリコがビンスに今夜もう一度HBKと試合をさせて欲しいと頼んでいる。ビンスはこれを了承。ジェリコはビンスにそろそろ入場曲を新しくしてはどうかと提案。ロックにスキャットを交えた曲はどうかという。クライムタイムが入ってきて、ビンス、ジェリコとともに歌い始める。そして壁のリーガルの写真を外すと、オークションにかけるという。

ビッグショーが明日のECWに出場するという宣伝。

クライムタイムがリングサイドでリーガルの写真をオークションしている様子が映る。

ハードコアホーリー、コーディローズ(c) vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック 世界タッグタイトルマッチ
先週のヒートの試合にロンドン、ケンドリック組が勝利したため、タイトル挑戦権が与えられた。好試合。最後はホーリーのアラバマスラムがロンドンに決まってピンフォール。
勝者:ハードコアホーリー、コーディローズ タイトル防衛

テッドデビアスのテーマがヒット。デビアスが登場。マイクを持つと自身のタッグチャンピオン時代について語り、息子のテッドデビアスJrを呼び入れる。Jrはマイクを持つと、自分のデビュー戦でタッグタイトルを奪ってみせると語り、周りの連中は確かに価値のある奴らだが、自分の価値はプライスレスだとアピール。やや緊張している様子。現在はパートナーがいないとしながらも、タイトルは自分の力で獲れるとし、より良い者を探すという。

ロディパイパーがハリウッドにあるジムでサル(ジミーキメルのいとこ。先週登場した)を鍛えている様子が映る。

バックステージでミッキージェームズがビンスに自分のアイディアを伝えている。JBLが現れ、ディーバの同伴サービスのアイディアは素晴らしいという。(噂された、アシュリーのスキャンダルをネタにしている)。JBLはミッキーに次の日曜日にはミッキーの彼氏の額をかち割ってやるつもりだという。ミッキーはシナとは付き合っていないという。JBLは、シナをやっつけてしまったら、もうミッキーはシナと体液の交換が出来なくなるぞと言う。ミッキーはこの言葉に驚いている。

ジェフハーディ、ジョンシナ vs ウマガ、JBL

両チーム互角の素晴らしい攻防。観客も大声援を送る。JBLのクローズラインフロムヘルがジェフハーディにヒットしてピンフォール。
勝者:JBL、ウマガ

先週のRAWでMrケネディが敗者追放マッチでウィリアムリーガルを破ったシーンが流れる。

Mrケネディ vs カリート
ケネディのマイクチェックが決まってピン。
勝者:Mrケネディ
試合後、ケイティリーが現れリーガルを追放したと、ケネディを責める。ケネディの背後からポールバーチルが襲いかかり、殴り倒してしまう。

トレバーマードックがビンスのオフィスで、カントリーバージョンのビンスのテーマを歌っている。ビンスは嫌がって追い出す。

JRとキングはワンナイトスタンドのカードを読み上げる。

HHHとオートンの対立をまとめたビデオ。

クリスジェリコ vs ショーンマイケルズ ノンタイトルマッチ
途中までは素晴らしい試合。ジェリコはイスを持ち出す。イスでHBKを殴るが途中で止めてHBKを助け起こすと、非常に困惑した表情で立ち去っていく。
試合結果:無効試合

RAWのスーパースター達がステージに登場。ビンスはリング。ビンスは来週から、毎週100万ドルをRAWにつぎ込んでいくと発表。それ以上の詳細は語られず、番組終了。

ビンスは番組に変化を求めている!?

5/25付WWEニュース速報です

☆ウィリアムリーガルの謹慎処分前のプッシュを、ビンスマクマーンは支持していなかったそうです。

☆ECWの収録日を月曜に変更するのは、ビンスが変化を求めたのが理由だったそうです。また、今後はメインイベンターとミッドカードの対戦を増やしていくそうです。

元WWE所属選手たちの動向がいくつか

5/24付WWEニュース速報です

★5/23放送分Smackdown視聴率は速報値で2.3%でした

★ホールオブフェイムでのリックフレアーの1時間に及ぶスピーチは、WM24のDVDにほぼノーカットで収録されていますが、クリスベノワに関して言及した部分だけはカットされているそうです。

★WM24DVDのプロモーションのためにオーストラリアを訪れていたバティスタが、サンデーヘラルドサン紙のインタビューに答えています。

・母ドナの息子、デイブ・バウティスタとして、ワシントンDCの貧しく危険な地域に生まれた。子供の頃、殺人事件の被害者を近所で3度目撃している。自宅は凶悪な粗暴犯が横行する通りの近くにあった。何度か本当に酷いことを見た。何人もの人々の死を目撃し、戦う事は日常で、常に飢えていた。そしてそれが当たり前になっていた。

・母はレズビアンであり、暴力から逃れるためにサンフランシスコに移り住んだ。母の性的嗜好については何も問題だと思わない。彼女は俺達を愛し、気遣ってくれた。それだけが大事な事だ。彼女が外に非公式な家族を作るのも、民主主義者らしい振る舞いだ。

・現在39歳で、離婚歴があり、2人の娘の父親であり、2人の孫がいる。家族のためにも、メソメソなどしていられない。

・酒もドラッグもやらないが、俺が選んだドラッグは女だ。何十人もの女が俺に体を預けてきた。俺は誰のものにもならない。だから俺にアドバンテージがあるのだ。



◆RVDが6/12~15の機関、スペインで開催されるNWEというプロモーションの大会に出場すると発表されました。NWEは現在オーランドジョーダンがチャンピオンを務めており、6/25にはジョーダンvsアルティメットウォリアー戦がアナウンスされています。

◆メイヴェンが6/2にホームショッピングチャンネルで、司会役としてデビューするそうです。

◆一旦は8/9のUFC87でマークコールマンとの対戦が発表された後、コールマンの欠場が発表されたブロックレスナーの対戦相手について、MMAMania.comはヒース・ヘリング(日本でのリング名はヒース・ヒーリング)が浮上していると報じています。

ECWはRAWとの同日収録に変更

5/23付WWEニュース速報です

☆ビッグショーは、近く発表されるWWEの映画のプロジェクトに参加すると口にしているそうです。映画は「The Waterboys」や「Kingpin」のようなコメディ映画になるそうです。

★ハワードフィンケルは現在、WWEの出演タレントとしての契約は結んでおらず、wwe.comスタッフとしてフルタイム契約を結んでいるそうです。しかし、ハウスショーではリングアナウンサーを務めています。

