WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PPV Over The Limit試合結果速報

PPV Over The Limit試合結果速報です

マイケルコール、キング、マットストライカーの3人が実況。スペイン語実況席がリングサイドに復活している。

コフィキングストン vs ドリューマッキンタイヤー ICタイトルマッチ
キングストンのトラブルインパラダイスをマッキンタイヤーが回避して、フューチャーショックを狙うが、さらにキングストンがSOSに切り返して勝利。
勝者:コフィキングストン ICタイトル獲得

試合後、マッキンタイヤーはマイクで、テディロングを呼び、判定を覆せと言う。しかし、出てきたのはマットハーディ。まっしぐらにマッキンタイヤー目がけて走ってくると、ツイストオブフェイトを見舞う。

CMパンクが、ストーレートエッジソサイエティのメンバーと話をしている。今夜必ず、ミステリオをメンバーにくわえるという。

Rトゥルースとテッドデビアスの対立をまとめたビデオ。

Rトゥルース vs テッドデビアス
トゥルースのシザーズキックをかわしたテッドがエレクトリックチェアーを決めるが2カウント。トゥルースはトゥルース・オア・コンスケンスズ(ブレーンバスターの体勢から入るスタナー)を決め、ライ・ディテクター(旋回式フライングフォアアーム)で勝利。
勝者:Rトゥルース

トゥルースが勝利を祝って退場。テッドの付き人が、ミリオンダラータイトルを倒れているテッドに持ってくる。

マッキンタイヤーがテディのオフィスに怒鳴り込み、チャンピオンはマッキンタイヤーであることと、マットをクビにすることを宣告しろという。テディが断ると、テディの部屋を荒らし始める。キング牧師の写真に手をかけると、テディは大事なものだという。マッキンタイヤーは、キングは真の指導者なので、壊しはしないといい、テディはただの腰抜けだと言う。

パンクとミステリオの抗争をまとめた映像。今夜の試合には、パンクの髪の毛とミステリオのSES加入が賭けられていると説明。
リングサイドに床屋のイスがセットされる。

CMパンク vs レイミステリオ
パンクは一人で登場。マイケルコールが、テディロングの命令で、この試合の部外者の介入は排除されたと説明。
CMパンクが激しく流血。途中で試合が中断されてしまうが続行。
終盤、パンクがG2Sにトライするが、ミステリオが切り返してパンクがロープにからむと、すかさず619をヒット。スワンダイブ式セントーンを狙うが、パンクが起き上がって回避。しかし、すぐにミステリオが丸め込んでピンフォール。パンクは大出血しており、カメラはなるべく映さないようにしている。
勝者:レイミステリオ
試合後、謎のマスクマンがミステリオを襲う。SESメンバーも出てきて攻撃。ケインのテーマがヒットし、ミステリオを救出。ミステリオはパンクに手錠をかけると、頭を丸める。パンクの出血が酷いため、カメラは後頭部を映している。セレナがタオルで血を拭う。ミステリオは鏡でパンクに自分の姿を確認させると、パンクが怒り狂う。

クリスジェリコとミズが、バックステージでビッグショーと対峙している。ジェリコは、自分たちは脂肪を削ってタッグタイトルを奪い返すことにしたのだという。ビッグショーは2人を殴るフリを2度見せた後、立ち去る。

ハートダイナスティ vs ミズ、クリスジェリコ WWE統一タッグタイトルマッチ
ジェリコ、ミズ組が優位に試合を運ぶ。ミズがシャープシューターをDHスミスに狙うが脱出され、逆にハートアタックを食らってピンフォール。
勝者:ハートダイナスティ タッグタイトル防衛

オートンとエッジの対立をまとめた映像。
エッジ vs ランディオートン
試合中、オートンのパンチがマットに当たった際負傷した様子。レフリーがエッジに、オートンが負傷したと告げる声をマイクが拾ってしまう。さらにレフリーが「X」のサイン。オートンが場外に出ると、エッジも場外に転がり出て、レフリーはダブルカウントアウトを宣告。
試合結果:ドロー
エッジは試合結果に怒っている。

(デーブメルツァーは、オートンがRKOの予告モーションで、マットを殴った時から痛がる素振りを始めており、試合途中に骨折したのではないかとしています。一方、WWE関係者は肩の脱臼だと話しているそうです。)

ジャックスワッガー vs ビッグショー 世界ヘビー級タイトルマッチ

ショーは序盤から、チョークスラム、ノックアウトパンチを狙っていくが、どちらもスワッガーが回避。ショーがもう一度チョークスラムを狙ったところで、スワッガーがベルトでショーを殴り、意図的に反則負け。
勝者:ビッグショー(DQ) 反則決着の為、ベルトはスワッガーが防衛
試合後も、ベルトでショーを殴るが、ショーが起き上がろうとするため、今度はイスで滅多打ちにする。それでも立ち上がったショーがチョークスラムをヒット。イスでスワッガーを殴り、イスの上にチョークスラムで叩き落す。

