WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Smackdownの低視聴率はやっぱり誤報でした

11/29付WWEニュース速報です

★11/23放送分Smackdown視聴率は決定値で2.8%でした。1.7%と報じたデイブシェラーは計算ミスだった事を認めています。

★次週のECW/Smackdown収録は12/2の日曜日に行われる予定です。

★11/29はJBL、ジェリー「ザキング」ローラー、「ミーン」ジーンオーカランドの誕生日でした。

★リックフレアーが11/28の夜にシャーロットで行われたスティービーワンダーのコンサートに来ていたそうです。

★ショーンマイケルズDVDに収録されている「イースターエッグ」という秘密の特典映像とその視聴方法です。

Disc1
タイトル:アンビデキストラス(両手利き)
視聴方法:「Growing Up」にカーソルを合わせて左ボタンを2回押す

タイトル:オールスターレスリング 1986年3月ミッドナイトロッカーズインタビュー
視聴方法:「Midnight Rockers」にカーソルを合わせて左ボタンを2回押す

タイトル:レッスルマニア10 ショーンマイケルズ vs レイザーラモン
視聴方法:「The Ladder Match」にカーソルを合わせて左ボタンを2回押す

Disc 2
タイトル:バックフリップ
視聴方法:チャプター選択画面の「WCCW 11/1/85 Shawn Michaels vs. Billy Jack Haynes」にカーソルを合わせて、右ボタンを2回、左ボタンを1回押す

タイトル:レスリングザロッカーズ MSG
視聴方法:チャプター選択画面の「MSG- 23/1/89 The Rockers vs. The Brainbusters」にカーソルを合わせて、左ボタンを3回押す

Disc 3
タイトル:ロッカーズ再結成
視聴方法:チャプター選択画面の「14/3/05 The Rockers vs. La Resistance」にカーソルを合わせて、右ボタンを2回押す


スポンサーサイト

RVDはHHHとの不仲説を否定

11/28付WWEニュース速報です

★RVDがイギリスのパワースラムマガジンのインタビューの中で、WWE時代にHHHと仲が悪かったという噂について、最後に車に同乗した相手はHHHだったとして、噂を否定しています。

★11/27放送分ECW視聴率は1.4%でした。

☆WWEは12/10のRAW3時間スペシャルに、大物をサプライズで登場させることを計画しているそうです。ロックがその候補としてあがっているそうです。

☆11/27のSmackdown収録の際、ケニーダイクストラとの試合中、CMパンクが左手首を痛めたようだったと伝えられています。

★来週のECWは火曜日ではなく木曜日の10時からの放送となります。TNA iMPACT!の後半の裏番組となることから、視聴率が注目されています。

☆WWEはストーリーラインの中において、HHH、ショーンマイケルズ、クリスジェリコ、アンダーテイカー、エッジ、リックフレアーらの地位を再び高める方針だと噂されています。

☆リックフレアーは、負けたら即引退というストーリーラインが始まったため、WM24までの間連勝すると見られていますが、フレアーの試合スタイルが余りにも古い型で行われるため、上層部は若手をぶつけることをためらっていると噂されています。

☆来年1月よりCWネットワークで放送されているSmackdownのハイビジョン放送がスタートすると噂されています。RAWはその数ヵ月後になると見られています。

☆RAWのオープニング映像からカリートの登場シーンが外され、ジェリコに差し替えられるそうです。

★OVWに合流していたラッセルシンプソンは、数試合を行っただけでOVWを離れたそうです。

フレアーは引退後もWWEに所属

11/27付WWEニュース速報です

★カリートはプエルトリコのWWCが開催する1/6の3キングスデー(クリスチャンの祝日の一つ)大会にブッキングされています。AAAもカリートの招聘に興味を持っているそうです。

★リックフレアーはWWEと新たに3年間の契約を結んだそうです。引退後もフルタイムでWWEに所属を続けることになるそうです。

☆リックフレアーのホールオブフェイムのインダクターとしてメイヤングの名前があがっているそうです。

★元TNAのバックステージインタビュワーだったレティーシャ・クラインが、WWEと仕事の件で接触していると明かしています。

★スコッティ2ホッティ、ジョーイマシューズ(マーキュリー)らが、ナスカーレーサーのハーミーサドラーが運営するUWFの大会に出場します。同大会にはディーロブラウン、ゲイルキム、サモアジョー、エリックヤング、サンジェイダットと言ったTNA所属選手も多く出場します。

★クリスマスターズ、ギャングレル、ロブコンウェイらが、1/19にジョージアレスリングというプロモーションの大会に出場するそうです。

★MVPはフロリダ州コーラルスプリングにあるジム主宰の、コースタルチャンピオンシップレスリングというプロモーションに出場するそうです。同大会ではギャングレル vs ダスティンローズ戦も予定されています。

★元WCWのレフリーだったジェイミータッカーが11/26RAW収録前のダークマッチでレフリーとしてのトライアウトを受けたそうです。

★11/27の収録のダークマッチでナッティナイドハート(ジムナイドハートの娘)が一軍デビューしました。なお、先週の土曜日のハウスショーではビクトリアと組んでヒールとして登場したため、一軍ではヒールになるのではないかと見られていましたが、今回のダークマッチではフェイスでした。

☆デイブシェラーは先週のSmackdown視聴率は1.7%だったと報じています。あまりにも低い数字であるため、信憑性は低いものと思われます。

★11/26のRAW収録前に行われたそれ以外の試合結果です。

ダークマッチ
○ウラジミールコズロフ vs マーティ・ガーナー●

ヒート
○チャーリーハース vs ポールロンドン●
試合中にロンドンが右の腕か肘のあたりを負傷した様子。

○カリート vs クリスチャンヨーク●

○ジリアンホール vs マリア●


11/27放送分ECW試合結果速報

11/27放送分ECW試合結果速報です。

ケリーケリーがリングに登場するシーンで番組開始。
ケリーケリー vs レイラ
レイラがドロップキックを失敗。ケリーがクローズラインでレイラを倒す。レイラがケリーを倒し、ケリーの髪を踏みつけて罵声を浴びせる。ボールズマホーニーが登場。観客達にケリーへの声援を送るよう煽る。ケリーがレイラを倒してカバー。カウント3。
勝者:ケリーケリー
マホーニーとケリーは一緒にバックステージへ引き上げていく。

ビッグダディVのプロモ

モリソンが登場。
ジョンモリソン、ミズ vs ジェシー&フェスタス
ジェシーがミズにヘッドロック。モリソンが入ってこれをカットすると、フェスタスが入ってきて、ミズとモリソンを場外に落とし、ジェシーが場外の2人にダイブ。コマーシャル。
最後はレフリーのブラインドついたチープショットでピン。
勝者:ミズ、ジョンモリソン

ケインのプロモ

先週のSmackdownでテイカーがビッキーにツームストンを見舞ったシーンのリプレイ。

イライジャバークがリングに登場。ベンジャミンを紹介する。ベンジャミンは自分がECWに来た目的は、友達を作りにきたわけではないと言う。そして、トミードリーマー、ボールズマホーニーやECWチャンピオンのCMパンクですらも、世界最高のアスリートであるベンジャミンに倒されるのは時間の問題だと言う。そして、自分のテーマ曲“AIN’T NO STOPPING ME NOW!”が示すように、もう自分を止められる者は誰もいないという。

シェルトンベンジャミン vs シャノンムーア

ベンジャミンがスープレックスとサブミッションで一方的に攻め込んでいく。ムーアを倒してパンチ。ムーアが立ち上がるとコーナーにふってさらにパンチからエルボーを叩き込む。ベンジャミンがムーアを引き起こしたところでムーアがすばやく丸め込むがカウントは1。ムーアはパンチで反撃するが、ベンジャミンもパンチ応戦し、DDTを決めてピン。
勝者:シェルトンベンジャミン

ビッグダディVがリングに登場。

ビッグダディV vs ケイン
ケインが場外の落とされたところで、ストライカーがリング下から竹刀を持ち出すが、ケインが奪い取ってしまう。ケインはそのままリングに上がって竹刀でVを殴る。Vはケインを抱えあげて竹刀を落とすまで締め上げ、マットにたたきつけ、踏みつける。ケインが場外に転がり下りるとVも後を追う。ケインはVの頭をを鉄階段に叩きつける。さらにリング下からゴミ缶を取り出してリングに投げ入れ、続けてもう一個、ゴミ缶を取り出す。
ケインが振り向いたところでVが捕まえ、ケインを鉄階段にたたきつけ、リングに押し戻す。自分はイスを持ってリングに上がる。コーナーのケインにVがイスを持って突進するが、ブートで迎撃し、コーナーに上ってフライングクローズラインをヒット。ケインは倒れたVの頭にイスを置いてコーナーに上る
。Vは立ち上がってケインをコーナーから場外へ突き落とす。
Vは場外に下りてケインにチョップ。ストライカーがリング下からテーブルを持ち出す。Vはケインを鉄柱に叩きつけ、リングに押し戻す。Vはリングに戻ってコーナーにテーブルをセット。Vはケインにキックを入れケインの頭をテーブルに叩きつける。さらにチョップを打ち込むとロープの反動を利用してケインに突進し、テーブル貫通のコーナースプラッシュ。カバーは2カウント。Vはストライカーに次のテーブルを要求。Vはテーブルを受け取ってセットする。ケインは足に来ている。Vはケインの頭を掴み、背中にパンチを打ち込んでヘッドバット。さらにパンチを数発打ち込むと、ケインが猛反撃。Vはケインを持ち上げようとするが、ケインがロープを掴んで阻止する。ケインが竹刀を持ち、Vを殴りつける。さらにゴミ缶でVの頭を殴りつける。
ここでマークヘンリーが乱入。ケインを攻撃。ヘンリーとVはダブルチームでケインを攻撃。ヘンリーがケインを羽交い絞めにし、Vがゴミ缶で頭を殴る。ヘンリーがケインを引き起こしてVとダブルのヘッドバットを見舞う。ケインはなんとか立ち上がるが、2人の攻撃を浴びてしまう。
ケインがマットに倒れる。2人でケインを引き起こしてテーブルに叩きつける。Vがカバーしてピン。
勝者:ビッグダディV
Vはケインの胸を踏みつけている。