☆6月からECWは、RAWと一緒に収録が行われる事になるそうです。ECW所属選手は今後RAWにより多く登場する事になるそうです。

ディベロップメントのステロイド使用者には即刻解雇の構え

5/22付WWEニュース速報です

★WWEは8/31にセントルイスで行う大会で、RAW、Smackdown、ECWの5時間分を一度に収録するそうです。

☆ビンスマクマーンは、RAWにSmackdownやECWのスーパースターをもっと出すように指示しているそうです。

☆WWEはディベロップメントの選手達に対し、ドラッグテストでステロイドの使用が発覚した場合、直ちに契約を解除すると通告しているそうです。

★アールヘブナーが、マイアミヘラルド紙のインタビューに対し、現在はTNAでレフリーをやっているだけだが、いずれは仕事を増やしたいとし、現在、若いレフリー育てるトレーナーが不足がちであるため、自分が育てたいと希望を述べています。
また、ヘブナーがTNAに来たとき、すでにTNAは素晴らしい成長を遂げている最中だったことから、誰かの職を奪うことはしたくないと考えていたとし、当時は、ただビンスマクマーン以外のプロモーターの下で働きたいと考えていたそうです。

☆ボビーラシュリーとクリスタルマーシャルとの間に、近く第1子が生まれると報じられています。ラシュリーがWWEのプロテクト期間満了後も、TNAを含めたあらゆる団体と正式な長期契約を結ばない理由の一つとされています。

★現段階で発表されているワンナイトスタンドのカードです

HHH vs ランディオートン WWEタイトルラストマンスタンディングマッチ

アンダーテイカー vs エッジ 世界ヘビー級タイトルTLCマッチ(テイカーが敗れた場合はクビ)

ショーンマイケルズ vs バティスタ ストレッチャーマッチ

ジョンシナ vs JBL ファーストブラッドマッチ

ジェフハーディ vs ウマガ フォールズカウントエニウェアマッチ

ビッグショー vs CMパンク vs トミードリーマー vs ジョンモリソン vs チャボゲレロ シンガポールケインマッチ ECWタイトル挑戦者決定戦



◆元ディベロップメントのテディハートが、ジャックエバンスと組んでAAAでハートファウンデーションⅡを名乗っていますが、6月のトリプレマニアにブレットハートが来場するよう、テディがブレットに頼んでいるそうです。

リーガルにまつわるアレコレ

5/21付WWEニュース速報です

★5/20放送分ECW視聴率は1.1%で、視聴者数は約150万だったそうです。

★ブルーレイ版のWM24は、最初期に発売されたプレーヤーでは再生できないトラブルが発生しているそうです。2006年に発売されたモデルを使用しているユーザーは注意が必要とのことです。

☆イギリスで放送されているビッグブラザーというドキュメンタリー番組のプロデューサーが、ウィリアムリーガルを今後放送されるエピソードでホストとして起用したがっているそうです。6月に放送されるエピソードを予定しており、リーガルの謹慎は7月まで続く事から、謹慎処分で給料がカットされるリーガルにとって、渡りに船の話ではないかと言われています。

★ビクトリアがケンタッキー州ルイスビルにオープンさせるカスタムカーショップ「ブラックウィドウカスタムズ」のオープニングに、JTG(クライムタイム)、イライジャバーク、ジリアンホール、ジェシー&フェスタス、メリーナ、ドミノ、レナ、ジミーワンヤンとビクトリア本人が参加するそうです。夜7時まで滞在するとのことです。

△謹慎処分が下ったリーガルについてバックステージでは、リーガルは長年にわたる薬物依存の治療に取り組んでいたものの、今回の処分で依存が悪化するのではないかと心配する声が上がっているそうです。また、復帰後に処分前のようなプッシュはもう与えられないのではないかと考えられているそうです。

☆元クリエイティブチームのメンバーが、ビンスはリーガルの試合スタイルを好んでおらず、以前、リーガルをプッシュするプランを却下した事があると明かしているそうです。一方、ビンスはリーガルの人格は気に入っており、その結果としてGMとしてのプッシュが決まったとされているそうです。

☆リーガルが検査に引っかかる原因になった薬物について、今のところ正式な発表はありませんが、ホビードラッグやステロイドなどに手を出す人物だと考えている関係者は皆無で、なんらかの違法な成分を含むサプリメントを使用した可能性があると考えられているそうです。

★グレートカーリーを歓迎するインドの熱狂振りについて、アメリカのタブロイド紙メイルトゥデイが報じています。その中でインドの大統領プラティバ・パティル氏がカーリーを「国家の誇り」と発言した事を報じています。

5/20放送分ECW試合結果簡易速報

5/20放送分ECW試合結果簡易速報です

○ミズ vs ケイン● 反則

○シェルトンベンジャミン vs コフィキングストン●

○コーリンデラニー、ケリーケリー vs マイクノックス、レイラ●
試合後、ノックスがデラニーを攻撃。
エストラーダが登場。デラニーを攻撃する。

○チャボゲレロ、ジョンモリソン vs CMパンク、トミードリーマー●
この試合の4人で、シンガポールケインマッチをワンナイトスタンドで行い、その勝者にECWタイトル挑戦件を与えるとアナウンス。
ビッグショーが登場、全員をリングから排除してしまう。

5/23放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/23放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチ
○マットサイダル vs ジェイミーノーブル●

Smackdown
ビッキーゲレロが登場。大ブーイングが起こる。ワンナイトスタンドでエッジvsテイカーのTLC戦をアナウンス。もしテイカーが負ければクビにするという。

○デュース&ドミノ、マリース vs ジェシー、フェスタス、チェリー●

バックステージでチャボがビッキーに問題ないといい、テイカーvsチャボ戦を今夜行う事が決定。エッジとチャボが話し合い、この試合にファミリアのメンバーはリングサイドにいることを決める。

MVPのVIPラウンジ。MVPがテディロングにインタビュー。MVPはテディが嫌いな理由を述べる。MVPはテディを殴ろうとするが、バティスタが登場。バティスタはMVPにもう一度テディに手をあげようとしたら、お前が怪我をすることになると警告する。

バックステージでMVPがビッキ-のオフィスに入っていく。ビッキーに対し、バティスタに罰を与えるように求める。エッジがMVPに対峙。ビッキー今夜、バティスタvsMVP戦を行うと決定。