バックステージでマシューズがバティスタにインタビュー。先週のRAWで、シナに「アイクイット」と叫ばせてやったと言うと、今夜も同じことをやってやると言う。

マリース vs イブ ディーバタイトルマッチ
短い試合。マリースのフレンチキスをイブが変形のフェイスプラントに切り返して勝利。
勝者:イブ タイトル防衛

シナとバティスタの対立をまとめた映像。

バティスタ vs ジョンシナ WWEタイトル「アイクイット」マッチ
試合前、バティスタがマイクでシナに対し、先週「アイクイット」と言わせてやったが、痛い目を見る前にもう一度言うチャンスをやるという。シナはマイクでバティスタの頭を殴る。
シナのSTFにバティスタが落ちてしまうと、シナは水をかけて意識を戻させる。それでもバティスタはやめると言わない。バティスタがスパインバスターからバティスタボムを決めるが、シナも試合をやめない。バティスタは2つの実況テーブルの上の物をどかすと、一方の上でシナにバティスタボムを見舞おうとするが、シナは脱出して逆にアティテュードアジャストメントを狙う。しかし、これもバティスタが脱出してパワースラムでシナをスペイン語実況テーブルに叩きつける。それでもシナはやめない。バティスタはシナは引きずって客席を上がっていくと、やめないとそこからシナを叩き落すという。シナは絶対にやめないと言うと、バティスタボムの体勢にとらえるが、逆にシナがバティスタを突き落とす。それでもバティスタはやめると言わない。
2人は乱闘しながら花道を上がっていくと、機材置き場に向かう。ステージ上で、バティスタはイスでシナを殴り、傍においてあった車に乗り込んでシナを轢こうとするが、シナが回避してバティスタを引きずり出し、車の上にアティテュードアジャストメントで叩きつける。バティスタはそれでもやめない。シナはマイクで、バティスタはさっさと言うべきだと言うと、車の屋根の上でアティュードアジャストメントの体勢にバティスタを担ぎ上げ、車の下に落とそうとする。ここでついにバティスタが「アイクイット、アイクイット!!」と叫び、レフリーがシナの勝利を告げる。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛
シナは、結局バティスタを投げ落とし、バティスタはステージを貫通して落下。姿が見えなくなる。
シナが勝利を祝う。ストライカーは、これがバティスタの最終戦だというような事を言う。花道でシナが喜んでいると、その背後にシーマスが忍び寄り、バイシクルキックをシナに見舞う。
スポンサーサイト

PPV Extreme Rules試合結果速報

PPV Extreme Rules試合結果速報です

WM26以降の流れをまとめたオープニング映像でスタート。

ジョシュマシューズが、HHHとシーマスの試合をコール。HHHのテーマがヒットするが入場しない。実況陣は困惑している。するとバックステージで、HHHがシーマスに馬乗りになって殴りつけている映像が映される。シーマスは鉄パイプで反撃して脱出。レフリー達が割って入るが、シーマスはHHHにもう一撃加える。HHHが倒れる。レフリーが付き添ってシーマスが退場。

ビッグショーとミズがリングに登場。ミズは第1試合が中止になったというと、かわってこの大会は、最高のタッグチームが幕を開けることになったという。だが、自分たちが最高だと言うのは自分で言っているわけではなく、ブレットハートの言葉なのだと言うと、ブレットとはDHスミスを倒すことができれば、ブレットがショーミズを史上最高のタッグチームだと認めるという約束をし、そして自分はスミスを倒したと言う。そして、観客たちにチャントを要求。しかし、ブーイングが返ってくる。ミズは明日のRAWにブレットハートが登場して声明を出すが、今の自分達に問題があるとするなら、競争相手がいないことだという。
テディロングが登場。ただでさえ忙しいのに、ショーミズには手を焼かされるというと、ショーミズに挑戦させるチームについては候補がいくつかあるので、今夜、挑戦者決定戦を行うという。
ミズは、そんな奴らは怖くないというと、さっさと裏に戻ってドラフト対策の仕事をしろという。
テディはミズを黙らせる為に、別のチームを加えてやるという。ミズがさらにテディを挑発しようとすると、ビッグショーがミズの口を塞ぐが、テディは今夜、ショーミズには挑戦者候補の3チームと戦ってもらい、全て倒すことができれば最強でも何でも名乗ればいいが、もし負けるようなことがあれば、その相手と明日のRAWでタイトルをかけて戦ってもらうと言う。

ビッグショー、ミズ vs ジョンモリソン、Rトゥルース
最初の相手はモリソンとトゥルース。ショーミズが勝てば、続けて次のチームと対戦する。
ショーがモリソンにチョークスラムを狙ったところで、モリソンは三角絞めを極め、そのままロープ越しに倒れこむ。レフリーはブレイクを命じるが、モリソンが応じず、5カウントが入り反則負け。
勝者:ビッグショー、ミズ (DQ)

ビッグショー、ミズ vs MVP、マークヘンリー
ショーは三角絞めのダメージが残っている。ミズが孤立し2人の攻撃を受けるが、MVPのエルボードロップからのカバーをショーがカット。MVPはミズにプレイメーカーを決めてカバーするが、ショーが入ってきてノックアウトパンチをMVPに見舞いピンフォール。
勝者:ミズ、ビッグショー

ビッグショー、ミズ vs ハートダイナスティ
ハートダイナスティにはブレットハートも同行している。スミスとキッドはリングに上がると、すぐさまミズにハートアタックを決め、スミスがカバーしてピンフォール。
勝者:ハートダイナスティ 明日のRAWでのWWE統一タッグタイトル挑戦が決定

バックステージでトッドグリシャムが、HHHとシーマスのその後について取材。シーマスは、HHHにできることは、男らしく出てくるか、しっぽを巻いて逃げ出すかのどちらかだという。

