WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

違反者は12人の可能性を顧問弁護士が示唆

8/30付WWEニュース速報です。

★WWEは検査機関からウェルネスポリシー違反が発覚したという報告を受け、10名の出演者に謹慎処分を課すと発表しました。違反者の名前などはまだ明らかにされていません。11/1に詳細が発表されるそうです。

☆WWEは該当者の名前の公表を拒んでいますが、ニューヨークデイリーニュース紙が今年2月の調査で医師の処方なしに、処方箋薬を顧客に販売していたことが発覚しているとされるオーランドのシグネチャーファーマシーの顧客リストを、該当する可能性のある選手として公開しています。その後、同様のニュースがESPNでも報道されました。
以下のリストは公式発表ではありませんので取り扱いにはご注意ください。

ランディオートン
チャーリーハース
アダム・コープランド(エッジ)
ロバート・ハフマン(キングブッカー)
グレゴリー・シェイン・ヘルムス
マイクブッチ(元サイモンディーン)
アンソニー・カレリ(サンチノマレラ)
ジョン・ヘニガン(ジョンモリソン)
ダレン・マシューズ(ウィリアムリーガル)
ケン・アンダーソン(Mrケネディ)
エディ・ファトゥ(ウマガ)
ショーイチ・フナキ
チャボゲレロ

その後、ESPNの報道で新たに挙がった名前

バティスタ
クリスマスターズ



★ビンスマクマーン自身が10人に謹慎処分が下されることを認めています。そのうちの9人は今回が初めての違反で、1人は2回目の違反になるそうです。(私が把握しているWWEの現役選手の内で2回目の違反を犯した可能性があるのはクリスマスターズのみです。)

★WWEの顧問弁護士であるジェリー・マクデビッドがFOXニュースチャンネルの番組に出演し、10人の違反者が発覚したことを伝えています。氏名の公表を求められましたが、これを拒絶し、名前を公表しない理由については、話題をはぐらかしています。
この中で、10人以外に2人が現在面談中であり、明日にも2人が処分者リストに加わる可能性があるとしています。

★WWEは2004年に解雇し、その後日本、メキシコなどで活動していたジョニー・スタンボリと契約を結んだと報じられましたが、その後、スタンボリ自身のコメントで、契約書にサインしなかったと語りました。

★8/28放送分ECW視聴率は1.3%でした。

★今年も海外に駐留する米軍の慰問大会を開催すると発表されました。この様子は12/24のRAWで放送されるそうです。詳細は今後、発表されるとのことです。
スポンサーサイト

過去の処分者リスト

2006年2月25日にヘルス&ウェルネスポリシーが実施されて以降の処分者、及び、ドラッグ関連の事件、その他の理由による謹慎処分のリストを作成したいと思います。

こちらで気がついたもののみ列記いたしておりますので、足りないものに気が付かれた方はコメントにてお知らせください。随時、リストに追加していきます。

ヘルス&ウェルネスポリシー違反
2006/5 ジョーイマーキュリー ペインキラー使用 30日間の謹慎処分

2006/5 クリスマスターズ 筋肉増強剤使用ペインキラー使用 30日間の謹慎処分

2006/7 サブー ペインキラー及びマリファナパイプの所持で逮捕 ウェルネスポリシー違反が適用されて1000ドルの罰金

2006/8 マットハーディ 詳細不明 本人はブログで「休暇をもらったが体に問題は無い」とコメント。しかし、ウェブマスターは体調不良による欠場と説明。本当の理由はウェルネスポリシー違反で30日間の謹慎処分と噂されている。WWEの公式発表はなし。

2006/8 ライアンリーヴス(当時OVW) 詳細不明 30日間の謹慎処分

2007/2 アンドリュー「テスト」マーチン 詳細不明 30日間の謹慎処分

2007/5 レネデュプリ ペインキラー使用 30日間の謹慎処分

2007/5 ジョーイマーキュリー ペインキラー使用 解雇

2006/7 カートアングル 当初、WWE側の休息命令を無視したためとされたが、後にステロイドの処方箋の期限が切れていたことが発覚したためと説明(アングル側は否定) 30日間の謹慎処分

不明 ライアンオライリー(ディベロップメント)


薬物関連の事件
2005/11 ソーマを服用したユージンがホテルの部屋で昏睡

2006/7 車で移動中だったRVDとサブーが、マリファナ等の所持で逮捕。


その他の謹慎処分
2006/4 ランディオートン 度重なる素行不良のため 60日間の謹慎処分

2007/8 ジェフハーディ 出場予定の大会を無断欠勤 本人は許可を得たと主張しているが、大多数がこれを否定。 JRがブログの中で30日間の謹慎処分が下ったことを認めている。 WWEの公式発表はなし。

WWEの森嶋への接触はノアが阻止

8/29付WWEニュース速報です。

★ジョニーエースが先週、ROHに出場するためニューヨークに滞在していた森嶋猛との面会を求めていましたが、ノア側がこれを拒否したそうです。WWEは昨年も、トレーニングのためハーリーレイスジムを訪れていた森嶋をECWに誘ったことがあるそうです。

★先日のROHの大会のバックステージにRAWのヘッドライターであるブライアンゲワルツが来ており、デリリアスと話をしていたそうです。ゲワルツはデリリアスのWWE入りを積極的に希望していると言われています。

★8/24放送分Smackdown視聴率は決定値で2.2%でした。

☆サマースラムのタイトルマッチは、それぞれバティスタ、オートンが勝利するという予定になっていましたが、金曜日の時点でビンスがこれを覆したそうです。バティスタのタイトル奪取は盛り上がりに欠けるという判断で、オートンにはさらに完璧なタイトル奪取の舞台を用意したいと考えているためと伝えられています。

☆サマースラムでケインが胸部にテーピングを施していたのは、数週間前にフィンリーの攻撃を受けた際に負傷していたためと伝えられています。

☆WWEにオフシーズンを作るべきだと言う意見が上げられているそうですが、そのたびにビンスが却下しているそうです。

★レイミステリオがインタビューの中で、過去のステロイド使用を否定しています。アスティン医師のリストに名前があった件について、度重なる膝の手術のためにペインキラーを処方してもらっただけだとしています。一方で、デビッドウィルバート医師からナンドロロンなどを処方されたとされる件については、説明がありませんでした。

★次回の収録は、RAW、SD/ECW共に、レイバーデイ(日本で言う勤労感謝の日)に当たるため、SD/ECWは9/1の土曜日、RAWは9/2の日曜日に収録されます。レイバーデイの後、RAW一行はツアーの為、アフリカに旅立つそうです。

★RAWを負傷アングルでジェリーローラーが欠場した際、当初、JBLが代理を務める予定でしたが、JBLは家族を連れて海外に行っていたため、タズが代理を務めることになったそうです。

☆MVPはレスリングを続けることに支障は無いと判断されたそうです。サマースラムはMVPの体調よりも、むしろ、マットハーディとの抗争を続ける上で時期尚早と判断されたため、試合が組まれなかったのだそうです。

☆WWEは試合のフィニッシュをより「お約束化」することを検討しているという噂です。

☆ジョンシナの父親は、WWEへの登場を継続する予定になっているそうです。また、シナの兄弟も登場予定になっているそうです。

8/28放送分ECW収録試合結果速報

8/28放送分ECW収録試合結果速報です。

ジョンモリソンがリングに向かって登場。マイクで観客を侮辱すると「何が問題だと言うんだ?お前らは俺の言葉よりも体をもとめているんだろ?注意を払え。感じるか?サマースラムの場所とタイミングは完璧だった。俺は人々をまとめ、観衆を爆発させ、あの夜を燃え上がらせたのだ。
CMパンクには、神の作り上げた現実というものを教えてやった。そしてもう一度、私が「偉大な聖者」、「火曜の夜の喜び」、「ECWチャンピオン」ジョンモリソンであることを証明してやる。そして俺は戦うチャンピオンだ。全ての現実を受け止める器量がある。そして、ECWのGMであるエストラーダは今夜フェイタル4ウェイ戦で、このセクシーなシャーマンの対戦相手を決定することを宣言した。
私と戦いたがっている者たちをみてみよう。ブギーマン。奴は俺を捕らえようとするだろう。奴は闇より現れた恐怖をまとう者だ。だが俺は善悪を超越している。天使にも悪魔にも、その間のいかなるものにもなることができる。悪いなブギー。言葉よりも私を怖がらせてみろ。
次は誰だ?ザ・ミズ?奴は女をひきつける磁石で、女は愛し、男は恐れると言っているそうだが、残念だが行動は言葉よりも雄弁に語るものだ。俺のいう行動とは、お前の独りよがりなパフォーマンスのことではないぞ。
次は誰だ。ビッグダディVは人間性の問題で今夜は勝てないだろう。次は?CMパンク?それは素晴らしい。奴の15分間の栄光はサマースラムで終わった。おれは何度、あいつにチャンスを与えてやった?あいつのストレートエッジなる生き方とやらを見てみろ。酒も、タバコも、ドラッグもやらず、タイトルを取ることもできない人生だ。しかし、タトゥーを入れることはできる。それのどこが偉大だというのだ。おれにやられるたびに、新しいタトゥーでも増やすのか?
どいつもこいつも、ECWチャンピオン、ジョンモリソンを倒せる力は持っていない。」
モリソンのテーマがヒットし、ベルトを掲げてからリングを立ち去る。

コマーシャル

ケビンソーンが登場。先週、バックステージでソーンとスティービーリチャーズが乱闘になったシーンがリプレイ。リチャーズが登場し、再び試合が組まれる。

ケビンソーン vs スティービーリチャーズ

序盤はソーンが優勢。リチャーズはもっと来てみろとアピール。ソーンはさらに攻撃の手を強める。リチャーズをコーナーに叩きつけると、走り込んでエルボースマッシュ。さらに顔面にキック。トップロープを喉に食い込ませるチョーク攻撃。
場外に出たリチャーズを追いかけて、さらに喉を攻撃する。ソーンは一旦リングに戻って場外カウントを止めて再び場外へ。リチャーズの腰をガードレールに叩きつける。リングに戻して何度もクローズラインを喉元に叩き込む。リチャーズは息も絶え絶え。それでもソーンはクローズラインをやめない。アウトサイダーズエッジはリチャーズが脱出。しかし、またクローズラインを食らってしまう。ソーンはリチャーズをののしり、奇声を上げ、何かをリチャーズに見せる。リチャーズはデュランダル(顎に仕掛けるバッククラッカー)をヒット、さらに大車輪キックで2カウントを奪う。続いて丸め込みを狙うが、ソーンのトーチャーラック(アルゼンチンバックブリーカー)に捕まってしまう。ソーンはリチャーズをコーナー上の寝かせてオリジナルシン。カウント3。
勝者:ケビンソーン

コマーシャル

ブギーマンのビデオ。シャメール、ジリアン、JBLらにミミズをかけたシーンが流れる。

バックステージでエクストリームエクスポーズ達がミズを励ましている。ボールズマホーニーが現れる。ミズはマホーニーに、先週マホーニーが勝利して驚いたと言う。あの勝利がまぐれなのかそうでないのかを確かめるためにお前の試合を観たいと言う。ブルックとレイラはマホーニーを笑いものにするが、ケリーケリーは今夜の検討を祈っていると言う。

別の場所でモリソンがエストラーダに対し、挑戦者決定戦を快適に観戦したいと言っている。CMパンクが入ってくる。モリソンはパンクがもう一度タイトルマッチを行うことをなき付きに来たのだと言う。パンクはモリソンがタイトルマッチでロープに足をかけて押さえ込んだことを伝えに来たのだと言う。モリソンは勝ちは勝ちだと言う。CMパンクはモリソンを殴るふりをすると、モリソンがひるむ。パンクは笑うと、今度はどうするつもりだ?と問う。パンクはひとしきり挑発すると立ち去っていく。エストラーダとモリソンは怒っている。