○フィンリー vs チャックパランボ●

○バティスタ vs MVP●
バティスタボムで決着。

○ウラジミールコズロフ vs ナンジオ●

○マットハーディ、コフィキングストン vs イライジャバーク、シェルトンベンジャミン●

○アンダーテイカー vs チャボゲレロ●

ウィリアムリーガルに60日間の謹慎処分が発表

5/20付WWEニュース速報です

★ウィリアムリーガルに2度目のウェルネスポリシー違反が発覚したとして、WWEは60日間の謹慎処分を課したと発表しました。リーガルは5/19放送分RAWの中で、唐突に行われた敗者追放マッチでケネディに敗れています。

★5/19放送分RAW視聴率は3.2%でした。

★5/16放送分Smackdownは決定値で2.4%でした。

★ブロックレスナーがインタビューの中で、アンダーテイカーについて非常に良い奴で、MMAの大ファンでもあり、彼とWWEで戦えた事に感謝しているとコメントしています。またビンスマクマーンについては、ただ仲が悪かったとする一方、嫌いだった人物をあげることはさけ、一緒に仕事をして楽しかった相手として、アンダーテイカー、カートアングル、ビッグショーの名前をあげています。

★ジェフハーディに続いて、ウィリアムリーガルがドラッグテストに失格したことで、WWEのドラッグテストはきちんと機能していると複数のメディアが好意的に報じています。

マイケルへイズはバラクオバマも中傷?

5/19付WWEニュース速報です

★5/19放送分RAW収録で行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○カリート vs ロンキリングス●

ヒート
○クライムタイム vs チャーリーハース、スニツキー●

○スーパークレイジー vs ロビーマカリスター●

○ポールロンドン、ブライアンケンドリック vs ハードコアホーリー、コーディローズ● ノンタイトルマッチ

RAW終了後のボーナスセグメント

ステージまでJBLとオートンが引き上げたところにウマガが加わる。3人でリングに戻ってシナとHHHを攻撃。ここでDXのテーマがヒットしてHBKが救出に登場。他の4人が乱闘する間に、HBKはウマガを攻撃する。
○HHH、ショーンマイケルズ、ジョンシナ vs ウマガ、JBL、ランディオートン●
フェイス軍が3人にフィニッシャーを決めて勝利。
フェイス軍3人が勝利を祝い、DXのいつものアピール。しかし、HHHはオーウェンハートの死について語る。(収録会場はオーウェンが事故死した場所)観客はオーウェンチャント。HHHは、我々は決してオーウェンのことを忘れないとスピーチ。DXのテーマがヒットする。
続いてテディロングのテーマがヒット。テディが登場。ダンスをはじめる。そこへJRとキングも加わる。全員で花道を引き上げ、ステージで振り返ると、クロッチチョップ。DXのパイロが上がる。



☆テッドデビアスが5/19のRAWに登場したのは、6/10に自伝の発売を控えており、そのプロモーションのためだったそうです。

☆デーブメルツァーがニュースレターの中で、マイケルへイズがバラク・オバマについて、「憲法も読めない奴が大統領になってどうしろって言うんだ」、「あのボーイが大統領になったら、カナダに移住する」となどと発言していたと報じています。

★ボビーラシュリーがインタビューに対し、マイケルへイズに関して「個人的に嫌いだ」とコメントしています。

★マイネットワークはSmackdownの放送を10/3から開始するとアナウンスしました。またレッスルマニアスペシャルとして1時間の特別枠を用意し、WM24で行われたビッグショーvsフロイドメイウェザー戦や、スヌープドッグ、ジョンレジェンドなどの登場シーンを放送するとしています。

5/19放送分RAW試合結果速報

5/19放送分RAW試合結果速報です

ジェフハーディ vs ウマガ
序盤はウマガが圧倒。観客はジェフを応援。ジェフがウィスパーインザウィンドを狙うがウマガが回避。ウマガはジェフをコーナーにセットしてランニングヒッププッシュ。キングはこの技を「ブルドーザー」とコール。ジェフは場外に脱出。ジェフはガードレール上からウマガにダイブするが、受け止めたウマガはサイドバスター。レフリーが両者カウントアウトを宣告する。
試合結果:ドロー 両者カウントアウト
医療班がジェフをチェックする。

バックステージでバティスタがジェリコと対峙。バティスタは、今、問題にしている相手はHBKだという。ジェリコは今夜のバティスタ戦を降りる気はないという。

ウィリアムリーガルがリングに登場。ワンナイトスタンドは全試合をエクストリームルールで行うとし、ジェフハーディ vs ウマガのフォールズカウントエニウェアマッチを発表する。さらにランディオートンとJBLの両者からジャッジメントデイの再戦を行いたいとの申し出があったとして、今夜、JBL、オートン vs HHH、シナ戦を行い、その試合にオートン、JBL組が勝利したらワンナイトスタンドでの再戦を認めると言う。しかしHHH、シナ組が勝利した場合は、ワンナイトスタンドでHHHvsシナ戦を行うと言う。
ここでケネディが登場。リーガルのスピーチを遮ってリーガルへの挑戦を求めるが、リーガルはケネディを黙らせると、次に自分の邪魔をしたものはクビだと言うと、出てきたのはビンス。
ケネディはリーガルにMrマクマーンをクビにしろと冗談を言うが、ビンスはケネディに黙れというと、この数週間のリーガルの働きに不満を訴え、リーガルが番組にでるほどに視聴率が下がっているという。そして観客達の好みなど知ったことではないが、自分にとって金は大事なのだと言うと、リーガルがケネディを追放したいのと同様に、観客達もリーガルを追放したいのだと言い、今夜リーガルvsケネディで敗者追放マッチを行うと宣言する。

スラムオブザウィーク。PPVでベスフェニックスがメリーナとミッキー2人まとめてバックブリーカーを決めたシーン。

メリーナがリングに登場。実況席に加わる。実況テーブルで開脚を披露する。

ベスフェニックス vs マリア
メリーナは、べスはチャンピオンでもないのになぜ入場時に腕をあげているのだろうという。短い試合。ベスは顔面からマリアをマットに叩きつけると、ダブルアームの体勢で座り込むサブミッション「グランドスラム」で勝利。
勝者:ベスフェニックス
試合後、ベスの退場をメリーナが追いかけてキック。さらに背後から飛び掛るが、ベスは腕力で脱出すると、メリーナを花道に投げつける。

今夜ジェリコvsバティスタ戦を行い、その勝者にワンナイトスタンドでHBKと戦う権利を与えるとアナウンス。そして、JBL、オートン vs シナ、HHH戦はエクストリームルールと発表される。

