WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エクストリームエクスポーズが本当にポロリ!?

5/30付WWEニュース速報です。

★5/28放送分RAW視聴率は3.2%でした。この日はメモリアルデー(祝日)でした。

☆ノースカロライナ州のシャーロット・ダグラス国際空港で、ジョンシナとTNAのロンキリングスが偶然はちあわせたそうです。キリングスはTNAの公式サイトに、シナを小馬鹿にするコメントを収録したビデオを公開していました。シナのほうからキリングスに話しかけたそうですが、キリングスは無視したそうです。

★5/28のRAWで行われたビキニバトルロイヤルに出場していた、ブルックの衣装が外れる「事故」があったそうです。

☆WWEはワンナイトスタンドで、クリスベノワvsMVP戦を予定していましたが、これを取り下げたそうです。

☆ジョニーエースは新たにWWEの株式を10000株を、格安の$130,031で取得し、その後、14941株を一株$17.75ドルで売却して、$264203の収入を得たそうです。
ケビンダンは、32,709株を、$418,509(一株当たり$12.79)で取得し、その後、37000株を売却して、$691,960の収入を得たそうです。
スタファニーマクマーンはストックオプション、ならびに昇進に関わる報酬として42,500株を$490,810で購入したそうです。

スポンサーサイト

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ECWのメインカードが2転3転

5/29付WWEニュース速報です。

☆HHHはヒールとして復帰することを希望しているそうですが、観客達にフェイスとして迎えられるのは明らかだとされています。

☆ジャッジメントデイではウマガ、ラシュリー共に、ダメージを抱えていた為、ハンディキャップマッチの試合時間が短くなったとの事です。

☆マットハーディはスマックダウンで、引き続きシングル戦線に参加してくそうです。ビンスマクマーンにハーディボーイズを長く続けるつもりが無い為だそうです。

☆5/29のECWのメインは、当初、RVD、CMパンク vs イライジャバーク、マーカスコーヴォンだったそうです。しかし、RVDとオートンとの対決が入った為、急遽変更され、パンクvsバークのノーDQ戦に変更されたそうです。
その後、さらにパンク、サンドマン、ドリーマー vs バーク、マーカス、ストライカーのテーブルマッチに変更するとされていましたが、こちらは実現しませんでした。

☆スコッティ2ホッティの解雇について、WWEはホッティのリングワークに成長を感じていなかったのが原因ではないかといわれています。

☆解雇された元スピリットスクワッドのミッチは腰を痛めていたそうです。

☆6/11のドラフトは、選手の入れ替えによるストーリーのリフレッシュをはかるのが目的とされています。また、スペシャル番組を企画したUSAネットワークもこの決定を支持しているそうです。

☆クリスベノワをRAWに移籍させ、トップ戦線に参加させると言うアイディアが出ているそうです。WM23の直後にも計画されていましたが、MVPとの抗争を続ける為に、保留されていたそうです。

☆ヨーロッパのレスラー、スチュ・サンダーズ、ムラット・ボスポラス、クリス・カオス、テイラー・フェニックスの4名と、ディベロップメント契約を結ぶことをWWEが検討しているそうです。実際に契約が決まれば、彼らはOVWに送られるとの事です。

☆5/28のRAWの会場で、RVDvsオートンの試合中に"More Headlocks Randy?"というサインボードをファンが掲げていたところ、たちどころにセキュリティに取り上げられたそうです。Headlocksはスラングで、大柄な女性の胸を表します。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/29放送分ECW試合結果速報

5/29放送分ECW試合結果速報です。

カナダオンタリオ州ロンドンより生放送。

ランディオートンがリングに登場。ジョーイスタイルズは、RVDにドクターストップがかかって、今夜は出場できないと言う。しかし、タズはワンナイトスタンドには間に合うという。オートンは「俺がRVDにした仕打ちの為に、ECWに歓迎されないのは分かっている。」と言うとRAWのオートンvsRVDのリプレイを流す。観客はオートンにブーイング。オートンは「RVDは脳震盪を起こしたが、俺は合法的なことしかやっていない。RVDはワンナイトスタンドで、俺にストレッチャーマッチを申し入れてきた。奴は日曜日、ストレッチャーで運ばれることになる。」
ここでトミードリーマーが登場。ドリーマーは観客達は、RVDとHBKを愛しており、オートンはECWに相応しくないが、今夜の試合に関しては歓迎するとし、挑戦を表明。オートンは受諾し、ECWのレジェンドを殺してやるという。

今夜、ビンスとラシュリーが顔を合わせる(試合ではない)という予告。

次はCMパンク vs イライジャバークのノーDQマッチ

ビンスがSNMEでラシュリーと腕相撲で対戦するという宣伝。

実況陣は、ワンナイトスタンドで、サンドマン、パンク、ドリーマー vs バーク、コーヴォン、ストライカーのテーブルマッチをアナウンスする。

CMパンク vs イライジャバーク ノーDQマッチ
序盤、観客は「we want tables」チャント。バークがレフリーのスコットアームストロングに食ってかかるが、ノーDQの為、反則を取れない。バークはコーナーにテーブルをセット。コーヴォンがパンクに走りこむがパンクはイスで殴る。しかし、コーヴォンはパンクにテーブル貫通のパウンスをヒット。バークが押さえてピン。
勝者:イライジャバーク

次はビンスとラシュリーの顔合わせ。

ビンス登場。ジョーイスタイルズに対し、ジョーイという名前はまるで12歳の子供のようだという。そしてLから始まる名前は負け犬(Loser)をあらわしている。というと、ラシュリーを呼び込む。ラシュリーはストリートファイト戦には自信を持っているというと、ビンスはラシュリーを馬鹿にし、その根拠を問う。ラシュリーは自分こそチャンピオンだからだと返答。ビンスは、自分こそECWのチャンピオンだといい、しかも自分はストリートの出身だという。ラシュリーは笑い飛ばすと、日曜日に自分がチャンピオンであることを証明するという。ビンスはこれが「Custer's last stand(かつてネイティブアメリカンの大部隊に突撃し全滅したカスター将軍の故事を表す)」のように、ラシュリーの最後の抵抗だという。ビンスはラシュリーに対し、「お前の叔父くらいの年齢に男に対して、卑怯な手は使うな。」と言うと、ラシュリーは「俺の親父の叔父さんくらいだろ」と返し、改めて日曜日にECWタイトルの奪取を宣言する。

ジョーイとタズがワンナイトスタンドのカードを読み上げる。実況陣はRVDがPPVに参加できるかどうかを心配している。RVDvsオートンのリプレイが再び流れる。

次はオートンvsドリーマーという予告。

エクストリームエクスポーズ。ジョーイがワンナイトスタンドでもエクストリームエクスポーズは行われるという。

ボールズマホーニー vs ケビンソーン
ソーンのオリジナルシンがヒット。
勝者:ケビンソーン

バックステージでメジャーブラザーズがRVDについて話していると、マットストライカーが入ってくる。ストライカーはドラフトでメジャーブラザーズはバラバラになるかもしれないというと、来週メジャーブラザーズのどちらかと対戦するという。

ランディオートン vs トミードリーマー

オートンのRKOがヒット。
勝者:ランディオートン
試合後、再びRKO。ドリーマーに蹴りを入れると、RVDが私服で登場。オートンはRVDの頭を殴り、睨みつけると引き上げていく。ジョーイはRVDはワンナイトスタンドに出場しても大丈夫なのか、心配している。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/1放送分SmackDown収録速報

6/1放送分SmackDown収録速報です。

カナダ、オンタリオ州ロンドンで収録

ダークマッチ
○コーディローズ vs ディバリ●
ダイビングクロスボディアタックでピン。

JBLとマイケルコールが入場。

SmackDown
クリスベノワ、マットハーディ vs MVP、ミズ
手堅い好試合。15分経過した頃にコマーシャルブレイクに入り、コマーシャル明けにベノワとマットがクリーンザハウス。マットが敵軍に捕まりつつ、辛くも脱出してベノワに繋ぎ、盛り上げていく。最後はベノワのクロスフェイスが決まってタップアウト。
勝者:クリスベノワ、マットハーディ
連続ジャーマンとダイビングヘッドバットは無し。
一番人気はMVP。ベノワとマットも歓声を集めたが、ミズは不評。

バックステージでフィンリーがホーンズウォグルに檄を飛ばしている。ホーンズウォグルは何やら、百面相をしている。

ミッシェルマクール vs ジリアンホール
観客は静まり返っている。5分過ぎくらいにジリアンが優勢になると、アシュリーが登場。最後はミッシェルのスピニングネックブリーカードロップが決まってピン。
勝者:ミッシェルマクール
ミッシェルの勝利を見届けてアシュリーは退場。この試合のジリアンは、かなり変な衣装を着ていたらしい。

ブギーマンがリトルブギーマンにミミズを与えている。

ホーンズウォグル vs リトルブギーマン
コミカルな動きで、笑いを誘う試合。観客には好評。リングの下から飛び出してきたフィンリーが、ブギーマンの駆けつける前に、シレイリでリトルブギーマンを殴って、ウォグルがコーナーからスプラッシュを決めてピン。
勝者:ホーンズウォグル
観客の反応は上々。

リングにカーペットが敷かれる。インタビューが始まると思いきや、なぜかすぐに撤収され、ケインのテーマがヒット。(後の試合中にトニーチメルがスタッフを叱り付けていたそうです。どうも段取表に記載ミスがあったようです。)

ケイン vs マークヘンリー

とても酷い試合。終盤にヘンリーが場外でベアハッグから、鉄柱にケインを叩きつける。そのままケインが場外カウントアウト。
勝者:マークヘンリー(カウントアウト)
ワンナイトスタンドで、ヘンリーvsケインのランバージャックマッチが発表される。

バックステージでエッジがいつものようにアピール。テイカーを下し、バティスタも倒したといっている。そして、自分は格下などでは無いと主張する。

デュース&ドミノがインタビューを受けている。昔風のアピールで、モチベーションの高さを主張する。

デュース&ドミノ vs ポールロンドン、ブライアンケンドリック vs ウィリアムリーガル、デイブテイラー タッグタイトルマッチ
ケンドリックが他の2チームの4人に捕まる展開が長く続く。ようやくケンドリックが脱出してロンドンにタッチ。クリーンザハウスからコーナーに上るが、デュース&ドミノのセコンドについていたチェリーに突き落とされ、デュース&ドミノに捕まってピンを奪われる。
勝者:デュース&ドミノ

バックステージで、テディロングが、ケインvsヘンリーのランバージャックマッチを決定したビッキーゲレロを賞賛している。クリスタルが、神妙な面持ちで、ドラフト後にテディとビッキーが別のブランドに所属することになったらどうするのですかと質問。
その後、ビッキーはクリスタルとテディに対し、自分は休養を取らせてもらうので、郊外で二人のロマンチックな夜を過ごすように提案する。

カッティングエッジ。バティスタがゲスト。エッジは入場時に大歓声。エッジは声が枯れている。エッジはテイカーもバティスタも倒したので、もう恐れるものはないと言い、バティスタに軽くビンタ。バティスタも軽いビンタを返す。お互いに軽い小突きあいのあと、バティスタがパンチでエッジを殴り倒す。

終了です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ハイフライムーブ2つを改めて禁止

5/28付WWEニュース速報です。

☆USAネットワーク関係者は、RAWの視聴率アップのテコ入れの為、ケビンフェダーラインや、ドナルドトランプのようなセレブリティの登場を望んでいるそうです。

☆5/11のSmackDownはエッジのタイトル奪取があったにも関わらず視聴率が伸びなかった為、WWEは不満を感じているとの事です。

☆ダスティローズはECWを若手主体の番組にし、ディベロップメントの選手達の最終段階の場にしたいと思っているそうですが、ヘッドライターのデイブラガナは現行路線を維持したいと考えているそうです。