コマーシャル

ミズがエクストリームエクスポーズと共に入場。実況席付近にエクスポーズを誘導し席にすわる。イライジャバークが登場する。

ボールズマホーニー vs イライジャバーク
バークがつっかかっていくが、マホーニーがボディスラムからクローズラインで反撃。ケリーは立ち上がってマホーニーを応援している。しかし、バークは顔面蹴りでペースを奪い返す。観客はマホーニーをチャントで応援。ミズ、ブルック、レイラは攻撃されるマホーニーを見て笑っている。バークはコーナーで攻撃を続け、串刺しクローズラインを狙うが、マホーニーが脱出してカウンターの丸め込みでニアフォール。すぐにバークが近距離クローズラインで倒して、チンロックで攻める。マホーニーは抜け出してスープレックスを決めてパンチ。みちのくドライバー2からカバーするが、バークの足がロープにかかる。両者殴りあいながらコーナーに登っていき、バークの雪崩式スープレックスがヒット。イライジャエクスプレスが決まってピン。
勝者:イライジャバーク
ミズは上機嫌。ケリーは落ち込んでいる。ミズはマイクでボールズは負け犬だと言い立ち去る。両腕にレイラとブルックが絡み付いている。ケリーはリングに滑り込んでマホーニーの様子を見てからリングを離れる。ケリーは花道の半分くらいで振り向く。今にも泣きそうな様子。マホーニーはロープにすがってようやく立ち上がると、ケリーを見つめる。ケリーは落ち込んでいるのを隠そうと、気丈に振舞う。

コマーシャル

ミズが戻ってくる。CMパンクが続いて入場。ビッグダディVが続いて、ブギーマンの登場でもう一度コマーシャル。

3人ともビッグダディVとの共闘を申し込んでいる。

CMパンク vs ミズ vs ビッグダディV vs ブギーマン 挑戦者決定戦
Vは3人まとめて相手にする。パンクとミズを倒すと、ブギーマンはVの周りで踊っている。ミズがブギーマンの足を引っ掛けて場外に引きずり出す。パンクはVにクロスボディを狙うが、受け止められてトップロープ越しに場外に投げ捨てられる。Vは場外でパンクとミズを攻撃。まとめてガードレールのつめたところへ、突進するが2にんともかわして、Vはガードレールに自爆する。リングではミズがブギーマンを場外に排除。戻ってきたパンクをコーナーにつめてフライングブートでニアフォールを奪う。
パンクがミズに反撃。キックの連打を叩き込むが、ダイビングレッグドロップはかわされる。ミズはリング中央でネックバイスをしかける。観客はパンクを応援。パンクはパワースラムで反撃すると両者ダウン。両者立ち上がってパンクがミズをコーナーに振り、ジャンピングニーからフェイスクラッシャーの連続攻撃。スワンダイブしてフライングラリアットをヒット。ニアフォールを奪う。最後はゴー2スリープがヒットしてピン。
勝者:CMパンク
試合後、Vはブギーマンを捕らえ、場外の床に叩きつける。Vがリングに戻る前にパンクは退場。実況陣はモリソンにとって、パンクの逆襲という最悪の悪夢は続いていると語る。パンクは観客達と勝利を祝う。Vがそれをリングからにらんでいる。

8/31放送分Smackdown収録試合結果速報

8/31放送分Smackdown収録試合結果速報です。
赤字は修正箇所です。

ダークマッチ開始前、WM23のハイライトビデオが流される。会場はほぼ満員。

ダークマッチ
○ジョニージェッター vs ケニーダイクストラ●
延髄切りでピン。

○ダルトンズ vs デイブテイラー、ポールバーチル●

イラクに派遣された米軍に敬意を表する。

JBLがリングに向かって歩いてくる。

スマックダウン
オープニング映像。続いてサマースラムのハイライト

テディロングとグレートカーリーがリング上。テディは今夜世界ヘビー級タイトルへの第1挑戦者を決定するとし、トーナメント戦を行うことを決定。今夜、ケインvsフィンリー戦とバティスタvsミステリオ戦を行うと発表。それぞれの試合の勝者同士に今日のメインイベントで戦ってもらうと言う。そして「来週を待つまでも無く、今から始めよう!」

ケイン vs フィンリー
前半戦はケインが一方的に攻める。終盤、ケインがフライングラリアットでフィンリーを倒し、チョークスラムを決めたところでホーンズウォグルが出てくる。注意をそらされたケインの隙をついてフィンリーが丸め込みでピン。
勝者:フィンリー

マットハーディ、MVP vs デュース&ドミノ 世界タッグタイトルマッチ
マットハーディが長時間捕まってしまう展開。MVPにようやくタッチすると、MVPはマットを場外に突き落としてしまう。しかしMVPが一人で勝利を奪う。
勝者:MVP、マットハーディ 世界タッグタイトル奪取
試合後、MVPは2本のベルトを持って勝利をリング上で祝っている。マットは場外からそれを見ている。

バックステージでビンスがバティスタに対し、お前が息子なら素晴らしい事だと言う。ルックスも申し分ないし、必要なものを全て備えていると言う。バティスタはもし自分がビンスの息子だったらお前を殺してやると言う。

リングでマークヘンリーがマイクを持っている。ヘンリーはアンフォーギブンでテイカーが復帰するが、自分がぶち壊すとアピールする。照明が落ちテイカーのテーマがヒット。スクリーンにプロモが流れるがテイカーの登場はなし。アンフォーギブンでの復帰がアナウンスされる。ヘンリーはこの間、リング上に立っている。

ミステリオ復帰のハイライトが流れる。

バティスタ vs レイミステリオ

両者一進一退。ミステリオが619にトライするがかわされる。終盤、フィンリーが乱入し、ミステリオを攻撃。これによりミステリオの反則勝ちがコールされる。
勝者:レイミステリオ(反則)
来週のSDでフィンリーvsミステリオによる世界ヘビー級タイトル挑戦者決定戦が行われることに決まる。

次はビンスマクマーン登場の予告。

ビンスがコーチと共にリングに現れる。コーチはビンスと寝たことのある女性のリストを持っているという。そして、そのリストの女性達を呼び入れたいと申し入れる。
最初の女性はシェリルというニューヨーク出身の女性。ビンスはその夜はとても素晴らしかったので、覚えていると言う。
次にコーチはコネチカット出身の3人の女性を招き入れる。ビンスは1997年の新年を迎えた時の女性達で、みんな素晴らしく、大爆発で新年を迎えることができたと言う。
続いて、シスターメリーという修道女が出てくる。彼女は「1991年に駐車場で過ごした夜、あなたは満足したはずです」と言う。ビンスは彼女に対し、新しい生き方を提示してやったのだといい、修道女よりも見合う生き方があると言う。
ビンスは次のRAWで、家族達と対面することになるが、心配はしていないと言う。

マスターロックチャレンジ。挑戦者はチャックパランボ。しかしパランボは逃げ出そうとする。しかし、バイクのエンジンが不調で逃げ出せず、捕まってしまう。

クリスタルとテディロングの結婚式の予告。

ダルトンズのプロモーションビデオ。SD登場が予告される。

フィンリー vs レイミステリオ 世界ヘビー級タイトル挑戦者決定戦

試合中にグレートカーリーが乱入。ミステリオを攻撃したことで反則裁定。
勝者:レイミステリオ(反則)
裁定後、カーリーとフィンリーはミステリオをいたぶっている。バティスタが飛び込んできてミステリオを助ける。

終了です。

ニューイヤーズレボリューション2008はキャンセル

8/27付WWEニュース速報です。

★WWE.comは、早速8/27のRAWでシナの父親がランディオートンに負傷させられたことを宣伝しています。

☆ディーロブラウンは、WWEと近いうちに再契約するだろうとみられています。

★サマースラムのバックステージにはジミースヌーカ、ロバートギブソン(WWEのコーチを務めています)、元WCWのテディ・リード、元ROHチャンピオンのザビエル、ディック・クロールらが来ていたそうです。また、観客席にはHHHの両親も来ていたそうです。

★8/27のRAW収録と同時に行われたその他の試合です。

○ハイランダーズ vs ジョニージェッター、ライアンオライリー●
スカッシュマッチ

○ミッキージェームズ vs ジリアンホール●
試合前にジリアンが歌う。ミッキーが現れて妨害して試合になる。ミッキーのエレクトリックチェアーがヒットして観客は大声援。最後はミックキックでピンを奪う。

○ハクソージムデューガン vs ジミージャックキャッシュ●

○サンドマン vs マイクエドワーズ●

○スニツキー vs スーパークレイジー●



★2008年前半のPPVスケジュールです。

・1/27 ロイヤルランブル マジソンスクウェアガーデン
・中止 ニューイヤーズレボリューション
・2/17 ノーウェイアウト ニューオーリンズ
・3/30 レッスルマニア24 オーランド シトラスボウル
・4/27 バックラッシュ
・5/18 ジャッジメントデイ
・6/01 ワンナイトスタンド
・6/29 ヴェンジェンス
・7/20 グレートアメリカンバッシュ

ニックホーガンは退院

当初伝えられていたよりもニックホーガンの怪我は軽く、すでに退院しているそうです。しかし同乗者の男性は現在も入院中であり、ニックも男性の家族と共に病院内で付き添っているそうです。


以下8/27分の報道内容です。

ハルクホーガンの実子であるニックホーガンが、交通事故を起こし、同乗者と共に病院にヘリコプターで緊急搬送されました。かなりのスピードを出していたものとみられており、車は大破し、ニック、同乗者共に深刻な容態であるとされています。

ニックは17歳で、レースのドライバーとしても活躍していました。同乗者は2名おり、ニックも含め、3人とも重体との事です。

8/27放送分RAW収録試合結果速報

8/27放送分RAW収録試合結果速報です。

マサチューセッツ州ボストンより

サマースラムのシナvsオートン戦のハイライトでスタート。パイロはなし。オートンがリングに登場する。

オートンは昨晩中、教会にいたと言う。なぜならジョンシナが防衛すると言う奇跡の当事者だからだと言う。そして自分が勝っていたはずであり、WWEチャンピオンになるべきだったが、今もシナがチャンピオンで、引退もせずにいられることを神に感謝しろという。だが、次にそのような幸運は無いとし、もう一度タイトルマッチを行うことを要求する。そしてジョンシナを呼び出す。シナはすぐにリングに出てくると、今夜は自分に地元の利があり(シナはボストン出身)父親もリングサイドに来ているという。そしてオートンに利があるとすれば、自分がまだ全ての仕事をやり終えていないということだけだとし、「The champ is still here!!」
オートンは改めて挑戦を要求するが、シナはHHHとの対戦を望む。しかし、ウィリアムリーガルはシナvsキングブッカーを決定する。

Mrケネディ vs ジェフハーディ
ジェフ復帰に、大歓声が上がる。序盤はケネディが支配。ボディシザーズで締め上げていく。さらに、ジェフを叩きのめしてニアフォールを奪う。ジェフが反撃しコークスクリュームーンサルトがヒット。2カウント。ジェフはスワントーンを狙うが、ケネディは剣山で反撃。ここでウマガが乱入。ケネディを追い掛け回す。ここでウマガは突然ジェフにスーパーキック。レフリーが反則を取る。
勝者:ジェフハーディ(ウマガ乱入による反則裁定)
ウマガはジェフにサモアンスパイクで止めを刺すと、ケネディをにらみつける。

今夜、カリートスカバナにMrマクマーン登場というアナウンス

サマースラムでのHHH復帰のハイライトが流れる。

バックステージでコーチがビンスに、カバナで行う大きな発表とは何か、尋ねている。ビンスは残りの連中の調査を終えるつもりだと話しているところで、Mrケネディぶつかる。ビンスは自分のミドルネームもケネディだなというと、Mrケネディは知っていると答えて足を引きずるような歩き方で立ち去る。ビンスは妙な歩き方だなというと、いつもの威張った歩き方で立ち去る。

カリートスカバナ。カリートは少し遅れたがとしながら、ビンスの誕生日を祝う。ビンスは先週の金曜日に5*歳になったと言う。(本当は62歳)ビンスは髪型が変わっている。ビンスは「私に黙ってガキを生んだ女が、どいつが私の息子であるのかを公表しないなら、2週間以内にそいつを訴えてやる。」と言う。そして、「私の問いに全員が答えろ」といったところでHHHが登場。観客は大声援。ビンスがHHHを怒鳴りつけると、HHHは「これが俺に対する復帰祝いか?お前が75歳の誕生日を迎える間、俺は欠場しながらあちこち探し回ってたんだ。そして4人、お前の子供を生んだ可能性のある女を見つけ出した。」と言うと、4人の人物を連れてくる。一人はまるっきり男のような人物。もう一人はカリートの姉。「カリートの姉は自分のりんごを吐かなかった。」ビンスはいらいらしながら、他の女性も立ち去らせるように言う。HHHは「ビンスは違法な闘鶏を行い、ニュースになったことがある。ビンスは動物が嫌いだ。」ビンスはこれを否定し、動物は好きだという。HHHはビンスを誘導してビンスに「I love cocks!(cockは鶏。しかし男性器をあらわすスラングでもある)」と言わせる。ビンスはHHHが大嫌いだと言うと怒り狂う。カリートはHHHに、ビンスに対して敬意を払わないのであれば、お前の仕事を奪ってやると言う。HHHはカリートに対し、「お前はグレープフルーツ(キ○タマをあらわすスラング)を吸うのが好きらしいな。」カリートはHHHにアップルミスト。HHHはニヤつきながら観客席に入っていくと見せかけて、カリートを殴り倒してスパインバスターからぺディグリーを決め、DXチョップ。