11/30放送分Smackdown収録簡易速報

11/30放送分Smackdown収録簡易速報です。

バージニア州ロアノークにて収録。

ダークマッチ
○ビクトリア vs ナッティナイドハート●

SmackDown
オープニング映像、パイロの後、エッジのテーマがヒット。
エッジの入場。割れんばかりの「You suck」チャント。ビッキーゲレロと関係を持っていることを話し、いかに彼女を愛しているかを説明する。そして、先週テイカーからツームストンを食らったビッキーは今日、自宅療養しているという。

○フィンリー、ホーンズウォグル vs デュース&ドミノ●
フィンリーがドミノをシレイリで殴り、ウォグルがおたまじゃくしスプラッシュ(ウォグル版フロッグスプラッシュ)を決めてピン。

エッジのプロモが流れる。

ミッシェルマクールとジェイミーノーブルがバックステージでチャックパランボについて話している。今夜、パランボvsノーブル戦が行われるとアナウンス。

○CMパンク vs ケニーダイクストラ●
CMパンクに大きな声援。序盤は互角。パンクがフットワークでケニーをかく乱。パンクがペースを掴んでゴー2スリープでピン。好試合。

○ケイン、レイミステリオ vs MVP、ビッグダディV●
ミステリオに大歓声。ケインが捕まりようやくレイにタッチし、そこからMVPと互角の展開。レイは619に失敗。Vがタッチを受け短い時間でMVPに再タッチ、レイとケインはダブルで攻撃。ケインのチョークスラム、レイの619からスワンダイブして座り込み式セントーンでピン。観客は熱狂。

エッジのプロモ。

バティスタが今夜のメインイベントについてインタビューを受けている。

○ジェイミーノーブル vs チャックパランボ●
パランボが頭をターンバックルにぶつけてしまい、その隙にノーブルが丸め込んでピン。

バックステージでビンスとカーリーの通訳のコメディスキット。アルマゲドンでフィンリーvsカーリー戦を行うことがアナウンスされる。

Tシャツを客席に打ち込むサービスが始まる。JBLは喜ぶ観客達を猿呼ばわりして、反感を煽り立てる。


×バティスタ vs エッジ× 世界ヘビー級タイトルマッチ
30分にも及ぶ長い好試合。エッジに大ブーイング、バティスタに非常に大きな歓声が上がる。序盤はバティスタが圧倒。エッジはリングから脱出。大ブーイングを浴びる。2人は場外乱闘。バティスタがエッジをリングに入れるが、ロープ際のエッジに走りこんだ際にエッジがトップロープを引き下げ、バティスタが転落。エッジがスピアーの構えを取ったところで照明が落ち、鐘の音が鳴り響く。照明が戻るとリングの中央にテイカーが出現。バティスタにチョークスラムを見舞う間にエッジは逃げ出している。試合はノーコンテストになる。
テディロングが登場し、アルマゲドンで、バティスタ vs エッジ vs アンダーテイカーによる3ウェイでの世界ヘビー級タイトルマッチを決定する。

アルマゲドンでエッジ戴冠の可能性が浮上

11/26付WWEニュース速報です

★11/19放送分のRAW視聴率のうち、ジェリコが登場した最後の15分間の視聴率は3.8%だったそうです。この時間帯に限り、他の時間帯よりも70万人ほど視聴者が増えた計算になるそうです。全体の平均視聴率は3.5%でした。

★11/26放送分RAWの終了後に、ランディオートン vs クリスジェリコのWWEタイトルマッチをアルマゲドンで行うことが発表されました。

☆エッジに再び世界タイトルを持たせるプランが検討されているそうです。早速、アルマゲドンで世界ヘビー級のタイトルを奪取する可能性があるそうです。

☆リックフレアーのWM24に向けたストーリーラインのアイディアとして、フレアーが3ブランドのすべてに出場して戦っていくというものがあげられていたそうです。このアイディアはスティーブオースチンから出されたとされています。

☆HHHはヒールターンしてジョンシナと抗争することを希望しているそうです。シナの復帰がWM24に間に合わなかった場合、ショーンマイケルズ相手にダブルクロスする可能性もあるそうです。

☆ショーンマイケルズはランディオートンに対し、さらに向上する必要があると周囲の人々に語っているそうです。

☆騒動を引き起こしたとされるナスティボーイズを呼んだのは、ジョニーエースだったそうです。

☆カリートとWWEの契約は、あと数週間で終わるそうです。その後カリートはプエルトリコのWWCに出場すると見られています。

☆先週末のハウスショーでは、HHHvsウマガの金網戦連続して組まれましたが、互いに金網を使った激しい攻撃を行わなかったため、観客達は失望していたそうです。

☆WWEのウェルネスポリシーの改訂に伴い、WWEから解雇されることを心配する者が後を絶たないと噂されています。

★バティスタがインタビューの中で、メリーナとジョンモリソンはすでに別れているとコメントしています。メリーナとバティスタが付き合い始めたときからヘニガン(モリソンの本名)はすべてを知っており、直接話し合いもしたとしています。メリーナは現在でもモリソンのことを一番の友達だと考えているが交際はしていないのだそうです。

★アシュリーがマイスペースで、現在テキサス州のオースチンに交際中のポールロンドンと一緒に住んでいるとコメントしています。

★ロイヤルランブルの宣伝用ポスターデザインです。
rr08.jpg


◆サイコシッドがインタビューの中で、噂されたWWE復帰を希望しているというのは事実であると認めています。一方、TNAに関しては、彼の希望はもう一度8万人の観客の前でレスリングをすることであるとし、TNAはその条件を満たしていないとしています。

◇ハルクホーガンの離婚騒動について、プロモーション目的のワークなのではないかという意見が出ていますが、依然として多くの人々が、夫妻の不仲を疑っていないそうです。

11/26放送分RAW試合結果速報

11/26放送分RAW試合結果速報です

ノースカロライナ州シャーロットから生放送。

先週のジェリコの復帰シーンのリプレイ。

HHH、ジェフハーディ vs スニツキー、ウマガ
キングは先週のウマガvsジェフハーディの試合にスニツキーが乱入したのはICタイトルに挑戦するためだったという。そしてスニツキーがWWEの試合でまだ敗北していないと説明する。場外のウマガ、スニツキーに対し、ジェフがダイブするが捕まったしまう。そこへHHHがダイブ。4人ともダウンする。ここでコマーシャル。
コマーシャル明け、ジェフが捕まる展開からようやくHHHにタッチ。HHHがクリーンザハウス。さらにスニツキーを客席の最前列に叩きつける。リングでウマガにぺディグリーをヒット。すかさずジェフがスワントーンを決めてピン。
勝者:ジェフハーディ、HHH

ウイリアムリーガルが登場。アルマゲドンでのHHHvsジェフハーディ戦をアナウンスする。

会場の外のリムジンからリックフレアーが登場。

リックフレアーがリングに向かっている。キングは大きな発表があると言う。
リングにフレアーが立つ。フレアーは涙を浮かべながら、自分のレスラーとしてのキャリアは永遠ではないといい、いつかはその日がやってくると言う。観客はブーイング。しかし、フレアーは自分の重大アナウンスとは、自分は決して引退せず、この業界を愛しており、他のどこへも行かないことだと言う。ここでビンスのテーマがヒット。ビンスマクマーンが登場する。ビンスはリックに引退の意思が無いことは結構だが、現役を続行するためには勝ち続けなければならないと言う。そして、次に敗北したときこそフレアーが引退するときだと告げる。ビンスは健闘を祈ると言うと、死なないようにしろと付け加える。オートンのテーマがヒットして、リングに登場。オートンが出てきたのは友人として、数々のアドバイスをもらったことに感謝するためだと言う。そして、今夜フレアーのキャリアを終わらせる役目をあたえてくれたことに対して改めて感謝すると言う。

ハードコアホーリー、コーディローズ、スーパークレイジー、ジムデューガン vs ランスケイド、トレバーマードック、ハイランダーズ観客は無反応。
ホーリーがドロップキックでロビーからニアフォールを奪うと、全選手が入り乱れて乱闘になる。ホーリーのアラバマスラムがロビーに決まってピン。
勝者:ハードコアホーリー、コーディローズ

バックステージでトッドグリシャムがジェフハーディにインタビュー。ジェフはアルマゲドンでHHHと対戦するのは光栄だが、友人と戦うのは本意ではないという。HHHが登場し、ジェフと友人になった覚えは無いと言い、ザ・ゲームとしてアルマゲドンのリングに立つという。

先週のHBKとケネディの乱闘シーンのハイライト。
ケネディがバックステージでHBKのDVDを持っている。ケネディは厚かましいにも程があると言い、HBKは数々のタッグパートナーを裏切ってきた男だという。そしてこのDVDを見ればHBKがどのような策略を持って今の地位を得たのかがわかるという。良いときも悪いときも収録されているが、Mrケネディと同じリングに立つことほどHBKにとって最悪な事は無いだろうという。

バックステージでリックフレアーがアーンアンダーソン、バリーウィンダムと話をしている。

クリスジェリコがリングコスチュームを身につけてリングに向かっている。リングでオートンにタイトル挑戦を要求する。サンチノマレラが登場し、ジェリコをKYJと呼び、ジェリコに対戦を要求。ジェリコはマレラをサンタナ・サンダスキーと呼び、これを受ける。ジェリコはレフリーを呼び入れようとするが、マレラはウォームアップが必要だとして、ジェリコに待つようにいうと、実況席を乗り越えてキングに襲い掛かり、何度も殴りつける。

