WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局

世界最大のプロレス団体WWEに関するリアルタイムのニュースや試合速報を翻訳してご紹介するブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5/24放送分RAW試合結果速報

5/24放送分RAW試合結果速報です

なお、当「WWE専門ブログ 拙訳版WWE情報局」の更新は、これを持って一旦終了させていただきます。
これまでご来訪いただき、まことにありがとうございました。


オーバーザリミットのハイライト映像。シナがバティスタに「アイクイット」と言わせた後、車の上から投げ落したシーン。その後、シーマスがシナを襲ったシーンが流れる。

バティスタのテーマがヒット。腕を包帯で吊り、レフリーの介助を受けてリングに登場。実況陣は、バティスタが現れた事に驚いている。
バティスタは「引退する」と言い、自分は生命を脅かされたと言うと、シナ、WWE、シナを応援したファンたちを訴えてやると言う。さらに、いつになるかは分からないが、必ず復帰してシナをたおすという。
ここでリングアナウンサーがバティスタのスピーチを遮って、新GMとしてブレットハートを発表。ブレットが登場し、6/20に新たなPPV大会をスタートさせるといい、コンセプトはフェイタル4ウェイ戦だと言う。さらに、シナがタイトルをそれまで保持していれば、その防衛戦をそのPPVで行うと言い、3人の挑戦者候補を本日決定すると言う。
バティスタはこれを聞き、自分は怪我をしており戦うことは出来ないと言う。ブレットは、すでに相手はオートンに決定している告げると、バティスタは戦うことはできず、引退するのだという。ブレットは、バティスタの試合放棄とみなし、ランディオートンの不戦勝を告げる。
ブレットがリングを降りると、バティスタが怒り狂っている。そして、バティスタのいないWWEでは何もできはしないという。レフリー達がバティスタを載せた車椅子を押して退場させる。

マークヘンリー vs シーマス フェイタル4ウェイ予選試合
シーマスはヘンリーの腕を攻める。終盤にヘンリーがワールドストロンゲストスラムを狙うが、腕のダメージで失敗。シーマスのバイシクルキックが決まってピンフォール。
勝者:シーマス フェイタル4ウェイメインイベント出場権獲得

実況陣は、ブレットハートは獲得したUSタイトルを返上したと言うと、今夜Rトゥルースvsミズの新チャンピオン決定戦を行うと発表。

特別ゲストのジョン・ロヴィッツが、今夜、オーディションを行うと発表。バックステージではロヴィッツがビンスに電話をかけている。マリースが現れて、写真を撮ってきたというと、これでオーディションに合格するのは自分だと言う。ロヴィッツは、マリースに新たなサブミッション技を披露しようとするものの、逆に追い払われてしまう。

ブレットハートとエッジが話をしている。エッジは、WWEタイトルは4ウェイではなく、1対1で争われるべきものだと言う。ジェリコが現れて、もう除け者にされるのはうんざりだというと、タイトル挑戦権を要求。ブレットは、今夜シナ vs エッジ vs ジェリコ戦を行い、エッジとジェリコのいずれかが勝利すれば、勝った方をフェイタル4ウェイのメインイベントに出場させ、どちらも勝てなかった場合は別の候補者を探すことにするという。

マリース、アリシアフォックス vs イブ、ゲイルキム
レフリーがキムに気を取られている隙に、権利の無いアリシアがイブの顔面にキックを入れ、マリースがフレンチキスで仕留める。
勝者:マリース、アリシアフォックス

昨夜、ブレットハートがUSタイトルを獲得した試合のハイライト。そしてGM就任に伴ない返上し、新チャンピオン決定戦が今夜行われるとアナウンス。

Rトゥルース vs ミズ USタイトルマッチ
トゥルースのシザーズキックはミズが回避するが、トゥルースのライ・ディテクターがヒットしてピンフォール。
勝者:Rトゥルース USタイトル獲得
トゥルースはベルトを持って、勝利を喜ぶと、ダンスをしながら花道を引き上げて行く。

バティスタが引退を表明したシーンのリプレイ。今夜のメインはシナvsエッジvsジェリコの3ウェイ戦と告げる。
マシューズがシナにインタビュー。シナは、昨夜の危険な試合で傷ついているが、決して自分はあきらめないというと、ようやくバティスタに負けを認めさせたのに、試合後にシーマスに倒されてしまったと言う。しかし、それは予想できたことであり、誰もがベルトを望んでいるのだというと、自分は戦うチャンピオンとなり、ベルトにふさわしいものがあらわれるまで、決して誰にも負けないと言う。そしてロッカールームに、いつでも挑戦を受けるというメモを貼る。