ワールドグレイテストタッグチーム&ディバリ vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック&コーディローズ
シェルトンが髪を金髪にしている。速い展開の試合。場外のWGTTにロンドン、ケンドリックがダイブ。リングにはディバリとコーディが残る。コーディのダイビングクロスボディが決まってピン。
勝者:コーディローズ、ポールロンドン、ブライアンケンドリック

今週のスマックダウンに、レイミステリオが登場すると言う予告。

明日のECWのメインはCMパンク、ブギーマン、ビッグダディV、ミズの4人によるフェイタル4ウェイマッチで、ECWタイトルへの挑戦権を争うという宣伝。

リングにはディバリが残ってわめいている。クライムタイムが現れ、ディバリを妨害すると、何を言っているのか誰も理解できていないと告げる。そしてディバリのターバンを奪い観客に5ドルで売り払う。ランスケイド、トレバーマードックがリングに登場。クライムタイムはケイドの10ガロンハットを盗んで、観客席に投げ込む。

バックステージでビンスがコーチに対し、HHHから受けた屈辱の大きさを語っている。ランディオートンが飛び込んできてもう一度タイトルマッチを行うことを求める。ビンスはオートンが素晴らしいアスリートであることを認めながら、今回挑戦に値しないと言う。もう一度タイトルに挑みたければ、自分自身の価値を証明して見せろと言う。オートンはドアを乱暴に閉めて出て行く。

マリア vs ベスフェニックス
マリアの登場時にベスが奇襲をかけて、リングに上がる前にノックアウトしてしまう。試合は不成立。

トッドグリシャムがキャンディスに、ベスに対して脅威を感じるか尋ねている。キャンディスは否定すると、誰の挑戦でも受けるのが自分の流儀であると答える。スニツキーが割り込んできて、妙なアピールを始める。

ビンスがバックステージでコーチに、母親の女性は2週間以内に誰が息子なのか申し出るだろうと語っている。そしてそれは恐らく来週のRAWだろうと言う。リーガルが歩み寄り、ビンスに何かをこっそり伝える。リーガルは来週のRAWでマクマーン一家(リンダ、シェイン、ステフ)が登場し、ビンスに対峙すると告げる。そして彼らは恐らく代理人(弁護士)を連れてくるだろうとする。

キングブッカー vs ジョンシナ
序盤にシナはSTFU。ブッカーはエスケープ。そこからブッカーがシナを圧倒。しかしシナも反撃に転じるが、ブッカーの優勢は変わらない。シナが決死の反撃に出たところにランディオートンが乱入。背後からシナを襲って反則裁定。
勝者:ジョンシナ(反則)
オートンとブッカーはダブルチームでシナを攻撃。ブッカーはシザーズキックを決めて退場。オートンはシナにパントキック(頭を蹴り上げる攻撃)を狙うが、考え直してやめ、リングを去る。リングサイドのシナの父親を掴むと観客席からリング下に引きずり込んで、パントキックを食らわせ、花道を去っていく。シナと医療班がシナの父親の容態をみているシーンで終了。

視聴者の裏をかくのが狙いだそうです

8/26付WWEニュース速報です。

★8/24放送分Smackdown視聴率は速報値で2.4%でした。今週は速報値の発表が遅れていました。

★8/24はビンスマクマーン62歳の誕生日でした。

★サマースラムの本大会前のダークマッチで、ランスケイド、トレバーマードック組がポールロンドン、ブライアンケンド
リック組に勝利しました。内容は素晴らしかったとのことです。

☆バティスタとグレートカーリーの抗争は、今後もしばらく続けられるそうです。

☆WWEのクリエイティブチームは、ストーリーの予測を難しくするため、予想を裏切る展開にすることを心がけているそうです。サマースラムでも、ランディオートン、CMパンク、Mrケネディらの勝利が予想されていたため、敢えてこれに逆らったと言われています。現在、最大の関心事は、Mrケネディがビンスの隠し子であると多くの人々に予想されている事だそうです。

サマースラム試合結果速報

サマースラム試合結果速報です。

オープニング映像でスタート。試合とHHHの復帰の予告が流れる。

パイロが上がり、サマースラムのテーマ曲が流れる。
マイケルコールは、チケットが1月に売り切れたと言う。
3ブランドの実況陣がリングサイドにいる。

ケイン vs フィンリー

ケインは胸に包帯を巻いているフィンリーはケインの左足を集中攻撃。フィンリーはリング下からホーンズウォグルを引っ張り出すが、ケインを怖がってリングを逃げ出し、再びリング下に潜り込もうとする。しかし、ケインが捕まえてリングに戻し、チョークスラムを狙うが、フィンリーがカット。フィンリーのDDTが決まって2カウント。ウォグルはリング下からシレイリを持ち出してフィンリーに渡し、フィンリーはそれでケインの傷めている肋骨を殴る。しかし3カウントは奪えない。最後はケインのチョークスラムが決まってピン。
勝者:ケイン
試合後、ケインは笑いながら立ち去っていく。

バックステージに、小さなビーチが再現されたセットが用意され、3人のGMがいる。そこへビンスが登場。ビンスがエストラーダに話しかけると、サンチノマレラが登場。腕に吊り包帯をしている。しかし、追い出されてしまう。今度はスーツを着たMVPが登場。ビンスに「俺には俺があんたの息子かどうかは分からない。ただ、マットハーディに挑戦させてほしいだけだ」と言う。リーガルはMVPがビンスの息子であるはずが無いといい、自分がビンスの子供であると遠まわしにアピールする。しかし、ビンスはイギリス女とは何もしていないとし、コーチの調査結果も一致する。

ミステリオのプロモが流れる

ウマガ vs カリート vs Mrケネディ ICタイトルマッチ
ノーDQマッチ。ケネディはいつもの自己紹介。序盤からニアフォールの応酬。ウマガは倒れているカリートにダイビングヘッドバットをヒット。ケネディはモニターでウマガを殴る。カリートとケネディは共闘してウマガを攻撃。しかしウマガはダブルのクローズラインで反撃。ケネディがカリートをフォール。ウマガがカット。ケネディにサモアンスパイクが決まってピン。
勝者:ウマガ ICタイトル防衛

アンフォーギブンのプロモが流れ、アンダーテイカーの復帰が予告される。

ゲレロ家とミステリオの対立をまとめたビデオ。

チャボゲレロ vs レイミステリオ

ミステリオは銀色のボディペイントを施している。少し太ったように見える。試合開始。観客は「Chavo sucks」チャント。試合が始まるとレイのペイントはすぐに剥げ落ちてしまう。チャボは鉄柱にミステリをの膝を叩きつけ、左膝を集中攻撃する。さらにサブミッションで膝を固めていくが、ミステリオがロープを掴む。ミステリオのスイングDDTがヒット。カバーするがチャボは足をロープにかけてブレイク。チャボのゴリーボムがヒット。ミステリオがキックアウト。ミステリオは619を失敗。しかし、もう一度トライして今度は成功し、スプラッシュで追い討ちをかけてピン。試合時間は約12分。
勝者:レイミステリオ

明日のRAWはSci-Fiチャンネルで放送されることが宣伝される。

トッドグリシャムがキングブッカーとクイーンシャメールにインタビュー。ブッカーは自分とレイが復帰戦で成功を収めたのに対し、HHHは不幸だったと語る。

ディーババトルロイヤル
キャンディスがベルトを持って登場。RAWの実況テーブルにベルトを置く。
最初にブルックが退場。続いてマリア。さらにレイラが退場。ビクトリアがクリスタルに落とされ、ミシェルマクールがクリスタルを落とす。ケリーケリー退場。トーリーがジリアンを落とす。メリーナはミッキーを落とし、続いてメリーナも失格。キャンディスが笑っている。べスフェニックスがトーリーを落として、最後に残ったのはべスとミシェルの2人。ベスがミシェルを落として勝利。
勝者:ベスフェニックス
試合後、MVPが登場。2人の男がクーラーボックスを持ってくる。MVPはディーバたちを観に来たわけではなく、USチャンピオンに会いに来たのだと言う。MVPは「かつての俺はビールを飲んでいたが、現在は素晴らしい清涼飲料水を飲んでいる。今日はレベルを落としてやって、ビール飲みコンテストでマットハーディに挑戦する」と言う。
マットが登場。アピールすると、自分は普通の人間であり、そのことに誇りを持っているというと、挑戦を受けないと言う。そして、SNMEのときにMVPが代理(ホリフィールド)を立てたように、こっちも代理を連れてきたと言うと、登場したのはスティーブオースチンが登場。マイケルコールが、今夜の観客は17000人と発表。オースチンとマットは一緒にビールを飲んで、オースチンがウォームアップ。観客はオースチンを応援。オースチンがクーラーボックスを開けてビールを取り出すと、MVPにスタナー。ビールで祝杯を上げる。

レッスルマニア24のプロモ

バックステージでビンスがコーチ、テディロング、リーガルと話をしている。そこへクライムタイムが入ってくる。ビンスを「Vマック」と呼び「Money, money, yea, yea」をはじめる。リーガル、ロング、コーチもチャントに加わる。リーガルが帽子を横向きに被っている。ロンシモンズが現れて「Damn」

今回のテーマ曲を担当したカット・デルーナがリングサイドにいる。

ジョンモリソン vs CMパンク ECWタイトルマッチ
序盤からフォールの応酬。7分経過したあたりでモリソンが足をロープにかけた押さえ込みでピン。
勝者:ジョンモリソン ECWタイトル防衛

再びRAWがSci-Fiで放送されることが宣伝される。

バックステージでカーリー、バティスタ共に世界ヘビー級に向けてウォームアップしている様子が伝えられる。今夜のシークレットワードは「プロテイン」とアナウンス。(視聴者プレゼント企画?)

キングブッカー vs HHH
JRとキングは、この試合を公正に伝えることは難しいと言う。「The game」のテーマでHHHが入場。素晴らしい体型を作ってきている。JRは今夜の観客動員が17441人と発表する。序盤にHHHがクローズラインでブッカーを場外に落とすと、そのまま場外乱闘になる。HHHのフェイスバスターがヒット。続いて4の字固めに入るが、シャメールがHHHの目を引っかいて妨害する。HHHは鉄階段にブッカーを叩きつけ、スパインバスターをヒット。ブッカーのブックエンドがヒットするが、HHHはキックアウトする。最後はHHHのぺディグリーがヒットしてピン。
勝者:HHH

コンデムドのDVDが9/8発売と言う宣伝。

ここから追記です。
再びアンフォーギブンとテイカー復帰の宣伝。

カーリーとバティスタの対立のまとめ

バティスタ vs グレートカーリー
カーリーは通訳と共に登場。額に絆創膏を貼っている。カーリーはクロー攻撃でバティスタの首を攻めていく。観客は「Boring」チャント。バティスタのスパインバスターがヒット。バティスタボムを狙うものの阻止されて逆にネックハンギングボムを食らう。カバーはバティスタがキックアウト。通訳がイスを投げ入れると、レフリーの制止を無視してカーリーがイスで殴って反則裁定。
勝者:バティスタ(反則のためタイトル移動はなし)
怒ったバティスタはイスを使ったスピアーを食らわせる。
追記ここまでです。

バックステージでビンスとコーチが話していると、リーガルが、女性が訪ねてきたことを告げる。入ってきたのはメイヤングとムーラ。メイはビンスと関係を持って隠し子を作りたいというと、ビンスに襲い掛かる。リーガルがメイ引き離そうとしている。ビンスはようやく立ち上がり、精神的に立ち直ろうとする。コーチはビンスが正気であるかどうか確認している。ビンスは「今、口の中には信じられない味が広がっている。年老いた鶏からは、素晴らしいスープが取れるものだ。」