ロディパイパーとサンチノマレラが、ABCのジミーキメルライブ(有名なトークショー)に出演した際の様子が流れる。今夜パイパーズピットが復活するとアナウンス。

バックステージでケイティリーがミッキーに話し掛けている。ケイティはいつの日か、自分が女子チャンピオンになり、そのベルトの価値を高めると言うと、ミッキーは「寝る」ことでチャンピオンの地位を手に入れたのだといい、シナとのデートに言及する。

バックステージでショーンマイケルズがリーガルのオフィスに入っていく。リーガルの試合をリングサイドで観戦することにしたという。リーガルはワンナイトスタンドでは、HBKはジェリコかバティスタのどちらかと、ストレッチャーマッチで戦う事になるのだから、観戦している暇など無いという。

GIフィルムフェスティバルの授賞式で、WWEが最も協力的な愛国者賞を受賞し、WWEを代表してリックフレアーが式に出席した様子が流れる。

クリスジェリコ vs バティスタ
ジェリコは膝を庇い始めるが、バティスタは相手にしない。しかしジェリコの攻撃でバティスタが膝を痛めた様子。ジェリコはバティスタの膝を攻めるが、こちらは本当に効いている様子。バティスタがブートからスパインバスターをヒット。バティスタボムはジェリコがウォールズオブジェリコに切り返し、逆片えびに移行。ライオンサルトを狙うがバティスタが回避して再びバティスタボム。今度もジェリコが脱出し、トップロープからダイブするが、バティスタがクローズラインで迎撃。ジェリコは飛び起きてコードブレーカーを狙うが、バティスタに捕まりバティスタボムを食らってピンフォール。
勝者:バティスタ
試合後、ステージにHBKが現れる。バティスタとHBKはにらみ合う。

次はパイパーズピット。

バックステージでウィリアムリーガルがウォーミングアップをしている。ビンスとテッドデビアスが現れて、商談があるのでリーガルのオフィスを使うと言う。

パイパーズピット
サンチノマレラがパイパーの衣装で登場。マレラは「ロドニーザパイパー」をこきおろす。さらにジミーキメルのいとこのサルをゲストとして呼び出す。サルはマレラを批判し、パイパーはマレラと違い、支持されていたという。さらにサルはマレラがプレイボーイのカバーガールと「寝た」と主張しているが、マリアと話したときにそれはありえない話だと言っていたという。理由は4年生並だったから。マレラは今の4年生の発育は良いのだといい、写真を持っており、自分の言うことが事実だと証明できると主張する。マレラは用意していたケーキのカバーを取ると、「I'm sorry」と書かれている。そしてサルに謝罪するか、ケーキに顔を突っ込まれるかのどちらかだと言う。
ここで本物のパイパーがマレラの背後に登場。サルはマレラの顔をケーキに押し付け、パイパーがマレラをリングから放り出す。マレラはサルとの試合を要求し、パイパーはサルが受けたと言うが、サルはあまり乗り気ではない様子。

明日のECWで、ベンジャミンvsキングストン戦を行うとアナウンス。

Mrケネディ vs ウィリアムリーガル 敗者追放マッチ
場外で乱闘。リーガルはマイクを掴むと、自分は今もGMであるというと、試合はノーDQルールだと言う。そしてリングサイドにいたスタッフからブラスナックルを受け取りケネディを殴ろうとするが、ケネディはローブローを放ちマイクチェックでカウント3。
勝者:Mrケネディ ウィリアムリーガルの追放が決定
観客はgoodbyeの歌でリーガルの追放を喜ぶ。

バックステージでリーガルがオフィスに入ろうとしている。ドアが開いて出てきたのはテディロング。観客は歓声を上げる。

トッドグリシャムがHHHにインタビュー。HHHとシナは仲が悪いので、今夜の試合は不利なのではないかと尋ねる。HHHはオートンとJBLだって一緒に飯を食うような仲じゃないと言う。そしてHHHとシナは昨夜、どちらも勝利しているので有利だと言う。それに、相手がだれであろうと、ワンナイトスタンドで自分が勝つことに変わりはないという。

JBL、ランディオートン vs ジョンシナ、HHH エクストリームルールワンナイトスタンド前哨戦
シナとオートンでスタート。観客は盛り上がっている。両チーム共にタッチ。HHHがフェイスバスターからネックブリーカーをJBLにヒットする。さらにスパインバスターを決めてオートンを場外に投げ落とすとシナにタッチ。シナはSTFUをJBLに極める。オートンとHHHは場外乱闘後、リングに上がってオートンがHHHにパントキックを狙うが、HHHが回避してシナにヒット。HHHとオートンが乱闘を続ける間にJBLがシナをカバーしてカウント3。
勝者:JBL、ランディオートン
JBLとオートンは試合後もHHHとシナを攻撃。オートンはHHHにRKOをヒット。JBLはワンナイトスタンドでのシナとの再戦をファーストブラッドマッチルールと宣言。オートンはWWEタイトルをかけてラストマンスタンディング戦を行うと言う。JBLとオートンがそれぞれの対戦相手を見下ろすシーンで終了。

5/19放送分RAW試合結果速報です



Jeff Hardy vs. Umaga
Umaga dominates early, fans get behind Hardy. Jeff goes for the Whisper in the Wind but Umaga moves. Umaga sets Jeff up in the corner for his running-butt move, King calls the move the “Bulldozer” so that’s what I will refer to it as! Jeff avoids the collision. They end up on the outside, Umaga catapults himself into the ring steps. Hardy tries to run along the guard rail and leap onto Umaga but Umaga catches him and hits a swinging sidewalk slam. Ref calls for the bell as both competitors are counted out. Medics attend to Jeff.

- Backstage Batista confronts Jericho, Batista says he has a major issue with Shawn Michaels. Jericho says he isn’t going to forfeit the match to Batista tonight. they wish each other good look and stare one another down.