ロヴィッツがベラツインズと共にリングに登場。リングには赤絨毯とテーブルがセットされている。ロヴィッツはこれからコンテストを行い、WWEで最も才能のあるものを選びたいと言う。そして、気に入らない参加者には、退場を告げるブザーをならすという。
最初はグレートカーリーと通訳。2人は歌いだすが、ほとんど通訳が一人で歌う。ブザーが鳴らされて退場。
続いてジリアンが歌う。すぐにブザーが鳴る。
ロヴィッツは、失敗で時間を無駄にしてしまったというと、観客の中から才能のあるものを探そうと言う。選ばれたのはサンチノマレラのTシャツを着たジョーという男性。リングに上がると、目玉を外すことができるという。ロヴィッツは見せてくれと言う。ジョーは偽物の目玉を取り出して見せる。
テッドデビアスのテーマがヒット。付き人を連れて登場。テッドはジョーに、その目玉を売れと言い、断ればたたきのめして奪うだけだと言う。マレラのテーマがヒット。リングに現れるとテッドに対し、ジョーに手をだすつもりなら、自分がロヴィッツに教わったサブミッション付き人を攻撃すると言う。マレラはすぐに付き人を落としてしまうが、テッドには通用しない。逆にドリームストリートでマレラが倒されると、ロヴィッツはコンテストの勝者はテッドだとアナウンス。ロヴィッツがベラツインズとポーズを取っている間に、テッドは退場する。

ハートダイナスティ vs ウィリアムリーガル、ウラジミールコズロフ
コズロフがスミスにランニングヘッドバットを決めてリーガルにタッチ。しかしリーガルがランニングニーを失敗し、逆にハートアタックを食らってピンフォール。
勝者:ハートダイナスティ
謎の3人組が登場。リングでハートダイナスティを攻撃し、3人ともフロッグスプラッシュをヒット。実況陣は、3人の正体を疑問に思っている。(FCWのUSOブラザーズだったそうです。)

マシューズがNXTで残っている4人のルーキーに、明日失格するのはだれだと思うかと尋ねる。ガブリエルはスレーターだといい、彼はWWEにいる価値は無いと言う。バレットもガブリエルに同意。スレーターは、自分は失格などしないと言い、落ちるのはオタンガだと言う。オタンガはスレーターだという。

キングは、先週のNXTでのマイケルコールとダニエルブライアンのやりとりについて語る。ブライアンがコールを、JRの代役の惨めな奴と呼んだシーンがリプレイされる。コールは、自分にとって辛い週だったと言うと、明日(NXT)ブライアンを呼び出して謝罪をもとめるという。もし応じなければ、訴えてやると言う。

ロッカールームにエッジとジェリコ。シナは負傷しているため、どちらがフォールするかが勝負だと言う。エッジは、あと一歩なのだというと、ジェリコを倒してやると言う。

来週の特別ゲストは、アシュトン・カッチャーとアナウンス。

ジョンシナ vs クリスジェリコ vs エッジ フェイタル4ウェイ予選試合
試合開始直後、シナはエッジとジェリコに攻撃をしかけ、エッジを場外に落とす。ジェリコはシナの背後から攻撃し、ウォールズオブジェリコを狙うが、シナは脱出してジェリコを場外に落としてCM。
CM明け、エッジとジェリコが共闘してシナを攻撃している。シナが倒れると、エッジはジェリコに丸め込みで2カウント。ジェリコがエッジを場外に落として、シナを攻撃するが、ピンは奪えない。
ジェリコの攻撃をかわしたシナが5ナックルシャッフルをヒットしてアティテュードアジャストメントを狙うが、ジェリコが脱出。エッジが入ってきてスピアーを狙うが、シナが回避してジェリコにヒットする。シナはエッジにSTF。ジェリコがカットしてウォールズオブジェリコをシナに極める。
エッジが這い出て来ると、ジェリコがウォールズオブジェリコを極める。シナがジェリコに背後から攻撃してカットする。シナはジェリコにアティテュードアジャストメントを狙うが、エッジがシナにスピアーをヒット。3人がダウンすると、エッジがシナに這い寄ってカバー。ジェリコがカット。シナはジェリコをクローズラインで倒して、エッジにアティテュードアジャストメントを狙うが、エッジが脱出してシナをジェリコの方へ突き飛ばし、ジェリコはシナにコードブレイカーをヒット。ジェリコが立ち上がるとエッジがスピアーをヒットしてピンフォール。
勝者:エッジ フェイタル4ウェイのタイトルマッチ出場権獲得
シーマスのテーマがヒット。シナとエッジを睨んでいる。オートンのテーマがヒットし、オートンも登場。同じようにシナとエッジを睨む。
スポンサーサイト