レイミステリオ vs CMパンク
パンクが敗北すれば、頭を丸めなければならない。花道付近に床屋のイスが置かれている。ミステリオは試合開始直後、床屋のイスを指差す。序盤にミステリオが619を狙うが、パンクはG2Sに切り返し、ミステリオが脱出。しかしパンクが捕らえてパワースラムをヒット。ミステリオを場外に落とすと、セレナがミステリオを攻撃。パンクはミステリオをリングに戻していたぶる。ミステリオはパンクのサンセットフリップを抜け出して、パンクの頭部にキックをヒット。しかし、レフリーの死角をついてガロウズが介入すると、パンクのペースに捕まってしまう。
パンクのG2Sをミステリオが脱出。ミステリオがロープに走ったところでセレナが足を刈ろうとするのをレフリーが見咎め、セレナとガロウズに退場を命じる。パンクがこれにショックを受けていると、その背後からミステリオがドロップキック。スプリングボード式ムーンサルトを決めスワンダイブ式セントーン狙うが、パンクはカウンターのドロップキックで迎撃。
フィニッシャーの切り返しあいになり、観客は619チャント。パンクは手を広げて「やめてくれ」のゼスチャー。しかし、ミステリオはハリケーンラなから619がヒット。ここでリング下から何者かが現れてイスをリングに入れて再び隠れる。レフリーがイスを排除する間に、もう一度現れた何者かがミステリオを場外の床に顔面から叩きつける。パンクが這い出してきてミステリオをリングに押し込むと、G2Sを決めてピンフォール。
勝者:CMパンク

試合後、パンクはリングを転がり下りて勝利を祝う。実況陣は謎の乱入者の正体について予想している。パンクは床屋のイスに座り、手櫛を入れながらミステリオを笑っている。

明日のドラフトの宣伝映像。

シャドガスパード vs JTG ストラップマッチ
互いの手首同士をハーネスで繋ぎ、先に4つのコーナーに連続してタッチした方が勝利。
シャドがJTGを背負ったままでコーナーをタッチしていく。しかし、JTGもコーナーをこっそりタッチ。3つ目のコーナーをタッチしたところでJTGが抜け出してシャドにネックブリーカーを決め、4つ目にタッチする。
勝者:JTG

バックステージでグリシャムがHHHの続報を伝える。トレーナーによると、今夜のHHHの出場は難しい状況らしい。

ジャックスワッガー(c) vs ランディオートン 世界ヘビー級タイトルマッチ
スワッガーが場外からイスを持ち込もうと、エプロンサイドに上がり、ロープの間から上半身をつっこんだところで、オートンがガットショット。そのままロープを利用したDDTをヒットする。さらにオートンはスワッガーの立ち上がりにRKOを狙うが、リングに落ちたイスに目をやると、イスをセットしてふたたびRKOを狙う。しかし、スワッガーがRKOを突き飛ばして回避。オートンはイスに背中から倒れ込んでしまう。すぐさまスワッガーがガットレンチパワーボムで勝利。
勝者:ジャックスワッガー 世界ヘビー級タイトル防衛
試合後、スワッガーがベルトを肩に担いで花道を引き上げて行く。オートンが追いかけて行きRKOをヒット。オートンは怒って退場して行く。観客は「ランディ」チャント。

HHH vs シーマス ストリートファイト

HHHはシーマスのセルティッククロスを切り返して場外に落とすと、シーマスは竹刀を掴み殴りかかるが、HHHがドロップトーホールドで鉄階段に倒れ込ませる。HHHは竹刀を掴むとシーマスの首を殴りつけ、何度も頭を殴る。さらに花道でペディグリーを狙うが、シーマスがリバース。シーマスは走り込んでHHHの頭部にキックを入れると、リングに押し戻してもう一度同じキック。HHHがコーナーにすがりついて立ち上がると、レフリーが試合続行の意思を確認。HHHはシーマスに向けてクロッチチョップ。シーマスはHHHに走り込んでもう一発キックをヒット。跳ね返ったHHHの頭にさらにキック。倒れたHHHをカバーして3カウント。
勝者:シーマス
試合後、シーマスは倒れたHHHの傍で勝ち誇る。トレーナー達が駆けつける。試合のリプレイの後、トレーナー達はHHHの首に固定具を装着し、ストレッチャーに載せようとする。HHHは固定具を外し、ストレッチャーを押しのけると、トレーナーの介助を受けながら、自分で歩いて引き上げる。そこへシーマスが襲いかかり、もう一度頭部にキック。HHHは完全に動けなくなり、ストレッチャーで退場。

5/23にPPV「オーバーザリミット」が開催されるとアナウンス。

バックステージでエッジが準備をしているところへ、ジョシュマシューズがインタビュー。エッジは、金網戦で勝利する方法はいくつもあるが、ジェリコに勝たせはしないという。

ミッシェルマクール(c) vs ベスフェニックス WWE女子タイトルエクストリームメイクオーバーマッチ
ミッシェルのセコンドにはレイラとビッキー。女性の化粧用品や掃除用具を武器として使用することが認められている。
ミッシェルはヘアスプレーをベスに浴びせて鉄板で殴る。ベスはミッシェルを化粧用具の置いてあるテーブルに背中から落とすと、ミッシェルが使おうとしたヘアスプレーを奪い、レイラ、ビッキーに噴射。バケツでミッシェルを殴って、鉄板をコーナー付近に置き、ミッシェルをコーナーに載せて雪崩式の技を狙うが、ビッキーとレイラがモップと箒でベスを鉄板の上に突き落とす。しかし、ベスはミッシェルをグランスラムに捕らえて勝利。
勝者:ベスフェニックス WWE女子タイトル獲得

天井に吊られていた金網が下ろされて行く。

バックステージでジョシュマシューズがジェリコにインタビュー。NXTでルーキーに敗れたことがこの試合に影響しないかと尋ねる。ジェリコは、たった一回の敗北で、WWE史上最も成功したレスラーとしての実績が失われるわけではないとし、ヒーススレーター戦の敗北で、自分の高額収入も変わりはしないのだという。そしてエッジを今夜の試合で引退に追い込んでやると言う。

エッジ vs クリスジェリコ 金網マッチ
ドアから脱出しようとしたジェリコをエッジが捕らえ、ジェリコの足首をドアで挟み込む。ジェリコは痛みで悲鳴をあげる。さらにエッジはジェリコの足首を踏みつけると、コーナーでジェリコが立ち上がるのを待ってスピアーをヒット。カウント3。
勝者:エッジ
試合後、エッジは金網を出て勝利を祝う。