シナとオートンの対立のおさらい。

ジョンシナ vs ランディオートン
観客は「Cena Suck!」チャント。シナがヘッドロックをかけるだけで観客はブーイング。観客はオートンを支持すると言うよりも、反シナという反応。序盤のSTFUはオートンがロープにエスケープする。エプロンサイドに出ていたシナを、オートンがショルダータックルで吹っ飛ばして、シナはRAWの実況テーブルに激突。オートンはシナをリングに押し戻してカウントアウトを阻止。倒れたシナを踏みつける。オートンがヘッドロックをかけた所で、観客は大きな「lets go Cena, lets go Orton」チャントを始める。シナの5ナックルシャッフルがヒット。オートンはDDTで反撃。カバーは2カウント。シナが立ち上がるのを待ち構えてRKOにトライするが失敗。場外でシナを鉄階段に叩きつけ、シナをリングに押し戻しカバー。シナがキックアウト。オートンはスープレックスを狙うがシナが切り返してオートンを倒してレッグドロップ。FUを狙うが、オートンがブロックする。オートンのブートをかわして、シナがSTFU。オートンはロープエスケープに成功。今度はRKOがヒット。しかし、シナがキックアウトしてFUをヒット。21分超の試合を制する。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛

試合後、シナはスピニングベルトを掲げる。
終了です。

サマースラムの試合結果に関する噂

8/25付WWEニュース速報です。

☆サマースラムのWWEタイトルマッチはオートンがタイトルを奪取する予定になっているとの事です。

☆レイミステリオの復帰戦は短い試合時間で終わり、チャボに勝利するものとみられています。

☆HHHは故障前と比べて、かなり体重が落ちているそうです。また、キングブッカーとの抗争はサマースラム後もしばらく続くそうです。

☆ケネディはICタイトルマッチに防衛するとみられています。

☆ディーババトルロイヤルは、次回のアンフォーギブンでRAW vs Smackdownに分かれての抗争の伏線になる予定とされています。

※これらはあくまでも噂です。

ダスティもあの年で遠征につきあっているそうです

8/24付WWEニュース速報です。

☆ダスティローズはクリエイティブチームのメンバーとして帯同しており、一週間の内5日を遠征先で過ごしているそうですが、このスケジュールを軽くして欲しいと訴えているそうです。

★下院の委員会から求められていたWWEに対するウェルネスポリシー関連の情報開示の内容が公開されました。pdf形式でコチラで見ることができます。

☆ダンロッドマンの解雇に多くの関係者達が驚いているそうです。かつてはケビンナッシュの再来になると、大きな期待を寄せられていたためとの事です。

★今年のディーバサーチのテーマ曲はベルベット・リボルバーの「Let It Roll」に決定しました。

★サマースラムの決定済みカードです。

ジョンシナ vs ランディオートン
WWEタイトルマッチ

グレートカーリー vs バティスタ
世界ヘビー級タイトルマッチ

ジョンモリソン vs CMパンク
ECW世界タイトルマッチ

ウマガ vs カリート vs Mrケネディ
ICタイトルマッチ

HHH vs キングブッカー
キングオブキングスマッチ

3ブランド合同ディーババトルロイヤル
(勝者には女子タイトルへの挑戦権が与えられる)

レイミステリオ vs チャボゲレロ

ケイン vs フィンリー

隠し子アングル関連のスポイラーが続々

8/23付WWEニュース速報です。

☆ビンスに隠し子がいると言うストーリーラインは、元々2006年に、ビンスのSDへの登場機会を増やし、ケネディを大プッシュする為に企画されていたそうですが、ビンスがこのときはボツにしたそうです。その後も何度か使用するという話がでつつも、そのたびに取り下げられていたとのことです。
また、ビンスの爆死ストーリーの中では、自分の隠し子に遺産を譲渡するという遺書を書いていたという設定があり、その隠し子がMrケネディだったそうです。

☆隠し子アングルの結末ですが、現段階ではMrケネディがビンスの財産目当てでDNA鑑定書を偽造し、ビンスの息子と偽っていたことがバレるという事になっているそうです。また、ストーリーの途中、10月か11月頃にはステファニーも加わってくる予定になっており、さらにHHHが登場してビンスの義理の息子である事を公表してケネディと対決するという流れになる予定とのことです。一方、シェインの出番はロイヤルランブル以降になり、ケネディに最初に抹殺される役になるという噂です。

☆USAネットワークは隠し子アングルに非常に満足しており、10月にRAW3時間スペシャルを放送したいと考えているそうです。このため、WWEは今年のサイバーサンデーをキャンセルし、同じようなコンセプトの番組を3時間スペシャルで放送し、ビンスの隠し子がケネディであることをこの番組中に公表する予定になっているそうです。

☆サマースラムではバティスタがカーリーからタイトルを奪い、エッジが復帰する予定になっているサバイバーシリーズかアルマゲドンまで防衛を続けることになっているそうです。エッジはタイトルを奪取後、WM24でアンダーテイカーと対戦する予定になっているそうです。

☆WWEは多くのイギリスの選手に声をかけているとされており、2008年初頭にも、ヨーロッパにディベロップメンタルテリトリーを新設すると見られています。

☆キングブッカーは3年の延長契約間近と報じられましたが、新契約の中には、ブッカーが番組の制作会議のメンバーに加わるという条項が入っているそうです。制作会議はTVの収録やPPVの前に行われ、上がってきたシナリオに対し、エージェントたちが意見を述べ、修正を加える為のものです。同会議にはHHHが出席しており、事実上、会議を取り仕切っているそうです。
なお、この条項はまだ口頭で同意したものにすぎず、会議の時間は3時間にも及ぶ為、ブッカーが出席したくない場合は、しなくてもよいことになっているそうです。

☆WWEはサマースラムでは、MVPに試合をさせないのではないかと言われています。MVPの体調について、WWE側がどの程度まで負担を与えていいのかをまだ把握できていないことが原因とされています。このため、アンフォーギブンでマットハーディと対戦させる為の、伏線を張るスキットを用意しているとのことです。

☆マークヘンリーは契約満了間近とされていますが、延長交渉は行っておらず、そのまま退団すると見られています。退団後は役者業など、レスリング以外の仕事を求めていくとみられています。

★FCWにはエアコンが無く、夏場のトレーニングは過酷を極めるそうです。

☆キングブッカーは自身の運営するPWAをWWEのディベロップメンタルテリトリーにし、引退後の収入源にする為、テレビ収録の機材を揃えるなど、多額の設備投資を行っていましたが、WWEはPWAと契約しない事を決定した為、非常に怒っていたそうです。

☆近くバティスタが本を書くとアナウンスされています。しかし、多くの人々(同僚達)が面白い本になるとは思えないと考えているそうです。

サイダルが正式にWWEと契約

8/22付WWEニュース速報です。

★8/21放送分ECW視聴率は1.7%でした。

★WWEはダニエルロディマー(ダンロッドマン)を解雇しました。

★先にWWEを解雇されたシルバングルニエは、Eメールでブッキングの受付を始めました。
sylvanwwe@hotmail.com

★WWEは正式にマットサイダルとディベロップメンタル契約を結びました。

★ジェイク「ザ・スネーク」ロバーツはWWE復帰を希望しているそうですが、WWEが雇用するかどうかは疑問視されています。

★ビンスマクマーンは2001年にプレイボーイ誌のインタビューの中で、ストーリー上で死ぬアングルについて、「そんな現実味の無い事はやらない。」とこたえていました。

★現在、ハリースミス、テディハート、ナッティナイドハートの3人はハートファウンデーション2.0として活動しており、近く、一軍に昇格すると言われています。彼らのプロモーションの為、10月に本を発売するブレットハートに、本の宣伝と抱き合わせで出演させようという動きも出ているそうです。

☆ナッティナイドハートの恋人であるTJウィルソンも、ハートファウンデーション2.0のメンバーとして、当初は考えられていたそうですが、どうやらスマックダウンにクルーザー級のスーパースターとして昇格するようです。

☆アンダーテイカーはサマースラムでの復帰を希望していたそうです。しかし、HHHやミステリオらの復帰と重なり、インパクトが薄れてしまう為、ビンスがアンフォーギブンに先送りすることを決定したそうです。

☆ステファニーがディーロブラウンをRAWのロスターに加え、ミドルプッシュすることを推薦しているそうです。

☆モーリーホーリーこと元ディーバのノラ・グリーンワルドは現在、アルコールと薬物依存患者の治療施設で働いているそうです。レスリング業界への復帰は、当分無いとコメントしています。

☆リックフレアーの引退ストーリーが近いうちに始まるとされています。今年中にはスタートし、ロイヤルランブルからWM24の間に終了する予定になっているそうです。

☆前回のRAWでジェリーローラーの代わりにタズが実況に加わりましたが、キングが負傷したというアングルのほかに、ビンスがJRとキングのコンビがあまりにも南部的過ぎると感じているため、コンビを変えたがっているという噂が出ています。RAWをJRとタズ、ECWをスタイルズとキングが担当し、キングは試合にも出場するというプランを、ダスティローズも支持しているとされています。

☆無断欠勤で謹慎中のジェフハーディですが、8/31にサイン会を開くことが宣伝されており、その近辺で謹慎が解かれるのではないかと言われています。

☆ミックフォーリーはRAWにレギュラーで登場することを望んでいるそうですが、ビンスがこれに反対しているそうです。ミックが思うほど、かつてのような観客からの支持を得られていないと考えている為だそうです。

☆ハイランダーズはSDに移動するのではないかと言われています。最近、スカッシュマッチのジョバーに使われることが多く、RAWのクリエイティブチームは、移籍することが決まった選手にジョバーをやらせることが多いと言われている為です。

☆エクストリームエクスポーズ全員を、WM24の宣伝のために、プレイボーイに出すと言うプランがあるそうです。

8/24放送分Smackdown収録結果速報

8/24放送分Smackdown収録結果速報です。

ダークマッチ
○ジョニージェッター vs ロージー●
ロージーが先に入場。コールはロージーではなく、マティ・スモールズのように聞こえた。(この日は入場テーマのボリュームが大きすぎて、アナウンスの声が聞き取れにくかったそうです。)元スピリットスクワッドのジョニーには、まばらな声援が送られる。内容はまあまあ。互いに上手いカウンター技を見せる。試合時間約7分でジェッターキックがヒットしてピン。

○ダルトンズ vs デイブテイラー、ポールバーチル●
意外な事にダルトンズが人気。運動能力の高さとコミカルな面をアピールして、上々の反応を得る。試合時間8分。相手を殴り倒してピンを奪う。
試合中にテイラーが流血。さして酷くはなさそう。バーチルの動きもよく、ダルトンズと共に、近くSD昇格が期待できる内容。

スマックダウン
JBLとマイケルコールが登場。オープニングビデオが流れ、パイロが上がる。

ビンスとコーチがリングに登場。相変わらず、隠し子探しをしている。ケインのパイロが上がり、リングに登場。隠し子は自分だと思っていることをビンスに告げると、フィンリーとの対戦を要求する。しかし、今夜のメインはバティスタvsフィンリーに決定済みということで、サマースラムのカードにケインvsフィンリーが追加されることになる。

そこへクリスマスターズが登場。自分こそビンスの子供だと言うと、マスターズが15歳のときにビンスと一緒に写っている写真を見せる。ビンスは「ずいぶんと痩せこけたガキだな」。ここで観客から「それはステロイドを打つ前だからだ!!」という野次が飛ぶ(多分、編集で消されるでしょう。)マスターズはケインにマスターロックチャレンジに参加させ、自分がビンスの種である事を証明したいと言う。しかし、ケインはチョークスラムでマスターズを叩きつけて立ち去る。するとリングサイドにバイクでチャックパランボが登場。ビンスはマスターズとの対戦を決定する。

○チャックパランボ vs クリスマスターズ●
パランボのバイカーズギミックに対する観客の反応は鈍い。アウトサイダーズエッジのような技でパランボがピンを奪う。

○フナキ vs チャボゲレロ●(反則)
チャボはミステリオのマスクをかぶせたマネキンの頭を持って登場。試合中、レフリーを無視して反則を続けたため、試合を止められる。
試合後、チャボはフナキにミステリオのマスクを被せ、膝を執拗に攻撃する。(膝はミステリオの故障箇所)
観客席の子供達はミステリオの登場を願っているが、結局、登場はなし。