クリスジェリコ vs サンチノマレラ
ジェリコが終始圧倒。終盤にマレラがアームバーからリバースチンロックを仕掛けるが、ジェリコはクローズライン、ヒップトスでダウンを奪うと、アトミックドロップからフェイスクラッシャーにつなぎ、最後は新技のコード・ブレイカー(相手の顔を自分の両膝に倒れこませる技だそうです)が決まってピン。
勝者:クリスジェリコ
試合後、ジェリコはローラーに止めを刺すように促す。キングがリングに上がってマレラにパンチ。ジェリコはその間、JRと実況席にいる。キングはニーリフトからコーナーに上がってフィストドロップ。ジェリコはオートンの登場を要求している。

リックフレアーのロッカールームにHBKが現れてフレアーとハグ。HBKは今日がフレアーの戦う最後の日になるかもしれないとし、試合を止めさせたいという。そしてフレアーのいないレスリング業界になる事に対し、まだ心の準備ができていないという。そして、オートンは確かに調子に乗っているが、ここはシャーロットで自分はネイチャーボーイで、絶対唯一のレジェンドで、世界最高のレスラーなのだという。フレアーはHBKに、自分のすべてをリングで見せるという。そして、これが最後になるとしても、栄光の輝きを見せてやるという。

Mrケネディ vs ブライアンケンドリック

短いスカッシュマッチ。フラットライナーでピン。
勝者:Mrケネディ
試合後、ケネディはアルマゲドンでHBKと対戦すると発表する。

バックステージでビンスがホーンズウォグルに、ここ数週間、いかにウォグルがラッキーだったのかを説明。フィンリーがいかに酷くカーリーに叩きのめされたかを話す。そしてアルマゲドンで改めてフィンリーvsカーリー戦を組んだと告げる。今度はウォグルの為にサンドイッチとアイスクリームを用意したという。ドアに「アイスクリームとサンドイッチ、無料」と書かれた部屋にウォグルを連れて行く。部屋には何も無く、カリートがいる。ビンスはウォグルをそこへ閉じ込めてしまう。ウォグルはスプレー塗料で壁にドアを描く。カリートがウォグルを追い掛け回すが、ウォグルは自分で描いたドアから出て行ってしまう。カリートは驚く。カリートも入ってみようとするが、壁にぶつかって倒れてしまう。ロンシモンズが現れて「DAMN!!」

ミッキージェームズ vs メリーナ 女子タイトル挑戦者決定戦
メリーナが丸め込みで2カウント。さらにミッキーをコーナーに送ってキック。ミッキーはハリケーンラナをメリーナに決め、DDTでカウント3。
勝者:ミッキージェームズ
試合後、ミッキーはベスにキスを見舞う。リングの上と下でにらみ合う。

リックフレアーがバックステージを歩いている。周囲の人々がスタンディングオベーションで迎える。HHHがフレアーと握手しハグ。オートンにフレアーが何者なのか教えてやれという。

リックフレアー vs ランディオートン
序盤は互角の攻防。オートンがヘッドロックを仕掛けたところで、フレアーはバックドロップで反撃。オートンはRKOにトライするが、フレアーはチョップを叩き込む。フレアーはオートンの足を攻撃。チョップブロックを決める。さらにニークラッシャーから4の字固め。オートンはロープに逃れる。フレアーはもう一度4の字にトライするが、オートンはキックで阻止。オートンはRKOをヒットするが、カバーに行く体力が無い。ようやくカバーするもフレアーはロープを掴む。オートンはフレアーにパンチの連打。レフリーが制止するが、振り切って攻撃を続ける。オートンはRKOを狙う体勢。ここでリングサイドにジェリコが登場。レフリーもオートンもジェリコに気を取られる隙に、フレアーがオートンにローブロー。丸め込んでピン。
勝者:リックフレアー

試合後、ジェリコがフレアーを祝福。フレアーが引き上げて行き、リングに残ったジェリコがオートンを見下ろしている。

ノーウェイアウトでイリミネーションチェンバー戦

11/25付WWEニュース速報です

★エッジは今週のSmackdownでバティスタの世界ヘビー級タイトルに挑戦するとアナウンスされました。

★サンクスギビング当日に、ボールズマホーニーと交際中の女性との間に男の子が生まれたそうです。クリストファーと名付けられたそうです。

☆2008年2月のノーウェイアウトで、イリミネーションチェンバー戦が行われるそうです。ロイヤルランブルの勝者がWM24で挑戦するタイトルを選択した後、選ばれなかったチャンピオンを有するブランドの選手がイリミネーションチェンバー戦に挑み、この勝者にもタイトル挑戦権を与えるそうです。

★サバイバーシリーズのバックステージでビッグショーが来ていたそうです。友人を訪ねるのが目的だったそうです。現在、体調が非常によくなっており、体重も420ポンドまで減っているそうです。

★ホールオブフェイムの選考は、ビンスマクマーンが行っているそうですが、選考委員としてケビンダン、ステファニーマクマーン、ジョニーエースらが参加しているそうです。2008年の表彰ではリックフレアーを目玉にすると考えられています。

ベンジャミンのプッシュがスタート!?

11/24付WWEニュース速報です

★11/23放送分Smackdown視聴率は速報値で2.8%でした。

☆ECWに移籍したシェルトンベンジャミンですが、早速ECWタイトルへの挑戦権を得ることになるだろうとされています。おそらく、タイトル獲得に向けたプッシュのためのストーリーラインがスタートすると見られています。

☆ナスティボーイズが非難を浴びる試合をやったとき、観客達が試合に不審な点を感じるところは無かったそうです。しかし、事件の中心人物たちは、なぜかつてのタッグチャンピオンがトライアウトマッチを行わなければならなかったのか、疑問を感じていたそうです。

★11/24はベスフェニックスの27歳の誕生日でした。

★11/27のFCWに登場するとされていたジョンシナですが、キャンセルされました。海外でWWEのプロモーション活動を行うことになったためとされています。

ジェリコは遠征にも帯同することになりそうです

11/23付WWEニュース速報です

☆ハウスショーにはクリスジェリコの登場予定は発表されていませんが、ジェリコとWWEの契約はフルタイムとされており、ハウスショーにも出場するものと見られています。

☆しばらくのあいだ、ジェフハーディとMVPを抗争させると言うアイディアがあるそうです。

★WWEマガジン500号および、WWE.com内において、WM23に登場したドナルドトランプの顔写真はすべて修整され、隠されています。使用許可が得られていないためと見られています。

★WWE.com内のSmackdownのロスターページに、アナスタシア・ローズが追加されました。アナスタシアは10/12のSmackdownでバックステージインタビュワーとしてデビューしています。

◆11/20にハルクホーガンの奥さんであるリンダさんが裁判所に対し、離婚の調停を求める裁判を起こしました。数ヶ月前にホーガン夫妻の不仲説をメディアが報じた際、ホーガンはこれを否定していました。

フレアー曰く「多くの選手が才能を無駄にしている」

11/22付WWEニュース速報です

★元ディーバのカーメラが女の子を妊娠したそうです。

☆前回のSmackdown/ECW収録のダークマッチに登場したナスティ・ボーイズの2人が、そのバックステージでの態度や、試合中に相手のドリューマッキンタイヤーを必要以上に攻撃したとして、強い顰蹙をかったそうです。おそらく、今後大きなスポットを当てられることは無く、WWEが起用することも二度と無いだろうと噂されているそうです。

☆ヴァルビーナスは11/9に受けた肘の手術のため、しばらく欠場するそうです。

☆タフイナフ出身で、以前WWEとディベロップメント契約を結んでいたライアン・リーブスがOVWに戻っており、再びディベロップメント契約を結ぶことを希望しているそうです。リーブスはドラッグテストに失格して謹慎処分を受け、その後まもなく解雇されていました。

★リックフレアーが出演した番組でのインタビュー内容を要約してご紹介します。

Q:親しいレスラーの友人は誰ですか?
フレアー:HHHとショーンマイケルズ。すでに多くの友人が業界を去っていった。ダスティローズ、アーンアンダーソンやその他数人。

Q:ダスティローズをどう思いますか?
フレアー:とても魅力的な人物だ。情熱的で魅力があり想像力に優れている。

フレアー:この業界の異常性の一つは、一年間、毎日働かなければいけないことだ。

Q:レスリングによって、慢性的に痛んでいる箇所はありますか?
フレアー:無い。

Q:最もカリスマ性のある選手は誰ですか?
フレアー:ロックだ。彼は決して誰も手に入れることのできないカリスマ性を持っていた。

Q:才能を浪費していると思う選手はいますか?
フレアー:たくさんいる。しかし、名前は出したくない。

Q:ステロイドをレスリング業界で使用している人をしっていますか?
フレアー:知らない。

Q:レスリングのキャリアにおいて、絶頂期はいつですか?
フレアー:何度かある。1983年に2回目の世界王座についたとき。1991年のロイヤルランブルに勝利したとき。そして2005年にRAWでリックフレアーの特集が組まれたときだ。


ベンジャミンは正式にECWにトレード

11/21付WWEニュース速報です

★11/20放送分ECW視聴率は1.3%でした。

★マットハーディの術後の経過は順調だと伝えられています。

★ジョンシナが自身のDVD発売に関する記者会見の席上で、WWE以外のレスリング番組、特にTNAについて観ているのかと質問されたところ、まだそんな会社があったのかとコメントしています。