ジョンシナ(c) vs バティスタ WWEタイトルラストマンスタンディングマッチ
場外でバティスタがシナを攻撃。実況テーブルの上のものを払い落としてテーブルの傍に鉄階段を引っ張ってくると、シナを階段の上に連れてくる。ここでシナが反撃し、アティテュードアジャストメントでバティスタを実況テーブルに叩き付け、テーブルが崩壊。レフリーがカウントを入れるが、バティスタは9で立ち上がる。それをリングで見ていたシナは信じられないと言う表情。
シナはリング下からテーブルを取り出してリングに押し込むと、バティスタをリングに戻し、アティテュードアジャストメントを狙うが、バティスタがカウンターのスパインバスターに切り返し、テーブルに叩き落す。カウント9でシナが立ち上がると、バティスタはバティスタボム。カウント9。バティスタは鉄階段の下のパーツをリングに入れる。シナはバティスタにSTF。バティスタはタップするが無効。シナはSTFを極め続け、バティスタが気絶。レフリーのカウントが入るが、9でバティスタが立ち上がると、シナはバティスタを倒してコーナーポストにテープで縛り付ける。シナはリングに戻ってバティスタを見下ろす。レフリーがカウントをスタートし、10がコールされる。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル防衛
試合後、シナはベルトを頭上に掲げる。

PPV WrestleMania26試合結果速報

PPV WrestleMania26試合結果速報です

ダークマッチ

26人参加バトルロイヤル
勝者:ヨシタツ
NXTのルーキー達はステージから観戦。
※修正しました。ご指摘ありがとうございました。


ファンタジア・バリノがアメリカザビューティフルを歌う。
オープニング映像とパイロ。マイケルコールが、来場者数を約7万人と発表。

ビッグショー、ミズ(c) vs Rトゥルース、ジョンモリソン WWE統一タッグタイトルマッチ
コールは、レッスルマニアでタッグのタイトルが最期に移動したのは9年前だと説明。試合は3分ちょっとで、ビッグショーがノックアウトパンチでモリソンを倒して勝利。
勝者:ビッグショー、ミズ タイトル防衛

実況は、マイケルコール、キング、マットストライカーの3人。
レッスルマニアウィークエンドの様子を紹介する映像。

テッドデビアス vs コーディローズ vs ランディオートン
序盤、テッドとコーディが共闘してオートンを攻撃。観客はヒートアップ。テッドがオートンをカバーに行くと、コーディが妨害。ここから、2人の場外乱闘が始まる。
コーディがリングでダウンすると、観客はRKOチャント。しかし、テッドがオートンを場外に引きずり出す。
オートンは2人まとめてDDTをヒット。コーディにパントキックを見舞い、テッドをRKOで仕留めて勝利。試合時間は9分。
勝者:ランディオートン

「don't try this at home」の映像

ジョシュマシューズがバックステージ。ビッキーゲレロとヒールのディーバ達(アリシア、レイラ、ミッシェル、マリース)にインタビュー。ビッキーは酷い衣装。ビッキーは、自身初のレッスルマニアの時を思い出すだろうと言い、ジリアンに歌わせる。マレラがスリムジムの宣伝。ジリアンがメイヤングに振り向き、メイはミーンジーンオーカランドに振り向き、オーカランドはメリーナに振り向く。
メリーナはスリムジムに不可能は無いと言って、マレラと共に立ち去る。

エヴァンボーン vs シェルトンベンジャミン vs クリスチャン vs ドリューマッキンタイヤー vs ジャックスワッガー vs ドルフジグラー vs ケイン vs マットハーディ vs コフィキングストン vs MVP マネーインザバンクマッチ
ストライカーは、唯一ベンジャミンだけが全てのMITB戦に出場していると説明。実況陣はマッキンタイヤーの出場資格に疑問をいだいている。
ボーンが最初にブリーフケースに触れるが、ケインがチョークスラムで場外に叩き落す。
ボーンは、ラダー上からのエアボーンをクリスチャンにヒット。
マットハーディがケースに迫るが、スワッガーがマットを引き落とし、倒してあった別のラダーの上に落とす。
ジグラーがケースに迫ると、ケインがラダーを倒す。さらにケインはラダーでジグラーを攻撃。ラダーが壊れてしまう。壊れたらラダーでキングストンが他の選手を攻撃。マッキンタイヤーがようやく阻止すると、ラダーに登ってケースに迫るが、マットハーディがラダーを倒して阻止。
マットはラダー上から雪崩式のツイストオブフェイトをクリスチャンにヒット。
クリスチャンがラダーに登ったところを、追いかけて突き落としたスワッガーが、手こずりながらケースを確保して勝利。
勝者:ジャックスワッガー

エクストリームルールズの宣伝。4/25開催。
昨夜のHOFのハイライト映像。
ハワードフィンケルがHOF受賞者を発表。

HHH vs シーマス
序盤にHHHが4の字固めをしかける。実況陣はリックフレアーの技として紹介。観客はシーマスに大ブーイング。HHHのスパインバスターがヒットするが、カウントは2。最期はペディグリーが決まってHHHが勝利。試合時間約12分。
勝者:HHH

エッジが出演しているスリムジムのコマーシャルが流れる。

CMパンクとミステリオのこれまでの抗争のハイライト映像。

CMパンク vs レイミステリオ
リングへの入場時にパンクがマイクアピール。自分は救世主だと言い、ミステリオを救うためには、薬物と手を切り、アリゾナのファンを減らせと言う。そして、ミステリオはストレートエッジソサイエティ入りすることになるという。
試合中、ミステリオがコーナーに逆さづりにされ、セレナがミステリオの首を絞める。
ミステリオは頭から場外の鉄階段に突っ込んでしまい、あやうくカウントアウトしそうになる。序盤はパンクが優勢。なんどもニアフォールを奪う展開。
ミステリオの最初の619はパンクがブロック。パンクのG2Sはミステリオがブロック。続いての619はセレナがパンクを庇って、代わりに食らう。しかし、最後は619がパンクに決まり、スワンダイブ式セントーンでピンフォール。試合時間は6分半。
勝者:レイミステリオ