バティスタの友人の元K-1ファイターがディベロップメンタル契約

5/18付WWEニュース速報です

★WWEは以前、K-1のラスベガス大会に出場した経験のある、イマニ・リーとディベロップメンタル契約を結びました。リーは身長6フィート5インチ(196cm)で、ワシントンDC出身のアフリカ系アメリカ人です。同郷のバティスタとは非常に仲が良いとされています。

★ケリーケリーがオーストラリアの新聞のインタビューに対し、ケリーがモデルの事務所に所属していた当時、WWEがケリーにスポーツ選手としてのバックボーンがあることを知ってスカウトされたのだと答えています。
ケリーがWWEに雇用された当時、ジョニーエースが水着のモデルをしているケリーをカタログで見かけてスカウトしたと噂されていました。ほぼ同時期にすでに解雇されているブルックも同様にしてエースがスカウトしたとされています。

PPV Judgement Day試合結果速報

PPV Judgement Day試合結果速報です。

ダークマッチ
○ハードコアホーリー、コーディローズ vs サンチノマレラ、カリート●
世界タッグタイトルマッチ。ホーリー、コーディ組が防衛に成功。

JRがジャッジメントデイ10周年の挨拶。

JBLがリムジンで入場。
ジョンシナ vs JBL
JRがシナはジャッジメントデイで4勝0敗と説明。JBLはシナの肩を鉄柱にぶつけて、その後も集中攻撃。シナは左腕が上がらなくなる。さらにJBLは肩を攻め、フルネルソンで締め上げる。シナがFUを狙うが持ち上げる事が出来ない。JBLがクローズラインフロムヘルを狙うが、シナがかわしFUが決まってピンフォール。
勝者:ジョンシナ

ウィリアムリーガルが豪華な部屋にいるのが映る。

マイケルコールとミックフォーリーが、観客に対し、テイカーvsエッジの勝利者予想投票を呼びかける。

実況はマイクアダムルとタズに交代。

wwe.comで公開されているミズとモリソンがパンクとケインを侮辱するビデオが流れる。

ジョンモリソン、ミズ(c) vs ケイン、CMパンク WWEタッグタイトルマッチ
ヒール組がケインをコーナーに捕らえて集中攻撃。ケインがパンクにタッチすると、パンクが猛攻を見せるが、ケインが場外でミズにチョークスラムを決める間に、モリソンがパンクからピンフォールを奪う。
勝者:ジョンモリソン、ミズ WWEタッグタイトル防衛

JRとキングがジェリコとHBKの対立について言及する。これまでの流れをまとめたビデオ。

クリスジェリコ vs ショーンマイケルズ
HBKは高慢な態度を見せ、ジェリコに心理戦をしかける。HBKがトップロープからのダイビングエルボーを狙ったところで、ジェリコは膝剣山で迎撃。ジェリコのウォールズオブジェリコは、HBKがロープエスケープに成功する。HBKのスイートチンミュージックがヒット。しかし、ジェリコは場外に転落。HBKは場外に下りてジェリコをリングに押し戻し、カウントアウトを避ける。HBKのダイビングエルボーが今度はヒット。スイートチンを狙うが、ジェリコがカウンターのコードブレイカーをヒット。しかしダメージでカバーが遅れ、HBKがキックアウト。HBKはクロスフェイスを極める。ジェリコがロープエスケープ。最後はウォールズオブジェリコをHBKが切り返して押さえ込んでピンフォール。
勝者:HBK

試合後、ジェリコが手を差し出す。一旦は帰りかけるHBKがリングに戻って握手に応じる。

再び、豪華な部屋にいるリーガルが映る。

6/1のワンナイトスタンドの宣伝。

トッドグリシャムがミッキージェームズにインタビュー。ミッキーは、シナはいい人で、デートは楽しかったという。JBLが現れてミッキーを追いまわす。JBLはトッドに、シナのことについて質問しろというと、JBLは20分間、シナを痛めつけてやったとし、「誰が誰を痛めつけた?くだらない質問はするな。」と恫喝する。

ジャッジメントデイのオフィシャルテーマソングの紹介。

ミッキージェームズ vs ベスフェニックス vs メリーナ 女子タイトルマッチ
リリアンのコールの後に3人がそれぞれ登場。RAWでベスがメリーナを攻撃したシーンが流れる。
試合はノーDQ戦で行われる。最初にピンフォールを奪った者が勝者となる。ベスがリング中央で、2人まとめてバックブリーカーを決める。しかし、4分42秒でミッキーのDDTがメリーナに決まってピンフォール。
勝者:ミッキージェームズ タイトル防衛に成功

バックステージでHBKがコスチュームを外している。バティスタが現れ、HBKが自分を欺いていたことを忘れるなと言うと、いつどこでやるか決めろという。

WM24のDVDの宣伝。

勝者予想は、テイカーが85%に対し、エッジ15%。フォーリーは投票しようとしたが、やりかたがわからなかったという。

ビッキーがテイカーのベルトを剥奪したシーンのリプレイ。

エッジ vs アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトルマッチマイケルコールはテイカーのゴゴプラッタが禁止技になったことを説明。テイカーはエッジの左腕を肩を攻める。テイカーはオールドスクールにトライ。しかしエッジがテイカーの足を攻撃してロープから叩き落す。
エッジはテイカーの膝を鉄柱に叩きつける。テイカーはエッジをチョークスラムでターンバックルに叩きつける。テイカーは再びオールドスクールにトライ。今度はヒット。エッジヘッズが現れてレフリーの注意をひきつける。その隙にエッジは一番上のターンバックルを外している。しかし、そのコーナーにエッジ自身がスネークアイズで叩きつけられてしまう。
エッジにスピアーがヒット。しかしテイカーがキックアウト。テイカーのチョークスラムはエッジがキックアウト。場外でテイカーはガードレール串刺しのクローズライン。テイカーはリングに戻るが、エッジはそのままカウントアウト。
勝者アンダーテイカー (カウントアウト)
テイカーにベルトが授与されるが、ビッキーが車椅子で登場。観客は大ブーイングでビッキーに喋らせない。ビッキーは、タイトルを獲得するにはピンフォールかサブミッションでなければならないのは常識だとし、タイトルは依然として空位だとし、テイカーはチャンピオンではないという。テイカーはベルトを投げ捨てると、エッジと乱闘。ツームストンをヒット。ビッキーが立ち上がってテイカーをSOBと罵る。観客は「Vickie sucks」チャント。ヘッジヘッズがエッジの退場を手助けする。テイカーはベルトを拾い上げてマットの上に広げて置く。

ワンナイトスタンドの宣伝。

会場外の夜景が映る。

バックステージでランディオートンがアピール。これまでに倒してきた相手の名前を上げ、HHHはせいぜい幸運を祈る事だという。そして金網戦はジャッジメントデイにふさわしいとし、今夜WWEタイトルを取り戻すという。

MVPがリングに登場。今夜試合が組まれていないという。しかし、WWEでもっとも高給取りで、USタイトルの最長保持記録も持っている自分に試合が無いのはおかしいとし、誰でもいいから相手をしろという。
ここでマットハーディがUSタイトルのベルトを持って現れる。しかしマットは自分がすでにMVPよりも強い事は証明済みだとし、MVPよりも強い事を証明したい奴が別にいるというと、ジェフハーディが登場。
MVP vs ジェフハーディ
MVPはジェフを場外に引きずり出すと、序盤は優勢に試合をすすめる。さらに場外でジェフの肩をガードレールに叩きつけ、左腕を集中攻撃。プレイメーカーでとどめを刺そうとするが、ジェフが痛めた左腕で切り返す。スワントーンはかわされる。しかしウィスパーインザウィンドを決めてピンフォール。
勝者:ジェフハーディ