5/17放送分RAW試合結果速報

5/17放送分RAW試合結果速報です

今週はCM無し特番。シナvsシーマス戦が行われるとアナウンス。特別ゲストはバズ・オルドリン(アポロ11号の乗組員)。

ブレットハートのテーマがヒット。ブレットはトロントブルージェイズのジャージを着ている。
ブレットは、ミズが自分との対戦を求め、WWE本社に掛け合う勇気があったことが信じられないと言う。しかし、いつまでも自分が関わっているわけにもいかないので、試合は断ったというと、ジェリコが登場。
ジェリコはブレットに対し、なぜのこのことまたWWEに戻ってきたのかと尋ねると、過去の栄光を引きずる、惨めな奴だと言う。そして、そんな恥知らずでワガママな奴は、13年前のモントリオールで受けた仕打ちがふさわしかったのだと言う。さらに、今夜自分がRAWに来たのは、ブレットの相手をする為では無いと言うと、自分はすでにブレットの全盛期を超えており、ブレット家の名前などなんの価値もなくなったと言うと、特にミズに遅れを取ったのが決定的だという。ジェリコが立ち去ろうとすると、ブレットはジェリコに対し、自分は今夜試合を行うつもりだから、ミズに引退する覚悟を決めろと言っておけと言う。ジェリコは、ブレットに勇気があるのなら、ノーDQマッチでやってみろという。ブレットが了承。ブレットはUSチャンピオンとしてトロントの街を闊歩してやると言う。

実況陣は、シナvsシーマス戦のアナウンスと、エッジ、オートンは、ピックユアポイズンマッチで対決するという。

エッジが登場。オートンはオーバーザリミットで、エッジにRKOを決められると思っているだろうが、そうはいかないという。スピーチの途中でクリスチャンが登場。
エッジ vs クリスチャン ピックユアポイズンマッチ
エッジのスピアーをクリスチャンが回避して、キルスイッチを狙うが、エッジはクリスチャンをコーナーに突っ込ませ、スピアーを決めてピンフォール。
勝者:エッジ
オートンがスクリーンに登場。エッジの勝利を祝福するが、クリスチャンをエッジの相手に選んではいないのに、なぜ戦ったのだろうという。アンダーテイカーのテーマがヒット。テイカーが出現すると、エッジは頭を震わせている。

エッジ vs アンダーテイカー ピックユアポイズンマッチ
本当のピックユアポイズンマッチがスタート。しかし、エッジはリングを離れ、試合を拒否。レフリーが場外カウントを入れる。
勝者:アンダーテイカー(カウントアウト)
試合後、クリスチャンがエッジをリングに押し込むと、テイカーがチョークスラムを見舞って退場。

シナとバティスタの抗争をまとめたビデオ。オーバーザリミットでは、アイクイットマッチで対戦する。

マリースが、トリッシュが表紙を飾る雑誌を見ている。マリースは、なぜ人々がトリッシュを支持するのかわからないといい、同じようにイブが声援を受けるのも理解出来ないと言う。イブがマリースの背後に忍び寄り、ベビーパウダーをぶちまける。2人はキャットファイトになり、レフリーたちが止める。

バズ・オルドリンと妻のルイスがバックステージで、ビッキーゲレロと面談している。オルドリンは、私のオフィスにようこそとビッキーに告げるが、ビッキーは誤解があるようだとして、自分のオフィスだという。オルドリンは、先週、ビッキーはGM職を断ったと言うと、WWE本社から、来週代わりのGMが発表されると聞いていると言う。オルドリンはアシスタントを呼ぶと、ベラツインズが登場。ビッキーを部屋から連れ出させる。

先週、バティスタがマークヘンリーを攻撃したシーンのリプレイ。マークヘンリーが包帯だらけの姿で花道を出て来ると、その背後からバティスタが襲撃。角材が折れるほど、ヘンリーの背中を強打し、ガードレールや鉄階段にヘンリーを叩きつける。
バティスタがリングに上がると、スポットライトを要求。ポーズを取る。観客は大ブーイング。マイケルコールは、ヘンリーにやったことを、シナ相手にアイクイットマッチでもできるのでしょうかと言う。