★過日に卒中で倒れたと報じられたブラックジャックマリガンが、この報道は誤りであり、現在でも健康であるとコメントしています。

★WWE.comのロスターページ内のシェルトンベンジャミンの項目がRAWからECWのページに移されました。

★11月のRAWオーストラリアツアーおよびSmackdownプエルトリコツアーの興行成績です。

RAW
11/8 ブリスベン 17500人動員 札止め
11/10 メルボルン 約14000人動員 札止め 

Smackdown
11/9 ポンセ 約10000人動員
11/10 アレシボ 約5000人動員 札止め
11/11 サンフアン 約17000人動員 札止め 入場料売上は推定で70万ドル



★12/18発売のRAWグレイテストヒッツCDの収録曲リストです。
「タイトル/演奏者/使用者」で記してあります。

1. The Time Is Now ジョンシナ、トレードマーク/ジョンシナ
2. I Won't Do What You Tell Me/ジムジョンストン/スティーブオースチン
3. If You Smell/ジムジョンストン/ロック
4. The Game/モーターヘッド/HHH
5. Sexy Boy/ショーンマイケルズ/ショーンマイケルズ
6. Rest In Peace/ジムジョンストン/アンダーテイカー
7. No Chance In Hell/ジムジョンストン,ピーターバーサーカー/ビンスマクマーン
8. I Walk Alone/サリバ/バティスタ
9. Line In The Sand/モーターヘッド/エヴォリューション
10. Break The Walls Down/ジムジョンストン、アダムモレノフ/クリスジェリコ
11. Wreck/ジムジョンストン/マンカインド
12.Time To Rock & Roll/ジムジョンストン、リルキム/トリッシュストラタス
13. 619/ジムジョンストン、クリスクラシック/レイミステリオ
14. Slow Chemical/フィンガーイレブン/ケイン
15. Are You Ready?/ジムジョンストン、クリスウォーレン/DジェネレーションX
16. Paparazzi/ジムジョンストン/メリーナ
17. Turn Up The Trouble/ジムジョンストン、テッド二グロ/Mrケネディ



◇過日にジョニーローラーが自身の名前を公式にチャイナに変更しようとしていることについて、WWEはこれを阻止する構えであると伝えられています。

マットハーディは盲腸でした

11/20付WWEニュース速報です

★11/16放送分Smackdown視聴率は決定値で2.7%でした。

★11/19放送分RAW視聴率は3.5%でした。

★マットハーディは盲腸の手術を受けたそうです。1~3ヶ月の欠場が見込まれているそうです。

★サバイバーシリーズのディーバ10人タッグ戦で、ミッシェルマクールとビクトリアが戦ったシーンで、ミッシェルの胸が衣装から少し露出するアクシデントがあったそうです。

★クリスタルがインタビューに答えていますが、解雇の理由についてはもう終わった事とし、明らかにしませんでした。

★復帰が噂されていたナスティボーイズ(ブライアン・ノッブス、ジェリー・サグス)の2人がECW/Smackdownの収録のダークマッチに出場しました。トライアウトとみられています。

★ケビンソーンはヴァンパイアギミックを完全に止め、髪を切って、より一般的なコスチュームに変更しました。

★11/19のRAW収録前に行われた試合の中で、ジム・デューガンと対戦したのはFCWのアファ・アノアイだったそうです。

11/20放送分ECW試合結果速報

11/20放送分ECW試合結果速報です

CMパンクがリングに登場。
CMパンク vs ケニーダイクストラ
終始パンクが優勢に進めるが、膝蹴りからコーナーにケニーを振ろうとしたところで切り返され、逆にコーナーにたたきつけられて、丸め込みでニアフォール。ケニーはコーナーに上るが、パンクがドロップキックで打ち落としてゴー2スリープでピン。
勝者:CMパンク

ストライカーがビッグダディV vs ケイン戦をアピールする。

コマーシャル明け、イライジャバークがリング上。個人的に親しい人物がECWにやってきているとし、シェルトンベンジャミンを招きいれる。

シェルトンベンジャミン vs トミードリーマー
序盤、シェルトンがパンチで先制。倒れたドリーマーにエルボーを落とす。シェルトンは倒れたドリーマーに関節技。しかし、ドリーマーは立ち上がって、ボディへのエルボーで脱出。しかしシェルトンがドリーマーをコーナーに振り、ロープを使ったチョーク攻撃。ドリーマーを倒してカバー。カウントは1。再び関節技でドリーマーを痛めつける。ドリーマーも反撃を試みるがすぐにつかまってしまう。シェルトンがドリーマーをコーナーに振ったところで、ドリーマーが猛反撃。パンチの連打でシェルトンを倒す。ドリーマーはシェルトンをコーナーに振ろうとするが切り返される。最後はシェルトンがドリーマーを倒してピン。
勝者:シェルトンベンジャミン

コマーシャル明け、デュース&ドミノがリング上。ミズとモリソンは実況席にいる。

デュース&ドミノ vs ジェシー&フェスタス
デュースがジェシーからダウンを奪い、コーナーからダイブ鶴がジェシーが回避。フェスタスにタッチする。フェスタスはデュースの頭に蹴りを入れてダウンを奪う、ここでドミノが入ってくるが、フェスタスはドミノもキックで倒しドミノを場外に放り出す。ジェシーがタッチを受け、フェスタスがジェシーをデュースの上に放り投げてそのままカバーの体勢でピン。
勝者:ジェシー&フェスタス

バックステージにストライカーとビッグダディVがいるのが映る。
ストライカーはケインに対し、今夜の試合でVがケインを痛めつけるとアピールする。

コマーシャル明け、新しいコスチュームのケビンソーンが登場。
ケビンソーン vs ナンジオ
終始、ソーンが圧倒。ナンジオの攻撃が通用しない。ナンジオを担いでリングポストに叩きつける。ナンジオもバックを取って反撃を試みるが、ソーンのオリジナルシンが決まってピン。
勝者:ケビンソーン

先週のECWでの、ケリーケリーとレイラの対立シーンがリプレイされる。

ケリーがリングに登場する背後からレイラが襲い掛かり、はたきあいになる。ケリーがレイラにミルクをぶちまける。その後すぐに乱闘を止められる。

コマーシャル明け、レイラがリングに向かっている。
レイラは「サンクスギビングは来週だけど、私にはいくつか感謝したいことがある。ケリーケリーよりも私の方が、プロポーションが良く、頭も知性も優れていて、なおかつ綺麗で・・・」などと言っているところへケリーが現れて、パイをぶつける。
ケリーが笑っているとレイラはグレイビーソースをかける。そのまま食べ物のぶつけ合いになる。

RAWでクリスジェリコが復帰したシーンのリプレイ。
ビッグダディVがリングに向かっている。

マットストライカー、ビッグダディV vs ケイン
試合開始直後から、ストライカーとVはダブルでケインを攻撃する。しかしケインはVをコーナーに追い込んで攻撃。さらに振り向いてストライカーも殴り倒す。ケインは再びVを攻撃。しかしVがケインを倒してケインに飛び乗ると、その上で奇妙な動きをする。さらにケインの上に乗っかり頭をなぐると、ストライカーもケインの顔面にスライディングキックを見舞う。
ストライカーのロープワークを屈んでかわしたケインが反撃。Vをアッパーで倒すと、トップロープからVにダイビングクローズラインをヒット。2カウントを奪う。今後はストライカーを倒してカバー。Vがカットする。ケインはストライカーにチョークスラムの体勢。Vが助けようとするがケインはブートでVを倒し、ストライカーにチョークスラムをヒット。カバーしてカウント3。
勝者:ケイン

試合後、Vがケインを攻撃。倒れたケインを見下ろしてののしる。

11/23放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/23放送分Smackdown収録結果簡易速報です

ダークマッチナスティボーイズ vs デイブテイラー、ドリューマッキンタイヤー

Smackdown
○MVP vs レイミステリオ●

○ミズ、ジョンモリソン vs メジャーブラザーズ● WWEタッグタイトルマッチ

○ジェイミーノーブル vs チャックパランボ●

○フィンリー、ホーンズウォグル vs マークヘンリー● ハンディキャップマッチ

○トーリーウィルソン vs ビクトリア●

エッジが登場。カッティングエッジがスタート。ゲストはバティスタ。エッジは自身の復帰劇は、ビッキーと共謀してたくらんでいた事だと明かす。照明が落ち、再び点灯するとテイカーが現れている。エッジはあわてて逃げ出す。テイカーはビッキーにツームストン。

ようやくジェリコが正式に復帰

11/19付WWEニュース速報です

★USAネットワークのプレスリリースで、12/10にRAWの15周年記念特番を放送すると発表されました。

★11/19放送分RAW終了後のボーナスダークマッチはDXvsウマガ、ケネディ戦で、DXが勝利しました。

★11/19放送分RAWの映像で登場したランナー役を務めたのは、ジョン・パーマーという18歳の高校生で、一般のWWEのファンだそうです。現在、プロレスラーを目指してトレーニングを積み、ウェブサイトでコラムを掲載しているそうです。

★11/19放送分RAWの中で、来週のRAWでのリックフレアー復帰がアナウンスされました。

★WWE.comのロスターページにクリスジェリコが加わりました。

★DHスミスは12/2のRAWハウスショーで復帰する予定です。

☆サバイバーシリーズを急遽欠場したマットハーディですが、バックステージには来ており、怪我をしているわけでもなかったそうです。欠場の理由についてはまだ明らかにされていません。