リーガルが映る。

シルベスタースタローンが「ランボー」について語る。(ブルーレイ版が発売される宣伝。)自分は大のWWEファンだという。

金網がリングに下りてくる。
オートンとHHHの抗争をまとめたビデオ。

ランディオートン vs HHH WWEタイトル金網マッチ

オートンは前回のRAWで使用した新テーマ曲で入場。試合開始前、HHHはベルトを持って金網に登り、上に腰掛ける。
ゴングが鳴った瞬間、オートンはドアが閉められる前にそこから脱出を試みる。試合はノーDQで、ピンフォール、サブミッション、金網からの脱出で試合が決する。JRはブルーノサンマルチノが、45年前にマディソンスクウェアガーデンでWWEタイトルをバディロジャーズから奪ったと説明する。オートンがHHHを攻撃している様を、リーガルが自室のモニターで見ているのが映る。オートンはドアから脱出しかけ、手が床に届くがHHHがリングに引き戻す。もう一度脱出を試みた際に、オートンはイスを手にする。HHHがそのイスで攻撃しようとするが、オートンはローブロー。さらにイスの上にDDTでHHHを叩きつけカバー。2カウントを奪う。オートンはイスの上にRKOを狙うが失敗。金網を登ろうとするがHHHに捕まって頭を金網に叩きつけられる。HHHが金網に登るが、オートンが引き落とす。オートンは金網の上に片足をかけるが、HHHが引き戻す。もう一度オートンが脱出をこころみ、両足が金網の向こう側に出るところまでいくものの、またHHHに引き戻されてしまう。HHHのスパインバスターがヒット。さらにぺディグリーを狙うが、オートンが切り返して、HHHを背中からイスに叩きつける。しかし、最後はHHHのぺディグリーがヒットしてカウント3。
勝者:HHH WWEタイトル防衛

メキシコツアーのオートンの代打はミックフォーリー

5/17付WWEニュース速報です

★5/16放送分Smackdown視聴率は速報値で2.4%でした。

☆先日、ブレットハートがFCWを訪れたと報じられましたが、これは予定されたものではなく、もともとブレットはTNAの友人を訪ねてオーランドに来ていたそうです。この際、現在のナタリアことナッティナイドハート(ブレットの姪)がFCWを訪問するように頼んだため、FCW訪問が実現したそうです。

☆以前噂のあった、WWEがMMAの大会を始めるのではないかという件について、現在、そのような計画は全く無いそうです。

☆ケビンソーンは現在FCWで再昇格に備えているそうです。OVWにいた頃は、リングネームを本名に戻して復帰する計画になっていたそうですが、現在は再ケビンソーンのキャラクターに戻っており、そのまま昇格すると見られています。

☆WWEが6月に予定しているメキシコツアーにおいて、妻の出産のために遠征から外れる事が認められたランディオートンの代わりはミックフォーリーが務めるそうです。

☆ビンスマクマーンがアンダーテイカーからタイトルを剥奪するストーリーを承認したのは、エッジがチャレンジャーよりも、チャンピオンである方が持ち味を発揮できると考えられているためだと噂されています。

★ジャッジメントデイのカードです。

HHH vs ランディオートン WWEタイトル金網マッチ

アンダーテイカー vs エッジ 世界ヘビー級タイトルマッチ

ミッキージェームズ vs ベスフェニックス vs マリア WWE女子タイトルマッチ

ジョンモリソン、ミズ vs CMパンク、ケイン WWEタッグタイトルマッチ

クリスジェリコ vs ショーンマイケルズ

ジョンシナ vs JBL

ビッグショー vs マークヘンリー


ムダ毛の処理もエースの務め!?

5/16付WWEニュース速報です

☆ジャッジメントデイで、ビッグショーvsマークヘンリー戦が行われると噂されています。

☆ジョンシナが、boston.comのインタビューの中で、いつもすね毛を処理していることを明かしています。

◆WWEのリハビリプログラムを受け入れ、施設に3ヶ月入院していたショーンウォルトマンが退院したそうです。今後は通院しながらリハビリを続けるそうです。引き続き、リハビリの費用はWWEが負担するそうです。ウォルトマンはメキシコのAAAに復帰するとみられています。

ミステリオとカーリーの復帰は7/13のハウスショー

5/15付WWEニュース速報です

★THQが製作しているゲーム、「WWEレジェンズオブレッスルマニア」は、PS3とXBOX360で発売されるそうです。その他のプラットフォームでも発売されると報じたところもあるそうですが、上記2機種のみの発売となるそうです。

☆5/13放送分ECWの視聴者数は約103万と報じられましたが、Gerweck.netは137万が正しい数字だとしています。

☆5/9放送分Smackdown視聴率は決定値で2.4%でした。

★WWEはレイミステリオとグレートカーリーが、7/13にジョージア州オーガスタで開催されるハウスショーで復帰すると宣伝しています。

★クライムタイムのシャドガスパードが、インタビューの中で、プライベートでもランスケイドとトレバーマードックが嫌いだとコメントしています。しかし、両チームはハウスショーで対立している最中だったため、この発言はワークだと捉えられているそうです。

ミステリオの復帰時期が先延ばし

5/14付WWEニュース速報です

★バティスタが格闘技のトレーニングをするシーンの映ったショートムービーがYoutubeで公開されています。コチラで見る事ができます。

★5/13放送分ECW視聴率は1.1%で、視聴者数は約103万でした。

★レイミステリオは当初、6月のハウスショーで復帰が予告されていますが、出場が取り下げられました。復帰がいつ頃になるのかは不明です。

WM24は増収減益

5/13付WWEニュース速報です

★WM24の収入は3130万ドル、経費は2620万ドルで、差し引き460万ドルの利益を得たものの、WM23と比較して260万ドルの減益だったそうです。経費がWM23より450万ドルも多くかかった事が影響しているそうです。