マスターカードのCMのパロディ。テッドデビアスが、「金があればなんでも買える。しかし、真実(トゥルース)は買えないと言う。
テッドのテーマがヒットし、付き人を従えてリングに登場。
テッドデビアス vs ヨシタツ
ヨシタツが序盤は猛攻を見せるものの、テッドの膝蹴りで逆転。テッドのヘッドロックを振り払ったヨシタツがヒールキックを決めるが、カバーは2カウント。テッドがドリームストリートを決めてピンフォール。
勝者:テッドデビアス
試合後、テッドは付き人にマイクを求めると、Rトゥルースに対し、まだ付き人は求めていると言うと、オーバーザリミットでは自分のセコンドに付けと言う。そして、テッドは、自分ならなんでも買えるが、もし買えないのなら叩きのめすと言う。

CMパンクとレイミステリオの抗争をまとめたビデオ。
バックステージで話しているジェリコとミズに、マシューズがインタビュー。ミズはマイクを奪いとると、試合に向かう。
ミズ vs ブレットハート USタイトルノーDQマッチ
試合前、ミズはブレットからシャープシューターでタップを奪うと宣言。
試合開始直後、ミズはマイクを持って、ハート家は信用出来ないと言うと、ハートダイナスティの介入を防ぐためだと言い、コズロフ、リーガルをリングサイドに呼び出す。客席からハートダイナスティが現れて、場外で乱闘がスタート。今度はリングにジェリコが入る。ナタリアも上がってくると、ジェリコはリングから出て行けという。ナタリアがビンタ。
ようやく部外者が全員リングから排除されて、試合がスタート。ミズがシャープシューターを狙うと、キッドがミサイルキックでカット。ハートダイナスティはハートアタックをミズに決め、ブレットがシャープシューターでタップを奪う。
勝者:ブレットハート USタイトル獲得
ハートダイナスティとブレットが勝利を祝う。マイケルコールは、ハートダイナスティが手をだすべきではなかったと苦言を呈している。

ミッシェルマクール、レイラ、マリース vs イブ、ベラツインズ
ミッシェルとレイラは2人とも女子タイトルのベルトを巻いて登場。実況陣は、チャンピオンはレイラだが、2対1の試合でベルトを奪取したために、2人ともにベルトが与えられたのだと説明。
ニッキーがミッシェルへの攻撃を自爆すると、ミッシェルはマリースにタッチ。ニッキーにフレンチキスを決めて勝利。
勝者:マリース、ミッシェルマクール、レイラ

バックステージでマシューズがシナにインタビュー。シーマス対策は万全であり、オーバーザリミットで邪魔をすることはできなくなるだろうと言うと、バティスタとの抗争はオーバーザリミットで終わらせるといい、バティスタには首を折られたこともあったが、自分は決して止めない(クイットしない)と言う。

ランディオートン vs ジャックスワッガー ピックユアポイズンマッチ
オートンがRKOの体勢に入ったところでエッジが乱入。レフリーはDQを宣告。オートンは構わずスワッガーにRKOを見舞おうとするが、エッジのスピアーを食らってしまう。

オルドリンがリングに登場。RAWを賞賛。さらに宇宙計画の話をしていると、ザックライダーが妨害する。
ライダーは、メープルシロップで生計を立てているカナダなんかに、宇宙は関係ないと言うと、オルドリンは本当に月面に立ったのか?と疑う。オルドリンは次の試合として、ライダー、アリシアvsエヴァンボーン、ゲイルキム戦を発表。
ザックライダー、アリシアフォックス vs エヴァンボーン、ゲイルキム
場外で、ボーンがライダーをキックで倒し、コーナーに登る。アリシアはボーンを突き落とそうとするが間に合わず、ボーンのダイブ攻撃がライダーにヒット。リングではキムがアリシアに、イートデフィートを決めてピンフォール。
勝者:エヴァンボーン、ゲイルキム
試合後、オルドリンが勝利チームを祝福。

来週の特別ゲストは俳優のジョン・ロヴィッツ。

シーマス vs ジョンシナ
シナの5ナックルシャッフルから、アティテュードアジャストメントを狙ったところで、シーマスがロープを掴んでこらえていると、バティスタが登場。シナにスパインバスターをヒット。レフリーがDQを宣告。
勝者:ジョンシナ(DQ)
バティスタはもう一度シナにスパインバスターを見舞ってサブミッション。レフリーの制止を無視してクイットしろと怒鳴っている。