★5/28のRAWの後、リング上にシナとラシュリーが残り、にらみ合いになりましたが、その後握手を交わしました。ところが、ラシュリーが不意をついてドミネーターをシナに決め、大歓声を受けたそうです。ラシュリーはWWEタイトルへの挑戦をアピールした後に退場。シナは立ち上がり、観客達に対しホーガンのように、手を耳に当てる仕草でアピールすると、大ブーイングが返されたそうです。
この様子は、試合後のファンサービスで、放送やストーリーには関わらないとみられています。

☆WWEはタンパに新設するディベロップメント施設で、月に4~6回のハウスショーを行っていく予定だそうです。

☆WWEはシューティングスタープレスと450スプラッシュを改めに禁止したそうです。ポールロンドンが、最近の試合でシューティングスター式のブランチャーを披露しましたが、次にやったらクビにするとビンスに釘を刺されたそうです。

☆ジャッジメントデイで行われたCMパンクvsイライジャバークの試合は計算ミスにより、予定よりも長く続けられてしまったそうです。この煽りをくって、べノワvsMVP、エッジvsバティスタ戦は試合時間を短縮したそうです。さらに本来、エッジvsバティスタの決着はカウントアウトによるバティスタの勝利でしたが、この結末も変更されました。

★ジャッジメントデイの観客動員は約10500人で、内、お金を払って入場した人は9,399人だったそうです。

☆WWEがショーンマイケルズの復帰を、サバイバーシリーズに間に合わせたいと考えているのは、ブレットハートに対するスクリュージョブ事件の10周年に当たるためだそうです。

☆WWEはボディビルダータイプの選手を獲得したそうです。名前などは近日公開されるそうです。

☆昨年WWEを解雇されたクリス・ケイジは、再びディベロップメンタル契約を結ぶべく、OVWに参加しているそうです。かつてミズのパートナーとして一軍に昇格したこともありましたが、泥酔して問題を起こしたためそのままフェードアウトして解雇されていました。

☆解雇されたアリエルことシェリーマルチネスについて、ビンスマクマーンがディーバに求めているのはモデルのようなルックスで、彼女のルックスを気に入っていなかったものの、ポールヘイマンがOVW時代の彼女の演技力を高く評価しており、彼女をサポートしていたそうです。しかし、ヘイマンが去り、ステファニーが力を得、ステフもまたアリエルのギミックを理解しなかった為、解雇されたというのが実情で、噂にあるようなバティスタとの口論が決定的な要因では無いとされています。
一方、バティスタとの口論について、彼のバックステージでの発言力は非常に強く、意見の内容の良し悪しに関わらず、彼に逆らうことは許されない状況にある中で、バティスタがアリエルに何らかの要求をしたところ、それを拒否した為に起きたのでは無いかとされています。

☆解雇されたエンジェルウィリアムズについて、OVWでの態度が悪かったことから解雇に至ったと言われています。かつて、ジリアンがJBLのコンサルタントのギミックを務めていたとき、ビンスがジリアンの交代を考え、その候補としてエンジェルが挙げられていましたが、OVWで膝を痛めてしまったことと、ジリアンがブギーマンに頬の出来物を食べられて錯乱する演技を見て、ビンスがジリアンの評価を改めた為に、昇格の機会を失ったといわれています。
エンジェルはステフから直接解雇を宣告され、子供のように泣きじゃくっていたそうです。

★ワンナイトスタンドの決定済みカードです。

ビンスマクマーン vs ボビーラシュリー ECWタイトルストリートファイトマッチ

ジョンシナ vs グレートカーリー WWEタイトルフォールズカウントエニウェアマッチ

エッジ vs バティスタ 世界ヘビー級タイトル金網マッチ

ハーディボーイズ vs ワールドグレイテストタッグチーム 世界タッグタイトルラダーマッチ

キャンディスミッチェル vs メリーナ ノンタイトルプリンマッチ
(大量のプリンの中で戦うそうです。)

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/28放送分RAW試合結果速報

5/28放送分RAW試合結果速報です。

SNMEに引き続き、カナダのトロントより生放送。
メモリアルデイ(戦没将兵記念日)のトリビュートビデオ。

リングアナウンサーはジャスティンロバーツ。

メモリアルデイ記念、ブランド混合ビキニバトルロイヤル
参加者:キャンディスミッチェル、ミッキージェームズ、マリア、ジリアンホール、エクストリームエクスポーズ、ミッシェルマクール、クリスタル、メリーナ
試合中、水が降り注いでおり、水鉄砲や水風船などが用いられている。
退場順に、クリスタル、ブルック、マリア、レイラ、ケリーが退場。ここからレスリングがスタート。続いてミッキー、キャンディス、ジリアンが退場し、残ったのはミッシェルとメリーナ。ミッシェルがメリーナにドロップキックを決めてメリーナが場外に転落。
勝者:ミッシェルマクール

バックステージでシェインマクマーンが入場口に向かっているシーンが映る。

オートンvsRVD、シナ、ラシュリーvsウマガ、シェイン、カーリーの2試合が今夜行われると言う宣伝。

シェインがステージに登場。2週間後に3ブランド合同で、ドラフトと行うと発表する。
さらに、ワンナイトスタンドで父がラシュリーをフォールするのは確実だとし、その前に、ラシュリーからピンを取れることを、自分が証明すると言う。そしてラシュリーは、なぜ私が「マニー」と呼ばれていることを思い知るだろうと言う。

ハーディボーイズ、ランスケイド、トレバーマードック vs ジョニーナイトロ、ケニーダイクストラ、ワールドグレイテストタッグチーム
非常にハイペースな試合展開。ハーディズとケイド、マードック組の連携が非常に上手く行っている。マードックはコーナーに登り、場外にダイブを敢行。JRは「まるで空を飛ぶ牛だ!!」。ベンジャミンのキックをジェフがくらい、ハースが押さえ込んで2カウント。ジェフが捕まる。辛くもマットにタッチすると、マットがナイトロとケニーを連続で倒し、試合は両チーム入り乱れての乱戦になる。最後はマットのツイストオブフェイトから、ジェフのスワントーンの必殺連携がケニーに決まってピン。
勝者:ハーディボーイズ、ランスケイド、トレバーマードック
試合後WGTTがハーディズにワンナイトスタンドでのタッグタイトルマッチを申し入れる。ハーディズはこれを受諾するが、ラダーマッチで行うと言う。

バックステージでトッドグリシャムがシナにインタビュー。トッドはカーリーが怖くないかと訊く。シナは恐れていないと言い、カーリーについて彼の口調を真似て話す。そして、下馬評を覆すのが大好きだとして、ワンナイトスタンドでは自分の言ったことを実現してやると言う。

バックステージでマリアがサンチノマレラに、ドラフトに関してインタビューしている。マレラは、どこに行っても自分がICチャンピオンであることに変わりはないと言う。マリアはまるでイタリア人のような発音だと言う。マレラはジョークを言って立ち去る。
ランディオートンがマリアに近づいてくる。ECW.COMにアップされている、RVDがオートンのHBKに対する仕打ちに怒っているという記事に対して話し始める。オートンはHBKのキャリアを終わらせた日は、自分の人生で最高の日だったと言う。そして、HBKには敬意を表するが、RVDにはその価値がないと言う。

RVD vs ランディオートン
互いに攻撃を繰り出し合う激しい展開。RVDが場外に投げ出されると、オートンは激しい攻撃をぶつけ、全身にストンピングを浴びせる。RVDは反撃し、ローリングサンダーをヒット。2カウントを奪うと、さらにムーンサルトでニアフォールを奪う。さらにコーナーから飛び蹴り。しかし、オートンを見失った隙に、オートンがDDTで反撃。RVDの目が虚ろになったところへ、オートンのハイキック。ここでレフリーストップ。
勝者:ランディオートン(レフリーストップコンテスト)
オートンは試合後にRKO。RVDはもんどりうって倒れる。

次はリックフレアー、トーリーウィルソン vs カリート、ビクトリアの予告。

ハーディズ vs WGTTのワンナイトスタンドでのタイトルマッチが正式にアナウンスされる。

コマーシャル中に、RVDが助けを借りて引き上げる様子が映される。キングは脳震盪を起こしているようだと説明する。

リックフレアー、トーリーウィルソン vs カリート、ビクトリア
ビクトリアはフレアーにビンタを2発。フレアーはビクトリアに4の字固め。カリートがカットする。カリートはフレアーの膝を狙う。フレアーが倒れている間に、カリートはトーリーにキス。トーリーはカリートにビンタ。フレアーを助けようとし、タッチを受けるが、カリートのバッククラッカーを食らってしまいピンフォール。
勝者:カリート、ビクトリア

キングとJRがワンナイトスタンドの決定済みカードのおさらい。シナvsカーリーのストリートファイト戦はピンフォールのみで勝敗が決すると説明。

バックステージで、ウマガとカーリーがにらみ合っている。ウマガはサモア語、カーリーはパンジャブ語で何か言っている。シェインはカーリーにシナを押さえるよう、ウマガにはラシュリーを押さえるように言い、ピンフォールは自分に譲れと言っている。

マリアのキスカムをクリスマスターズが妨害。サンチノマレラにマスターロックチャレンジに参加するように要求する。マレラが登場。乱闘になるがマスターロックが極まる。観客は「サンティーノ」チャント。しかし、締め落とされてしまう。

2週間後にドラフトが開催されると言う宣伝。

シェインマクマーン、ウマガ、グレートカーリー vs ボビーラシュリー、ジョンシナ
ウマガとシナでスタート。観客は「Cena sucks」チャント。しかし、"Let's go Cena"チャントも混ざり始める。シェインとウマガがシナを攻撃し続ける。ウマガのサモアンドロップがヒットすカウント2。カーリーが入ってレッグドロップを落とし、すぐにシェインにタッチ。シェインはシナにボディシザーズ。シナは脱出してブレーンバスターでシェインを倒す。両チーム、ラシュリー、ウマガにそれぞれ交代。カーリーが勝手にタッチして入る。カーリーがロープに絡まったところで、ダブルチームの攻撃を受けてしまう。場外でウマガがシナにサモアンスパイク。ラシュリーはシェインを攻撃。カーリーがようやく脱出すると、ラシュリーにネックハンギングスラムをヒット。シェインがタッチを受け、ダイビングエルボーを落としてピン。
勝者:シェインマクマーン、グレートカーリー、ウマガ

ウマガ、カーリー、シェインは花道を引き上げていくと、ビンスがステージで出迎える。4人で勝ち誇って放送終了。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

Saturday Night Main Event収録結果速報

6/2放送分Saturday Night Main Event収録結果速報です。

カナダのトロントで収録。

ダークマッチ
チャックパランボ vs タイソンダックス
タイソンダックスはボーダーシティレスリング(ウィンザーにあるTNAのスコットデモアが運営する団体)で、会場の地元出身扱い。パランボは一回り体が大きくなっている感じ。地元のファンがダックスを応援。それに「boring」チャントが混じる。パランボが投げっぱなしのジャーマンからビッグブート。留めにカナディアンバックブリーカーに抱え上げて、そのままネックブリーカードロップに移行する技でピン。
勝者:チャックパランボ
チャックはバイクで退場。

マイケルコールがSmackDownのテーマで入場。キングが続いて出てくる。観客は大「ジェリー」チャント。
パイロの準備をしている間に、HHHの怪我が順調に回復していることをまとめたビデオが流される。

この時点で会場の入りは3分の2程度。

アシュリーが出てきて、リングサイドに座る。

パイロが上がり照明が点く。シナが登場。大きなブーイングが起こる。シナは少々うんざりした様子。

アシュリーがリングアナウンサー。トロンにシナとカーリーの抗争のまとめが流される。カーリーの登場前に先にビデオが流れてしまうアクシデントが発生。出てきたカーリーは一旦引っ込んで、入場のやり直し。