ビンスとブレットハートのこれまでの抗争をまとめたビデオ。

ブレットハート vs ビンスマクマーン ノーホールズバードマッチ
ビンスは入場時にマイクアピール。ビンスは、ブレットが私のリングの、私の番組であるレッスルマニアにいると言う。そして今夜、奴は巨大な罠にはまり、ブレットがブレットをハメ、ビンスがブレットハメることになるのだという。そして、ランバージャックとして、ハート家の人々を呼び入れると、ハート家の人々も、今夜ブレットをハメることになるのだという。
するとブルース・ハートがシャツを脱ぎ、その下にレフリーシャツを着ている。ブルースとビンスがハグ。
ブレットはブルースに、これを自分で了承したのか?と尋ねる。すると、ハート家の結束は固いといい、今夜ビンスをハメるのはブレットだというと、ブルースとブレットがハグ。
場外にビンスが落ちると、ナタリアがビンスにビンタ。タイソンキッドがトップロープからハートアタックでダイブする。
ビンスはリング下からバールを持ち出して周囲を威嚇。リングに持ち込むが、逆にブレットがそれを奪ってビンスを殴る。DHスミスがブレットにイスを渡すと、ブレットはそれに座り、ビンスが立ち上がるのを見ている。立ち上がったビンスを、なんどもイスで殴りつけると、シャープシューターを極めて勝利。試合時間11分。
勝者:ブレットハート

クリスジェリコ(c) vs エッジ 世界ヘビー級タイトルマッチ
エプロンサイドにいたジェリコをエッジが突き飛ばし、ジェリコは実況テーブルに頭から突っ込んでしまう。
エッジのスピアーをジェリコがウォールズオブジェリコに切り返えすが、タップは奪えない。ジェリコがスピアーを狙うが、エッジはカウンターのキックを頭部へ狙うものの、さらにジェリコが切り返してコードブレイカーをヒットする。
ジェリコのウォールズオブジェリコが極まり、さらに、エッジが痛めている方の脚を狙って、逆片エビ固めに移行。エッジはサードロープに逃れる。
レフリーが気絶。ジェリコはベルトでエッジを殴ってカバー。エッジがキックアウト。ジェリコは再びコードブレイカーをヒットして3カウント。試合時間は16分弱
勝者:クリスジェリコ タイトル防衛
試合後も両者は乱闘。エッジはジェリコをスペイン語実況テーブルに立たせると、自分はマイケルコールのテーブルからスピアーでジェリコに突進。ガードレールに突っ込んで行く。係員がジェリコに駆けつける中、エッジが歩いて退場。

ダークマッチで行われたバトルロイヤルのハイライト映像、ヨシタツの勝利シーンが流れる。

ミッキージェームズ、ケリーケリー、イブ、ゲイルキム、べスフェニックス vs ミッシェルマクール、マリース、レイラ、アリシアフォックス、ビッキーゲレロ
キムとビッキーでスタート。しかし、キムがすぐにベスとタッチ。ビッキーが驚く。ベスはビッキーを自軍コーナーに捉えると、タッチを繰り返して全員で攻撃。観客は無反応。
しかし、ヒール軍がビッキーを救出しケリーを倒すと、レイラとミッシェルの助けを借りたビッキーがコーナーに登ってフロッグスプラッシュを決めて3カウント。試合時間は3分ちょっと。
勝者:ビッキーゲレロ、ミッシェルマクール、マリース、レイラ、アリシアフォックス
試合後、ビッキーはエディのような仕草。

シナが、空軍の軍人とともに入場。

バティスタ vs ジョンシナ WWEタイトルマッチ
危険な角度でバティスタのDDTがシナにヒット。シナがキックアウト。シナの5ナックルシャッフルをバティスタがスパインバスターでカウンターを取る。観客は歓声を上げる。
シナのSTFが極る。バティスタはロープエスケープ。バティスタのスピアーがヒット。シナがキックアウト。シナはコーナーに登って5ナックルシャッフルを成功。
バティスタボムが決まるが、シナがキックアウト。シナのアティテュードアジャストメントが決まるが、バティスタもキックアウト。
バティスタが再びバティスタボムを狙うも、シナがSTFに切り返してタップを奪う。試合時間は13分半。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル獲得 