11/19放送分RAW試合結果速報

11/19放送分RAW試合結果速報です


ダークマッチ/ヒート

○ウラジミールコズロフ vs ノーマンスマイリー●

○ポールロンドン、ブライアンケンドリック vs ハイランダーズ●
ロンドンがピンを奪う。

○ジムデューガン vs ジョバー●

○ランスケイド、トレバーマードック vs チャーリーハース、シェルトンベンジャミン●
ケイドがベンジャミンからピンを奪う。

RAW
オープニング映像にマラソンランナーが映っている。

ショーンマイケルズがリングに登場。大歓声で迎えられる。HBKは昨夜は優れた者が勝利する結果に終わったとし、オートンと握手を交わしたいと言う。オートンはタイタントロンに登場。登場を拒否すると、昨夜のスーパーキックで顔が痛んでいるのだと言う。そしてHBKの狙いは握手だけでは無いと思っていると述べる。HBKは確かにもう一度蹴り倒すつもりだったという。観客は笑う。オートンはシナ、HHH、HBKを倒し、自分がベストだと言うことをすでに証明したと言う。HBKは再戦を希望。しかしオートンはもうチャンスは与えたとし、もう終わったのだと言う。そしてオープニング映像のマラソンランナーに触れ、すでに聖火はHBKからオートンに渡されたのだと言う。
Mrケネディがリングに登場しHBKと乱闘をはじめる。HBKはリングポストにたたきつけられる。ケネディは自分の番だという。HBKは蘇生してケネディを倒し、ケネディに試合を申し込む。ケネディは、HBKはすでに負け犬以外の何者でもないという。ウィリアムリーガルがレフリーを登場させ、ゴングを要求する。

コマーシャル

ショーンマイケルズ vs Mrケネディ
CM明け。まだ試合は始まっていない。HBKとケネディは場外乱闘をしている。客席に乗り込み、続いて実況席で乱闘。JRとキングは実況できない。ケネディがイスを持ち出したところに、HBKのスイートチンがイス越しに炸裂。HBKのテーマがヒット。
試合結果:ノーコンテスト

ジェフハーディvsウマガ戦が予告される。

サンチノマレラ vs ジェリー「ザキング」ローラー
キングは歓声で迎えられる。試合中にマレラはキングの王冠を被るとJRに対し、キングを政府の犬のように叩きのめしてやると言う。マレラはキングをののしるが、キングはパンチからヒップトス。マレラはキングの腕を取りヒップトスを狙うが、キングがこれを切り返して、逆さ押さえ込みでカウント3。
勝者:ジェリーローラー

試合後、オートンがキングの背後に現れてRKOを見舞う。オートンは再びランナーの話を持ち出し、正式に聖火を受け継ぐのは時間の問題であるという。

バックステージでMrケネディが、HBKに対し敬意を示すためにリングに出て行ってやったのに、イス越しのスイートチンを食らわせられたと文句を言う。そしてそんなことをやる理由は、HBKが自分のキャリアの残り時間が少ないことにあせっているためだと言う。そして時間は誰にでも平等に与えられているものだが、HBKが気にしなければならないのは時間ではなく、Mrケネディだと言う。

PPVのカーリーvsウォグル戦について、コーチとリーガルがビンスのオフィスで話している。カリートが入ってきて、ビンスの愛の鞭という考えに共感したと言う。ビンスはカリートvsウォグル戦を決定する。

ジェフハーディ vs ウマガ
ウマガがジェフをコーナーに振り、突進するがジェフがかわしてDDTを決めてエプロンに出たところでウマガの突進をくらい、ガードレールまで吹っ飛ばされて激突してしまう。ここでコマーシャル。
CMあけ、ウマガがレッグドロップ、ニードロップで優勢。さらにウマガのスピンキックがジェフの後頭部にヒット。ジェフはかろうじてキックアウトする。ジェフはダイビング攻撃を狙うが、ウマガはキャッチしてサイドバスター。コーナーにセットしたジェフにウマガがランニングヒッププッシュを狙うが、ジェフが脱出。ジェフはスワントーンを狙うが、ウマガがかわして、サモアンドロップをヒット。続けてサモアンスパイクを狙うが、ジェフは切り替えしてツイストオブフェイト。ウマガを場外に落としてブランチャーを決める。ジェフがリング内でアピールしているところに乱入したスニツキーが背後から襲う。ジェフは反撃を試みるが、ウマガとスニツキーにダブルチームで攻撃されて撃沈。HHHが飛び込んできて、ウマガとスニツキーを倒す。ジェフとHHHが場外に排除したウマガとスニツキーをにらみつける。リリアンがスニツキー乱入の反則によりジェフハーディの勝利をアナウンス。
勝者:ジェフハーディ(反則)
素晴らしい試合。

ウォグルvsカリート戦はノーDQ戦とアナウンスされる。

非常に短いSave usのビデオ。最後に「今夜」と表示される。

バックステージでトッドグリシャムがHHHになぜジェフを助けたのか尋ねている。HHHは自分は慈善家だから、ウマガとスニツキーのような悪者がいたら、本当のワルを教えてやりたくなるのだと答える。そして、トッドが非常に疑問の残る女性(遠まわしにブスと言っている)と酒を飲んでいるのを何度も見たが、そういう趣味なのかと尋ねる。

ハードコアホーリー vs コーディローズ

短い試合。アラバマスラムをホーリーが狙ったところを、コーディがDDTに切り替えしてピン。
勝者:コーディローズ
試合後にオートンが乱入し、2人にRKOを見舞う。またさっきと似たようなランナーに例えるアピール。観客が飽きている。

バックステージでビンスとフィンリーが、アイルランド人気質について話している。フィンリーはビンスがアイルランドで生まれたわけではないと言う。ビンスは番組の後で飲みに行こうと誘うが、フィンリーは暖かいミルクを注文してやると言う。年寄りは寝る前に必要だからだと言う。ビンスはムカついている様子。フィンリーはただのジョークだと言う。フィンリーは高笑いで退場。ビンスは作り笑いを浮かべている。

来週のRAWでリックフレアーが復帰するとアナウンスされる。

ミッキージェームズ、マリア vs ジリアンホール、メリーナ 
試合開始前、ジリアンがリリアンに対し、歌が下手糞すぎると食って掛かる。観客は激しくブーイングを送る。試合中、ジリアンが450スプラッシュにトライ。マリアが避けかわりにメリーナに誤爆する。最後はミッキーがキスからのスピンキックをジリアンに決めてピン。
勝者:ミッキージェームズ、マリア

バックステージをカリートが歩いているのが映る。


カリート vs ホーンズウォグル

カリートはリングの周りでウォグルを追い掛け回す。ウォグルはリング下に逃げ込む。カリートはウォグルを見つけ出そうとするが、ウォグルはバケツの水をカリートにぶちまける。怒ったカリートはウォグルを叩きのめすと、りんごを齧り始める。そこへフィンリーが乱入。カリートはアップルミストをフィンリーにかける。フィンリーはショートレンジのクローズラインでカリートのノックアウト。その上にウォグルを載せてカウント3。
勝者:ホーンズウォグル

映像に映っていたランナーが会場に到着。2時間足らずで33.7マイル(約54km)を走ってきたらしい。

来週のメインイベントはHHH、ジェフハーディ vs ウマガ、スニツキーと発表。

ランディオートンが聖火の受け取り式のためにリングに現れる。しかし、オートンはすでにあらゆる相手を倒してしまったために、誰もいないと言う。ランナーがリングに登場。オートンにクローズラインを見舞う。ランナーの背中しか映らない。トロンにSave usのビデオ。答えは「SAVE_US.Y2J」。ついにクリスジェリコが登場を果たす
ジェリコはマイクで「RAW is Jericho」へようこそという。Y2Jの復活は幻ではなく現実だと言う。
オートンは最後にジェリコを見たのはRAWをクビにされたときだったと言う。そして、なぜ復帰して、何を救おうと言うのかと尋ねる。
ジェリコは、オートンの退屈なアピールや、ぎこちないスタイルからだとし、みんなをオートンから救うのだと言う。そしてWWEタイトルをオートンから奪う最初のチャンスを得たのだと言う。そして、WWE、アメリカ、地球、宇宙の中において、同じことは決して起こらないとアピール。オートンはショックを受けている。ジェリコのテーマがヒット。放送終了。

マスターズはテイカーの制裁の噂を否定

11/18付WWEニュース速報です

★クリスマスターズがインタビューの中で、ヨーロッパ遠征のハウスショーの試合で意図的にアンダーテイカーに痛めつけられたとインターネットで報じられた件について、全く馬鹿げた話で、アンダーテイカーほどプロフェッショナルな選手が、試合内容や相手の技量に不満を感じたからとって、相手を意図的に負傷させるなどと言うことはありえないとしています。

☆クリスジェリコの復帰が遅れている一因として、クリエイティブチームのプランにジェリコが満足していないことがあるのではないかと噂されています。

★先日行ったオーストラリアツアーは、3大会ともチケットが完売しており、100万ドル以上を売り上げたと推定されています。またプエルトリコ大会も大成功を収め、70万ドルを売り上げたと見られています。

☆カリートがWWEに対し辞める意思を伝えたと噂されています。契約の残り期間の満了後に退団するだろうと見られています。

◇レックスルガーがカリフォルニアからアトランタの病院に移されたそうです。現在も頚椎が神経を酷く圧迫しており、十分に手足が動かせない状態にあるそうです。

◆ビルゴールドバーグが復帰の可能性についてインタビューに答え、レスリングに復帰する可能性はあるが、MMAに登場する可能性は全く無いとしています。また、50歳くらいのレスラーが見苦しい体で復帰するのを見て、辟易しているとコメントしています。

PPV SURVIVOR SERIES 試合結果速報

PPV SURVIVOR SERIES 試合結果速報です

オープニング映像。パイロが上がる。
オープニング挨拶はジェーイスタイルズが担当。

ミズ vs ジョンモリソン vs CMパンク(c) ECWタイトルマッチ
場外のミズに対しパンクはリングからダイビング攻撃。パンクのリング内でのロープワーク中に、リング外からモリソンが足刈りで、パンクが激しく倒れこむ。パンクのブルドッグがモリソンにヒット。しかし2カウント。モリソンはタイツを掴んだ押さえ込みでパンクからニアフォールを奪うが、最後はゴー2スリープが決まってピン。
勝者:CMパンク ECWタイトル防衛
試合時間は約8分。