ジョンシナ vs グレートカーリー ノンタイトルマッチ
観客はシナとカーリーそれぞれに分かれて応援。非常に盛り上がっている。シナはかなり性急に攻めていくが、カーリーはSTFUもFUもパワーで返していく。カーリーがパワーで優位に立つと観客はカーリーにブーイング。
シナはFUを狙うが持ち上げられない。カーリーは脳天唐竹割りからネックハンギングスラムでピン。
勝者:グレートカーリー
アシュリーが退場。
カーリーはアピールを始める。シナはいつでもどこでも、ワンナイトスタンドでも倒せると言っているらしい(通訳が話している)。
シナの退場時に観客からブーイングと「you can't wrestle」チャントが浴びせられる。

次はビンスマクマーン vs ラシュリーの腕相撲マッチ。

クリスタルが入場。その間にリングセットが準備される。

ビンスマクマーンが先に入場。「doctor of hardcore」とアナウンスされる。WM23でビンスの頭を剃ったシーンのリプレイが流れる。
ラシュリーの入場。ステージにラシュリーが出てきたところ、その頭上で大きなパイロがあがる。この時点で観客の入りは95%くらい。ビンスはラシュリーに見せ付けるようにベルトを掲げている。観客はビンスに「you screwed bret」チャント。ビンスは組み合おうとせず、ラシュリーを睨んでいる。組み合おうとしないまま、ビンスはマイクを持つが、スイッチが入っていない。別のマイクを持ち、マークヘンリーを呼び出す。

マークヘンリー vs ボビーラシュリー 腕相撲マッチ
観客はラシュリーに声援を送る。ラシュリーが優勢だがマークヘンリーはラシュリーを殴りつけ乱闘になる。ヘンリーはベアハッグにラシュリーを捕らえて、コーナーに押し込むが、ラシュリーが反撃してスピアーを決める。ビンスが背後からイスでラシュリーを殴る。
ビンスとヘンリーは花道で勝ち誇っている。

ラシュリーとクリスタルが退場。
マリアがエッジにインタビュー。エッジは自分を評して、身長が最も高いわけでもなく、最重量でも腕力が最強でもないが、最も偉大だという。エッジに大きな歓声が送られる。

バティスタ、クリスベノワ vs エッジ、MVP
客席は満員になっている。トーリーが出てきて、この試合のリングアナウンサーを務める。バティスタが入場。声援とブーイングが入り混じっている。ベノワの入場は大歓声。
続いてMVPのバルーンがセットされるが、MVPの入場時にすぐに壊されてしまう。花火が上がり大歓声の中エッジが入場。リングに上がり、コーナーでアピール。
MVPとベノワで試合開始。ベノワのクロスフェイスはロープに逃れる。エッジにタッチ。凄まじい歓声が上がる。ベノワの連続ジャーマンで2カウント。ベノワが攻勢を維持してバティスタにタッチ。エッジもMVPにタッチ。バティスタはMVPを蹂躙。パワー技でカウント2を奪ってベノワとタッチ。ベノワは逆水平チョップから、ジャーマン3連発。しかし、ダイビングヘッドバットとかわされる。エッジが入ってストマックブロックでカウント2を奪う。
MVPが入り、ボディスラムで2カウント。エッジが戻りベノワにヘッドロック。ベノワが強引に抜け出し、エッジに延髄切り。MVPが出てくるが、ベノワはバティスタにタッチ。バティスタはMVPをパワーで圧倒し、クローズラインをヒット。エッジが救出に出ようとするが、バティスタはエッジを威嚇する。するとエッジはベルトを持って、花道を引き上げていく。バティスタのスパインバスターがヒット。続けてベノワのダイビングヘッドバットが決まってカウント3。
勝者:バティスタ、クリスベノワ

フィンリー、ホーンズウォグル vs ブギーマン、リトルブギーマン
キャンディスがこの試合のリングアナウンサー。
フィンリーとブギーマンでスタート。ブギーマンがパワーで優位に立つ。リトルブギーマンが入って、フィンリーにスプラッシュを2発見舞う。さらにDDTを決めてミミズを食べる。ホーンズウォグルはリング下に隠れていたが、出てきてタッチを受ける。ミゼット同士の戦いになるが、フィンリーがリトルブギーマンにドロップキック。ウォグルとフィンリーは一緒にダンス。ブギーマンがウォグルを追いかけている間に、フィンリーがリトルブギーマンにブートを決めてピン。
勝者:フィンリー、ホーンズウォグル

非常に長いWWE24/7の宣伝が流れる。

リングマットの交換。
エクストリームエクスポーズが始まる。観客の半分くらいが食べ物を買いに行く。ダンス中、バックステージでまだブギーマンがウォグルを追いかけているシーンが映り、フィンリーがブギーマンを殴り倒す。その後、ウォグルとリトルブギーマンはリングに出てきて度胸試し。しかし、引き分けに終わる。すると、リトルブギーマンがウォグルの背後から襲う。

ミッシェルマクールが次のリングアナウンスの為に出てくる。

ケイン、ユージン、ドインクザクラウン vs ケビンソーン、ウマガ、ヴィセラ
ユージンはスーパーマンのコスプレ。ドインクに声援が送られる。ドインクとソーンでスタート。ソーンがドインクを圧倒する。両者、ユージンとウマガにタッチ。ウマガがパワーでユージンを倒してヴィセラにタッチ。ヴィセラはサイドバスターをヒット。さらにユージンをコーナーに追い込んで、攻撃を加える。さらにウマガとタッチ、ソーンとウマガの2人がかりでユージンを攻める。ソーンのチンロックをユージンが外し、ウマガを場外に落としてケインにタッチ。ケインはヴィセラとソーンを圧倒。さらにコーナー上からソーンにフライングクローズラインを決める。しかし、ウマガがケイン、ドインク、ユージンをまとめて圧倒すると、ヴィセラが入ってケインにラブトレイン。ケインは脱出し、ウマガがドインクとユージンを攻撃している間に、ヴィセラにチョークスラムを決めてピン。
勝者:ケイン、ドインクザクラウン、ユージン

SNME終了。

すぐさまセットをRAWのものに変更する作業が始まる。

その間、会場には会社の理念に関するビデオが流れる。放送されないもの。ビデオにはレスリングやチャリティイベントに登場した様々な有名人が登場。

ダークマッチ
ロビー・シルバースタイン、ランス・マリブ vs ハイランダーズ
すでにRAW仕様のリングに変わっている。セットは交換作業は続いている。試合はシルバースタインがコーナーでローリーにチョーク攻撃をやめなかったため反則裁定。
勝者:ハイランダーズ(反則)
試合後にロビーがマリブにトップロープからのスプラッシュを見舞う。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

RAWの3時間スペシャルでドラフトが開催

5/27付WWEニュース速報です。

☆シナとカーリーを対戦させているのは、最終的にシナに巨人退治をさせるのが狙いだそうです。

☆エッジの世界ヘビー級在位期間は、かなり長くなるだろうと予想されています。

☆ワンナイトスタンドで、当初メリーナvsキャンディス、オートンvsRVDの試合が組まれていたそうですが、キャンセルされました。オートンvsRVD戦は、オートンがRVDをなぶり殺すような試合になる予定だったそうです。

☆RVDはワンナイトスタンド後もしばらく番組に使い、コアなファン達の裏をかくことを、ビンスマクマーンが狙っているという噂です。

☆ECWの視聴率が落ちていますが、Sci-Fiネットワークは依然として現在の視聴率に満足しているそうです。これは同ネットワークの他の番組と比較すれば、遥かに高い視聴率を獲得している為です。現在の契約は今年の12月に満了する予定です。

★6/11のRAW3時間スペシャルでドラフトを行うそうです。移籍の候補者として、クリスベノワ(ECW移籍)、ウィリアムリーガル(RAW移籍)、Mrケネディ(RAW移籍)、ブッカーT(RAW移籍)などが挙がっているそうです。リーガルは仲の良いHHHが、RAWで、シングルでのプッシュを望んでいると噂されています。ケネディは復帰後、エッジと対立すると見られており、ドラフトでの移籍は検討されているものの、実現する可能性は低いと見られています。ブッカーTの移籍は、スマックダウンのロスターがヒールに偏っている為、バランスの調整の為にRAWに移されるのではないかと見られています。

☆メリーナがディーバのトップヒールとしてプッシュされているのは、他に選択肢が無いからだそうです。より性格の良いビクトリアがいますが、彼女ではメリーナのように観客を煽ることができない為、素行に問題がありながらもメリーナをプッシュせざるを得ない状況が続いているそうです。

◆ハルクホーガンはAAAとの交渉を断ったそうです。この夏の間は何もしたくないと言うのが理由だったそうです。AAAは引き続き、ビッグショーの招聘を画策しているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ビンスがインディ団体にサプライズ登場

5/26付WWEニュース速報です。

☆ニック・ミッチェル(元スピリットスクワッドのミッチ)の解雇は、彼にレスラーとしての才能が乏しいと判断された為で、多くの人々が予期していたそうです。

☆ジョニーナイトロがプッシュされない事について、先日、メリーナとの関係が原因では無いかという噂がありましたが、逆に、メリーナとは無関係で、ただクリエイティブチームにとって、存在感が薄い為だという意見も出ています。

☆クリスマスターズがプッシュされるという噂がしばしば出ていますが、彼にはトップに食い込むほど成長できるポテンシャルは無いのではないかという意見もあるそうです。

☆グレートカーリーのマネージャーに、ランジン・シンことクリエイティブチームのデイブ・カプーアを付けたのは、彼がパンジャブ語とヒンズー語を話すことができ、本当に通訳をすることが可能な為だそうです。

☆ディバリをカーリーのマネージャーから外したのは、ディバリが勇ましく喚き散らすタイプのアピールを得意とし、逆に臆病者のキャラクターを演じられない為、カーリーの引き立て役にならない事が原因だそうです。

★5/25放送分SmackDown視聴率は、速報値で2.4%でした。

★カオティックレスリングというインディ団体が行ったチャリティ興行のメインイベントで、ジョンシナが特別レフリーを務めましたが、サプライズでビンスマクマーンが乱入し、シナのFUを食らって排除されました。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

マットハーディはシングルス戦線を希望

5/25付WWEニュース速報です。

★マイアミヘラルド紙のインタビューに答えたマットハーディが、現在のタッグ戦線には満足しているものの、最終的な目標はシングルで世界王座を獲得することだとし、シングル転向をクリエイティブチームに頼んでいる事を明かしています。

☆最近、ジョニーナイトロがジョブを務める機会が増えているのは、バックステージでの評判が悪いメリーナの巻き添えを食っている為だと噂されています。

★6/11に予定されていたSmackDownのハウスショーがキャンセルされたのは、同日のRAWが3時間スペシャルになり、開始が1時間早まった事が理由だそうです。

★今週のヒートで、ようやくチャックパランボがテレビ再デビューを果たすそうです。パランボは昨年、WWEに再雇用されましたが、一軍ではダークマッチにしか登場していませんでした。チャーリーハースと対戦する予定です。

★RVDはこのリングネームの使用権を自身が保有している為、WWEを離脱した後も、RVDとして活動できるそうです。なお、RVDの本名は「Robert Szatkowski(ロバート・ザトコウスキー)」です。

☆ワンナイトスタンドでエッジ、MVP vs バティスタ、クリスベノワ戦行うというプランがあるそうです。

★ヴィトーはE-mailでインディ団体のブッキングを受け付けています。
usapromaniac@aol.com
もう女装ギミックはやらないと見られていますが、ムエタイギミックで登場する可能性はあるそうです。

◆キングコングバンディがマイスペースのサイトで、レスリングとコメディショーのブッキングを受け付けています。
http://www.myspace.com/thekingkongbundy