HBKとテイカーの抗争をまとめた映像。

アンダーテイカー vs ショーンマイケルズ 連勝記録vs引退マッチ
テイカーとHBKがにらみ合い。HBKが喉元を掻き切るポーズを見せ、テイカーが怒る。
テイカーがオールドスクールを狙うが、途中で膝をかばってしまう。HBKはテイカーの膝の故障に気づき、テイカーの左ひざを捻り上げる。
テイカーのレッグドロップがHBKにヒット。HBKは4の字固め。テイカーのチョークスラムがヒット。HBKがキックアウトする。HBKはアンクルロックを極めるが、テイカーに蹴り剥がされてしまう。
場外でテイカーがツームストンをヒット。しかし、この試合にカウントアウトは無し。医者がHBKを診察しているが、テイカーが医者を押しのけてHBKをリングに押し戻してカバー。しかしHBKはキックアウト。
テイカーがラストライドを狙うが、HBKが切り返す。HBKがダイビングエルボーを狙うが、テイカーは膝剣山でブロック。テイカーがヘルズゲートを極めるが、HBKは押さえ込みに切り返してニアフォール。
ノーモーションのスイートチンがヒット。テイカーがキックアウト。今度はスイートチンの予告モーション。今度はテイカーがかわしてラストライドがヒット。HBKがキックアウトする。
場外で、テイカーが実況テーブルの上の物を払い落とすと、HBKに地獄へ送ってやると言うが、HBKはスイートチンをヒット。テイカーが実況テーブルに倒れこむ。HBKはトップロープからムーンサルトをテイカーの脚にヒット。テイカーもろともテーブルが崩壊。
両者リングに戻り、HBKのスイートチンがヒット。テイカーがキックアウト。観客たちは「This is awesome」チャントをスタート。HBKがスイートチンの予告モーション。しかしテイカーはチョークスラムでカウンター。テイカーのツームストンがヒットするが、HBKがキックアウト。
テイカーはコスチュームの肩紐を下ろすと、喉元を掻き切るゼスチャーをしようとするが、HBKが立ち上がろうとしているのを見てやめる。HBKは膝立ちのまま、喉元掻き切るポーズ。テイカーがツームストンを見舞ってRIP。試合時間は24分。
勝者:アンダーテイカー
これでテイカーの連勝記録は18。トロンに「18-0」の文字が表示される。
試合後、テイカーはHBKを助け起こす。2人はハグして握手を交わす。観客たちはHBKに大歓声。
HBKがリングを離れ、ファンと握手をかわしながら立ち去る。観客は「HBK」チャントを叫んでいる。

PPV Elimination Chamber試合結果速報

PPV Elimination Chamber試合結果速報

ダークマッチ
○クリスチャン vs イゼキエルジャクソン●


シーマス(c) vs テッドデビアス vs ランディオートン vs ジョンシナ vs コフィキングストン vs HHH WWEタイトルイリミネーションチェンバーマッチ
テッドが最初にチェンバー入り。続いてシナが登場。3人目にオートンが入り、4人目にHHH。シーマスとキングストンの2人で試合がスタートする。
互角の素晴らしい攻防・互いに決め手を欠くまま、HHHが開放される。エプロン外の鉄製床でダウンするHHHに対し、トップロープ上からキングストンのブーンドロップがヒット。
続いてテッドが開放。続いてオートンが開放。テッドとオートンが共闘する。最後にシナが登場。全員をなぎ倒す。
シナのSTFがテッドに決まるが、オートンがカット。ここでコーディローズが鉄パイプを持って登場。オートンをそれで殴り、続いてシナを殴る。テッドがオートンからピンフォールを奪って、オートンが最初の退場者。続いてコーディキングストンがテッドにトラブルインパラダイスを決めてピンフォール。テッドデビアスが2番目の退場者。
シーマスがセルティッククロスでキングストンを仕留め、3人が退場。続いてHHHがペディグリーでシーマスを仕留める。これでタイトルの移動が決定。最後はシナのSTFで、HHHがタップアウト。
勝者:ジョンシナ WWEタイトル獲得
(※修正しました。ご指摘ありがとうございました。)

ビンスマクマーンが登場。早速、バティスタを相手に防衛戦をやってもらうと言う。

ジョンシナ(c) vs バティスタ WWEタイトルマッチ
バティスタがスピアーからバティスタボムで勝利。
勝者:バティスタ WWEタイトル獲得

先週のRAWで、ブレットハートが車に轢かれたシーンがリプレイされる。

ドリューマッキンタイヤー(c) vs ケイン ICタイトルマッチ
観客は静まりかえってしまう。マッキンタイヤーがフューチャーショックで勝利。
勝者:ドリューマッキンタイヤー ICタイトル防衛

バックステージでマリースがゲイルキムの健闘を祈るという。キムはマリースをたたきのめす時間の全てを楽しみたいという。

キムとマリースが試合の為にリングに入ると、ビッキーゲレロが登場。Smackdownのディーバの方が優れているといい、今夜のタイトルマッチを取りやめて、代わりにタッグマッチを行うと言う。
ミッシェルマクール、レイラ vs ゲイルキム、マリース
キムがタッチを求めるが、マリースが拒否。ミッシェルがフェイスブレイカーでキムを仕留める。
勝者:ミッシェルマクール、レイラ
結局、レイラとマリースは試合に参加せず終わる。

ミズのバックステージインタビュー。NXTについて語っている。パートナーのダニエルブライアンはインターネットで話題になっているが、スターウォーズのコンベンションの最前列にいたのをみただけだという。MVPが登場、ミズとはもめているところだが、今夜は試合に集中し、USタイトルを獲得するという。

ウィリアムリーガルがリングに登場。リーガルはRAW入りへ向けて交渉中であるとコールが説明。リーガルはNXTとパートナーのスキップシェフィールドについて語る。エッジが登場。観客は大歓声。エッジはリーガルをののしると、スピアーを決める。

ミズ(c) vs MVP USタイトルマッチ
スローペースのスタート。ビッグショーが現れると、レフリーの死角をつき、場外でノックアウトパンチを見舞う。倒れたMVPをリングに押し戻して、ミズがピンフォール。
勝者:ミズ USタイトル防衛