実況はマイケルコールとJBLに交代。
コールが前回のスマックダウンのハイライトとして、MVPがマットハーディを攻撃したシーンを紹介する。

バックステージでMVPのプロモ。今夜マットハーディは試合ができないという。そして自分の方がハーディよりも優れており、それが自分が「MVP」である理由だという。

リリアンガルシアがディーバ達を紹介する。

ベスフェニックス、レイラ、ジリアンホール、ビクトリア、メリーナ vs ミッキージェームズ、トーリーウィルソン、ミッシェルマクール、マリア、ケリーケリー
トーリーはNBAのマイアミヒート(会場がマイアミ)のジャージを着用して入場。メリーナは入場の際、リングに飛び乗るところで失敗。もう一度やり直す。
試合序盤にケリーがジリアンからピンを奪いそうになる。観客の反応はかなり薄い。ミッキーがメリーナにキス。その後キックを決めてピン。
勝者:ミッキージェームズ、トーリーウィルソン、ミッシェルマクール、マリア、ケリーケリー
試合時間は約4分半

WM24の宣伝

バックステージで、コーチとリーガルがニヤついている。ホーンズウォグルはカーリー戦について考えていながら歩き回っている。

事前収録のHBKvsオートンのWWEタイトルマッチの煽りビデオ。HBKはオートンを生き地獄に落とし、WWEチャンピオンとして会場を去るという。

ランスケイド、トレバーマードック vs コーディローズ、ハードコアホーリー 世界タッグタイトルマッチ
ホーリーがリングを離れたところでマードックがコーディを押さえてピン。
勝者:ランスケイド、トレバーマードック タッグタイトル防衛
試合時間約7分。

JRとキングはイリミネーションマッチについて話している。続いてタズとスタイルズがコメントした後、マイケルコールが、今夜はマットハーディが戦えないとアナウンスする。

バックステージでトッドグリシャムがジェフハーディ、レイミステリオ、HHH、ケインにインタビュー。ミステリオは不利な状況には慣れているとし、4対5の状況になったことは問題では無いと言う。ケインはケイティ・ヴィックのストーリーの件をDX再結成の日にHHHが持ち出したことに触れる。HHHが謝罪する。

HHH、レイミステリオ、ケイン、ジェフハーディ vs ウマガ、ビッグダディV、フィンリー、MVP、Mrケネディ
ケネディは入場の途中でいつものパフォーマンス。JRはサバイバーシリーズ21年の歴史の中で57回目のイリミネーションマッチと説明する。3ブランドの実況、6人合同で実況を務める。
ミステリオとケネディでスタート。ビッグダディVとケインが出てきたところで観客の声援が高まる。Vはサモアンドロップからエルボードロップを落としケインが失格
ミステリオが619をウマガにヒット。しかし、ウマガのサモアンスパイクがヒットしてミステリオが失格
ケネディがジェフを追い詰めるが、ジェフはロープを掴んで逃れる。ジェフがMVPを失格させる。これで4対2。
HHHがケネディを失格させる。ビッグダディVはリングポストにハーディを叩きつける。HHHとジェフはダブルのDDTをヒット。ビッグダディV失格。これで2対2になる。
HHHのぺディグリーが決まってフィンリーが失格。残ったウマガにぺディグリー、スワントーンと畳み掛けてウマガ失格。HHHとジェフハーディの2人が勝ち残り。
勝者:HHH、ジェフハーディ、レイミステリオ、ケイン
試合時間は約22分。

マイケルコールとJBLが、Smackdown vs. Raw '08のゲーム画面で、アンダーテイカーvsバティスタのヘルインアセル戦を紹介。

会場にNBAのシャキールオニールが来ているのが映る。

ウォグルはまだ歩き回っている。ビンスマクマーンが登場。ウォグルはビンスに抱きつく。コーチとリーガルが立ち去っていく。ビンスはウォグルにカーリー戦を組んだ意味を説明するという。ウォグルの苗字はマクマーンなのだというと、自分はテッドターナーやアメリカ政府といった巨大な敵と、不利な状況で戦い、倒してきたのだという。そしてマクマーン家のものはグレープフルーツを持っている(肝っ玉が太い)のだという。ウォグルは勇気付けられた様子。

シェインマクマーンが登場。Mrマクマーンを紹介する。続いて腹違いの兄弟、ホーンズウォグルマクマーンを紹介。
ホーンズウォグル vs グレートカーリー
カーリーの通訳が、ウォグルは自分よりも小さいと言っている。観客はかまわず、シャキールオニールにチャントを送っている。「シャックを出せ」チャントが始まるが、ビンスは「貴様らの望みなど知ったことか!!」と一喝。ビンスとシェインはリングサイドに陣取る。ウォグルが通訳をリングサイドから蹴り落とす。ウォグルは通訳の顔にグリーンミストを吹きかけると、リング下に逃げ込む。シェインが立ち上がるがビンスは愛の鞭なのだという。フィンリーがシレイリを持って乱入し、反則が取られる。
勝者:グレートカーリー(フィンリー乱入による反則)
試合時間約3分。ビンスとシェインが立ち去っていく。

アンダーテイカーのDVDの宣伝。

メジャーリーグのアルフォンソ・ソリアーノとジョニー・デーモンがリングサイドに来ている。

HBKとオートンの抗争のまとめビデオ

ランディオートン vs ショーンマイケルズ WWEタイトルマッチ
試合前、リリアンがこの試合でHBKはスーパーキックを使用してはいけないルールであることを説明する。
HBKがオートンにシャープシューター。オートンはロープに逃れる。HBKはダイビングエルボーをヒット後、禁止されているスイートチンの予告に入るが、代わりにスモールパッケージで2カウントを奪う。HBKはクロスフェイスを狙うが、足がロープに届く。続いてアンクルロックを狙う。しかしオートンのRKOがヒットしてピン。
勝者:ランディオートン WWEタイトル防衛
試合時間約18分。
試合後、オートンはHBKに対し、自分のほうが優れていたことを認めろと迫る。HBKはスィートチンミュージックを見舞う。

今夜のシークレットワードは「catapult」と発表。

アルマゲドンの宣伝。

SAVE USのビデオ。23時間32分後に何かが起こるらしい。

バックステージでバティスタがベルトを肩にかけて歩いている。

ヘルインザセルのセットが下ろされる。

バティスタ vs アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトルヘルインザセルマッチ
バティスタが先に入場。しかし、観客はテイカーチャント。
バティスタは場外でスピアー。テイカーはバティスタの頭を鉄階段に叩きつける。バティスタの喉もとにレッグドロップを落とす。テイカーはバティスタの喉もとに椅子を突き立てる。バティスタが流血。テイカーはオールドスクールに行こうとするが、バティスタがスパインバスターに捕らえる。テイカーは金網にバティスタを頭から突っ込ませる。バティスタの流血が酷くなる。バティスタは反撃して、スーパープレックスをヒット。しかし、テイカーは三角締めで応戦する。バティスタはロープを掴んでブレイク。バティスタはテイカーの頭を鉄階段に叩きつける。今度はテイカーが流血。テイカーのラストライドをバティスタがキックアウト。続いてチョークスラムもキックアウトする。今度はバティスタのスパインバスターをテイカーがキックアウト。バティスタはリング下からテーブルを持ち出し、テイカーにテーブル貫通のバティスタボムを見舞うが、これをテイカーがキックアウト。テイカーは鉄階段の上にバティスタをショルダースルーで叩きつける。カバーはバティスタがロープを掴んで逃れる。テイカーはツームストンをヒット。しかし、バティスタがキックアウト。今度は鉄階段の上にツームストン。しかし、エッジが乱入してレフリーを引っ張ってカウントを阻止する。エッジはカメラでテイカーを殴り、テイカーの頭を鉄階段の上に乗せ、椅子で頭を殴りつける。倒れたテイカーにノックアウトされたままのバティスタをのせてカウント3。
勝者:バティスタ 世界ヘビー級タイトル防衛
試合時間は約21分半。試合後に、エッジが再び椅子でテイカーの頭を殴る。エッジのテーマが流れ退場していくシーンで終了。

2008年度のPPVは全14大会を予定

11/17付WWEニュース速報です

★11/16放送分Smackdown視聴率は速報値で2.7%でした。

☆グレゴリーヘルムズは首の術後の経過は順調であるものの、腕の神経にダメージがあり、こちらの状態が思わしくないため、まだ復帰の目処が立っていないそうです。

☆リックフレアーが11/26のRAWで復帰すると、一部地域の広告で宣伝されているそうです。

★ケビンナッシュがPWトーチに、CNNのジョンシナに対するインタビューの件に関してコメントした内容として、シナが何もやっていないとは思わないと発言したと伝えられています。

★WWEマガジン最新号で発表された2008年度のPPV開催予定です。

ロイヤルランブル
1/27 マジソンスクエアガーデン ニューヨーク

ノーウェイアウト
2/17 トーマス&マックセンター ラスベガス

レッスルマニア24
3/30 シトラスボウル オーランド

バックラッシュ 
4/27 ファーストマリナーアリーナ ボルチモア

ジャッジメントデイ
5/18 クエストセンター オマハ

ワンナイトスタンド
6/1 サンディエゴスポーツアリーナ

ヴェンジェンス
6/29 アメリカンエアラインセンター ダラス

グレートアメリカンバッシュ
7/20 ナッソーコロシアム ユニオンデール

サマースラム
8/17 コンセコフィールドハウス インディアナポリス

アンフォーギブン
9/7 クイッケンローンズアリーナ クリーブランド

ノーマーシー
10/5 ローズガーデン ポートランド

サイバーサンデー
10/26 USエアラインセンター フェニックス

サバイバーシリーズ
11/23 TDバンクノースガーデン ボストン

アルマゲドン
12/21 HSBCアリーナ バッファロー


マスターズのインタビュー中にオートンが偶然電話

11/16付WWEニュース速報です

★WWE24/7の利用者数は世界で115000人に達しているそうです。

★ビンスマクマーンが、WWEの2006年2月以降に、ウェルネスポリシーにしたがって謹慎処分が課せられたのは30回であるものの、今秋にまとめて処分された11人に関しては、ドラッグテストの結果では無いとコメントしています。