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

6/11のRAWは3時間スペシャル

5/24付WWEニュース速報です。

★6/11のRAWは、放送時間を3時間5分に拡大し、東部時間のPM8:00~11:05の枠で放送すると、USAネットワークが発表しました。

★WWEは「最高のWWEファンコンテスト」を開催すると発表しました。参加するためには、自分がどれほどWWEを好きであるか、60秒のプレゼンテーションビデオを作成し送付します。5/18~6/30が受付期間です。優勝賞金は25000ドルで、優勝者はサマースラムが行われる週のイベントで発表されるそうです。

★5/22放送分ECW視聴率は1.5%でした。

☆ワンナイトスタンドでRVDvsスニツキー戦がよていされているそうです。この試合以降、RVDがTVマッチに登場することはないだろうと言われています。

☆先日のRAWでラシュリーにガントレット戦をやらせたのは、ブルースプリチャードだそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

HBKの手術は今日でした

5/23付WWEニュース速報です。

★5/4放送分SmackDown視聴率の最終値は2.51%でした。

★WWEは6/11にメリーランド州オーシャンシティで予定していたSmackDownのハウスショーをキャンセルすると発表しました。

★ワンナイトスタンドのテーマ曲は「Puddle Of Mudd」が担当するそうです。

☆ショーンマイケルズは5/23に膝の手術を行いました。術後1~2ヶ月間は膝に加重をかけることを禁止されているそうです。先々週のRAWのコマーシャルブレイク中に、場外に転落した際、膝に異常な激痛が走った為、手術を決意したそうです。
HBKは11月のサバイバーシリーズまでに復帰を目指しているそうです。

★WWEとのファーム契約を破棄されたDSWですが、新たな体制を作り直して、再起するとアナウンスしました。


◆AAAは今年のトリプレマニアにハルクホーガンをブッキングしようと交渉を続けているそうです。ホーガンは莫大なギャラを要求すると見られており、メキシコではかつて例がない大金を用意する必要があると考えられていますが、今年はトリプレマニアの15周年記念大会でもあることから、なんとしても実現させたいと考えているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ホーリーが来月復帰へ

5/22付WWEニュース速報です。

★5/21放送分RAW視聴率は3.7%でした。

★WWEはカナダのオンタリオ州キングストンで日曜日に行う予定だったハウスショーをキャンセルしました。

★スコッティ2ホッティがインディ団体からのブッキングをマイスペースのサイトで受け付けています。
http://www.myspace.com/scotty2hottyworm

☆ハードコアホーリーは来月復帰の予定だそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/22放送分ECW試合結果簡易速報

5/22放送分ECW試合結果簡易速報です。

今夜、RVD、CMパンク vs マーカスコーヴォン、イライジャバーク戦がメインで行われると発表される。

スニツキー vs トミードリーマー
ゴングが鳴り、観客はドリーマーにチャントを送る。スニツキーはドリーマーの肩をリングポストにぶつける。スニツキーは強烈なクローズラインを叩き込みビッグブートでピン。
勝者:スニツキー
試合後、スニツキーはイスをリングに投げ入れる。RVDが登場し、スニツキーにヴァンダミネーター。観客はRVDにチャントを送る。

ビンスとラシュリーの抗争のハイライトビデオが流れる。

エクストリームエクスポーズのメンバーが入場し、ティンバランドの"Throw it on Me"のビデオを紹介する。

ケビンソーン vs ワイアット・レイアード

ソーンがオリジナルシンでピン。
勝者:ケビンソーン

バックステージでイライジャバークとマーカスコーヴォンが作戦を練っている。そこへマットストライカーが割って入る。バークはストライカーが負けたことで、我慢の限界に来ているという。ストライカーにはメジャーブラザーズの一人と戦ってもらうと言うと、ストライカーは失望はさせないと言う。

マットストライカー vs ブレットメジャー
ストライカーがピンを奪う。
勝者:マットストライカー

ラシュリーがRAWのガントレットマッチに勝利したシーンのリプレイ。

RVD、CMパンク vs マーカスコーヴォン、イライジャバーク
ファンはRVDを応援。試合はマーカスがレフリーを侮辱したとして反則裁定。
勝者:RVD、CMパンク(反則)
試合後、マーカスはRVDにパウンス。

5/25放送分SmackDown収録速報

5/25放送分SmackDown収録速報です。

ダークマッチ
トニーチメルの挨拶でスタート。

ディバリがアラブの衣装で登場し、アピールしていると、チャックパランボがバイクで入場し、ディバリのマイクをさえぎる。

○チャックパランボ vs ディバリ●
パランボに対する観客の反応は上場。ディバリは観客のヒートを煽り、ヒールとして十分な仕事をする。

JBLとマイケルコールが登場。チメルがショーの開催を宣言。スマックダウンが始まる。

SmackDown
エッジのテーマがヒットし、パイロが上がる。エッジは「R指定時代」の到来を宣言する。
テディロングが登場。今夜、ワンナイトスタンドでの世界ヘビー級タイトル挑戦者を決定するための、4ウェイマッチを行うと言う。出場者は、マークヘンリー、ケイン、バティスタ、フィンリー。ワンナイトスタンドのタイトルマッチは15フィートの金網の中で行うと言う。

ポールロンドン、ブライアンケンドリック vs ウイリアムリーガル、デイブテイラー
デュース&ドミノが花道から様子を伺っている。
テイラーがケンドリックを痛めつけて場外に放り出す。その後テイラーはリーガルと頻繁にタッチを繰り返して、ヒール攻撃を続ける。ケンドリックはスライスブレッドNo2決めて、ロンドンにタッチ。ロンドンがコーナーに上ったところで、デュース&ドミノがロンドンを突き落とし、反則裁定。
勝者:ポールロンドン、ブライアンケンドリック(反則)
デュース&ドミノには大ブーイング。ケンドリック、ロンドン組には歓声が送られる。

ホーンズウォグルがエッジからベルトを奪って逃走。エッジが追いかける。フィンリーが出てきて、今すぐベルトを返すように言う。

ジリアンが登場し、「ジラトニック」という酷い歌を歌う。ブギーマンが登場。ジリアンが逃げようとするが、ディーバ達に押し返される。もう一度逃げ出すが、リトルブギーマンが妨害。ブギーマンたちはミミズをジリアンにかける。ジリアンは狂ったように逃げ出す。

テディロングのオフィスで、テディがビッキーゲレロを正式にアシスタントに採用したと語る。ビッキーはとても喜ぶ。クリスタルも一緒に喜んでいる。

マットハーディ vs ザ・ミズ

ミズはマットの腕を執拗に攻める。観客はあまり関心がなさそう。マットには度々大歓声が送られる。ミズがマットの髪を掴んで投げたところで、ようやくブーイングが起きる。ミズをネックブリーカーを決めてポーズ。マットはパンチで反撃。コーナー串刺しのクローズラインで2カウントを奪い、ボディスラムからダイビングエルボーを落として、ツイストオブフェイトを狙うが、ミズがブロック。マットはサイドイフェクトで2カウントを奪い、今度はツイストオブフェイトが決まってピン。
勝者:マットハーディ
大歓声が上がる。マットは片手でベルトを持ち、もう片方の手は頭にあてて、観客に一礼する。

マークヘンリーがトロンに登場。自身を「ジャングルの王者」と呼ぶ。今日の4ウェイマッチの勝利を宣言し、ワンナイトスタンドで、シルバーバックゴリラ(壮年のオスゴリラ)のように暴れるのが楽しみだと言う。

風船でアーチが作られた花道を通って、リングに設置された演台らしきものに向かい、MVPがオープンカーで入場してくる。花道ではパイロ。リングでは花火が上がる。MVPはとても価値のあることをやり遂げたと言うと、ベノワに対し、出てきて彼を祝福するべきだと言う。
ベノワが登場。MVPが握手を求めると、ベノワは応じる。MVPはベノワに対し、自分の腕を掲げ、MVPが未来でベノワが過去であると認めるように要求する。MVPが睨みつけると、我慢が限界に達したベノワが、連続ジャーマンから逆水平チョップ。MVPは慌ててリングを逃げ出し、ベノワを睨みつける。

トロンにケインが登場。今夜の対戦相手たちは悲惨な目に遭うといい、ワンナイトスタンドがエッジの立っていられる最後の日になると言う。

WWE24/7の宣伝のあと、ヴァンヘイレンの「Right Now」が流れる。

チャボゲレロ vs ジミーワンヤン ノンタイトルマッチ

チャボがヤンを圧倒する展開。観客は静まりかえっている。チャボがドロップキックを決め、コーナーに上ると、少しブーイングが起きる。チャボが攻勢に出るが、ヤンがチョップで盛り返すと、チャボのハーフボストンクラブが極まる。ヤンはロープエスケープ。チャボはもう一度ハーフボストンクラブを極めるが再びエスケープされる。観客の反応は全くなし。ヤンが逆さ押さえ込みで2カウントを奪い、ハイキックからクローズライン。ショルダースルーと連続攻撃。チャボは低空ドロップキックからスリーアミーゴス。チャボはフロッグスプラッシュを狙うが、ヤンにかわされる。ブレーンバスターの投げあいから隙をついたヤンの丸め込みでピン。
勝者:ジミーワンヤン

バティスタがクリスタルとともにトロンに登場。バティスタは「一人は戦いを楽しんでいる。もう一人はジャングルの王者だと言う。もう一人は悲惨な結末を望んでいる。しかし、俺の宿命には関係ない。」

エッジが入場。大ブーイングを受ける。

バティスタ vs ケイン vs マークヘンリー vs フィンリー 世界ヘビー級タイトル挑戦者決定フェイタル4ウェイマッチ

バティスタが最初に入場。ケイン、フィンリー、ヘンリーの順で入ってくる。パイロが上がりすぎて、会場内は煙たくなっている。バティスタが大歓声を受けている。
ケインとフィンリーでスタート。フィンリーがヘンリーの背後から飛び掛るが、ヘンリーはフィンリーを投げ飛ばす。ケインがバティスタにサイドバスター。バティスタはヘンリーにボディプレスでカウント2。さらにフィンリーには雪崩式ブレーンバスター。ヘンリーはバティスタとフィンリーにまとめてスプラッシュ。ケインがヘンリーにブートを決め、チョークスラムを狙うが切り返され、パンチの応酬になる。ヘンリーがケインにパワーボム。バティスタにはワールドストロンゲストスラムでカウント2。フィンリーがシレイリで他の3人を殴り倒す。ホーンズウォグルが出てくるが、バティスタがフィンリーにスピアーをヒットさせると、慌てて逃げ出す。バティスタがフィンリーにバティスタボムをヒットしてカウント3。
勝者:バティスタ 世界ヘビー級タイトル挑戦権獲得

バティスタはエッジを睨みつける。エッジはさっさと引き上げる。

ダークマッチ
○ダンロッドマン vs フナキ●
一方的なスカッシュマッチにも関わらず、観客のロッドマンへの反応は冷ややか。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ショーンマイケルズも手術へ

5/21付WWEニュース速報です。

☆グレゴリーヘルムズの頚椎の固定手術が成功したそうです。

★WWEが7/4にメキシコのティファナでRAWのショーを開催するとしていましたが、ティファナに変更されました。このショーにはレイミステリオの登場が宣伝されています。

☆ビクトリアがWWEと3年間の延長契約を結んだそうです。

☆シナとカーリーの抗争はジャッジメントデイだけで、その後シナはショーンマイケルズとの抗争に入る予定でしたが、このプランは撤回されたそうです。マイケルズの負傷が原因と考えられています。

☆ロブコンウェイが解雇された原因として、ステファニーが、かつてコンウェイを気に入って、次世代のHBKとして過去にプッシュしたにも関わらず、観客の評価を得ることができなかったことで、興味を失ってしまっていた事が上げられているそうです。
コンウェイは今年の1月にRAWのストーリーでビンスからクビを宣告されたあと、ほとんど番組に出ていませんでした。ラ・レジスタンスをレネデュプリとECWで再結成しましたが、その数日後にデュプリが謹慎処分を食らってしまい、かわりにシルバングルニエと組む話も出ましたが、コンウェイとシルバンが噛みあわず、結局、出場機会を失ってしまったそうです。