アンダーテイカー(c) vs ジョンモリソン vs レイミステリオ vs クリスジェリコ vs Rトゥルース vs CMパンク 世界ヘビー級タイトルイリミネーションチェンバーマッチ
テイカー、ミステリオ、ジェリコ、モリソンの順に登場。それぞれポッドに入る。パンクとトゥルースでスタート。しかし、パンクはマイクアピールをはじめ、対戦者の全てをけなして行く。さらにトゥルースをG2Sで仕留め、退場させると、マイクでポッドの中の選手たちを挑発。
ミステリオが開放。パンクはミステリオの頭をポッドに叩きつける。しかし、ミステリオがスプラッシュを決めてパンクに勝利。CMパンクが失格。
ジェリコが開放。ミステリオにウォールズオブジェリコを決めるが、開放されたモリソンがカットに入る。モリソンがコーナーにのぼると、ジェリコが突き落として、後頭部をポッドにぶつけてしまう。しかし、ミステリオにスターシップペインを決めてピンフォール。ミステリオが退場。
最後にテイカーが登場。ジェリコはテイカーに媚びを売るが、すぐに逃げ出してみずからポッドの中に入ってしまう。モリソンはテイカーにスターシップペインを狙うが、テイカーは膝でブロック。テイカーはエプロン外の鉄製床にモリソンをチョークスラムで叩き落す。リングに投げ戻してピンフォール。モリソンが退場。
残ったのはジェリコとテイカー。テイカーはヘルズゲートを狙うが、ジェリコはウォールズオブジェリコに切り返す。テイカーは態勢を入れ替えてヘルズゲートに切り返すと、ジェリコがロープに逃れる。
テイカーがツームストンを狙うと、ジェリコはカウンターのコードブレイカーでニアフォール。素晴らしい攻防が続く。
ここで、リング下からHBKが登場。テイカーにスイートチンを見舞う。ジェリコがカバーしてピンフォール。
勝者:クリスジェリコ 世界ヘビー級タイトル獲得

HBKは倒れたテイカーを見下ろしている。

PPV Royal Rumble試合結果速報

PPV Royal Rumble試合結果速報です

ダークマッチ
○ケリーケリー、ゲイルキム、イブ、ベラツインズ vs ジリアン、ケイティリー、ナタリア、マリース、アリシアフォックス●
ケリーがピンフォールを奪う。

オープニング映像。
ジョージア州アトランタから生放送。
リングアナウンサーのサバンナが開幕をコールする。

クリスチャン(c) vs イゼキエルジャクソン ECWタイトルマッチ
実況はマイケルコール、キング、マットストライカーの3人。
クリスチャンの最初のキルスイッチは、ジャクソンがブロック。場外に落ちたクリスチャンをリーガルが攻撃するが、レフリーはリーガルに退場を命じる。場外で、ジャクソンがクリスチャンを鉄階段に突っ込ませる。
ジャクソンがストレッチ技でクリスチャンを痛めつけていくが、クリスチャンはミサイルキックで2カウントを奪う。ジャクソンの強烈なクローズラインが決まるが、クリスチャンがキックアウト。クリスチャンのスイングDDTをジャクソンがキックアウト。最後はクリスチャンのキルスイッチでピンフォール。
勝者:クリスチャン ECWタイトル防衛

バックステージでテディロングがティファニーに対し、ECWタイトルマッチの成功を祝福している。クライムタイムが現れ、テディにロイヤルランブル出場権を求めると、コインで選んだどちらか一人だけを出場させると言われる。クライムタイムは、グレートカーリーにティファニーにキスできると言えば出場を諦めるんじゃないか言うが、カーリーの通訳が一蹴。テディはクライムタイムは、パンツがずり落ちている間抜けな若者みたいだという。(アメリカンアイドルで話題になった参加者の自作曲をネタにしている)
ミズが登場。この5年間の対戦相手で印象に残った奴はいなかったが、対戦相手達は自分のことを忘れられなくなったはずだといい、まさに「この犬を解き放ったのは誰だ!!(手がつけられないほど強いものを表す慣用表現)」の状態だという。テディは、今夜、ミズはUSタイトルをかけてMVPと対戦するというと、一斉に「この犬を解き放ったのは誰だ!」チャントを始める。

ランディオートンがロッカールームにいるところへ、コーディが入ってくる。コーディは、今夜、オートンの為に行動すると言う。オートンは感謝する。コーディは、テッドに関してはわからないというと、テッドがロイヤルランブルで勝利し、WM26でオートンと対戦することを望んでいるようだと言う。そしてテッドはあてにならないと言う。

今夜の観衆は16697人と発表される。

ミズ(c) vs MVP USタイトルマッチ
ストライカーは、ミズがこの後ロイヤルランブルへの出場を控えており、この試合は公平とは言えないと言う。そして、会場にはチッパー・ジョーンズと、TLCのメンバーが来ていることを告げる。
MVPのプレイメーカーをミズがブロック。さらに攻め続けるが、ことごとくミズがキックアウト。最後はミズがMVPからピンフォールを奪ってタイトルを防衛。
勝者:ミズ USタイトル防衛
試合後、MVPがプレイメーカーをミズにヒット。観客はMVPにブーイング。

バックステージでビッグショーが歩いていると、クリスジェリコと出くわす。ジェリコは媚びを売り始め、ミズをこき下ろすと、ジェリショーこそ最高のタッグチームだったという。そして、まだ自分たちの関係はつづいているという。
ショーは、ジェリコだろうと、ミズだろうと、近づいてきたら叩きの落とすだけだという。Rトゥルースが現れ、誰もが自分のことしか考えちゃいないのだという。

テッドがオートンに対し、オートンの味方をするという。そして、コーディの様子がおかしいという。オートンはどちらの助けも必要ないと言う。

明日のRAWにブレットハートが登場し、ビンスと対峙するという宣伝。

シーマス(c) vs ランディオートン WWEタイトルマッチ

ストライカーが、WWEタイトルがアトランタで移動したことは一度もないと説明。2人が組み合うと、観客はランディチャントをスタート。シーマスはオートンの左腕を攻める。場外では鉄階段を利用して、さらに腕攻め。オートンはシーマスの左膝を狙う。
オートンのDDTがヒットするが、シーマスはサードロープを掴む。オートンがパントキックを狙うが、シーマスは場外に脱出。コーディがガードレールを乗り越えて現れると、シーマスを攻撃。オートンのRKOがヒットするが、レフリーはコーディの乱入を見ており、オートンのDQ負けを宣告する。
勝者:シーマス(DQ) WWEタイトル防衛
コーディは言い訳を始めるが、オートンはコーディを攻撃。テッドが現れる。オートンはコーディにクビを告げると、シーマスがオートンにランニングキックを見舞う。倒れたオートンを置いて、テッドとコーディが退場。