★WM24のPPV購入件数は1058000件で、そのうち北米での購入件数は667000件。海外での購入件数は391000件だったそうです。

★WM24の際、会場では4000枚以上のリックフレアーに対するサインボードが掲げられていたそうです。

★5/12放送分RAW視聴率は3.29%でした。

☆ジョナサンコーチマンとESPNは、コーチマンの採用について話し合いをしているそうですが、今のところ契約にはいたっていないそうです。

5/13放送分ECW試合結果簡易速報

5/13放送分ECW試合結果簡易速報です

バックステージでエストラーダが、コーリンデラニーに対し、先週の勝利はまぐれだと言う。そして、契約を結んだらより困難な事が待ち受けるが、心変わりは無いかと尋ねる。デラニーは笑って契約書にサインする。エストラーダはおめでとうと言うと、今夜の対戦相手はマイクノックスだと告げる。

○ミズ vs CMパンク●
パンクはGTSを狙うが、ミズが抜け出してリアリティチェックを決めてクリーンフォールを奪う。

試合後、花道にモリソンが登場。ミズの勝利を祝福。パンクはまだ信じられないと言った様子。

チェリー、ケリーケリー、ミッシェルマクールがバックステージを歩いているのが映る。アダムルが次はディーバの6人タッグ戦とアナウンスする。

○ミッシェルマクール、チェリー、ケリーケリー vs レイラ、ビクトリア、ナタリア●
フェイスが劣勢の中、チェリーがビクトリアの隙を突いて丸め込みでピンフォール。

レナがベンジャミンにインタビュー。レナはコフィの連勝記録がまだ途絶えていない事を告げる。ベンジャミンは絶対に勝つと宣言。コフィが現れて、ベンジャミンの幸運を祈ると言うが、ベンジャミンは自分のインタビューの時間だと言って、コフィを突き飛ばす。コフィはベンジャミンをタックルで壁に押し込むと、睨み付けて立ち去る。ベンジャミンは何かやりたそうだがこらえる。

アダムルとタズが昨夜のRAWについて話す。リプレイが流れる。

デラニーがテーピングをしている。デラニーのビデオが流れる。

○マイクノックス vs コーリンデラニー●
一方的な試合であっさり終了。

エストラーダが登場。コーリンにキックを入れると、自分もレスラーとして契約したとアナウンス。
○アルマンドエストラーダ vs コーリンデラニー●
エストラーダがデラニーを殴ってピンフォール。デラニーは鼻血を出している。

○ジョンモリソン vs ケイン●
試合中にCMパンクがリングサイドに出てくる。ケインが攻勢。モリソンはケインの足を狙う。ケインがチョークスラムを狙うと、ミズが介入しようとするが、パンクがカット。ミズとパンクにレフリーが注意を取られている間に、モリソンはタッグロープでケインを攻撃。スワンダイブからの延髄切りで3カウントを奪う。
試合後、モリソンとミズはケインを攻撃。パンクが助けようとするが返り討ちにあってしまう。

5/16放送分Smackdown収録結果簡易速報

5/16放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ビッキーとエッジたちが登場。エッジは、先週、魔法のように怪我が治ったというと、テイカーのチョーク技が禁止されたので、次のチャンピオンは自分だと言う。テディロングが登場。ビッキーはテディが遅れたことを叱り付ける。テディは番組制作委員会に出席していたため遅れたのだと言う。ビッキーはテディをクビにすると脅すが、テディは自ら辞めてしまう。そして、委員会がビッキーにテイカーと試合をさせることを決定したと告げ、逆らえばクビだと告げる。

○CMパンク vs チャックパランボ●
好試合。パランボのフィニッシャーをかわしたパンクがGTSをヒットしてピン。

ラファミリア(ビッキー、エッジ、チャボとその子分達)がバックステージで、今夜の対策について話あっている。MVPが登場し、先週のことについて文句を言う。さらにビッグショーとフィンリーが現れ、ビッキーはフィンリー、ビッグショー vs MVP、MVPの選んだパートナーで、今夜タッグ戦を行う事を決定。
チャボが先週のチャンピオンシップチェイスについて、ビッキーに尋ねる。

○ミッシェルマクール vs レイラ●
ミッシェルがレイラの足を集中攻撃して、レッグロックで決着。

バティスタが登場してアピール。RAWのHBKとジェリコのセグメントをリプレイ。バティスタは次にHBKに会ったら痛めつけてやるというと、ジャッジメントデイをほのめかす。

ビッキーがメインイベントを、エッジ、チャボ、バンニーリー、ザックライダー、カートホーキンス、ビッキーゲレロ vs アンダーテイカーの6対1ハンディキャップマッチに変更したとアナウンス。

○ビッグショー、フィンリー vs MVP、マークヘンリー●
好試合。とくにMVPとフィンリーが秀逸。ビッグショーがMVPからチョークスラムでピンフォールを奪う。

○ウラジミールコズロフ vs フナキ●
酷いスカッシュマッチ。リバースDDTで決着。

○チェリー vs マリース●
デュース&ドミノはマリースのセコンドにつく。チェリーがブルドッグで勝利。試合後、花道を引き上げるチェリーをデュースが見つめる。

バックステージでコフィがマットハーディと話かける。コフィはDVDの発売に祝いの言葉をかける。ベンジャミンが登場。今夜マットを倒すと言う。

○マットハーディ vs シェルトンベンジャミン●
好試合。スープレックスをツイストオブフェイトに切り返してマットが勝利。

ラファミリアが登場。しかし、チャボとニーリーは花道で引き返す。
4対1で戦うが、テイカーの猛攻でついにビッキーとテイカーが1対1で対峙。テイカーはチョークスラムの体勢を取るが、ここでエッジのスピアーがヒット。エッジはすぐにビッキーをリングの外へ連れ出すと、車椅子に乗せて花道を逃げていく。ここでケインのテーマがヒット。ケインはビッキーをリングサイドに押し戻す。テイカーとケインはビッキーを残して、エッジとエッジヘッズを倒すと、ケインがビッキーをリングに押し込み、テイカーがツームストン葬。


ボーナスセグメント
ケインとテイカーが勝利を祝う。テディロングが登場し、ケインと一緒にダンス。ミックフォーリーもダンスに加わり、最後にマイケルコールも加わる。

ダークマッチでDXが復活

5/12付WWEニュース速報です

★5/12放送分RAW終了後のボーナスダークマッチは、DXに扮したショーンマイケルズ、HHHとシナが組んで、ランディオートン、JBL、ウマガと金網戦で対戦しました。試合は非常に白熱し、最後はフェイスチーム3人の必殺技が同時にヒールチームの3人に炸裂し、フェイスチームが勝利したそうです。試合後、HBK、HHH、シナの3人は金網によじ登ってクロッチチョップを披露したそうです。