5/3放送分RAW試合結果速報

5/3放送分RAW試合結果速報です
本日は時間がないので、試合結果と大きな動きのみのご紹介になります。
詳細は、本日の深夜に更新できると思います。ご了承ください。

バティスタがPPVのタイトルマッチの試合形式の決定権をかけて、ミズを相手にビートザクロックマッチで対決するという。シーマスが現れてバティスタの持つタイトル挑戦権をかけての対決を求めるがバティスタが拒否する。
ミズが現れ、試合を医者に止められたというと、相手はNXT9連敗中のブライアンだという。

○バティスタ vs ダニエルブライアン● ビートザクロックマッチ
バティスタボムでピン。タイムは5分6秒

シナの相手はジェリコと発表。

エッジが撮影クルーと話をしている。今のRAWはPG指定だが、自分はR指定なので今夜は問題が発生するだろうという。

○ジョンモリソン vs テッドデビアス● 
一度はテッドが試合放棄しそうになるが、モリソンの挑発にのりリングに戻る。
試合後、テッドはモリソンを攻撃するがトゥルースが救出。

○ジョンシナ vs ウェイドバレット● ビートザクロックマッチ
ジェリコは、シナとはもう戦う意味がないといってバレットを出場させる。残り時間27秒でタップアウト。
シナがPPVの試合形式を決定しようとすると、シーマスが現れて、シナを倒してしまう。

○マリース vs ニッキーベラ●
フレンチキスでピン。

○マークヘンリー vs ザックライダー●
スカッシュマッチ

バックステージでミズとジェリコがビッグショーの悪口を言い、なにやら悪巧み。

○ハートダイナスティ vs ウィリアムリーガル、ウラジミールコズロフ●
スミスがリーガルからシャープシューターでタップを奪う。その後、ミズとジェリコがハートダイナスティを襲撃する。

来週の特別ゲストはラッパーのフレイバー・フラブ

カッティングエッジ。ゲストのウェインブレイディが現れるが、オートンが現れてRKOを見舞う。エッジはオートンに共闘を呼びかけるが、オートンはRKOを狙う。エッジは回避してスピアーを狙うが、今度はオートンのRKOがカウンターでヒット。観客はランディチャント。



4/26放送分RAW試合結果速報

4/26放送分RAW試合結果速報です

オープニング映像とパイロ。
実況はキング、コール、ストライカーの3人が担当。
コールは、今夜RAWとSmackdown両方のスーパースターが集結しているとアナウンス。

ビッグショー、ミズ vs ハートダイナスティ WWE統一タッグタイトルマッチ両チームの入場後、ミズがハート家をこき下ろして、ハートダイナスティは彼らから甘やかされているとし、最悪の負け犬はブレットハートだという。そしてブレットは2週間前に賭けに負けたというと、自分たちを最も偉大なタッグチャンピオンと認めろという。
ブレットがステージに登場。自分は男として自分の口にしたことは曲げないというと、ショーミズを史上最高のタッグチームだと称える。さらに、マウンティこそ最高のICチャンピオンで、デビッド・アークエットこそが史上最高の世界チャンピオンだと付け加えると、言葉は無力であり、行動は言葉よりもはるかに大きく響くと言うと、今夜、ハートダイナスティをWWE統一タッグタイトルの新チャンピオンとコールすることになるだろうという。
試合開始。ショーがキッドを圧倒。コールは2人の体重差は300ポンドだという。ミズにタッチしたところで、キッドもようやくスミスにタッチ成功。ミズはロープを利用した押さえ込みを狙うが、ブレットがロープにかけていたミズの足を払い落とす。ショーがブレットを狙うが、キッドがセントーンで迎え撃つ。リング上では、ミズにハートアタックがヒット。キッドがシャープシューターを決めミズがタップ。
勝者:ハートダイナスティ WWE統一タッグタイトル獲得
試合後、ブレットとナタリアが、キッドとスミスの腕を掲げる。CM入り。

CM中に、怒り狂ったショーがミズをノックアウトしたシーンがリプレイされる。

昨夜のシーマスvsHHHのストリートファイトマッチのリプレイ。
ストライカーは、HHHが欠場することを告げ、詳しい容態はわかっていないという。さらに今夜シーマスから声明が出されるという。

バックステージでマシューズがスワッガーにインタビュー。エッジが現れ、自分も昨夜ジェリコを下してしたというと、次に狙うのは世界タイトルだといい、スワッガーはRAWにドラフトされなければ、あと4日でタイトルを失うことになるという。