☆ランディオートンは一度、ドラッグテストに失格し謹慎処分を受けた後にも、シグネチャーファーマシーから荷物を受け取っていたようであると噂されています。にもかかわらず、今秋の処分を受けなかったことで、何らかの保護をされているのではないかという憶測が広がっています。

★クリスマスターズがネットラジオ番組のインタビューの中で、9月から30日間の謹慎処分を受けた後、復帰してから10日程度の間に3度もドラッグテストを受けており、そのなかでウェルネスポリシーで禁止されていない薬物が検出されたとして、ジョニーエースから60日間の謹慎処分を通達され、妙なものを感じたとコメントしています。その後、再びエースから解雇が電話で通達されたそうです。
インタビューの途中でマスターズの携帯に、偶然ランディオートンから電話がかかってくるというハプニングがあったそうです。

★WWEはディベロップメントのラッセル・シンプソンを解雇しました。シンプソンはブッカーTのPWA出身者で、OVWで活動していました。

★アンフォーギブン2007の購入件数は全体で210000件。米国のみでは134000件でした。昨年の同大会は全体で307000件、米国のみでは187000件を販売していました。

☆DHスミスがドラッグテストに失格したのは9/13で、まだRAWに昇格する前の事だったそうです。しかし、謹慎処分が発表されたのは11/3でした。

ディバリはあくまでもWWEに感謝の姿勢

11/15付WWEニュース速報です

★11/15にジョンシナがFCWを訪れ、ディベロップメントの選手たちに助言を与えていたそうです。

☆リックフレアーが以前、インタビューの中で11月中にスマックダウンに復帰すると語っていましたが、これは確定しておらず、先に延ばされる可能性があるそうです。フレアーは番組に復帰した後は、WM24での引退に向けたストーリーが始まると見られています。

★ショーンディバリがインタビューの中で、モハメドハッサンと共に行っていたアングルについて、不愉快には思っていなかったとし、大会中に自分たちを激しく野次っていたファンから、その後でサインや握手を求められたこともあるとコメントしています。
また、TNA入りを希望しているものの、現在は90日間のプロテクト期間中にあるとしています。

JBLがモリソンとミズにだめだし!?

11/14付WWEニュース速報です

★11/13放送分ECW視聴率は1.4%でした。

★CNNはジョンシナから謝罪を求められたことに対し、放送した部分こそシナの回答の核心部分だったとし、シナが明確に使用を否定したコメントも、別の箇所で放映したとして、謝罪しませんでした。

☆先日のECW/SD収録の直後、ロッカールームにJBLがミズ、ジョンモリソン、CMパンク、MVP、マットハーディを集め、実況席に加わった際、モリソンとミズがヒールとしてパンクを罵倒する内容が満足の行くものではなかったことと、マットハーディとMVPの試合中、彼らのリングサイドでの行動が試合の妨げになったとして、モリソンとミズを叱責したそうです。JBLはモリソンとミズに対し、パンク、MVP、マットに謝罪することを求めたそうです。
これに対しミズは素直に従ったものの、モリソンはJBLに反発して食ってかかったため、エージェントが止めに入ったそうです。
周囲に関係者たちは、JBLがミズやモリソンに求めているパフォーマーとしてのレベルが高いために、彼らの現状に苛立っているようだと考えているそうです。

☆WWEマガジン最新号に掲載される内容のリーク情報として、クリスジェリコがレスリングを離れていた間に鈍った体を鍛えなおすため、ランスストームのレスリングスクールでトレーニングを積んでいたこと。新たな技をそこで習得したこと。復帰の際には髪を切り、新たなスタイルで登場する予定であるなどと語ったことが掲載されるそうです。

★ラジオ番組、ババのラブスポンジにクリスジェリコが出演し、TNAからのオファー金額は安かったとコメントしています。一方で、WWEとは契約していないとしています。

☆最近、ケビンソーンの登場機会が無かったことについて、10/9のECWの試合でフィニッシャーを失敗してKCジェームズに怪我を負わせたことに対する懲罰ではないかとうわさされています。一方、ソーンに対する観客のリアクションも満足の行くものではなかったとされており、原因の一つではないかと言われているそうです。
ソーンは久々に、前回のECW/SD収録のダークマッチでナンジオとの対戦が組まれました。

★RAWの15周年記念DVDが12/26発売予定です。収録時間は約540分に及ぶそうです。

★サバイバーシリーズのカードです。

WWEタイトルマッチ
ランディオートン vs ショーンマイケルズ

世界ヘビー級タイトルヘルインアセルマッチ
バティスタ vs アンダーテイカー

ECWタイトルマッチ
CMパンク vs ミズ vs ジョンモリソン

WWEタッグタイトルマッチ
ランスケイド、トレバーマードック vs コーディローズ、ハードコアホーリー

イリミネーションマッチ
HHH、ハーディズ、ケイン、レイミステリオ vs ウマガ、フィンリー、Mrケネディ、MVP、ビッグダディV 

ベスフェニックス、ジリアンホール、メリーナ、ビクトリア、レイラ vs ミッキージェームズ、マリア、トーリーウィルソン、ミッシェルマクール、ケリーケリー

グレートカーリー vs ホーンズウォグル

WWEマガジンの表紙はジェリコ

11/13付WWEニュース速報です

★11/12放送分RAW視聴率は3.5%でした。

★RAWの収録の前に行われたその他の試合です。

○ジムデューガン vs アトラスダボーン(OVW)●

○スーパークレイジー vs チャールズエバンス(OVW)●

○チャーリーハース、シェルトンベンジャミン vs スーパースター・スティーブ・フェンダー、ディンTムーア●

○ハイランダーズ vs ハードコアホーリー、コーディローズ vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック
ハイランダーズがランスケイド、トレバーマードックへの挑戦権を獲得

○スニツキー vs カリート●



★ジョンシナがインタビューの中で、CNNに謝罪を求めるとコメントしています。

★エッジがローカルラジオ局のインタビューに対し、ゆっくりだが確実に(体調が)良くなっているとし、欠場期間中の回復は順調だった事をアピールしています。

★WWEマガジン最新号の表紙はクリスジェリコが飾っています。
cj.jpg

11/13放送分ECW試合結果速報

11/13放送分ECW試合結果速報です

ハーディボーイズがリングに向かうシーンで放送開始。

マットハーディ、ジェフハーディ vs MVP、Mrケネディ

エプロンサイドに出たジェフがMVPを攻撃。しかしMrケネディがジェフを場外に叩き落す。ダメージを負ったジェフをMVPがリング内に押し込んでカバー。カウント3。
勝者:MVP、Mrケネディ
試合後、マットはMVPがジェフにした仕打ちを怒っている。MVPは自分が悪いのではないと言う。ケネディがイスを持ってリングに入ってくるが、それをMVPが止め、ケネディを怒鳴りつけると、ケネディは退場する。
MVPはマットに向かい、自分はもう一度助けてやったと言う。そして、自分が悪いのではないとしながらもジェフに謝罪し、立ち去っていく。

タズとスタイルズはECWとSmackdownの選手の交流戦について話している。先週、Cmパンク、ジェイミーノーブル戦が行われた事に触れる。
そして今夜パンクとノーブルのリマッチをアナウンスする。

マットストライカーがリングにいる。まずは悪いニュースからとし、ビッグダディVが酷い風邪をひいて今夜は来ていないと告げ、風邪には気をつけろという。そしてサバイバーシリーズではVがミステリオもハーディボーイズもケインもHHHも圧倒すると言う。
ケインのテーマがヒット。リングに出てくる。ストライカーは慌てて、自分は戦う準備が出来ていないとか、自分を痛めつけてもVを怒らせるだけなどと言っている。ケインはストライカーに蹴りを見舞い、マットに叩きつける。ストライカーが立ち上がると、強烈なチョークスラムをヒット。ケインはストライカーを見下ろしてからリングを立ち去る。

バックステージをミッシェルマクールとケリーケリーが歩いている。
ミッシェルマクール、ケリーケリー vs メリーナ、レイラ
ミッシェルがメリーナをカバーするとレイラがカットに出てくる。ケリーがレイラを抑えに入る。メリーナはトップロープからダイビングクロスボディを狙うが自爆。すかさずミッシェルが抑えてカウント3。
勝者:ミッシェルマクール、ケリーケリー

実況席にミズが加わっている。
CMパンク vs ジェイミーノーブル
ノーブルの入場シーンはSAVE USの映像が流されカットされている。
試合開始直後、パンクのキックがヒットしたところでモリソンのテーマがヒット。リングサイドに向かってくる。
パンクは、ミズとモリソンが気になって試合に集中できない。しかし、ノーブルを追い込んでゴー2スリープ狙い。しかしノーブルが関節技に切り返す。パンクはさらに切り返してゴー2スリープをヒット。カウント3。
勝者:CMパンク

モリソンとミズがリングに入って、ダブルチームでパンクを攻撃する。

11/16放送分Smackdown収録結果簡易速報

11/16放送分Smackdown収録結果簡易速報です

○ジェフハーディ vs フィンリー● (反則)

○ミズ、ジョンモリソン vs MVP、マットハーディ● 
ミズとモリソンが新タッグチャンピオンになる。MVPはすぐさまリマッチを要求するが、再び敗れてしまう。怒ったMVPが膝を痛めているマットを攻撃し、鉄階段に叩きつける。