○ジェイミーノーブル vs ジミーワンヤン●
素晴らしい内容だが、試合時間は5分程度。ノーブルはリングの下にホーンズウォグルがいるのではないかと疑いつつ試合。

○デュース&ドミノ vs シャノンムーア、ユージン● 
シャノンムーアが素晴らしい動きを見せる。観客人気は圧倒的にユージン。しかし試合はD&Dが防衛。

MVPがテディのオフィスで、自分はSDのどのチャンピオンにでも勝てると息巻いており、タイトルマッチを要求している。テディはタッグタイトルに挑戦させるとするが、MVPのパートナーは次にオフィスに入ってきたスーパースターだと言う。入ってきたのはマットハーディ。来週のSDで、MVP、マットvsD&DのWWEタッグタイトルマッチが決定する。

×MVP vs マットハーディ× 1on1バスケットボールチャレンジ
MVPはいかに自分がバスケの才能があるかを自慢し、マイアミヒートのシャック(シャキール・オニール)やDウェイド(ドゥウェイン・ウェイド)と友達だと言うが、簡単なレイアップシュートを外してしまう。マットハーディはゴールではなく、MVPの顔めがけてボールを投げつける。MVPが立ち上がる前にD&Dが乱入し、2人を殴り倒してしまう。

○マークヘンリー vs ブラッドアレン●
スカッシュマッチ。アレンはカロライナ州のローカルインディレスラー。
試合後、ヘンリーはドルイドたちも、不気味な現象も恐れはしないとアピール。すると照明が落ち鐘が鳴る。トロンに新しいテイカーのプロモーションビデオが流れる。リングにいるヘンリーには紫のスポットライトが当てられている。ビデオではドルイドたちが砂漠から箱を掘り出している。中には毒蛇と大きな金属製のテイカーのシンボルマークが入っている。観客は熱狂しているが、結局テイカーは現れず、ヘンリーも立ち去る。

ディーバビキニコンテスト
参加者はミッシェルマクール、ビクトリア、トーリーウィルソン、クリスタル。司会はマイケルコール。判定は観客の声援で決定すると言う。4人のPRが終わったところで、コールはもう一人の出場者としてメイヤング(84歳)を紹介。メイは服を脱いでビキニ姿を披露。コールはメイの勝利を告げる。

×バティスタ vs フィンリー× ノーコンテスト
(試合結果が間違ってました。修正しています。)
途中でカーリーがリングサイドに現れ、しばらく手出しはしないものの結局乱入。裁定後、バティスタが2人に反撃しようとしたところで、レフリーたちに止められる。

SNMEの視聴率はこれでも前回よりはアップ

8/21付WWEニュース速報です。

★6/18にNBCで放送されたサタデーナイトメインイベントの視聴率は2.5%でした。6/2に放送された前回のエピソードは1.9%にとどまっていました。

★6/20放送分RAW視聴率は3.7%でした。

★6/17放送分Smackdown視聴率は決定値で2.4%でした。

★ディーンマレンコがインタビューの中で、高く評価しているWWE外の若手選手として、ブレイン・レイジ、ジョニー・マグナム、シェイン・チャン、ビッキー・ヴォン、レフリーのクラウディア「クロウ」リーフの名前を上げています。

★canada.comというサイトが、ホーガンが1890万ドルで売却したマイアミの自宅は、元々1200万ドルで購入したものだったとレポートしています。

★サウスカロライナのローカル紙は、8/20にリックフレアーが、同州にあるガン及び血液の病気を抱える子供達を扱う病院へ、10歳の男の子を訪ねてきていたと報じています。

☆OVWのチェットザジェットは、ジョニーエースから近く一軍昇格することを伝えられたそうです。新しいキャラクターも用意されているとのことです。

☆OVWにジョーイマシューズ(マーキュリー)が新入生担当コーチとして雇われたことで、前任者だったタンクトーランドは解雇されたそうです。

★8/20のRAW収録会場にジェリーローラーは来場していなかったそうです。WWEはキングブッカーに怪我をさせられたことをアピールするためにローラーを休ませていますが、金曜日のメンフィスレスリングには普通に登場していたそうです。

8/21放送分ECW収録試合結果速報

8/21放送分ECW収録試合結果速報です。

実況はタズとマイケルコール

エストラーダがリングにいる。自己紹介を始める。
「先週、私はECWのGMとしてデビューを果たし衝撃を与えたが、今夜、もう一度衝撃を与えることにした。私はハードコアな独裁者だ。今夜のオープニングマッチはハードコアルールで執り行う。」

ビッグダディV vs トミードリーマー
ゴング後、ドリーマーがパンチ攻撃。しかしVはチョップ一発でドリーマーを倒してしまう。さらにボディスラムで追い討ちをかける。ドリーマーは竹刀でVを殴るが、Vは意に介さず受け止めると、竹刀をへし折ってしまい、イスでドリーマーの背中を殴る。Vはショッピングカートをコーナーに設置。ドリーマーをダウンさせて担ぎ上げると、頭からカートに放り込みカート越しにチョップを浴びせる。さらにコーナースプラッシュを狙うが、ドリーマーがかわしてカートに自爆してしまう。
ドリーマーはテーブルをリングにセット。マットストライカーが乱入し、ドリーマーを妨害する隙に、Vがドリーマーを場外に転落させてしまう。Vはドリーマーをリングに押し戻すと、自分も戻ってきて、ドリーマーにボディプレス。テーブルをセットする。ドリーマーはゴミ缶でVの頭を2度殴るが、Vはドリーマーをロープに振り、帰ってきたところでテーブルに投げつけてピン。
勝者:ビッグダディV

バックステージでビンスとコーチが歩いているのが映る。

コマーシャルブレイク。

CMパンクのプロモ。

再びビンスとコーチ。ビンスは「正直なところ、お前は私のクソガキがECWロスターにいると思うか?」
コーチ「そうですね。私の調査によると、あなたはニューヨークのとあるトイレの便器で、ある出会いを・・・・」
ビンス「どうやってそれを知ったのだ。」
コーチ「いくつかの調査を行いました。」
ビンス「そうか。なにやら少し変態的行為をしているようだが。」
コーチ「私は何も関知いたしません。私は、誰がそのときその場所にいたのかを調べているだけです。あなたは息子さんに会いたくはないですか?」
ビンスは肯定すると、そこへボールズマホーニーが通りかかる。ビンスはにらみつけると、「こいつをどっかへ連れて行け。」
マホーニー「お前にボールズ(キ●タマ)があったら、お前の息子だったかもな。」

イライジャバークがリングに向かっているのが映る。

コマーシャル

イライジャバーク vs ボールズマホーニー
試合前、コーナーに登ってアピールするマホーニーをバークが襲おうとしてレフリーが止めに入る。
序盤は組み合いから、じっくりとした展開。徐々にバークがペースを掴む。ダウンするマホーニーを引きずり起こしてコーナーに激突させると、タオルを持ち出してチョーク攻撃。レフリーがこれを発見してタオルを取り上げる。するとバークはリングから出てマホーニーの足を掴んで鉄柱に叩きつける。すぐにリングに戻ってボディプレスでカウント2を奪う。その後、バークはマホーニーの腕を攻め続け、ボディスラムからダイビングエルボーにトライしたところでマホーニーがかわして自爆。すかさずマホーニーがエルボードロップを狙うが、これもバークがかわす。バークはクローズラインでマホーニーを倒すとパンチの連打。レフリーが止める。バークは倒れているマホーニーをひきずり起こすが、ここでマホーニーがアッパーで反撃。さらにクローズラインを連発する。パンチ連打からボディスラムで2カウント。バークを引きずり起こすが、バークがパンチで反撃。マホーニーをコーナーに押し込んでスプラッシュをねらうが、マホーニーがかわし、自爆したバークを丸め込んでピン。
勝者:ボールズマホーニー
マホーニーは観客達と勝利を祝う。

ジョンモリソンのプロモ

コマーシャル

バックステージにボールズマホーニーがいる。歩いているとミズ、エクストリームエクスポーズたちにぶつかる。ケリーが口ごもりながらマホーニーに話しかけようとするのをミズがさえぎって、「お前は何も言うな。今夜のメインイベントの準備にかかるぞ。」
ミズたちは立ち去るが、ケリーは少しだけ残ってマホーニーに「グッバイ」

スティービーリチャーズがソーンに連勝している事のおさらい。

ソーンがインタビューを受け、リチャーズのことは意に介していないと言う。ソーンがしゃべり終わる前にリチャーズが乱入。両者乱闘になる。

実況陣がサマースラムのカードをおさらい。

バックステージのビンスとコーチ。
ビンス「私のクソガキを探し出すだけのことに、ずいぶんと手間取っているな。」
コーチ「実は、もう一人、可能性がある男がいるのです。この男のミドルネームのイニシャルがMで、マクマーンのMに一致しています。連れてきてもよろしいでしょうか?」
ビンス「よかろう。」
コーチが連れてきたのはCMパンク。ビンスは、こいつに才能があることは認めるが、こんなストレートエッジな男が、私の息子であるはずが無いと言う。パンクも同意し「俺はお前のように、スカンク(性悪)女共と、薄汚く避妊もしないようなセックスはしないんだ。そんな不名誉な奴が一族にいるとしたら、直ちに追放してやる。」
パンクは笑い飛ばして、立ち去っていく。

コマーシャル

CMパンクがリングに向かっている。その後からブギーマンが入場。続いて、モリソン、ミズが入場する。

CMパンク、ブギーマン vs ジョンモリソン、ミズ

ミズとパンクでスタート。ミズは間抜けな挑発を繰り返す。パンクはキックを連発してミズを蹴り倒す。ミズをコーナーに叩きつけてブギーマンにタッチすると、「行け、ブギーマン。やっちまえ。」ブギーマンはミミズを持ってリングイン。ミズは場外に脱出して逃走。ブギーマンもそれを追い、エクストリームエクスポーズたちにミミズをぶちまける。

コマーシャル

モリソンがパンクからダウンを奪っている。パンクがモリソンを捕らえてブギーマンにタッチ。ブギーマンはミミズをくわえている。それを避けるようにモリソンがキックを打ち込んでいく。コーナーに追い込んで蹴りを放つが、蹴り足をブギーマンがキャッチ。残った足で蹴ろうとするがこちらもブギーマンがキャッチ。両足を掴んだ状態で、モリソンを投げる。モリソンはミズにタッチする。
ブギーマンはミズを威嚇しながら何度も投げ倒してカウント2を奪う。ミズがキックを狙うが、ブギーマンが蹴り足をキャッチ。ブギーマンはパンクにタッチ。ミズにハイキックを決めて2カウント。さらに低空ブレーンバスターから2カウント。ミズを引き起こして、腹部に膝蹴りを入れると、ヘッドバットから反対側のコーナーに振る。しかし、ミズが振り返してパンクがコーナーへ。ミズがスプラッシュを狙うが、パンクがブートでカウンター。パンクはコーナーに登るがモリソンが妨害して場外に落とされる。ミズが場外でパンクを攻撃。リングに押し戻すしてパンチ攻撃でカウント1。ミズはパンクを引き起こしてモリソンにタッチ。モリソンはサブミッションで攻めるがパンクが丸め込みに切り返して2カウント。モリソンはミズにタッチ。ミズはクローズラインからストンピングで2カウント。
ここでエクストリームエクスポーズ達が映る。映像が戻るとミズがパンクにサブミッションを極めている。パンクはロープを掴んで立ち上がるが、ミズのドロップキックがヒットして2カウント。ミズはパンチでパンクを倒してモリソンにタッチ。モリソンのエルボーがヒットして2カウント。モリソンはパンクにマウントパンチ。ロープを利用して攻撃し、低空クローズラインで倒して2カウント。
パンクはブギーマンとタッチを狙うがモリソンに引き戻され、モリソン側のコーナーに押し込まれる。モリソンはミズにタッチ。ミズがカバーして2カウント。すぐにモリソンにタッチ。また2カウント。モリソンのヘッドロックをエルボーで振りほどこうとするが、すぐに捕まってしまう。モリソンはパンクをコーナーに座らせるが、パンクがパンチで反撃し、サンセットフリップでモリソンを倒して、タッチに行こうとするが、ミズがブギーマンを場外に突き落として阻止。そのままパンクを攻撃する。
パンクがミズを丸め込んで2カウント。パンクはキックでミズ、モリソンと次々に攻撃。モリソンは場外に出て、ブギーマンを鉄階段に叩きつける。パンクはブランチャーでモリソンを倒してリングに戻る。ミズからダウンを奪って2カウント。
ミズをコーナーにつめて担ぎ上げ、ゴー2スリープの体勢。しかし、ミズはモリソンにタッチ成功。モリソンはパンクに高速スイングネックブリーカードロップを決めてピン。
勝者:ジョンモリソン、ミズ