ミッシェルマクール、レイラ vs イブ、マリース
勝ったほうのチームが所属するブランドが、ディーバのドラフト権を獲得する。
マリースはイブとのタッグに不満。観客たちは。先日解雇されたミッキーにチャント。イブとマリースは場外で乱闘を始める。さらに、リング上でも口論をはじめ、その隙にミッシェルがマリースにブートで勝利。
勝者:ミッシェルマクール、レイラ

抽選の結果Smackdownがケリーケリーを獲得。

エヴァンボーン vs CMパンク
この試合もドラフト抽選権がかかっている。両者の個性が活かされたすばらしい試合。ボーンがパンクを倒してエアボーンを狙うが、なぞの覆面男に突き落とされる。パンクがG2Sをヒットして勝利。
勝者:CMパンク

Smackdownがビッグショーを獲得


バックステージでテディロングがビッグショーに対し、Smackdownへようこそという。ショーは怒っているが、テディには楽しみだといい、テディは満足げな様子。

シーマスがリングに登場。良いニュースだというと、今夜HHHがSmackdownにドラフトされることはないという。しかし、悪いニュースもあり、HHHは2度と試合をすることはできなくなったという。そしてHHHに対して自分がやったことは、HHHがやって来たことだというと、次に狙うのはWWEタイトルだという。
オートンが登場。これまでに、HHHを痛めつけたことはあったが、背後から鉄パイプで襲うような真似をしたことは無いと言い、上手くやれておめでとうと皮肉ると、しかし、次のタイトル挑戦者は自分だという。シーマスは、オートンが昨夜タイトル奪取に失敗したばかりだという。
ここでシナが登場。特別ゲストを紹介するのにうってつけの時間だが、今夜は誰もいないといい、今夜は自分に挑戦者の選択権があるというと、シーマスvsオートンの挑戦者決定戦を行ってもらうという。
シーマスはオートンにバイシクルキックを狙うが、オートンが回避そてRKO。しかし、シーマスもオートンを押しのけて回避。リングから脱出する。

10人バトルロイヤル勝者のいるブランドが3人のドラフト権を獲得。
退場順にマッキンタイヤー、ヨシタツ、MVP、シャドとトゥルースが同時、ヘンリー、ケイン、ミステリオ。
残ったのはテッドデビアスとサンチノマレラ。この時点でRAWのドラフト権獲得が決定するが、テッドはマレラにドリームストリートをヒットして勝利。
勝者:テッドデビアス

RAWがジョンモリソン、Rトゥルース、エッジを獲得

クリスジェリコ vs クリスチャン
ジェリコが入場後マイクで、エッジのRAW移籍などどうでもいいが、上層部はエッジに謹慎処分を下すべきだという。さらに、敗北をスレーターに邪魔をされたせいだというと、出てきて謝れという。スレーターは、ジェリコがエッジを倒せなかったことを謝り、NXTでスレーターにも敗れてしまったことを謝る。ここで、スレーターを担当しているクリスチャンが登場して試合開始。
ウォールズオブジェリコをクリスチャンがロープエスケープ。クリスチャンはコーナーからダイブするが、ジェリコはカウンターのコードブレイカーをヒットして勝利。
勝者:クリスジェリコ

Smackdownがコフィキングストンを獲得
キングストンがリングに登場し、ジェリコにトラブルインパラダイスをヒット。

ジャックスワッガー vs ジョンモリソン ノンタイトルマッチ
スワッガーはモリソンの腹部を集中攻撃。モリソンはサイドキックから、スタンディングシューティングスタープレスをヒット。スワンダイブからキックをヒットし、さらにキックで倒してニアフォール。スワッガーはガットレンチパワーボムを狙うが、モリソンがロープを掴んでこらえると、スターシップペインにトライ。しかし、スワッガーに引き倒されて、ガットレンチパワーボムでピンフォール。
強調文勝者:ジャックスワッガー

Smackdownがクリスチャンを獲得

来週の特別ゲストはウェイン・ブレイディ

バックステージでテッドデビアスがカリートと話をしている。テッドは手を組もうと持ちかけると、カリートも脇役でいるくらいならテッドのために働くという。続いてテッドはトゥルースに近づき、自分のサポート役とかばん持ちを探しているという。トゥルースは、自分を付き人にするつもりかというと、テッドはそうではないという。トゥルースはどうせならテッドの親父なら、給料を弾むだろうというと、テッドは親父よりも高額を払ってやるという。トゥルースは興味を示すと、本気かとたずねる。テッドがもちろんと答えると、トゥルースはビンタを張って立ち去る。