★WWEは正式にヘンリーゴッドウィンことマーク・カンターベリーを解雇したことを発表しました。

☆ヴィトーの解雇は、多くの関係者達を驚かせたようです。かつては言動に問題があるとされていましたが、その後、女装ギミックを始めたとき、上層部の指示に従い日常生活でも女装を続ける事に同意するなど、従順に振舞っていたそうです。今回の解雇には隠された意図があると多くの人が考えているそうです。

☆ショーンマイケルズは近く、傷めている膝を手術するそうです。この1年ほど膝の痛みに苦しんでいたものの、再結成したDXのストーリーを継続する為、またHHHの負傷欠場後は、シナとのストーリーを続ける為に、無理をして手術を先延ばしし続けていたそうです。

★ジェフハーディがライブオーディオレスリングのインタビューに答えています。

・マットと一緒にタッグ戦線に復帰するのは、容易なことだった。

・WWEへの復帰するとき、多くの人からいつハーディボーイズを復活させるのか、訊かれていた。

・ケイド、マードック組とのストーリーを楽しんでいる。彼らと絡むことで良い変化が得られると思う。

・マットはマードックのカナディアンデストロイヤーをビビッていた。

・タッグ戦線でケンドリック、ロンドン組と戦うのも楽しい。

・年を取るにつれて、少しずつ試合中の動きを遅くしている。怪我を未然に防ぐ為だ。

・ナイトロと絡むのは楽しい。

・マットが両方のブランドを掛け持ちしていたとき、彼の休みは週に1日しかなかった。

・WM23でラダー上のエッジにダイブするのは、自分が考えた。ラダーが折れるかどうかは分からなかった。尻に大きな痣ができてしまった。しかし、エッジの方が衝撃をまともに受けていた。

・ジョーイマーキュリーとは、彼の解雇まで話したことが無かった。復活することを祈っている。彼とは昔、OMEGAという団体で一緒に働いたことがある。

・ここの所、TNAは観ていない。TNAでは楽しかったし、たくさんの素晴らしい試合をすることができた。


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/21放送分RAW試合結果速報

5/21放送分RAW試合結果速報です。

イリノイ州クアッドシティーズより生放送。

ジャッジメントデイで行われたラシュリーvsビンス、シェイン、ウマガ戦のハイライトのリプレイでスタート。ビデオの最後で、ビンスがまだECWのタイトルを保持していることをアピール。ラシュリーがビンスからピンを奪っていないため。

ラシュリーがリングに登場。今夜、ラシュリーvsビンスのECWタイトルマッチを申し込むと言う。

ビンス、シェイン、ウマガが花道に登場。ビンスはラシュリーの挑戦を拒否し、今夜はワンナイトスタンドの話をしに来ただけだという。ONSは全試合エクストリームルールで行い、ビンスはストリートファイトルールで、ECWオリジナルであるブルーミーニーとECWタイトルをかけて戦うと言う。
シェインがマイクを持ち、マクマーン会長はこれまで、スティーブオースチン、アンダーテイカー、HHH、ケンシャムロック、シェインマクマーン、ステファニーマクマーンらを倒してきたと言うと、勝手にラシュリーの挑戦を受けてしまう。ビンスは慌てて、ラシュリーが今夜、ガントレット戦に出る事を条件にする。JRは、ラシュリーが何人の相手をさせられるのかと心配している。

今夜、ショーンマイケルズの状態について発表があるという予告。

リックフレアーがリングに向かっていく。リリアンはまだ復帰していない。

リックフレアー vs カリート
フレアーは猛然とカリートに挑みかかり、逆水平チョップを打ち込んでいく。カリートはフレアーの腕を攻める。昨夜のジャッジメントデイでも腕を狙っていた。フレアーの4の字固めをカリートが阻止してサミング。両者ともにトップロープ越しに場外へ転落するとそのまま両者リングアウト。
試合結果:ドロー(場外カウントアウト)
試合後、カリートは背後からフレアーを襲い、フレアーにアップルミスト。

次はメリーナ vs キャンディスの予告。

メリーナ vs キャンディスミッチェル ノンタイトルマッチ
3分足らずの短い試合で、最後はキャンディスがブリッジを効かせた押さえ込みでピン。
勝者:キャンディスミッチェル

バックステージで、グレートカーリーが通訳に対してがなり立てている

ラシュリーが入場口に向かっている。

ラシュリー vs クリスマスターズ ガントレットマッチ第1戦
マスターズがマスターロックを狙うが、ラシュリーはロープに逃れ、3分過ぎにラシュリーがピン。
勝者:ボビーラシュリー

ハーディボーイズが入場口に向かっているシーンが映る。

ワールドグレイテストタッグチームが実況席に加わる。

ハーディボーイズ vs ジョニーナイトロ、ケニーダイクストラ
シェルトンベンジャミンが、リングサイドでハーディボーイズを偵察している。試合は2分過ぎにジェフがナイトロをサンセットフリップで丸め込んでピン。
勝者:ハーディボーイズ
試合後、ベンジャミンとハースがハーディボーイズに襲い掛かるが、ランスケイドとトレバーマードックが救出に駆けつける。

バックステージで、カーリーと通訳が入場口に向かって歩いているのが映る。

カーリーと通訳がリングに登場。昨日の試合はイカサマだという。自分にはサブミッションは通用せず、レフリーにハメられたのだと言う。理由は、カーリーの脚はいつでもサードロープに届く為。さらに通訳が、観客とシナもカーリーを欺いたと言うと、ジャッジメントデイのリプレイ。カーリーの脚がロープの外側まで伸びているシーンが映る。
さらにシナは臆病者で、カーリーこそチャンピオンに相応しいという。カーリーがいつでもシナなど倒せると言うと、シナが登場。シナはカーリーを8フィートの泣き虫赤ちゃんと評すると、確かに脚がロープから出ていたかも知れないが、タップしたのは事実だと言う。そして自分がここに出てきたのは、臆病者だと言われたからだと言う。
シナは「ジャッジメントデイでカーリーを倒し生き残った。(カーリーに対し)お前のことは恐れていない。いつでも倒してやるから、再戦を希望する。」と言う。
カーリーはシナに脳天から竹割りを食らわし、ネックハンギングスラムで叩きつけると、シナをまたいで仁王立ち。その後、通訳とともに引き上げていく。

カーリーがシナを攻撃したシーンのリプレイ。

ボビーラシュリー vs ヴィセラ ガントレットマッチ第2戦
ヴィセラのサイドバスターがヒット。ラシュリーはキックアウト。ヴィセラのスプラッシュをかわして、スピアーでピン。
勝者:ボビーラシュリー
不機嫌そうにビンスがモニターを見ているのが映る。
JRが再び、ラシュリーは何人を相手にすればよいのかわからない事に触れる。

ディーバの出演しているティンバランドのミュージックビデオ公開の予告。

JRとキングはHBKがジャッジメントデイで脳震盪を起こしたことを話している。脳震盪の恐ろしさについて話していると、ランディオートンのテーマがヒット。リングに登場すると、ジャッジメントデイでHBKの身に起こったことを、奥さんに見せてしまったことについて後悔していると言い、そのシーンのリプレイを流させる。オートンは「これがHBK最後の試合になるかもしれない。HBKは医者の言うことを聞かなかったために、俺はなすべき仕事をした。なぜならば俺は"レジェンドキラー"ランディオートンだからだ。」

ビンスがウマガに檄を飛ばしている。

サタデイナイトメインイベントが6/2の午後11:30より、NBCで放送されることが宣伝される。

ボビーラシュリー vs ウマガ ガントレットマッチ第3戦
試合時間約6分。ウマガがタイムキーパーを突き飛ばしてイスを奪い、ラシュリーを殴って反則負け。
勝者:ボビーラシュリー(反則)
今夜の試合で初めて試合時間が5分を超える。
ウマガは倒れたラシュリーを置き去りにして、一旦引き上げていく。

バックステージでビンスとシェインが入場口に向かっている。

ウマガが再びラシュリーを襲い、サモアンスパイク。

ボビーラシュリー vs シェインマクマーン w/ビンスマクマーン) ガントレットマッチ第4戦
試合前、レフリーがラシュリーに続行の意思を確認する。ウマガがイスを持っているため、反則負けを恐れたビンスが説得して引き上げさせる。シェインがボストンクラブ。ラシュリーはタップしない。シェインはキャメルクラッチ。今度もラシュリーはタップしない。シェインがコーナーに上ってダイブするが、空中でラシュリーがキャッチし、スピアーを決めてピン。
勝者:ボビーラシュリー
試合時間は7分ちょっと。
ワンナイトスタンドで、ビンスvsラシュリーのECWタイトルマッチが決定。
ビンスとラシュリーのにらみ合いで番組終了。

アリエルの解雇にバティスタの影

5/20付WWEニュース速報です。

☆マークヘンリーはOVWから呼び戻されてから25ポンド、ダイエットしたそうです。

☆ECWに昇格したメジャーブラザーズですが、引き続きOVWでトレーニングを続けるそうです。

★技術的なトラブルで、一部の家庭でジャッジメントデイが視聴できない事故が発生したそうです。

★ジャッジメントデイ開催当日に、ハーディボーイズ vs ランスケイド、トレバーマードックの世界タッグタイトルマッチが追加されました。

★5/15放送分ECW視聴率は最終値で1.5%でした。

☆先日解雇されたアリエルことシェリー・マルチネスですが、ECW/SmackDownの収録会場のバックステージで、バティスタと激しく口論していたのを、多くの選手達が目撃しているそうです。口論の理由は伝えられていません。

☆アリエルが解雇されたことで、ケビンソーンがギミックチェンジをするだろうと言われています。

★ジャッジメントデイのダークマッチで、ケインがウィリアムリーガルをチョークスラムで下しています。

★ベスフェニックスは、先週の初めに自身が解雇されたという噂がインターネットで流れましたが、これは誤りであるとコメントしています。

☆OVWのウラジミールコズロフが、窮地に立たされているそうです。ジェリージャレットの口添えでディベロップメント契約を結んだ為、他の選手達よりも高給を取っているものの、未だに一軍で使えるレベルに達していないと評価されている為です。

☆次に解雇されるECWオリジナルズはサンドマンではないかと言う噂が流れています。

☆先日のRAWでエッジがショーンマイケルズにピンフォールを奪われましたが、これはブライアンゲワルツが書いたストーリーだそうです。ゲワルツは、去っていくものは残るものに華を持たせるべきだと、常に考えているとのことです。

☆HHHはエッジのプッシュに反対していたそうです。ケネディが故障しなければ、エッジがタイトルを取ることを決して認めなかったと噂されています。RAWでエッジがショーンマイケルズにピンフォールを奪われた事も、スマックダウンのチャンピオンがRAWよりも格下であるとアピールする為に有効だと考えていたそうです。

☆一方、エッジはマイケルズ戦の負けブックに対し、不満を露わにしていたそうです。しかし、政略的な内部の駆け引きが少ないスマックダウンに移籍できたことは喜んでいるそうです。

☆2コールドスコーピオが解雇されたのは、ベストの体型を維持できていなかったことと、上層部の人間に反感を持たれていたことが原因だと言われているそうです。

☆Mrケネディの怪我について、5/7の段階では筋断裂の重傷とされていましたが、5/9の診断で軽傷と判断されたそうです。しかし、5/8のSmackdown収録で、すでにケネディのマニーインザバンクギミックが終了してしまっていた為、ストーリーを修正できなかったとの事です。このためケネディは最初の診断を下した医師に対し、非常に怒っていたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