元ロージーがダークマッチに登場

8/20付WWEニュース速報です。

☆アンダーテイカーは、大人数をまとめて倒すような形の復帰戦が予定されているそうです。またアンフォーギブンでマークヘンリーと対戦が予定されているそうですが、ヘンリーはWWEとの契約が近く切れるものと見られており、テイカーに葬られる形でWWEからフェードアウトする可能性もあるとされています。一方、ヴィセラがECWに移籍する前は、テイカーの復帰戦の相手候補に上がっていたそうです。さらに、グレートカーリーも候補に上がっておりましたが、こちらはテイカーの復帰後に抗争が始まるのではないかと見られています。

☆マーカスコーヴォンは番組に復帰していませんが、どうやら、マーカスの姉(もしくは妹)が、家族を失ったことにショックを受けて、何もできない状態に陥っており、その子供達の面倒をマーカスがみているのだと伝えられています。

☆ECWでマイナープッシュを受けているスティビーリチャーズは、元々ビンスや上層部からの評価は悪くなかったそうです。しかし、ECWヘッドライターのデイブラガナがリチャーズのキャラクターを変更しようとしたことで対立していたため、プッシュから外されていたそうです。

★WWEはビンスの隠し子はMrケネディである可能性が高いという宣伝を公に始めています。

★8/20のRAWに登場した偽HHHは、旧ECW所属だったクリス・ハムリックが演じていたそうです。

★WWEはハイビジョン放送の開始に伴い、今後1~2年の間に1500~2000万ドルが必要になるだろうと言われています。また、ハイビジョン放送にあわせた施設の拡充には、4000~6000万ドルが必要になる見通しとの事です。

★WWE.comのアクセス数は、第1四半期が1750万(UV)だったのに対し、第2四半期は2030万(UV)に拡大しました。

★WWEのラダーマッチDVDは115000枚を出荷しました。またリックフレアーと4ホースメンのDVDは97000枚を出荷しています。

★WWE24/7の定期利用者は全世界で108000人に達しているそうです。

★リンダマクマーンは、中国に渡って中国政府の要人と会談し、WWEの放送と宣伝を求めてきたそうです。WWEはカナダ、イギリスに告ぐ3番目の海外オフィスを上海に構えており、中国市場への本格参入を目指しています。

★8/20のRAW収録と同時に行われたその他の試合結果です。

ダークマッチ
○ジョニージェッター vs マット・アノアイ(ロージー)●
ロージーは激痩せしていたそうです。

ヒート
○ヴァルビーナス vs チャーリーハース●

○ハイランダーズ vs ブラッドアレン、デビッドオーウェンス●

○スーパークレイジー vs ジェイブラッドリー●

○ディバリ vs ハクソージムデューガン●
ディバリがタイツを掴んで丸め込み。

RAW後のボーナスマッチ
○ジョンシナ vs ランディオートン●


8/20放送分RAW収録試合結果速報

8/20放送分RAW収録試合結果速報です。

オープニング映像はなし。ジェリーローラーはまだ負傷が癒えておらず、タズが代わりにJRと実況席に座っている。
ランディオートンがリングにいる。

オートンは、「今日の俺は、WWEタイトルを持たない最後の俺だ。SNMEは終わりの始まりだ。」と言うと、シナをイスで滅多打ちにしたシーンのリプレイを流す。そして「このシーンは、ホーガンがアンドレを投げたシーンや、オースチンの3章16節が誕生したシーンや、モントリオールのスクリュージョブのシーンに取って代わる有名なシーンとなるだろう。そして、俺が殿堂入りする際に、このシーンが流されることになる。シナが、ここへこられないのは明らかだ。サマースラムには登場できないだろう。お前はWWEタイトルを返上しに来るべきなんだ。」
ここで、ビンスが登場。ビンスは隠し子との認知訴訟について話し始める。観客は「who’s your baby?!」チャント。ビンスは子供が男で、WWEのロスターの中にいることがわかったと言う。そして「自分の息子は、それなりの基準に達した者であって欲しい。ランディならその基準を満たしている。もし、お前の父親が不明だったのなら、喜んで自分の息子として迎えたいところだ。他の子供達は金のために私のそばにいるだけだ。今夜、私の息子を見つけ出す。それがジョンシナでないことを願っている。」
シナの到着シーンがトロンに映る。シナはオートンとビンスの待つリングを目指して来る。オートンはガードレールを飛び越えて観客席内に立っている。シナはビンスに「お前の事を好きな奴などいないし、お前を父と呼ぶなど恥だ。俺はサマースラムでタイトルを防衛することを伝えに来ただけだ。」と言う。
ビンスはもし来なかったら、タイトルは剥奪するとし、剥奪について話す。そして「マサチューセッツ(シナの出身地)には長く住んでいたが、お前の母親はとても良かった」シナはビンスにビンタ。ビンスは逃げ出しながら、今夜シナには無敗のスニツキーと戦ってもらうと言う。オートンがニヤついている。

次はキャンディス、ミッキー vs メリーナ、べスフェニックスの予告。

ミステリオがサマースラムで復帰すると言う予告ビデオ。

キャンディス、ミッキー vs メリーナ、べスフェニックス
キャンディスは入場テーマのアレンジが変更されている。リーガルGMが、サマースラムで3ブランドのディーバを集めてバトルロイヤルを行うと発表。勝者にキャンディスの持つ女子タイトル挑戦権を与えると言う。
試合は短いが良い内容。キャンディスがメリーナからピン。
勝者:キャンディス、ミッキー
試合後、ミッキーがキャンディスを場外に投げ落とす。続いてメリーナがミッキーを、べスがメリーナを場外に投げ落とす。

のちほど、カリートスカバナが行われるとアナウンス。ゲストはIC王者のウマガ

サンチノマレラがリーガルのオフィスで、ロンシモンズとマリアの扱いについて、クレームをつけている。リーガルはマレラに手出しをしないように警告する。

キングブッカーとシャメールがバックステージで話をしている。ブッカーは「トリップス(出来損ない)こと、ハンター・ハースト・ヘルムスリーが今夜会場に来ていることは分かっている。お前を今夜行う、私の公式戴冠式に招待してやろう」

ビンスとコーチは、ビンスの子供探しをバックステージで続けている。ヴァルビーナスが走りよってきて「Hellooooo Daddy!!」今度はディバリが現れ、ビンスにハグすると、ビンスの頭にターバンを乗せようとする。ビンスはディバリを叱り飛ばし歩を進める。今度はMrケネディを見つける。ビンスはケネディに笑いかけ、そのまま立ち去っていく。

シェルトンベンジャミン vs コーディローズ
ベンジャミンのセコンドにチャーリーハースもいる。序盤、ベンジャミンがコーディを圧倒。グラウンドでコーディの腰を集中攻撃。コーディがドロップキック連発で反撃。ブルドッグを決め2カウント。そしてベンジャミンの攻撃を切り返して丸め込みでピン。
勝者:コーディローズ
試合後、ベンジャミンとハースはダブルチームでコーディを攻撃する。

ランスケイド、トレバーマードック vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック ノンタイトルマッチ
ロンドン、ケンドリック組が優勢。ケイド、マードック組は攻撃に転じることができない。試合中にクライムタイムが登場。マードックの帽子を2ドルで売り払ってしまう。その隙をついて件ドリックがケイドを押えてピン。
勝者:ポールロンドン、ブライアンケンドリック

次はキングブッカーの公式戴冠式

ロンシモンズとマリアが地元のレストランでデートしている。シモンズは「Damn!」を織り交ぜながら、韻を踏んでいる。マレラとジリアンが現れる。2人でデートをしているのだと言うが、マレラはジリアンをずっとリリアンと間違え続けている。マレラはジリアンを置いて(レディファーストを守らず)勝手に席に座ってしまう。ジリアンも自分で席につく。

公式戴冠式。シャメールがキングブッカーはサマースラムでHHHを破ると言う。ブッカーがジェローム(ジェリー)ローラーについて話し始める。そして、ローラーがサマースラムのブッカーの対戦相手を公表して、自分を威嚇しようとしたと言うと、先週、ローラーを叩きのめしたシーンをリプレイさせる。
ブッカーは「今夜、ハンターハーストヘルムスリーに、私への戴冠の儀式を行ってもらう。」と言うと、HHHにリング登場を呼びかける。すると、HHHのテーマがヒット。HHHの衣装を着て、金髪のかつらをかぶり、大きなつけっ鼻の男が現れる。その偽者のHHHはブッカーの頭に王冠を載せ、ひざまずいてこうべを垂れる。ブッカーは偽のHHHに対し、「お前を解雇する前に、サマースラムで会ってやろう」と言う。そして今度は「ジェームズ・ロス(JR)」に向かうと、まず「タズウェル(タズ)」に対し「お前は関係ない」と告げ、JRに対して先週のコメントで疑問に思うことがあったと告げると、罪をあがなうためにブッカーのリングにキスをさせてやってもいいと言う。JRは拒否するが、シャメールが無理やりリングにキスさせようとJRの頭を押さえつける。ブッカーは「そう難しいことではないだろう」と言うと、JRをイスに突き飛ばす。ブッカーとシャメールは立ち去りつつ、途中でポーズ。

レストランが映る。ジリアンが歌っている。マレラは紙切れを読んでいる。「なんてマリアとサンチノはお似合いなんだろう。そしてサンチノの上品さはなんて素晴らしいのだろう。」

カリートスカバナ。ウマガは何もしゃべらずに座っている。カリートはウマガのICタイトルにサマースラムで挑戦すると言う。ウマガが何か言おうとするとケネディが登場。ウマガは尊敬に値することをしていないが、ケネディはウマガが倒せなかったラシュリーを倒していると言う。だから自分こそIC王者にふさわしいと言う。そして自分の名前をコールする。するとウマガがケネディを蹴り倒す。カリートがリングを逃げだし、ウマガがカバナのセットを破壊する。

リーガルが登場。カリートとケネディでサマースラムでのICタイトル挑戦権をかけて戦ってもらうと言う。

カリート vs Mrケネディ ICタイトル挑戦権獲得マッチ
コマーシャル明け、カリートがケネディを攻め込んでいる。ケネディが反撃に転じ、カリートを場外に落とす。
再びコマーシャル明け、ケネディがカリートを圧倒している。カリートは雪崩式スープレックスをヒット。両者攻め合い、フォールを狙うが、最後はダブルフォールでカウント3。
試合結果:両者同時フォールにより引き分け
リーガルが登場。サマースラムでウマガは、ケネディ、カリートの両者を相手にトリプルスレットマッチで、ICタイトル防衛戦を行うことを決定する。

HHH復帰予告ビデオ。

また、レストランが映る。マレラがシモンズを脅している。シモンズはウエイターをマレラに向かって押すと、持っていた食べ物がマレラの全身にかかってしまう。シモンズはマレラに対して「Damn!!」

JRとタズがサマースラムの決定済みカードをおさらい。

バックステージでビンスがメリーナと話をしようとしている。スニツキーが登場。自分は両親を知らないと言う。そして今夜シナに苦痛を与えると言うと、立ち去り際にビンスを「Dad」と呼ぶ。

スニツキー vs ジョンシナ
スニツキーが試合を通して、ほぼ圧倒する。シナがFUにトライするがオートンが乱入してきてシナにRKO。シナが立ち上がるのを待ってもう一度RKO。オートンがWWEタイトルのベルトを手に取り、じっと見つめているシーンで放送終了。

テイカーの復帰はアンフォーギブンで決定?