ドルフジグラー vs ホーンズウォグル
カウントアウトでウォグルの勝利。
勝者:ホーンズウォグル試合後、ジグラーはスリーパーでウォグルを絞め落とす。

RAWがクリスジェリコを獲得

マイケルコールは、明日の正午から追加ドラフトを行うと発表。

ジャスティンロバーツがメインイベントのコール。バティスタがリングに現れると。自分こそ第1挑戦者だという。そして昨夜は冗談だったという。シーマスが登場し、バティスタは昨夜負けたのだというと、挑戦者は一人だという。オートンが入場し、バティスタとは何度もやりあってきたので、今夜はシーマスとの一騎打ちで、バティスタとはその後だという。シナが登場。試合を3ウェイに変更するという。

バティスタ vs ランディオートン vs シーマス WWEタイトル挑戦者決定戦
速い展開のすばらしい試合。シーマスがオートンにペイルジャスティスを狙うと、バティスタがスピアーをシーマスにヒット。カバーはキックアウト。シーマスはバティスタにバイシクルキックを浴びせ、オートンがシーマスにRKOをヒット。ここでエッジが乱入してオートンにスピアー。バティスタがオートンをカバーしてピンフォール。
勝者:バティスタ WWEタイトル挑戦権獲得エッジはニヤニヤしながら花道を引き上げる。バティスタは勝利を祝い、エッジは倒れたオートンを見ている。

4/19放送分RAW試合結果速報

4/19放送分RAW試合結果速報です

オープニング映像とパイロは無し。
HHHがリングに登場。自分はヨーロッパツアーに帯同していなかったので、飛行機の欠航に巻き込まれなかったと言う。
リリアンがジャスティンロバーツの代わりにコールを行う。

観客はHHHチャント。HHHは観客たちに困らせないでくれというと、火山による飛行機の欠航のため、いったい、どれだけのRAWメンバーが足止めを食っているのかわからないのだと言う。しかし心配するなと言うと、HHHの2時間アイアンマンマッチを見せたりはしないと言い、お偉いさん達がなんとかしてくれるさという。続いてシーマスについて、奴は俺を殺すと言っていたが、どうやら諦めたようだと言い、しかし、エクストリームルールズでは自分がやってやると言う。
ここでストレートエッジソサイエティが登場。Smackdownのクルー達がRAWを助ける為に帰国しなければならなくなったのは耐え難いことだと言う。そして、来週、ドラフトで自分はRAWに移籍するだろうと言い、それならばSESのメンバー全員をRAWに連れてくるという。HHHは全員なのか?と言い、なぜガロウズとセレナは頭を丸められたのに、お前はまだ髪があるんだ?と問う。パンクは、自分はリーダーだから頭を丸める必要など無いのだと言う。HHHはパンクに同意出来ないと言うと、ここは自由の国であり、各人に選択権があるのだと言うと、リングサイドの観客たちを例にあげる。パンクは、HHHに取って賢い方法は、自ら頭を丸め、SESに入る事だと言う。そして、頼んでいるのではなく、命令しているのだという。
ガロウズがHHHを襲うがかわされるものの、パンクがHHHを捕らえ、リング上のイスに座らせると、セレナがバリカンを持ち出し、髪を刈ろうとする。ここでミステリオが登場。HHHを助け出し、2人でガロウズをリングからたたき出す。HHHがパンクを押さえ、ミステリオがバリカンでパンクの頭を一刈りする。SESはリングを逃げ出し、ミステリオは刈ったパンクの毛を掲げる。

ドリューマッキンタイヤー vs マットハーディ ノンタイトルマッチ
マッキンタイヤーはマットの頭を攻撃。キングは先週の試合でもマッキンタイヤーがマットの頭を攻撃したことで、ダメージが残っているのだと言う。場外でマットの頭を鉄階段に叩きつけると、ロープの反動を使ってマットの頭を打ちつけ3カウント。
勝者:ドリューマッキンタイヤー

中継でシナが登場。ヨーロッパで妙な状況に置かれているがスーパースターもスタッフも全員が無事であると言う。そしてエクストリームルールズには登場し、バティスタをラストマンスタンディングマッチで必ず倒してみせるという。

