WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/4放送分NXT試合結果簡易速報

5/4放送分NXT試合結果簡易速報です

ストライカーが、来週、最初の脱落者が出ると発表。さらに、今週は障害物競走を行うという。
障害は、うんてい、階段などなど。小学校の運動場にあるようなものが花道に並べられる。
ダニエルブライアンが最初に挑戦。RAWのバティスタ戦のダメージを残している。2分45.5秒でゴール。ミズが現れて、ターバーと全敗同士の試合を今すぐ行うという。

○ダニエルブライアン vs マイケルターバー●

障碍物競争の続き。ヒーススレーターが1分36.9秒、ダレンヤングが2分7.7秒でゴール。

CM明けて、ジャスティンガブリエルが1分29.0秒、デビッドオタンガが1分35.0秒でゴール。

○Rトゥルース vs デビッドオタンガ●

ウェイドバレットは途中棄権。スキップシェフィールドは1分31.2秒。
障害物競走の勝者:ジャスティンガブリエル
スポンサーサイト

4/27放送分NXT試合結果簡易速報

4/27放送分NXT試合結果簡易速報です
今週より、試合結果のみご紹介いたします。ご了承下さい。

シール・ザ・ディール・チャレンジ 商品を最も多く売った選手が勝利。来週、プロと対戦出来る。
勝者はデビッドオタンガ。来週Rトゥルースとの対戦が決定。

○クリスジェリコ、ウェイドバレット vs ヒーススレーター、クリスチャン●

○ダレンヤング vs マイケルターバー●

○スキップシェフィールド vs ダニエルブライアン●

4/20放送分NXT試合結果簡易速報

4/20放送分NXT試合結果簡易速報です

マットストライカーがルーキー達を紹介。次のランキング発表まであと2週間だと言い、最初の失格者が決まるという。そして、今週のコンテストは「ロッケン・ソッケン・ルーキーズ」だと言う。(どうやら押し相撲のようです)そして勝者は、今日の深夜からWWE.comに登場できるという。

1回戦
○ヒーススレーター vs デビッドオタンガ●
○スキップシェフィールド vs ウェイドバレット●
○ダニエルブライアン vs マイケルターバー●
○ダレンヤング vs ジャスティンガブリエル●
2回戦は後ほど放送。

○ジャスティンガブリエル vs デビッドオタンガ●
ガブリエルの450スプラッシュをオタンガが回避しようとするが、ガブリエルが丸め込みで3カウントを奪う。

ロッケン・ソッケン・ルーキーズ2回戦
○スキップシェフィールド vs ヒースシェフィールド●
○ダレンヤング vs ダニエルブライアン●


カリートとターバーが登場。自分たちは誰の指図も受けないと言い、誰でもいいから相手になってやると言う。シェフィールドが現れて黙らせてやると言い、試合が決定。しかし、ストレートエッジソサイエティが現れて、試合を求めているのは1人だけではないというと、ダレンヤングもそうだというと3ウェイ戦が決定する。
○ダレンヤング vs スキップシェフィールド vs マイケルターバー●
シェフィールドが場外に転落している間に、ヤングがコーナーに登るが、エプロンサイドに上がったガロウズに突き落とされる。その隙をターバーが突こうとするものの、時間をかけすぎてしまい、ヤングがターバーを丸め込んで勝利。ガロウズは不満をあらわにしている。

ロッケン・ソッケン・ルーキーズ 決勝戦
○スキップシェフィールド vs ダレンヤング●
ほぼ同時に両者転落するが、シェフィールドの勝利とコール。しかし、ストライカーが登場して、ビデオ判定の結果、同体だったとして、再試合をコール。再試合でシェフィールドが勝利。

○ヒーススレーター vs クリスジェリコ●
ウォールズオブジェリコが極るが、そのままスレーターがジェリコを押さえ込みに切り返して3カウント。試合後、ジェリコはレフリーに食って掛かる。

4/13放送分NXT試合結果簡易速報

4/13放送分NXT試合結果簡易速報です

新人たちによる、30秒間のスピーチコンテスト。観客の声援で判定。シェフィールドとバレットの2人への支持が同じ程度として、もう一度それぞれがスピーチ。シェフィールドに与えられたテーマは「風船ガム」。バレットのテーマは「風」。観客はバレットを支持。勝者はウェイドバレット。

○クリスチャン vs ウェイドバレット●
ヒーススレーターが介入し、クリスチャンの勝利をアシスト。

○ウィリアムリーガル vs ダニエルブライアン● 
スカッシュマッチ。イギリスの観客たちは、ブライアンの事を知らない様子。
弱っているブライアンに対し、ミズが跳びかかって攻撃する。

○ダレンヤング vs ルークガロウズ●
ヤングは負ければ頭を丸められる条件だったが、阻止に成功。試合後、パンクがヤングの腕を掲げて勝利を祝福。

4/6放送分NXT試合結果簡易速報

4/6放送分NXT試合結果簡易速報です

ステージにストライカー。ルーキー達を呼び出すと、先週の投票の結果ブライアンがトップだといい、その結果についてそれぞれの意見をきく。そして今週から毎週テストを行うと言い、今週は樽運びだと言うと、コースを最も早くクリアしたものが勝利だと言う。そして、途中で樽を落としたものは失格だと言う。
挑戦順
ダニエルブライアン 24.9秒
ウェイドバレット 14.7秒
ジャスティンガブリエル 13.6秒
ヒーススレーター 12.0秒
デビッドオタンガ 14.1秒
スキップシェフィールド 12.4秒
マイケルターバー 失格
ダレンヤング 13.6秒
勝者:ヒーススレーター
スレーターに勝利インタビュー、スレーターは自分がNXTの常識を覆したと言う。そして今夜のメインでケインと対戦するという。ケインが現れてスレーターを睨みつけ、コーナーのパイロが上がる。

スキップシェフィールドばバックステージで、上を狙うためにはもういい奴ではいられないと言う。ストライカーは、ランキング首位のブライアンと最下位のヤングが、この後対戦すると言う。
○ダレンヤング vs ダニエルブライアン●
ブライアンは様々な関節技で攻撃するが、ヤングが丸め込みで3カウントを奪う。ブライアンの戦績は7戦全敗。

○ジャスティンガブリエル vs マイケルターバー●
コーナーに登ったガブリエルに、ターバーも喰らいつくが、ガブリエルに突き落とされてしまい、450スプラッシュで決着。

○ウェイドバレット vs デビッドオタンガ●

○ケイン vs ヒーススレーター●
チョークスラムでケインの勝利。


※先週の、ストライカーのルール説明の箇所に誤訳がありました。
6週間後「から」毎週投票を行い、ランキング最下位の者を脱落者としていき、残った4人で優勝を争うというルールでした。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。