アンダーテイカーのプロモ

○レイミステリオ vs Mrケネディ●

○ビクトリア、ベスフェニックス vs ミッキージェームズ、トーリーウィルソン●

ホーンズウォグルとカーリーの体重の計量。ウォグルは138ポンド(63Kg)。カーリーが乗ると秤が壊れてしまう。ウォグルが泣き出す。

○バティスタ vs マークヘンリー●
短い試合。試合後にバティスタがヘンリーを攻撃する。

焦点はビンスがステロイドの使用を指示したのかという点

11/12付WWEニュース速報です

☆エッジに対し、医者から復帰にOKが出たそうです。

★11/5のRAW収録大会は札止めの14500人の観客を動員し、入場料収入は約50万ドルだったそうです。

★1/26にリッチモンド州プロビデンスで開催されるロイヤルランブル直前のハウスショーは3ブランド合同で開催されるそうです。

★来年の4/11にイギリスのリバプールで開催されるハウスショーのチケットはすでに売り切れたそうです。

☆WWEのウェルネスポリシーは、抜け穴が存在する可能性があるとされているため、近いうちに修正されるそうです。

☆議会から複数の選手たちに送られた質問状の中で最も重要と考えられている質問は、ビンスマクマーンからステロイドを使用するように言われたかどうかというものだそうです。

★サン紙がジョンモリソンに対し、謹慎処分についてインタビューしたところ、WWEが返答しないようモリソンに指示し、モリソンはノーコメントとしたそうです。一方、メリーナとの関係については今も続いているとコメントしています。

★WWE公式ショップで、2006年のPPV(全16大会)のDVDをまとめて149.99ドルで販売するセールが行われています。

☆WWE公式ショップがカリート関連グッズの在庫処分セールをはじめた為、離脱が近いのではないかと噂されています。

☆エクストリームエクスポーゼの扱いについて、当初、今年のディーバサーチ優勝者のイブ・トーレスを加えるというプランがあったそうですが、先週のECWでのケリーケリーとレイラの対決の後、解散させる事に決まったとされています。レイラは新しいキャラクターを与えられるそうです。一方で、クリエイティブチームは、レイラのルックスが求める基準に達しておらず、レスリングの技術も拙いと考えているそうです。

☆WWEはWWEを去った者に対して、退団後に販売された関連グッズのロイヤリティを支払わなくて良いように契約内容を変更することを考えているそうです。

11/12放送分RAW試合結果速報

11/12放送分RAW試合結果速報です

カンザス州トペカより生放送

ヴェテランズデー(退役軍人の日)を祝するプロモ。そして全ての軍人達に感謝する。

バティスタがリングに登場。ウィリアムリーガルからRAWへ招かれたと言う。バティスタは現在、アンダーテイカーとのヘルインザセル戦へ準備を進めていると言う。すると照明が落ち、アンダーテイカーが登場。今にもバティスタと戦いだしそうになるが、リーガルが止めに入る。リーガルはテイカー、バティスタとRAWのタッグチャンピオンであるトレバーマードック、ランスケイドとの対戦を行うと発表する。

アンダーテイカー、バティスタ vs ランスケイド、トレバーマードック
試合時間3分足らずで、テイカーのツームストンがケイドに決まってピン。
勝者:アンダーテイカー、バティスタ
試合後、バティスタがマードックにバティスタボム。その後テイカーとにらみ合い。

JRとキングがSmackdown vs. Raw '08のゲームについて話している。HBK vs オートンのゲーム画面が映る。サバイバーシリーズではHBKはスイートチンを使ってはならないルールであることが説明される。

今夜、HBK vs オートン戦を行う事がアナウンスされる。

先週、スティーブオースチンがマレラにスタナーを食らわせ、ビールトラックでマレラとマリアにビールをかけたシーンがリプレイされる。

ベスフェニックス vs マリア 女子タイトルマッチ
試合中。サバイバーシリーズでディーバ10人よる試合を行う事がアナウンスされる。試合は1分過ぎで終了。
勝者:ベスフェニックス
試合後にサンチノマレラがリングに登場。マイクをリリアンから奪い取ると、自分たちが先週、スティーブオースチンに攻撃された事を話し、オースチンに謝罪を要求すると言う。そしてオースチンを呼び出すが出てこない。すると、マレラはJRに謝罪を要求すると言い出し、起立しろという。しかし立ち上がったのはキング。マレラはキングをリングに呼び入れる。キングはリングに入ってマレラにパンチを食らわせる。マレラは立ち去っていく。

HHHvsウマガによるランバージャック戦がアナウンスされる。

コマーシャル明け、マレラがキングに試合を申し入れる。キングも了承する。

過去5週間のスイートチンミュージックが決まったシーンのハイライトが流れる。

先週のRAW終了後に行われた、サバイバーシリーズで行うWWEタイトルマッチに関するオートンとリーガルの話し合いの様子が流される。

マットハーディ、ジェフハーディ、レイミステリオ vs フィンリー、MVP、Mrケネディ
12分弱でジェフハーディがMVPを抑えてカウント3
勝者:ジェフハーディ、マットハーディ、レイミステリオ

ビンスマクマーンがバックステージをうろついている。

SAVE USのビデオ。来週の月曜日に登場というヒント。

ビンスマクマーンがリングに登場。HBKとオートンの対決の司会を務めるという。リングには演台が設置されている。オートンとHBKは互いにタイトルマッチについてのアピールを行う。退屈な内容。観客も白けてしまう。HBKは勝つためにはスーパーキックは必要ないという。最後にオートンがHBKを攻撃する。倒れたHBKにパントキックを見舞おうとするがビンスがこれを止める。オートンはHBKにRKOを見舞う。オートンはベルトを持って退場。HBKはリングに倒れている。

メリーナ、レイラ、ジリアンホール vs ミッキージェームズ、ミッシェルマクール、ケリーケリー
2分過ぎにミッキーがレイラからピン。
勝者:ミッキージェームズ、ミッシェルマクール、ケリーケリー

スニツキーのプロモ。

ジェリー「ザ・キング」ローラー vs サンチノマレラ
試合時間2分ちょっと。キングのスモールパッケージホールドでカウント3
勝者:ジェリーローラー

無人のアリーナでトレーニングを行っている様子が映される。ウィリアムリーガルがリリアンにホーンズウォグルをコールするように要求。対戦相手として出てきたのは、カーリーの格好をしたコーチマン。コーチはかつらを取るが、リーガルから「お前は今、コーチマンではなく、カーリーなのだ」と言われる。もう一人、通役の格好をした誰かがいる。
ホーンズウォグルの勝利でセグメント終了。

サバイバーシリーズのカードをJRとキングが紹介する。

HHHがバックステージで、今夜をHHHvsウマガの最終章にするとアピール。

HHH vs ウマガ ランバージャックマッチ
試合時間12分過ぎにフィンリーが乱入してHHHを襲い反則裁定。
勝者:HHH(反則)
サバイバーシリーズのイリミネーションマッチ出場者(HHH、ミステリオ、ケイン、ハーディズvsウマガ、ビッグダディV、フィンリー、MVP、ケネディ)が入り乱れて乱闘するシーンで放送終了

ハーディボーイズも1夜限定復活

11/11付WWEニュース速報です

☆ショーンマイケルズは出場機会を減ずる事が復帰の条件だったとされており、TVの収録とPPVのみの起用に限られているそうです。

★今週のSmackdown収録で、ハーディボーイズが1夜限りの復活を果たすとアナウンスされました。

★ユニバーサルスタジオは、WWEと協力してユニバーサルスタジオとWM24観戦をセットにしたツアーパックを販売するそうです。

★WWEはディーバサーチの途中で落選したレナ・ヤダをECWのバックステージインタビュワーとして採用しました。当初はディーバ候補としてFCWに送られる予定でしたが、レナの家族の問題で契約できないとし、代替案として示されたのがインタビュワーだったそうです。デビューは来月の予定です。

Smackdown視聴率は3%台復帰目前

11/10付WWEニュース速報です

★11/9放送分Smackdown視聴率は速報値で2.9%でした。

★昨日報じられたCNNに対しシナがぶっきらぼうに返答をし、ステロイドの使用の有無について明言しなかったように報じられた件ですが、WWE側は意図的にCNNが重要な部分を編集で削除して報じたとし、未編集のバージョンを公開しています。その冒頭でシナは、はっきりと「絶対に使用していない」とステロイドの使用歴を否定する発言をしています。また、何度もテストにパスしているのに疑われ、必死でコンディションを作っているのに非難されるとして、不満を口にしています。

☆前回のRAWでDXを復活させたのは、ビンスマクマーンがUSAネットワークのボニーハマーのご機嫌をとるためだったと噂されています。

☆JBLが体重を25~30ポンドほど絞り込んで、現在270ポンド程度になっているそうです。試合に復帰する準備ではないかとされています。

★サイバーサンデーの観客動員は10097人で入場料収入は594000ドルとされています。

★10/30のSmackdownの有料入場者数は12300人と推定されています。

★ジョンシナは復帰に向けて1日に2回の上半身のリハビリを行っているそうです。

★ファビュラスムーラが晩年に肩の手術を受けた際、WWEはその費用の負担を申し出たそうですが、ムーラは保険料が下りるからとし、経済的な援助は必要ないと辞退していたそうです。

★カートへニングの娘であるアミーへニングが、OVWで一週間のトライアウトを受けるそうです。

★2008年の2/11の月曜日は、ドッグショーの特別番組のため、RAWの放送予定が変更される見通しです。どのように変更されるのかはまだ発表されていません。

☆先日解雇されたブルック・アダムズについて、メリーナとの確執が原因とされていましたが、多くの同僚との関係も悪かったとされており、メリーナの件は最後のきっかけに過ぎないと噂されています。

★携帯用ゲームのWWE Smackdown Vs. Raw 2008がコチラで発売されています。恐らく、日本の携帯では使用できないものと思われます。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。