PPV Judgement Day 試合結果速報

PPV Judgement Day 試合結果速報です。

セントルイスより生放送。

オープニング映像が流れる。
パイロが上がる。JRがオープニングの挨拶。3ブランドの6人の実況がリングサイドに陣取っている。

カリート vs リックフレアー
JRはカリートが現在、マイアミに住んでいることに触れる。レフリーはジャック・ドーン。カリートはフレアーを肩からリングポストにぶつける。さらにリングの外からドロップキックで、フレアーをポストに激突させる。観衆は「ネイチャーボーイ」チャント。カリートはアームバー。フレアーの肩と腕を集中的に狙う。JRはフレアーがかつて肩を手術したことがあると説明。フレアーがショルダースルーでカリートを投げるが、カリートは再びグラウンドに持ち込み、アームバーを極める。
フレアーは逆水平チョップで反撃し、ペースを奪うとチョップブロックでカリートを倒して4の字固め。リング中央で捕まったカリートはたまらずタップアウト。
勝者:リックフレアー
試合後、フレアーはリングでファンにアピール。

バックステージでトッドグリシャムがHBKにインタビュー。RAWでのオートンとHBKの対立のリプレイを流す。HBKは自分が今夜来ないのではないかという噂があったという。そこへオートンが背後から襲い掛かる。倒れたHBKに係員が駆けつける中、オートンは立ち去っていく。

ビンスとラシュリーのこれまでの抗争をまとめたビデオが流れる。

ビンスマクマーン、シェインマクマーン、ウマガ vs ボビーラシュリー ECWタイトルマッチ
タズは自分もECWオリジナルだが、ビンスがチャンピオンであることは問題ないと言う。ラシュリーがビンスを捕まえるが、シェインが救出。しかし、ラシュリーはウマガにスピアーを決めると、シェインにパワースラムを決めてピン。1分ちょっとの短い試合。
勝者:ボビーラシュリー
ビンスは帽子を落としたままリングから離れる。髪はかなり伸びている。ウマガがラシュリーを襲いサモアンスパイク。マイクでビンスは、ラシュリーの勝利を認めながらも、タイトルは自分を倒さなければ奪えないと言う。

リックフレアーと4ホースメンDVDの宣伝。

バックステージでHBKは今夜出場できないと医者が説明する。

イライジャバーク vs CMパンク
パンクは肋骨をがっちりとテーピングで固めている。バークはパンクの肋骨を攻める。パンクの長滞空ブレーンバスターがヒット。続けてクロスボディブロックでニアフォール。場外のバークに向かってパンクがダイブ。リングに戻ってバークがパンクにレッグシザーズを極める。観客達は試合に全く関係ない「JBL」チャントを始めてしまう。パンクの雪崩式ブレーンバスターがヒットする。バークはパンクのブルドッグをブロックすると、パンクをターンバックルに叩きつける。しかし、イライジャエクスプレスはかわされる。イライジャエクスペリエンスがヒット。パンクは左肩を上げる。今度はイライジャエクスプレスがヒット。今度もパンクが返す。最後はパンクのゴー2スリープが決まってピン。
勝者:CMパンク

バックステージでクリスタルがエッジにインタビュー。クリスタルはエッジが絶好調だと言う。エッジは過去最高の2週間だったと言う。そしてR指定時代が始まったと宣言する。

ランディオートンがリングに登場。JRとキングは何が始まるのかといぶかしんでいる。オートンはHBKにドクターストップがかかったため、ジャスティンロバーツに自分の勝利をコールさせる。ロバーツがコールを始めたところでHBKのテーマがヒット。

ランディオートン vs ショーンマイケルズ
HBKはふらつきながらリングにやってくる。レフリーはHBKを説得するが、HBKはゴングを要求する。
ゴング後、オートンは速攻。DDTを決めてカバー。HBKがキックアウト。レフリーがHBKに棄権を促す。HBKがRKOをブロックし、コーナーからダイビングエルボーをヒット。しかし、苦痛でカバーに行けない。HBKはスィートチンのアピールに入るが、途中で倒れてしまう。ここでレフリーストップ。
勝者:ランディオートン(レフリーストップコンテスト)
試合後、オートンはHBKにRKO。ここでHBKの妻のレベッカがリングに登場。医療班が到着。レベッカは泣き叫んでいる。HBKはストレッチャーに乗せられ、運ばれていく。レベッカはストレッチャーに付き添って行く。

HBKvsオートンのハイライトシーンのリプレイが流れる。

トッドがグレートカーリーにインタビュー。カーリーは強奪したWWEタイトルのベルトを持っている。通訳がカーリーの言葉を伝える。シナには今夜、チャンスは無いと言っているらしい。そして「シナが何かを望むなら取りに来てみろ!」とシナの決め台詞を真似る。

トニーチメルが次の試合のアナウンス。

ハーディボーイズ vs ランスケイド、トレバーマードック 世界タッグタイトルマッチ
JBLとマイケルコールがこの試合を担当。ジェフハーディが人気。JBLはランスケイドを評して、自分の若い頃を思い出すと言う。ただ、自分の方がかっこいいと言う。ハーディーズが相手2人を場外に放り出すと、大歓声があがる。レフリーが場外カウントを取り始める。マードックがリングに入り、マットと対峙。マードックのブートがジェフにヒットして、危うくピンを奪われそうになる。ケイドとマードックはジェフに狙いを定める。ようやくジェフは脱出してマットにタッチ。マットは2人まとめてブルドッグを決め、続けてダブルのクローズラインを決める。さらにサイドイフェクト。ケイドはスパインバスターでマットからニアフォールを奪う。マットはケイドにサイドイフェクト。すかさずジェフのスワントーンが決まってピン。
勝者:ハーディボーイズ 世界タッグタイトル防衛
試合後、両チームは握手を交わす。

6/3のワンナイトスタンドの宣伝。

ファン投票の結果、観衆はバティスタがタイトルを奪うと予想。

JRはHBKが現在治療を受けていることを説明する。

トニーチメルがタイタントロンに注目するように促す。エッジのハイライトビデオが流れる。リタのセグメントも含まれている。
オジーオズボーンのジャッジメントデイのテーマが全曲流される。

エッジ vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルマッチ
エッジはひざまずいてベルトにキス。JBLはエッジを史上最高と評し、反対するコールと議論を戦わせる。レフリーのミッキーヘンソンがルールの確認。ゴングが鳴る。
エッジはバティスタの膝を場外の鉄階段に打ちつける。リングに戻り、バティスタはエッジにコーナー串刺しのタックルを狙うが、かわされ鉄柱に肩から突っ込んでしまう。エッジはグラウンドでバティスタの脚、腕、肩を攻撃していく。エッジはスピアーを狙うが、バティスタが逆にスピアーを決める。エッジはキックアウト。バティスタのスパインバスターがヒット。しかし、エッジはバティスタの傷めている脚を利用して逆転し、丸め込みでピン。
勝者:エッジ 世界ヘビー級タイトル防衛

レッスルマニア23の3枚組みDVDの宣伝。

バックステージでクリスタルがシナvsカーリー戦の予想投票をディーバ達に行っている。キャンディスはシナ。ジリアンはカーリーと予想し歌いたがる。マリアはバティスタを上げる。ケリーは名前が似ているからとしてカーリーを支持。クリスタルは死闘になると予想する。

クリスベノワ vs MVP 3本勝負USタイトルマッチ
ベノワは序盤からクロスフェース。MVPはエスケープする。MVPはベノワの左ひざを集中攻撃。左ひざは先日のスマックダウンで、フィンリーが痛めつけた箇所。ベノワは連続ジャーマンで反撃するが、膝がもたない。ベノワはクロスフェースを狙うが、MVPはロープに逃れる。今度はシャープシューターを狙うが、またしてもMVPはロープ。今度はMVPのプレイメーカーがヒットしてピン。
MVPが1本先取
MVPは再びベノワの膝を狙う。MVPは脚関節を極めるがベノワがロープに逃れる。ベノワはクロスフェイスを狙うが極まらず、最後はMVPが丸め込んでピン。
MVPが2本連取
勝者:MVP USタイトル獲得
ベノワは脚を引きずりながら引き上げていく。

JRとキングがワンナイトスタンドが2週間後に迫っているとアナウンスする。

ジョンシナ vs グレートカーリー WWEタイトルマッチ
シナが先に入場。カーリーがベルトを持って入場し頭上に掲げる。
ゴングが鳴ってカーリーがクローズラインで先制。シナはボディ攻撃で反撃する。場外に出て、カーリーがシナを鉄階段にぶつける。すかさずシナをリングに押し戻して踏みつけ式フォール。シナがキックアウトする。カーリーはレッグドロップ。さらにクローズラインを決めてもう一度レッグドロップに行くが、今度はかわされる。再び場外に出て、カーリーがシナをRAWの実況テーブルに叩きつける。しかし、カーリーがロープに絡まってしまうと、シナが殴りかかる。しかし、カーリーはすぐに回復する。また場外に出ると、シナが鉄階段をドロップキックで蹴り飛ばし、階段がカーリーの膝に当たる。リングに戻って、シナがコーナー上からレッグドロップを決めSTFU。カーリーがタップアウト。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛
レフリーのマイクキオーダがベルトをシナに渡す。

試合後、この試合のハイライトが流される。シナはリング中央で勝利を喜ぶ。

終了です。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

HBK故障を抱えているそうです

5/19付WWEニュース速報です。

☆ジャッジメントデイにはショーンマイケルズも試合が組まれていますが、膝の状態がかなり悪化しており、深刻な状態にある可能性が高いそうです。

★5/18放送分Smackdown視聴率は、速報値で2.5%でした。

★解雇されたアリエルことシェリー・マルチネスがコメントを発しています。その中で解雇されて落ち込んではいないこと。それよりも休暇が取れるのが嬉しいこと。早速、様々なオファーの電話が来ていることなどを語っています。

☆離脱が確実視されているRVDについて、あるWWE関係者はまだ確実ではないとコメントしたそうです。

☆スニツキーはこのままECWに留まり、トップヒールとしてボビーラシュリーとの抗争に入っていく予定だそうです。

☆サブーは解雇後90日のプロテクト期間中は、TNAへの出場とインタビューを受けることができないそうです。インディ団体への出場は制限されていないとの事です。
一方、解雇直前に、ウェルネスポリシー違反が発覚し、謹慎処分の代わりにしばらくの間、無給で出場するという処分が下されていたそうです。
解雇された当日は、空港で厳重な荷物検査を受けたために、会場入りが数時間遅れたそうです。
以前からWWEでの仕事に不満を感じていたサブーは、事あるごとに問題のある行動を意図的に取る事で、解雇されるのを待っていたとも言われています。

★WWEはヘンリー・ゴッドウィンこと、マーク・カンターベリーを解雇しましたが、なぜか未だに公式な発表がされていません。

★MVPの本名はアントニオ・バンクスとして知られていますが、実際はハサーン・アサードだそうです。

☆スコッティ2ホッティは故障欠場中に解雇されましたが、夏頃にはリング復帰できる予定だったそうです。ホッティも90日間のプロテクト期間が適用されています。

☆グレートカーリーの通訳兼マネージャーとして登場しているのは、ライティングチームのデイブ・カプーアだそうです。彼の役名はランジン・シンですが、これは以前、ポールヘイマン派のライターとして度々ステファニーと対立し解雇された、ランジン・チバーをもじって付けられたそうです。
一方、カーリーのマネージャーとしてエリックビショフを付けるというアイディアもあったそうですが、ビショフはGMのような役柄以外で復帰するつもりはないらしく、断ったそうです。ビショフはシナとの抗争に敗れたことで失職したというストーリーでしたので、カーリーを利用してシナに復讐すると言う設定が考えられていたそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