★中国四川省の大震災の際、レイミステリオ夫妻はローカルテレビ局のイベントに参加するため、西安を訪れていたそうです。ミステリオ夫妻に怪我は無く、地震の後、安全のためホテルの部屋を一階に移動したそうです。ミステリオはWWEのメディアツアーの為に中国を来訪中ですが、予定通り今後もツアーを続けるそうです。

5/12放送分RAW試合結果速報

5/12放送分RAW試合結果速報です

ダークマッチ/ヒート
○ロンキリングス vs ニックメトロ●
○ジムデューガン vs CK3●
○ポールバーチル、ケイティリー vs スーパークレイジー●
○ブライアンケンドリック、ポールロンドン vs チャーリーハース、ロビーマカリスター●

リングの上には金網が吊るされている。

RAW
先週のRAWで、オートンがHHHにRKOを決めたシーンのリプレイでスタート。

照明を落とした会場が映る。照明が点くと、リング内にリーガルとリリアンが立っている。リリアンはイギリス国家を歌わされる。観客はブーイング。リーガルはこんなファンにはうんざりだというと、カップルの観客を退場させようとする。そこへミッキージェームズが登場。退場させようとした観客は自分の兄とそのガールフレンドだといい、退場させないように言うが、リーガルは結局2人を追い出してしまう。そしてミッキーにリングから出て行かなければ女子タイトルを剥奪すると脅す。
ジョンシナがリングに登場。リーガルと、男と男の話があるというと、WWE.com宛てに、ファンからリーガルが番組中に照明を落とした事について抗議のメールがきているという。観客は「Fire Regal」チャント。リーガルは今夜は照明を落とさないとし、メインイベントはジョンシナ vs ランディオートンだと発表。さらに試合に介入したものは誰であろうと謹慎処分を課すという。
シナはリリアンにイギリス国家を歌わせた事を非難し、リリアンにアレサフランクリンを歌わせると、リーガルがリリアンの時は照明を落とさなかったのだから、今夜はもうやらないだろうという。

クリスジェリコがHBKに謝罪するとアナウンス。

金網が下りてくる。
ロディパイパーがリングサイドに現れる。

ハードコアホーリー、コーディローズ vs カリート、サンチノマレラ 世界タッグタイトルマッチ
マレラがリングサイドのパイパーに気をとられる隙を突いてコーディのDDTがヒットしてピンフォール。
勝者:コーディローズ、ハードコアホーリー

バックラッシュでHBKが膝を負傷したとされるシーンがリプレイ。ファンに負傷は本当だと思うかどうか、投票を呼びかける。HBKが足を庇っているシーンがリプレイされる。

Mrケネディ vs スニツキー
スニツキーが圧倒。しかし、隙をついてケネディがマイクチェックをヒット。
勝者:Mrケネディ

バックステージでトッドグリシャムがマレラにインタビュー。マレラはパイパーの妨害に怒っている。パイパーを「ロドニー・ザ・パイパー」と呼び、ココナッツで頭を殴りつけるよりも痛い目に合わせてやるから、背中には気をつけろという。

ジョンシナとミッキーのバックステージセグメント。

メリーナ、ベスフェニックス vs マリア、ミッキージェームズ
メリーナとベスの連携は上手く行かず、メリーナはベスをエプロンから場外に突き落としてしまう。ベスは怒って退場。孤立したメリーナにミッキーがネックブリーカーを決めてピンフォール。
勝者:ミッキージェームズ、マリア

ファン投票の結果は72%がHBKは本当に怪我をしたと思うという結果。

クリスジェリコがリングに登場。バックラッシュの問題のシーンを再びリプレイ。ジェリコは先週もHBKがモリソンにスイートチンミュージックを放ったが、このときのHBKの苦痛の表情を見て、本当に怪我をしているのが分かったといい、自分が間違っていたというとカメラに向かいHBKに謝罪する。そしてジャッジメントデイの試合を休みたいというなら、受け入れるという。HBKが足をひきずってリングに登場。ジェリコはHBKに直接謝罪する。HBKは自分のキャリアで初めて怪我を装って謝罪されたという。
ジェリコはこの言葉を信じず、2度はだまされないという。HBKはジェリコに自分は怪我をしていない事を説明するが、ジェリコは聞こうとしない。HBKはジェリコにスイートチンミュージックを放つと、「信じろ。俺は怪我をしていない。」HBKはロープを飛び越えて立ち去っていく。

ジェフハーディが登場。観客は歓声を贈る。WWEから離れたくは無かったが、過ちは正されなければならなかったという。そして再びICタイトルを手に入れたいといったところで、マイクが切られる。リーガルが登場。ハーディには試合で罪を償ってもらうという。

ジェフハーディ vs ウマガ
ウマガが序盤は圧倒。しかし、ランニングヒッププッシュをジェフが回避してウィスパーインザウィンドをヒットして勝利。
勝者:ジェフハーディ

クライムタイム vs ランスケイド、トレバーマードック
互角の攻防からマードックがフォールを奪う。試合後、ケイドはマードックに歌を歌うように勧める。マードックが歌うとケイドはだまし討ちのパンチ。倒れたマードックを引き起こして再びパンチ。倒れたマードックを置いて立ち去る。
勝者:トレバーマードック、ランスケイド

バックステージでメリーナがジリアンと話をしている。ベスが近寄ってくる。メリーナはなぜさっきの試合で立ち去ったのか問いただすが、ベスは先週、メリーナのせいでタイトルを奪えなかったという。メリーナは事故だというが、ベスはメリーナがベスよりミッキーの方がベルトを奪いやすいと思ってわざとやったのだという。メリーナがベスを攻撃するが、ベスが上回り、メリーナをロッカーに叩きつけ、地面に叩きつける。セキュリティが止めに入る。

JRとキングがジャッジメントデイのカードを読み上げる。

トッドがバックステージでオートンにインタビュー。オートンは自分自身について語る。

ランディオートン vs ジョンシナ
オートンは新しいテーマ曲で入場。男性はオートンにチャント、女性と子供はシナにチャントを送る。
序盤はシナが優勢。リーガルはこの試合のレフリーは不適切だとして、レフリーをJBLに変更。シナはJBLを攻撃。シナの振り向きざまにオートンのRKOがヒット。JBLが高速で3カウントを入れる。
勝者:ランディオートン
試合後、オートンとJBLはシナを攻撃。HHHが救出に登場。シナとJBLは乱闘しながら観客席へ。リングには金網が下りてきて、その中でHHHとオートンが戦う。HHHがオートンを金網に叩きつける。オートンは金網の間をすり抜けて脱出。HHHは金網に登って、上からオートンを見下ろす。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。