8/19付WWEニュース速報です。

★べスフェニックスが自身の公式サイトの中で、OVWに最後に出場した日、以後、RAWにレギュラーで出場することが告げられたと語っています。

☆サマースラムでのインパクトを強めるため、HHHとミステリオは、事前のテレビ番組には出演させない予定になっているそうです。

★メンフィスのFedexフォーラムの街頭宣伝用スクリーンで、アンフォーギブンの宣伝が流れているそうですが、内容はアンダーテイカーの復帰を思わせるものになっているそうです。

★8/19に放送されたSNMEでは、時間の都合により、ボールズマホーニーとビンスマクマーンのスキットが大幅に短縮されていたそうです。

★GAB2007のDVDには、特典映像として7/13のスマックダウンより、エッジのマルディグラパレードと、7/2のRAWより、ボビーラシュリー、ジョンシナの調印式の様子が収録されます。

★WWE公式ショップはHHHの新作Tシャツを発売しました。
31171pi.jpg

Sci-FiでRAWを生放送

8/18付WWEニュース速報です。

★8/27放送分RAWは、USAネットワークでテニスの全米オープンが放送されるため、Sci-Fiチャンネルで午後9時から生放送されるそうです。

★8/17放送分Smackdown視聴率は速報値で2.4%でした。

★Mrケネディがイギリスのサン紙のインタビューンの中で、WWE入りする以前にステロイドを使用した事があると語っています。当時、あらゆるものを試した中の一つで、量は少ないとしています。またWWEにはウェルネスポリシーがあり、10ポンドの筋肉を得るよりも、WWEでの仕事を守る事の方が重要であるため、WWE入り後は一切使用していないとしています。

★リリアンガルシアが自身のサイトで、近くアルバムCDをリリースすると発表しました。詳細は後日、明らかにするそうです。

ホーガン家に泥棒

8/17付WWEニュース速報です。

★ブレットハートが本を10/16に発売することを受け、記者会見を行いました。その中でレスリング関連の本はたくさんあるが、自分の本を除けば価値があるのはミックフォーリーのものだけであると語っています。また、自分を最高のレスラーたらしめたのは、レスリングのフォームの美しさに気をつけていたためだと答えています。ハルクホーガンに関しては、レスラーであるより前に、エンターテイナーであるとしています。

★今年のディーバサーチの決勝進出者が発表されました。
http://www.wwe.com/divasearch/photos/firstday/

☆ROHのマットサイダルは、WWEとのディベロップメンタル契約目前に迫っているそうです。TNAや日本の団体からもオファーがあるそうですが、サイダル自身の夢がWWEでチャンスを掴むことにあるのだそうです。

★サイバーサンデーのポスターデザインです。
cybersunday07.jpg


★アシュリーが登場している「サバイバー」の新シリーズは9/20から放送が開始されます。

★コンデムドのDVDは9/18に全米で発売されます。

◆ハルクホーガン一家はマイアミの豪邸からロサンゼルス近郊に引越しをしていましたが、そのゴタゴタをついて泥棒に入られ、宝石等10万ドル相当を盗まれたそうです。

ブッカーは契約を延長

8/16WWEニュース速報です。

☆キングブッカーは近く、WWEと3年間の延長契約を結ぶと見られています。

☆USAネットワークはRAWの3時間への拡大を検討していたそうですが、実現の可能性はやや低くなったと見られているそうです。

★WM23の入場料収入は540万ドルで、会場でのグッズ等の売り上げは160万ドルに達したそうです。

★WWEはWM23のDVDを312000枚出荷したそうです。これはWM22のDVDとほぼ同じとの事です。

★サマースラムの後のRAWハウスショーで、シナ、HHH vs ブッカー、ウマガ戦が宣伝されています。

キングブッカーはもうブッカーTには戻らないそうです

8/15付WWEニュース速報です。

★8/14放送分ECW視聴率は1.5%でした。

★CWネットワーク社のドーン・オストロフ社長は、Smackdownが同ネットワークの番組中、男性18~34才視聴率の最も高い番組であると発言しています。

★キングブッカーがインタビューの中で、ドラフトの前に上層部に対し、もしECWに移籍することになったらWWEを辞めると伝えていたそうです。RAWに移籍したことには満足しているそうです。また、キングブッカーにギミックチェンジしたことは自身にとって大きなプラスであるとし、今後ブッカーTに戻ることは無いだろうと語っています。

★カナダのローカル団体CWEが、WWEに対しCWEの定めるタイトルの使用差し止めを求める裁判で、13ヶ月に渡る戦いに勝訴したと、CWEのコミッショナーが発表しました。当時CWEが管理するオンタリオ州チャンピオンだったロビーマカリスターをWWEが獲得した際、同タイトルごとWWEが引き取って、RAWで扱おうとしたとして、訴えを起こしていました。

★GABの観客動員は13034人で、内11398人が有料入場者でした。入場料売り上げは$761,410に達しています。翌日のRAWサクラメント大会の入場者数は8317人で、入場料売り上げは$332000でした。

★ドナルドトランプとの出演契約はWM23で終了していたそうです。その後のプロモーション活動をトランプ氏は望んでいないそうです。サマースラムでもトランプ氏を招聘するプランがあったそうですが、拒否されたと見られています。

★テッドデビアスの息子であるマイクは、タンパでトレーニングを積んでおり、WWEとのディベロップメンタル契約を目指しているそうです。マイクの兄のテッドデビアスJrは、先日WWEとディベロップメンタル契約を結び、現在FCWでトレーニングを積んでいます。

8/14放送分ECW収録結果速報

8/14放送分ECW収録結果速報です。

ビンスに隠し子がいることが発覚したシーンのリプレイでスタート。

コーチが登場「昨夜のRAWでマクマーン氏の子供がRAW、SD、ECWのいずれかに所属していることが分かった。私は今夜ここで、氏の子供を捜す調査を行い、あらゆる者に質問し、誰がMrマクマーンの子供であるのかを確かめる。そしてもう一つ、ビジネスの上での指令のためにここに来た。Mrマクマーンからの指令だ。ECWの新GMとしてアルマンド・エストラーダを迎える。」

エストラーダがリングに登場。コーチに感謝するとし、ビンスにはそれ以上の感謝をしていると言う。
「70年代に、しばしばキューバを訪れており、よく知っている。自分の名前はアルマンドエストラーダだが、これからは新ECWジェネラルマネージャーと呼びなさい。私がいかにエクストリームであるのか、いずれ分かるでしょう。そして今夜ここで、GMとしてはじめてECWタイトルマッチの契約書にサインします。サマースラムは過去最大の祭典となるでしょう。皆さんお迎えください。ECWチャンピオンにして、エクストリームのニューフェイス、ジョンモリソンです。」
モリソンが登場。エストラーダと握手する。
続いてCMパンクが呼び入れられる。観客から大きな声援。エストラーダは両者に契約書をよく読むように指示。モリソンはパンクを挑発してから契約書にサインする。パンクは契約書をじっくり読んでいるが、モリソンが「よく考えろ。お前は先週、15分間、リングにいられなかっただろう。」
パンクは「確かにそうだな。15分間経過する前に、お前を倒してしまったからな。サマースラムでもお前を倒してやる。」
モリソン「お前はECWチャンピオンになることはできない。」
パンク「黙れ。お前はしゃべり過ぎだ。俺は高価な衣装も着ていないし、気の利いたキャッチフレーズも無い。ファラ・フォーセットのように頭に羽飾りもつけていなければ、8月に毛皮のコートも着ていない。ただ一つだ。サマースラムでベルトを巻いてやる。」

エストラーダが「盛り上がるのは結構なことだ。今夜はお前たちに戦ってもらうが、直接ではない。モリソンはブギーマン。パンクにはこのすぐ後で、ビッグダディVと戦ってもらう。」
モリソンはニヤついている。

コマーシャル明け、リングにパンクとVが上がっている。
CMパンク vs ビッグダディV
序盤はパワーでVが圧倒。ヘッドバットでダウンを奪う。その後もVga攻め続け、パンクが場外転落後、エプロンに上がったところを吹っ飛ばして、パンクは実況テーブルに落下。そのままカウントアウト。
勝者:ビッグダディV
試合後、ビッグダディVはVサインのジェスチャー。

コマーシャル明け。ドリーマーがエストラーダに、パンクvsモリソン戦の後、自分を最初の挑戦者にしてほしいと言っている。
エストラーダは「お前のことは聞っている。お前はオリジナルメンバーだそうだが、怠け者だそうだな。60秒以内にリングへ上がり、お前の力を証明してみなさい。」

ドリーマーは様々な障害物を掻き分けてリングへ向かう。数秒を残してビッグダディVのいるリングに到着。
トミードリーマー vs ビッグダディV
Vがまたもやパワーで圧倒。倒れこんだドリーマーにエルボーでピン。
勝者:ビッグダディV
再びVga勝ち誇る。

コマーシャル明け。先週、ボールズマホーニーの様子をケリーがうかがっていたシーンがリプレイされる。

バックステージでマホーニーがケリーに、「いいレストランがあるんだが・・・」と言いかけたところで、ミズとその他のエクスポーズ達が登場。
ミズはマホーニーを馬鹿にすると、マホーニーを好きな女なんかいないとののしる。マホーニーはミズをにらみつけるが、レイラが一同を引き上げさせ、ケリーも連れて行かれる。

ケビンソーン vs スティービーリチャーズ
終始ソーンが圧倒。しかし終盤、リチャーズがハイキックでソーンを倒しニアフォール。しかし最後はソーンにつかまり、マットに叩きつけられてピン。
勝者:ケビンソーン・・・のはずが試合後、ソーンはリチャーズに蹴り。レフリーが止めようとするが、無視したソーンがアウトサイダーズエッジを決める。
すると、アナウンスが入り、レフリーが決断を覆したと言う。
勝者:スティービーリチャーズ(反則)
ソーンは怒り狂ってリチャーズをにらんでいる。

コマーシャル明け、コーチがイライジャバークに、ビンスの子供であるのかどうかを尋ねている。

モリソンがリングに向かうシーンが映る。

コマーシャル明け、
ジョンモリソン vs ブギーマン
一進一退の攻防ながら、興奮したモリソンはブギーマンのロープブレイクを無視してマウントパンチ。止めに入ったレフリーを攻撃し、怒ったレフリーが反則裁定。
勝者:ブギーマン(反則)
ブギーマンはモリソンの背後から近づいて、マットに叩きつけると、袋からミミズを取り出してモリソンに食べさせようとするが、モリソンは辛くも反撃して脱出し逃げ帰る。

8/17放送分Smackdown収録簡易速報

8/17放送分Smackdown収録簡易速報です。

ダークマッチ
○ディーロブラウン vs ジェイブラッドリー●
スカイハイでピン。観客はディーロを忘れていなかった様子。

Smackdown
今夜のメインイベントはケインvsカーリーのWM23リマッチと発表。

MVPが司会を務める「VIPラウンジ」がスタート。MVPはホリフィールドを自分のスパーリングパートナーという。ゲストはマットハーディ。MVPはマットにマスターロックチャレンジに挑んでもらうという。マスターズがマスターロックをかけている間に、MVPはマットを殴る。マットが倒れ、2人は退場するが、マットが回復したのをみてMVPがリングに戻り、プレイメイカーで止めを刺す。

ビンスとコーチがいる。ビンスの子供はビッグダディVなのではないかと冗談を言う。
2人はSmackdownのロスターメンバーを調べ始める。

○デュース&ドミノ vs メジャーブラザーズ●
キックで決着。内容は悪くない。

テディロングとビンスが話していると、カーリーと通訳が割り込んでくる。カーリーは怒っているが、結局ビンスと握手する。冗談だった様子。

×フィンリー vs ジェイミーノーブル×
試合開始から5分ほどでケインが乱入。フィンリーを攻撃する。しかし、ホーンズウォグルがノーブルを押し、ケインにぶつけたことで、ケインはノーブルにチョークスラム。

○チャボゲレロ vs シャノンムーア●
ブレインバスターでピン。試合後、チャボはムーアにミステリオのマスクを被せて、フロッグスプラッシュを見舞う。

バティスタがアピールタイム。スクリーンにカーリーが出てきて妨害。カーリーたちは、バスケットボールでもクローで握りつぶせるとアピールする。

○マークヘンリー vs プラズマ(ローカルジョバー)●
ベアハッグで決着。

テイカーのビデオが流れる。

フナキのお母さんが、長い間、ビンスを好きだった事が明かされる。

×ビクトリア vs ミシェルマクール×
コーナー上のミシェルをケニーが攻撃する。しかし、失敗してしまい、メインの収録後に、フィニッシュを撮り直すことになる。
○ミシェルマクール vs ビクトリア●(再収録)
セカンドロープからミシェルのダイビングクローズラインが決まってピン。