この時期の大量解雇は風物詩ですね

5/18付WWEニュース速報です。

★WWEはアリエル、スコッティ2ホッティ、ニック(元スピリットスクワッド)及び、ディベロップメントのエンジェルウィリアムズを解雇しました。

☆最近の補充や解雇は、全てステファニーマクマーンの指示で決定されているそうです。さらにステフは自分の意思をブッキングにより強く反映できるスターを揃えるため、今後数週間でさらに解雇者を決定し、新たなディベロップメントの若手を採用する方針との事です。また、ステフは選手の評価をジョニーエースからの報告を元に判断しているとされ、ジョニーエースは周囲から悪代官のように見られているとのことです。

☆グレゴリーヘルムズは次の月曜日に手術を予定しており、術後1年は休養期間が必要になるだろうとの事です。頚椎の状態について本人は「椎骨の2つにヒビが入っており、その内の一つが神経を圧迫している」とコメントしています。

☆ヘルムズが受けるとされている頚椎の固定手術は、エッジ以外にも、スティーブオースチン、リタ、クリスベノワが過去に受けているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

カリートの訛りはギミックだそうです

5/17付WWEニュース速報です。

☆未確認の情報とされていますが、RVDはワンナイトスタンドと、その前の数週間プロモートの為に登場する以外、もう、WWEの番組には登場しないのではないかと言われているそうです。

☆サブーは解雇後90日間のプロテクト期間が適用される為、多段に登場できるのは8月以降になるそうです。

☆以前MVPにパワーレンジャーのコスチュームを身に付けさせるというアイディアがあったそうです。しかし、最近のMVPは成長が目覚しい為、そのようなギミックは不要と判断されたそうです。

☆カリートのあの話し方はギミック上のものですが、試合以外のときでも常に続けるように言われているそうです。ただ、リリースされる「The Most Powerful Families In Wrestling」DVDの中の、家族とのインタビューでは普通に話しているシーンが収録されているそうです。

★WWE所属の音楽担当者が、ヤンキースの試合観戦中にWWEから支給されていた携帯を紛失しましたが、拾った男性と連絡がついたため、郵送を依頼したものの携帯は送られず、勝手にパケット通信に使われたなどとして、拾った男性をWWEが訴えました。

☆ワンナイトスタンドのメインイベントはラシュリーvsビンスマクマーンのECWタイトルマッチだという噂が流れています。

☆グレゴリーヘルムズが首に深刻な負傷を負ったそうです。骨折の可能性もあるとの事です。近々手術を行うそうですが、頚椎の固定手術(かつてエッジが受けて、アングルが拒否した治療法です。)を受けることになるだろうと言われています。

★UFCのダナホワイトが、ブロックレスナーについて、「興味はあるが、プロレスラーがMMA転向するのは極めて難しい。」と語っています。

★UPWというインディ団体のサイトが、WWEはMariusz Puczko(マリアス・パッコ?)選手とディベロップメント契約をかわしたと発表しました。

☆WWEはヨーロッパ出身の選手を補強したいと考えているそうです。先日のヨーロッパツアーでもトライアウトマッチを度々行っており、その中でShamus O’Shaunessy(シェイマス・オシャネシー?)とHade Vansen(ヘイド・ヴァンセン?)の2名に、ディベロップメント契約をオファーしているそうです。

☆次回のSmackdownでデビューする予定だった、レイゴーディとドリューハンキンソンのタッグチームは、スケジュールの都合により登場機会がなくなったそうです。

★WWEとCWネットワークは、Smackdownの放送契約を1年間延長しました。

★7/29にオーストラリアのパースで、Smackdownのハウスショーを開催する事がアナウンスされました。

☆TNAのジェームズミッチェルが、アビスの次に率いる選手の候補として、当初はWSXのリッキーバンデラスが挙げられていましたが、元WWEのアンドリューマーチン(テスト)、マットモーガン、ジャイアントバーナード(Aトレイン)らも候補に上がっているそうです。

★5/16に行われたOVWの収録結果です。

ダークマッチ
○エンジェルウィリアムズ vs セレナ●
○ニックネメス vs ニコラスシン●
○マイクモンド vs マイクテイラー●
○ストロンコ、ウラジミールコズロフ vs モバイル・ホーマーズ●
○ODB vs ロチャ●
○ジェイコブダンカン vs ベルジャンブロウラー●
○アンソニーポラスキー vs セススカイファイア●
○ジェームズボーイズ vs クリスケイジ、タンクトーランド●

テーピング
○メジャーブラザーズ vs ゴシック・メイヘム●
○ダニエルロッドマン vs マイケルハッター●
○マイククルーエル vs アトラスダボーン●
○ジャーマインオリベンシア vs オックス●
○ブラッドリージェイ vs チェットザジェット●
○ショーンスピアーズ vs スティーブルウィントン●



★ジャッジメントデイの既報分カードです。

ジョンシナ vs クレートカーリー WWEタイトルマッチ

エッジ vs バティスタ 世界ヘビー級タイトルマッチ

ビンスマクマーン、シェインマクマーン、ウマガ vs ボビーラシュリー 3対1ハンディキャップECWタイトルマッチ

クリスベノワ vs MVP 3本勝負USタイトルマッチ

ショーンマイケルズ vs ランディオートン

リックフレアー vs カリート

CMパンク vs イライジャバーク

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

サブーはTNA行きを希望

5/16付WWEニュース速報です。

☆サブーは解雇当日、首の不調を訴え、試合をキャンセルするよう求めていたそうですが、これが受け入れられず、準備をしないまま会場入りをしたのだそうです。

☆サブーはTNAへの復帰を望んでいるそうです。サブーの奥さんは5/14のiMPACT!の収録会場に来場し、写真撮影を行っていたそうです。

★WWEはレイミステリオの記者会見をメキシコで行うと発表していましたが、キャンセルされました。

☆ウィリアムリーガルをRAWに移籍させ、シングルでプッシュすると言うアイディアがあり、すでにHHHは同意しているそうです。しかし、実現するかどうかはまだ五分五分とのことです。

☆OVWのコーディラネルズはコーディローズのリングネームを使用していますが、再びラネルズに戻したほうが良いのではないかと言われています。コーディはダスティローズの息子で、ラネルズは親子の本名です。

☆ハードコアホーリーは8月の復帰を目指しているそうです。

★トリッシュストラタスは、カナダのトロントでヨガとフィットネスのジムを開業することを計画していると報じられました。

★元WWEディベロップメントのマック"ダディ"ジョンソンが、レスリングを引退し、カントリー歌手及び俳優を目指すと発表しました。

★解雇されたビトーですが、インディ団体からのブッキングをブレットブキャナン氏を通じて募集しています。
brett@bwronline.net

★元WWEで現在TNAに登場しているダグバシャムが、インディ団体のブッキングEメールで受け付けています。
dougbasham1@hotmail.com

☆先日のメンフィスで行われた。アルティメットクラッシュオブレジェンズ大会の観客動員は4500人程度とされていましたが、実際にお金を支払って入場したのは2200人程度だったそうです。ホーガンが映像をホーガンノウズベストで使用する為に、観客席に空席が目立つのを望んでおらず、かなりの招待券をばら撒いていたようです。

★最近のハウスショーの観客動員です。

4/30 RAW テネシー州ナッシュビル 8,504人 売上/$356,230
5/4 RAW テネシー州ジョンソンシティ 5,180人
5/5 RAW グリーンビル 5,800人
5/6 RAW ヴァージニア州ロアノーク 5,224人 売上/$196,285
5/5 Smackdown ニューヨーク州ポーキープシー 昼の部/1,709人 夜の部/2,519人
5/6 Smackdown ニューヨーク州ビンガムトン 3,565人
5/7 Smackdon ペンシルベニア州エリー 2,952人

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/15放送分ECW簡易速報

5/15放送分ECW簡易速報です。

メリーランド州ボルチモアより生放送。

昨夜のRAWで行われたラシュリーvsコーチのリプレイ。

衛星中継で、ビンスマクマーンが登場。ラシュリーのせいで、未だに頭を隠さなければならないと言う。ジャッジメントデイではラシュリーに罪を償わせ、ECWタイトルを防衛すると言う。

RVD vs スニツキー
RVDがローリングサンダーをかわされる。場外でスニツキーがクローズラインを決め、場外マットの上にRVDを倒す。イスでRVDを殴って反則負け。
勝者:RVD(反則)

今夜のメインイベントはラシュリーvs新世代軍の、3対1ハンディキャップマッチというアナウンス。

CMパンクのPRビデオ。

CMパンク vsスティビーリチャーズ
パンクは胸部にサポーターを巻いている。先週、新世代軍に肋骨をやられたという設定。リチャーズはサポーターを剥ぎ取って、肋骨を攻める。しかし、パンクのゴー2スリープが決まってピン。
勝者:CMパンク

バックステージで新世代軍がメインイベントの準備をしている。マーカスが、自分はラシュリーを倒すためにECWに来たんだと言っている。バークはジャッジメントデイのプロモーション。

ケビンソーン vs ナンジオ
ソーンのダークキスが決まってピン。
勝者:ケビンソーン

エクストリームエクスポーズ

昨夜のラシュリーとビンスのスキットのリプレイ。

バックステージでラシュリーがアピール。ジャッジメントデイでECWタイトルを取り戻すと言う。

ジャッジメントデイのカードを紹介する。

マットストライカー、イライジャバーク、マーカスコーヴォン vs ボビーラシュリー ハンディキャップマッチ

ラシュリーのスピアーがストライカーにヒットしてピン。
勝者:ボビーラシュリー
マーカスとバークはストライカーを新世代軍から追放すると言う。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/18放送分SmackDown収録簡易速報

5/18放送分SmackDown収録簡易速報です。

ダークマッチ
○チャックパランボ vs ディバリ●

Smackdown
○MVP vs マットハーディ●
プレイメイカーでピン。試合は盛り上がる。
試合後にマイケルコールがリング上でMVPにインタビュー。MVPは下馬評を覆して、ジャッジメントデイでUSチャンピオンになると言う。

今夜、エッジが新チャンピオンとしての所信表明をするとアナウンス。

○ポールロンドン、ブライアンケンドリック、ジミーワンヤン vs チャボゲレロ、デュース&ドミノ●
ヤンのムーンサルトでチャボからピンを奪う。

○マークヘンリー vs フナキ●
スカッシュマッチ

○クリスベノワ vs フィンリー●(反則)
ベノワのクロスフェイスがフィンリーに決まり、タップアウトしそうになったところでMVPが乱入して、ベノワを攻撃。ベノワの反則勝ちがコールされる。

バックステージでオジーオズボーンが歩いている。ジリアンが引きとめようとするが、オジーは構わず行ってしまう。

アシュリーがオジーを紹介。演奏が始まる。

○ミズ vs クリスチャン・ヨーク●

来週、ディーヴァが出演しているというティンバランドのPVが放送されると言う予告

バックステージでクリスタルがテディロングに、ビッキーゲレロとの面会について話している。ビッキーが入って来ると、テディは、ビッキーを自分のアシスタントに迎えるための面接を始める。

○ケイン vs ウィリアムリーガル●
ケインのセコンドはブギーマンとリトルブギーマン。リーガルにはデイブテイラーがついている。

テディロングが登場。世界ヘビー級チャンピオンのエッジを紹介する。エッジは誰が相手でも防衛すると言う。バティスタが登場。自分には権利があるとして、ジャッジメントデイでの挑戦を宣告する。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

サブー、ヴィトーが解雇

5/15付WWEニュース速報です。

★SmackDownの収録に登場したクリスチャンヨークですが、正式にWWEと契約を交わしたそうです。ヨークは旧ECWに所属しており、バッドストリートボーイズとして、ジョーイ・マシューズ(ジョーイマーキュリー)とコンビを組んでいました。どのブランドに所属するかは未発表です。

★サブーが解雇されました。5/15のECW収録会場には現れましたが、数時間遅刻した上、リングコスチュームなども用意しておらず、そのまま帰されたそうです。その後、WWE.comから解雇が発表されました。