ウラジミールコズロフが登場。キングにリングに上がれと言う。コズロフは特別ゲストたちから冷遇されているというと、アメリカ人とニュジャージー州を非難する。キングが実況席に戻ろうとすると、コズロフは対戦を要求。
ここで特別ゲストの映画「マクグルーバー」の出演者達が登場。ビンスマクマーンが今夜のメインを、パンク、ガロウズ、ジェリコvsHHH、ミステリオ、エッジ戦に決定したと告げる。さらにコズロフに向かい、母親を侮辱する。コズロフは対戦を求めるが、すでに相手は決定済みだというと、Rトゥルースが登場。しかし、なぜかトゥルースはステージ上で爆発に巻き込まれて退場。コズロフが改めてマクグルーバーに対戦を求める。

バックステージでマクグルーバーが逃げ出そうとしていると、HHHが呼び止める。マクグルーバーは、準備をしようとしていただけだと言い訳。しかし失禁している。マクグルーバーは、緊張し過ぎた友人がやったものだとさらに言い訳。自分が友人とズボンを交換してやったのだと言うと、ケインが登場。マクグルーバーは、彼がその友人だと言う。HHHはケインに、何を言われたんだ?と尋ねると、マクグルーバーはさっさと退場。ケインは「奴がやったのは、このズボンに対しての事だけでは無いと思っている。」と答える。

中継でベルファストにいるオートンが登場。スワッガーの世界タイトルが移動するのはどの大会なのかということに、誰もが興味を持っていると言い、来週のドラフト以降、奴がどうなろうが、今週の日曜日にはたたきのめしてやると言う。

リリアンが世界チャンピオンとしてスワッガーをコール。スワッガーはレプリカっぽいベルトを巻いて登場。オートンに対し、遠く離れた場所からの言葉などくだらないと言い、レフリーを呼び出して、これからオープンチャレンジマッチを行うと宣言。対戦者を募るが、誰も出てこない。スワッガーが「思った通りだ!」と言って立ち去ろうとすると、鐘の音。テイカーがリングに登場する。

ジャックスワッガー vs アンダーテイカー ノンタイトルマッチ
テイカーに大歓声とチャントが贈られる。序盤はテイカーの攻勢でCM入り。
CM明け後、スワッガーはテイカーの脚を攻め、テイカーの脚を鉄柱に絡めて攻撃。テイカーはDDTで反撃。しかし、スワッガーもDDTで反撃して、攻守が逆転。スワッガーはスプラッシュを狙うが、テイカーは喉輪を掴んで受け止めてチョークスラムをヒット。続けてツームストンを決めて勝利。
勝者:アンダーテイカー

映画「マクグルーバー」の宣伝。ジェリコ、ビッグショー、マークヘンリー、MVP、グレートカーリーが宣伝映像に登場。

バックステージで、ジェリコがパンク、ガロウズに向かい、試合で勝ちたいのなら、自分の指示に従えと言う。続いて、ジェリコはマクグルーバーにぶつかる。マクグルーバーはジェリコに、コズロフ戦のアドバイスを求める。ジェリコは、握手を求めるフリをしてひっぱたいてやれと言う。マクグルーバーは感謝して立ち去る。

マクグルーバー vs ウラジミールコズロフ

マクグルーバーはジェリコのアドバイス通り、コズロフにビンタ。コズロフが怒り狂ってマクグルーバーを攻撃。ここでゲストの一人のライアン・フィリップが、この試合をハンディキャップマッチに変更するとアナウンス。マクグルーバーの異母兄弟のカールーバーがパートナーだと言う。出てきたのはマクグルーバーの衣装を来たグレートカーリー。場外でカーリーとコズロフが乱闘し、コズロフがカウントアウト。
勝者:マクグルーバー、グレートカーリー
試合後、ゲストたちが映画の宣伝。

シナとバティスタの抗争をまとめた映像。

HHH、レイミステリオ、エッジ vs クリスジェリコ、CMパンク、ルークガロウズ

HHHの入場時、ベルファストにいるシーマスが中継でトロンに登場。HHHはヨーロッパ遠征に帯同しなくてラッキーだったというと、先週、自分がキングストンにやったことをHHHも見たはずだと言う。そして、スタッフ達を攻撃して見せる。
エッジは先週のSmackdownの試合でジェリコに負わされたダメージの為、脚を引きずっている。早い展開の試合になり、全員が入り乱れて乱闘。ジェリコがリングからたたき落とされると、エッジがパンクをロープに引っ掛けるように倒し、ミステリオが619。HHHがペディグリーで止めを刺す。
勝者:HHH、レイミステリオ、エッジ
試合後、HHHとミステリオはエッジの足首を心配している。その後、3人がそれぞれコーナーに登ってポーズ。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。