○グレートカーリー vs ケイン●
クローで決着。長すぎた試合。フィンリーがケインを攻撃。バティスタが救出する。しかし、カーリーが両手でクローをバティスタにかけ失神させる。観客はバティスタに大声援を送る。


順番は分かりませんが、もう一つスキットがあったそうです。
ビンスとコーチがバックステージをうろついていると、ジミーワンヤンとフナキに出くわす。ビンスはどちらかが自分の子供なのではないかと疑う。するとビンスの背後にケインが現れ、「Hello, Dad.」(観客に大受け)

SNMEの会場での評価は芳しくなかったようです

8/14付WWEニュース速報です。

★8/13放送分RAW視聴率は3.8%でした。

★8/10放送分Smackdown視聴率は決定値で2.4%でした。

☆8/13のRAWで、キングブッカーとジェリーローラーのセグメントで、HHHのプロモが流れましたが、結局登場しなかったことで、大ブーイングが起きたそうです。

☆8/13のRAW収録後、かなりの人数がその後のSNMEを見ることなく帰路についていたそうです。また、SNMEの収録に退屈した観客の一部が、シナ vs カリート戦の途中で「レッツゴーヤンキース、レッツゴーメッツ」チャントを始めたそうです。

★ディベロップメンタル契約を結んだばかりのレイシーフォンエリックがフロリダ州タンパに到着したそうです。ここで1週間を過ごし、OVWとFCWのどちらに送られるかが決定するそうです。

☆ダンロッドマンは腰の負傷のため、この一ヶ月ほど、活動できないでいるそうです。またエリックペレスも故障で、数週間、活動できていません。

★新ハートファウンデーションのメンバーたちは、まだタンパにとどまっているそうですが、近いうちにルイスビルに移されるそうです。

☆FCWのトレーナーはスティーブキーンとトムプリチャードで、その下にバッククォーターメインとスティーブマディソンがアシスタントコーチを務めていますが、アシスタントの2人はキーンと仲が良いためにコネで採用されたそうです。しかし、マディソンは23歳という若さで、業界での経験が4~5年程度しかない事。クォーターメインは業界歴17年を自称しているものの、大きな団体にいた経験はわずかしかない事から、FCW所属選手たちの信頼を得るにいたっていないそうです。

☆近くディベロップメントの選手たちの大量解雇があるだろうという噂です。

SNME収録試合結果速報

SNME収録試合結果速報です。

実況はJR、JBL、マイケルコールの3人が担当。

番組内でビンスの隠し子が明らかになるという予告。

○バティスタ、ケイン vs グレートカーリー、フィンリー●
バティスタボムがフィンリーに決まってピン。好試合。ただし、カーリーはほとんど試合に出ていない。

MVPとイベンダーホリフィールドがバックステージでつるんでいる。

○ジョンシナ vs カリート●
ほぼスカッシュマッチの短い試合。STFUでカリートがタップ。
観客はRAWのときよりは、シナの応援が大きい。
試合後にオートンが登場。観客からはフェイスのような歓迎を受ける。オートンは場外で、シナをイスの上にRKOを沈める。

×マットハーディ vs イベンダーホリフィールド× ボクシングマッチ
リングアナウンサーはマイケルバッファー。
ホリフィールドが一方的にマットを破壊。ラウンド2でホリフィールドがフェイスターン。マットへの攻撃をやめる。怒ったMVPがホリフィールドに文句を言うと、ホリフィールドにノックアウトされてしまう。

○CMパンク、ブギーマン vs ビッグダディV、ジョンモリソン●
パンクがモリソンからスモールパッケージでピン。観客の中にはトイレタイムの人が目立つ。

ビンスとコーチが登場。隠し子が誰なのかを探るため、過去をさかのぼると、ビンスに心当たりがあったのはケンタッキー州。ケンタッキー出身のユージンが登場。ビンスは有り得ないという。次に思い当たったのはニューヨーク。ニューヨーク出身のボールズマホーニーが登場するが、ビンスは「No Balls」という事で違うとする。3番目に思い当たったのは、WM2の後の事だったので、開催地はロサンゼルス。メリーナが出てくる。2人はどうやらメリーナとは寝ないほうがよさそうだという。メリーナは、もしビンスが父親だったら、全てのものを奪い取ってやるという。
セグメントの終わりにスティーブオースチンが登場。観客は大熱狂。オースチンはビンスにローブロー、コーチにスタナーを見舞う。今度は3人で歌い始めるが、結局オースチンは2人にスタナーを見舞う。

8/13放送分RAW収録試合結果速報

8/13放送分RAW収録試合結果速報です。

ニューヨーク、マジソンスクエアガーデンより放送。
(本日のRAWはSNMEの前に収録されていました。)

先週の隠し子発覚シーンのリプレイでスタート。
RAWのオープニング映像。パイロが上がる。ジョンシナ、ウマガ vs ランディオートン、カリート戦と、キングブッカーの戴冠式が行われることが表示される。
ビンスがリングに登場。3ブランドの全てのスーパースターが待っている。ビンスは「先週のニュースには驚いた。その子の母親がどういう女性でなんという名前なのか、全く思い出せない。彼女は子供に、私にちなんだ名前をつけたと言っている。だが、私は議会もメディアも、避妊薬を飲むべき女も恐れはしない!!」
観客は「who’s your baby?!」チャント。
ビンスは「全てのスーパースターと私の家族が、私を支援している。そして観衆にも支援して欲しい。もう、うんざりしたくはないのだ。」
ここでステファニーが登場。「がっかりさせることが無くて良かった。私はあなたに、心からのスピーチを信じてもらえなかったし、あなたの母、兄、私自身への仕打ちがとても悲しかった。」
ビンスは「全て、金のためなんだろ。」
ステフ「プライベートの問題だから言わないでおこうと思ったけれど、気が変わったわ。あなたの私生児はWWEのスーパースターよ!」
観客は「ケネディ」チャント。ステフが退場。ビンスはうろつきながら全てのスーパースターを見渡している。そして、ケネディをじっと見つめると、観客は大声援を送る。

ボビーラシュリーの手術の様子が流れる。

Mrケネディ vs サンドマン
サンドマンが優勢。ケネディはペースを奪い返すとローリングセントーンのような技でピン。
勝者:Mrケネディ

バックステージでビンスはコーチに、スーパースターの中から隠し子を探し出すことを命じる。コーチはビンスが童貞を喪失した年齢から、可能性のある年齢が絞り込めると言うと、その年齢を尋ねる。コーチは20歳から年齢を順番に下げて行くが、結局12歳と発覚。コーチはこれでは全ての選手に可能性があるというと、その背後にリックフレアーが立っている。

ランディオートンのビデオ。

ウィリアムリーガルの「WWEアイドル」が行われるという予告。

バックステージでリーガルがWWEアイドルのオーディションとしてJBL、マイケルコールと話している。リーガルは酷いと告げると、今度はマリアとロンシモンズが現れる。リーガルは2人に、来週デートをしてもらうと言う。これをサンチノマレラが止めようとする。マリアとマレラが立ち去った後、残ったシモンズはJBLとコールが歌っているのを見ている。コールがシモンズに80年代のグループで最も好きだったのは?と尋ねると、シモンズは「Wham!!(ワム)」

クライムタイム vs ランスケイド、トレバーマードック
試合前、クライムタイムはリリアンのイスに2人のサインをして、1000ドルからオークションを始める。
ケイドとマードックはシャドを自軍のコーナーに押し込んで攻撃。JTGがタッチを受けてマードックをフォールするが、ケイドがカット。ケイド&マードックのスィート&サワーがJTGにヒット。マードックが押さえるがシャドがオークションで売ったはずのイスを購入者から奪い取ってマードックを殴り、反則裁定。
勝者:ランスケイド、トレバーマードック(反則)

ランディオートンのレジェンドキラービデオ。RVD編。

HHHの復帰予告ビデオ。

ロビーマカリスター(ハイランダーズ) vs スニツキー
スカッシュマッチ。
勝者:スニツキー

バックステージでビンスがコーチにこれまでの数々の勝利について語っている。コーチはそれを全てリストアップして、サタデーナイトメインイベントで披露しましょうと言う。
コーディローズが現れ、ビンスに「自分は誰の息子なのかわかっているから安心して欲しいという。そしてビンスにとって必要なものを持っているというと、コンドームを手渡す。
ビンスはこの「トロイ(内通者)」を訴えることを検討するように、コーチに命じる。
ここでブギーマンが登場。ビンスに歌を歌い始める。コーチはビンスに「あなたに目をつけているようですよ。」

WWEアイドルがスタート。トッドグリシャムが司会。リーガル、マリア、ミックフォーリーがジャッジ。ミックは「(このショーへの出演は)金のためなら何でもやるという証明だ。」
最初の挑戦者はジリアンホール。いつものように酷い歌を歌う。ミックは「耳を塞いどいて良かったよ」マリアは「とってもかわいかった」リーガルは合格と告げる。
次の挑戦者は、ニコライヴォルコフ、ハワードフィンケル、アイアンシークの3人組。3人で国家を歌う。ミックは素晴らしいとし、観客は「USA」チャント。マリアは「意味が私にも分かると良かったんだけど」リーガルは失格を宣告する。怒ったアイアンシークはリーガルをののしる。3人はセキュリティに退場させられる。
3番目の挑戦者はリリアンガルシア。「ニューヨーク、ニューヨーク」を歌う。しかしマレラが妨害。リリアンを売春婦のようだといい、「That’s Amore」を歌いだす。ミックはそれをさえぎると「お前のレスリングよりも酷いな」マレラはマリアを連れ帰ろうとするが、ロンシモンズが出てきてマレラを叩きのめす。リーガルがシモンズの勝利を宣告する。

ランディオートンのレジェンドキラービデオ。ダスティローズ編。

コーディローズ vs チャーリーハース
ハースが圧倒。観客は「Boring」チャント。コーディが反撃し、スモールパッケージホールドでピン。
勝者:コーディローズ

キングブッカー戴冠式。ブッカーは自分こそ真の王と証明されたとし、ジェリーローラーに対して、ブッカーの頭に王冠を乗せる事を命じる。ジェリーは王冠をてに取るが、頭に載せるのはためらう。ブッカーはジェリーに、もうキングではないと叱りつける。ジェリーはブッカーが唯一の王ではないから、戴冠をためらうのだと告げる。そしてGMのリーガルからのメモを手渡す。そこにはサマースラムでブッカーに試合を命じることが書かれており、相手はジェリーではないとされている。ジェリーがトロンを指差すと、HHHのプロモが流れる。観客は熱狂。プロモの後、ジェリーは王冠を投げ捨てると、2人は乱闘。シャメールがジェリーに飛び掛り、ブッカーが殴る。場外に出て、ジェリーの頭を鉄階段に叩きつけ、さらにモニターにも叩きつける。観客は非常に大きな「HHH」チャントを続けている。ブッカーはジェリーをののしると、退場していく。

トッドがジェリーローラーの代わりに実況席に入る。
JRとともにサマースラムの決定済みカードを読み上げる。公式にHHH vs キングブッカーが決定。

ランディオートンのレジェンドキラービデオ。サージェントスローター編

ランディオートン、カリート vs ジョンシナ、ウマガ
オートンは試合前にアピール。シナが嫌いなものにとっては、自分がヒーローになり、好きなものにとっては悪夢になるという。そしてサマースラムでWWEチャンピオンとなって会場を後にするという。
シナのFUがカリートにヒットしてピン。
勝者:ジョンシナ、ウマガ


バックステージでビンスが今回の事をコーチに上手く取り計らうように言おうとするが、コーチはそれを遮るジェスチャー。ビンスの背後に誰かが立っているのに気づく。振り向くとリンダが立っている。ビンスは言い訳しようとするが、リンダがそれを遮って、「もう、あなたに家はありません!」

ブライアン「クラッシュ」アダムズが亡くなりました

クラッシュのニックネームで活躍したブライアンアダムズが、自宅で亡くなっているのが発見されました。
夫の反応が無いことに気づいた奥さんが、警察と消防に通報し、駆けつけた捜査員により死亡が確認されたそうです。

争った跡や不審な点は発見されておらず、事件性は無いものと見られています。
アダムズは1995年、違法にステロイドとスタンガンを購入しようとして逮捕された事があり、ステロイドとの因果関係が追及されることになりそうです。

謹んでご冥福をお祈りいたします。

1ba.jpg

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。