★WWEはヴィトーの解雇も発表しています。

★5/14放送分RAW視聴率は3.6%でした。

★5/11放送分SmackDownの視聴率は最終値で2.6%でした。

☆メリーナvsキャンディスの試合が、ブッキングされているそうですが、今のところ正式なアナウンスはされていません。

★各PPVの購入件数が発表されました。

ニューイヤーズレボリューション 220,000件
ロイヤルランブル 491,000件
ノーウェイアウト 218,000件
レッスルマニア23 1,200,000件



★5/14のRAW収録の際、行われたRAW以外の試合結果です。

ダークマッチ
○チャックパランボ vs ケニーダイクストラ●

ヒート
○ヴィセラ vs ユージン●

○ハイランダーズ vs ジョバー●

○ハクソージムデューガン、クライムタイム vs ジョニーナイトロ、ワールドグレイテストタッグチーム●

収録語のボーナスダークマッチ
○ジョンシナ vs ランディオートン vs エッジ●
シナのFUがエッジに決まってピン。


テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

5/14放送分RAW試合結果速報

5/14放送分RAW試合結果速報です。

バージニア州ハンプトンから生放送。

ジョンシナがリングに登場。ベルトはカーリーに持っていかれたため、所持していない。シナは「カーリーにベルトを持っていかれてしまったが、チャンピオンは言い訳などしない。カーリーは誰にも倒されていないが、俺がその気になれば倒せる相手だ。俺が解体屋になってカーリーを倒し、ベルトを自らの手で今すぐ取り戻す」と言う。トロンにカーリーが映る。カーリーの発言を通訳が喋る。カーリーはWWEを破壊してやると言っているらしい。そして、これまでのカーリーの行動のハイライトが流される。カーリーは次の日曜日にWWEチャンピオンになると言っているらしい。そしてカーリーが「If you want some, come get some.(欲しければ取りに来い)」とシナの決め台詞を言ってしまう。
シナはリングを離れバックステージに向かう。カーリーに突っかかっていくが、返り討ちに遭ってしまう。

コマーシャル明け、カーリーがバックステージでシナを返り討ちにしたシーンのリプレイが流れる。
JRはシナが救急隊員に治療されていると語る。

ジェフハーディ vs トレバーマードック
ジェフのスワントーンをマードックは剣山で迎撃する。最後はハーディのスモールパッケージホールドでピン。
勝者:ジェフハーディ
試合後、ジェフとマードックは握手をかわす。

JRとキングは、スマックダウンでエッジが世界ヘビー級のタイトルを奪ったことを話している。今夜エッジはRAWに別れを告げに来ると言う。そして、今夜、ラシュリーvsコーチの試合が行われると言う。

スニツキーのプロモが流れる。

先週のRAWでラシュリーがコーチを襲ったシーンが流れる。

バックステージでシェインマクマーンがコーチに、ウマガ、シェイン、ビンスがついていると激励している。コーチは大丈夫ですと答える。

先週、サンチノマレラがクリスマスターズ相手にIC王座を防衛したシーンが流れる。

サンチノマレラ vs クリスマスターズ
実況陣は、マレラの現在の住まいはニュージャージー州のパターソンだと明かす。マレラが変形のサンセットフリップでピン。
勝者:サンチノマレラ
試合後、マスターズがマレラを攻撃。マスターロックを極める。

エッジの登場と、ラシュリーvsコーチの宣伝。

オジーオズボーンがスマックダウンに登場すると言う予告。

コンデムドの宣伝。

メリーナが登場し、実況席に加わる。

キャンディスミッチェル vs ビクトリア
試合前、最近のRAWにおける女子戦のハイライトが流れる。メリーナはキャンディスは上達しているが、チャンピオンには相応しく無いと語る。そしてキャンディスの才能は、服を脱ぐことだと言う。
そうこういっている間にキャンディスがピン。
勝者:キャンディスミッチェル
キャンディスはメリーナを睨みつけ、ベルトを腰に巻くジェスチャーを見せる。

オジーオズボーンのジャッジメントデイテーマ曲が流れた後、エッジが登場。選手は素晴らしい週だったと言う。MITBを奪ったシーンを流させると、以前はシナにやったことを、今度はアンダーテイカーにやってやったと言う。そして、スマックダウンでテイカーを押さえ込んだシーンを流させる。日曜日にバティスタを相手に防衛線を行うが、心配はないと言う。なぜなら、バティスタは3ヶ月もの間アンダーテイカーと戦って、勝てなかったと言う。そして、自分はチャンピオンとしてRAWを去るという。
HBKが登場。エッジは今夜は、HBKを痛めつけて楽しませてもらうと言うと、ベルトを頭上に掲げる。

バックステージでトッドグリシャムがボビーラシュリーにインタビュー。シェインが出てきてラシュリーに、シェインやビンスに手を出したら、日曜日のタイトルマッチは無しだと言うことを忘れるなと言う。シェインがラシュリーを挑発するが、ラシュリーはコーチに集中している。

ジョナサンコーチマン vs ボビーラシュリー
ラシュリーがあっさり勝利。
勝者:ボビーラシュリー
試合後、ウマガとシェインがラシュリーを攻撃。ラシュリーはシェインを攻撃し、ウマガにスピアー。続いてビンスを狙うが、シェインがラシュリーを場外に突き落とす。そのまま逃げるシェインを追いかけていく。
バックステージでリムジンにシェインが逃げ込む。追ってきたラシュリーの背後からビンスがベルトで殴りつける。駐車場に倒れたラシュリーを放置して立ち去っていく。

エッジvsHBK、エッジのRAW最終戦がアナウンスされる。

コマーシャル明け、ラシュリーvsコーチマンのリプレイとその後の顛末が流れる。

カリート vs ヴァルビーナス
キングは昨日、カリートvsフレアー戦をジャッジメントデイで行うことが決定されたと言う。試合中、観客達は「フレアーを出せ!」チャント。試合はバッククラッカーでカリートがピン。
勝者:カリート
試合後、フレアーがリングに走りこんでくる。カリートは慌てて観客席へ逃げ込む。フレアーはリング上でアピールしている。

バックステージで、オートンがエッジとこの後対戦するHBKを応援している。HBKは試合の準備が忙しいと取り合わないが、日曜日の試合が決まっていないというと、オートンの相手をしてやるという。

ティンバランドのビデオが流れる。

カーリーとシナのスキットのリプレイ

ジャッジメントデイで、オートンvsHBK戦が正式に決定されたとアナウンス。

ジャスティンロバーツがエッジを紹介。今週もリリアンは欠席。

エッジ vs ショーンマイケルズ ノンタイトルマッチ

HBKがダイビングエルボーをヒットさせ、アピールからスィートチンをヒット。リング中央でカバーしピン。
勝者:ショーンマイケルズ
試合後にオートンが乱入し、HBKの頭を蹴り付ける。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

WWEはジェリコ復帰に期待

5/14付WWEニュース速報です。

★WWEはWM23のあった週の関連グッズ売り上げが39万5千ドルに達したと発表しました。昨年は26万3千ドルだったそうです。

★WWEは番組を1回制作する為の費用は、平均で59万6千ドルとの事です。

☆ディーバのメインコーチであるスティーブキーンが、タンパの新しいディベロップメント施設のコーチに抜擢された為、ディーバの質が落ちるのではないかと心配されているそうです。

☆WWEはDSWを切る以前から、OVW、DSW以外に、ディベロップメント施設を設立することを考えていたそうです。

☆ウィリアムリーガルをRAWに移籍させるプランがあるそうです。

★WWEはブリス・ビバレッジ社が発売する"Socko Energy"というスポーツドリンクにWWE関連のロゴをプリントした商品を発売することを発表しました。5/15より全米のウォルマートで販売されます。缶にRAW ATTITUDEとプリントされた商品などがラインナップに加わっています。
一方、ハルクホーガンのイラストが缶にプリントされた商品も発売されています。こちらはエリックビショフがブリスビバレッジ社と交渉して発売されたもののようですが、WWEとの関連性は今のところ不明です。
http://www.sockoenergy.com/

☆ビンスマクマーンがディーバを一流の女性らしく振舞えるよう教育すると言う方針を打ち出していましたが、これを完全に撤回したそうです。ケビンダンがこのアイディアに反対しており、特にディーバサーチに悪影響を与えると強く主張した為との事です。

☆WWEはクリスジェリコとの契約にを強く望んでいるそうです。多くの怪我人が出ており、RVDの離脱も予想される状況で、ジェリコの復帰に強い期待を抱いているそうです。しかし、ジェリコは今のところ正式に契約を交わす姿勢は見せていません。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

ミックフォーリーがリング復帰?

5/13付WWEニュース速報です。

☆ミックフォーリーが、最近のインタビューの中で、大きな試合に向けたトレーニングを積んでいると語ったそうです。

☆JBLが早急なリング復帰を提案し、ビンスに却下されたという噂がありますが、相次ぐ故障者の穴を埋める為に提案したとのことです。

☆WWEはバティスタとテッドデビアスの自叙伝を発売する計画があるそうです。

☆HHHは復帰後はヒールを望んでいるそうですが、最初の数ヶ月はベビーフェイスをやることになるそうです。

☆現在のプランとして、ジョンシナとショーンマイケルズの1対1の対立を、長期に渡って続ける予定になっているそうです。

★ステファニーマクマーンは新たに3人のライターを雇用しました。内2人の名前は、ジェン・ハント、リック・ガーニーとの事です。

☆ECWにタッグ王座を新設するプランがあり、そのためにメジャーブラザーズをECWに昇格させたそうです。また、ヴィトーとリトルグィドー(ナンジオ)にタッグを組ませるプランがあるそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

スマックダウン内部で様々な動きがあったようです

5/12付WWEニュース速報です。

☆エッジが世界ヘビー級タイトルを奪う前から、スマックダウンのクリエイティブチームはエッジを移籍させることを希望していたそうですが、この働きかけは上手く行っていなかったそうです。

☆4/30に行われた制作会議で、すでに故障が発覚していたアンダーテイカーの次のチャンピオンを選定する際、ビンスマクマーンはバティスタにタイトルを取らせることを望まなかったそうです。ただ、「強さ」は維持したがっていたそうです。

☆4/30の会議の時点では、エッジ以外にも、ランディオートン、Mrケネディ、ケインらが新チャンピオン候補に上がっていたそうです。ただ、ケインは膝の具合が悪かった為に、候補からは外されたそうです。

☆スマックダウンのクリエイティブチームのトップであるマイケルへイズは、マイクパフォーマンスに難のあるクリスベノワは、メインイベンターに使わない方針との事です。

★WWEは7/4~7/7にメキシコツアーを行うと発表しました。

★5/11放送分SmackDown視聴率は、速報値で2.6%でした。

★WWEはジョニーエースを、人事担当上級副社長に昇格させたことを発表しました。これまでは、人事担当副社長でした。
またステファニー・マクマーン・レベスクを人事及び制作担当筆頭副社長に任命しています。
さらに、ジェフ・ロチェスター、マーケティング担当上級副社長を筆頭副社長に昇格させました。

★WWEは、今四半期の株主に対する配当は1株あたり24セントと発表しました。

☆JBLは様々な故障を抱えているにもかかわらず、リング復帰に向けて根回しをしているそうです。ビンスは反対しており、診断書の提示を求めているそうです。一方で、JBLは完全にレスラーとして復帰する意思があるわけではなく、実況として定着する為に、試合を行うつもりなのではないかと言われています。

★ビンスマクマーンは株主総会の中で、番組のハイビジョン放送を来年より始めたいと言う意向を発表しました。

☆MVPはバックステージで非常に評判がよく、特にクリスベノワが可愛がっており、リングワークのテクニックなどを指導しているそうです。

テーマ:プロレス - ジャンル:スポーツ

次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。