ミッシェルマクール vs ミッキージェームズ ディーバチャンピオン決定戦

試合前、ミッシェルがマイク。今日の観客たちは自分を見に来たのだといい、ミッキーなど誰もみていないというと、ミッキーは棄権したという。ピギージェームズの格好でレイラが登場。しかし、ミッキーのテーマがヒットして、ミッキーが登場。場外でレイラにルーテーズプレスを見舞う。
リングに上がり、開始20秒でミッシェルにDDTを決めて3カウント。
勝者:ミッキージェームズ ディーバタイトル獲得

ベラツインズ、マリア、ケリーケリー、ゲイルキム、イブがケーキを持って現れると、ミッシェルとレイラをそれに押し付け、ミッキーを祝福。

2/21のイリミネーションチェンバーの宣伝。

ミステリオが試合に備えている姿が映る。
ミステリオ、バティスタ、テイカーのこれまでをまとめた映像。

アンダーテイカー(c) vs レイミステリオ 世界ヘビー級タイトルマッチ

序盤、テイカーがミステリオをトップロープ越しに投げ落とす。ミステリオの619をブロックしたテイカーがチョークスラムを狙うが、ミステリオが回避。場外のテイカーにミステリオがケブラーダをヒット。テイカーはミステリオを背中からガードレールに叩きつける。テイカーは鼻血を出している。
ミステリオはテイカーのラストライドを抜け出して619をヒット。さらにもう一発619からウエストコーストポップを狙うも、テイカーがキャッチしてラストライドをヒットし、3カウント。
勝者:アンダーテイカー 世界ヘビー級タイトル防衛

HBKがバックステージでテイカーを見ていると、ケインがHBK対し、自分の兄弟への挑戦は順調にはいかないという。
続いてHHHが登場。HBKの検討を祈ると言うと、HBKは先週の件をわびるといい、HHHの検討を祈ると言う。そして、HBKはHHHに対し、自分とテイカーが戦わなければいけないのだという。

WM26まで56日というアナウンス。

ロイヤルランブル
1番はドルジグラー、2番はエヴァンボーン、3番手でCMパンクが登場すると、ジグラーとボーンを失格させる。パンクはマイクを持ってアピールを始め、この2人は始まりに過ぎないと言う。
4番手にJTGが登場するが、すぐにパンクに落とされてしまう。パンクはさらにマイクを続ける。
5番手にグレートカーリーが登場。パンクはカーリーの入場時に、救ってやると言うが、カーリーがチョップを見舞い、バイスグリップで締め上げる。
6番手はベスフェニックス。カーリーがベスを投げ落とそうとするが、完全には落とせない。カーリーがベスにキス。その隙にベスがカーリーを落とす。パンクはG2Sをベスにヒット。
7番手はザックライダー。ライダーの登場時に、パンクがベスを落とす。パンクはマイクでライダーを殴り、あっさりとライダーの排除に成功。
8番手はHHH。9番手はドリューマッキンタイヤー。マッキンタイヤーはゆっくりとリングに向かう。HHHがパンクを落とすことに成功。
10番手はテッドデビアス。11番手にジョンモリソンが登場。しかし、すぐにマッキンタイヤーのDDTを食らってしまう。しかし、その後マッキンタイヤーにスターシップペインをヒット。
12番手はケイン。モリソンとマッキンタイヤーの2人まとめてチョークスラムをヒット。
13番手はコーディローズ。テッドと共闘を開始。
14番手にMVP。しかし、花道でミズが背後からUSタイトルのベルトで殴る。レフリーが現れて、MVPをバックステージに連れて行く。
15番手はカリート。16番手はミズ。リングに駆け込んできたMVPがミズに飛び掛り、2人同時に失格。
17番手はマットハーディ。マットはケインに落とされ、その隙にHHHがケインを落とす。
18番手はショーンマイケルズ。HBKはカリートを落とすと、そこからテッド、コーディ、さらにモリソンを次々と落としていく。さらにHHHと共闘して、マッキンタイヤーに向かい、落とすことに成功。
19番手はジョンシナ。ここでHBKはHHHにスイートチンをヒット。そのままHHHはトップロープ越しに場外転落。HHHが脱落。
20番手はシェルトンベンジャミン。シナがベンジャミンを落とす。
21番手にヨシタツ。またもやシナがヨシを落とす。
22番手はビッグショー。23番手はマークヘンリー。24番手はクリスマスターズ。HBKがマスターズを落とす。
25番手はRトゥルース。ショーとヘンリーが落とし合っている背後からトゥルースが忍び寄って、2人をまとめて失格させる。
26番手はジャックスワッガー。27番手はコフィキングストン。キングストンがスワッがーの排除に成功。さらにRトゥルースも落とす。
28番手はクリスジェリコ。HBKがダイビングエルボーをジェリコにヒット。シナがキングストンを失格させる。
29番手にエッジ。エッジは残っている全員にスピアーを見舞う。観客は大興奮。エッジがジェリコを落とす。
30番手はバティスタ。バティスタ、シナ、エッジ、HBKが残っている。
バティスタがHBKを落とす。HBKは失格後、レフリーのチャールズロビンソンにスイートチンで八つ当たり。
シナがバティスタの排除に成功。シナとエッジが残り、最期はエッジがシナを仕留めて勝利。
勝者:エッジ
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。